占いの館 千里眼。大阪・名古屋・京都・奈良・東京・神戸・静岡・大分・和歌山・札幌・岐阜・三重・沖縄・福岡・広島・愛媛・鹿児島・徳島・香川・山形・岡山・横浜・千葉・福島・岩手・高知・熊本・群馬・滋賀・福井・仙台・山口・宮崎・山梨・長野・埼玉に店舗を構える、口コミで評判の人気占い師による占い。

占いの館 千里眼 予約センター tel:050-2018-3433 電話占い専用ダイヤル:0570-006-550

照心先生
しょうしん

照心先生

待機なし

占術

得意分野

縁結び・復縁・再婚・家庭問題・霊障害・お相手の気持ち・ 対人関係・子育て・仕事・転職・金運・相性・結婚・離婚・浮気・婚外恋愛・ 不倫・年の差恋愛・遠距離恋愛・同性愛・三角関係・出会い・片想い・ 婚活・運勢・開運方法・前世・妊活

ご出演スケジュール

  • 11/27 (金) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 11/30 (月) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/2 (水) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/3 (木) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/7 (月) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/9 (水) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/10 (木) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/11 (金) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/14 (月) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/16 (水) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/17 (木) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/18 (金) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/28 (月) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • 12/30 (水) 10:00〜17:00
    【和歌山 / JR和歌山駅前店】
  • プロフィール詳細

  • 対面占い
  • 電話占い
  • メール占い
  • 照心先生

    プロフィール詳細

    占い師からのメッセージ

    代々霊感の強い家系の産まれであり
    物心ついた頃より、霊障に悩まされているという
    自分自身に全く気がつかず生活していました。
     
    20歳を過ぎた頃に
    『この感覚はみんなが感じているものではないのだ』と
    ようやく気がつき、この力を沢山の方々の幸せに
    活用できないかと模索し現在にいたります。
      
    今、抱えておられる問題の原因を
    魂からのメッセージを紐解くことで
    あなたの幸せへの道しるべを導き出しお伝えしています。
    自分らしく今生の人生を歩んでいくための
    きっかけとなるようお手伝い致します。

    千里眼からのご紹介

    天界を通じて降ろされるメッセージからは
    どのように動けば願いを叶えることが出来るのか詳細にわかります。
    気になる方の本心を聞き出すことも、
    転職すべきか残るべきかの判断も、
    結婚出来るのはいつで相手はどのような人か知ることも、
    白黒はっきりとお答えいただけます。
    過去から現在、未来までも視通し知りたいことが
    すべて明らかになるでしょう。
    天より授かったお力を身をもってご体験ください。

    照心先生 コラム

    人は何をする為に生まれてきたのか?

    少し考えてみてくださいね。
    『人は何の為に生まれてきたのか?』
    よくある質問です。

    あなたは何と答えますか?

    とある照心の知り合いは
    『人はお金を稼ぐ為に生まれてきた』
    と言います。

    別の知り合いは
    『人は働く為に生まれてきた』
    と言います。

    照心は
    『人は幸せになる為に生まれてきた』
    と思っています。

    こんなよくある質問、
    『人は何をする為に生まれてきた?』
    で、その人が置かれている環境や立場が
    なんとなくわかってしまうんですね。

    あなたの夢を叶える!手帳の作り方

    2020年も秋に入り、そろそろ来年の運氣が気になるところですね。

    今年は新型コロナウィルスの流行で、
    世の中のビジネスや生活様式が大きく変化した年になりました。

    2020年は庚子(かのえね)年で金の年。

    不要なものは手放し、新たな道へ進んでいく年廻りですが、実は2021年も辛牛(かのとうし)年で同じく金の年です。

    収穫まであと一歩という、「一歩一歩自分自身のゴールに向かう年」でもあります。

    世代交代する、受け継いだものが新たにスタートしたり、アレンジやリニューアルといったことが頻繁に起こりそうです。

    さて、2021年は、
    あなたにとってどんな時期に?
    あなたの運氣が上がってくるのはいつ?
    なんでしょうか?

    「来年はどんな年にしようかな」
    「来年こそはコレを叶えたいな」

    …なんて、新年に想いを馳せている方も
    多いと思います。

    でも!
    想っているだけでは幸運はやってきません。

    満足のいく1年にするためには努力が必要です。
    そして運を味方に付けることも大切!

    さらにその努力が空回りしないように、
    最良のタイミングで行動を起こすことも
    幸運を引き寄せる秘訣です。

    ●夢を実現させたい
    ●2021年に新しいことを始めたい
    ●思い通りの人生を送りたい
    ●2021年の運氣を最大限に上げたい

    そうは思っているけど...
    具体的にいつ何をどうすればいいかわからない...

    しかも、

    •いつも手帳を活用しきれず1年が終わっている
    •手帳がただのメモ帳代わりになってしまったことがある
    •手帳を買ったときは張り切って計画を立てるけど、結局数か月後には持ち歩くことがなくなった・・・

    そんな方に是非お伝えしたい手帳の使い方です。

    実際に照心は2020年をこの
    『あなたの夢を叶える!手帳の作り方』
    を実践しました。

    コロナウイルスの影響もありました。
    しかも、照心は今年から1000日修行に入る『運気が一気に下がる時期』に突入しました。

    なのに容易く夢が叶ってしまいました(笑)。

    こんな事って本当にあるんだな...と正直自分でやっておいて驚いています(笑)。

    もちろん、沢山の努力はしましたよ!
    でも、この手法を知らない時も沢山の努力はしていました。
    その時は夢は易々とは叶いませんでした。

    以前の照心の場合『努力の空回り』、即ち『効率の悪い努力』をしていたんです。

    努力した分、ちゃんと効果的に結果に繋がるようにする。
    その為には、自分自身の気質やバイオリズムを知ることが必須となります。

    この気質やバイオリズム、具体的にいつ、何をすべきなのか?
    鑑定時にご希望あればお伝え致します。

    昇仙峡の旅

    氣功の師匠と久々にお会いして昇仙峡へ行った時のお話。

    氣功の師匠は龍の力を使いスピリチュアルな事をしている『龍使い』です。

    こちらの昇仙峡は龍にとても深く関わりのある場所のようで、師匠に紹介して頂き今回行くことになりました。

    昇仙峡は有名な水晶の産地でもあります。
    照心もパワーストーンを購入する気満々で行きました。

    そして、昇仙峡で、はじめて『地盤酔い』というものを自覚しました。

    今まで、磁場酔いについては体感としてはあったのですが、この感覚が磁場酔いなんだ!!と今回初めて師匠から教わり、納得できました。

    磁場酔いは、邪気の憑依とはまた違った体感で、その場所に入ると途端に目眩が発生します。
    一瞬の出来事なので注意深く感覚を研ぎ澄ませていないと
    『あれ?なんか今おかしかったよな?』
    で終わります。

    師匠の紹介で昇仙峡の某天然石屋さんへ。

    私は普段、天然石屋に入ると、
    それこそ、あちこちからの異質なエネルギーが充満している店内で、エネルギー酔いして長くいてれないのですが、
    こちらのお店の社長さんは、体にクルリと龍が巻きついているお方で
    そのせいか、エネルギー酔いを起こす事なく快適にお買い物ができました。
    たっぷり観光やグルメを楽しみました。

    過去世を巡る旅②

    過去世を巡る旅①の続きです...

    家族で旅行に行った時に、とあるお城に到着しました。
    次女さんが1番よく覚えている、彼女が1番お気に入り(?)の過去世に関わりのあったお城です。

    最初は子供らしく、お城の周りにあった公園に目を奪われ、早く公園で遊びたくて仕方のない様子でした。

    しかし次女さん、櫓に入ったら一変しました。

    次女さん
    『ママ、この窓はね、ここから敵が来た時に鉄砲で撃つための窓なんだよ。』
    『この窓はね、鉄砲じゃないの。細長いでしょ?弓用なの。』

    まずは、一通り窓の役割の説明をしてくれました(笑)。

    そして、実際に窓から覗いて鉄砲や弓を撃つ真似までしてくれます。

    そして次女さん、窓から見える景色に

    『あれ?昔はこんな木なかったのに?』
    『ここは川やったのに!!』

    なんて驚いてました。

    そして、城の全体模型図みて

    次女さん
    『そうそう...ママ!ここがお城(天守閣的なメインの建物)が建ってた場所やで!』

    と1人で納得しながら、城の全体図について説明してくれました。

    次女さんが、イキイキと輝いて見えました(笑)。

    神社仏閣へ

    先日、奈良県の岡寺へ友人と私の子供の次女、3人で行きました。

    次女さんは実はお寺がとても苦手...。

    大抵、お寺に入ると逃げ場を探して逃亡します。

    これは私の感じている感覚なのですが、お寺は
    『この世とあの世の狭間の場所の1つ』
    に位置するようです。

    有名な高野山も『人間が死んだらまずは高野山へ行く』と言われたりしてますよね。
    お寺はあの世への旅立ちの門?のような場所なのかな?
    と照心は感じています。

    次女さんは、お経が大の苦手...。
    3歳くらいから、既に法事でお坊さんが自宅に来た時は、大騒ぎで逃亡していました。
    そして読経が始まったら私にべったりくっついて離れず、震えてるような子供でした。
    次女『だってあれ(お経)は沢山お化けが来るんやもん』
    と言います。

    読経により、あの世に行けてない念が浄化していくのかもしれませんね。
    だから、浄化を求めて集まって来るのかな?

