占いの館 千里眼。大阪・名古屋・京都・奈良・東京・神戸・静岡・大分・和歌山・札幌・岐阜・三重・沖縄・福岡・広島・愛媛・鹿児島・徳島・香川・山形・岡山・横浜・千葉・福島・岩手・高知・熊本・群馬・滋賀・福井・仙台・山口・宮崎・山梨・長野・埼玉に店舗を構える、口コミで評判の人気占い師による占い。

占いの館 千里眼 予約センター tel:050-2018-3433 電話占い専用ダイヤル:0570-006-550

ルドラクシャ先生
るどらくしゃ

ルドラクシャ先生

待機なし

占術

得意分野

復縁・不倫・相手の気持ち・年の差恋愛・恋愛・家庭問題・子育て・出会い・片想い・結婚・婚外恋愛・三角関係・同性愛・浮気・離婚・遠距離恋愛・婚活・再婚・仕事・転職・ 金運・運勢・前世・パワーストーン・ペットの気持ち

ご出演スケジュール

  • 12/3 (木) 10:00〜14:00
    【宮崎 / 橘通り店】
  • 12/11 (金) 15:00〜19:00
    【宮崎 / 橘通り店】
  • 12/15 (火) 15:00〜19:00
    【宮崎 / 橘通り店】
  • 12/22 (火) 15:00〜19:00
    【宮崎 / 橘通り店】
  • プロフィール詳細

  • 対面占い
  • 電話占い
  • メール占い
  • ルドラクシャ先生

    プロフィール詳細

    占い師からのメッセージ

    人は皆、幸せを見つける為に生まれてきています。
    ご自身の選ぶ道筋、その選択のお手伝いをさせていただきます。
      
    あなたを御守りする、見えない力が伝えてくることを、
    私という媒体、占いを通してお伝えします。

    千里眼からのご紹介

    復縁や三角関係、秘密の恋や片思いなど、あらゆる恋愛相談を
    成就へと導いてこられた実力派の先生です。
    お相手さまの気持ち、そして二人がこれからどのような道をたどるのか、
    どうすれば最短で二人の愛が実るのかと細かく視てくださいます。
    恋愛で上手くいっていなく、現状を変えたい、
    彼の気持ちを変え自分に向かせたいという方はぜひ一度ご相談ください。

    メディア出演履歴

    タウンみやざき 2019年10月号

    ルドラクシャ先生 コラム

    占いの街.神戸に来ました 山という守り神

    神戸の一日目を終えました。
    続いて明日も神戸にいます。
    世の中の流れを見て、スケジュールを追加しています。直前となり申し訳ありません。
    お会いできるのはその時にお会いするタイミングであったということ。
    ご縁あります時には、よろしくお願いいたします。

    今朝、カーテンを開けての第一声は
    「素晴らしい!!!!!!」
    ホテルのカーテンをめくると、目の前に悠々とそびえる大きな山がありました。街が山に見守られているような、そんな景色。
    山を眺めていると、あることに気づきました。
    その山のある方向、私の泊まっているホテルの向かいあるビルの屋上に、鳥居が立っている。
    その鳥居は、私の部屋からちょうど真向かいにあり
    私と、鳥居は一本の線で結ばれ、その奥に祀られているお社と、私はちょうど向かい合わせとなっていました。
    清々しい偶然です。
    山神様に迎えてもらったような気持ちになれ
    「なんと素晴らしい!!!!!」
    こうして朝一番に、”素晴らしい“を連呼していた次第です。
    「ありがとうございます」と手を合わせ、目を開けると、山に太陽の陽が射し、
    パァァァアっと山が明るくなったのです。
    再び「素晴らしい!!!!!」

    なんという山か分からずでしたが、街から山が見える。落ち着きますね。

    memento mori

    ファイルのタイトルを手書きで作って貼ろうと思い、ずっと使わなかったメモ帳を取り出しました。
    ユニコーンの虹色のメモ帳を。。

    開いたら、表紙裏にひとこと。
    『 メメントモリ ”死を思え“ 』
    とだけ書いてありました。
    それだけです。
    これを書いた時、いったい私に何があったんでしょうね…
    私は常に死を意識しています。それは負の感情ではなく、では今、自分がどうあるのか、ということ。’死‘ を思うことで '生‘ を意識している。
    人はいつか死を迎えます。
    だからこそ、生きている”今“を大切に。
    あなたがあなたらしくあるために、あなたの心が笑顔であるように。
    。。。。。。。。。。。。。
    wikiより
    memento mori;ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」、「死を忘るなかれ」という意味の警句。芸術作品のモチーフとして広く使われる。

    ルドラクシャに宿した願い +α

    私の占術者名は、ルドラクシャです。
    時に「ルドラクシャとは何か」と問われます。
    菩提樹の実です。
    癒しや浄化を象徴する実として神聖なものとされています。魂の浄化や霊性の向上なども意味します。
    単に名としてだけでなく、皆さんがルドラクシャという名を目にし、口にする、耳に聞く。そのことがすでに、あなたの心を癒し、穏やかになるようにと願いを込めて。
    皆さんへの浄めには、空を舞う龍の尾ひれのイメージで、マクラメ作家さんに編んでもらった108の粒とパワーストーンを交えたものを身につけています。


    最初の出会いは、偶然。それこそ偶然という名の必然でした。
    地下街で開催されていた癒しイベントに通りかかり、シンギングボウルのコーナーがあったので、音を聴こうと近寄ってみました。その一角に、ペンデュラムを売る出店があったのです。
    ちょうどその頃、私は偶然ペンデュラムというものがあることを知ったばかりで、なぜ動くのか気になっていたところでした。ですが、何処に売っているかも分からないし、そのまま忘れかかっていた。
    そんなところに、この露店。
    思い出しました。(やるように伝えられたことを忘れていると、こうして教えられるので便利です。)
    偶然知ったというのも、ゆくゆく道具として使うようになる道筋ができていたのでしょうね。
    そしてそのまま道具に辿り着いたわけです。
    全ては繋がり、引き寄せられる。
    知りもしなかったらおそらく素通りでした。鎖の先に、小さな石がぶら下がっている。知らなければそれが一体何なのか、分かりませんものね。

    というわけで、どこに売っているか探さずとも出会えたので、ラッキー。
    動くのかなぁ…と思って見ていたら、お店の方がやり方を教えてくださいました。動きました。楽しい。
    それを見ていた他のお客さんが手にしました。動かない。動いたり動かなかったりするのか!
    そこからです。
    どれを選ぶのか。
    私が思い描いていたペンデュラムは、クリスタルを使ったキラキラした可愛いものでした。そういうイメージでした。
    展示されていたものは何十本もあり、悩む。
    相性もあるようで、動き方もまちまちです。元気なものもあれば、小さく反応するもの、ウンともスンとも言わないもの。
    すると店の人が、チョコボールみたいなものを勧めてくださる。まったくキラキラしていない。チョコボール。茶色いかたまり。チョコボールだよ、微妙な気持ち。
    それがルドラクシャでした。
    “菩提樹の実”だと教えてもらい、考えましたが、やっぱり他のものを選ぼうと。
    変わった石もありました。
    これは何かと尋ねたら、シバリンガム。見た目全然可愛くない。灰色に模様がある石。可愛くない…私の目的(キラキラ)から外れている。
    なのに、最終的に選んだのはそれでした。
    クリスタルのペンデュラムより、反応が良いということもあったのですが、
    何故かシバリンガムを選びました。
    ルドラクシャは、これは再び会うことがあるかも分からないな、と思い。(実際、ルドラクシャを店頭で見かけることはほぼ無いかと思います。)
    こうして私が初めて手に入れたペンデュラムは、最初に考えていたものとは程遠い、シバリンガムとルドラクシャ。
    店の人に「どちらもインド。貴女は西洋ではなかったみたいね」と言われたのが印象的でした。

    後に知りましたが
    【シバリンガム】は【シバ神】「破壊と創造」の神に由来し、シバ神は青を象徴する。
    【ルドラクシャ】は【シバ神の涙】と言われています。(ルドラクシャという単語は、サンスクリット語で、"シヴァ神(ルドラ)の目(アクシャ)"を意味しています。)
    《シバ神》と《シバ神の涙》
    ペアですね。
    そんな事は知らずに、私は選びました。何か意味があったのでしょうね。どちらが欠けてもならなかった。
    シバリンガムは雄々しく、ルドラクシャは慈しみと優しさ。道具と言うより人に近い。それぞれの性質も違うので守りとして持ち歩いていましたが、最近は占術道具として使っています。


    記事抜粋
    《大昔、シヴァ神は、すべての衆生の幸福のために長年瞑想をし続けていたとき、彼らの苦しみを理解して救済したいという強い願望が心に生じました。
    そして、少しだけ目を開けたとき、その半ば閉じた目から熱い涙の粒が、母なる大地に落下し、その涙が落下した場所に、ルドラークシャの木が育ち、その木に実った果実の中に見つかったのがルドラークシャであるとされています。》

    雑記 〜日常スピリチャル

    日常の中で、道標となるヒントはやってきます。意識してお過ごしください。

    京都でのバス車内。
    ぼーっとしていてふと、立っていた目の前に貼ってある広告ステッカーが目につきました。
    【晴明神社】と記してあります。
    (安倍晴明か〜)と思ったまさにその直後。「次は晴明神社」とバスアナウンス。
    ん⁈
    聞き間違いか?
    降りたらいいのか?ここで降りろということなのか!?
    神社の名を目にした直後のアナウンスですので、まさしく《行け》ということだろうけれど、ボーッとしていた私は瞬時の判断力がなく。
    近いのか?
    ここで降りたら電車に間に合わないかもしれない…それは危険だ…

    などと思ってるうちに、そのまま通り過ぎ…
    調べたら、バス停から2分のところでした。近かったですね。何も考えずに降りたらよかったんでしょう。
    おそらく見えないものの心境は
    『降りろ!降りろ!はやく!はやく!降りろと言うてるのに何で降りないの?降りるのだぁぁー!』
    という感じかな。
    知らせはもう少し早く欲しいよ、と思いつつ、
    何の知らせだったのだろう?と思いHPを見ました。
    《晴明公にお祈りすれば、不思議な霊の利益を受けることができ、さまざまな災いから身を守り、病気や怪我が治る……」。そうした評判が、今も多くの人々に語り継がれています。》
    式神ですね。
    晴明は、占いの神として信仰されているとも記載あり。
    それでかな?
    こうしてやってくる知らせを自分の感覚で察してゆきます。
    皆さんもご活用くださいね。
    選ぶ道を知らせてくれたり、窮地を救われもします。
    特殊な能力はいりません。日々に感謝を持ち過ごしてゆけば、自ずとそのように変わってゆきます。感謝は大きなことでなく、"今日も一日無事に過ごすことができた" そんなささやかなことで良いのです。

    というわけで、晴明神社。
    次回は行ってみよぅー。

    続]HEALING

    出会った方から開口一番、「ヒーリングですか?」と問われました。
    どうしてそのように仰ったか尋ねませんでしたので、確かなお答えになったか定かではありませんが「特に意識していないがそうらしい」とお答えしました。
    [そうらしい]と答えたのは、出会った方々が私と出会って感じたものをお知らせくださるので、私はそれを答えとしています。
    勉強する性分でないので、スピリチャルの世界でも細かな概念は分かりません。
    自ら経験体験したことが、私の軸となっています。

    すっかり忘れていましたが、もう10年以上前のこと。何年もの間、大人の引きこもりだった方が、私と出会ってから社会復帰をされたことがありました。
    無口な方でしたが、ある日「(私)がいると何でもできる気がする」と言われまして、抱えていた胸の内、長年の悩みを打ち明けてくださいました。

    その頃の私は人々の中を飛び回って模索。破天荒に物事を動かしていたので、その生き方に感化されたのかもしれません。"無い物から生み出す"、そんな日々でした。
    世間一般で困難と言われることも困難と思わず、乗り越えることを楽しんで生きていました。これはヒーリングなのか?ちょっと分かりませんが、書物の知識では無い、自分の生き方が人のためにあれれば良いなと思います。
    空想の世界ではなく、現実を通して道は切り拓いてゆける。

    《追記しました》
    ある地方都市で、某企業社長氏に、あることを願い、それはその都市を象徴するオブジェとして建立されました。私が社長様に会いお伝えした際には、開発の計画はすでに立って決定しているんだよと言われたので、『時すでに遅し!無念』
    そうしてすっかり忘れていましたら、完成後、その計らいに深く感動。
    まぁまぁどでかい。パッと見、少なくとも20mほどはあり、現代アートのようなもの。そのタイトルを知って意味が深まる。
    そのものは私の家業に繋がるものでもありました。その道に携わった多くの人の願いを背負い、生きていた頃。私がこの世に生まれ落ちた役目を少しは果たせたなぁと。
    その頃のことは短編ドラマになりました。一夜ですが全国放送もされたので、もしかしたらご覧になった方もいるかもしれませんね。
    道は変わる。

    願うならば、自身が成すことで、道は変わる。
    そのことを心に留めてくだされば幸いです。

    話戻りまして、よほど癒しが必要な方の場合は、お会いした瞬間に、私の体にブワッと反応が来ます。心が疲れている方に、私の感覚が作動しているようです。
    私の日常、感覚的にはふわっとして過ごしていますが、集中して、安らぐように思いをかけることがあります。その時はパチンとスイッチ入る感覚。脳のもやが払われる、思考の中の目がかっと開くそんな感じかな。かと思えば、ただ、その人を包み込むような事もあります。
    意識という見えない世界です。そのやり方も人それぞれです。

    世にあるヒーリングでは、ある域になると脳波が変わるそうです。alpha波であったり、beta波であったり。科学的になんらかの説明がつくのでしょうね。あなたにあった手段手法で、ご自身を癒してゆかれてください。
    (身近なものでは、大地のエネルギーを感じると良いです。イメージの世界で言うなら、グラウディング。現実に体感するには例えば、素足になって土の上、砂の上、歩いてみてください。破片などで怪我をしないようお気をつけくださいね。)
    癒しと言っても、心の痛みは簡単に手放せるものではありません。簡単に消えれば楽ですね。ですが、おそらくまた戻ってきます。あなたが変わってゆくから手放せる。
    自分の中で気づきがあり、氷をゆっくりと溶かしてゆく、そんなイメージで。閉ざしている自分の心の奥底に向き合うことも必要です。向き合うことは御辛く感じるかもしれません。心の傷ですから
    ですが、向き合うからこそ、手放せる。
    あなたがあなたを知ることから始まります。
    あなたの心の痛みが今は辛いものとしても、いつか振り返った時、あなたの優しさへと返ります。その優しさは、あなたの真の強さとなる。
    心の癒しとは、そこに辿り着くまでの道のりです。
    抽象的ですね。答えはなくて良いのです。あなたが見つけてゆきます。

    HEALING

    ふと、”私が何か“を一枚引きしてみました。
    出てきたものは ”HEALING“
    使ったカード、79枚の中から出た一枚。
    そのままですね。
    こうして会話しています。

    前回、名古屋に行ったのは、一年前の5月頃だったそうです。随分前で、私もびっくり。
    ふと頭に浮かんだ気がかりもあり、二日間行くことを決めましたが、無事に皆さんとお会いできて良かったです。
    また行かねばならない土地だと痛感しました。
    各地、私がお会いする皆さんの求めるものは違っています。名古屋はヒーリングの印象が強い。
    とはいえ、簡単には行けません。
    ここ数日でまた、世の中の動きが変わってきています。この波をどう潜り抜けようかと思案しています。
    抽象的ではありますが、ご自分がどうありたいか、ご自身の心に向き合ってお過ごしください。

    お伝えする中で、お話したこと。
    大切にする人を大事にすることはもちろんですが、自分を傷つけて過ごさないこと。ご自身を癒すことも忘れてはならないとお伝えしました。
    人は時として盲目になります。
    “自分が頑張らなければならない”という思いを、時には手放しても良いのです。
    それだけは心の片隅に置いておかれてください。


    思いの外、多忙でしたのでコラムでお知らせもする間も無く、失礼しました。
    「観光はしないのですか?」と問われまして、眼から鱗。観光を考えたことはありませんでした。そういうことは無頓着なのです。基本、ホテルに帰って、皆さんがどうしてるかなと考えて、こてんと寝ます。
    帰りの電車から眺める自然の風景が心に残りました。
    皆さんのお顔を思い浮かべ、出かけてゆくので、行先での過ごし方はそれだけかな。
    たまに、思いついたスピリチュアルに必要な場所に行きますが、考えずに歩いていて辿り着くことが多いので、特に調べていくことはありません。
    皆様によい導きがあることを願っています。

    御火焚祭 霜月の七日

    先に記した京都の神社。
    境内に入ると、私が訪れたほんの数日後に御火焚があると発見しました。幸運でした。

    というのも、先程その風習を調べたら、この御火焚は、年に一度。この期を逃していたら次は一年後。それでは間に合いませんでした。

    彼の身に降りかかる災い、悪縁を断ち切り、良縁を呼び浄化されるよう願をかけ。
    私の身の浄化も願い。
    彼に取り憑き、災いを引き込む女の方が問題だと常々言われもするので、(その女の分も浄化した方が良いかな?根本的に根絶やしが必要だろうか)と思い、道具に尋ねましたが、それは[しなくて良い。必要なのは(私と彼の)二人だけ]と。
    しなくて良いらしいのでそのままに。

    …とここまで書いていたら、静寂の家の中で、ポン!と音がしまして。偶然とはいえ
    どういう意味での音か。特に不快でないのでよしとし。

    浄化の手ほどきをしなくて良いということは、その女が自分が犯した諸行の数々。自分で尻拭えと言うことでしょうがいつまで続くのか。
    そんな人間を引き寄せるのは、本人がその次元にいるからとは重々承知ですが
    彼の身を案じる友人たちの思いが、いつか伝わることを願います。
    今朝(深夜早朝)はその思いに助けを呼ぶかのような夢を見ました。縁もゆかりも無い故人が、私を助けてくれると言ってくれ、目が覚めました。
    なぜその人が出てきたのか。
    そして目が覚めたタイミングで、忘れていた御火焚の日を思い出し。無事に願いが届いたことの暗示なのか。
    そんな11月8日の夜も深い早朝。

    追記
    このコラムを下書きしてから数日後、ふと思いつき彼の映像を見たらすぐに、まさかの堪えられない吐き気、そしてボロボロ涙が。感情として泣く涙ではなく、吐き気とともに出る涙。とてもじゃないほど具合悪くなり、映像ストップ。慌てて画面から離れました…映像どころではない!
    そこそこに悪い状況なのか、彼の思念なのか?単に私の体調不良?何かは分かりませんけど。
    どんなドン底であろうと、自分が運命を変えようと思って初めて人は生かされるのだと思います。
    闇があるなら光もある。
    光を求める限り決して終わりではない。
    もちろん闇と光は表裏一体。どちらも存在する。どちらでも良いんです。悩んだり苦しむことで生を実感することもある。何をもって良しとするか。
    とはいえ、幸せならこんなえげつない吐き気は来ないと思うけれど、真相は分かりませんね。謎です。


    以下、記事抜粋
    《「古事記」「日本書紀」の記載を基に、神様の「生まれ変わり・よみがえり」、気力再生を祈るための神事です。また、全国から奉納された約1万本もの護摩木によって御火焚竈が積み上げられ、御神火でお焚き上げをすることで火の霊力によって罪穢れを祓い清める「祓」の神事でもあります。》

    両手に7kgの荷物、元気に霊山越え 〜京都〜

    京都での足取り
    早朝、始発で出発。
    朝の澄んだ空気の向こうに、山が見えました。
    特に何があったというわけでもないですが、霊山を登りました。霊山だったとはコラムを書いている途中、先ほど知りました。
    ……………
    余談*タイトルの【7kg】
    私は旅の荷物全てを持っていたのです。
    7kgとは、飛行機搭乗の際の重量計に7kgと表示あり。
    駅のロッカーに預ければよかったですが、タイミング逃し、持ち歩く運命だったようです。結果オーライ。ストイック。
    ……………

    山腹での乗り継ぎ地点で
    土地の人に神社までの道を尋ねると「歩いていくのか」と驚かれましたが、時間にしても30分程とのこと。私の日頃の時間感覚だとさほど遠くもなく、そのまま乗り継ぎのバスを待たずに山道を歩きました。
    自然の中に身を置くことは、発見があります。流れる山水に耳を澄ますことも浄めともなります。
    皆さんも、時にはそのような場にいかれてください。

    今回の旅の不思議は、その神社の名前はなぜか忘れてしまうことでした。数年前から知っているはずなのに記憶に残らないのです。
    その代わりに、その神社の横にある寺の名はポンと頭に思い浮かび、はっきりと口から出る。
    そこに行くことに何か意味がある。そう解釈していました。

    最初に訪れた神社は、女性的な空間。
    穏やかな優しさに包まれており、巡る中で、人の縁を願うエネルギーがあるからなのかも、と分かりました。
    その一角に、この先には入れないと感じる場所がありました。よくよく見たら、私に「行くと良い」と勧められながら、その神社にはあるものがある、と神妙な顔で言われた場所でした。
    なぜ神妙な顔されたのか。
    踏み入れるかどうか試されたのかな?
    その場と知らず迷い込む前に、そこが何かと気づいたので良かったのかもしれません。
    なぜそのように足を踏み出す気にならない圧が来るのか。逆に好奇心も湧いてきます。
    せっかく来ましたし、"物は試し"と何度か踏み入れようとしましたが、私の感覚で私を止める圧が来る。ぐっと抑えられる。
    やめました。後から何かあっても面倒です。
    謎は解きたいですが、それはまたの機会にしまして
    自分の身の浄化を願うより、彼の身が邪から守られることを願い、
    目的の寺へ。

    その山はレイキ(霊気)に縁ある地と言われています。癒しに手の力を使う私ですので、気持ちそのお力を授かりたいなぁと思い。
    ハイキングコースと聞いていたので、ゆるやかな山道かと思っていましたが完全なる誤算…
    どう見てもかなりの傾斜。
    ハイキングとは?! 神社の方でした。
    ちなみに標高500m超えると登山だそうです。

    山門入ってすぐに、(ここはもしかして修験の山じゃないのか…?)と疑問が沸き始めました。
    山門でいただいた地図を見ると、中国の山水画のようなもので、とても曖昧。どのくらい時間がかかるのかも、距離感も分からない。
    どーんと山の絵があり、その山の中に点々と目標物がある。
    私は、普通のお寺のお参りの感覚で、のほほんと気楽にやってきましたので、いざ山を登り始めましたが、不安がよぎる。どう考えてもすぐに辿りつかない。
    見上げても山。山道。
    私は両手に7kgの荷物(占術道具その他)を抱えている。
    これでこの山を超えられるのか…
    修行か…修行なのか? 修行だろこれはー!
    ぶつぶつ呟きながら荷物抱え、途中ぜぇぜぇ息を吐き、汗を拭い。腹を括っての登山。
    参拝というより、山越え。
    気持ちは修験者。
    3時間ほどの道のりでした…
    清々しい良い経験となりました。
    「山そのものが、寺!!!!!」(ようやく下山した私の心)
    振り返ると、荘厳な寺の門が山を背にそびえ立っていました。

    非常に凛とした、好きな空間でした。
    なぜこの寺の大きさに最初に気づかなかったのか。私は調べる性分ではないことがそもそもですが、裏手から山に入っていた。裏手はひっそりとした小さな小道でした。
    しかし裏手から入ったお陰で、私の目的の地であった奥院に真っ先につきました。
    経路は逆でしたが山入りし、最初に行くように呼ばれていたのかもしれません。
    また行きます。
    気になる方は、"天狗の山"でお調べください。

    京都

    無事に来ることができ、良かったです。
    先にも述べましたが、急なことでしたが見つけてくださり感謝です。
    “直感で生きること”
    それがそのまま今日見つけてきてくださった方々への答えです。
    今日も、以前にお会いしていた方々から「何気なくHPを見たら私が来ていることに気付いた」と言われ、皆様にとって良い流れだと思いました。
    そうした感覚、“直感“を大事にしてお過ごしください。意図せずとも、ご自身に必要なものが自然と訪れます。

    本日、出演時間を伸ばしました。
    京都は通常、20時までの営業とのことですが21時まで延長をお願いしました。
    なぜ延長したかというと、その時間帯に[相談者が来る]と出たからです。それであるなら待っていようと。そうしてお見えになりました。
    お会いした方は、偶然たどり着いたのかな。その方を待つべくして、あったのだと思います。

    「霊感ですか?」とお尋ねいただきました。
    細かいことは分かりません。
    私の場合、出てくる言葉と鑑定の答えは概ね同じですので、道具は使っても使わなくても良いようですが、道具を使うと分かりやすいですし、答え合わせにもなるので使っています。
    先にさっさとお答えしてしまい、「確かめます」と後から道具を使っていることがあるのはそういうことです。

    そして、霊感は皆さんもお持ちです。日頃使っているかいないかの違いです。
    霊感と言っても、霊が見える云々の話ではありません。霊が見えるというのはその階層のチャンネルに波長を合わせているからだと言われます。
    私は霊の類は見えません。私の家族は見えるそうで、たまに挨拶しています。
    ある時は、急に目の前に飛び出してきたらしく「うわぁ!」とびっくりしていたりも。その大声にこっちがびっくり。身近にあるといえばある。そういうものなのだと思います。

    とはいえ、私はそういうことは分かりません。
    霊感、すなわち、直感、閃き。
    メッセージを感じ取る。
    そう思ってお過ごしになると良いです。
    あなたが自分を導いてゆく。
    意識せずとも自然と良い方向に進むよう、物事は整ってゆきます。

    旅する占い師 秋の京都

    京都にいます。
    基本的に歩く性分なので、日頃から30分くらいは歩くのは当たり前ですが、速そうだ、と思いついてバスに乗りましたら違う方向へ…
    慣れないことはするものではありません、反省しました。

    京都大阪名古屋…どの地に向かうか迷っていて、出演の発表が今朝という、急なことでしたが、早速見つけてくださった方の元気なお顔を拝見でき、嬉しく思います。

    昨日は、御寺と神社に向かいました。
    浄化と癒しのパワーが強いと言われている場所です。気軽な気持ちで出掛けましたが、目にしたものは、明らかに修験の山。
    寺というより、山でした。
    続きはまた。

    エネルギーの街 東京

    東京出演日、最終日となりました。
    僅か三日という短期間、訪れる一日か二日前という直前の知らせとなりましたが、お気づきいただいた皆さま、ありがとうございます。
    次回の東京はいつ頃なのかとご質問ありました。
    2021年1月下旬の予定です。

    旅立つ前、まさかの飛行機に乗り遅れなどもあり、「阻まれているから行かない方が良いのでは?」との御指南もありましたが、私は確かめる性分。
    守られてる事に過信して侮ってはなりませんが、少々の事はたいしたことないだろうと思い、出てきました。

    以前にお会いした方、電話鑑定でご縁あった方との対面、良い時間を過ごすことができました。
    長年抱えてきたお悩みから解放されるためにお会いできた方もいます。他の誰でもない、ご自身の道を歩まれるよう、微力ながら願いかけさせていただきます。

    そうして歯切れの良い密な時間を過ごすことができ、皆様との出会いの中で、今後の自分がどうあるか、道を確信することもできました。
    ありがとうございます。

    皆さんも、ご自分が活かされる道をお選びください。
    選ぶ先は、あなたが喜べる道を。
    占いは、唯一の答えではありません。
    歩んできた過去、現状がどうあるか、ではあなたがその先にどの道を選ぶのか。
    幾万通りもある選択肢の中で、占いは、今のあなたに最善である道を知らせてくれます。
    「あなたにはこの道もある、この道もある。ではあなたはどうしたいですか?何を望みますか?」
    そこから道は続いてゆきます。
    用意された中からどの道を選ぶのか、選ぶのは、ご自身です。囚われの身ではない。あなたがのびやかに過ごせる道を探してゆきましょうね。
    ご自身の道を拓くものとして、ご活用ください。

