占いの館 千里眼。大阪・名古屋・京都・奈良・東京・神戸・静岡・大分・和歌山・札幌・岐阜・三重・沖縄・福岡・広島・愛媛・鹿児島・徳島・香川・山形・岡山・横浜・千葉・福島・岩手・高知・熊本・群馬・滋賀・福井・仙台・山口・宮崎・山梨・長野に店舗を構える、口コミで評判の人気占い師による占い。

占いの館 千里眼 予約センター tel:0120-780-787 電話占い専用ダイヤル:0120-565-447

家門和令先生
かもん あいり

家門和令先生

待機なし

占術

得意分野

不倫・相手の気持ち・仕事・子育て・相性・結婚・対人関係・浮気・転職・三角関係・離婚・家庭問題・恋愛・年の差恋愛・ 婚外恋愛・片想い・出会い・遠距離恋愛・再婚・健康・縁結び・復縁・同性愛・略奪愛・金運・婚活・パワーストーン・開運方法・ 運勢・妊活・縁切り・ペットの気持ち

ご出演スケジュール

  • 12/9 (月) 10:00〜20:00
    【千葉 / 船橋駅前店】
  • 12/10 (火) 10:00〜20:00
    【千葉 / 船橋駅前店】
  • 12/16 (月) 10:00〜20:00
    【千葉 / 船橋駅前店】
  • 12/17 (火) 10:00〜20:00
    【千葉 / 船橋駅前店】
  • 12/23 (月) 10:00〜20:00
    【千葉 / 船橋駅前店】
  • 12/24 (火) 10:00〜20:00
    【千葉 / 船橋駅前店】
  • 12/30 (月) 10:00〜20:00
    【千葉 / 船橋駅前店】
  • プロフィール詳細

  • 対面占い
  • 電話占い
  • メール占い
  • 家門和令先生

    プロフィール詳細

    占い師からのメッセージ

    あなたの心は満たされていますか?
    あなたの心が喜ぶ生き方って何でしょう?
     
    もしも今
    心が痛みにキズついてしまっていたなら
    気持ちの奥の深いところに置き去りにされた
    寂しさや虚しさを
    そのままひとりぼっちにさせないでね。
     
    もう一度『運命のハンドル』を握り直して
    あなたの人生を歩んでいけるお手伝いをします。
    怖がらなくても大丈夫
    一緒にゆっくり回復させていきましょう。
     
    シュンとしぼんでしまったあなたの心に
    “命の息吹”を吹きかけます。
    人生の主人公を生きるあなたに
    いつでもハートから奉仕させて頂きます。

    千里眼からのご紹介

    ご相談者様の魂の星を読み、癒しと希望の未来へと導いてくださる先生です。
    魂に刻まれた宿命も、現在ご相談者様が直面している運命の流れも、
    すべて視通した先生のアドバイスは、
    実行しやすく、しかも必ず幸せへいざなってくれると
    たいへん評判になっております。
    また、ご相談者様の魂を通して、
    気になる方の心や行動も読み取って、
    未来へつながるアドバイスをしてくださいますので、
    家族関係や対人関係のお悩みはもちろん、
    複雑な恋愛に悩み傷ついている方に
    先生の鑑定は特にお勧めです。
    魂が選んだ幸せのステージへと引き上げてくれる、
    深い理解と癒しに溢れた先生の鑑定に、ぜひお越しください。

    家門和令先生 コラム

    『失敗は存在しない』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『失敗は存在しない』です。

    「失敗というものはこの世にない」
    そう言ったらあなたはどう思いますか。

    実は失敗など存在していないので、自分が失敗と思った瞬間に失敗が現実になるだけなのです。失敗と思える出来事があっても失敗と認めなければ失敗ではないのですからね。。

    失敗と思える出来事は日常茶飯事!
    しかしそれはあなたがさらに進化し発展し成長するための絶好の機会であり
    次のステップにアップする貴重な経験なのです。

    だから「失敗してしまった」と一々落胆しないでください。自分を責めないでください。

    成長するための貴重な経験と思いそれを乗り越えてください。
    人生はそうやって永遠に続いていくのですから。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。
    ではまた