    さて、岡寺では珍しく次女さんは逃亡しない。
    ふつうに水場に飾られている綺麗なお花を楽しんでいました。

    あれ〜?珍しいなぁ...と思っていると、本堂から読経が始まりました。

    次女『これはあかーん!!』
    と叫びながら、途端にダッシュでお寺の出口辺りまで逃げ出しました(笑)。

    そう言えば、もう1つ平気だったお寺を思い出しました。

    和歌山県にある粉河寺です。
    岡寺と粉河寺の共通点は何か?
    まだわかりませんが、何かきっと共通点があるんでしょうね。

    後は、岡寺の風景をスマホで撮影した写真を拡大して
    次女『ここお化けー!発見』
    と指差していました。

    次女さんのコロナ自粛中の爆弾投下ネタ

    次女さんは、寝起きと入浴中は油断してポロっと爆弾投下する事が多いです。

    次女さんのコロナ自粛中のお気に入り再放送のドラマは

    ①JIN

    ②アシガール

    ③野ぶた

    その日はアシガールの放送日で次女さんは朝から楽しみにしていました。

    入浴中突如.....

    次女さん『えど!えど!ママ!私なぁ、えどでいちばんいい人やってんで!』

    私『えどって江戸時代?江戸って場所?いい人って優しい人ってこと?賢い人って人?偉い人ってこと?』

    次女さん『えどー!江戸時代ってその次は何時代?』

    私『明治時代。大政奉還とか維新(維新の会?)とか...JINの時代に近い感じ』

    次女さん『ふーん。じゃあ江戸時代の前って!?』

    私『戦国時代』

    次女さん『戦国時代!?アシガールは?戦国時代よな!?』

    私『そうそう。』

    次女さん『私なぁ、江戸時代でいちばん偉い人やってんで!』

    私『はぁ!?場所はどこよ?城に住んでたん?』

    次女さん『海が小さくて、山がいっぱいの場所!もう戦いはない時やったからな!』

    戦い、もうなかったね、確かに江戸時代は....

    次女さんの頭の中でどうやら自分の生きた時代の流れの順番の整理ができたようです。

    ちなみに.....
    幕末の話を次女さんに聞くと怒られます。
    新撰組 が苦手のようで...
    例の法被?みたいな青い服の写真を次女さんに見せたら
    次女さん『早く携帯の画面を閉じて!』ってマジ切れされます。
    後はキライキライの連呼....
    理由聞いてもブチギレるのみです。
    一応、新撰組は(多分)今の時代ではヒーローなんだよと説明してみましたが反応は同じ。
    実は私も新撰組が何者かよく知らないんですがね(笑)。
    多分ヒーローなんでしょ?
    この時代のヒーローやで!と説明しても次女さんは激しくブチ切れるのみです。

    過去世を巡る旅①

    数日後に家族で某所に行く予定をしています。
    その場所は照心の子供の『次女さん』が前世でとても関わりがあった場所です。
    前回、子供は祖父母に預けて大人だけで観光に行ったのですが、それを知った次女さんは超激怒!
    次女さん『なんで連れて行ってくれなかったのー!!』
    と号泣されました。

    やっと念願叶い、次女さんも一緒に行く事ができるので今から何が起こるのか!?照心は楽しみにしています。

    次女さんにその行く予定の場所の写真を見せると大変喜びました。
    そして突然NHK大河ドラマ
    『真田丸』のオープニングテーマを鼻歌で歌い出しました。
    そう、合ってます(笑)
    そこ絡みです!!
    次女さんに見せた写真はお城の写真ではなく、昔のお屋敷跡の写真....
    よく分かったなぁ...
    ちゃんと色々次女さんの中で繋がってる事にびっくりしました。
    次女さんは
    『ママには見えないかもしれないけど、私には写真でも昔の建物が見えるねん!』
    とまた言われました。
    またこちらで旅のご報告を致しますね。

    出雲へ行った時のお話

    家族旅行で一年ぶりの出雲へ行った時のお話。
    子供達は初の出雲。
    稲佐の浜に行くと、次女の機嫌が悪くなりました。
    次女『ここ知ってる...しんどい事が昔(過去世)あったし、嫌やから早く帰ろう!』
    とテンションがダダ下がりです。
    次に出雲大社へ行くと、駐車場につくなり
    次女『私は車で待ってます!』と今まで神社に行って言ったことがない発言をしだしました。
    雨も降ってるせいもあり、どうしても神社の中へ行きたくないようで、出雲大社の参道の水たまりで自分の足を洗いだし、裸足で参道を歩き出す始末...。
    とりあえず子供達は旦那に任せて、私だけお参りして帰ってきたら、次女さんはとうとう神社にいる事が我慢できなくなってブチ切れて泣き出しました。
    次女さん『私はこの場所が苦手なの!!すぐに帰りたいのにママは何してるの!?』
    そういえは、以前こちらの神社と同じ主祭神さんを祀られている神社に行った時も、土砂降りで次女さんのテンション低めで、その時はいつもならどんな神社でも立ち止まって必ずお参りするのに、まるで神社の存在が見えていないかのように完全無視のスルーしていた事を思い出しました。
    旅館に着いてから寝る前に、もう一度次女さんに、なぜ出雲大社のお参りが拒否だったのか?聞いてみました。
    以下、次女さんの話した言葉です。

    『昔私がここ(出雲)に来た時、私はなんもする気なかったのに、いきなり向こうが攻撃してきた。
    空襲みたいになって飛行機で来て.....いや、飛行機はその時なかった。
    もっともっと昔の話。
    攻撃されてすごくイヤやった。
    ○○○(神様の名前)大っ嫌い!
    結局、○○○(神様の名前)は私の執事みたいになるようにしてもらった。
    あそこ(出雲大社)に行きたくなかったのは沢山その時のお化けがいて嫌だった。』
    ....微妙に違うけど、古事記のお話みたいだなぁ〜なんて思いました。

    心の弱さは氣枯れのせいかもしれません

    私は生まれながらスピっ子でしたが、鈍感なせいか?20歳過ぎまで全くの無自覚で生きていきました。
    『自分自身が感じている感覚は他の人は感じていないことだったんだ!』とわかったのは20歳過ぎ(笑)
    実の弟に突っ込まれたからです。
    「姉ちゃんそれは姉ちゃんだけ感じてるもので、皆感じるものではないんやで!なんや!わかってるんかいな!」と弟には大笑いされました。

    昔の私はすぐに体調不良を起こすタイプで
    ずっと自分はとても心の弱い人間だと思っていました。
    なかなか普通の生活も生きにくく、長続きがしない...
    『なんで私はこんなに心が弱いんだろう!?』
    ととても自分が嫌で情けなく感じていました。
    正しく生きていきたいのに、全くそれができない。
    どんどん陰の方向へ引きずり込まれていっている自覚がありました。
    ...いや、むしろ陰へ自ら突き進んでいく感覚でした。

    しかし現在は全くそのような感覚はありません。
    氣功を使うようになってから、本当に生きるのが楽になりました。

    朝起きてもなかなか動けない。
    朝一は基本頭痛かめまいがある。
    気力が湧かず、仕事に行けない。
    仕事から帰宅したら疲労が激しすぎて全く動けない。

    そういった事はなくなりました。
    ...と考えると、やはり以前の私の不安定さは
    おそらく目に見えない世界の影響?が出てきているものではないか?と考えられます。

    一概に目に見えない世界の影響だけとは限りません。
    自分のエネルギーが完全に『ゼロ』の状態、エネルギーの飢餓状態を起こしていてもこのようなことが起こります。

    自分のエネルギーをちゃんと補充して自分の体質を理解して、自覚して生活するようになって、とても楽になりました。

    対面鑑定、電話鑑定、メール鑑定
    全ての鑑定でご希望あればエネルギー調整を行なっております。

    また、ご自身でエネルギーチャージをしていく方法も鑑定中にお伝えしています。

    他人に自分の幸せを依頼するのではなく
    自らの手で引き寄せる1つの方法となっています!

    次女さんが産まれてきた理由

    かなり前になりますが、他者様の占いを受ける機会があったのでなんとなく受けてみました。

    照心は特に悩み事がないので...
    相談内容は
    「なぜ次女さんは私の所に生まれたのか?」というものすごくアバウトな質問をしました。
    案の定、占い師さん唸ってました...すみません。

    占い師さん
    「その全てを話そうと思ったら通常の占いを受ける方の100倍は時間がかかってしまいます(笑)」

    そりゃそうですね。

    なので
    「次女さんを今後どう育てて行くべきか」
    に質問を変更しました。

    占い師さんによると....
    「次女さんが照心さんを選んで毎回産まれてくるのは、照心さんと一緒にいると自分が生きていくには楽だから選んで生まれてきています。
    次女さんは本来なら、もうこの世に生まれて修行しなくちゃいけないような次元の魂じゃないんですよ。
    でもこの世に来ちゃってる。
    とてもレアなパターン。
    いわゆる「遊学」みたいなもんです。
    例えば、
    他の子達は勉強するために自分でバイトして学費と生活費を稼いで必死で学んでるのに、
    次女ちゃんは全て親の金で賄われていて勉強してるって感じ。
    こんな風に不思議な力を持って産まれてくるタイプの子供は結構いるんですが...
    普通はみんなすべき課題をしっかり持ってこの世にやってきています。
    でも、次女ちゃんの場合は枠組みが全くない。
    課題もなけりゃ制限もないんです。
    だから逆に他の子よりもすごく大変です。
    なんせ、自分で課題を作り上げなければいけない。
    そして「悩む」ってことがかない。
    他の人が恋愛で告白しようか迷って悩んでいるのを次女さんがみると、
    次女さんは
    「なんで告白しないの?」
    と不思議で仕方なくなるパターン。
    もし告白してフラれたら?
    「そんなら次行けばいーやん」
    っていう思考回路(笑)。
    だから他人の悩みに対する気持ちを、今後学習していかないと.....。
    今後生きていく上で、この世ではとんでもなく浮いてしまう(笑)。」

    占い師さん
    「照心さんは自由奔放な神様を産んじゃって、そのお世話係を任されちゃったと思って下さーい(笑)」

    って言われました。
    なかなか興味深い占いでした。

    この結果を次女さんに話すと

    次女
    「私のこと、ママはわかってくれるでしょ?だからママの所にきたの」

    でした(笑)

    次女さんの爆弾投下ネタ

    次女さん、戦国時代の自分の過去世を詳細に覚えているようです。

    たまたま、インターネットで検索すれば出てくるような少し名の知れた人物だったので、人物特定は既に出来ています。

    次女さん、しっかり当時の家紋を覚えていました。
    火縄銃の打ち方も知ってましたし、投石機も作成した記憶もありました。

    初めて和歌山県の雑賀衆のお祭りで火縄銃の発砲を見た時、次女さんは
    戦が起こったと勘違いしパニックを起こし逃亡しました。

    花火も2年前までは、戦を思い出しパニックを起こすので見る事はできませんでした。

    ゲームセンターで馬の乗り物に次女さんが乗ると

    ちょっと普通と違う乗り方をします(長距離馬に乗るための乗り方です。)

    この時代のネタはあまりにも沢山あるので、またぼちぼちとこちらで紹介していく予定です。

    その中で最近の次女さんの爆弾投下発言から....