    流れに逆らい旅の途中 水星逆行

    この時期、水星逆行だそうです。
    私はどうやらその影響を受けているそうです。
    今日の私は空港に向かう予定でしたが、調べていた時間には電車は来ませんでした… 時刻の数分前に着いてましたが..なぜ???
    宮崎は電車はほとんどありませんので、そのまま予定の飛行機に乗り遅れました。振替の飛行機は、お値段高すぎです。小さなパソコンが買えます。。
    …と、この時点で、止める選択肢もありましたが
    (仮にこれが足止めならば、これからどういうことが起こるのか確かめよぅ〜)とポジティブシンキング。吉と出るか、凶と出るか。
    ひとまず向かうこととし、コラムを記しています。

    こうして私が宮崎を出ようとすると、この地を離れてはならないと足止めされる何かが起こります。そうした足止めは、(まだこの地でやることがあるからなのか)と思っていましたが「私がこの土地に縁が深いからでなく、(私を)引き留めようとする怨念がある」と言われまして
    引き留める怨念って…???
    いやダー!!!!
    笑えませんね。
    怨念の正体は、私なのか彼なのか、はたまた別のもの
    私かなー。いつまでも彼が自分を生きない、むしろ死んでいくから私は不満の塊です。

    と、こうして書き記していても、私は飄々としています。抗うものもなく、流れに身を任せるのが何よりです。
    そんな怨念を振り払うため?にも、私自身の浄化のために、ある土地に行ってみるようにとお教えいただきました。
    その場所は、私がかねてから「行くと良い」と教えられていた場所でした。初めてその名を教えられてから4〜5年越し。ようやく向かおうと思います。
    分かる人にはその土地のエネルギーが分かるそうですが、私はどうだろうか?
    何かを得るならば、皆さんのお役に立つ道にも繋がるはずです。

    私は見えない知らせを受けても、すぐに動かずのんびり生きてます。結局、知らせはやってき続けるし、結末、私もその通りに動くことになるので、早め早めに行動するのが良いですね。動けばその先に進む。
    旅といえば、違和感(見えない知らせ)から途中で引き返したら、ちょうど私が引き返した先が土砂崩れになっていて何時間も大渋滞になっていた事がありました。私は引き返したので何事もなく。
    今日の自分の直感は、生きているのだろうか。

    行ってきます。
    晴れると良いな。

    いたずら心 〜ヒーリングの旅〜

    鑑定の合間に、皆さんの癒しに繋がる勉強をしています。長年に渡る心の傷を手放せない方が、自然に、穏やかに傷を手放して行けるようにとの願いです。
    勉強と言っても学問ではありません。私そのものが癒しになるように。イメージは、エネルギーを変換している感じかな。
    実際に自分が体験し、体験からヒントを得る。
    体験から自分が感じたものを私用に変換し応用しています。
    今回は、気になる手法を本格的に学ぼうと思い、全体像を知るために体験講座に参加。セラピーの導入部分を実践しました。

    “参加する”、すなわち、“得るものを得る”
    基本的に私は、言われないことも思いついたらしてしまう。せっかちです。
    今回は
    〔本気でやって、私の術を受けた人がどう反応するか試してみよう〜!〕といたずら心。
    ポジティブシンキング。
    初対面のお相手は、私の日常(生業)はご存知ではありません。まっさらな状態。

    ペアとなり、私が言葉を発する番(試行)となりました。
    私は癒しのエネルギーを込めて言葉を発していますので、試行の最中に、私の体にピリピリと電流が走りました。そういう時の私は癒しの波動を送っています。もしくは、お相手が癒しを必要となさっています。
    (お!これはいいぞ〜)
    この手法を行うことへの手応えを感じたので、さらに本気モードパワーアップ。
    しかし、ちょっとやりすぎたようです。
    私がそんなことをやってるとは知らないお相手は、リラックスを通り越して、寝てしまったそうでした。
    2〜3分の試行での、一瞬の出来事です。
    その方が「寝てしまったのはなぜか」と講師の方に仰っている横で、心当たり(いたずら)のありすぎな私はおとなしく黙っていました。
    その方が思わぬ疑問を仰られたお蔭で、何はともあれ、このセラピーを身につけようと確信しました。

    深く心傷つき疲れた人にお会いするたび、どうやったらその苦しみから解放されるのだろうかと思う日々です。
    人は、生まれ落ちて長年をかけて自我を形成しています。傷を癒すには奥深い所から見つめ直すことも時には必要です。
    私はこの手法を学んだとしても、その先経験を積まねばなりません。少なくとも3年後。皆様のお役に立っていたい。
    3年後、というのは直感です。その頃の自分がその術をしっかりと使っているイメージがきましたので。

    皆さんも、ご自身の1年後、3年後、5年後。その先、年老いた頃のご自身が、幸せに過ごしている笑顔を想像なさってみてください。ご自身の望む姿。あなたの輝く未来を想像してお過ごしください。
    未来を想像するとは、あなたがその道を歩み始めることへの第一歩です。思考は現実化する。急がなくて良いですよ。あなたが願ったその瞬間から、物事は少しずつ、穏やかに変化してゆきます。

    さて。
    思考が現実化すると言っても、人を騙したり貶めて幸せになろうとするならば、そういう運や似た思考の人が寄ってくるだけです。その場は楽しいかもしれませんが、”自分が人を裏切っている“という思考に伴い、ご自身に他者への疑念や不信がつきものとなる。(※余談※[つきもの]と入力したら[憑物]と出てきました。明るくはないですね。妖怪かなぁ)
    人を騙せても自分を騙すことはできない。
    人を信用できずに生きていくならば、本来あなたのあるべき姿、幸せとは言い難いでしょう。念のため、記しておきますね。
    心穏やかな日々をお過ごしください。

    私の幸せは、皆さんの幸せとともに生きてゆくことかな。
    皆さんもご自身の幸せを見つけてください。幸せとは、あなたを軸として生きてゆく幸せです。
    あなたが幸せを感じ、生きているからこそ、その幸せを人に分けることができる。
    あなたの大切な人を幸せにできます。

    癒しの波長

    10月となりました。
    出会えた方への感謝です。
    食事をしていた際に、偶然隣に居合わせた方が私の生業をお聞きになり、声をかけてこられました。
    店に入り、私の姿を見て気になっていた、存在に癒されるとのことでした。
    言わんとされることは分かり、(私は青い手(マヤ暦の紋章)だからかなぁ?)と思ったりもし。
    なぜ仰られたのか経緯は忘れましたが、
    世の中がこのような情勢であるからこそ、内に篭らず外に出て欲しい、必要としている人が大勢いる、と仰られ、
    私も自分の出来ることを果たせたら良いなと、前向きに励みとなりました。
    私がこの先何をしたいのかお伝えして、その場をおいとましました。

    2020年は世の中の動きもあり、私も県外に行くことを制限しています。今は気軽に動けない状況ですが、整いましたら、各地へ伺いたいです。

    先日あることに気づきました。
    電話鑑定のプロフィールからは私の声が聞けるようになっています。直接相談いただくのが一番かと思いますが、心が疲れた人は、よろしければそこを開いてみてください。
    というのも、皆さんが私の声に癒されると仰るので、プロフィールの声を自分で聞いてみました。
    ちょうど自分が疲れていたからか、自分が自分の声に癒され、気持ちのもやが晴れ。びっくり。
    声にも周波数があるからか?

    私は癒しの波動を送る時や、お相手の心が深く傷つき癒しを必要としている時、"それで良い"という知らせを受ける時など、体に軽く電流のようなものが走るのですが、
    まさに下から上へサーッとざわめきが走りました。
    この電流は何に反応したのか分かりませんけど、疲れていた気持ちはスッキリ。
    声は音ですので、御自身の感覚に合う合わないはあるかと思いますが
    どうしようもなくお辛い時、試してみてください。

    連想ゲームのように 〜第六感〜

    “虫の知らせ”とはよく言ったもので、自分の身に起こることの知らせがやってくるようになっていると改めて知る9月の末。絶妙なタイミングで我が身に起こる危険を察知した模様。

    昨夜、ある閃きが起こり、それを辿る。
    すると、どうやらその人は消えた模様。
    その予感を辿ると、9月に突然お辞めになったらしい。おそらく風評被害からだろうと思えばやはりそのようだった。
    そこからふと、あることを調べようとするが、短気な性分、めんどくさくて途中で止める。
    それでも今朝、再び気になりまた調べてみる。
    ドンピシャ*タイムリー。
    虫の知らせ。
    その出現はまさにこの9月半ばの出来事。
    普段、見ることもないものなだけに
    自分を守ってくれている存在がいることを改めて知る。
    感謝とともに

    自分への備忘録

    日常のひとコマ 〜過去世があるならば〜

    全く初めての領域で、過去世のセラピーを受けることにしました。過去世があるとすれば、その時にも私は占い(のようなもの)をやっていたのだろうか。
    出会う方々に、私が占いを長年やっていたと思っていたと言われます。実際はそうではないのですが、確かにお答えすることが自然なことに思いますし、細胞が覚えているようにも思います。
    過去世における経験体験が、今世の自分を作っているともいう。そうであるなら、自分を掘り下げて知ることで、今世で役立てるヒントが見つかるかな?と思った次第です。

    冒頭に述べたセラピーですが、人によって深層への意識の入り方がまちまちのようなので、初めてだとなんの手応えもなく終わる可能性もあるとのこと。
    時間もないですし、無駄は省きたい。
    では、実施の前に自分でやってみよう!と思い、工程の手順を追って見様見真似でやってみました。
    (※先に述べておくと、今回出てきたものは私の過去世ではなかったです。)

    その時代の自分の名前が出てきました。
    最初は長い名前が浮かび、愛称のような短い名前となりました。西洋の名でした。
    服装、髪型、肌の色、年齢、などぼんやりと浮かんで、ある特定の出来事に対し自分が何をしていたかなどもぼんやりとイメージが湧きました。
    終わって、出てきた名前を検索。
    ちょうど実在の人物が出てきました。
    どんな人物かと画像を見てみると、その女性の画像(肖像画)が、私が見た衣装と髪型と一致していたのです。
    自分の脳裏に出たそのままの特徴ある衣装を着て、そのままの髪型でした。衣装や髪型と言っても、一部の階級の人が用いる、その時代を流行りを表す独特のものでしたので、こうして一致するのは核心をついてるのかもしれない。このセラピーに興味が湧きました。
    さらにその女性のエピソードを読み進めると、その女性は占星術に長けていたと出てきました。私は占星術はしていませんが、似たようなことをしています。その他のプライベートの趣味も複数同じ、晩年の行いも自分と重なります。
    こうして似ていると、ますます気になります。
    さらに読み進めてゆくと、彼女の最後の恋人の職業が私の大切にしていた彼の職業と同じでした…
    まさかのオチがありました。
    なんとも微妙な、複雑な気持ちで終了。
    (※さらにオマケで、この人物に関わる話の中にサイコパス的な話もあり。ちょうど最近の私は、サイコパスの特徴を調べていたのです。私にとってあれこれと気になるキーワードが盛り込まれたこの試行は、意味深なものとなりました。)

    出てきたその時代は数百年前のこと。細かに記されてる歴史上の人物でしたので自分のことではないとは容易に分かりますが、一応(これは私のことか)と問いましたら
    [違う]と! 
    ですよね…
    ではなぜ、この人物像のイメージが来たのかなと。
    人物に対し鮮明な印象がある場合には、自分のことのように思って出てくる場合もあるそうですので、過去世のどこかで歴史本や何かで見聞きしたことなのか、はたまた、こうして点と点を結び、私の興味を深めるために出てきたのか。とすれば、学べということなのか。

    そういう感じで
    初の自分リーディングは、こうしてまぁまぁ成功?したみたいなので、結果よしとし。本番が楽しみです。
    皆さんもご自身の楽しみ、好奇心をくすぐることを見つけてくださいね。

    直感で生きるということ

    下書きに残していた文章が、何度も通知画面に出てきました。何か意味があるのかもしれません。UPしますね。

    今の世の中は情報に溢れ、五感が鈍る。一言で"直感で生きる"と言っても難しいかもしれませんが、閃きを大切になさってみてください。自分を信じて疑わないこともその一つ。
    自分を信じると言っても、何でも好きにすれば良いということではなく、欲を基準にすると欲に流されますので、できるだけフラットな状態でお過ごしください。

    世の中にはいろんな情報が錯綜しています。自分の思考が埋れてゆくことで、感覚も鈍る。
    私に恐れがあるのなら、外の世界に触れることでした。それこそ直感の知らせだったのでしょうね。地球上の常識を基準にすると判断を誤る。直感に蓋をされる。私にとっては恐ろしいことです。感じるものにフィルターがかかり、分からなくなることの予感だったと思います。
    とはいえ、実際に自分の目で確かめて知ることも大切です。感ずるものは何か、意味を成す。意味なくやってはこない。
    降りてくるものが本当にそうなるのかと確かめて、答え合わせもします。
    そういう風に過ごしています。

    私の普段の生活は、テレビもラジオもなく、音楽を流すこともありません。
    音楽を聞かないわけではないですが、
    日常、聞こえてくるのは自然の音や生活音。雨音、風の音、近所に住むこどもたちの笑い声。夕暮れ時にはキィィーっとシャッターの下りる音。太陽の光が移ろうのを感じながら、一日を過ごす事が多い。陽が落ち部屋が暗くなる頃にようやく電気を点ける。
    なぜそのようにしているか、深く考えたことはないですが、感覚を感ずるために思います。
    そうして毎日は過ぎていきます。

    たまには外部を遮断すると良いですよ。
    遮断すると言っても隠に籠るという意味ではなく、自分に向き合うために静寂に身を置く、思考をフラットにする感覚。完全なる無は無いにせよ、平らに、平らに、空気に溶け込むようなイメージで、ただ、ぼーっと無心になり過ごす時間。その中になんらかの気づきがありますよ。
    良い一日をお過ごしください。

    占い師になるまでのこと

    早くも9月も半ばが近づいてきました。
    皆様からのお便りを読ませていただくたび、この道に入ってよかったと痛感します。ありがとうございます。
    もともと占い師になる予定はなかったので、なおさらそう思うのです。感謝しています。
    ここに至るのも、見えない導きでした。

    数年にわたり、占い師になる流れはありましたが、私が一向に動かない。
    (遡れば、友人知人から占い師になればいいと言われることも多々ありましたが、特に占いはしていませんでした。)
    では何故今があるのか。
    大切にしていた彼に危険が及ぶとなってしまいました。それまで動かなかった私は全てを捨てることを決心し、一気に物事は急展開を始めました。
    私が生きてゆく上でできることは何か。
    自分の力で生きてゆく道が"占い師"でした。

    とはいえ、忘れっぽい私です。
    生活の糧に始めた別の仕事も、特に不自由もなかったので、占い師になる気持ちも薄らいでいました。さらに、空き時間に占い師とは全く違う仕事をしようとするわけですね。深夜のファミレスのバイトをしたくなりました。
    職安で[飲食店]で検索しましたら、検索カテゴリー[飲食店]の中になぜか”占い師募集”が、、、、
    (占い師は、飲食店だったかな?)と、しばし考えましたね。
    [占い師になれと言うとるじゃろうが‼︎]と言われたようなわけで、ようやくそこで(そうだそうだ、そうだった…)と思い出し。ようやく占い師に応募したのです。
    今思えば、職安に行こうと閃いたのも、その為の伏線だったのかもしれません。

    さて。
    そのまま突き進むのかと思いきや、いつから稼働するかを決めきれずのんびりと先延ばしとなり、さらに月日が過ぎました。
    そうこうしている間に、諸先生方に千里眼が良いと勧められ、他県を受けることになりました。
    宮崎には当面できないだろうとの返答で、かと言って他県まで通うには遠すぎますし、それなら以前合格していた別の占い会社にしようかなと思った、その時です。
    宮崎の、目の前に、千里眼の、看板が。
    あるぞ。
    (宮崎店がオープンする数ヶ月前のことです)

    慌てて、お世話になっている先生に相談し、この流れはどういうことだと大騒ぎ。行くための道筋として御指南受け、ようやく流れに逆らわず思い切っての“今”に至ります。
    私の場合、のんびりしているとこうしてメッセージはやってきます。

    そして、占い師の道に入りました。
    占い師になってみてはどうかと言われ始めて少なくとも5〜6年は経っていました。長いですね…
    私はのんびりなので、自分のことに関してはメッセージを受け取ってもなかなかすぐに動きません。すると、痺れを切らしてなのかこうして現実の力も使って物事が動き始めるわけです。
    遅かれ早かれ、そのように物事は進むので、迷うより、突き進むのがよいようです。
    みなさんは、直感が降りたらできるだけ実践してみてください。概ね、良い方向に進むと思います。
    スピリチュアルで生きるのも便利ですよ。
    それはあなたへのメッセージです。

    8月の終わりに 怪奇現象?

    時々記してきた彼のことですが、その彼と出会ってから、彼の身に何か起こると私の身の回りで異変が起こるという月日を過ごしてきました。
    異変に応じて私は彼の元へ飛んで行き、大丈夫だよ、と伝える。そんな日々でした。
    分かりやすく言えば、彼の物が棚から落ちるとか、触れてもないのに財布からポン!と外に飛び出すとか、そういう物理的なことも含め、何かしらの信号が届きます。

    つい先日、こんな出来事がありました。
    ある事務所に遊びに行くと、彼ががむしゃらに頑張っていた現役時代の写真が壁一面に飾ってありました。現実的には、今の彼は良くない人間にそそのかされ、お世話になっていた人たちとの関係を断ち、失いました。身近で支えてくれていた人は離れて行きましたがそうしても今なお、彼を昔から知る人の元に丁寧に飾ってあった。私は嬉しくもなり
    飾ってあった写真を撮っても良いか、とお尋ねしました。そうしていざ。撮らせていただこうとしたら…
    突然、私の携帯画面に異変が起こりました。
    カメラモードの画面がブワンブワンと、付いたり消えたり激しく点滅しだし、止まらない。元に戻そうとしてもボタン操作も一切できない。
    そこから待ち受け画面になり、画面は先程と変わらずブワンブワンと点滅し続け、スワイプしようとしても消えません。全くの操作不能。電源を落として再起動しようとしても不可。そもそも電源ボタン長押ししても反応しない。電源オフの画面すら出てきません。
    ひたすらに画面がクルクル変わって、言うことを聞かない制御不能。
    やばい!このままだと壊れる!?
    焦りました。

    過去に、私の部屋に来ていたという生き霊絡みの一件があった頃。その生き霊を飛ばしてくる女性が現実的にも多々問題を起こしていました。その女性から被害を受けている人から連絡が来る時間に、私の携帯画面が突然《《 パン!!》》と音を立て、画面が真っ暗になり、その音とともに、私の携帯は完全にお陀仏。連絡が来るはずのお相手と連絡が取れなくなりました。
    その時ちょうど私は携帯を使って仕事をしていたので、壊れた時間を覚えていました。

    携帯を修理に出している間、代替え機を一週間ほど使い、新しい携帯が戻ってきました。ラインの復元をしましたら、ちょうど携帯が壊れた時間に先ほど述べた先方からラインが入っていたのです。内容は復元されず全て消えていましたが、送信された時間のみ記されていました。それはまさに携帯が音を立てて壊れた時間でした。

    全てが繋がりました。
    別の人から来ていた連絡も、内容が消え、時間のみ表示されていたので当人に要件を尋ねたら、その女性に関することでした。
    とても分かりやすい。
    この一件だけでも、それだけタチが悪い相手だと察したという次第です。
    そんな経験もあったので、また壊れるのかと焦りましたね。
    元に戻らない!
    そのまま数分異常が続き、何をどうしたか分かりませんがなんとか電源オフができたので再起動。やっと元に戻りました。

    なんだったのかは分かりません。
    この事象は、また彼の身に何かあったのか。彼が何か伝えたいのか。もしくは彼に憑いてるものの手で彼を思うことに邪魔されようとされたのか。はたまた、私の守護から"やめなさい"と諭されたのか。なんのメッセージなのでしょうね。
    当然、このようなパターンの事象が起こったのは初めてです。
    無事であってくれることを願います。
    とはいえ、私が彼を守ろうとすることは、彼の為にならないともご指摘受け、それもそうなのかもしれないな、とも思う夏の終わり。道を選ぶのは他でもない自分。
    明日から9月。柔らかな紫色を感じます。
    世間はまだ穏やかではないですが、皆さんの街へ行きたい思いは山々です。
    お体ご自愛くださいね。


    追記
    そのような念を飛ばしていた女性は、現実でも「人の不幸は幸せだ」と言い、次々にその言葉通りの行動をしていましたが、それ相応の道を歩んでいます。そういうものです。

    生き方は、自分次第。道を選ぶのも自分。
    あなたは、どのような生き方を望みますか?

    迎え火

    八月十五日となりました。

    家に帰る途中、パチパチと燃える音がするのでそちらを見てみると迎え火でした。
    お盆の風習ですね。

    小学生の頃の夏休み。お盆に弟とふたり、祖母の家で遊んでいました。
    すると、トントン。と玄関の扉を叩く音がします。
    祖母の家の玄関扉は、ちょうど頭のところが磨りガラスになっていて、そこに人影が見えました。額のあたりに白い三角の何かをつけています。
    トントン。トントン。
    私は玄関の扉を開けました。
    誰もいません。
    玄関の前は庭になっていて、見通しも良い。
    庭先の道路までは数メーターあるし、人気のない静かな通りです。
    ガラス越しに見えた姿はどこにもない。
    誰もいない。
    ぎゃあぁあぁ!!!!

    夏は怖い番組が多かったですし、幽霊ヤァぁぁと弟とふたり大騒ぎ。祖母が帰って来るまで怯えていました。
    なんだったのかは未だに謎ですが、ご先祖様が帰ってきていたのかな、と思いだします。
    頭の部分の三角は、天冠だったのかもしれませんね。

    私たちは命が紡がれてここにある。
    皆さんもよろしければご先祖様に思い馳せてみてください。帰郷できなくとも、喜ばれると思います。

    壁面に映る影 〜最近の出来事〜

    私は特に信仰はないのですが、先日、家の中で不思議な現象が起こりました。
    そもそもはその出来事が起こる前日、神に関するある思いを捨てるようにと言われまして、私はその場の流れで承諾しました。その思いを持っていることで自分の暮らしに不都合があるわけではないですが、間違ってると言われては、そうなのかなぁ?と思っての流れでした。
    …と、ここで終われば単なるその日の出来事でしたが、問題はその翌朝です。

    皆さん、キリストが十字架に磔られている姿はご存知かと思います。ちょっと顔を俯いているような。
    まさにその十字架と、キリストのその姿を思わせる光が、我が家のキッチンの壁面に大きく現れたのです。
    サイズでいうと、普通の人の2割減くらい。十字架が宙に浮く感じで煌めいていました。そして何より、ちょうどキリストの顔に当たる部分が一際強く光を放っている。
    その光に気づいたのも、磨りガラスの扉を通してキラキラ光が見え、不思議に思いキッチンの扉を開けたら(((十字架やぁ!!!)))というわけです。
    さすがに驚きました。
    この家に暮らして始めての出来事でした。

    何事かと見渡したら、氷水を貼ったボウルがシンクに置いてあり、その水に降り注ぐ太陽の光が反射して壁面に。
    いくつかの偶然が重なってのことです。
    その日の陽の光はとても強く明るく差し込んでいました。陽射しが入るタイミングが合っていた。
    とはいえ、その光の反射が十字に見えるということがこの世の中で一体どれくらいの確率であるのだろうか。
    それをキリストの十字架とするならば、ちょうど顔の部分に当たる場所が、より一層輝いている。意味のある出来事でした。

    なぜこうしてキリストが現れたのか。
    その結論として、不思議な光が訪れる前日に私の心から消すようにと言われたものは、特に消す必要がないということなのだと至りました。
    これも見えない世界からのメッセージですが、まぁしかしなかなかダイレクトに来ましたね。翌日であったため、このことだなと分かりやすい。消さないことを伝えに急を要していたんでしょう。
    その世界と私は会話はできませんが、こうして知らせをもらいながら毎日を過ごしています。


    ちなみに、私はキリスト教徒ではありません。過去世のある時には隠れキリシタンだったと言われたことはあります。その時、共に過ごしていた同じく隠れキリシタンだった彼は、私を守るために身代わりになって処刑されたそうでした。
    過去世では毎度毎度、私たちは(というか彼が)死を選ぶのです。今世でもなぜか彼は私を守ろうとしてくれていましたが、裏切り者と言われてしまいました。その後彼は良くないものに取り込まれ人を騙す道を選んだようです。
    (※過去コラム; 軽く予知夢 〜シックスセンス〜 )
    その話はまたいつか。

    8月8日

    今日、8月8日は、ライオンズゲートという特別な日だそうです。一年に一度やってくる、宇宙のエネルギーが超パワフルな日。
    こうして記していますが、私はスピリチュアルの暦に詳しくありません。お世話になっている方に会いに行こうと思い立ち、出かけていったら偶然教えていただきました。まさしくタイムリー。
    (直感で生きているとこうやってとても便利です。必要な出来事や情報がやってきます。皆さんもぜひ、活用してみてください。)

    さて。今日(8/8)は宇宙のエネルギーがとても強い。宇宙の扉が開く日。不要なものを手放し、なんらかの決断をするとその決断に加速がついて、とても良いそうです。時は流れて行きます。皆さんも、自分にワクワクする誓いを立ててみてはいかがでしょう。
    また、獅子座のエネルギーからは、困難を乗り越えるパワーも受け取れるようですよ。
    書いていてふとやって来た、宇宙のエネルギーから自分が受け取るもののイメージ。月の光を浴びての森の奥でのダンス。白い柔らかな布を纏い足首に巻いた鈴がシャンシャンと音を立てる。自然と共に生きる精霊的な感覚。ヨーロッパのどこかの美術館にある光景ですね。

    私はのんびりしているので、何を決断するか、どうしようか。そういえば、私が正式に宮崎市民になったのは去年の8月8日でした。インフィニティ。
    一年が経つのは早いです。
    これから夏の盛り。
    皆さんもお体ご自愛くださいね。

    心の旅

    7月も後半に入りました。
    私は瞑想のようなものにチャンレンジし始めました。いつかそれを活かして皆さんのお役に立てる日が来るだろうか。

    瞑想という名のイメージの中の私の中のちっちゃなワタシは全くおとなしくない。
    素でやっているのか、私を笑わかせようとしているのか、うきうきとステップを踏み始めます。
    私も最初は基本スタイルに従おうとしていましたが、私の中のワタシが勝手に動き出すので止めようがない。黙って好きにさせていたら、見ている私もおかしくて笑いがこみ上げてきます。
    ひとまずそれでも、なんとか先に進むわけですが、、
    そこからまたワタシは勝手に龍を呼び出して、龍に乗って出発です。(もちろん、ワークにはそんな手順はありません…)
    普通にやると慣れないのでもたもた。。上手にできないので、(そうだ!速いぞ!)と閃いて呼び出しました。
    完全にイレギュラーでしょうけど、楽しいし気持ちよく豪速で飛んで行きます。
    あっという間に目的地へ。
    そうしてワタシは到着すると「ちょっと外で待ってて!」と龍を外において自分は部屋の中へ。
    帰り道はこれまた勝手ですが「先に帰るから後からついて来てね!」
    飛び出し、ほぼほぼ瞬間移動。(ひどいですね。。多分仲良しだと思うのでまぁいいかな。
    そんな感じで、楽しく行って帰って来ました。

    なんのこっちゃですよね。

    普段の私はテレビもない。音楽もない。風の音であったり、雨の音(今は雷が唸っています)外で遊ぶ子供の声、流れる水の音。
    最小限の生活音と、朝から夜へ、時間とともに移ろいゆく部屋の光の中で生活しています。
    電気は暗いなぁと思ったらつけますけど、そんなに必要にしていません。時を感じながら過ごしています。
    皆さんも時に時間を忘れて心を解放されると良いですよ。

    6月の謎解き

    大雨続きです。
    今日は見えない導きのお話でも。

    私は今年の4月に、ある力の勉強をする予定でした。
    なぜ4月かというと、宮崎で受講をお願いしようと思っていた方が、その術を開講されるのが4月と聞いていたからです。
    私が受講するのに適した時期をペンデュラムに尋ねると”6月“。先延ばしせず4月でもいいのに(なぜ6月???)と思っていた矢先に、コロナの影響でその講師の先生の4月の予定が流れました。
    (そういうことだったんだ〜)と納得。
    今後の予定は8月になるとのことでした。
    しかし、それでもペンジュラムは”6月“と言います。
    ????
    どうしても6月と言うからには、何か意味があるんでしょうが、もともと講師をお願いしようと思っていた方は6月には不可です。
    それなのに、なぜ6月なのか?
    …と思ってそのままにしていました。