    『陰と陽』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『陰と陽』について

    私たちが存在し生きている宇宙。宇宙は陰と陽の二極によって存在しています。
    陰と陽は真逆の性質が分離して存在しています。

    闇と光は陰と陽です。闇と光はまったく違う性質です。
    それは、闇にないものが光にはあり光にないものには闇にはあるからです。
    陰と陽は二つで一つなのです。

    喜びと悲しみ。笑いと怒り。栄光と挫折。成功と失敗。
    すべてセットで片方だけの存在はありません。

    実は、人は陰と陽の両方を経験しながら成長していくのです。
    この経験こそ財産です。

    失恋をしたことのない人は恋愛の相談はできませんし
    失敗したことのない人は人を指導することはできませんね。
    辛くても悲しくても失敗してもそれが当たり前ですからね。
    もし、あなたが今悩んでいるとしたらそれはどうしてか?を考えてみましょう。
    答えは、あなたがいい事だけを求めるから悩むのです。
    悪い事も素直に受け入れることができれば悩むことはありません。

    共にすべての経験を楽しむ余裕をもって生きたいものですね。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。
    ではまた

    『内なる神』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回は『内なる神』について

    皆さんにとっての神さまってどんな存在ですか?
    私もピンチになると自然と胸の前で手を合わせ『どうか神さま助けてください!!』って叫びます。

    でも、本当は神さまって自分の外側に存在するのではなく自分の内側に存在するのです。
    神さまは天の高いとろころに存在するのではなく自分のこころの中に存在するのです。

    私の美しい思考。美しい感情。美しい夢。。
    それは自分のなかの神さまから出てくるものなのです。

    私が他を愛するときそれは神さまが愛しているのです。
    私が愛を感じているときそれは私の内なる神さまが愛で満たされているのです。

    そして私が悲しむときには神さまも悲しみ、苦しんでいるときは神さまも苦しんでいるのです。
    そう、神さまと私はいつも一体なんですね。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。
    ではまた

    『怒り』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『怒り』

    皆さんはどんな時『怒り』を感じますか?
    『怒り』を感じている時を思い推してみましょう。

    怒りはエネルギーを消耗します。
    つい腹を立てて怒ってしまうとテンションは下がり不快な感情がずっと尾を引きますね。
    できれば怒ることのない平安な日々を過ごしたいものですよね。

    ちなみにこの「怒り」どうして生まれるのでしょうか。
    という事で本題に入ります。
    『怒り』その大きな原因の一つが「期待」にあります。
    実は怒りは相手への期待から生まれるのです。

    家事を疎かにする妻に怒る。
    それは妻に家事をしっかりして欲しいと期待するから怒りがわき上がります。
    頼りない夫に怒る。
    それは夫にもっとしっかりして欲しいと期待するから怒りがわき上がるのです。
    「サービスが悪い」と店に怒る。
    それはサービスを良くして欲しいと店に期待するから怒りがわき上がるのです。

    彼や彼女に怒るのも、夫や妻に怒るのも、上司や部下に怒るのも、お店や店員に怒るのも、
    政府や国に怒るのも、、すべて期待するからです。

    では、怒りを治める最善の方法つて何だと思いますか?
    それは期待を放棄することなのです。
    他人の行動を変えることは難しいことですが、自分の期待を放棄することは可能ですね。
    相手に何も求めなければ怒りは湧いてきません。
    最初から上手くはいきませんが、繰り返し意識して『怒り』に対峙してみてくださいね。
    ではまた

    『人間関係における適正な距離』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『人間関係における適正な距離』について

    人間関係は悩みの種ですね。
    なので、人間関係をスムーズに行う秘訣には「適正な距離」というのがあります。

    自分の夫だから、自分の妻だから、自分の子供だからといってズカズカと相手の領域に入っていいわけではありません。
    どれだけ相手を思っていたとしても、相手を干渉し過ぎるのは越権行為なのですからね。
    それは夫婦であっても、親子であっても、他人です。ですから、他人の自由を尊重することが大事なんです。
    実は神さまも人間の行動に干渉しません。なぜなら神さまは人間に自由意志を与えたからです。もし神さまが人間に干渉したら、、神さまは人間に自由意志を与えたことにならないからです。
    ですから神さまは人間が何をしようと見守っているだけなのです。
    求められたときに始めて手を差し伸べるのです。