    とある『建物や村を自分で作っていくゲーム』に次女さんはハマっています。
    可愛い感じのではなく、四角いタイプのゲームです。

    有名動画サイトでこのゲームの中で『日本の城』を作られている方の動画を子供達が見ていた時のお話...

    長女が私に
    『ほんまに(昔の日本の城って)こんなんなん?』
    と聞くと、私より先に次女さんが

    『ほんまやで!』
    『昔はこの隙間から石投げたりしてたんやで』
    『城作りは任せて!めっちゃ城は詳しいし、こだわりあるで!!』

    と説明してくれました(笑)

    次女さんは戦国時代にお城を作った記憶があります。
    かなり頑張って作ったみたいですが、今は残っていません。

    しかし、その城周辺の武家屋敷の地図があり、その地図を次女さんに見せたら

    『(昔の)ウチん家はここらへん』
    と指を刺した場所が

    次女さんの過去世の記憶を辿って特定した人物の屋敷があった場所と、ジャストミート!寸分の狂いなし!でした。

    地図には確かに諸大名の名前が漢字で書いてありましたが、地図は拡大せず全体像で見せていたので字は全く読めないような細かい表示でした。

    次女さんが地図を見て注目していたのは、城の全体図。

    まるでそれぞれの建物の配置を確認しているかのように指差しながら、最終的に当時の自分の自宅を指差しました。

    私がものすごく驚いてると

    次女『だって嘘なんかついてないもん。
    知ってる事言ってるだけやもん。
    ママのお家は(自分の家より)また違ってちょっと離れてたで!』

    地図を見る次女さんの目は輝いていました。

    カイロに行ってもスピリチュアル(笑)

    先日行ったカイロプラクティックについて...

    ※全てのカイロプラクティックが
    下記と同じ状態になるとは限りません。

    カイロプラクティックは正直当たり外れ、
    合う合わないが激しいようです。

    私の場合は親友からの紹介で行きました。

    それでも私は、常にエネルギーダダ漏れタイプなあので
    他人との体の接触を出来るだけ避けてる状態なので
    不安いっぱいでした。

    施術所は私の過去世に深く関わりのあった場所でした。

    とある橋を越えてすぐ、ゾワゾワと嫌な体感を
    感じ出しました。

    施術所のマンションも嫌な感覚。
    不安しかなかったです(笑)

    施術開始、自分のエネルギーの出入りを
    確認するためにチャンネルを合わすと...

    私の周囲ぐるりと黒い鎧を着た兵士...

    このままチャンネル合わしっぱなしにすると、
    兵士に話しかけられて施術に集中できないと判断し、
    スピリチュアル的なものを全て遮断しました。

    施術中に感じた事は....

    筋肉解さなきゃ関節動かないんで
    まず、グリグリと筋肉を揉み解されるんです。

    ある程度まではすごく痛いんですが、突然ふっと
    何か溶けるように筋肉が緩みました。

    何かしたのかな?と気にはなりましたが確認せず。
    (チャンネルを合わすとまた兵士を感じちゃうので)

    施術後は明らかに体がまっすぐになった感覚があり、
    喜んでると
    『まだ40%しか調整してない。年期入ってるから急に100%にしたら色々切れるし』との事...。
    .
    それでもすこぶる調子がいい感じになりました。

    しかし、その日の晩は夜中に何度も目が覚める

    目が覚めるタイミングは私の右足が曲がっちゃ
    アカン方向(外転外旋)になった時。

    いかんいかん...と何度も寝ぼけ眼で体制を整えました。

    結局朝までそれが続きました。

    朝起きてLINEを見ると
    氣功の師匠からLINEが入っていました。

    『もう寝てたらごめんね照心さん
    今日、キツネついてる
    ザコじゃなくて
    眷属のキツネ』

    眷属のキツネさん憑きは初めて(笑)。

    前日ははカイロの後、大阪の北側の
    超アングラエリアに車で行き

    そのまま北からミナミに南下してクタクタだったので、浄化するのをすっかり忘れて寝てしまいました。

    慌てて朝っぱらから
    師匠ににLINEする

    話を聞くと

    『眷属(神様の使い)のキツネさんの力を借りて
    施術してるのかもしれないね。
    眷属のキツネさんが力を運んできてくれてるんだよ。右側寄りの仙骨のあたりに何か入ってる。
    入れられたのかな。
    これが鍵かも。
    いわゆる氣功の氣入れみたいなものかな。
    良くみたら左側にも小さいのが入ってるよ。
    バランスとったのかな。
    信心深くて
    治したいという意識が高いと
    神様から自然と力を貸して貰えるだろうから。』

    なるほど....
    先生は人間的にはすごく良い方のような印象を受けました。
    やはり、ボディケア関係のお仕事は
    エネルギーワークとは切っても切れない関係なんでしょうね。

    そういや私も仕事で重症患者さんと関わると
    一時的に容態が復活するんですよね、毎回。

    重症患者さんに接する時は自分のスピリチュアル能力は
    完全にシャットアウトしているのですが
    (↑シャットアウトしていないと、お迎えの方々と色々会話してしまったりしてややこしいので...)
    特に氣功や気入れは使ってないのですが、
    基本的にエネルギーダダ漏れタイプなので、
    何かしらの影響が出てるのかもしれません。

    私の場合はエネルギーのコントロールが今後の課題のようです。
    真夏の『ひなた』はジリジリ焼けて枯れさせます。

    真夏の『ひかげ』はほっと一息できる癒しの空間...。

    陽だからいい、陰だから悪い。

    そんな事はなく適材適所、程よい感じ。

    これがなかなか難しい。

    照心の最近のスピリチュアルな出来事

    先日、朝5:30に私の携帯電話が鳴りました。

    実の母親からの電話で
    『救急車を呼んで欲しい』との依頼でした。

    『いや....私が住んでる場所と母の住んでいる場所は
    かなり離れてるから救急の管轄が違うし、
    自分で電話するのが1番早いだろ!?』
    と思いながらも、脳に障害がでてるのかな?
    と思い私から救急に連絡しました。

    症状は激しいめまい嘔気、嘔吐。

    慌てて母の近くに住む義妹、実妹に電話をして
    救助に向かってもらいました。

    母の自宅から車で1時間半ほど離れた
    場所に住む私には、後は遠隔氣功で
    母の状態を見るしか母の状態を知る手段は
    ありませんでした。

    遠隔氣功で母の状態を見てみると...

    心肥大、脳全体が水色に白いマーブル模様が
    入ったような状態に見えました。

    おそらく白いマーブルはめまいを表し、
    水色は脳の虚血、その原因は心原性...

    TIA(一過性脳虚血状態)と私は氣功で見た限りでは
    判断しましたが...

    搬送先の救急病院での検査の結果は
    頭はCT上問題なし。
    原因は耳ではないか?との診断。

    私は『原因は耳ではない!』って感じていたので、
    あ〜〜ちゃんと氣功で見えてなかったのかなぁ...
    とがっかりしていました。

    それでも納得いかない私は
    私の氣功の師匠に母の状態を見てもらいました。

    『お母さんみてたら
    心臓がギューときたんだけど。
    水分不足による
    血管の詰まりのようなものを感じたよ』

    と私と同じ見解!
    師匠は更に

    『照心さん
    (既に亡くなってる私の)お父さんがお母さんの側に
    見えるから、お母さんの事ちょっと甘く
    考え無い方が良いかもね。
    親族が来ている時はお迎えの事が大半なので。
    私達に出来る事は全部しましょう。』

    との事。

    確かにTIAはその症状が消えても、TIA発症2日以内に
    脳梗塞を起こしやすい、いわゆる『脳梗塞崖っぷち』
    の状態です。

    そして、私の父が亡くなった原因も
    TIAから脳梗塞へ....でした。

    TIAは発症してすぐではCTではうつらないですしね。

    私の見立てと氣功の師匠のお見立てが一緒だった時点で、私は実家に帰る決断をしました。

    実家へ帰ると母は少ししんどそうでしたが、
    次の日にはいつもどおりに戻っていました。

    氣功の師匠にも一緒に母の氣功治療を手伝って頂き、『私達が出来ること』は全てやりました。

    『耳が原因』と救急の医者に言われたので、
    その疑いを消すために(笑)耳鼻科も受診。

    案の定、耳鼻科の医師は
    『耳鼻科領域が原因のめまいではない。
    CT上、問題なしだったのならおそらく
    心臓→脳のもの』

    との診断。

    週明けに総合病院を受診する事になりました。

    亡くなった父親の表情も
    私が実家に帰ったその日は青ざめたような
    深刻な顔をしていましたが、
    次の日には

    氣功の師匠
    『お父さんはまだ居るけど、
    顔つきが違うから安心してます』

    だったので、妹に任せて私は自宅に帰ってきました。

    氣功と西洋医学がコラボできれば、
    きっと素敵なんだろうなぁ...と感じました^ ^

    次女さんの自殺した過去世について

    次女さんは
    昔(過去世で)自殺をしたことがあるらしいです。

    突然、本人自ら話をしだしました。
    ちなみに切腹と自殺は違うらしいです。

    次女さん
    『どうしても人生が嫌になって、
    生きていくのが嫌になって首吊って自殺した。
    自殺はなぁ、死ぬ時は苦しいし悲しい』
    と話していました。

    私は『今まで1番楽しかった人生っていつ?』
    と次女さんに聞いてみました。
    すると....