    そんな矢先、その方がお薦めしてくださった先生のことがたまたま閃いて「どこにお住まいか」とお聞きしました。東京とのこと。遠いですね。すると、その東京住まいの先生が
    宮崎に!
    6月に!
    来宮と!!!
    私がお聞きした2、3日前に、その連絡が来たとのことでした。
    合点がいきました。
    …というわけで、ペンジュラムが示す6月の謎が解けました。
    5月末か6月初めの出来事です。
    見えない力が伝える6月の意図が分かったので、受講の依頼をし、学ばせていただくことになりました。

    物事はなるように流れて行きます。
    最善の道というのはそういうものなんでしょうね。すでに用意されている。
    (もちろん、望まぬ未来を変える選択もあります。それはご自身の努力で切り拓けます。)
    皆さんも身の回りの導きを大切になさってくださいね。きっと何か意味があることでしょう。

    7月 石と光と

    7月になりましたね。一年の半分が過ぎました。
    私は、作業場のカーテンを変えました。
    ふんわりと可愛らしくなった気はします。
    さて、そのカーテンを変えた時のこと。
    窓辺には籠に入れた石をぶら下げているのですが、カーテンを付け替えてその直後。
    ユラユラ。。。
    揺ら揺ら。。。
    ???
    石を乗せた籠が動いているのに気付きました。

    こうして石が動くのは、私の日常では別段変わったことではありませんので、(あれ?これも動くのかぁ)と観察。吊るしているのはペンダントやイヤリングなどに使う小さなサイズではなく、ちょっとやそっとの重みではない。例えるなら、文鎮?(気になる方は、“クラスター”で検索してみてください)
    石の塊です。
    まぁまぁ重いので(よう動いているなぁ)と感心しました。
    一応、クーラーの風かな?と思って検証してみもしましたが、そうではない。
    二つぶら下げているんですが、片方はゆったりと。もう片方は明らかにお元気です。
    籠が円を描くように回りながら動いています。
    なんの現象なのか、どれくらい回るのか見ていようと思いましたが、動いているのに気づいてからすでに5〜6分動いています。
    いつ止まるかわからないので観察終了。
    皆さんの身近なものでは、サンキャッチャーなども動いていたりしますね。お家にある人はたまに見てみてください。

    なんで動いていたのか?
    楽しそうだったのでカーテンが変わって嬉しかったのかな。
    こうして楽しく過ごしています。

    7月に入り、私の6月の憂鬱な圧迫感も通り過ぎました。
    皆さんもよい毎日をお過ごしくださいね。

    6月

    もうすぐ6月が終わります。
    6月は受けるエネルギーが不安定だったのかな。圧迫感があり、どうしたものかなぁと思っていました。
    ちょうど彼のどん底も絶不調にどん底だったので、その影響かなと思っていましたが、スピリチュアル繋がりの知人にその話をしたところ、その方もそうだったらしい。
    そうかそうか、と一件落着。
    他の人もそうなら、時が過ぎるのを待つばかり。


    イメージは、自分の周りには何かエネルギー体がある感じです。見えませんし、単なるイメージですけどね。数々の知らせが舞い降りる。その存在への感謝とともに、暮らしています。
    皆さんも、あなたを守る者へと思い馳せてみてください。
    あなたの毎日の、何かが変わるかもしれません。

    暮らしの中で 徒然に

    長らくコラムを停止していてすみません。
    世の中の流れもあり、言葉を控えていました。
    今日は皆様への感謝を伝えたいと思い、記します。

    昨年の6月に宮崎店がオープンして一年が過ぎ、私の占い師としての道も宮崎店のオープンとともに一年。
    この地へ来るために見えない力の導きが盛大に動き、それを後押しして下さる方々との良きご縁あり、歩み始めました。

    皆さんからメッセージをいただいたり、店舗へお話しに来ていただくなど、お声をいただく中で、私は、自分が自分であって良かったとありがたく思っています。心から感謝しています。

    今から10年程前のことです。
    その当時の友達に「貴女の言葉は人を動かす、安易に言葉を発してはいけない」と言われたことがショックで、それからの私は極力言葉を閉ざすようになりました。
    とはいえ、感じる道から外れようとしてる人には黙っていられず、どういうつもりか?このまま終わるつもりか?と問うたりもしてましたけどね。
    その中のお一人は、問うた次に会った時、私のところにやってきて「僕はやります、見ていてください」そう言ってくれました。その言葉は私にとって宝物です。
    彼はいま見たらフォロワー35万人になってました。
    もちろん、良いことだけではない。
    感じる数ヶ月先、数年先に訪れる未来を案じ、伝えた事で余計なお世話だと罵られ疎まれたこともあります。
    結末、伝えたままの出来事が次々に起こりました。事前に防ぐことはできませんでしたし、それは私が信頼されていなかったから。嫌われたところで伝えたことに後悔はない。伝えずにいて、やはりそうなったと悔やむより、嫌われる方が良い。

    占い師となったいま、私は必要とする方に、伝えることを伝えられるようになりました。
    自分の在り方について自分と向き合うことを繰り返す毎日ですが、自分が自分であって良かったと思える。
    自分を好きになるというのはこのようなことなのだと思います。
    自分が自分を知り、受け入れること。
    自分を生きること。

    生きるということは、いろんなものが交錯して、良い感情もそうでない感情も、毎日訪れる。生き辛いことも多々あるかと思います。
    ですが、辛いこと、辛さを噛みしめるのではない。辛い事、嬉しい事、様々な感情を通して、生きる歓びを知るのだと思います。
    振り返った時に、きっと幸せだったと感じますよ。

    皆さんも、自分が自分らしく生きれるように。あなたがあなた自身のことを好きだと感じ、ありのままの自分を見つけられるよう願っています。

    いま、私が自分を生きれているのはみなさんのお蔭です。

    御礼まで。

    よい毎日をお過ごしくださいね。

    石選び

    レインボークォーツを手に入れました。
    丸玉です。マクラメのペンダントにしてあり、石を回すと見える光景が変わります。

    石を選ぶ際には、気になる石の中でどれが自分に、より力を与えてくれるのか、助けてくれるのかを問いかけたり、私と一緒に帰りたいかと尋ねて、うきうきと楽しそうに返事をする石を選びます。同じ石でも人によって相性は違います。人間と同じですね。また、石同士の相性もあるので、すでに持っている石に、新しい友達と仲良くできるかと尋ねもします。
    相性と言えばこんなこともありました。知人と一緒に石選びに行き、選択肢の石がその人に合うのかみましたら、ダントツに石がとても喜んでいるのが伝わってきてびっくり。喜び方が半端ない。御役目を果たせる喜びというのかな、言葉を当てるなら ”ヤッホー!“という感覚、出会えた喜び、嬉しさ満載。嬉し泣きでもしそうな感じ。
    ちなみにその石、私に関してはほぼ無反応でした。その方とよほど相性が良かったのだなぁと思います。巡り合わせですね。

    私は私で、AとBの石のどちらが良いか尋ねたら、ちょうどAとBの真ん中を指すので(どちらでもいいのか…)と思いきや、2つの石の真ん中に、別の石がひとつありました。もしや3択になっているのか⁈
    真ん中の石を除いて再確認。
    そうでした。
    AとBの間にあったその石を取り除いて、AとBを比較したら、すんなり"Aが良い"と出る。
    真ん中にあった石のパワーは3つの石の中で一番強かったようですが、残念ながらその石は私と一緒に帰らないと言う…サラリと振られました。今の私には必要が無いということだったようです。置いて来ました。
    ※実際に石が喋っているわけではありません。

    選び方は基本的には、直感で惹かれるものを選びますが、それとは別に、なぜかそれにしたらよいと示されたものを持ち帰って調べると(あぁそういうことなのか)という感じ。私は事前に調べて探す性格では無いので、概ね偶然見つける事がほとんどです。
    予期せぬ縁で導かれるものを手元に持つのも楽しいですよ。

    そういえば、NYでは自粛の最中、いくつかの家庭が虹を描いて窓に貼るという光景があったそうです。優しさ溢れるワンシーン。心を蘇らせます。

    ルドラクシャday's *追記

    つい先日、ガーデンクォーツを手に入れました。
    石の中に庭園があるように見える、穏やかでどこか懐かしさもある可愛い石です。別名 シャーマンクリスタルとも言われています。
    自分が根付ける場所ができればという願いも込めて、前々から気になっていたものを。いよいよ自分に必要な時が来たので受け取りました。
    この石が自分に何をもたらしてくれるのか、考えて中の世界を眺めたり、手のひらに包んで転がしていると、石は面白いですね。内包されている淡いピンク色が鮮やかになり、ところどころキラキラと輝きの粒が現れました。
    この道に入る前は、石が輝きを増すなど思いもよりませんでした。身代わりになって割れたり、曇るのは聞きますけどね。逆もまた然り。
    石も生きています。



    …と、最初は 上↑のところまでUPしたんですけどね。
    その後、いたずらな見えない知らせが来たのでUPしなかった続きも追記します。
    いたずらな知らせとは、上のコラムをUPした直後、ある地域を検索したら、その図面上に"晴海トリトン"と出て来ました。ん?
    以下、続きを読まれたらお分かりになるかな。特に意味はないかもしれませんが、意味があるのかもしれません。



    この石は丸玉なので見ていると海の中にも思え、ふと “海のトリトン”という漫画を思い出しました。手塚治虫さんの作品です。私はその漫画を見たことも知りもしませんでしたが、子供の頃、その歌が入っている手塚治虫シリーズ曲集を商店街のワゴンの中から発見し、購入。
    全く知らない漫画の曲ですが、気に入って何度も繰り返し聞いていました。
    他の歌も入っていたはずですが、別の物の記憶は無く、この曲は歌詞もメロディも覚えていて大人になってからも時々口ずさんでいたのです。
    ガーデンクォーツを購入したのがきっかけで、漫画の内容を調べてみたらアトランティス文明に若干絡めている漫画でした。それで惹かれていたのかもしれませんね。


    ここまでが、最初に書いていたコラム全文の2/3です。(残り1/3は気が向いたらUPします)
    "海のトリトン"を書くのをやめた直後に"晴海トリトン"が来た。じゃぁ"晴海トリトン"ってなんだ?と検索しましたら
    【「晴海トリトンスクエア」の中心にあるのは、美しい季節の移ろいを楽しめる花と緑、そして水。咲き誇る四季折々の花々と豊かな樹木、清らかな水音の中でベンチに座ってくつろいだり、ゆったりと散策したり。】
    …伝えたいことは分かりました。
    ガーデンクォーツに見える世界でもあり、私たちに必要な世界です。
    いろいろ繋がっているものです。こんな風に見えない世界と毎日を過ごしています。
    ちなみにトリトンは、ギリシャ神話の海神です。

    地球という国

    4月。相も変わらず、不確かな情報や人を惑わす言葉が飛び交っています。メディアも不安を煽る情報を流しています。一旦落ち着いて、一呼吸。それが真実なのか?と疑ってみましょうね。振り回されずに、自分の考えで動きましょう。あなたはあなたの身近にいる人を大切に過ごすこと。終息の道はそこから始まります。

    使い古したメインのカードを新しいものに入れ替えました。
    新しいカードに“私に伝えたい事は何か”と引いてみましたら、世界が一つになる姿が出てきました。地球の皆が手を取り合って輪になっています。現実的には難しくとも、人種や国境を超えて一致団結することと見てとりました。各国が自分を守ることは、他国との連携も必要です。争いではない、前向きなことです。
    政府に委ねる部分もありますが、私たちは今、自分が何をしたら良いのか、各自の判断に委ねられています。終息に向けてできる事をしてゆきましょう。
    無理をして動き回れば、拡大し長期化します。今は耐えることが最終的に大きな意味を成します。

    地域の繋がりも薄い世の中です。事の大きさをご存知でない方もいらっしゃるかもしれません。また、過度な不安を抱えているのに頼る人がいない人もいるかもしれません。日々の生活が不安になることで負の感情が沸き起こる。それを防ぐ意味でも、身近な人にお声かけましょうね。ほんの小さな思いやりが、心疲れた人を救うかもしれません。
    人生において今、たった数週間という短期間、慎重になることで安心できる暮らしが戻ってきます。
    皆が明るい気持ちになる試みを始めている方もいるようです。医療に従事されている方々の御尽力へも思い馳せましょうね。
    支えるということはお金だけではない。乗り越えるために自分が何ができるかを考える世の中に。

    4月 想像力

    4月となりました。
    世間は情報が溢れています。こんな時だからこそ、善意と共に悪意も飛び交います。根拠のない情報に惑わされないこと。老若男女問わず、人は皆同じであるということ。
    人を惑わす言葉にお気をつけください。

    便乗商法が現れていますので、その商品の根拠はどこにあるのか、冷静に見極めましょうね。推奨される効果があるのならば、公に実証し発表されることでしょう。慌てて飛びつかないことです。
    この状況に乗って不確かなものをまことしやかに勧めてくる人があなたの身近にいるのなら、その真意が善意から来るのものなのか、この状況を利用した善意を装った金儲けなのか、見極めなければなりません。見方を変えれば、今後その方とどうお付き合いして行くのかを見直す良い機会ということです。
    個々人で最善を尽くさなければなりませんが、偽の情報を信じ安心して過ちを犯さぬよう。
    あなたがあなたの大切にする人たちを守るには、自分が何をしたら良いのか考えて行きましょうね。

    徒然に 3月の喧騒

    ルドラクシャです。
    世間は騒がしいですが、皆さまいかがお過ごしでしょう。
    2月に東京出演した際に、次回の東京スケジュールは4月初旬とお伝えしていましたが、3月初旬に今の事態を予感し、発表を見送りました。
    よろしくお願いいたします。

    予感といえば、私はある力を身につけるため某講座の受講を予定していました。受講するのは4月が可能でしたが、ペンジュラムで見るとなぜか4月ではない。何度見ても6月。間が空きます。
    その理由を掘り下げないままでしたが、講師の方が今回の件で見送りとなり、そもそもの企画が無になったそうでした。納得しました。

    日々、刻々と移り変わりますからこの記事を残して数日で事態は展開しているでしょうが、いま思うことを記します。
    いたって日常の話です。(スピリチュアルではありません。)

    イベントが自粛となり楽しみがなくなったと仰っている方も多いようですが、今後は人の命と自分の楽しみと、どちらが大切か考えて行動なさると良いです。
    境目に来ています。
    もしも自分の大切にしている人が、そのおかげでこの世を去ったらどうお考えになりますか。
    我が身に置き換えて考えてみましょうね。
    自分の身に降りかからないと分からないのでしたら、困ったものです。

    主催側はそれによる損害であったり、解雇などの新たな問題が生まれます。しかしその点は私たちではどうにもできないことです。それは国の判断に任せるとして
    不要不急の外出を控えれば、どうしても出かけないといけない人たちの不安を軽減することもできますし、リスクも減ります。
    自分にとって何が、本当の意味で一番大切か、それを考えて行動なさると良いですよ。軽率な行動が、大きな惨事を招くかもしれない、そういう想像力も試されているのだと思います。

    娯楽を求めて行動をすることは、人生においてどれほどの意味を成すのでしょう。

    自粛は牢獄ではないです。
    視点を変えてみれば、楽しみは自然と生まれます。過ごし方に工夫をしてみれば、意外な発見もあります。
    家族がいるなら、日頃不足していた一家団欒の時間を持つ喜び。
    ホームパーティでもいいでしょうし、自炊の楽しみを持つのも良いでしょうし、日頃読まなかった本を手にする。漫画でも良いですよね。
    私は ”真珠姫“(輪廻転生の少女漫画)と、”デブとブスと過ちと!“(超明るいポジティブ漫画。ほのぼの)と、”13歳からの世界征服“(考え方の切り口が面白い。分かり易い表現で物事の核心をついている)を読みました。
    漫画は久しぶりに読んだので新鮮でした。

    DVDを借りて、ゆったりとした時間を持っても良い。趣味に目を向けて、自分の知らない世界を知ることもできる。
    家の模様替えをして気分転換でも良いでしょうし、マスクがなくて心配ならマスクを自作してみても良いでしょう。
    街にカラフルな自作マスクが出現しても楽しいですよね。抗菌効果などは二の次です。
    無いものは無い!
    無いものに執着しても仕方ありません。
    奪い合ってどうしますか。
    手にできるものもたかが数もしれています。

    無いならば産み出す。
    人間は深い想像力のある生き物です。自分ができることを試してみるのも、ひとつの楽しみになりますよ。
    執着は貧しい心や、浅はかな行動を呼び起こします。
    様々な集団心理が露見しているので、良い学びともいえますが、それに踊らされるより視点を変えましょうね。

    現状において、今できることの中から “楽しみ” “喜び”を見出しましょう。

    好きに生きたらいいという考えも、一つの在り方ですが、自由というのは制約があるからこそ手にするもの。
    ネットが普及している故に、適当な情報に右往左往。目の前のことだけ考えていたら、未来に惨事を招く。
    綺麗事では生きていけないと言う人もいるでしょうけどね、
    困った人がいたら助ける。その精神を思い出せばいい。今の世の中、真の思いやりが稀薄に思います。
    人に優しい世の中へと変わるには、人に求めずまず自分が変わればいい。自分が変わらないのに他人が変わりますか?
    あなたが変わろうと思った瞬間に、見える世界も変わります。
    そのことを頭に留めて過ごして行きたいものです。


    ※追記※
    ある国では、この状況下の中、医療に従事する方々への賛辞として街の人が一斉に拍手を鳴らしたり(医療関係者に敬意と感謝を贈るためのアプローソ・サニタリオ)、鬱々とした空気を吹き飛ばすためにアパートのベランダ越しにそれぞれが音楽を鳴らす光景があったりと。
    私たちはそこからの学びがあると思います。
    豊かな暮らしは、ひとり一人の心から生まれます。

    飛び出るパワー 〜ジャンピングカード〜

    占いという形を通してやってくるメッセージの伝え方も様々です。私は伝える者として、自然にどの方法を使うかを選びお伝えします。(口から自然と出る言葉も、その一つです。)

    こんな話をするのも[ジャンピングカード]についてお尋ねがありました。”ジャンピング“という名の通り、カードが乱れて勝手に飛び出る現象です。私は、相手の方(もしくはその方の守護)が[どうしてもこれを伝えて欲しい]と主張して出てくるものだとしてお伝えしています。
    この現象は、素直に言葉で表現できないお相手の場合に起こることが多いです。
    ”そうじゃないんだ!“と主張する。そのために
    “これを伝えて欲しい” と自ら飛び出してくる。とても意味あるものです。
    石の占いで、卓に投げて相を見るのとも似ているかもしれませんね。

    普段はその場でピョン!と出てくることがほとんどですが、一度、勢いよくビューンと数m先まで飛んだことがありました。元気だなぁ…と思って拾って見ると、愛しているという意。その時には、ペンデュラムも尋常じゃない振れ方をしたので、よほどその方の思いが強いんだなぁと痛感しました。(ほぼ真横、垂らしている状態から90度超えにまでビヨンビヨン揺れていました)素直になれない思いも見て取れました。

    占いを通してお伝えすることは、占者がどこに通じてお答えするかで答えも変わります。未来は幾通りもある。その中からどれがより良い道になるのか。
    人間には言葉にできない思いもあります。恥ずかしかったり、自信を持てなかったり。生き方がひとつとして同じでないと同じで、感情にも幾千、幾万とある。
    特に相手の気持ちが分からない、愛されているかよく分からない、そんな場合にはなおさら半信半疑になるでしょうけれど、疑いは過ちを招きます。お相手にあなたの気持ちも投げかけてみましょうね。続く未来はそこから始まります。
    お答えは、あなたを守るものからのメッセージなのだと思って過ごすと良いですよ。あなたの身近にいる存在だからこそ、その知らせはあなたを導くこととなるのでしょう。

    互いの愛は、信じるところから生まれます。
    まず、大切な人を大切にしている自分を好きであること。
    あなた自身を好きでいたら良いですね。あなたには愛する人がいる、とても素晴らしいことです。
    辛いこともあるでしょうし、悲しいこともあるでしょう。それでも愛したい人がいて、あなたはその人によって特別な感情を知り、生きて行く。
    今日も、あなたの大切な人に愛を届けられるといいですね。愛は贈り物です。たくさんの心を届けましょうね。
    皆さんの人生が、豊かで実りに満ちたものとなるよう願っています。

    不思議現象はどこそこに

    "見えない知らせ"は様々です。
    形もなく、言葉で伝えられない分、いろんなやり方でメッセージを伝えにやって来ます。
    直感(虫の知らせ)が分かりやすいですが、例えば携帯やパソコン、そういった媒体を使うこともあります。"音が鳴る"など分かりやすいですね。
    私の言う"音が鳴る"はラップ音ではなく、普通に携帯だったりパソコンだったり。現実に存在するものを介します。

    彼とのパイプが密だった頃のことです。
    喧嘩して、やり取りも全くなく過ごしていた深夜、ふとテーブルに置いていた携帯を見たらびっくりです。
    触ってもないのに携帯が勝手に彼に発信していました。
    心臓止まりそう。慌てて切断。

    そして翌日、彼から着信が来て仲直り。
    一ヶ月くらい連絡していなかったし、そのままなら二人とも意地を張り続けて話すこともなかったです。
    仲直りの仲介役は、見えないものでした。見るに見かねたんでしょうね。

    彼が良からぬ事をしていた時間には、携帯が彼の番号に発信した画面で固まっていました。
    触ってもいないのに勝手に発信していることにも驚きますが、画面は "発信キャンセル"となって固まっていたのです。
    勝手に発信して、勝手に停止。
    そしてその画面で固まっている…
    これはどういうことなのか…?
    自分で実験しましたが、キャンセルしてもその表示画面で固まりはしませんでした。
    固まっている画面を見れば、その異変の時間帯が分かるわけです。
    あの時は早朝の3時か4時頃でした。
    その頃彼は飲んで騒いでの真っ最中。何かあったのが丸分かり。実際そうでした。
    知らなければ良い事なのに知らせが来る。危険だよ!ってことにせよ、活かせなければ手遅れになることもあります。活かせば未然に防げる。
    私の例は特殊かもしれませんが、あなたも身の回りを見渡してください。
    きっとなんらかのヒントを得ることと思いますよ。

    幸福の象徴 〜羽編〜

    3月となりました。
    皆さんはラッキーアイテムがありますか。
    私は羽です。
    何かに迷っていたり決断する時には、年間通して羽がやってきます。
    いつしか、羽は自分を守ってくれるモノ、大丈夫だという知らせの象徴なのだと理解しました。

    最初に意識したのは、占いの道を決意した日。20cm程の大きな美しい羽を拾いました。
    その日を始まりとして、一時期は、毎日羽がやってくるようになりました。一日一本ならまだしも、あれこれと何本もやってくる。風に乗ってこちらに突進して来ることもしょっちゅう。
    良い知らせだと言われても、あまりに頻度が多いので気持ち悪くなってしまい、もう来ないでほしいと拒絶しても次々にやって来る。

    そうして異常な頻度でやってくるものの、何が言いたいのか分からないからイライラします。
    私は、羽の到来更新記録を止めようとして、(外に出るからやってくる。それなら家から出なければいい!)と思って、引きこもってみました。
    家の中まではさすがに来ないだろうー。
    郵便物を取りに行こうとドアを開けたら、開けたまん前に羽が落ちていました。ガクリ
    ある日素直に〔羽が何かを告げている〕と認めたら、その翌日から羽の訪れはピタリと止まりました。

    羽の登場方法も様々です。
    コンビニに入れば、陳列棚にふわふわと⁉︎ 羽。
    エレベーターの中に羽。
    窓もない建物の中に落ちていたり、気配を感じて振り向いたら落ちていたり。
    歩く道、角を曲がるたびに羽が落ちていたり。(鳥の種類は違いました)
    蜘蛛の巣に引っかかってパタパタとはためいていたり。
    座り込んだら、目の前に羽が…
    ※この羽コラム書いている最中、モニターを見上げたら、ちょうど天使が羽を伸ばしている広告が流れていました。

    迷いについて。
    宮崎に引っ越す前のことです。移住するのは間違いではないかと、深夜、薄っすらとした街灯の中を歩きながら考えていました。
    不安もある、止めようかと思った瞬間、真っ暗な道が白く浮かび上がりました。
    驚きました。その場には、真っ白な羽が何十本も落ちていて私を囲んでいたのです。
    暗闇なのに、白い羽の絨毯で一面は明るく白い。
    そもそも普通に考えても、この街中。ふわふわとやわらかな羽が道路を埋め尽くすことなど、いったいどれほどあるでしょうか。
    何も迷わずに、それでいいのだと言われているのだと受取り、羽をお守りとして拾いました。

    私の”羽にまつわる話”はまだまだありますが、多すぎて日常的なので忘れてしまいました。
    その後も、なにかしらと、どうしようかと迷う時には羽がやってきます。
    私はそこからメッセージを受け取りながら、日々過ごしています。

    人は一人であり独りではない

    東京に着き、ホテルに向かう途中、ふと思い出し。
    真っ暗で道が分からない、困ったなぁ、と思った時に、ちょうど目の前に職質中の警察官発見。道を尋ねそのまま無事にホテル着。
    向こうはお仕事中でしたが、そこにいてくれて助かりました。

    助けられながら生きていると、当たり前に思って過ごしてしまいますが、当たり前は当たり前ではない。
    直感を活かして生きているとなにかしら引寄せの法則ができるのでしょうが、人は誰しも守られて生きているのだと思います。
    日々を辛いと思ってお過ごしの方も、ほんの少し目線を変えてみてください。あなたの苦しみが幸せへと反転するかもしれません。

    今朝の出来事。
    先日お会いした方の著書を手に取り(この本を私は読んだほうが良いんだろうなぁ)と思った瞬間、右耳にキーンと高音が鳴りました。読んだほうがいいらしい。
    (そうなんだ、)と思ったら、音は止みました。
    高次の知らせは分かりやすい。音が鳴るだけで言葉はないですけれど、道しるべになります。
    ちなみに預言と占いの違いの項目を参考にさせていただこうと思い購入しました。何かあれば連絡をしてねとも仰っていただき、ありがたく。
    道は訪れを待つものではなく、自ら歩んで行くのが近道です。

    引き寄せは便利です

    出かけた先で、あぁこれも引き寄せだったなぁ、と思う会話がありました。
    パッと閃いた時に、ちょうど必要な情報がやってきます。
    私はほぼほぼ、引寄せ(直感)で生きています。目覚めた数秒後にメールが着信(何かがやって来る)というもそのひとつ。
    皆さんも直感を活かして過ごしてみてください。楽しいですよ。

    1月末のことです。
    2月に東京に行くので、前々から気になっていた東京のある場所を思い出し検索したら、なんと!その店舗の方が2月に宮崎に来られると知りまして、お会いしてきました。
    宮崎に来られるのも年に数回とのことで、まさにどんぴしゃ。お会いできラッキーでした。私の東京のスケジュールは毎回密ですから、なおさらこの引寄せには感謝。

    プチ引寄せ。
    歯ブラシをどこかで落としてしまい、(歯磨きしたいけど困った〜)と思って入ったお店のトイレに
    なんと!!
    TAKE FREEの歯ブラシが… (ありがたくいただきました)
    お店は飲食店でもネットカフェでもありません。謎の歯ブラシでした。
    最近では大阪に行った際、ウィルス問題でマスクが売切れ。何件も回りましたが何処に行ってもありませんでした。
    諦めて、ホテルにチェックイン。
    するとなんと!マスクを無料配布されていました。(ありがたくいただきました)
    そんなこんなで、毎日タイムリーに助けられて過ごしています。

    他県に伺った際のことです。なぜか久しぶりに占いをしたいと思ったら、ちょうど私が来ていたのを見つけてやって来たという方も…
    それも引寄せですね。必要な時に引寄せられる。
    私が宮崎で占い師の道を歩むことになったのも、引寄せのミラクルが一気に押し寄せてきました。それはまた別の機会に記しますね。