    人間も同じです。
    相手を優しい眼差しで見ていてあげることも必要です。

    いずれにしても相手の自由を尊重するということはお互いの適正な距離を保つということだと思います。

    最後までお付き合い頂きありがとうございます。

    ではまた

    『他人の評価』その2

    早速ですが、前回の続きです。
    【都合によってコロコロ変わるのが他人の評価】
    こういう話があります。フランスの英雄ナポレオンが、民衆を前にして喝采を受けている時、部下が「閣下、あの民衆の称賛をごらんください!」と言いました。
    すると、ナポレオンは、民衆の称賛ほど当てにならぬものはない。ひとたび戦争に負けると、私を断頭台に送れと言うのだからと言ったそうです。
    このように、人は、ある人が勢いのいい時は、「頑張れ、頑張れ」と褒めそやします。逆に、その人の旗色が悪くなると、手のひらを返したように非難します。これが「他人の目」という鏡の実態なのです。
    「周りから悪く言われた、けなされた」=「あなたが悪い」ということではありません。
    あなたの行いが、あなたをけなした人の都合に、たまたま合わなかっただけなのです。
    逆に、あなたが周りから褒めはやされても、自分はすごいんだと舞い上がって有頂天になるのも危険です。
    あなたの行いが、たまたま、あなたを褒めた人の都合に合っただけだからです。
    都合が合わなくなると、そんなひどい人だったのか。だまされていたと、見方がコロリと変わってしまいます。他人の評価に惑わされてはいけないのです。

    もちろん、周りからよく思われたいという気持ち自体は大事なことです。よく思われたいという気持ちが、善い行いをしようとする原動力になるからです。
    だけれども、無理をしていい人を演じようとするのは、無意味で疲れるだけではないでしょうか。他人の評価というコロコロと転がる玉の上に、何とか上手に乗ろうとしても、いつ引っ繰り返るか分かりませんから、不安で疲れてしまいます。

    ブタは褒められてもブタ、ライオンはそしられてもライオンという格言があります。たとえ褒められたとしてもブタはブタです。けなされたからといって、ライオンはライオンです。周りから褒められようが、けなされようが、あなたそのものは変わらないのです。

    最後までお付き合い頂きありがとうございます。

    ではまた

    『他人の評価』その1

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    こんな記事が目にとまりましたので2回に分けてシェアさせて頂きます。

    『他人の評価は都合次第でコロコロかわる』その1
    他人の評価に振り回されて疲れていませんか?
     最初の「他人鏡」とは、他人の目に映った自分の姿ということです。
    私たちは他人からどう思われるのかを、大変気にしています。
    そして、少しでも他人の目によく映ろうと無理してよそ行きの仮面をかぶったりしています。
    誰しも、よく思われたいという名誉欲がありますから、他人からどう思われるかを全く気にせずに生きていくことは不可能です。
    しかし、他人の評価=自分の全存在と思っているとしたら、これは大変危険なことです。
    なぜなら、他人の目という鏡は、あなたをちゃんと見て正当に評価しているのかというと、全くそうではありません。他人の目とは、その人の都合によってコロコロ変わるゆがんだ鏡なのです。
    室町時代の有名な禅僧、一休宗純の歌に、
    今日ほめて、明日悪く言う人の口、泣くも笑うもウソの世の中というものがあります。
    この歌の意味は、今日まであなたはいい人ねと褒めていても、都合が悪くなるとそんな人とは知らなかった、だまされていたよと、途端に態度を変えて悪口を言いだすのが他人なのだよ、ということです。
    たしかに、あの人はいい人あの人は悪い人とよく言いますが、その基準は何かといえば、それを言う人の都合ですね。自分にとって都合のいい人はいい人に思えます、自分にとって都合の悪い人は悪い人に思えてしまいます。

    その2へ続く

    『出会い』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『出会い』

    社会生活を営んでいると色々な人と出会いますね。
    好きになれない人。嫌いない人。肌の合わない人。相性の悪い人。。
    そんな人と必ず出会います。顔を合わせるだけで不快になったりしますし、ストレスもたまります。
    しかしその人との出逢いはあなたに必要なこと、あなたの愛の人格を磨く貴重な機会なのかも知れません。
    なぜなら好きな人に囲まれていただけだとあなたの魂は成長しませんし、胡麻をする必要はありませんよね。仲良くしょうと無理することはありませんから、好きになろうと努力することもありません。