    次女『今!!』

    と答えました

    次女『昔はペットボトルに入るぐらいの水を
    汲むだけでも大変やったんやで』

    確かに今は蛇口をひねれば水が出てきます。

    当たり前....と思うような事も
    当たり前とせずに
    その事柄に関わってる方々に感謝ですね^ ^

    ってか、私はお年寄りと話をしている錯覚に襲われました(笑)。

    次女さんの宇宙のお話

    私の氣功の師匠とお揃いで
    直径5cmほどの透明なガラス玉の中に
    太陽系がレーザーで彫ってあるものを手に入れました。

    それを次女さんが見て少々.....いやかなり興奮しました。

    以下、次女さん発言です

    『これ、見た事あるで!私知ってるで!昔宇宙から見たもん!』

    『これ(→ガラス玉ではなく太陽系の事)は
    神様が作ったものやで!』

    次女さんがこの風景を見た時に誰か側に一緒にいたのか?聞くと
    無言で私を指差す...

    いつもながら、この次女の無言ジェスチャーは
    迫力、凄みがあり親の私でもちょっと怖い。

    おそらく言葉にはしてはいけない事なんでしょうね。

    太陽系の表示は全て英語なんですが、
    ちゃっかり地球の位置も次女さんは把握してました。

    最近起きた不思議な事

    3月末に実の弟が事故死をしたのですが(リアルです)その時の不思議なお話...

    事故死した連絡を受け、とりあえず弟の魂を氣功の遠隔で探しに行きました。
    普通ならすぐに見つけれるのに、全く見つかりません。
    嫌な予感がしました。

    私の家系は、そこそこ霊感のある人が多いのでみんなで『どこにいる?見つからない!』とワタワタしていました。

    弟の遺体と対面して、弟の体に触れながら魂を探すとようやく見つけました。

    弟の魂は胸から下を白いサラシのようなものでぐるぐる巻きにされ、何者かに拘束されている状態。
    何者かに憑依された状態のまま死んでしまったので、捕獲されてしまったんでしょうね。

    なんとか解放しました。

    そこからはフリーダムにあちこち動きまくる弟の魂(笑)
    ....................

    弟との最後の会話は大喧嘩でした。
    そのまま、喧嘩別れしており再会したのはこのタイミング。

    お葬式の時、弟の長男がなぜか私に弟の小さな遺骨のかけらを持ってきて
    『これ、お父さん!お姉ちゃんにあげる!!』
    と渡されました。
    半ば強制的に長男君から渡されたので、渋々自宅に持ち帰りました。

    そして、私の氣功の師匠からメッセージを頂きました。

    『やはり
    弟さんの気持ちが複雑で
    照心さんに怒ってたんです。
    照心さん。
    それ(弟の遺骨の小さなかけら)持ってると
    神社行けないよ
    穢れが家にあるからね
    まあ、喪中は変わらないので
    しばらくは神社は控えて
    弟さんに想いを寄せてあげてください。
    あの世に旅立つ頃には
    現世の感情も落ち着くと思います。
    その骨は
    弟さんの愛情だよ。
    少しは気持ちを汲んであげないとね。
    それでは、骨は納骨までに
    他の骨の中に返しましょう。
    寺は大丈夫だと思うよ。
    まだ、ウロウロしてるうちは
    生きている時と変わらないから
    仕方ないね
    最後の姉弟喧嘩でもして
    神社の方は
    神様によって穢れを凄く嫌う神様と
    別に気にしない神様が居るから
    喪明け後は
    ちゃんと御祭神調べて、行って良いかお伺いたててから行くと良いよ。』

    最後まで姉弟喧嘩をしっかりやって
    弟は49日を待たずにさっさとお空へ帰りました(笑)

    不思議な力の遺伝について⑥(ギャル編1)

    次女さんが5歳の頃...
    朝、次女さんが起床して第一声、
    次女「今日は幼稚園おやすみ!幼稚園であんなしょーもない事してらんない!!早く働いてお金稼いでギャルを追っかけたい!!」
    と言いだす。
    照心「えー⁉︎幼稚園でお歌歌ったりお友達と遊んだりするの楽しくないの?あと、ギャルって今時使う言葉⁈」
    次女「全然楽しくない!私はママが仕事行かなくちゃいけないから幼稚園に行ってるだけやで!」
    正直、最も恐れていた事が来た...と思いました。
    今生は5歳でも、過去世を沢山覚えている事で、もしかしてこんなことになるんじゃないか?って実は恐れていたんです...
    次女さん、その日は全く幼稚園に行く気なしで、私もちょっとこれは無理矢理連れて行くと後々ややこしくなりそうな予感がしたので、仕方なく幼稚園をお休みにしました。
    次女さんに
    照心「次女さんが心が穏やかになれる場所ってどこかある?行きたい所ある?」
    次女「○○○○(昔の有名人)の所!昨日夢に出てきて呼ばれた!」
    こちらの○○○○というお方、昔の次女さんの宿敵みたいな方でしたので
    照心「それは危険じゃないですか⁈そしてその人の名前フルネームでよく知ってたよね⁈どこで覚えたん⁈」
    次女「だって呼ばれたんやもん!!名前は前から知ってたから!!」
    照心「分かったよ...じゃあ行こう。でも○○○○さん(昔の有名人)にちゃんと『もう喧嘩はしません。ごめんなさい』って言える?」
    次女「言える!」
    照心「ママも言うわ...(でもママはきっと悲惨なことになるやろなぁ...また熱出すかなぁ泣)」
    なかなか目的地にたどり着けなかったですが、なんとか無事に戻ってこれました。

    不思議な力の遺伝について⑤(最近編)

    ここ数日前のお話です。
    次女さんは今年、幼稚園を卒園するので
    沢山の荷物を幼稚園から持って帰ってきました。
    その中に自由画帳がありました。
    年少組や年中組の時はよくオバケと人間の共存した絵が描かれていたので、とりあえずチェック....
    するとやっぱりありました(笑)。
    口から血を出した天使みたいな羽の生えた人が2人。
    四角い観音開きの蓋つきの箱に入っていました。
    そして横にひらがなで
    『しんだひとのベット』
    と書いていました。
    私的には、こんな絵を自由画帳に描く意味は全く理解できず...
    そしてこの絵について、ちゃんと次女さんからの説明がありました。
    『死んだ人の棺桶みたいなやつやん!
    ↑特にしんみりもせずに普通にニコニコしながら
    (そして、この時なぜか自分の体周囲に円をかくように手でジェスチャー)』
    照心『いや、これも普通に棺桶なんやけど...』
    と次女さんに教えてあげる。
    後から聞くと次女さん
    棺桶=樽みたいな丸いやつ
    (昔の棺桶は大きな樽みたいな形だったんですよ)
    だと思ってたらしいです。
    今は折り曲げて入れなくて大丈夫 !
    寝たままでいけるんだよ!
    と説明しました。
    次女さん、知ってる事はとても多いのですが、知識が歴史書並に古い事に笑えました。
    現代の棺桶も次女さんは見た事があるのですが、本気で『死んだ人のベット』だと思っていたらしいです。

    前世の記憶を思い出す事

    以前、私が自身の過去世の記憶をどんどん呼び起こしていた時期...
    周囲にもその余波のようなモノが伝わっていったのか?
    昔の嫁だった友人(今は親友)も少しずつ私と一緒にいた頃の過去世の記憶を取り戻していく時期がありました。

    意図的に過去世を思い出すのとは違って、自然な形で過去世の感情を思い出してしまった場合、この過去世の感情に強くとらわれてしまうことがよくあります。

    彼女曰く「私が昔、あなたの嫁だったからこんな事言うのかもしれないけど、
    (今生の)昔からなぜかあなたは人を呼び集めるタイプやった。
    でもその集まった人らに引っ張られる傾向もあるから気をつけなよ」
    私はこれを言われて、正直ドキッとしました。

    『この人って...よく見てるなぁ〜私の事を』
    と関心していると追い討ちで、友人は
    「昔(友人と夫婦だった時代)自宅の門の所で女の人と逢引みたいな押し問答してたでしょ?私こっそり見てたで!」
    ...めちゃくちゃ動揺しました....
    友人は私がうろたえてる姿を見逃さずにさらに追い討ちをかけてくる...
    『なんで私が動揺しなあかんねーん!今の私はなんもしてなーい!』と後から思いました(笑)
    世の男性が嫁にビビる気持ちがなんとなく実感できたように思いました(笑)

    氣功について

    氣功について...