    スピリチュアルっておもしろいですよ。
    皆さんもぜひ、日々の出来事に目を向けてみてください。

    明日から東京です。
    写真と違うとよく言われます。中身は同じです。
    よろしくお願いいたします。

    未来夢日記

    バレンタインデー。
    皆さんは誰かにプレゼントなさいましたか?
    私のバレンタイン。過去に人生イチ宇宙イチ、大切な人にあげたのはコンビニで買った20円の駄菓子チョコ一粒。
    特別だとは本人も分からないでしょうね。
    知らないまま、一生を終えるんでしょう。
    「美味しいけど…美味しいけど…コレ?!」と言われたり「こんなの要らない!!!」と投げ飛ばされたこともありました。
    手作りしたこともあったけれど、それを渡すのも抵抗があり他の人にあげたし
    手編みのマフラーをあげたこともありました。彼が首に巻いて「手編み〜!手編み〜!」と喜んでるところ
    「返して」
    回収前の、硬直した彼の顔は今でも忘れられません。
    皆さんは、素直に気持ちを伝えてくださいね。

    さて。見えない知らせも様々です。
    例えば夢。
    夢日記をつけるのも良いですよ。

    私の《今の自分》を予知する夢は、何年も前から見ていました。

    数年前のある夢で、私は何十メートルもある巨大なピラミッドの上にいました。私のいる場所はちょっとした広場(部屋)になっていて、下を見下ろすと、大勢の人が並んで上を見上げ、私が何か言うのを待っていらした。
    夢の中の私は、自分がすべきことは分かっていましたが
    すると、空から私めがけて爆撃が!
    爆弾投下されるのを私は、軽々とひょいひょいと飛び回って交わし、ピラミッド内部へ。内部は空洞となっており、泉のように綺麗な砂がさらさらと流れていました。

    目が覚めて、自分は何かを伝えて行くのかなと思いながらもそのままに。その夢の後も、一心に祈りを捧げていたり、自分が変化するといった、似た夢を何度か見てもいましたが、どんな報せを受けても、私がいよいよ何にもしないので周り(見えない導き)から動き始めての今。ようやく占い師になりました。

    もっと早くにこのような道を選んでいたらよかったなと思います。皆さんの幸せを願えるようになった今、まさにそのことを痛感。
    自分の置かれている物事の流れ。
    占いを通してお役に立てればと思います。

    皆さんも、夢に何か意味があるのかな?と思ったら早々に行動なさってみてくださいね。きっと良い導きになりますよ。

    理科の実験

    少し前に、動く水晶の丸玉と出会い「水晶を占術に取り入れては?」とのご助言をいただき、再び見に行ってきました。

    事の発端は、たまたま立ち寄ったパワーストーンコーナー。その場を過ぎ去ろうとしたら、通り過ぎたケースの中の水晶がゆらゆらと動いていたのです。[参照コラム 揺れる影]
    なぜ動くのか⁉︎ まざまざと観察。
    最初は一つの水晶が揺れていて、そのうち、そのケースの中にあった全部がゆらゆらと動き始めたので、水晶の丸玉に興味津々です。
    店につき、目的の水晶に直行しましたが、今日は動いていない。
    前回の私はしばらく石のコーナーの中を歩いて、その後、水晶の動きに気づきましたから、私がその空間にいる間に何かが共鳴反応したのかな?などと考えもし
    (しばらく見てたら動くんだろぅー)と思って、ジッと見ていましたけど、時間もかかるし動きもゆるい。
    私は、動くという前提で見に行ってますので、動かなければ (なんで動かないのだ⁉︎⁉︎ )と思います。
    動くにはどうしたらいいのか?喋りかけたら良いのか…念ずるか…念じて動くのならそれは水晶の意思ではない
    いや、普通は動かない…?でも動くし?
    どっちか分かりませんね。

    私は「水晶と喋れるのでは?」と言われたので素直に、喋るのかな?と思って見ていますが、どういう風に反応する(喋る)のか分からない。
    見つめ合う水晶と私。
    (動いたら動画撮ろう〜)と思って、ワクワク待ち構えてますけど、動きが鈍い。
    微かに動き始めてはいるけど、私の求める動きではない。寝ぼけている。
    (もっと動かないのかなぁ〜)と思って、ジッと見てるのも飽きてきました。
    その水晶の近くにある別の水晶は元気に動いている。
    (これくらい動けばいいのに!)と眺めて、ふと、気になる元の水晶を見てみたら…
    大きく動いている!
    元気に動く動画を撮ろうとすると、おとなしくなる。
    おとなしいから、また先程の普通に揺れる水晶を見る。
    チラと元の水晶を見る。すると、元気に動いている‼︎‼︎
    (繰り返し)

    コントですか…

    何をしに行ったか思い出しました。
    水晶に何が見えるのか、確かめたかったのです。使い方が分からなければ手に入れても仕方がない。
    ジッと見てたら、クラックの虹が次第にキラキラしてきたような…
    なので、そうかそうか!
    別の水晶を見て、また試すとキラキラ。
    返事してるのなら良いですが、単に浄化でキラキラしてる??
    完全透明の水晶は、透明なのでよく分かりませんでした。
    ヒントをもらった気もしますが、謎ですね。

    そもそも、お目当だった水晶が今日の反応は鈍いし、見ていない時に動くので物足りない。
    気を取り直して "連れて帰るならどの水晶か" とペンデュラムに尋ねると
    動きが今日イチバン元気な水晶が、私と相性良く、力を引き出すとのことでした。
    ですが、持ち上げたら…
    相当重い…‼︎
    ボーリング玉ほどのサイズですし、確実に何キロかはあったので、持ち帰るのもしんどいし諦めました。

    他に、小さめの水晶があるとのことで、そちらも鑑賞。
    サイズは片手に乗るほどで直径5〜10cm。
    10数個の丸玉水晶。
    選択肢が多すぎる… 迷います。

    その中で、勧められた石をよく見ようと手を伸ばしたら
    「動いてます‼︎」(店員さんの声)
    見ると、元気に何個か動き出していました。
    おいおい、お前たち…‼︎

    小さい分だけ軽いからか動きが活発。台座の上で円を描いてブワンブワン動いています。勢いついたら飛び出そう。
    動きすぎ!
    そのまま見ていたら、全部動き出すのは目に見えてましたし、そもそも一斉に動かれたら選ぶに選べない。
    単に喜んで動いていたのか、連れて帰ってほしいのか…
    その子たちが仕事道具になるのか、単に私に着いてきたいのか?
    軽いと動きやすいのは当然ですが、そうすると何キロかある重い水晶が動くだけのエネルギーも気になる…
    決めきれずそのまま帰ってきました。

    ちっちゃいのが持ち運べるし、動くの早そうだし程良いかなぁと思案中。とはいえ、購入してウントモスントモ言わなかったら意気消沈。
    そもそも使い方もよく分かっていないので、のんびりと探します。

    後編]守られて。感謝のリレー

    そんなある日の私。
    (んー?また何かやられるな!その前に警察に行くか〜)
    と、閃き、交番へ。
    …交番に入ったちょうどその時、その女が私を通報している真っ最中。
    愚かですね。
    通報されている内容詳細をその場で聞き、警官が女からの通報電話を切った瞬間
    「それ、私のことですけどこちらが迷惑なんです。そんな人間にどう対処したらいいですか?」
    逆に被害相談して帰ってきました。

    本人の私がその場で話をし、どちらがおかしいか警察官数人に相談、同意を得、女性の方が【要注意人物】としてその件は終わりました。

    世の中の言葉で言えば単なる直感ですけれど、守られていたなぁと。
    ありがたいことです。
    この日も直感(と言う名の、見えない知らせ)で交番に行かなければ、私は言われもないことで犯罪者にされていました。
    ちなみにその女性は、元いた従業員に嫌がらせをして挙句、乗っ取ったお店がありますが、そういう人間のいる店です。
    行く末どうなるか。
    言わずとも分かりますよね。
    どんな生き方も自由ですが、あなたならどういう生き方を望みますか?
    できることなら不器用でもいい、真っ当に生きること。
    不器用だからこそうまくいかないとしても、その在り方は美しいと思います。それでお腹は一杯にはなりませんけど、かっこよく生きましょうね。キラリ!

    さて。
    これは極端な"見えない知らせ"の例えでしたが
    あなたを守る存在ですから、常日頃、あなたを危険から回避させたり、辛い状況から救い出すために頑張ってくださっています。
    目に見える人への感謝と同じです。
    目に見えないだけです。
    目に見えないものへも、ありがとうを。
    伝えることで、喜ばれますよ。
    ますますあなたを守ってくださいます。

    前編]守られて。感謝のリレー

    こういう事象はどういうことなのか、とお尋ねをいただくことがあります。
    「あなたの守護がそうやって導いてくださったようだ」とお答えすることが数件ありました。
    私たちは日常、見えない守りがあるとしても目に見えませんからね。不思議な導きがあっても何気なく見過ごしてしまうかと思います。不思議な出来事を信じない人もいらっしゃるでしょうし、説明のつくものでもありませんので半信半疑にお聞きください。
    よろしければ、あなたを護っている見えない存在へも、感謝の思いをお持ちになってお過ごし下さい。

    あなたは人から親切にして貰えば、どうしますか?
    多くの方は、お相手に「ありがとう」と仰るかと思います。
    人間でも、ありがとうと言われれば嬉しいものですし、どなたかからの感謝の気持ちをいただいて、さらにまた親切にしたい、優しくしたいという思いが湧いてくるかと思います。
    損得感情ではない、自然に湧いてくるもの。
    あたたかな心が繋いで行く”感謝のリレー”です。

    見えない世界に置き換えてみましょう。
    私は不思議な出来事が日常的に起こるので、その不思議な出来事を紐解いてみたり、暗示るものをそのままヒントにさせていただいて過ごしています。
    基本的に私は弱い人間です。ぎりぎりまで追い詰められる事が多いですが (窮地も経験を深めるためにあると思って、良いことです。) どんな窮地であっても、最終的には守られています。
    最後は救いが来ると思ってかまけているのもいけませんが、最終的には救いが来るので(まぁ今がピンチでも良いか!やれるとこまで頑張ろう)となるわけです。
    諦めずに頑張ってその後、いよいよダメだ!と思った頃に、抜け出すためのヒントが来たり、外部からの救いが来て状況が好転します。

    数年前「貴女の守護は相当強い、感謝しなさい」と言われたことがありました。その頃はその意味をよく理解していませんでしたが、守られている、それを痛感します。

    現実的な例で、何年もに渡って私を貶めようとしている女性がいるわけですが、一年前には、偽の情報を捏造して警察に通報するという卑劣な行いを頻繁にされていました。
    偽の情報というのも、その女の別の通報で私が警察に尋問されていた最中、偶然 (と言う名の必然ですね。守られていました。)その女が警察に
    私が某店に《不法侵入した》!!とまで言っていると知りました。
    なんと!
    いつの間にか知らないところで私は次から次へと犯罪者。
    そうは言っても私はそんなことをしていないので
    「え?幻覚を見たの !?? 知らない。私?誰それは!!‼︎ 」
    私の言葉に警察もびっくり。私もびっくり。
    「話が違うぞ⁈ 」となりまして、そこから女の嘘が露見。
    こちらの話を聞かず女の言い分だけで簡単に騙されるなよ…という冷ややかな気持ちはさておき
    その助け舟がなければ、私は拘束され続け、犯罪者として念書を書かせられていましたし、どうなっていたでしょうね。
    私だから乗り越えられて良かったようなものの、普通の人が巻き込まれなくて幸いです。

    警察には丁重に、家まで送ると言ってもらいましたが、お断りして徒歩で帰りました。



    つづく

    夢の話*手相占い師の御一行

    時折、手相を見て欲しいという方がいらっしゃいます。
    私の手相は特殊らしく、見る方々に「こんな手相は見た事がない」中には「写真に撮りたい」と言われたり、よく分からないとも言われます。
    10年程前にもとても興味深いと言われて、そのままになっていたことも気になります。
    ずーっと以前に
    「貴女はどんな生き方をしてきたの?!元々はか弱い(線)はずなのに…(ここから忘れました)」
    普通に暮らしていたら、お嬢様暮らしをしていたのかな。そうして今に至ります。

    実際どうなんでしょうね。
    手相は変わりますし、逆境など乗り越えて、強くたくましく生きて行きたいものです。
    道を自分で拓くのもおもしろいですよ。
    さて。

    こんなことを書くのも、先程、朝の用意でフッと手を見たら、見事な星紋が目に飛び込んで来ました。
    星というより、ブラックホール?渦です。可愛くありません。
    (星紋というのは、お客様が教えてくださって名前を覚えました。)
    成長した!?
    今日のさっきの瞬間まで、さほど気にしていませんでした。

    手相見て欲しい人が多いなぁと思いつつの、ここ数日。
    は!ッと思い出し。
    今朝の夢は、広い白い部屋。夢の中で私は鑑定していました。
    そこに、ある団体がやってきました。その団体様は手相占い師の御一行でした。2〜30人いたかな?
    私はその中の一人のおじさんに、手相を見にいらっしゃいとお声かけられました。

    正直その団体様は、しっちゃかめっちゃかどやどやと宴会のようにやって来て騒いでいたので、お客様ではありません。
    (夢の中の)別の先生が、迷惑な人たちがやって来ていると連絡して、皆さまお帰りになりました。

    手相も奥深そうですね。
    星紋ですが、調べてみました。
    微妙な位置にあります。
    太陽線の下あたりにあるようなないような、結婚線に乗っているような…。もう少しズレてくれれば、明確に結婚線に行くのです。
    ズレろ!!!!
    移動するかな?

    水晶コロコロ

    私には占いに使用しているペンジュラムたちがいますが、それぞれ毎日頑張ってくれています。
    その中で最近は、水晶を使ったペンジュラムが主に活躍。
    この水晶は、性格がはっきりしているのでcoolでドライなイメージ。

    今日はふと(浄化してあげなきゃいけないなぁ…)と思い立ち、手のひらに乗せてみました。
    私の手のひらは、パワーを発しているらしいので、浄化にパワーを浴びせようと閃いたわけですが、普段、エネルギーを送ることに使ってはいますけど、発してみることはしても浄化には使っていません。
    元気になるかなぁ?と半信半疑…
    手のひらエネルギーの中心に乗せてコロコロ。
    語りかけてみよう〜と思って、元気になれよ〜と眺めてみる。
    (そういえば、彼自作のペンダントを、諸事情で浄化してもらったら、色がきらきらと綺麗に変わりました ※この話はまたそのうちに)

    そうしていると
    ???
    水晶ですので、無色透明。
    心なしか、澄んだ虹が入りました。
    かわいい!
    水晶の中にあるクラック部分が、キラキラ虹色。輝き増し。
    満足です。
    みなさんもお手持ちのパワーストーン、浄化してみてください。
    元気になりますよ。

    不思議な出来事

    "導かれる"ということ。
    皆さんがそこに気づくか否か。
    目を向けることで、きっと豊かな毎日なるかと思います。
    日常生活の中では、ゆったりと気にしてる間もないかもしれませんし、受け流して過ごしてしまうことがほとんどでしょう。ですが、ほんの少しだけ、心傾けてみてください。
    貴女を守る見えないものからのメッセージかもしれませんよ。

    こんなお話をするのも「不思議なことが起こった」とご連絡いただき、しみじみと 導きへの感謝を振り返りました。
    直感を大切にして行くと、あなたの幸せに繋がるヒントが見えてきます。
    何故かしらうきうきする時、そわそわする時には、良い知らせ。
    "ピンときて、その直後に電話が入った" などは分かりやすいメッセージのキャッチですね。
    (なにかあるのでは?)と感じるその時には思い切って行動してみるのも良いです。きっと何かをキャッチするでしょう。

    直感といえば、私は普段宝クジは買いませんが、ふと何故か突然、(買おう!)と思って買ってみましたら、そちらは当たりまして、その後に、特に直感でもなく欲を出して買った分は、ハズレました。
    バランス取れてますね。
    "欲" を出すことに対する戒めもらった感じ。学びました。
    自然な気持ちで、毎日を豊かに過ごして行きましょうね。

    続]とある街角 彼とわたし

    1月。年が明けましたね。
    自分の身に、たび重ねて起きることには、自分へのメッセージとしてヒントにしています。
    皆さんの生活においても一見偶然のようで、見えない知らせがやってきているかもしれません。日常の出来事に、どんなメッセージが潜んでいるのか考えてみるのもよいですよ。
    あなたを守るものからの知らせかもしれません。

    彼との縁をどう受け止めようかと思いながら、“マチネの終わりに”を飛ばし読みました。P300 経

    午後。私はある店に行こうと思い訪れましたが、そこは私の波長にあっていないと言われて思い返し、代わりに思いついた別の店へ向かいました。
    そのお店は昨年末、偶然見つけました。見つけたもののその時は年末、夜遅い時間でしたから開いておらず。
    この一年で何度となく訪れた建物の中にあったことに今頃気づくのも、必要に応じて時は満ち訪れたことのようでした。

    ✴︎
    思い起こせば、数年前。
    移転前のこのお店にも'引寄せ'で辿り着きました。あの時もふと思いつき、ネットで検索。その店の名が出てきましたが 、情報は店の噂だけ。住所は出て来ず…!おいおい!そこが大事なのに!
    …と、場所が分からないので諦めたその時、ふと右を見たら道路向かいにありました。看板はありませんでした。
    なるべくしてあったこの流れに (ここに行けということだ…!)と思ったのを、今思い出しました。
    見えない知らせはこうしてやってきます。便利です。
    ✴︎
    さて。思いついて行ってみたもののそこは予約制で、今日は満席ですと、断られてしまいました。
    (後から思えばここまでの経緯も、これから起こることの伏線だったようです。)
    仕方ないのでそのまま建物の外に出て、そのまましばらく左に歩いたのですが… しかしなぜか私は立ち止まり、なぜか後ろを振り向きました。
    目に飛び込んできたのは、小汚いみすぼらしい姿の男。
    彼でした。

    ぎょっとしながらも、私は、私の姿を見たら何を思うんだろう?と思ったからか、ちょうど前日に、もう二度と会うことはないと決めたからか、分かりませんけど、ありのままを見ようと私はその場に立ち止まって彼の姿を見ていました。

    知人にその話をしたところ、彼は私に気づいていたのかと問われました。
    どうでしょうね。どんな人混みでも私を見つけられると豪語する人です。[コラム とある街角 彼とわたし]
    私の周りには誰もいませんでしたし、閑散とした道。振り向いたら彼が大袈裟に動いているのが見えました。挙動不審です。
    その後の動き含めて、気づいていたのかと。
    そもそも、私がなぜか後ろを振り返ったことからして意味があります。思念のキャッチか見えない知らせか

    私たちの距離はほどほどに離れていました。
    にも関わらず、私は振り向いた直後、彼の声が数メートルしか離れていない距離にいるかのように聞こえました。
    声が聞こえたので、離れているけど近かった?と思っていましたが、よくよく考えたらどうも近くもない。
    ちょうど昨日、彼との間に起きた霊聴のようなもののコラムを途中まで書いていたのを思いだし。
    彼の意識が声になり、近くに飛んできたのかもですね。

    そういう日常を過ごしています。
    元気そうだった、という安堵感より、小汚かった… ホントいや!
    ちょうど昨日の私は、彼ともう二度と会わないと決意を固めていました。
    そういう決意をした翌日は、必ず彼に会うのです。
    別れの最後の挨拶なのか、離れたらだめだという知らせなのか、単なる嫌がらせなのか判断困ります。

    少し前にも、会いたがっていたよ、会いたい会いたいと言っていたと言われて、いろいろ考えますが真相はどうでしょうね。

    2020. 人を想うこと〜原点〜

    2020.初まりました。
    この寒さもいまだからこそ感じられるもの。
    時折、ただ静かに季節を感じるように過ごしてみる。そんななんでもない時間を持つと、日頃気づいていないことに気付けるかもしれません。お試しください。

    皆さん、素直になれずに思い悩むこともあるかと思います。
    本当の気持ちと裏腹な行動を取ってしまうのは男女問わず、誰にでもあることです。
    ですが、あなたは大切な人といつまでも一緒に過ごせるとお考えですか?
    明日また会える、いつまでも変わらない。それは誰にも約束できないことです。
    お互いに生きていればまだ良いですね。
    離れ離れになったとしてもいつかまた会える、元気でいてくれさえしたら再会する日はきっとくるでしょう。
    ですがそうではなく、もしも明日、その大切な人がこの世からいなくなるとするなら?
    皆さんはどうしますか?

    きっと今この瞬間、その人を、素直な気持ちでちゃんと大切にするでしょう。
    素直な心を伝えられるでしょう。
    失ってからでは遅いのです。
    できるだけ素直な、ありのままの気持ちで過ごしましょうね。
    大切な人を大切だと伝えてゆく、そんな一年、そんな一生涯にしましょう。後悔のないように。
    もちろん、答えはひとつではありません。お互いが幸せである道は、別々の道であるかもしれません。ですがその道を選ぶ時、素直に想いを伝えられていたからこそ、お互いに前を向いて歩んで行けます。想いを尽くしたからこそ、相手の幸せを心から願えるのではないでしょうか。
    人を愛するということは、そういうことではないかと思います。
    皆さんの幸せを心から願っています。

    揺れる影

    コラム "太陽の石" の続きです。
    地下街だとどこにいるか分からないので、地上に出ました。すると地図を見て歩いていたはずが、元いた場所に。
    私はもともと方向音痴ですから、自分が方向を間違えていたとすんなり思い、気にせずに目の前にあった商店街の中を歩いて行きました。
    歩き続けて、店頭ワゴンに乗っていた、木で出来たクリスマスツリーに惹かれ雑貨屋さんにIN,
    可愛い雑貨屋さんと思いきや、中に入るなり浄化用のスマッジングに使う為のマニアックな品々や、私が欲しかったもの(欲しいけど名前が分からずそのままにしていた)があるではないですか!
    ワクワクです。引寄せパワー☆
    必要なものはやって来ます。

    そこにはパワーストーン専用のフロアもあり、興味津々。ウン万円クラスの高い石たちが並んでいました。
    サラリと一周見て回り、反対側のコーナーに行こうとしたらそちらは怖くて入れません、
    私には合わない気を感じたので、慌てて浄化を求めて石のコーナーに戻る。

    そうして水晶の丸玉の前を通った際に
    (水晶にはどんなものが見えるのかな〜私には分からないな〜)と思いながら、通り過ぎようとしたその時、
    ユラユラ… と
    ん?
    水晶が動いています。
    水晶の影もゆらゆら…ゆらゆら…
    水晶を通り越して向こうに見える模様も動いています。
    私の目にはコンタクトが入っておらず、ボヤけていますが、どうやらきっと動いている。
    水晶の乗っている台座が不安定なのか、建物の上にあるので地上の揺れが伝わって来ているのか、、
    いろいろ考えましたが、分かりませんので、店員さんを呼ぶ。
    「私の幻覚ですかね」
    「いえ、動いています」
    そのうち、他の水晶も動き始めました。
    うーん… 何に反応しているのか
    コレを買ったら良いのか?
    値段を伺ったら、ウンビャクマン!!
    買えませんね。
    買えないけど、水晶はずっと動いているので興味津々。
    しかし何が言いたいのか分かりません。
    よくよく考えたら私はペンデュラムを使いますし、動くことに驚くことでもないんですけどね。
    ですが、一体何に反応して動いているのか…
    触って良いと仰っていただいたので、触るとじゅわわわわ と感じた気もしたけれど、ゆっくり確かめること訳にもいかず
    真相は謎です。
    その水晶に(サヨナラ〜!)っと思って帰る準備を始めたら
    カタカタカタ!
    ぎょっ!
    明らかに音を立てました。
    なんだ!なんなのだ!
    水晶も(サヨナラ〜)っと言ってくれたのかな?

    その店を出てすぐに、商店街から出ようと思い、大通りへ。するとその方角は駅とは真反対…間違えている事に気づき、方向転換!
    この事がなければ間違いなくそのエリアには行きませんでした。間違いに気づいたタイミングからしても、その店(水晶)に呼ばれたみたいですね。

    水晶占いってなんだろう? 何が見えるんだろう??と思っていたヒントはもらいました。
    いつか丸玉買って遊ぼう〜
    サヨナラ水晶!また遊びに行こう〜

    太陽の石 不思議な話みたいなもの

    石に縁のある一日でした。
    せっかくだから見知らぬ道を歩きたい。
    地下街を通って、駅に向かおうとしていました。

    最近目が悪くなってきて、視界はボヤけてよく見えません。ふと目に入った店頭に出されていたブーツに惹かれて、よく見ようと近寄りました。
    するとそのブーツの横に、水晶を使った風変わりな手作りのアクセサリーがあったので、店の中にも入ることにしました。
    ムーンストーンが入り混じった石を選んでいたら、店員さんが他にも持ってこられ。
    名を尋ねたら "ブラッドストーン"
    "キリストの血"というキーワードで興味湧いたのですけど、持ってこられた石は見た目は全然、緑Onlyの石。キリストの血(斑点)はどこにあるのか分かりません。(どこに血があるのだろう…)と思いつつ、ペンデュラム に聞くと(連れて帰るように〜)ということで、何百円でしたし深く考えずに購入。

    先程 石の意味を調べてみたら
    【heliotrope:太陽を呼び戻す石】
    なぜ連れて帰るようにと言われたか納得。
    太陽は、私が彼に伝えた彼の象徴(イメージ)でした。
    人を傷つける、寄せ付けないのが自分だと言うので、本当の貴方は優しい人だと。太陽だよと伝えました。今でもそう思って過ごしています。

    今回のキーワードの "キリスト" は私を引き寄せる為の入り口で、本当は、太陽のメッセージを伝えたかったみたいですね。
    彼は今、側から見て良くない場所にいます。
    側から見て危険でも、本人がそこに満足していれば何もできない。
    引き戻すにもどうにもならない、彼がそこにいる事を選んだのだから仕方ない、そう諦めた矢先のことでした。

    そういえばこの旅に出る直前に、お友達に彼との出来事(過去の不思議な縁)をしていたら、その話をしていた相手のブレスレット(パワーストーン)が突然、千切れたのです。
    びっくり!! シーン…
    何か来たぞ… (と思う私たち)
    沈黙… (会話を選ぶ)

    会話は、彼に張り付いている良くない念(禍々しい念を飛ばし、現実にも様々な人の災いとなっている女の話) の話も交えていたので、私は (また来たのか…)と思いますね。
    (※ここから、女の念にまつわることを追記で書いていたら突然 画面が真っ暗に、、そんなことは普段ないですからね、、何度も真っ暗になるので割愛。やはり危険なんでしょう…)

    ブレスの持ち主の方の感覚では、「彼が(私に)気づいてと言ってきた」と仰いましたが、真相は謎! 普段から彼も、何かあれば私に念を飛ばしてくるので、仮に何かが来たとするなら彼か女か…うーん???
    その前々日から、私の身の回りで彼に繋がる異変が起こっていたので、おそらく彼に何かあってのこととは思いますけどね、
    "太陽を呼び戻す石" イコール、"呼び戻しなさい"ということでしょうけど、さて。
    彼が自分で気づかないと。

    生きて、生きて、生きようね。
    死ぬな。
    いつもそう願っている。
    日々、ドラマチック。
    そんなものです。

    ……………………
    ※追記※
    宮崎に帰って来て、ペンデュラムにこれはブラッドストーンなのか?尋ねても「そうです」と言います。
    "そうです" と言われても、深い緑です。
    疑いの気持ち半分。
    よくよく目を凝らして見たら
    チョモッと微かに、1mmになるかならないかの赤い斑点が…!! (発見
    石を見る楽しみも見つけました。笑

    ポジティブシンキング

    私の作業場は、いろんな霊感のある人(お祓いを本職にされている方含め)に、浄化が必要だと言われていた場所です。浄化といっても、通常の祈祷でもなく、まぁまぁ本気でやるレベルみたいでした。
    (詳細割愛)
    ですが私はそこが好きで、皆さんに反対や心配されるのを気にもせずにその場所を選びました。
    最初はそこに入ると、ズーンと重苦しかったり、その他あまりよろしくない症状がありました。心配の声を聞いたので、そこに意識を集中するからかも知れません。(何が吹き溜まってるんだヨゥー)と少々ブルーな気持ちにもなりつつ…気が流れて閉じ込められた物が解放されると良いなぁ〜
    私がそこと決めたのは何か意味があるのです。
    経緯を振り返れば、私に(ここに来るように)と引き寄せられての事だとは薄っすら分かっていたので、皆さんの心配は、右の耳から左の耳へ。
    ポジティブシンキング。
    (浄化が必要なら、私がそこにいることで浄化されるんだろぅ〜♪)

    お気楽です。
    浄化に塩を使うのと似たようなもので、私が浄化の塩になれば良いですね。ヒーリングの応用?
    その発想も、皆さんが「私といるだけで癒される」と仰るお声で思いつきました。ありがとうございます。
    空間が病んでいるなら、空間を癒してあげれば良い。

    その後どうやらあっさりと、居心地良い空間に変わりました。そこにいることがとても落ち着くし、ずっとそこにいたくもあります。

    そうして平和に過ごしていた先日、チリンチリンと微かな音が…
    気のせいかな、と思っても、再びチリンチリン………チリンチリン……
    くらっと目眩もするではないですか‼︎
    音の元は、間違いなく、空間を浄化する意も込めて吊るしていた鈴の音です。
    私の他には誰もいません…
    怖い!!普通に怖い!!
    先日、牡丹灯籠を観たのでなおさら怖い
    ティンシャを鳴らしまくって、逃げるように退散。

    地震でした。
    柳の幽霊ですね。びっくりした!