    しかし、あなたが嫌だと思う相手の良いのところを理解する努力をしてみてくださいね。
    そして、相手の嫌なところを許す努力をしてみてください。
    相手の幸せを陰で祈る努力をしてみてください。それを実践することであなたの魂は成長するのです。そして、気がつけば愛の人になっていくのです。
    だから嫌な人の出会いは感謝なのかも知れませんね。

    最後までお付き合い頂きありがとうございます。
    ではまた

    『NYのある会社のマニフェスト』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回は、NYのある会社のメッセージを紹介させて頂きます。
     
    この会社は「持続可能性、地球に優しい」をモットーに、より良いデザインの服や小物を作って販売しているそうです。その会社のマニフェストとして作られたものが以下のものです。
     
    行き詰まった時、落ち込んだ時、チャレンジしたい時などに非常に勇気付けられる言葉ですので是非読んでみてください。

    これはあなたの人生です。
    自分が好きなことをやりなさい。そして、たくさんやりなさい。

    何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。
    今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。
    時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。

    人生をかけて愛する人を探しているのなら、それもやめなさい。
    その人は、あなたが自分の好きなことを始めたときにあらわれます。

    考えすぎるのをやめなさい。人生はシンプルです。
    すべての感情は美しい。食事を、ひと口ひと口味わいなさい。
    新しい事や人々との出会いに、心を、腕を、そしてハートを開きなさい。
    私たちは、それぞれの違いで結びついているのです。

    自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているかを聞きなさい。
    そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。

    たくさん旅をしなさい。
    道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。

    ときにチャンスは一度だけしか訪れません。しっかりつかみなさい。
    人生とは、あなたが出会う人々であり、その人たちとあなたが作り出すもの。

    だから、待っていないで何か作ることをはじめなさい。
    人生は短い。情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。 

    最後までお付き合い頂きありがとうございます。
    ではまた

    『手放す』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今日のテーマは、「手放す」

    手放すと新しいものが入って来ると言うけれど、、
    一番手放すべきものは、「感情」や「思考」なのかなと思います。

    物でも、仕事でも、手放せないのはそれを失うことへの恐れがあると思うのです。
    物の場合は、まだ使うかもしれないとか、使わないけど、思い出が染みついているとか、

    仕事の場合だと、お金にならないのに続けているとか、気持ち的に気が向かないのに惰性で引き受けているとか・・・

    手放すのは、そのネガティブな感情やそう考えてしまう思考。
    使うかもしれないという考え方を手放せば「必要ならまた買えばいい」に変えたり
    思い出が染みついているとしたら写真に残して浸りたい時に見るようにするとか・・・

    案外そうしてみると、写真にしたことさえ忘れてしまっていることもありますしね。
    その思い出が無いと生きていけないという思い込みから、その思い出が無くても生きていけるという思考に変えればいい。

    お金にならない仕事を手放せないのは、わずかでも来て下さるお客様の顔が浮かぶからでしょうか?
    だとしたら、そのお客様に依存していませんか?

    その依存が、売上が伸び悩む原因かもしれませんので一度、依存をやめてみるとどうなるでしょう?

    惰性で仕事を引き受けるのはどうしてでしょう?
    仕事が無くなることが恐いから?でも、惰性でやる仕事に愛はありますか?

    物、仕事、人を手放すのではなく・・・
    それにくっついている感情や思考を手放すのです。

    すると、新しい感情や思考を受け入れる脳のスペースができます。
    すると、アンテナがキャッチしやすくなるから新しいものが入って来るし、
    受け取るスペースができるから受け取れる。

    来年の計画や目標をこれから立てようとしている方は、
    一度、手放した方が良い感情や思考は何かを考えて、心の整理をしてみると良いかもしれませんね。

    計画や目標はそれから立てると、無理なく、気持ちが入って行くと思います!
    今年も残すところ1カ月ちょっと・・・

    今年のうちに、不要な感情と思考を整理してしまいましょう!

    最後までお付き合い頂きありがとうございます。

    ではまた

    『流れに身を任せる』色はターコイズ

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今日のテーマは、
    「流れに身を任せる」色ボトルではターコイズ

    ターコイズという色にはえ「流れ」というキーワードがあります。

    全てが用意されていたかのような「流れ」を感じる。
    そんな経験したことはありませんか?