    今回は私が使用している氣功について書かせて頂きます。

    対面鑑定や電話鑑定をしている最中に私はこの氣功の一部を必要時使っています。

    私が師匠から習った氣功の基本、氣功で1番大切な事とは『呼吸』です。
    『自分自身の1番力が出せる呼吸を知ること』
    から訓練はスタートしていきます。

    そして、氣功を一通りマスターすると、
    自分が元々持っている力と、習得した氣功の呼吸や技術を最も自分が力を発揮できる形に変化させて『自分だけの氣功』を作り上げていきます。
    氣功マスターがゴールではなく、自分らしい氣功を作り上げていく事。
    本当の修行はここからです。

    氣功で一体私が何をしているか?
    主に
    •心身の邪氣の浄化(祓うではなく消滅)
    •不快感や疼痛の緩和
    (とってはいけない痛みや取りきれない痛みもあります)
    •氣(エネルギー)の回復
    •飛んでくる念の追跡(逆探知的な感じです)
    •念、邪氣との対話

    この『念、邪気との対話』はこちらがする気なくても
    勝手にムービー再生することがほとんどですが...
    自分が人間だった頃に何が起こったのか?
    なぜ自分が邪氣となったのか?
    自分(邪氣)が本当に心から求めているのは何か?
    本人達のストーリーや感情を教えてくれます。

    規模は違いますが、某人気漫画みたいな話ですね(笑)

    不思議な力の遺伝について④

    ③の続編です。
    次女さんが知っている400年前の自分の家の旗?家紋?を参考にしたり、その後の次女さんの様々な発言から
    おそらくこの人?という方を奇跡的にピックアップできました。
    たまたまですが名前がwikiに残っていた方だったようです。
    名前は残っていても、歴史の教科書などには載る事はないような方。
    そして次女が言うには私と次女はこの時代でも親子だったとの事...
    次女→父
    照心→次男
    必然的に自分の過去世の名前も知ることとなりました。
    観光がてら検証でもしてみるかぁ〜と軽い気持ちで
    次女さんが昔この人だったと思われる方のお墓に行ってみる事にしました。
    たまたま自宅から1時間程の場所にその方のお墓があったんです。
    お墓前に到着すると....
    次女さん、お墓を目の前に終始無言。
    いつもベラベラ喋る子なので逆に怖い!
    次女さんに何を聞いても『今は無理!後で』の一点張りでした。
    仕方ないので帰りの車で聞こうとお墓から駐車場へ向かう途中、次女さんが突然
    『ママ!透明人間がいる!!捕まったらあかんやつや!逃げないと』と怯え出す!
    次女さんが怖いって言ったら私はもっと怖いんですがぁー!と思いながら猛ダッシュで車へ逃げました。
    なんとか透明人間から逃げれたみたいで、次女さんも落ち着いた頃にお墓での事を聞くと
    『人(?)が1人だけいた。ママも知らない、私しか知らない人。お話したらおかえりって喜んでた』との事。
    しつこくしつこくその人は誰か聞いたらやっと『私の昔の忍者』と言われてぶっ飛ぶ....

    不思議な力の遺伝について③

    その次女さんが4歳の時のある日、
    『ママ...ママは私が小学生になる頃に死んでしまうの?私はどうやって生きていけばいいの?』
    と泣きながら言い出しました....

    私は
    『この子は一体何を言ってるのだろう?』
    と⁇⁇でしたので、次女さんに
    『なぜそんな事がわかるの?』
    と聞くと、次女さんは
    『だって私のそばにいる女神様がそう言うの!私はどうしたらいいの?』
    と話します。
    私的には
    『まぁ、次女さんの女神さんがそない言うなら私の寿命もこれまでなんかもな』
    と思いながら、しかし次女さんがとても悲しく絶望している姿をしているのを見ると、なんとかしなきゃなぁ...と考えるようになりました。
    次女さんには
    『ママは何が原因で死ぬの?』
    と聞くと、次女さんは無言で自分の心臓を親指で指し示します。
    心筋梗塞か⁉︎心室細動か⁉︎
    確かに昔から心雑音で時々引っかかることはありましたが、特に健診では問題なくオールパーフェクトな結果。

    なんだか腑に落ちず、氣功の師匠に聞いてみると
    『次女さん、なんかややこしいのに操られてるよ!女神様とやらに化けていて操作されてる。このままだとよろしくない』
    となり氣功浄化を開始しました。
    しかし、操作しようとしている相手は400年ほど前に生きていたかなり凄腕の呪術者。
    死して尚、その当時に仕えていた上司を守るために未だにお仕えしている方。
    その凄腕呪術者は400年前の当時、私や次女とかなりの因縁があり(私達はこの呪術者がお仕えしていた上司を倒そうとしていました)、たまたま今生2人が揃ってしまった事に気がつき、先手必勝で攻撃を仕掛けてきたようです。
    我が家にゲ○ゲの鬼●郎にでてくるような魑魅魍魎を沢山送りつけてきていたようです。
    確かに当時、自宅で
    二階へ上がる階段の一番上に生首待機してるとか
    馬車の車輪の真ん中に首のあるようなヤツが部屋の天井辺りを浮遊していて目があった途端にこちらへ向かってくるとか

    クローゼット開けたら貧乏神みたいなんがいたりとか
    よくしました(笑)。
    (もちろん目に見えない世界のお話ですが、私には見えてしまうので遭遇する度にダッシュで逃げました)

    結局、その凄腕の呪術者とは浄化という形をとらず、休戦状態という形をとりました。

    なので次女さんは今年小学生になりますが、私は死なずに済みました。

    しかし、いまだに私達が昔の因縁について暴れないか、呪術者さんからはしっかり見張られています(笑)。

    一体、私達は何をすればこの凄腕の呪術者に怒られてしまうんでしょうかね(笑)。

    不思議な力の遺伝について②

    前回の『不思議な力の遺伝について①』の続編です。

    私の不思議な力が遺伝してしまった
    我が子、次女さんのお話です。

    その後(①参照)も幼稚園のお絵描きには、必ずオバケを一緒に描いたり
    (→もう完全に次女さんと目に見えないモノは共存してしまっていて一緒にいる事が当たり前の生活をしてきているようです。)、

    普通のなんてないテレビドラマなのに
    『ママ!ここオバケだらけやん!』
    と言ったり
    (→おそらく撮影所が✖️なんでしょうね)、

    平安時代のドラマを見ては
    『そう、昔はこんな風(な街並み)だった。私は火事になった家の木に潰されて死んだことがあるよ』、

    幕末時代のドラマで本当の本人の写真を見ては
    『この人知ってるよ。よく話してた』

    同じ時代の違う写真を見て
    『これ、私!』

    京都観光でお寺に行けば
    『昔、みんなでここ来たやん!』

    ふと目に付いた古事記に載ってる神様の名前を知ってるか、なんとなく聞いたら
    『それ、昔のお友達』

    あまりにもベラベラ話すので、確認のために1度全く他人様の鑑定をしてもらったのですが
    『次女さんの話す事は全て合っている』
    との鑑定でした。

    そして、もう1つ
    精神科医に相談しました(笑)。
    特に問題ないとの診断。

    その次女さんが4歳の時のある日、
    『ママ...ママは私が小学生になる頃に死んでしまうの?私はどうやって生きていけばいいの?』
    と泣きながら言い出しました....
    ③へ続く

    不思議な力の遺伝について①

    私がそうであるように
    我が子(次女)もやはり私の遺伝子?を継いでいるようで
    片言で言葉を話すようになった3歳頃から現在(6歳)に至るまで不思議発言をずっとしています。

    最近はこんな不思議発言をする子供さんが結構いらっしゃるようで
    次女のこともある為か、そういった方からもご縁頂いてご相談をお受けすることもあります。

    次女の不思議具合に気がついたのは
    TVのニュースで慰霊祭が流れている時に次女が怯えて泣くようになってからでした。
    そのうち、誰もいない場所めがけて手を振りながら『じいじー!!』と走って行ったり
    お墓を見て『みんなでご飯食べてる』
    前を走るデイサービスの送迎車の座席に誰も乗っていないのに『おばあちゃんが手を振ってるわ!』
    等言うようになりました。

    これだけでも充分不思議ちゃんですが...

    決定打を私に与えたのは
    次女が3歳半の頃
    朝、幼稚園の制服を必死で着せている最中に
    突然次女が自身の両手を私の両こめかみを挟むような形で当てて
    私の顔を固定した直後
    次女『ママ、昔この顔でお馬さん乗ってたよね?』
    と真剣に話をしだしました。

    照心『はぁ⁈ママお馬さん乗った事ないけど?』
    次女『違うよ!ママがまだ男の人だった頃!!』
    と怒り出してしまいました。

    その日をきっかけに、次女は私がまだ男性だった頃の過去世の話をベラベラと話すようになりました。

    次女が思い出した過去世は今から400年頃前の日本
    当時の日本は戦国時代という戦いの時代だったようです。 
    当時は次女は私の父で私は息子。
    2人ともずっと戦っていたようです。

    そのうち幼稚園で端午の節句に作成した兜に400年前当時の家紋を描いてきたり、当時の自分の名前を思い出して言ったりするようになりました。

    その頃から不思議と400年前に縁のあった方々が私の周りに集まってくるようになりました。
    家系図が書けてしまうレベルの人数の方々です(笑)。

    それからもこの時代の過去世絡みの数々の不思議な出来事が起こり、現在もまだ進行中です。
    またその話は機会があればこちらに書いていこうと思っています。

    何か意味があっての事だとは思いますが、神様の意図は全くわからず...です。

    ちなみに次女さんは『ママを助けるために産まれてきた』らしいです。

    最近あった不思議な毛の話

    最近あった不思議なお話です、

    仕事で、結構キツめの白キツネさんの因縁関係について相談を受けていました。

    次の日の朝、いそいそと化粧して仕事へ行く準備をしていると、いきなり右耳に違和感が発生。

    首?を動かしたりするとストローを折り曲げたようなパキポキした音が右耳の中からします。

    耳掃除してみたけど改善せず....

    まぁ、いいかっ!と仕事に行きましたが、やっぱり仕事中もパキポキいって気になりました。

    仕事から帰宅して、氣功のセルフ浄化をしてみると
    案の定、白い雲の巣のようなモノがグルグルとなった塊が私の右耳の中耳辺りにある。

    とりあえず回収するとかなり改善しましたが、まだ少しパキポキと音がするので、念のため私の氣功の師匠にみてもらうと....