    世の中、よろしくないところによろしくないものが吸い寄せられ、負にとって居心地良い負の巣窟になって、さらに負を呼び寄せるというパターンもありますからね。
    居心地良さの種類が、なんにとって居心地良いのか、見極めが大切です。真の癒しなのか、禍々しいものなのか。なぜか近寄りたくない、居心地悪いと感じるなら、その直感、違和感を信じ、そっと離れましょう。
    心が楽になり状況が好転するのであれば、その場をあなたのパワースポットにしましょう。

    霊感ある方の感想が「以前に感じたものと違う、場が良くなってる」というようなことを仰ったので、良かった良かった。一件落着。
    私がずっとそこにいたいと思うのは、その場の主の呪縛なのかなぁ?とも思いますが、楽しく過ごしているので結果オーライ!
    自然と幸せな気持ちが沸き起こるので、その場に御礼も言います。側から見れば独り言ですけどね、感謝の意を。

    何気無い瞬間にも「ありがとう」を言える毎日を。皆様もお過ごしくださいね。幸せは連鎖してゆきます。
    あなたに喜びを運びます。

    星に願いを

    12月も後半。
    大阪*アメ村店を経て、東京*渋谷店に来ています。
    人の多いエネルギッシュな街です。
    とにかく人が多い!街を彷徨うにも、他の人と歩調合わせて前に進みますし、真っ直ぐ猛ダッシュでは走れないことも、私には新鮮です。
    出遅れると人の波に飲まれてしまうので、スクランブル交差点を先頭切って、ダッシュで対岸へ。
    朝、渋谷に向かうため地下鉄に乗ったはずなのに、降りたらデパートの中に出てビックリ。
    地上に上がるつもりでいましたが、地上に降りて外に出て来ました。
    まさに迷路。ジャングルですね。

    この人混みを目にするたびに、
    こんなに人が多くて距離も近い。近いはずなのに、どこか寂しさを感じもする。どれほどの人がお悩みを抱えて過ごしてあるのかと、思い馳せます。
    寂しさから解放され心が安らぐよう、皆さんの幸せを心から願います。

    さて。東京に来るといつも思い出すのが、"巡り会う"ことの奇跡。
    九州と北海道、別れて離れ離れになってしまった二人が、この雑踏の街の中でばったりと再会し、そうして再び、一緒に歩み始めたという実話です。
    ほんの少し時間がずれてしまえば、そのお二人は二度と会うこともなかったでしょうね。
    "縁がある"とはそんな不思議な出来事も含めての、巡り合わせです。
    よく、"直感を信じる"と言いますけれど、自分の中に湧いた閃きというより、"見えない知らせを受け取る"と考えるのも良いですよ。あなたを守るものからのメッセージに、アンテナを開いて受け取りましょうね。

    とある街角 彼とわたし

    12月。すっかり寒くなりました。
    皆さんからいただくお手紙は、大事に読ませていただいています。ありがとうございます。

    何を書こうかと考えあぐねていたら「妖精のことを書いては?!」と言われましたが、残念ながら私は分かりません…笑 知人の妹さんは妖精が見えるそうで、妖精の研究にも手を貸してあるのだとか。素敵ですね。

    日常のとりとめない出来事を、つらつらと書き綴ろうと思います。

    先日、深夜の街を歩いていたところ、ふと、違和感を感じました。何気にそちらを見てみると、私の大切にしている人がそこにいました。
    店内で、彼が身振り手振り楽しそうに話しているのが見えまして、私はそのお店の存在は知っていましたけど、それまで特に中を覗くこともなく、素通りしていたお店でした。
    彼の気配に気づかなければ、いつそのお店に目を止めたかも分かりません。
    そこには何人も人がいましたが、彼だけ分かりました。そもそもそんな所にいること自体が違和感だったのかな。
    不思議な気持ちでその場を後にしました。

    翌日、スピリチュアルな人が集まるお店でたまたま、“人は人の気配を感じるもの” ”気を発している“ そんな話が出ました。
    そこで、あぁそうか、と。
    私は彼の発する特別な “気”を感じ取ったんでしょうね。

    彼は彼で「どんな人混みでも(私を)見つけられる」と言うような人でした。
    彼は、数十メートル離れているような街中でも私を発見します。何百人と人がいてもあっさり見つけるし、なんの約束もしていない深夜の渋谷。ごった返すスクランブル交差点で、私を見つけて目の前に現れるくらいです。
    私は、人混みの中に挙動不審な男がいるので、後から彼を発見するわけです。(挙動不審だから見つけているので、これは“気”、以前の話ですけどね…)
    気配(違和感)を感じて、振り向けば彼がいたりと。そういうところは、察する側の私にとっては便利は便利です。

    ある時彼は、私に
    「お前はどんな人混みでも見つけられる!!」と言いました。
    ここまでなら良いですね。素敵ですね。ドラマみたいです。
    そこから
    「お前は光っていて」
    「気持ち悪い!!!!!!」
    【気持ち悪い】は余計な一言です。ひどいです。

    彼が言う “光っている私”の "光" は、私の”気“かもしれないし、彼はオーラが見えたのかなぁ?と最近は思います。
    私が感じ取る話をしていたら「自分もそうだよ!同じ!」と言うような、とても繊細な人でしたし、時々私の声を聞いたりもしていたそうです。詳しく聞いてないので、話半分。(何を言っていたのかは知りません。お小言でしょうね。)
    私は私で、彼の心の声を聞いていたので、彼は彼で何か聞いていたのかな?そうかもなぁという感じ。


    ある霊能師の先生に「彼の方が君より霊感があるよ」と言われたことがあります。
    (へぇー。)
    っと思って、その話はそこで終わりましたが、彼の話していたことと照らし合わせると思い当たることはありますね。
    真実は定かではないです。

    私は彼との間に起こるスピリチュアルな出来事にも馴染んで当たり前に過ごしていますが、彼はよく分かっていない人なので、何かあるとぎゃーぎゃー文句を言ってました。
    私はそんな彼が、幸せに生きていてくれたら良いなぁと、いつも願っています。
    ちゃんと縁があればまた何処で、私を見つけてくれるんでしょうね。

    祈りは、日常のほんの僅かな隙間でも良いのです。
    みなさんも大切な人が穏やかに過ごせるよう、その人の幸せを祈ってみましょうね。

    旅も終えて*御礼

    東京、横浜、名古屋に続いて、大阪、福岡、ありがとうございました。
    前回の旅でお会いした方が、県を跨いでお見えになったり、九州の方が関西で、など!
    自分がどこにいるか、一瞬考えました。。
    まさにサプライズ。
    今回は約2週間、各地を旅しましたが、ご相談者様が私の旅の工程もご存知で、旅の安否をお気遣いいただいたり。嬉しいお心遣いでした。ありがとうございました。人と人との繋がりが希薄なご時世です。優しさにほっとしますね。

    皆さんとの出会いで、自分自身も学ばせていただくことが多々ありました。
    旅の最終日には、私のお師匠さんと言える先生にご挨拶にゆき、現状報告をさせていただきました。
    実際に私が占いの道を歩むことを決めたのは今年ですが、この先生が数年前「占い師の道を歩んでみては?」と仰ってくださったことが発端で、私の“今”があります。
    ご縁あって心から感謝しています。

    各地で次回のスケジュールもお尋ねいただきまして、まだ日程は未定ですが、皆さんに良い毎日が訪れるよう、心から願っています。
    どこでもドアが欲しいです。

    明日は宮崎です。
    半月ぶりに帰ります。地域の皆さんにお会いできるのも楽しみ。

    不思議な話 〜耳奥に

    時折、霊聴を調べています。
    千里眼に入って、今まで気づいていなかったこと。“見えない知らせ”は“音”からもやって来るんだなぁと知りました。

    旅の途中、泊ったホテルになぜかスピリチュアルの本が何冊もあり、手にとってみました。同じ著者の本だったので、よほどお好きな人が寄贈されたのか??
    (怪しい本かなぁ?)と思いながらも、祝詞が記してあったり、漫画で“良い引き寄せ”について解説してあったのでパラパラとめくってみました。
    “守護神”について書いてあったところに線が引いてあったので読んでみたところ、急に、私の左耳に“キーン”と高い音がしました。
    (んー?)
    普段、そんな耳鳴りがすることはありません。
    そういえば霊聴は、耳奥で音が鳴るともあったのを思い出しました。左耳、右耳、どちらに鳴るかでも意味があるらしい。(真相は分かりません。)
    左耳、高い音。調べまして、特に悪い意味でもなさそうなので良いメッセージとして受け取りました。

    霊聴というものがあるならば、その時読んでいた箇所が “大切だよ”という知らせなんでしょうね。いろいろ考えながら読んでいたので、“守護神”というキーワード以外忘れました… (私はだいたいそんな感じにポーッとしているので、忘れた時にはまた知らせがやってくるので大丈夫なんですけどね、なんだったかな、、)
    またその本を見つけて読んでみます。

    自分の身に起こった霊聴みたいな話はまた次回に。

    占いの旅*中間地点〜旅の仲間にアメジスト

    占い師の旅も、折返し地点に来ました。
    東京✴︎表参道店、横浜✴︎元町店、名古屋✴︎栄本店。
    ありがとうございました。

    初めましての方との出会いはもちろんありがたく、電話鑑定でご縁あった方が会いに来てくださったり、前回訪れた際にお会いした方が来てくださってびっくり!知ったお顔が現れたので(ここはどこだったかな⁉︎)と…!思いがけない旅の喜びをいただきました。ありがとうございました。
    ご相談をお聞きし、私はその方にお答えするためにあったんだな、と痛感する場面もありました。出会うべくして用意された導きですね。
    各地、伺うことができて良かったです。
    皆様のお役に立てたなら幸いです。

    旅の途中でアメジストの原石✴︎クラスターを手に入れました。可愛い仲間が増えました。
    上にペンデュラムを乗せてみたり、触れて、パワーあるのかな?と意識集中してみたり。ご機嫌です(^-^)
    その子たちは偶然通りかかった宝石店の店頭にありまして、自分は普段、宝石店に行くことはないですし、まさかそんなものがあるとは!
    普段は原石を置いていないとも聞き、まさに良い引き寄せ。詳細割愛しますが、すでにそうなるようになっている、用意された出会いです。

    ペンデュラム片手に真剣に選びました。
    店員さんも何をしてるのかと思っていたでしょうけど(笑)満足満足。
    こういうひっそりとした思い掛けない出会いが心地よく、落ち着きますね。

    今回の旅も早いもので残すところ、大阪、福岡となりました。間も無く宮崎に帰ります。良いご報告ができそうです。

    ルドラクシャday's*飛び出す占い師

    東京に着きました。
    10/4〜10/15まで、占い師の旅に出ます。
    東京に発つ前、宮崎店を出るとすぐに、日頃応援してくださっている街の人にお会いしましたので「半月ほど行ってきますね。月半ばに帰ってきます。」とお伝えしたら「行っておいで!(ちゃんと帰ってくるように)」と笑顔で見送られました。
    「タンミヤ見たよ!」とお声もかけられ、びっくり!

    そうなのです。
    今月、【タウンみやざき】様に、宮崎店の記事を掲載いただいております。(2019.10月号)
    取材ですので、どのくらいお答えしたら良いのかな?と考えていましたが「がっつりどうぞ!」とのことだったので「そうですか〜」と、楽しく本気でお答えしました。笑
    お近くの方は是非お手にお取りください。

    取材後しばらくして、取材担当者の方に街で偶然お会いしたりと、ほのぼの宮崎ライフ。
    人と人との繋がりに、ありがたいなと思う毎日です。良いご縁をいただき、この街をまたひとつ、好きになりました。

    さて。明日からいよいよ、東京✴︎表参道店 に伺います。
    皆様にとって良い時間となるよう願っています。

    新しい道具*プライベート用*浄化編

    新しい仲間を増やしました。
    ティンシャです。
    ティンシャはチベット仏教の法具として用いられているものです。私は空間の浄化や瞑想(精神統一)に使わせていただこうかなと。澄んだ音色がします。

    ふらりと入った雑貨店に、まさかのティンシャがありました。良い巡り会い。
    4つのティンシャ。
    デザインは、観音菩薩のマントラが2つ、八吉祥文様が2つあり、マントラを選びました。(ちなみに観音菩薩は慈悲の化身と言われています。)

    最初は音で選んでいましたが、ペンデュラムが勧めてくるティンシャをよくよく見るとマントラ。ペンデュラム勢(6つ)はどれもそのマントラ推し。確かに私の好みは真言が良い。

    音は本当に悩みます。
    共鳴する音がどこにどう感じるのか、それがどのような作用を起こすのか…
    それぞれが手作りですから、当然音が違う。響も違う。
    自分の感覚で選ぶものとペンデュラムが違うので、悩み、、悩み、、
    お店に3日通いました…笑…
    結論、”今、私に必要なものはどれか“と問うて、ペンデュラム勢(6つ)が皆一致団結のマントラを選択。(結局、最初から一貫してそのティンシャ推しでした。)
    音色は高く澄んでいて伸びがあります。
    無事に決定!
    波動波長がどうなのか、チャクラを考えるのか、自分のどこに共鳴しているのか、受ける感覚は好転反応なのかそのまま受けるのか…
    いろいろ悩みましたが、導きにお任せ。
    シンプル。
    良い出会いであるのかな。
    楽しみです。

    10月前半は、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡と旅して帰って来ます。少し宮崎を離れます。
    ✴︎
    お便り、ありがとうございます。皆様のお気持ちをありがたく受け取らせていただいています。
    出会えた皆の幸せを、日々願っています。

    ルドラクシャday’s*未来を選ぶ

    日頃、自分の能力ってなんだろう?と考えることはほとんどないですが、皆様の感想やお声をいただき「そうなのか!」と気づかされる毎日です。
    自分にとっては当たり前の日常なので、自分からはそうそう気づきませんし、教えていただくことで気づきます。ありがとうございます。
    思い返せば察知する能力は、子供の頃からあったのかな、そのために怒られていました。話が終わる前に返事したり、先に相手の考えていることを言うので「最後まで聞きなさい!」と叱られる。続きを言わなくても概ね分かるから先に答えるわけですけど、怒られる、なんとも理不尽です。
    そんなことを思い出しました。

    さて、ここ数日は特に、なんとなく、ネットを開いて、なんとなく、日頃見ないものを適当に見て、偶然そこにあったその人のピンチ(心の声であったり、放置していたら困るようなこと)を知ることが続いています。
    私は無意識にやっていますから、そのお相手は私の知り合いでもないですし、私のその気づきも偶然でしかありません。

    今日も見知らぬ人が何故か気になり、なんとなくHPを見たら、大丈夫じゃなさそうだったので、その繋がりある人々に伝えました。
    私がその方を気になったのは昨日。
    おそらくその要因が起こったのも昨日。(日付が書いてありましたので)
    昨日、気になった時に私がすぐに行動(見て)していればよかったですけどね、さらっと流してしまいました。なので、半日遅れですね。
    いずれにせよ、昨日今日と続いて[気をつけなさい]と知らせが来たのでまぁ良しとしようかな。
    便利です。

    こうして私は、日頃ふわっと、ほおっておくと大丈夫じゃないその人の目の前に現れたりするわけです。私の導きとなる守護、見えないものがそこに行くようにと、私の無意識の中に教えてくれているのだと思います。
    では、私ができる、ということは、皆さんもそれができるということです。
    あなたを護ってくれるモノへの感謝をもって日々過ごしましょうね。
    “いつもありがとう”の気持ちを忘れないでください。
    答えはシンプル。
    そうして常日頃、誰かのためを思って、行動なさってみてください。
    誰かのためを思うということは、その人の幸せを願うこと。それは通りすがりの見知らぬ人であろうと構いません。ほんの少しの愛情(思いやり)が、あなたが出会えた方、というよりも、むしろ【あなた】へと確かな護りとなり、貴方が歩む道をより良い方向へと導いてくれるはずです。
    ”幸せを願う“とは、我欲のためにあるのではない、それはお気をつけくださいね。笑
    今日も良い日に。
    ✴︎
    ✴︎
    追記;
    一応、私たちは喋れますので、基本的には自分の気持ちはちゃんと言葉で伝えましょう。笑 (エスパーはいません。)
    たまに「察しろよ!」というような人がいますけど、察することができる関係というのは、互いに思いあっているから成せる技ですので、ほとんどの人は察せません。笑
    (ちなみに「察しろ」と言うのは、あなたに自分を理解してほしいう気持ちの裏返しでもありますから、単なる“我儘”なのかそれとも“愛情”を求められているのか、お相手の心の声に耳を傾けてみてください。)
    言葉の取り違いやすれ違いの多い日々、自分のことを理解してくれる人、言葉なくしても感情を分かち合おうとしてくれる人、寄り添える人と出会えたなら、互いを思い遣って大切にしてください。

    [前コラム]輪廻転生があるならば*オマケ*人と虫

    仮に過去世があるとすれば、自分が"今世でどう生きるのか"が来世のあなたに繋がります。
    メビウスの輪ですかね。
    過去世を知れば、その過去世で解消できなかったあなたの課題も見つかり、同じ過ちを繰り返さないヒントも生まれる。
    未来のあなたを大切に。
    未来を紡ぐために、今世を精一杯生き、楽しみましょう。
    【未来】とは【今生きているあなたの未来】です。
    あなたの幸せを見つけましょうね。

    …………………………
    大切な人がいるあなたへ。
    …………………………
    《人》と《虫》ではなく
    【人】と【人】とで今世で巡り会えたなら、このご縁を大切にしましょうね。
    喧嘩してる場合じゃないよ!笑
    悔いることの無いよう、愛を語りましょう。
    素直な心を思い出しましょうね。
    素直な心は、エゴではなく、相手を思いやる気持ち。簡単なようで難しいですけれどね。
    言葉は届くかもしれない、届かないかもしれない。
    "愛すること"とは、誰かを自分の思い通りにすることではない、"誰かの幸せのためにある"こと。優しい心です。
    真の優しさは、弱さではない。強さから生まれます。

    ルドラクシャday‘s*輪廻転生があるならば

    みなさんは、"輪廻転生"を信じますか?
    私は 信じます。
    輪廻転生と言えば小学生の頃、八犬伝を読んだことを思い出します。

    過去世、今世、来世…
    いろんな糸が絡んでいます。
    生命とは何かを考えればキリもないし、カルマとは何かに思い巡らせれば深淵に入るし、確かな答えはないですが。過去の魂の記憶が突然蘇ったという事例もありますし、過去世は真っ向から否定するものでもなく、そういうものなのかなぁと思います。
    人であったかもしれないし、小さな虫だったかもしれない。(もしかしたら草木だったかも?それはそれで奥深いですね。草木も生きています)

    自分の道の参考にもなります。
    (※これを書いてる時に出たカード。"過去世"でした。笑)


    他店に出演した日のこと。
    偶然にその前日、その店の近隣に、興味深い教会があることを知りました。(この情報がやって来たのも、“偶然という名の必然”に思います。)
    内部が変わった作りだったので好奇心も湧き、実際に目で見ようと確かめに行きました。

    ちょうどその日は日曜日。定例の集まりが行われていました。
    すると僅か数分見ているうちに、涙が込み上がってきてオロオロ。
    (えー⁈⁈ なんだー⁇⁇ これは何に対して⁉︎ )
    全くなんの涙か分かりません。
    分からないのですが、そこで目にする物に何故だか感極まり…泣くのをこらえていました。
    行われているのは特別な式典でもない、いたって普通の集会です。
    そこでこれまで私が、先生方に言われていた過去世を思い出し、(もしかしたら自分は教会に縁があったのかな?)と思いながら、千里眼に戻りました。

    私の過去世には、基本となるいくつかのパターンがあります。
    ✴︎ヒーラー
    ✴︎霊能師
    ✴︎キリスト教徒
    ✴︎シスター
    ✴︎修道院にいた

    当然覚えてませんからね。
    「君はキリスト教徒だった事があるよ」と言われても(みんなそうじゃないのかな?誰にでも言うんだろう)と思い、パーセンテージ調べてみたり。(統計データからは、日本でのキリスト教の比率は低く誰でもじゃなかったです…)
    なので、そうだったかもしれません。でもどこからサンプル(統計)を取ったのか分からないデータなので謎ですね。

    実際教会はどんなことをしているのかなぁと思っていた矢先。偶然見つけた教会で、聖書を読み解く会を見つけ、行ってみました。
    その学びの会に集う皆さんが「分からない」と口々に仰る教えは、私には極々当たり前の考えで、なんの違和感なく感じます。
    なぜ皆さんが分からないと仰るのか不思議でした。
    (この人たちはわざと分からないふりをしているのか⁉︎) などと思いながら、私が質問に答えると、牧師さまは「その通りです」と仰るのです。
    数回遊びに行っただけのことですので、本当はもっといろいろあると思います。ですが、先生方が仰っていた私の過去世が存在するとしたら、その点と点が繋がり、過去世で学んでいたのかなぁと。
    とすれば、その学びは今世でもまだ続いていて、これからも続いていくのかな。
    とすれば、過去世でやり残したことがあるならば、その続きを歩んで昇華してゆけたらな、と。
    …というわけで、現在巡り巡って【占い師】
    見知らぬ誰かのためにお役に立てればと思います。

    過去世も面白いですよ。

    ルドラクシャの道具*ルーンオラクル

    ルーン占いというものをご存知ですか?
    古代北欧文化、古代ゲルマンにおいて、神々と交信する特別な道具として産まれたものです。
    簡単に言うと、石を使った占いです。
    私は24の文字と1つのブランク、計25の石を使います。(ブランクは使う人使わない人様々だと思います。私は“神のみぞ知る”という、未来を人の踏み込む領域ではない、委ねる意味で使います。)

    最近、私の占術はカードメインに絞っており、ルーンを使うことはなかったのですが、改めて石の力も使おうかなと。
    絵柄から受け取るイメージでもなく、単純に文字として、そこから受け取る直感をどうつないでゆくのか。
    神秘の占いですね。
    それこそ自分の直感。
    それがどれだけ冴えているで受け取れるものが変わります。身の回り、心を整理整頓、雑念の元を切り離します。
    イメージは、自分の中心軸を捉えて、細く細くピンと張られた鋼のように固い真っ直ぐな糸です。
    今日も良い日に。

    ✴︎
    ✴︎
    (続き)
    上の文章を書いた後に、新しい道具を使ってみました。
    聞く前に、JARAが飛び出てきたので「あぁそうですね…」と。
    いつも新しい物を使う時には、私のこと(私の役割)を聞いているのですが、飛び出たルーンの示すものに納得。なので、新しい道具とも、愛称は良い感じ。
    次に、今の自分に向けて出したらEOH。
    それもあぁそうですね…

    うーんおもしろいですね。
    そういった感じで、占いを通し決断のヒントをもらいながら、今日も時は動いて行きます。

    不思議な話(こぼれ話)❶見えない来客

    不思議な話といっても、真相は分かりませんので、フィクション*創作としてお読みください。

    ある日のこと。
    長時間のご予約がありましたが、そのお時間になってもいらっしゃらないので、キャンセルとして承りました。
    通常その時間帯でしたら、キャンセルがあってもまもなく電話鑑定が入ってくるのですが、キャンセルとなったご予約の時間枠内、何事もなく時間が過ぎ去りました。
    (今日はそんな日かなぁ)と思っていましたが、気づけばキャンセルとなっているはずなのに、まさかの[対面鑑定中]となっていました。それでは確かに誰も来られません。。
    不具合ってありますよね、、
    とはいえ、釈然としないまま、その表示を解除。すると程なくして電話鑑定が鳴りました。
    その後片付けをし、建物を出ました。
    しかし、今度は携帯ナビの羅針盤がぐるぐる回ってどこにいるかも分からなくなり、目的地に辿り着けません。ルートを外れたからぐるぐる回るんですかね、左右の指示もめちゃくちゃです。すぐに「右です」「左です」言うことが変わります。
    近いはずなので、私も意地になり歩き続けます。
    そのまま半分意味のない動きのナビを頼りに歩き回り、到着したのは出発してから1時間後。(電話をかければ良かったですけどね、慣れない土地だったのでナビに頼りました)
    翌日行きたかった場所に行く気持ちもすっかり萎えて、就寝。

    朝。
    明るくなって表に出たら、スタート地点とホテルの場所は5分ちょっとの距離でした。
    機械音痴ですから、ナビを使いこなせていなかったにせよ、何度もそのホテルの横の筋を通っていました。

    気を取り直して出発したら、電話が鳴りました。
    要件を尋ねると、前日の夜に誰か来ていたようなことを仰います。(詳細割愛)
    誰も来ていません。
    腑に落ちないまま、出かける気も失せたので、そのモヤモヤを占術道具に尋ねました。
    (以下はさらりとお読みください)
    誰か来てたのー?
    来てた
    今もいる?
    いる
    (なんと。。)
    ※よくわかりませんが 説得に入ります。
    帰ろうか
    いやだー
    (い、や、、?)
    なんで?いややない、帰らんとだめでしょ
    帰りたくない
    付いてくるの?
    くる!
    (来るって言っても宮崎です)
    地元離れる気あるの?
    ない
    付いて来ても仕方ないやろ、それやったら◯◯寺に行ってみて
    行く
    (ふと思い出して、他のお寺も尋ねてみました)
    △△院に行く?
    行かない
    (行かないのか。。)
    じゃぁ◯◯寺には行く?
    行く
    じゃぁ行っておいでね。
    光に沿って行くんよー
    …とお別れしました。
    最後はしくしく泣いてる感じでしたけど、優しくヨシヨシ

    まぁ普段こんな事はしてませんし、真相は分かりません。偶然や勘違いでしょうね。
    というわけで、フィクションですかね。
    誰か来てたんかなぁ、悩みは分かりませんが、私と一緒にいるだけで癒されたのだったら、まぁ良いかなと。[参照※コラム青い手]
    (キャンセル連絡はご自身で早めにお願いします。)
    みんなお幸せに。

    救いとは

    鑑定後にふと「救われた」と漏らされたので、救いとは果たしてなんだろうなぁと。

    常日頃、自分のお役目はなんだろうと思います。
    出会った方々が御心楽になられて、ご自身の道を選び、歩んで行かれることが望みです。
    もともと、占い師の道に入る以前から、まったく見知らぬ人に相談を受けることも多く、道端ですれ違った人に問われることもありました。
    私を見つけて、声をかけて来られ、何か言いたげの方もいました。
    表面上は明るく振舞っていらしても、お聞きすれな深刻な話を抱えてあることも多々でしたので、そういうお悩みの深い方が自分に辿り着かれるのかなぁと思って過ごしてきましたし、お相手から仰られなくても何かお困りであると分かりますので、そのままにしておけない場合には、私からお声かけします。
    「大丈夫ですか?」とお声かけし、お答えすることは私にとって当たり前のことです。
    そうすると、その方に「救われた」「癒された」と言われます。自分では頂くとは予想していない言葉ですので、救いとはなんなのか。幸せとはなんのか、振り返り立ち止まります。
    長くお付き合いして行けば、その方が持っていらした、周囲の方への固く閉ざし張り詰めたものが、優しく柔らかな物にも変わります。
    その度に、救いとはなんなのか、と思います。
    これは自分にとっての課題ですね。
    自分にとって、お悩みを聞くことは至極自然で当たり前なので、なんの違和感もない日常です。