    『蜘蛛の巣じゃなくてキツネの毛みたいですね。犬とか季節の変わり目にすっごく毛が抜けるでしょ?あんな感じの毛の束』

    炎症も起こしている体感があったので、次の日の夕方に耳鼻科(病院)を受診しました。

    照心 『2日前から右耳の中で、まるでストローがパキポキ折るような音が、何かの拍子でするんです!』

    医者『えらくマニアックな音やなぁ〜』

    と耳の中を見るお医者さん。

    医者『あ〜動物の毛が鼓膜にへばりついてるわ!』

    照心『えっ⁉︎それ狐の毛って言われたんですよ!』

    医者『キツネ?キツネの毛ってもっと剛毛やで。この時期は寒いから毛もかなり長くなってると思うよ?』

    照心『いや!先生!見えない世界のキツネです!』

    ....耳の中にリアルな毛があった事に驚き、ついつい言っちゃいました。

    周囲の看護師、おののくやら大笑いするやら(笑)

    医者『え〜⁈なんか動物飼ってないの?犬とか?』

    照心『犬飼ってますが茶色い毛しかないです!それに先生、右耳おかしくなったのは昨日の朝化粧していて突然ですよ?私、耳触ってなかったですし、私の髪型を考えても犬の毛ならタイミングが微妙じゃないですか?』

    医者『(ブルブル震えてみる)何の毛かわかったら報告してね(笑)』

    毛は無事、耳鼻科の医師に回収していただきました。
    長さ約2cm
    色は真っ白で犬の毛なんかよりもずっと太くてコシのあるストレートの毛。

    回収した毛と、私が自宅で飼っている犬の毛とを並べて比べてみても、
    毛質から色から全く別物でした。

    化粧筆など考えられる全ての毛と比較してみたのですが....
    一致する毛を見つける事はできませんでした。

    鼓膜にへばりついていたせいか
    3日ほど痒かったです。

    真相はいかに?

    陰陽六行の具体的な活用方法

    陰陽六行の具体的な活用方法です。
    .
    陰陽六行で私自身の事を見て行くと
    今年私は『転』の年
    そして2月は『無』の月
    .
    その事件が起きたのは『氣』の日
    でした。
    職場で半年間かけて、とあるマニュアルを一人で作成していていました。
    夜寝ずに、子供も放置し気味で自宅で仕事をしていましたが、何度もダメ出しをくらって、ようやく事件が起きた前日に完成しました!
    後は事件当日に部長に提出するだけ....という状態。
    事件当日の昼前に上司から
    『あなたがやってたマニュアルの件に関連する、外部業者出しの検査が、検査自体がなくなっちゃうの!マニュアルのやり方を全て変えなきゃいけないわ』
    「............えっ⁉︎」
    周囲のスタッフみんなからの哀れみの視線を感じながら話を聞いていました。
    10秒ほどはさすがにテンションは地に落ちました。
    その後すぐに笑いが出てきて止められず、ニヤニヤしてしまいました。
    『きたきた!....これやな「無」のリセット...』
    『無』は今までやってきた事をゼロ(無)にされやすいタイミングです。
    しかし、逆に『無』から『有』を作り出せば順調に物事が進みやすいタイミング。
    私が今までやってきた事は、きっとまだまだ調整の余地があったという事。
    『一度全てを無に帰して1から考え直す必要性がある』
    とのメッセージと捉えました。

    そして、『氣』
    『氣がつくことができれば大凶が大吉に変わる』タイミングです。

    なので、さほど凹むことなく逆に笑いがとまりませんでした。
    『バイオリズム通りやん!事前に知っていて、気がついたから意外と平気やん!それより、この我の身を使った面白いネタをどこで話そうか?』
    とワクワクしました。
    自分のバイオリズムを陰陽六行で知る事により
    『来たな!これか!!』
    と身構える事ができるだけでも、悲惨な出来事が起こってしまっても早期に前向きに捉えやすくなります。
    是非活用してみて下さい。
    陰陽六行で占いを行う為には生年月日が必要となってきます。
    事前にご確認宜しくお願い致します。

    某有名なお寺に行った時の不思議なお話です。

    某有名なお寺に行った時の不思議なお話です。
    そのお寺は以前から何故か自分の実家に帰るような感覚がありました。
    そのお寺に行く前に
    自宅でオラクルカード引いていきました。
    (千里眼ではオラクルカードでの占いは現在しておりません)
    「○○寺に行くんですが何かアドバイスお願いします」
    とカードを引きました
    出たカードは
    【THE ARTS(芸術)】
    前世で芸術と関わっていた事を示す
    【LEVING OR TRAVEL(別れ、旅立ち)】
    過去世で親しい人間関係でも、パートナーを残して行ったり旅に出たパートナーに置き去りにされたような経験あり。
    この事は今回の質問内容に影響している。
    【FATHER(父)】
    父とのトラウマ
    さっぱり意味不明でした。
    よくわからないままお寺に到着。
    お寺の中にはお坊さんが水行を行う川が流れており
    そちらでパワーストーンブレスを洗わせていただき頂きました。
    ブレスの水を振り払い、自分の左手に装着し、数歩あるいた所で....
    突然、左耳→右の耳に向かって何かが勢いよく突っ込んでくる感覚がおこりました。
    頭の中を貫通せず頭の中で止まった感感...
    気圧が急に変わった時におこる耳が聞こえにくくなるような状態の強烈なバージョンのような感覚。
    まるで左側から頭を殴られたような衝撃でした。
    あまりの衝撃に体がふらついてしまうようなレベル。
    目眩も起こり、意識もぶっ飛ぶ寸前で
    「こりゃマズイな...」
    と思い側の建物の軒下の縁側のような場所にもたれてしばらく我の体と対話しました。
    『頭痛などはない
    嘔気嘔吐もない
    邪気の憑依状態はここに来るまでの状態と変わらず、新たな邪気の憑依はなし
    目眩も左耳からの圧迫感もあの一瞬で消失』
    もうなんともないな...
    と思ったのでもう一度水行の所へ行ってみるが今度は何も起こらず。
    なんだったんだろう?
    としばらく辺りをウロウロしてみるが、何も起こらず。
    まぁ、いいか♪とお寺の奥へ向かう。
    お寺の奥の方にはこちらの宗派をつくられた方のお墓?があり
    そのお墓?の前に椅子のようなものがあったので
    お参りが終わってからその椅子に腰掛けて、先程の左耳の衝撃の事もすっかり忘れてボーっとしていました。
    ふと、自宅で引いたオラクルカードを思い出しました。
    思い出した瞬間、そこから走馬灯のように
    私が知らない過去世が自動再生されていきました!
    私は当時は木を掘って仏さん?を作る若い男性
    僧なのかな?そこはわからない。
    私は目の前のお墓の方と
    ほとんどいつも一緒に動いている人だったようで....
    ある日
    お墓の方とお別れです。
    彼とは直接もう会えなくなりますと言われた時はすごく悲しくて、
    とても落ち込みましたが、彼が決めたことだからって我慢しました。
    私はその彼を父親のように尊敬し愛していました。
    だから我慢しました。
    足を引っ張りたくなかったんです。
    って記憶でした。
    椅子から立ち上がるタイミングがわからないほど勢いよくストーリーが展開されて
    私は何度も立ち上がり→座り...を繰り返す完全な不審者となっていました(笑)
    それでこのお寺が実家みたいな感覚だったのかなぁ...なんて思いました。

    神仏とのご縁について

    氣功を施術している時、稀に
    『仏様(○○如来様等と言われている方々の事です)に背後で見守って頂いている方』
    に出会う事があります。
    仏様が見守ってらっしゃる方の共通点は
    【言い訳をせず一生懸命、目の前のご自身の課題に対して逃げることなく努力している方】
    【気持ちに邪気が少なく、穏やかな気質で一緒にいるだけで癒されてしまうような、関わりを持つ上で警戒しなくても良い方】
    との印象を受けました。
    仏様にご縁を頂いている方々は、特に神社仏閣に熱心に行かれているわけでもないというのは意外でした。
    仏様が見守りをして下さっているお客様には、隙間時間で良いので感謝の気持ちをお伝えするためのおまいりをオススメ致しました。
    仏様は癒しなんだなぁ...と実感致しました。

    ご縁について、占導について

    全ての『ご縁』には理由があります。
    •なぜこの子は私の子供として産まれてきたの?
    •なぜこの同僚は私と合わないの?
    •なぜこの旦那様、私と結婚したの?
    •なぜ彼と不倫関係になってしまったの?
    •なぜ私がこんなに他人の事でしんどい思いをしなくちゃいけないの?
    全てに理由があります。
    私は陰陽六行を用いてこの
    『ご縁』
    を紐解いていくことを占いでやっています。
    (陰陽六行で占う場合は生年月日が必要となりますので、事前にご確認お願いいたします)
    自分自身が
    『苦しい』
    と感じてしまう『ご縁』は大抵が
    『自分を成長させる為の学びのご縁』
    である場合が多いです。
    この
    『自分を成長させる為の学びのご縁』

    『縁切り』
    という手段を用いて切ってしまう事も可能なようですが私は
    『縁切り』
    はしません。それは
    『全てのご縁には理由がある』
    と考えているからです。
    今、嫌な事に対して逃げても
    また次、逃げた事と同じような課題(壁)が必ずやってきます。
    しかもその課題(壁)は大抵が以前より難易度が上がっている...
    より一層複雑な状況となって私達に立ち向かって来ます。
    私は今来ている課題(壁)は後回しにせず
    その課題(壁)に対して『今』前向きに正面突破してクリアしていく事が
    ご自身にとって一番ダメージが少なく
    良い結果がでると考えています。
    お相手と自分の『ご縁』を知り
    お相手の『気質』を知る事で
    『今自分に来ている課題』
    を前向きに正面突破してクリアしていく事のお手伝いを私はさせて頂いています。
    自分らしく、充実した日々をご自身の手で作り出すきっかけや方法をお伝えする事、これを
    『占導』
    と言います。
    当てるだけの占いではない『占導』をぜひ体感してみてください。

    金龍のお話(不思議体験)