    ある日、一人の人に出会いました。
    すぐに、何かお抱えなのは分かりました。
    なんのきっかけか忘れましたが「友達でもない、見ず知らずの他人の話を真剣に聞く人がいるなんて信じられない!嘘だ!そんな人間がいるはずはない!」と仰りまして、私はびっくりです。
    「私は聞きます」とお返事しましたが
    「嘘だ!信じられない!」
    いやいや、ここにいるって言うとるやんか
    その方はよほど、お辛いことがあったんだろうなぁ、なんでも仰っていただければいいのにと思いながら「私は知らない人の悩みも真剣に聞きますよ。すれ違った人が急に悩みを打ち明けて来ることもあるし、それにも私は真剣に答えます」
    その方は、じっと聞いていました。
    「嘘だ。信じられない。いるとしたら神か仏だ!」
    困ったものです。
    その後、しばらくその問答を繰り返していたのかな。
    悩みはなんですか、と問うても仰いませんでしたので、御心開くのも辛いことがあったのだろうなぁと思って「信じられない」と仰るのを聞いていました。
    信じられない、すなわち、信じたい人です。
    とても綺麗な御心の方なのだと思います。
    信じたい人をそのままにすることはできません。
    最後にその人は私に「教会に勤めたらいい」と仰いました。
    「教会で何をするんですか?」と尋ねたら
    「懺悔を聞く人」
    、、、
    一応、教会はどんなところなのかなぁとその後調べました。笑
    懺悔ですから、何か悔い改めるのかな??
    謎です。

    その方とお会いしたのは、もう数年前ですし、誰か分かりませんので二度とお会いすることもないでしょう。
    それでもふと、幸せに過ごしていらっしゃれば良いなとこうして思い出します。
    もしも再会できるなら「大丈夫ですか?」とお声もかけるでしょうね。
    その方の幸せを願って。
    皆、自分が大事だと思います。
    苦しいときには心は疲弊し、周りが見えなくなります。
    ほんの少し、思い遣りを分けることができたなら多くの人が救われると思います。思いは増えることはあっても減りません。もちろんできることとそうでないことはありますけどね。

    今日も良い一日をお過ごしください。

    救いとはなんなのか、私にとっては真理の追求をしてゆく課題ではあります。

    青い手ライフ❷ 癒しの力

    皆さんはマヤ暦をご存知ですか?
    “青い手”とは、マヤ暦でいう私の潜在意識です。
    いわゆる癒しの能力に長けている人のことを指します。スピリチュアルの世界で言えば、ヒーラーのポジション。カウンセラーもそうですね。
    また、手に強いパワーを宿していると言われており、私もその力を使います。主に私は、ペンデュラムを使う時にその力を借りています。レイキヒーリングもその一つです。

    私の生のテーマは"癒し"
    そのためにどうあるかを考える毎日ですが
    私は鑑定を受けられた皆さんから「ふわふわする」「声を聞くと癒される」などのお言葉をいただくことが多いです。
    話し方がのんびりしてるからかな?と思っていましたが、それだけではないことが起こっていると、お客様のご連絡で分かりました。

    私の鑑定時には、ある変化が体に起こるとのこと。
    詳しくお伺いすると、ヒーリングの際に起こる好転反応に似た現象が起こっているようでした。その方が確認も兼ねて?再度鑑定を受けられた際にも同じ現象。
    そのため "鑑定=その現象が起こる"と間違いないと確信したと教えてくださいました。
    びっくり!そんなことになっているとは知りませんでした。。笑

    鑑定後にはその症状も収まり治り、思考もクリアになったり、スッキリするとのことでしたので、ホッと安心。。
    いわゆるデトックス効果です。
    (通常は、ふわふわとした感覚を受ける方が多いと思います。)
    無意識です。鑑定中にご相談者様の意識や見えない世界からのメッセージに集中しているので、繋がっているのかな?
    占い師となった巡り合わせでより一層、その力が出現してきているようです。
    …とはいえ無意識の範疇なので、どう扱ってゆくか??? これから自分でもコントロールできるよう精進します。
    スピリチュアルとしては、我が家の猫が危篤で、魂が抜けかかっていた時がありました。やばい死んでしまう!と思って、咄嗟に一晩エネルギー流したことはあるかな、病院の先生に「今夜が山。もって数日」と言われてお元気になり、「後半年生きたら良い」と言われて、一年以上。お元気になりました。猫が危篤に至るまでには、生き霊問題があった(祓い)からかもしれませんので…真相は闇です。(^-^)
    皆さんにも良い波動が届きますように。

    一期一会。出会えた皆さんが元気にされていることを、クチコミ欄を読ませていただいて知れたり、電話時にその後のご連絡をいただいて嬉しく思います。
    ありがとうございます。
    皆さんに良い導きがあることを、心から願っています。

    新月の願いごとをしましょうね・:*+.:+

    8月もまもなく終わりです。
    今日は乙女座の新月ですので、よろしければ皆さん、新月の願いごとなどなさってみてはいかがでしょう。
    いかがでしょう、と書いておいて、自分が願うのを忘れていました。今気づきました、今から書きます。笑
    皆さんも、乙女座のテーマに沿って、その力を借りてみましょう!

    皆さんとの出会いの中で日々、私も学ばせていただいています。ありがとうございます。
    今月は、宮崎を拠点に、福岡*大分*熊本*鹿児島、と行脚させていただき、続いて来月には、大阪*京都へと足を延ばします。
    各地で「会いたかった」と思いもかけない言葉をいただき、自分自身を振り返る良い機会もいただきました。
    日頃、自分の在り方を深く考えることはないのですが、皆さんの幸せにどうしたらより近づけて行けるのか、そのためにどうあるのか、それが自分の道筋なのかな、と思う毎日です。
    幸せの形は様々です。
    時に厳しいことをお伝えすることもあるかと思います。巡り巡って、あなたの糧となることを願ってお伝えしています。
    皆さんに幸あらんことを願って。
    よろしくお願いいたします。

    ルドラクシャday's*❶❹スピリチュアルはすぐそこに

    宮崎はゆるりゆるりと時間が過ぎて行きます。
    穏やかな街です。
    今日は、見えない世界のお話にします。

    新しいカードを汲み取り始めました。
    元々はご相談者様用ではなく、自分用に用意していたものです。随分しまっていましたが、2日連続して使う導きのような出来事が起こり、引っ張り出しました。

    はじまり(1日目)
    ここ最近、実家に置いている写真立てを持ち帰りたい…という思いが湧いていました。そして実家に帰った折、見つけた写真立てには何かのカードが飾ってある。それがなんのカードだったかは完全に失念、思い出せません。
    (何か忘れたけどまぁいっかー!)と、気楽に宮崎の家に持ち帰ってきました。
    この時点では、そのカードがなんなのか忘れていますし、思い出すつもりもありませんでした。私が必要に思っていたものは、写真立てだったからです。

    翌日(2日目)
    偶然、とあるオラクルカードを拝見させていただきました。そのカードの作者名を見て、ピンと!写真立てに飾っていたカードがなんのカードか思い出しました。同一作者だったからです。

    カードに辿り着くための偶然では無い流れに(使えということかな?)と思い、そのオラクルカード自身に問いかけたところ…
    まさにそのまま「使いなさい」というメッセージが出てきました。
    (※これを書いてる時にも尋ねてみたら、全力で、私の味方なのだと言ってきました…大切にしようー。)

    カードの持つ力は、巫女用(精神世界)の意味合いが強いものです。
    試しに掘り下げて、問いかけて行くと、今直面していること。自分の指針に役立つメッセージを次々に飛ばしてくれました。
    私は基本、のんびりしていますし、スピリチュアルな出来事が日常なので、見えない世界のメッセージを放置することも多々です。
    そのまま忘れていこうとすると立て続けに、早く気づきなさい!とメッセージが次々に飛んできます。ありがたくもあり、とても便利。
    自分に対する導きをありがたく受け止めながら、宮崎ライフを堪能しています。

    皆さんも、知らず知らずのうちにそういった意味のある出来事が身の回りに起こっているかもしれません。偶然と思えるものは、実はあなたを守るものからのメッセージかも。直感(第六感)は、そういう導きのひとつです。受け入れましょう!
    日々、起こる出来事に感謝をしながらステキな毎日をお過ごしくださいね。
    感謝とは、あなたの「ありがとう」
    「ありがとう」を口にすることで、物事が好転して行きます。

    ご縁あっての巡り合い

    旅の途中や、帰省されて偶然(という名の必然ですね) 宮崎店を見つけられて、お見えになる方がいらっしゃいます。
    出会えて良かったと心から思います。

    鑑定の終わり間際、涙ぐまれていたので「泣かないで」と申し上げたら「安心したので…」と仰られました。
    優しい桃色の涙でした。
    なおさらお会いできて良かったと痛感する出来事でした。

    ルドラクシャにとっての占いとは、当たる当たらないを超えて、目に見えない、あなたを護る者からのメッセージかなと思います。
    …と言っても目に見えませんから誠に不可思議なことですよね。けれど、心強い味方です。抱えてある心配な事を手放せるように、伝えてくださるんでしょう。


    私が宮崎に辿り着いたのも、奇異な運命です。
    こうして与えられた自分の道を果たすことができたらよいな、と思いながら毎日を過ごしています。
    明日は福岡です。
    少しの間、宮崎を離れます。
    宮崎では、街中でお祭りが開催されて賑わっています。
    夏!ですね〜 (^-^)

    軽く予知夢 〜シックスセンス〜

    夏ですし
    ちょっと怖い話でも。
    私は大切にしている人の念や未来を受け取って、夢に見ることも多いです。


    遠い昔。ある日の夢です。
    彼が出て来ました。
    無邪気に笑って私に話しかけて来ます。
    とても穏やかです。
    そうして優しい表情で「ちょっと行ってくる」と。

    彼が行くというその先。
    彼の背の奥にあるのは暗い部屋。真っ暗で陰気です。そこに昔あったテレビのような箱があります。空洞となる中から何かが見えます。
    一目でゾッとする。
    私は「行かないで ‼︎ 」と叫びました。
    彼はキョトンとしています。
    私の目には、その箱の中から、長い黒髪の女の姿が待ち構え乗り出しているのが見えていました。女の顔は髪で覆われて見えません。
    その姿があまりに異様で、危険なのは一目瞭然でした。
    「行かないで!お願い!行っちゃ駄目!!!行かないで!!!!」
    それでも彼は、なんのことなのか分かっていない。あどけない、いつものような優しい顔を私に向けています。
    私は闇に姿潜めて待ち構えているその女の姿が恐ろしく、あまりの恐怖に動けない。彼の方に一歩も行けませんでした。一歩も!!!
    この私が声も出ない、足もすくんで動けない。

    そうしているのに、彼は何も分かっていない。不思議そうに私を見て、穏やかな顔で「行ってくるよ」とその闇に向かって歩いて行きました。

    あるご夫婦の話です。
    ご主人様が怖い夢を見た、と。
    夢の中に長い髪の女が出たらしく、とてつもない恐怖を感じたそうです。その恐ろしい女が自分に襲って来たので、ご主人様はあまりの恐怖に飛び起きた、とのお話でした。
    そうして飛び起きて、横を見たら、寝ている奥様もうなされている。
    どんな女だったか、と説明される前に、私は
    「やめて!!!怖い!!言わなくても分かる!!」
    聞くまでもなく、どんな女か分かりました。私が夢に見た女と同じでした。
    その頃、その女の生霊の問題が身の回りに多々起こっていました。このままでは大変なことになると予感して、どうしたものかと思案していた矢先の出来事でした。

    その後、彼は夢に出てきたその女と思しき女性の所業で、皆から嫌われるようになり、自分を大切にしてくれていた人たちを遠ざけるようになりました。
    その状況を察していた私は、危険を承知で彼に会いに行きました。
    「みんなとは会ってない」ぶっきらぼうに彼は私に言いました。「でも、◯とは会ってるよ」◯は私が彼に面倒を見てねとお願いしていた、私も可愛がっていた人でした。
    彼の表情と言葉に私は、仲間から自分が嫌われてるのだと女から言い含められている事を察しました。
    「みんなと仲良くしてね!みんな、待ってる」それだけを笑顔で伝えたかと思います。
    私の言葉で正気を取り戻した彼は、その数日後、ようやく皆の元へ戻りました。
    しかしその後、女は様々な手を使い、私が彼に近づけないように。どんなに危険を察しても、私の声は彼に届かなくなりました。
    今では数々の不幸に飲まれ何をしても失敗。転落の一途を辿っています。その女は、彼の仲間だった人たちを犯罪者に仕立てようとまでし、彼を使って脅しまがいのことをもし始めました。
    元々は、沢山の人から好かれ愛されていた人です。
    女のお陰で彼の信用は消え、彼は長年お世話になっていた方からも縁を切られる。人から蔑まれ四面楚歌。皆から敬遠され、孤立しています。

    その女に私は問いました。
    「貴女は人を不幸にして幸せか?」と。
    「幸せです」とにやにや笑っていました。
    再び問いました。
    「貴女は人を不幸にして幸せか?」と。
    それでも女は「幸せです」とにやにや笑っていました。


    この女は人にして人にあらず。
    皆さんは、どういう生き方を望みますか?
    自分の欲望満たすために、人を不幸にすることを厭わないのも生き方のひとつ。
    誰かの幸せ願って、護る道を選ぶ生き方もひとつ。
    他人を不幸にして得る幸せの重みとは。
    それは幸せと言えるのでしょうか?
    そこに得る価値はあるでしょうか。
    欲望とは。
    人は所有物ではない。
    欲望を満たすために仮面を被り近づいて、その仮面を見抜けなかった人たちは結末、居場所を奪われ今後自分に災難が降りかからないかと眉を潜めている。ご夫婦は、女からの諸々な悪行に耐えられず去りました。彼は、何人もの大切な友達を失いました。失ったものとは。
    私は悲しみと、怒りと、祈りとが行き交う毎日。
    飲み込まれた囚われの身から抜け出せるか否かは、本人次第。強い意思がなければならない。
    彼はすっかり魂抜かれて、自分を生きているのか死んでいるのか分かりません。
    ですがそれでも私は信じます。

    彼がどう生きたいのか、彼を信じ、祈るばかりです。
    窓から見える景色は灰色だと彼は言いました。
    今日も灰色の空を眺めてるんでしょうが、まぁ虹は射しますよ。
    皆さんも、せっかく生きてるのなら光射す方に向かえばいい。

    台風が近づいているそうです。
    みなさん、お気をつけて☔️

    青い手ライフ

    "占い"を行うということに、それ相応のエネルギーを使うとご存知の方も多いです。
    私の体を心配してくださるお客様もいらっしゃり、そのお気持ちを大変ありがたくいただいています。
    が!とても元気なのですよー。笑
    お心遣いありがとうございます。心から感謝です。

    実際、私も不慣れな時(皆様の鑑定をし始めた頃。千里眼に来る前ですね)には、力の使い方が分からないが故の疲労困憊はありました。
    (その当時は、自宅で予約受付のスタイルをとっていたことと、お客様とはカウンセリングに近いやり取りでもあったためかな?ご予約が詰まっている際には、適宜休みなくやり取りをしていたので、連日ほぼ睡眠2~3時間でした)
    そうしていると、ある時を境に、20時には睡魔が襲ってきて、パタン!と寝るようになりました。
    寝れば復活。そうして充填。
    とにかく眠い!
    自分でもエネルギーの使い方が良くないことと、お客様の想念のエネルギーを受けているバランスが噛み合っていないんだろうなぁ・・とは分かっていたのですが・・流石に、寝ればいいやーとも言ってはおられません。
    どうしたものかと先生に相談をしたところ、エネルギーの流し方を変えるようにと教えていただきました。

    そこから実際自分がどうやっていたのかは分かりませんが、気づけば今ではなんの疲労もなく、楽しく鑑定させていただいています。
    ご自身の持つ負の影響が私に及ばないか、など御心配なさらず大丈夫です。

    それから、大切なことをお伝えします。
    ご自身のお悩みが深かったり、抱える闇が深いために、私(鑑定士)に悪い影響を与えるのではないかと心配される方へ。
    ……………
    何も心配せず、いらしてください。
    お辛いお気持ち、心の吐露をなさってください。
    少々のことで何かがある私ではありませんのと、皆様のお心を受け止めるために私はあります。
    また、"私"そのものが癒しの役割を果たすらしいので(皆様談)、一緒に過ごすことでお気持ちも軽くなるかもしれません。
    苦しみも悲しみも、分かち合えばよいことです。
    そうしてあなたの心に足りないもの、必要なものを見つけ、本来のあなたを取り戻し、生きて行きましょう。
    お待ちしていますね。

    宮崎はとても居心地のよい街です。
    街の人がとても気さくで、見知らぬ人とも自然と挨拶が飛び交い、「ありがとうございます」という感謝の心があちこちに溢れています。
    あたたかい気持ちに包まれ、笑顔ですごせています。

    今日も皆さま、良い日をお過ごしくださいね。

    ほのぼのライフ

    占い店もいろんな出来事があります。
    鑑定を通してお出しする答えだけが、答えではありません。
    のんびり、ほのぼの寛いで元気を充電するため。
    息抜きの場でもあるのかな?と思います。

    「あら!どうしたの!?また何か!?」
    「別に何もないけど来てみました。」
    「…そう」
    「何か悩んでるの?」
    「いや別に。何もないよ!」
    「…見ないでもいいんじゃない?見ますか?」
    「見ます!」
    (鑑定)
    「現状維持ね」
    ……………
    (良い流れは出ているけれど、ご質問)
    「悪いの出ないですね」
    「悪いの!? 出て欲しいの⁉︎」
    (カードどんどん出す)
    「…何かでてこないかと思ってるんだけど… やっぱり… 出ないわ…」
    途中から、悪い前触れが出てこないかを見る日でした。(出ませんでした)

    お辛いことを苦渋に満ちたものとして迎えいれ、乗り越えることも大切ですが、せっかく乗り越えるならば笑ってやり過ごせるように。
    皆さんの毎日に、笑顔溢れることを願っています。

    ルドラクシャday's*❶❸引き寄せパワー

    宮崎は陽射しが眩しい!夏満喫です。
    空も澄み渡って青く、広く。
    真っ白な入道雲がむくむくと!爽やかで、とても気持ち良い季節です。
    お近くの方はぜひ、足をのばして遊びにいらしてください。

    太陽にも、浄化パワーがあるそうです☀️
    気分が滅入っている人は特に思い切って外に出て、陽の光を浴びてみると良いですよ。
    体調のリズムを整えられることはもちろんですが、今の負のサイクルや、沈んだお気持ちから脱することもできます。
    ……………
    朝一番にお越しのお客様にお答えし、お見送りして1時間も経たないうちに…
    お戻りになられました。
    ????
    「見つかりました!」
    「早い!!」

    その方が探している物は特別なお品で、もうどこにも無いだろうと仰ってありました。
    その贈り物を、あっさり見つけて帰って来られました。

    「先生に会いに来て正解だった!」と仰っていただき、そうなら良いですが(笑)こちらもびっくり。
    多少なりとも、引寄せのお力になれていればと思います。

    こうして欲しいものが見つかったのも、その方が我欲ではなく、お相手様に喜んでもらいたいと願うお気持ちがめぐり合わせてくださったのでしょう。
    皆さんにも、良い巡り合わせが訪れますように(^-^)

    ルドラクシャday's*❶❷魔除けの石

    パワーストーンが普及して久しく、皆さんもお持ちである方が多いと思います。
    石も様々。
    自分に何が合うのか、悩みどころですよね。
    まずは、直感でお選びになるのがお勧めです。なんとなく気になる、というのは、その石があなたの手元に来るようになっているということ。それもひとつのご縁です。
    私は石そのものの中から、ご依頼主様に合う石を選ぶことがあります。(ご持参いただくか、もしくは気になる石をお伝えください)

    先日、どの石が持つのに良いかとお尋ねがありました。
    3種類のブレスレットの中から、ひとつ、極めて強く熱を放つものがありました。
    普段、その方が身につけている石とのことでした。護るために選ぶ石にも "それ"をと示します。しばらくその石を癒して、お返ししました。

    続いて、別の石。

    お待ちいただいた10個ほどの水晶の中にひとつ、色味の違うものがありました。
    その石がなんなのか、なんの目的で手に入れられたのか、お持ちいただいた方も失念されたとのこと。
    お持ちになられたものをひとつひとつ見て行きますと、どうしてもその石を選ぶようにとメッセージが降りて来ます。

    目の前にある石はくすんでいて、何か分かりません。謎ではありますが、その石を示します。

    「必要なのはこの石のようです」とお伝えし、その方はお帰りになりました。


    あれはなんだったのか?
    もしかしたら[魔除けのパワーストーン]と呼ばれている、天然の水晶の茶色く色付いた部分を削りだしたものかもしれません。
    効能としては
    ✴︎水晶同様に、高い浄化能力があると言われている
    ✴︎悪運を退けたり、迷いを取り除いてくれるパワーが在るとされている
    ✴︎自分の中の不安を浄化することで、魔を掃う石

    ご相談者のご希望に叶っていたら幸いです。

    ルドラクシャday's❶❶*手相は変わる見本

    鑑定する側(私)が、お客様に鑑定してもらう(⁉︎)という、おもしろい出来事もありました。
    たまたま私の手のひらをご覧になられて、即座に
    「占い師の手をしている」と!
    瞬時の見極めと、その方の澄んだ真っ直ぐな眼に「占い師になりませんか」とお伝えしてお見送り。

    自分の手相は、詳しい人から見ると珍しい(興味深い)手相らしいです。そして、何が面白いのかをお聞きできないまま、数年が過ぎました。

    「日本人の手相じゃない」というのも気になる…どこだ!(好奇心)
    「本来はか細い(線)のに、一体貴女に何があったの?!」と言われたことも過去にありました。まぁいろいろと…波瀾万丈

    手相は変わる。
    未来は変わる。
    宿命は変えられずとも、運命は、自分の手で切り拓くものだということですね。前向き!

    ゆっくりとで良いんです。前に進んで行きましょう。
    その一歩がたとえ僅かでも、道を変える。ほんの少しの変化だと思っていたことも、時が経てば、まったく違う場所へとあなたを運びます。

    さてさて。
    今日は宮崎飛び出して、福岡、明日は鹿児島です。(^-^)

    不思議な話③

    ルドラクシャコラム✴︎不思議な話②【新宿の人混みの中、会いたいと思った知人と再会した】話の続きです。

    宮崎から東京に到着した当日。願った人と再会できた翌日のこと。
    東京には、再会できた人とはまた別の、宮崎から上京していった大切な知人がいました。
    ただ、その人は職場も変わってしまい今はどこにいるかも不明。私の携帯も壊れ、彼の連絡先も消えてしまっていました。
    (昨日は◯ちゃんとまさかの再会ができた! ●くんとも会えたら良いなぁ)
    ぼんやりそう考えながらも、連絡先も分からないし
    (元気で頑張っていてくれれば良いなぁ) そう願いながら、電車に揺られ、中央線の某駅で降りました。
    改札を出て、ふとUターン。
    すると、、、
    目の前に、、、
    まがいもない、その人が、、、、
    いました。
    それこそ数年ぶり?びっくり。
    「●くん!!」

    再会の喜びは勿論ですが、見えないパワーの引寄せの威力への驚きと感謝。

    携帯壊れて連絡先が消えたことを伝え、ちゃんと連絡先を交換して、さよならしました。
    「いつでも帰っておいで!」私の伝えたかった言葉も届けることができました。(たまには帰って来てるとは思いますけどね。帰る故郷として、忘れんなよ!いつでもそこにあるよ!の心)
    彼と次にいつ会えるのかは分かりません。
    ですが、こうやって再会できるということに、見えない世界が存在することの意味を考えます。

    あなたがなにを求めるのか。
    皆さんにも、護られているものからの導きが訪れることを、願っています。

    不思議な話②

    会いたい人がいる。
    連絡が途絶えた。
    連絡先を消してしまった。

    そんなこともあると思います。

    私は今、東京✴︎新宿にいます。
    東京に着いての電車の中で、宮崎から上京した知人に連絡しようかなと思っていました。その人には数年連絡をしていなかったのですが、会えると良いなと、フッといつものように。

    そうして深夜に近い、新宿の人混みの中。
    見つけました。その人を!!!!
    信号を渡ってこちらに向かってきます。
    「◯ちゃん!!!」
    本人でした。

    新宿は東京の中心。
    人の量も半端ない街です。
    出会える確率はどれほどのものか、おそらく気の遠くなる確率だと思います。

    数年前のことです。
    数ヶ月行方知れずとなった人から連絡はあるのか、あるとすればいつ頃かとお尋ねがありました。
    数ヶ月行方知れずと伺いながらも、私の答えは、1週間。
    自分でも(そうなのかな?ホントかな?)とは思いましたが、そのようにお答えし、ある女神の絵姿を御守りにお送りしました。

    数日後、その方から便りが届きました。
    お答えして4日目に彼から連絡が来た、と。
    お子様が、私のお送りした女神の絵を見て「お母さん、不思議だね」と仰っていたとのお手紙でした。

    お客様とのお話の中、会いたいその人に "会いたいという想い"を見えない世界を通して届けること。祈りに乗せて、その人の幸せを願ってみるのも良いですよ、とお伝えしました。
    この引寄せの原理は、必ず会えると"信じる思い"ともいえるのでしょう。
    あなたのその思いに、私を通して、なんらかの力を添えることができたらと思います。

    会いたい方と、再会できることを心から願っています。

    エネルギーのコンクリートジャングル in ルドラクシャ

    飛行機に乗りました。
    今日は、東京の新宿店にお世話になります。
    初の東京!
    で、で、でかい!
    電車に乗っていても、街が違えば空気も違う。この街のエネルギーを貰いながらビルの谷間を抜けて、無事に店舗へ。
    早速、お客様とご対面。
    今日というご縁に感謝です。

    お相手の方との優しい気持ちの受け渡し。"見えない世界からの通信"の話も交えての鑑定でした。
    目に見える世界だけが、答えではありません。
    大切にしている人が
    いま、笑顔で過ごしているだろうか
    今日も穏やかに過ごせただろうか
    良い一日を過ごしているだろうか
    幸せであって欲しい

    そう願うこと。

    あなたの祈りは届きます。逆もまた然り。
    イメージは、ラジオの周波数を合わせてみること。
    相手の思念の波長を受け入れること。
    そのために、お相手に向けて自分の心を開くこと。
    どう合わせるのかは、難しいことではありません。そのお相手の幸せを願うことに、意識のエネルギーを向けること。
    あなたのあたたかな想いで、お相手を護りましょう。
    そのための、毎日の積み重ねは、目に見える世界での心のやり取り。心は減りません。沢山の優しい心のぬくもりで、豊かに増やして行きましょうね。

    ルドラクシャ占術✴︎鑑定スタイル✴︎種明かし

    "占術は、あなたを護る存在から届くメッセージです。あなたとの会話と同時に、お答えに繋がる占術を展開します。"

    電話鑑定ページに掲載している言葉です。

    ある日の電話鑑定の際のこと。
    ご質問を聴き終えたのと同時にお答えを伝えたら「なんで⁉︎」と驚かれたので、私はそのお声にびっくりして「え⁉︎な、なんで⁉︎」アタフタしました。

    その方は私の占術をご覧になっていなかったとのことでしたので、この場に記しますと

    ★占術【霊感タロット  禅タロット  ルーン  ペンジュラム  オラクルカード 】と載せています。
    視覚的だと、皆様にもお伝えしやすい(分かりやすい)ので、上記のものを使っています。

    使うものは同じでも、鑑定方法は占い師それぞれでやり方が違うと思います。

    私の場合、簡単に言うと[一枚引き]を繰り返します。
    (ご質問内容や状況に応じて、タロットのケルト十字法を使ったり、二者択一や一年の流れを見てゆくなど、オーソドックスな占い方法も行います)

    会話と同時にカードを出して行きます。
    相談者様の言葉やわたしの言葉、会話の流れに沿ってカードが出て来ます。その中に、お伝えするべきことの内容も出て来ます。
    お出しするカードが先か、言葉が先かは私の手のタイミングによりますけど、概ねお伝えする言葉とカードが示す内容(キーワード)が一致しているので、私はそのままお伝えし、進行してゆきます。
    途中、別途の質問があればその質問も、会話の途中で見てゆきます。

    机の上のカードを並べたら、会話の経緯が見えてきます。(数種類のカードを使用するので、机の上にはカードが山盛りです)

    電話鑑定を受けた方は、こちら側が見えないから私が何をしてるのか不思議ですよね。時折「会話と同時に診ているのだろうか…」とクチコミに記されていますが… その通りです。笑
    お話をお聞きする前(お電話がつながる前)に出していることもあります。

    というわけで
    「なんで!?」の種明かしでした。

    対面の際にも、最初はキョトンとなさる方が多いのですが

    なぜそう出るのかは分かりません。
    そういうものだと思っているので、疑問に思うこともなく…
    イメージは、見えない世界【あなた】と【わたし】を守るもの、【高次の世界】に教えてもらえるので、その御心に任せて、みんなで対話しながらお伝えする、という感じです。

    私が常に念頭に置いていることは、
    「自分の心が堕ちれば、見えなくなるだろう」ということ。そのために自分がどうあるのか。
    いつもこの恵みに感謝し、みなさんの幸せ願うことができること、そのためにありたいと願っています。

    ルドラクシャの一日 @宮崎

    多くの方に「コラムを読みました」と仰っていただき、こうして皆様とのご縁繋がり、嬉しく思っています。
    ありがとうございます。

    できる限り、お届けしてゆきたいと思います。
    (連日、鑑定が多く寄せられており、そちらに注力していますが、ゆっくりとしたペースでコラムもUPしてゆきます。)
    よろしくお願いいたします。

    ……………

    ルドラクシャの一日

    朝起きた時から、スッと心静寂にし
    占い師としての一日は始まります。
    店舗に着くと
    一夜明けた空間に、気を流します。
    簡単なのは、風を入れて溜まっている昨日の空気の入れ替え。
    必要に応じて、場に振動をかけてリフレッシュ。(大掛かりなことはしません)
    時に「ありがとうございます!」と声を出し、合掌。自分と場の調和を図ります。(言葉は無意識に出るものですが、空気も凛と引き締まります。)

    鑑定の準備。
    占術道具に息を吹きかけます。
    実際に、息をかけるという意ではなく、目を覚まさせるというのかな。「起きるよー!」っていう信号を送ります。
    今日の始まりの合図です。

    空間のリフレッシュ。
    場の浄化をサッとして、深く深呼吸。
    自分の気持ちも鎮めます。

    ご相談への占い(お答え)をお伝えするのが自分のお役目✴︎と思っていましたが、私の話を聞きに来られたり、会いに来てくださる方もいるので、ありがたく… 和みの場、癒しの場にもなれると良いなと。皆様とのご縁を紡いでゆきたいと考える日々。
    またひとつ、私がこの地を訪れた意味が深まりました。

    よろしくお願いいたします。
    ……………

    電話鑑定をしていると、姿が見えない分、なんで!?と驚く方がいらっしゃり、私もびっくり!笑
    自分にとっては普通のことだったので深く考えていませんでした… 次回は、ルドラクシャの鑑定スタイルについてお届けします。(^-^) ☀️

    ルドラクシャday's*➓青い手DIY 〜名刺編〜

    今日の宮崎は晴れ☀️
    熱気がすでにむんむんしていますが、まだまだこれは優しい陽射しだそうで…笑
    夏が楽しみです。

    私は皆さんの鑑定の合間、ルドラクシャ名刺に、手書きでペイント中です。
    花を咲かせています。
    季節をイメージして、花の色は何にしようかな?と、癒しの色のバランスを考えて配色したり。
    一面に満開にしてみたり
    すっきりと凛としたバランスに咲かせてみたり
    一つの花を、強く生き生きと咲かせてみたり…
    ✳︎
    ✳︎
    皆さんの【幸せの花】が花開くように
    たくさんの【光の花】が咲くように
    祈りを乗せて、一枚一枚に手書きしています。
    ✳︎
    ✳︎
    そろそろ名刺の追加発注をしようと、千里眼の担当様にデザインのご相談。そこで今、みなさんにお渡ししている名刺をご覧になられて、閃きとなる一言をいただきました。
    「お守りになりますね」
    ♡!!!!
    …ということで、"青い手"パワーで手を加えることにしました。見た目は変わりません。DIYヽ(^o^)

    ※青い手とはなんぞや?と思われた方は、マヤ暦をお調べください。おもしろいですよ。

    さてさて。
    名刺アートですが、最初は[花]だったのに、進化して[宇宙]バージョンも出来ました。「どこが宇宙なの!?」っていう突っ込みがあるかと思いますが、手にされた方は想像力を膨らませてください。笑

    7月末には鹿児島✴︎天文館に続いて、福岡✴︎天神店への出演も決定しました。
    お会い出来ますことを、心から楽しみにしています。

    エンジェル in 千里眼ミヤザキ・:*+.:+

    小さな可愛い天使ちゃん2人が、お母さんと一緒にやって来てくれました。
    「グズっちゃうかも?」との心配もよそに、おとなしく待っていてくれました。

    お母さんのご相談が終わったその帰りしな。
    お母さんの「握ってます」
    ん?(^-^)
    おチビちゃんが両手を開くとそこには、500円玉2枚がしっかりと握られていて…ほのぼの。大物になるね〜・:*+.:+
    すくすく、元気に幸せに育ってくださいね。笑

    さてさて。おチビちゃんたちも来てくれたので、そうかそうか!と閃き。
    お子様をお連れのお母さんも安心してゆっくりいらっしゃれるよう、何か良いものはないか探しに出かけました。
    チビッコ用に、小さなお人形とバスのおもちゃと平仮名カードを購入〜☆ おいおい絵本も用意できたらなと思います。

    みなさんにとって、ふらりと立ち寄りたくなるような、ほっとできる場にもなれますようにと願いを込めて。

    今日は配達員の方が多々。
    暑い中、ありがたい!階段登ってウォーターサーバー用のお水を持ってきてくださいました。
    宮崎は夏も間近みたいです☀️

    ルドラクシャday's*❾ぷんぷん丸★終了しました

    ぷんぷん丸でしたね。
    数日前は!

    迷いの道にいる人と自分がどう向き合うのか。
    私がどういう道を歩むのか、その軸を振り返る良いきっかけとなりました。
    視点を変えました。
    簡単に言えば
    「みなさんと共に歩んで行こう〜!」(^O^)
    という、"シンプル&ポジティブ"

    暗闇に包まれた不安の道を選びますか?
    光の見える道を選びますか?
    辛い道を選ばなくていい。
    あなたがほっとする道を選んでも良いんです。
    抜け出ましょう。
    何が正しいとか正しくないなどはありません。道を選ぶのは自分。
    ですが、その道(道しるべ)を選べば幸せなのかそうでないのか【あなたの真実】を私と一緒に見つけましょうね。


    ぷんぷん丸終了

    七夕✴︎

    6/6に宮崎店がオープンして、ちょうど一ヶ月が経ちました。思いのほか、沢山の方に足を運んでいただきました。宮崎の地に来てよかったなぁと痛感する毎日です。
    この一ヶ月、お客様と一緒に泣いたり笑ったり…
    皆さんと向き合えた一ヶ月でした。

    今日は7/7✴︎
    離れ離れになった織姫、彦星が〈一年にたった一度会える〉日が来ました。
    私の元にいらっしゃるご相談は《大切な人に会えない》というお悩みも多いです。
    想い合っているのに会えない、連絡もままならない。相手はどう思っているのか、どうしたら良いのかと。
    とても辛く悲しい毎日をお過ごしかと思います。
    (この苦しみは自分だけなのか?向こうはなんとも思っていないのだろうか?このまま別れた方がいいのだろうか?)
    会えない分、迷路に迷い込み、抜け出れない。
    不安に押しつぶされそうになりますよね。
    ですが、ほんの少し、深呼吸してみてください。

    離れていてお辛いのはあなただけではなく、お相手の方もきっと同じです。
    あなたと再会する日を待ち焦がれています。
    あなたと会えるその日のために、あなたと同じにお相手の方も一日一日を、一歩一歩歩んでいらっしゃいますよ。
    ふたりがまた会えるとお約束した日。
    笑顔で会えるその日を待ちましょう。
    ふたりが会えない日々は、あなたが辛く悲しむための時間ではありません。
    お相手の幸せを願ってあなたが過ごすこと。それが愛する人の護りになります。祈りは何よりも強く、盾となります。
    そして、あなたも相手を悲しませる事のない日々を送る事。あなたが笑顔で過ごしていることがお相手も望んでいること。

    互いに互いを信じて《生きる》
    あなたが悲しんでいるお姿より、あなたが幸せに過ごしていることでお相手も安心して生きて行けます。
    相手を生かすために、自分が自分を生きる。
    お互いに依存し寄添い合う関係ではなく、しっかりとそれぞれが毎日を生きること。仕事なり、家庭なり、目の前にある日々の生活の中で確かに生きましょう。
    あなたがしっかりと自分の毎日を生きているからこそ、お相手もあなたのその姿に安心して生きて行ける。生きる糧、励みになるのです。
    二人の繋がりが深くなりますよ。
    ✳︎
    《生きて、生きて、生きる》
    たとえ自分は辛くてもいい、君は幸せに生きてくれと願う人がいる。そう願ってもらえる自分がいる。
    会うことも叶わないのに、それでもあなたが元気に過ごしているのか、今何をしているのだろうかと気にかけてくれる人がいる。自分の分も生きろと願う人がいる。
    その事に気づきましょう。
    暗闇に灯る、とても優しい光です。
    「離れていても誰よりも近い」
    そんなお二人になられてくださいね。
    生きましょう。

    宮崎は晴れ☀️
    ✴︎
    ✳︎
    ✴︎
    『迢迢牵牛星』 無名氏

    迢迢牵牛星

    皎皎河汉女

    纤纤擢素手

    札札弄机杼

    终日不成章

    泣涕零如雨

    河汉清且浅

    相去复几许

    盈盈一水间

    脉脉不得语

    ルドラクシャ占いの旅✴︎福岡

    感謝御礼

    6月末の日曜日
    ルドラクシャの初福岡
    千里眼✴︎福岡店に出演させていただきました。
    かねがね噂にお聞きしていた福岡店の先生方とご挨拶でき、大変意味のある一日となりました。
    ありがとうございます。
    ご相談者様は、地元の方々はもちろん、遠くは佐賀や小倉からいらしてくださった方もいてびっくり!
    中には、コラムを読んでくださっていた方もいらして「会いたかったので…」とお声掛けいただき、さらにびっくり‼︎
    本当にありがたいです。

    この日は対面鑑定&電話鑑定といずれもご予約が詰まっており、お客様のご希望の鑑定時間分をお取りできないこともあり…大変申し訳無かったのですが「少しの時間でも良いので」とご相談にこられた方。
    順番をお待ちになってくださっていた方。
    必然とも言える出会いの意味。限られた時間の中、お一人お一人とのご縁がとても貴重で有難く、気を引き締めて精進したいと痛感する出来事でした。

    「次はいつ福岡に来るのですか?」と、何人かの方にお尋ねいただきました。
    可能な限り、毎月に一度の頻度で伺いたいと考えています。思い浮かばれた時、HPのスケジュールをご覧ください。

    こうして皆さんに出会えることから、自分自身の多くの学びもあり、今後の自分への励みはもちろん、皆さんへ何を届けてゆくのか、その為に何を学んでゆくのか、そのヒントにもなりました。
    一日が過ぎるのは本当にあっという間でした。予想以上に多くの方とご縁あり、心から感謝しています。

    その翌日は大雨☔️
    宮崎戻りのバスがなんと…
    "全便欠航" ‼︎‼︎ Σ(゚д゚lll)
    これまたびっくり。
    翌々日、早朝のバスを待ち飛び乗って、いざ宮崎店へ。小さな旅を終えました。

    7月末は鹿児島に向かいます。
    よろしくお願いいたします。

    光の粒はあなたの中に

    占術も様々あります。
    占い師が問題の何に視点を当てるのかで、物事の行く末も、お答えも変わります。
    以前に、自分(私)の在り方について、ご指導いただいていた先生に伺いました。
    その頃は自分がご相談者様の何を見てゆくのか悩んでいたのかな?起こり得る可能性の闇の部分に囚われていたのかもしれません。
    ※以下、先生にお聞きした霊視の話になります。私は霊視は行なっていないので、そういう話もあるのだなとお読みください。
    ……………
    ある方が、お二人の鑑定士に霊視を依頼されました。
    どちらも、その方に白いお婆さんがついているとお答えされました。
    鑑定士の一人は、物凄い形相のお婆さんだと伝え、もう一人は、穏やかな優しいお婆さんがいると伝えたそうです。
    二人の鑑定士が見ているお婆さんは、同じです。
    ……………
    お婆さんは同じ人なのに、見え方が違う。
    最近特に、自分が私の元へいらっしゃる方の何を見るのかと、そのことを考えます。
    私は、その方の持つ光の部分を見ています。闇を見ることももちろんですが、闇は抜け出るものであり、答えではない。私が拡げるものは、お悩みに飲まれ、もしかしたら消えかかっているかもしれない、たとえ僅かであろうと光ですね。希望の光です。
    希望の光とはすなわち、未来の種であり、その方の生きる力です。
    もしもご自身がその光を見失い、目が見えないのであれば
    私の役目は、弱っているあなたから、闇に包まれて見えなくなっているその光の粒を拾い上げて芽を出させる、そういうことなのかなぁと。
    あなたという存在に、あなた自身が水をやり、慈しみ、育んでてゆく。
    そのきっかけに、この場がなれば良いなと思います。

    宮崎は大雨も止みました。
    心引き締め、歩んで行こうー。

    ツインソウル*番外 〜シックスセンス

    大切な人との見えない通信のお話です。

    互いに思いの波長が合えば、そのうち考えてることもリンクして来ます。相手の状況も伝わって来ます。
    食材を買い物して帰ったら、お相手も同じものを買って帰っていた、というのもその一つですね。
    私の場合、相手が私に助けを呼んでる時、崖っぷちにいる時にその力を発揮します。
    そういう時は概ね、喧嘩中だったりして、ずっと会えていない。連絡も取っていない。向こうがどうしているのかも分からない。
    喧嘩してるわけですから、(もう勝手にしろー!二度と会うもんか!)と思っているわけで、そのままだとプツンと切れてしまう糸です。

    あの時は、九州と関西の距離でした。
    早朝、ファーストフード店で朝食を取ろうとレジに並んでいました。
    お財布から小銭を出し、お会計を済ませたその時、"ポン!" 何かが飛び出ました。
    ???!!

    飛び出たソレは、私の腕に引っかかり、何かとよく見たら、彼のもの。御守りがわりにお財布の底に入れていた、5円玉くらいのサイズの物でした。
    鮮明に覚えていますが、完全に"会計を済ませた後" の "ポン!" です。お財布の底から、その口までは少なくとも5cmはある。小銭を出す時に何かに引っかかったわけではなく、単独で勝手に飛び出て来ました。
    普通なら異常な事でしょうけど、私はそういう事象には慣れてるので
    (…また何かあったのかなぁ??)
    一瞬不安もよぎったけれど、その時には喧嘩してますし、知るもんか!と決め込んで "気のせい"と封じ込めました。

    数日後、その頃に彼が意識を失い病院に運ばれていた事が判明。
    彼の魂が私の元へ飛んで来ていたのだと知りました。(※まだ生きてます)

    つづく

    ルドラクシャday's*❽闇と光と

    ふらりと立ち寄られ
    「重い話ですみません」
    大丈夫ですよ。
    私にとって、皆さんのお悩みは全て等しいものです。重いも何もない。悩みが重いのではないか?など一切心配しなくて良いです。
    ただ、抱えてあるお気持ちをお話しください。

    あなたと私との出会いは必然です。
    過去振り返れば、私は、深い悩みの方が辿り着かれる道にありました。その為にあるのだと自負しています。
    あなたの心が軽くなるように。いつでもいらしてくださいね。
    お気持ち迷われた時、苦しい時、思い出していただければと思います。
    闇があれば、光が射す。
    そういうものです。
    明けない夜はありません。

    占い小道具*オラクルマット

    店内の窓を開け、一夜の"気"を流して、一日の始まりです。

    今日はふと思い立ち、オラクルマットを変えてみました。
    淡いピンク系統の薄紫です。
    このマットから感じるのは、愛の波動です。

    オラクルマットの天使の羽(刺繍)をお客様側に向けてセットし、いざ自分の椅子に座ったら
    ま、眩しい…!!!
    キラキラと目に入って来ます。カードより光っています。
    (こ、これは… 良いのか悪いのか???このマットは失敗か?!)
    お客様側に座ってみました。
    特に眩しさもなく、落ち着いていました。
    鑑定師側の向きはこちらだ!と判明し、向きを変えてセッティング。
    良い感じ。
    いらっしゃる方に、この波動が届くと良いなぁ(^-^)❤︎ 小さなエネルギーワーク

    ルドラクシャday's*❼幸せの種を育てましょう

    「あら。今日はどんなお悩みですか?」
    「特にないけど、顔出しに来ましたよ!」

    「…あ、そうですか。」笑


    お悩みも一山超えて、順調に進んでいる事を報告に来てくださる方もいて、アットホームな宮崎店です。笑
    今は特に悩みはないとのことでしたので、現状のお相手の方とのご関係、お相手のお気持ちなどをカードで出しながら、団欒。
    そのまま、順調に進むことを願って、その為に気をつけることをお伝えしてお見送り。
    笑顔で帰って行かれました。
    こうして、みなさんの抱えてあった心の波が収まって、穏やかに物事進んで行かれることが本当に嬉しく思います。

    "幸せなる"って、ほんの些細なことで変わります。
    気づいていない"自分"を見つけること。
    人(お相手)を変えるのではなく、まずは自分が変わること。あなたが変わることで、お相手もその変化を受け止めて変わって行かれます。
    うまくいきそうな時に、なぜか不安がよぎって、不安が故に自分でその幸せの道を壊していませんか?
    目の前の幸せの行先を信じましょう。
    そして、いま手にしている"幸せの種"を育てましょうね。
    どんな花が咲くか分からない、ちゃんと花が咲くかも分からないといって、わざと踏み潰したらダメですよ(^-^)
    恐れを手放して、ほんの少し、一歩踏み出してみてください。ついつい幸せを壊してしまう癖のある人は、私と一緒にその種を育てましょう。
    大切に育ててゆくあなたの、優しい花が咲きますよ・:*+.:+

    自分の道を生きること 〜番外〜

    今朝方「"生きること"とは?」と考えていたからでしょうか… (参照☆ ルドラクシャday's*❻)
    普段、みなさんの鑑定には使わないカードを引っ張り出して、自分への一枚。
    "種々供養 不惜身命"
    グサッ。。そのまんまですね。。
    (このカードは、教えを通して気づき、学びをもたらすオラクルカードです)

    限りある時間。生き抜きなさいと。
    与えられた現世での課題をやり抜いたのだと安らぎ、現世を去れるよう。自分自身に悔いのないよう。
    日々過ごしまーす。私の道は、いま歩んでいる道。
    みなさんも!ぜひ。
    真実の自分、あるがままの本当の自分を生きましょう。
    そして、あなた自身がまず幸せに向かうことが、あなたの大切にしている人をも幸せにできる、一番の近道です。

    ☀️ 晴れ晴れ

    ルドラクシャ❤︎雑記帳②

    先日は、起床しての5時。
    あるお客様が(午前中に来られる)と直感し、スケジュールを組み直して千里眼へ向かいました。

    漠然と、いらっしゃるのは(午前中? 何時頃かなぁ(^-^))と思っていましたら、その予感のまま、お見えになりました。
    私より早く。笑
    よかった…笑

    朝一番に、お伝えすべきことをお伝えでき、今日のお役目をひとつ果たして安堵。
    ※こうして、どなたかが(来られる)と感じる事は毎回ではありません。休んでいたらごめんなさい!

    私がどれだけ皆さんのお役に立てるだろうかと考える毎日です。まだ見ぬ皆さんにお会い出来ることを楽しみにしています・:*+.:+

    ルドラクシャday's*❻自分の道を生きること 〜on my way

    いくつかのカードを抱えて目が覚めました。
    台風?が近づいているとかいないとか。
    風は強いですね。
    雨音も。

    今朝、カードを抱えて目が覚めたのは
    "明日はどのカードを持っていこう?"
    "皆さんの救いになるメッセージは、どこから拾えるんだろう?"
    そんなことを考えているうちに寝てしまっていました。
    皆さんが探している "生きる" ということ。
    私のここ数日の課題です。
    私の元にお見えになる方は、ピンポイントでお悩み(恋愛、仕事、家庭の問題など)を抱えている方はもちろんですが
    ✴︎これからどう生きていこう
    ✴︎将来の目的が分からない
    ✴︎何をしていけば良いのか
    「特に悩みはないけれど、どう生きて行けば良いですか?」
    そんな方が多いように感じます。
    "人生" 壮大な課題です。
    迷いますよね。
    私も紆余曲折、迷いの連続、そしてまだ旅の途中です。


    人(あなた)が生まれるというのは、偶然ではありません。
    必然です。
    この世の中で沢山ある選択肢の中から、どのような道を歩むのか。それは漠然と"仕事(職)"という枠に捉われるものではなく、その軸となるのは
    "自分の心が喜ぶもの、満たされるものは何なのか"
    であるのではないかと私は思います。
    目的を見失っている方は、過去を振り返ればもしかしたら、御自分の事よりも他の誰かのためを思って行動なさっていらっしゃいませんか?ご自分のお気持ちに蓋をして、周りの人を第一に優先し、大切にしてこられたのかもしれません。
    (中には、他人の願望を押し付けられ、御自分の道筋を見失われた方もいらっしゃるかもしれませんね。失った自分を取り戻しましょう。急がなくていい、ゆっくりとで良いです。過去に置いてきた自分を思い出しましょう)

    御自分の事より先に他者を思い遣ること、大切になさることはとても尊いお気持ちです。
    ですが、生きる道を見失ったと感じる時、まずは "【自分】を大切にする"ことにも、ほんの少し、目を向けてみてください。御自分を大切にするとは何なのか、あなたの持つ輝く内面を見つめてゆきましょう。
    "あなた" が 【あなた】を愛しましょう。
    ・:*+.:+
    皆さんと私との出会いには意味があります。
    ふらりと入って来られてお会いできるのも、引き寄せでありご縁のひとつです。

    長靴を履いて、宮崎店に向かいまーす☔️

    宿り木となるように

    鑑定に際し、私はあなたのことを多く尋ねはしません。占いという手段を通して、お伝えすることをお伝えしています。
    "生きやすくなるヒントをお伝えする"
    それで良いのだと思っていましたが、最近、皆さんにお会いする中で少し考え方も変わってきました。

    あなたのお話に、私が言葉を返します。
    あなたの抱える悩みが、辛く悩むに値するものなのか、本当はすでに手放して良いものではないのか。
    苦しい心を吐露されることで、御心も楽になり、ご自身の抱える重荷も手放せます。それまで気づいていなかった解決の糸口も見つかりもします。
    心の蓋を開けてゆくことで、ご自分の求めている、本当の心の奥底に辿り着きもします。
    例えば、怒りの感情。
    本当に怒りだと思いますか?
    その奥の奥、奥底に隠れているのは"愛情"です。

    迷い込んだ道の霧が晴れるように、皆さんのお話を伺っていこうと思います。
    溢れるお気持ち、なんなりと仰ってくださいね。もつれた糸がほぐれるかもしれません。

    今日の宮崎は、ほんのり雨模様。
    穏やかです。傘はいるかな?

    ふわふわ龍ライフ

    「先生は優しい」
    「怒ることあるんですか?」

    とよく言われます。
    怒りますよ〜
    過去「ルドラクシャの逆鱗に触れた!!」と恐れられたことも
    「ザキミヤ(宮崎)の魔物」(←冗談ですけど)
    と言われたことも…
    一応、怒ると怖いみたいです。

    最近も激怒したことありますね。
    私の大切にしていた知人が、私に親友だと話してくれていたお仲間がいました。彼は、長年(私の知る限り、少なくとも10数年)そのお相手のことを親友だと慕っていて
    「親友なんだよ!ピースフルなんだ!」と嬉しそうに話してくれた日のことが今でも鮮明に思い出されます。

    その彼の言う長年の親友を陥れる工作をし、その親友を貶める誹謗をまことしやかに流し、都合良いように二人の中を引き裂いた人間がいました。
    なぜ引き裂こうとしたのかは明白。
    自分にとって邪魔な人間だったからです。

    こんなことをされて激怒しないわけないでしょう。
    たびたび、その裏工作をしている人間に行いを改めるように伝えました。それは親友さんの名誉の為でもあり、彼のことを思っての事でもありました。
    その人間の行いのお陰で惑わされ、彼はいろんなものを失いました。
    なぜ、彼が親友だと慕っていた人を貶め、彼を孤立させていくのか… 周囲から孤立させることで自分の思い通りに事を運ぼうとする。そうして得るものは果たして"幸せ"というのでしょうか?我欲に満ちて、本当に愚かです。

    ある日のことです。
    一向に心改めるどころか、自分たちはその人(親友)を誹謗しても当然だと開き直られました。
    ブチッ((スイッチON
    「お前たちは自分のやってることを分かっとるのかぁぁぁあ(怒) 如何に愚かなことか自分の心に問いかけてみろ!!!!」

    その翌日、その親友を貶める誹謗文は消えました。消えたことの真実は定かではないですけどね。

    "逆鱗に触れる"って、その逆鱗とは龍の怒り。
    (逆鱗に触れるとはこのことかなぁ〜)と、薄っすら思いながら、行く末を見守っています。
    私の大切にしていた人と、その彼の親友さん。
    再び彼が「親友なんだよ」と私に教えてくれる日を待つ日々です。
    闇はない。光はある。

    ルドラクシャday's*❺DIY占い師

    自分用に、占術(ペンデュラム)のサポート道具を作成。
    いくつかの円を描き、その中を分割し色の塗り分けをして、早速試してみました。なかなか良い感じ。
    地味な作業ですが、無い物は作る!
    占い師といえど、職人ですね。DIY ヽ(^o^)

    浄化用に、浄化スプレーを作ってみたり、浄化の力を高めるまじないをかけた塩を煎じてみたり。
    これだ!と閃いたら日々あれやこれや、思いつくことの試行錯誤。
    改良重ねてパワーアップします!