    「金龍が神様をお祀りする場所の扉から出てきた」と友人が教えてくれた神社に行った時の不思議体験です。

    祓戸にて...
    祓戸とはご祈祷前に身を清めてもらう場所です。

    神主さんが祝詞をはじめると
    巫女さん?みたいな女性が数人寄ってきて
    体を撫でていきました(目に見えない世界のお話です)。

    祓戸だけに悪いものを払っているのかな?という感じでした。
    その女性達は祝詞が終わると消えてしまいました。

    次に本殿に移りご祈祷をしてもらいました。

    神主さんの祝詞がはじめると
    友人が言っていた通り
    パカっと神殿の扉が開き(目に見えない世界の話)
    中からドーっと金色の龍が出てきました。
    時計回りに何回か頭上を周り
    左側上空にトグロをまき待機する。
    友人からは、クルッと一周回ったら
    扉の中に戻るって聞いていたので
    あれ?思いながらそのまま様子を見てると

    扉の中から若い、顔のパーツが全体的にうすい感じの上品な雰囲気の女性が出てきました。

    私のいつも左後方に一緒にいる女性が
    (見えない世界の話です。呼んだら出てきて様々な要請に対応してくれる女性。占い中ではこの女性に回答を聞いています。)
    ふわーっとその扉から出てきた女性に近寄っていき手を取り合って
    「久々ね〜元気にしてた〜?」
    とでも会話しているかのように再会?を喜んでいるような雰囲気でした。
    お知り合いだったのでしょうかね。

    祝詞が終わりそうになると
    スーッと金龍も上品な女性も扉の中に入っていき扉が閉まる。

    こちらの金龍さんとお会いするには
    その金龍さんがいる神社ともう1つ別の神社を
    ある法則で参拝すればお会いする事ができるようですね。

    もう1つの神社を前日に参拝すると
    富士山からの湧水で出来上がった池の水面を
    真っ白い蛇が走っていく様子も見る事ができました(リアルな世界のお話)。

    神社仏閣巡りは素敵な事件が起こる事がよくあるのでやめられません。

    幸の日の不思議体験

    某お稲荷さん(神社)へ行った時の不思議?体験です。

    電車から降りると結構な量の雨

    超晴れ女な私なんですが珍しいなぁ...と思いながら神社へ向かいました。

    昔からの親のすり込みのせいか?私はお狐さんがとても苦手です。
    神社の本殿手前の両脇の狛犬的なお狐さんがまず怖い....
    ここまで来たのだから目的を達成しよう!と気を取り直し
    本殿にお参りしました。

    お賽銭入れて
    ガラガラして
    パンパンして
    チャンネル合わす
    はい!
    チャンネル合いました!!

    とその時......

    忘れていたリアルな自分の体感に異常を感じ飛び上がりました

    リアルな私の前額部に
    何かふさっと、ペシっと当たった!!

    かなりのパニック状態
    慌てて目を開けたら

    左斜め前にガラガラと一緒にぶら下げてある布が少し揺れていました。

    「あぁ、これが風に揺れて私のデコに当たったんだな
    それにしてもなかなかの勢いだった...
    お参りする前までは風なんかふいてなかったのに」

    傘がなければ辛いぐらい降っていた雨もいつのまにか止んでおり
    気を取り直しもう一度チャンネルを合わす

    見えた映像は
    江戸結い?っていうのかな?
    それをちょっと崩したような髪型
    白い、結婚式とかに着そうな厚手の着物
    妖艶な表情の美しい女性
    巨乳(笑)

    「あれ?ウカノミタマノカミさんにしちゃ〜最近すぎる出で立ちだな?」

    と思いながらこちらの話したい内容の話をしていく....

    しかしその女性、こっちの言うことは全く聞く耳持たず
    ヒステリックに罵ってくる....
    具体的にはなにを言ってるのかよくわからない
    そのうちその美女はワンワン泣き出す


    「なぜそんなに怒るの?」
    美女
    「ちゃんと過去を思い出してから来なさいよ!!」
    と怒られる....

    全く身に覚えがないが...
    嫉妬の感情を感じる
    話にならないので諦めて神社内を散策するが....

    私には合わない感じ
    なんだか荒れてるなぁ...
    (あくまで私個人の感想)
    なんて思いながら帰宅する

    一連の経緯を同じような力を持つ友人に話すと
    「それ、ウカノミタマノカミさんじゃなくてキツネじゃ無いですか⁈
    ウカノミタマノカミさんは穏やかな優しい感じですよ」
    との事

    キツネに化かされたってヤツですか⁈(笑)

    ある意味貴重な経験をしました

    この日は私にとって【幸の日】
    せっかくの「幸の日」を
    自分の楽しみに使わず他人の為に使ってしまったから
    こんなことになってしまったのかもしれません。
    これするなら「偽の日」にすべきでした。

    幸の日
    自分の楽しむ事をすれば大吉
    いわゆるご褒美デー
    自分軸に動くことが大切な日
    動かなかったり、自分が楽しくない事をすると
    途端に大凶になる

    バイオリズムについて

    人間誰しも自分の『バイオリズム』というものを持っています。

    陰陽六行という占術は『陰陽師の知識』を現代にマッチするようにアレンジしたものです。
    陰陽六行でこの『バイオリズム』を紐解くとわかってくる事柄の1つに『行動を起こすタイミング』があります。

    例えば仕事を辞めるにしても
    次の仕事が『自分が楽しく働ける』ようなスムーズに繋がって行く『退職のタイミング』というものがあったり、
    デートをお誘いするのでも、お互いこの日だといつもより更に2人は楽しめることができるというタイミングがあったり....

    自分独自のバイオリズム、お相手と自分のバイオリズムの接点を活用する事で
    『創運(自らの手で幸運を作り出していく)』ができます。

    是非活用してみて下さい。

    某お寺へ行った時のお話です

    少しホラー(神秘体験?)な要素を含むかと思います。

    ある日大型スーパーから車で帰宅途中、とあるお寺の看板に目が行きました。

    その辺りではかなり有名なお寺で、私も前々から気になっていたお寺です。

    車のナビではすぐそことの表示だったのと、子供の幼稚園お迎えまでに少し時間があったので寄り道することにしました。

    念の為、自分の過去世に絡みがないか
    お寺の概要をネットでチェックして

    (これをしておかないと痛い目にあうことがあります)

    大丈夫な事を確認してからお寺に入りました。

    龍がいると言われている滝があるとの事なのでいってみました。

    確かにおっしゃる通り何かいましたね。
    パワーも確かに感じましたが....。

    お参りがすみ、車に乗り込み運転を開始すると...。

    私の弱点部分が急に痛みだしました。

    この弱点は、過去世で信用しきっていた同胞に裏切られ切られた部分。
    かなりの重症で、当時助かったのは奇跡的だったようです。

    体の傷はなんとか治りましたが
    心の傷はなかなかもどりませんでした。

    そのためか
    今生も引きずっています...

    「ヤバイなぁ...」

    と思いながらも車の運転中で、しかも直接子供の幼稚園お迎えに間に合うように時間調節していたので氣功修正(浄化)する時間がない状態でした。

    それでも無理矢理車を止めて、氣功修正(浄化)モードにするのですが、いつもの浄化する時の映像じゃなく見えたのは....

    私が黒い僧の法衣を着て袈裟を被り、川沿いの砂利道を沢山の他の僧と共に歩いている姿

    立ち止まり袈裟を左手で押し上げ空を、太陽を見つめ眩しそうにする

    「私がまだ知らない過去世絡んでる寺だった!
    この過去世見終わるまで浄化できない...
    でも時間ないから帰宅してから!」

    急いで幼稚園に向かい帰宅しました。

    落ち着いてから先程の続きを見てみると...

    私は僧の仕事をしている
    囲炉裏を囲んで法要後の檀家さんとお話をしている姿が見えました。

    帰宅しようと土間で下足を履いていると
    おかっぱ頭の7〜8歳の少女が白い長いヌメッとしているが、くったりしている「何か」を私に差し出してきました。

    私「これはなぁに?」
    少女「持って帰って下さい」

    少女は全く無表情。
    私は少女に言われるがままに右手を差し出しその「白い何か」受け取る。

    冷たくヒタっと手のひらにまとわりつくような感触。

    次の瞬間、その白い物体は蛇の姿に変わりました。

    右手の手首外側のぽこっと骨が膨らんだ少し上の部分(手先側)をあっという間に蛇に噛まれました。

    蛇は私を噛んだ後消えてしまいました。

    蛇に噛まれた部分は徐々に
    肉は腐り
    私の右手の骨はむき出しになりました。

    私は右手の手首から先をなくしました。

    これでは僧なのに合掌ができません
    商売あがったりです。

    でも私がいたお寺の方々は右手のない僧にも親切に仕事を与えくれました。

    この時点で話が進まなくなったので氣功修正(浄化)を開始しました。

    対象は
    髪の長い女性の姿でした。

    今生で私は知らない方。

    その女性は悲しげな顔をされていたのでお話を聞きました。

    見えた映像は....

    仲睦まじくその女性と
    まだ僧でない私は話をしている。

    結婚の約束をしていたのか...?
    結婚していたのか....?

    しかし、私は出世を優先し彼女を捨てた
    それでも彼女は私を信じて待っていた。

    そして私はなぜか出家をしなくてはならなくなった。

    出家をしてしまうと
    もう2度と彼女の元へ帰ることはできない。

    彼女は必死で私を止めた。

    しかし私はまた彼女を捨て僧になった。

    彼女の私に対する念が白蛇の姿と変化したのか...?

    私の右手首の外側、骨がぽこっと出ている部分...

    そういえば数年前原因不明で激痛がおこり
    半年間全く動かせなくなった事ありました。

    .........................

    『今生の自分』は『沢山の過去生(前世)』の積み重ねから成り立っています。

    『温故知新』という言葉があります。

    故きを温めて新しきを知る。
    前世を知るという事は正にこの温故知新だと私は思っています。
    今生をより良く生きやすくする為のアドバイスを
    自分の前世(過去生)から紐解いていきませんか?
    自分が生きている意味や、今生すべき事、気になるあのお方との本当のご縁が見えて来る事もありますよ。

    氣功修正(浄化バージョン)について....