    夢チャンネル

    夢はいろんなことを教えてくれます。

    私はあることに関して、予知夢を見やすいです。数年先まで見通すこともあります。
    "あることに関して"、というのは自分がそこに目を向けてるからなのかな?と思っていましたが、どちらかというと相手側が発信してくるものを受け止めているようです。
    虫の知らせと似てますね。
    受け止めるには、自分も心開いていなければなりません。チャンネルを合わせることで、お相手の思念が届くんでしょう。
    基本的には、助けを求めている人からの電波をキャッチしているようなので、近い人(知人)であればこちらから連絡をします。
    そうすると、概ねその人にピンチが訪れている時なんですね。窮地に陥ってる時に、なぜか突然私が現れるのはそういうことです。

    必要なことを伝えて、いなくなる。
    いつもそばにいなくても、いつもそこにある。
    離れていても繋がっている。

    裏を返せば、互いに心開きあっていれば、互いの状況が伝え合えるということです。(お相手の感がよければですが…)

    メッセージの送受信という意味では、夢は潜在意識からのメッセージを受け取る事にも使えます。
    夢の中での気になること、印象に残ったことはメモしておくと良いです。その時にはなんのことか分からなくても、意外な時にその意味が腑に落ちます。ご自分の願望が入り混じることもあるのでその点はご注意くださいね。
    夢の通信、なかなか便利ですよ(^-^)❤︎

    ルドラクシャ❤︎雑記帳

    先週は、男の子たちも遊びに来てくれました。
    わいわいと賑やかに占い☆

    こうしてふらっと立ち寄ってもらえる場所になれることが嬉しく、楽しみにしています。

    宮崎店がオープンして、まだ1ヶ月も経っていませんが、いらしてくださった皆さんが残してくれた七夕の願いもすっかり増えました。
    (京都の貴船神社に奉納されるのです。貴船は私が長年行かねばならないと思ってる場所です)
    個人的に、この七夕のツリー、とても陽のあたたかな気を感じます(^-^) みなさんに穏やかな波動が届くと良いなぁ。

    さて。
    入って来られるなり「先生に会いたかったー!」と仰ってもらったこと
    「帰りたくない。。」と仰られた(かなり居心地良かったらしいです。笑)こと
    「スッキリした!」と仰ってもらったこと。

    「また来たい」と仰ってもらって
    「来なくていいです」「え!!!?」「え?!」
    あ。。言葉足らずでした。。
    皆さんにお悩みから解放されてほしいので、お悩みからの卒業ですね。悩みを手放せるように。幸せを手にしてね!の意でした。笑

    "便りがないのは良い知らせ"と言います。
    みなさんが幸せに過ごされることが私の願いですので
    「また来てくださいね!」と言うのも、なかなか複雑。
    このご縁。皆さんの元気なお顔を拝見したいのと、一日も早く悩みが晴れて迷いから卒業してほしいのと… 交差しますね。
    お伝えした道のりへのヒントを、すぐに咀嚼するには時間がかかりそうだったり、悩みが簡単に解決しない方にはゆっくり、じっくり幸せに向かえるように。
    「また来てね!」
    一緒に解決して行きましょう(^-^)

    今日の宮崎は晴れ☀️

    鏡と啓示

    今日は宮崎神宮にお詣りに。

    拝殿に立つと、ちょうど神主さんがご祈祷されており、そのお姿が御神体の鏡に映っていました。
    その時には漠然と、正面に見える鏡(御神体)に目が向いたので、鏡を意識してご挨拶してきましたが

    拝殿から御神体までそこそこ距離があるので、神主さんのお姿が写っていなければ、鏡が目に入ったとしてもそうして目を向けなかったでしょうし、おそらくその意を見落としていました。
    見落せば、こうして考えもしなかったでしょう。

    鏡が祀られている意には、カガミ カ我ミ カミ 神
    "我を無くして神"
    とのこと。
    御神体が迎えてくれたように思います。

    宮崎に訪れたことのご挨拶とともに、自分の願い「私と出会う方々に幸せを。その為に自分が役立てますよう、力使えますよう」
    そう念じましたら、足元から全身にざわざわとした感覚が訪れました。
    お答えいただいたのだと解釈しました。

    無事にご挨拶を終え、今回の参拝の目的であった天照大神を手にし、
    御守りに、小さいまぁるい可愛い水晶も見つけ手に入れたので嬉しい。
    諸々良い兆し。
    日々がんばろーぅ。

    ルドラクシャday's*❹ぶんぶんペンデュラム

    ペンデュラム。
    ダウジングと言う方が皆さんには馴染みあるかな?
    振り子の占いですね。質問を投げかけると、yes.no.シンプルに答えてくれます。(複雑なことも見れます)

    相性をみていました。
    "良いですよ〜"という方向に揺れていて、それも結構大きくブンブン揺れていました。
    「こんなに反応してますよ〜」
    「扇風機を止めてください!」

    …私の背後に扇風機が…!! 笑
    扇風機を止めて、もう一度。
    大揺れでした。


    占術道具は私のエネルギーが入っているので、基本的にお客様にお触りいただくことはないので残念ですが、重いペンデュラム(石系)はまぁまぁずっしりです。軽いペンデュラム(木製)も。
    質問を念じたら動きます。

    端的に現れるので、鑑定途中でペンデュラムが登場することも多々。
    なぜ動くのか、細かいことは私は分かりません。
    一説によれば、持っている人(潜在意識)が動かしてるとも読んだことがありますが、真相は謎です。サイキックの分野かな?
    私としては、"尋ねたら動く(答えてくれる)もの"という認識です。(ペンデュラムのコンディションにもよるので、答えたくないと言われる時もあります。体調悪ければお休みさせて、他のペンデュラムに相談します)
    シンプルで分かりやすい良さがあります(^-^)

    私はペンデュラムを複数持っています。
    それぞれに、ご縁を感じる出会いのエピソードがあり、各自に役割があり。
    とても可愛いので、その話はまたいつか・:*+.:+

    不思議な話① 〜青の仲間〜

    スピリチュアルの世界。
    みなさんは信じますか?

    朝、お店に着くと私は、みなさまを迎える準備を始めます。
    占術道具をテーブルの上に広げ、そのコンディションを整える作業。

    複数のカードたちを、それぞれ手にして、ひとつひとつ繰ってゆきます。
    浄化の意と、カードと心通じあわせる時間です。
    (訪れてくれた方が、不安を手放して未来に進んで行けるかな?)
    そんなことを考えていました。

    チベットカードのケースの蓋を《ポン!》っと開けた瞬間、一枚のカードが。。
    スルッと飛び出てきました。
    (こういう時は、カードから語りかけられてるんですね)
    手にしてみると

    ……………
    その人を、同じように苦しむ
    "もう一人の自分" として受け止めなさい。
    ……………

    まさにわたしへの言葉。
    身につまされます。
    次にタロットカードを繰りました。
    同じく、飛び出てきました。
    (繋がっていそうだなー) と思い、めくってみると

    ペンタクルスの5 (正位置)



    深くその意味を噛み締めて
    (今日はどんなお客様が来られるのかな?)と思いながらの、一日の始まり。

    わたしと、こうした見えない守護たちと一緒にお待ちしてますね。
    あなたの世界に光さしますように。
    …………

    ふと、マヤ暦参照。
    6/21.今日は、"青い嵐"

    私の潜在意識は"青い嵐"なのです。ふむふむ。(インスピレーションでこの流れを解釈)

    今日もみなさんの幸せ願う日になりそうです。

    ルドラクシャday's*❸ I Am Love

    あなたは自分のことが好きですか?
    時々、ご自分の心に問うてみてください。

    見つめるのは
    自分の持つ素敵なところはどこだろう?
    自分のここは治したいけれど…自分のこういうところは好き!

    あなたの持つ内面の美しさを、大切にしてくださいね。
    どんなにつらい時にも、あなたは孤独ではありません。
    時折、がんばってるあなたをしっかりと抱きしめてあげましょう(^-^)
    あなたの素敵なところは、実はあなた自身が一番よく知っているはず。
    この世で唯一の存在です。

    あなたが愛に溢れた人だということ。
    カードがまさにそれを伝えてくれました。

    過去でも未来でもない、"今" この瞬間を大切に、毎日をお過ごしくださいね・:*+.:+

    ルドラクシャday's*❷

    昨日はチベットからのカードをお供にしました。日常の中に、大切な気づきをもたらしてくれる頼もしいメッセージを伝えてくれます。賢者のカードですね〜。
    ・:*+.:+
    朝イチいらしてくださったお客様と、会話しながら引いたら、まさにそのお悩みのお答えが出てきましたので、

    心揺らいだ時には、この気づきを思い出してもらうよう、御守り代わりに写メしていただきました。
    カードは何に気をつけるかも教えてくれます。不安に取り込まれたらどうなるか。「魑魅魍魎!魑魅魍魎!o(^o^)o 負けたら引きずりこまれる〜!これも写メしていいですよ!」

    そのカードの写メはお断りされました。笑

    心を強く、心を強く。
    答えは見えています。
    迷いの道に入り込まず、幸せを手にするために一歩前に進んでくださいね。

    わたしにも今日の一枚。

    "心から祈りましょう
    今日出会う、全ての人の幸せを"

    まさにそうですね。(納得
    私がお会いできた皆さんが、日々の幸せを手にすること。
    いつまでも変わらぬ願いです。
    笑顔の日々をお過ごしくださいね。

    ・:*+.:+

    宮崎は薄曇り。
    時折、小さな雨がぱらぱらと(^-^)☂️ 優しい日になりました。

    ルドラクシャday's*❶

    一日を振り返り。
    お帰りになった方の幸せを願いつつ、鑑定に使ったカードを繰っていました。
    ひょいと一枚。
    "Clear the Fog " (ん?さっき出たカードだなぁ)と、、ぼんやりと思い出しながらもう一枚。
    →"Rise and Shine" (んー?コレもさっき??もしや???)
    →"See the Light" (コレも)
    ここまで来たら???まさか…
    →"Let Go and Flow" (!!)

    お客様へのお答えに出したものが、一連の流れでそのまま揃いました。

    カードたちの全力の応援っぷりがよく分かります。


    お伝えしたいなぁ…と思ってももうお帰りになってしまったので、コラムに残しておきますね。
    大丈夫。
    心配はいりません。

    ………………
    以下、簡単に
    ………………
    迷いの心を晴らしましょう。
    カーテンをあければ、あなたの目の前には輝く朝日が昇っています。
    新たな一日(人生)の始まりです。
    あなたを導く光に目を向けましょう。
    恐れず流れに身を任せて、あなた自身の喜びを大切にしてくださいね。
    もう迷いを手放す時に来ています。
    一歩前に踏み出しましょう!

    あなたの幸せはそこにあります。
    ・:*+.:+

    今日は、普段の生活でふと見過ごしてしまいがちな自分自身へ。心にやさしく向かい合うきっかけを与えてくれるメッセージを伝えてくれるカードを持って行こうかな?
    お帰りの前に一枚、引いてみてください(^-^) 何かの助けになるかと思います。

    今日の宮崎はピーカン☀️晴れ。

    ここは出口のない迷路?

    人は悩む生き物で、悩むからこそ生きていると言えるのだと思います。
    あなたにとって、"迷い"とはなんですか?
    その霧の中、どちらに進めば良いのか?出口はあるのか?とお辛かったりもするでしょうが、けして "悩み苦しむこと" があなたの人生の課題ではありません。
    迷いの先には様々な学びがあって、より一層深く誰かを愛せたり、ご自分を愛してゆけるのです。
    あなたの迷いは、そこに行き着くまでの通過点。
    霧は必ず晴れます。
    今ある場所、真の孤独はそこにはない。
    大丈夫ですよ。
    闇もあるなら光はある。
    闇があるから光がある。
    闇と光、どちらも愛せる生き方を探しましょう。

    皆さんの抱えるお悩みに、自分がどれだけのことをお答えできるかな?と思います。
    私のできることは、みなさんを守る存在からのメッセージをお伝えすることです。
    先日のコラムにも記しましたが、占術を通してお伝えするメッセージ。それは、
    より一層あなたが思い描く幸せに近づいてゆけるように
    より一層あなたが生きやすい道筋を歩んで行けるように
    その為のヒントです。
    道を選ぶのはあなた。道を変えるのもあなた。
    人生の主役はあなたです。
    今この瞬間は、あなたの幸せを見つけてゆく旅の途中ですね。
    勇気を持って一歩踏み出してみるのも世界が変わるかもしれない。迷いのループを手放して、笑顔溢れる日々を手にしましょう・:*+.:+

    今日の宮崎は太陽の光が満ちて、空も青いです(^-^)☀️

    オラクル☆ミラクル

    宮崎店がオープンして、一週間が経ちました。
    「占いは初めてです」
    そう言っていらしてくださる方がいて、ありがたいなと思う毎日です。

    ・:*+.:+

    今日はオラクルカードのお話です。
    オラクルカードとは、御神託メッセージ。オラクル=「神託」「預言」「神の言葉」を意味するカードです。
    護ってくれるものが教えてくれるもの、だと思っていただければよいかな?
    質問にいろんな形で答えてくれます。
    お客様が「なぜ?」と仰られるのと同時に "why?" のカードが出たり(カードからは「なんでなぜと思うの?自分の気持ちに問いかけてみて」という返事ですね。(全部で52枚のうちの1枚です)
    「このままだとストレスを抱えてしまいますよ」とお伝えするのと同時に"stress"が出たり…(こちらは78枚の1枚) まずはご自身のお気持ちを大切にして過ごしてくださいね。

    (もしかしたらソウルメイトなのかもしれないなー)と思いながらカードを出したらまさに!"Soul Mates" (こちらは62枚中の1枚。お二人が出会った意味、互いの学びを大切にして、過ごしていたたければなぁと思います)

    場合によっては同じカードが何度も出てきます。
    今日は私自身に "Reclaim Your Art" のカードが三回立て続けに出ました。訳すれば
    ~アートで魂(スピリット)を表現しましょう~ということですね。
    早速、計画途中だった心当たりのあるものに焦点当ててみることに。

    "Give More"も今日は何度も出てきましたが、カードを繰ってる途中で自ら飛び出てきてくれもして… 笑
    もっとたくさんのものを皆さんに与えなさいということのようです。(皆さんのお役に立てますように!)

    何度も同じカードが出る!そんな時にはなおさら、そのメッセージを大切に心に残しておいていただけると幸いです(^-^)

    今日の宮崎は雨です☔️ 肌寒ーい。

    占いってなに?怖いもの? 〜初めての方へ〜

    "占い"というと、日常生活には馴染みの薄い摩訶不思議な世界ですよね。概ね目には見えないものですし、初めていらっしゃる方は緊張なさると思います。
    ですが、これが意外とおもしろい世界なのです。みなさんにとって、リラックスできる場になればと思います。

    占い師さんもいろんな占術の方がいらっしゃり、いろんなスタイルがあります。(よろしければ千里眼HPにある"占術の案内"もご覧ください。おもしろいですよ・:*+.:+)
    …………
    ルドラクシャにとっての"占い(占術)"は、人生に迷いのある時の選択肢、より良いアドバイスを教えてくれる良きパートナー。親友のようなものであったり、経験を積み重ねた先人であったり。第三の目、占術を通して様々な指南を受けます。

    ご存知の通り、あなたの歩む道はひとつではありません。与えられた運命はひとつではなく、闇は明けます。
    順風満帆であるかと思えば、困難に満ち溢れ、乗り越える壁に立ち向かうこともあるでしょう。
    ですが、八方塞がりではない。

    あなたの目の前にはありとあらゆる道があります。
    その中から、あなたはどの道を選びますか?
    ………
    さて、私は普段、いろんな占術に囲まれて過ごしています。
    ルドラクシャの持つカードやペンデュラム(時々ルーン)、そういった占いの道具ひとつひとつが、質問を投げかけるとアドバイスをくれます。使うものは、その時々に波長の合うものを使用します。道具は一つに定めていません。(テーマに合わせて、5種類ほど。その中からさらに占術道具の性格に合わせて複数用意しています)

    例えばペンデュラム(振り子の占い)にすると、
    ✨女性目線の思いやりある柔らかな性格のペンデュラム
    ✨ハッキリと単刀直入に教えてくれるサバサバ竹を割ったような性格のペンデュラム
    ✨恋愛についてはコレ
    ✨男性目線でのお答えはコレ
    ✨やんちゃで無邪気な相談相手はコレ

    などなど。
    人間のお友達と同じですね。

    基本的には、ご相談に対して短い時間でお伝えして行くので、まぁまぁ一気に駆け巡ります。早すぎる場合には「待った!」を掛けてくださいね。ご質問も、展開の途中でも大丈夫です。思いついた時にお尋ねください。

    ・:*+.:+

    占いのイメージは、あなたとわたしと、もう1人の親友とで会話してる感じかな?あなたが道に迷った時、答えを見つけるの選択肢のひとつにどうぞ(^-^)

    今日の宮崎は晴れです☀️

    ツインソウル ~離れていてもひとつ~ ❶

    みなさんにとって、なくてはならない人はいますか?
    親友であったり、家族であったり、恋人であったり。

    その人と一緒になることができれば、それも幸せの形。
    たとえ結ばれなくとも、そういうお相手に出会えたのだとしたら、今世において最大の目的を果たせたということ、この上ない幸せを得たのだということです。

    離れていてもいい
    相手が幸せであってくれたらそれでいい

    そんな思いを交わしたふたりのお話です。

    ツインソウルとの出会いは、極々稀な、特別なものだと言います。
    ひとつの魂がふたつに分かれて、時空を超えて互いを探し求め、引き合います。

    引き合う、惹き合う。
    理由はなぜか分からないけれど、どうしても気になる。
    まだ、互いを知らないはずなのにすでに相手のことを知っていて、どこか懐かしい感覚すら湧きます。相手の考えていることが言葉交わさずとも分かったりもします。でも、別に知らない人なのです。

    魂の片割れですから、なんとかしてひとつに戻ろうとします。
    ですが、戻ろうとする割には、簡単にはいきません。
    様々な試練が起こることも多いでしょう。
    互いに(こんなにも大切な相手)だと分かっていても、すんなりと思いを遂げるように事は運びません。
    悩み、苦しみ、悲しむことも多いでしょう。

    年が離れていたり、すでに既婚だったり、上手に気持ちを伝えることができずになぜか反発してしまったり、素直になれないが故に相手を傷つけてしまったり。
    本当は誰よりも大切にしたいのに、そうすることが許されないこともあったりします。

    かといって、辛さに耐えられず、離れようとしても、なぜか引き合います。(そもそも離れることが互いを苦しめます。精神を分裂させるようなものですから、逆らわずに自然体でいましょう)

    極端な話、無理やり離れようとすれば周囲から異変が起こることも。
    守護からは一緒にいなさいと言ってるのに、その流れに逆らい続けていれば、事故にでも合うんじゃないかという出来事さえ始まるかもしれません。離れてはならないという一種の戒めですね。。

    なぜ、互いが離れてはいけないのか、それはそのうちに分かってきます。

    一緒にいることも難しい、離れることも難しい。
    とても不思議な関係です。

    つづく

    ルドラクシャ先生 クチコミ情報

    背中を押してもらえて自信がもてました

    落ち着いた口調で優しく色々とアドバイスしてもらえました。今はまだ諦めなくて良いと背中を押してもらえて自信がもてました。ありがとうございました。

    【女性】

    鑑定結果はいつもブレず、希望が持てるものなので、私にはお守りのように感じています。

    ルドラクシャ先生、先程は鑑定ありがとうございました。先生の優しいお声にはいつも癒され、鑑定にはいつも励まされています。鑑定結果はいつもブレず、希望が持てるものなので、私にはお守りのように感じています。まだコロナが収束していないので、ルドラクシャ先生もお体大切になさって下さいね。本日はありがとうございました。

    ルドラクシャ先生の素敵なお力に感謝します。

    いつもいつもありがとうございます。負の感情に支配されてネガティブな方向にばかり意識が向かい、自分でも良くないとはわかっていながら、なかなか抜け出せない日々を過ごしていました。ですが、今日、ルドラクシャ先生に鑑定していただいて、今は信じられないくらい心が穏やかです。最近、彼への自分の気持ちも曖昧だったのですが、我慢していたり無理していたことが取り払われて、裸の心が出てきたような?そんな感覚になって好きが増してます。今なら彼に対して素直になれそうな予感。ルドラクシャ先生の素敵なお力に感謝します。ありがとうございました。

    いつも電話、メールと同じ内容の彼とのことを鑑定して頂いています。

    いつも電話、メールと同じ内容の彼とのことを鑑定して頂いています。何度も他に居ないの?と言われたこともあり、それだけ彼は難しいと言うか、時間がかかり、私が苦しくなる人なんだと思ってます。後悔したくなくて少し進展はあったものの、また自己都合で距離を取られている今、年内ギリギリ連絡来るかなと。会うとしたら1月初め。真剣には向き合えない人。それで良いと思ってる人。それで良いなら私は不要だと思うし、彼都合でしか会うことができないなら時間ばかり過ぎてゆく。<<続く

    続き>>

    続き>>もう、手放さなきゃダメだと、もう1人の私が言ってるのを気付いてるのに、まだやり切ってないと手放せないもう1人の私。葛藤してます。対等に付き合うことができないのは、寂しいです。私からはもう連絡しません。そして連絡が本当に来た時に、その時の私の感情に従おうと思います。色んな方向から、丁寧に鑑定してくれます。私にとってどうする事か良いかを前提に。思い詰めずに、その時が来るまで自分と向き合ってみますね。ありがとうございました。

    彼の気持ちも奥さんの事もとても当たっていたと思います!

    先日は夜分遅くに鑑定ありがとうございましたm(__)m半年振りくらいでしたが、彼の家庭で動きが止まっていた事もあり現状を視て頂きました。彼の気持ちも奥さんの事もとても当たっていたと思います!前回4月に入り、離婚の時期は2年くらいかかると言われましたが、そこから半年経っているので1年半くらいと変わってましたね!少し安心しました。もう少し早くなってくれても全然いいのですが(笑)>>>続く

    続き>>>

    続き>>>来年の夏頃に動きがあるようなので、今と変わらず彼と過ごしていきたいと思います。不安になる事も言われたりしますが、私を試しているということ、キチンと覚えておきますね!奥様も外へ気持ちが向いている?理想の人を探してる?ようなので、どうか良い人が見つかりますようにと祈ります(笑)メッセージもありがとうございました☆今回も優しく鑑定、お話ししてくださり癒されました(^^)またお電話したいと思います!

    先生の暖かいお人柄を感じました

    ルドラクシャ先生 先日は2回に渡り、電話鑑定を有り難うございました。直後に丁寧なアフターメールもお送り下さり、先生の暖かいお人柄を感じました。頂いたメールはあれから何度も読み返して、心の支えにしています。こうして鑑定結果をはっきりと文面にして下さるというのは、未来を占う為の確かなお力がなければ出来ない事ですから…今回、先生との御縁を頂き本当に嬉しく思いました。また「もしかして…でも勘違いだったら~」とモヤモヤしていた事も、先生が明言して下さったお陰でストンと胸に落ちた気が致します。先生の予見された通りに、私の望む先が拓けたら、また改めてお礼と御報告に上がりますね。この度は本当に有り難うございました。

    先生に言われその通りだったなと

    先日は電話鑑定ありがとうございました!その前にもメール鑑定を一度してもらっていたのですが先生と電話で話してから恋愛としての彼との結果はあまり良くはなかったけれど何処となくスッキリして今は仕事の方に集中できています。私から彼に終わりを告げた事をまず第一声に自分の気持ちを誤魔化していると先生に言われその通りだったなと…それから先生が彼は私が戻ってくるのを信じて待ってると仰っていた通り、実は鑑定の後に友人が彼と会って私の話しをした時に彼は戻って来るのを信じてるって言っていたそうなんです。先生の言う通りに彼は自信満々な人でした(笑)1,2ヶ月は彼よりも仕事を立て直す為に頑張ります!

    臨床心理士かと思える位の知識とリーディングでした。

    臨床心理士かと思える位の知識とリーディングでした。名古屋に来ていただいてありがとう御座いました。

    クチコミ投稿フォーム

    下記よりご希望の鑑定方法をお選び下さい

  • ルドラクシャ先生

    対面占い

    対面占い ご予約お申し込みフォーム

    対面占いのご予約をお申し込みの方は、下記フォーム内の項目をすべて記入してください。
    複数名でのご来店の際は、鑑定ブースへの入室はお一人のみでお願い致します。

    (※ご意見・ご要望のみ任意記入項目となっております)

    対面占い ご予約方法

    ご出演スケジュールから日程を選択して下さい

    上記の日程で対面占いのご予約をお取りいたします。


    ※ご予約確認のお電話をさせていただく場合がございます。

    ※ドメイン指定をされている方は「senrigan.info」をご登録ください。

    にリマインダーを受け取る

    お客様の携帯電話の契約状況により、正しく受信いただけない場合がございます。


    ※登録すると、次回から情報の入力を省略できます。

    ログインパスワード設定

    ※半角英数字 4~32文字以内

    ご注意

    • 遺影・遺品や人形などの物品のお持込みはご遠慮させていただいております。
    • 犯罪に関わること、人の生死に関すること、人の不幸を望むこと、ギャンブル・投資に関することについては、鑑定をお受けしかねます。

    対面占いについて

    対面占いは、千里眼の各店舗で行います。ご予約なしでも、鑑定をお受けいただけます。

    あらかじめのご予約をしていただくことで、スムーズにご希望の占い師の先生の鑑定をお受けすることができます。ご予約システムも是非、ご活用ください。

    対面占い 料金システムのご案内

    対面占いは、10分につき1,000円の鑑定料が必要です

    • ※鑑定時間内は、いくつご質問いただいても結構です。
    • ※指名料・予約料は無料です。
    • ※別途消費税10%を頂戴いたします。
    • ※20分コース以上で承っております。
    • ※占い料金は当日、前払いでお願いしております。

    お支払いは現金の他、PayPayをご利用いただけます。

    • ※一部PayPayに対応していない店舗もございます。

    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • ルドラクシャ先生

    電話占い

    電話占い お申し込み

    千里眼の電話占いは、

    『電話占いヴェルニ』

    のシステムを利用してご提供しております。
    ご利用には電話占いヴェルニの会員登録が必要です。以下のリンクより、まずは会員登録を完了させてください。

    既に電話占いヴェルニの会員様は、下記よりご鑑定したい占い師を選んでいただき、『先生に相談する(会員)』のログインボタンより、ログインをしてください。

    パック予約のご案内

    あらかじめ、鑑定時間を決めてご予約いただくことが可能です。
    ルドラクシャ先生の電話占い待機スケジュール
    • 11/26 (木)
      09:00 ~ 12:00
      20:00 ~ 24:00
    • 11/27 (金)
      09:00 ~ 12:00
      20:00 ~ 24:00
    • 12/1 (火)
      09:00 ~ 20:00

    ご注意

    占いの館 千里眼の店舗にご出演の時間帯は、対面占いブース内での鑑定となります。
    店舗来店のお客様があった場合は、

    10分程度でいったん鑑定をお切りいただく

    こととなります。ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    • 事前にパック予約をいただいている場合は、ご指定のお時間中に鑑定が途切れることはございませんので、是非ご利用ください。
    • 店舗出勤以外の時間帯につきましては、占い師の自宅鑑定所での鑑定となりますので、途中で鑑定をお切りすることはございません。

    電話占いについて

    電話占いは、業界最大手の

    電話占いヴェルニ

    とのコラボレーションで全国のお客様に千里眼の占いをご提供しております。
    お近くに千里眼の店舗がない、または直接来店することが難しい方でも、ご自宅にいながら千里眼の占い師の電話占いをお楽しみいただくことが出来ます。

    電話占い 料金システムのご案内

    電話占いは、1分につき240円の鑑定料が必要です

    • ※通話料・指名料・予約料は無料です。
    • ※上記の鑑定料以外の費用は、一切発生いたしません。
    • ※電話占い料金は、電話占いヴェルニの料金設定に準拠します。

    お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済などをご用意しており、 各決済方式からお客様のお好きな方法をお選びいただけます。
    詳細は、電話占いヴェルニの料金案内ページをご確認ください。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • ルドラクシャ先生

    メール占い

    メール占い お申込み

    2020年12月25日をもちまして、
    メール鑑定のサービスを終了いたします。

    これまでメール鑑定のご依頼も多数頂きありがとうございました。

    メール鑑定は終了致しますが、より一層 全国の占いの館千里眼での対面鑑定、電話鑑定での鑑定を行いますので、これまでと変わらぬご愛顧お願い申し上げます。

    占いの館千里眼

    メール占いをご希望される方は、下記「メール占いを申し込む」ボタンをクリックし、メール占い依頼フォームにお進みください。

    メール占い対応の占い師一覧

    メール占い対応可能の占い師一覧は、こちらのページからご確認ください。
    同じお悩みを、

    複数の占い師にご相談

    頂くことも可能です。

    メール占いについて

    メール占いは、千里眼の店舗へのご来店が難しい、または文章で鑑定結果を知りたいといったお客様がメールを使って鑑定を依頼できるサービスです。
    想いを文字にして送信するだけで、返信メール内でご相談いただいた内容についての鑑定結果をお伝えいたします。

    メール占い 料金システムのご案内

    メール占いは、1通につき3,000円の鑑定料が必要です

    • ※鑑定料金は一人の占い師からの返信あたり3,000円です。
    • ※別途消費税10%を頂戴いたします。
    • ※料金は前払い制で頂戴しております。
    • ※当社にてお客様のご入金確認後、鑑定が開始されます。

    お支払いは、お悩みを送信頂いた後、占い師のスケジュールを調整させていただき、 鑑定人数×3,000円(税別)のご請求書を送信致します。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