    照心は占い師の仕事もしながら
    看護師の仕事もしています。

    看護師の仕事はどうしても他人の体に接触せずにいれない仕事なので
    触れる度に色々と頂いてしまったり
    自分のエネルギーを奪われたりしてしまいます。

    照心は自分の中に色々頂いてしまったものが蓄積してきたら
    一気にセルフで氣功修正(浄化)するようにしています。

    誰もこんな事(浄化)をしているなんてわからないだろうと結構人前で堂々と浄化をやっているのですが

    ある日、看護師の仕事をしながら浄化している最中に1人の男性患者様とガッツリ目が合ってしまいました。

    その男性構音障害があり、お話はできないのですが意思疎通はしっかりできる方で私が浄化している姿を見て

    目ん玉飛び出るんちゃうかっ⁉️てなぐらい目を見開いておりました。

    照心『見た?』

    男性患者 頷く

    照心『こんなの見える人?』

    男性患者 頷く

    照心『こんなの見たんはじめて?』

    男性患者 めっちゃ激しく頷く

    照心『こんなのできる人も世の中にはたまにいるねん。内緒ね〜』

    男性患者 頷く

    そこから一日中男性の熱い視線を受け続けなが看護師の仕事をしていました。

    占い時間内にご希望あれば
    氣功修正を実施する事も可能です。

    特に他人との身体接触の多いお仕事(看護、介護、エステティシャン、美容師さん等...)をされている方にお勧めです。

    ゆっくり休んでよく寝ているのに、なんだか解消しきれない疲労感や体のだるさを感じておられる方にもおすすめです。

    照心先生 クチコミ情報

    怖いぐらいに当たってるので😊また先生にあいにいきます。

    先生いつもありがとうございます!いつも鑑定してもらったすぐ彼から連絡がきます^_^怖いぐらいに当たってるので😊また先生にあいにいきます。

    【女性】

    笑いあり、終始癒されます。

    今日久々に視て頂きます。笑いあり、終始癒されます。ありがとうございます。

    【女性】

    的確あり、笑いあり、楽しさあり、癒され度あり、照心先生❗凄いです。

    先生!毎回ありがとうございます。いつも時間が足らなくて😢⤵️⤵️的確あり、笑いあり、楽しさあり、癒され度あり、照心先生❗凄いです。また会いに行きます。

    【女性】

    何時も楽しくバッチリ的中する鑑定

    何時も楽しくバッチリ的中する鑑定、ありがとうございます‼️✨😊

    【女性】

    的確な回答とユーモアで幸せになりました◎

    先生先程はありがとうございました◎とにかく面白くて時間忘れて久しぶりにお腹がよじれました。的確な回答とユーモアで幸せになりました◎私も先生みたいな大きな愛で包めるようにポケ●ンつれて精進します◎8:2で来年から仕切り直します!また絶対伺います◎

    【女性】

    先生❕毎回ありがとうございます❕

    先生❕毎回ありがとうございます❕

    【女性】

    先生は大丈夫よ。って言って頂きありがとうございます❗

    新たに始めようとしている仕事の事で気になって照心先生に会いに行ってきました。先生は大丈夫よ。って言って頂きありがとうございます❗またまた難問が出てきて😢⤵️⤵️また近いうちに先生に会いに行きます。先生いつもありがとう💖

    【女性】

    引き出しがいっぱいある先生だなと思いました。

    引き出しがいっぱいある先生だなと思いました。今回は時間がなかったですが、また、来たいと思います。
    よろしくお願いします。

    【女性】

    また前を向いて行けそうです。感謝いたします。

    先日はメール鑑定ありがとうございました。今現実に起きている状況が何故そうなっているか、なるほど!と腑に落ちることばかりでした。それを知ってから、どのように進んでいけばよいかがわかり、とても気持ちが楽になりました。また前を向いて行けそうです。感謝いたします。ありがとうございました。

    【女性 46歳】

    明るい先生❗先生は凄い

    明るい先生❗先生は凄い⤴️⤴️また会いに行きます🤩

    【女性】

    クチコミ投稿フォーム

    下記よりご希望の鑑定方法をお選び下さい

  • 照心先生

    対面占い

    対面占い ご予約お申し込みフォーム

    対面占いのご予約をお申し込みの方は、下記フォーム内の項目をすべて記入してください。
    複数名でのご来店の際は、鑑定ブースへの入室はお一人のみでお願い致します。

    (※ご意見・ご要望のみ任意記入項目となっております)

    対面占い ご予約方法

    ご出演スケジュールから日程を選択して下さい

    上記の日程で対面占いのご予約をお取りいたします。


    ※ご予約確認のお電話をさせていただく場合がございます。

    ※ドメイン指定をされている方は「senrigan.info」をご登録ください。

    にリマインダーを受け取る

    お客様の携帯電話の契約状況により、正しく受信いただけない場合がございます。


    ※登録すると、次回から情報の入力を省略できます。

    ログインパスワード設定

    ※半角英数字 4~32文字以内

    ご注意

    • 遺影・遺品や人形などの物品のお持込みはご遠慮させていただいております。
    • 犯罪に関わること、人の生死に関すること、人の不幸を望むこと、ギャンブル・投資に関することについては、鑑定をお受けしかねます。

    対面占いについて

    対面占いは、千里眼の各店舗で行います。ご予約なしでも、鑑定をお受けいただけます。

    あらかじめのご予約をしていただくことで、スムーズにご希望の占い師の先生の鑑定をお受けすることができます。ご予約システムも是非、ご活用ください。

    対面占い 料金システムのご案内

    対面占いは、10分につき1,000円の鑑定料が必要です

    • ※鑑定時間内は、いくつご質問いただいても結構です。
    • ※指名料・予約料は無料です。
    • ※別途消費税10%を頂戴いたします。
    • ※20分コース以上で承っております。
    • ※占い料金は当日、前払いでお願いしております。

    お支払いは現金の他、PayPayをご利用いただけます。

    • ※一部PayPayに対応していない店舗もございます。

    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • 照心先生

    電話占い

    電話占い お申し込み

    千里眼の電話占いは、

    『電話占いヴェルニ』

    のシステムを利用してご提供しております。
    ご利用には電話占いヴェルニの会員登録が必要です。以下のリンクより、まずは会員登録を完了させてください。

    既に電話占いヴェルニの会員様は、下記よりご鑑定したい占い師を選んでいただき、『先生に相談する(会員)』のログインボタンより、ログインをしてください。

    パック予約のご案内

    あらかじめ、鑑定時間を決めてご予約いただくことが可能です。
    照心先生の電話占い待機スケジュール
    • 11/27 (金)
      10:00 ~ 17:00
    • 11/30 (月)
      10:00 ~ 17:00
    • 12/2 (水)
      10:00 ~ 17:00
    • 12/3 (木)
      10:00 ~ 17:00
    もっと見る
    閉じる

    ご注意

    占いの館 千里眼の店舗にご出演の時間帯は、対面占いブース内での鑑定となります。
    店舗来店のお客様があった場合は、

    10分程度でいったん鑑定をお切りいただく

    こととなります。ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    • 事前にパック予約をいただいている場合は、ご指定のお時間中に鑑定が途切れることはございませんので、是非ご利用ください。
    • 店舗出勤以外の時間帯につきましては、占い師の自宅鑑定所での鑑定となりますので、途中で鑑定をお切りすることはございません。

    電話占いについて

    電話占いは、業界最大手の

    電話占いヴェルニ

    とのコラボレーションで全国のお客様に千里眼の占いをご提供しております。
    お近くに千里眼の店舗がない、または直接来店することが難しい方でも、ご自宅にいながら千里眼の占い師の電話占いをお楽しみいただくことが出来ます。

    電話占い 料金システムのご案内

    電話占いは、1分につき240円の鑑定料が必要です

    • ※通話料・指名料・予約料は無料です。
    • ※上記の鑑定料以外の費用は、一切発生いたしません。
    • ※電話占い料金は、電話占いヴェルニの料金設定に準拠します。

    お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済などをご用意しており、 各決済方式からお客様のお好きな方法をお選びいただけます。
    詳細は、電話占いヴェルニの料金案内ページをご確認ください。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • 照心先生

    メール占い

    メール占い お申込み

    2020年12月25日をもちまして、
    メール鑑定のサービスを終了いたします。

    これまでメール鑑定のご依頼も多数頂きありがとうございました。

    メール鑑定は終了致しますが、より一層 全国の占いの館千里眼での対面鑑定、電話鑑定での鑑定を行いますので、これまでと変わらぬご愛顧お願い申し上げます。

    占いの館千里眼

    メール占いをご希望される方は、下記「メール占いを申し込む」ボタンをクリックし、メール占い依頼フォームにお進みください。

    メール占い対応の占い師一覧

    メール占い対応可能の占い師一覧は、こちらのページからご確認ください。
    同じお悩みを、

    複数の占い師にご相談

    頂くことも可能です。

    メール占いについて

    メール占いは、千里眼の店舗へのご来店が難しい、または文章で鑑定結果を知りたいといったお客様がメールを使って鑑定を依頼できるサービスです。
    想いを文字にして送信するだけで、返信メール内でご相談いただいた内容についての鑑定結果をお伝えいたします。

    メール占い 料金システムのご案内

    メール占いは、1通につき3,000円の鑑定料が必要です

    • ※鑑定料金は一人の占い師からの返信あたり3,000円です。
    • ※別途消費税10%を頂戴いたします。
    • ※料金は前払い制で頂戴しております。
    • ※当社にてお客様のご入金確認後、鑑定が開始されます。

    お支払いは、お悩みを送信頂いた後、占い師のスケジュールを調整させていただき、 鑑定人数×3,000円(税別)のご請求書を送信致します。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