    そんな時を思い起こすと
    がんばって手に入れようとしなくても、
    向こうからやって来て簡単に手に入ったり、物事がトントン拍子に決まったりします。

    逆に自力でがんばればがんばるほど、
    欲しいものは遠のいて、骨折り損だったり、
    蟻地獄のように、どんどんハマってしまったり。

    苦しいですよね。

    流れに乗るためには、
    流れが来ていることを見逃さない、流れに逆らわないことですね。

    得に、迷いがある時は、
    流れに乗っているのか、流れが来ていて乗ろうとしているのか、
    流れに逆らっていないかを洞察してみましょう。

    その迷いが、恐くて流れに乗れないだけなのか
    流れが来ているけど勇気が持てないのか
    それとも、流れに逆らおうとしていることが恐いのか。
    これは、似ているけれど、違います。

    流れに逆らおうとする時は、
    時が早く、準備不足であったり、エゴや欲、見栄やプライドがそうさせている
    ということもありますよね。

    まるで、引き際の悪いギャンブラーのようです。

    しかし、流れに乗ることと、楽をすることは違います。

    努力したくない、失敗したくない
    という理由から、自分から行動しないこととは違います。

    流れに乗るというのは、流れに乗れる体力や技術があるから乗れるわけです。

    この流れというものを感じられるようになり、上手く乗るコツが掴めて来ると、
    チャンスを掴みやすい人になるのではないかなと思います。

    サーフィンと同じで「コツ」です。

    ですから、
    コツを掴んでいる人は、人生で何度もその流れに乗れて、
    コツを掴んでいない人は、ずっと自力で船を漕いでいるのかもしれませんね。

    であれば
    流れに乗る練習をしてみると、今までよりずっと早く目的地に行けるかもしれませんよ。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

    ではまた

    『頑張って‼︎』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『頑張って‼︎』

    私たち日本人が好きなフレーズですね。

    つい別れの挨拶にも口にしてしまいます。
    これは、日本人の真面目な気質の現れなのかも知れませんね。

    「親を喜ばせたい」「上司の期待に応えたい」
    「同僚には負けたくない」「いい結果を早くだしたい」etc.

    あなたもそんな思いで頑張っていませんか。
    しかし頑張り過ぎるのは問題です。

    孔子の「論語」に
    「中庸の徳たるや、それ至れるかな」
    というのがあります。

    過不足なく丁度良い加減にバランスをとって行動できるのが人徳として最高であるという意味です。

    バイオリンの弦を緩めれば音は出ません。
    しかし弦を張り過ぎると切れてしまいます。

    何事も中庸が肝心です。

    気持ちが緩んでいては何事も成し得ることはできません。
    しかし頑張り過ぎてはエネルギーを消耗して事はうまく進みませんさらね。

    頑張り屋のあなたにとって
    「頑張り過ぎず気を緩める」というバランスをとることを学ぶ必要があるかも知れません。

    ちなみに宇宙は陰陽のバランスで調和がとれています。

    最後までお付き合い頂きありがとうございます。

    ではまた

    『神さまからのギフト』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『神さまからのギフト』

    人は生きていると、問題に遭遇するとこがあります。
    それも次から次へと続くとお手上げになってしまいますね。
    しかし、それは自分の古い価値観を手放すチャンスなんです。

    例えば、今まで着ていた服が似合わなくなるときがあります。
    去年まであんなに好きで着ていたのに今年になって着てみたら全然違っていてあれっ?
    歳かしら?、、なんて思う事があります。

    でも、それは自分が変化し自分の波動が変わったために起きることなんですね。

    自分が成長すると過去の価値観が合わなくなります。
    それに気がつかずいつまでも過去のままだと問題が起きるわけです。

    人生で起きる問題は神さまからのギフトなんです。
    人生で問題が起きるのは自分の生き方を変えるチャンスです。

    遭遇した問題を素直に受け入れそれを克服し乗り越えていきましょう。
    そうすればあなたはさらに飛躍することができますからね。

    変化はチャンス!
    あなたの魂は成長することを願っているのですから。
    神さまからのギフト、だったら喜んで受け取りましょうか。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

    ではまた

    『人間の本質』とは?

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『人間の本質』について
    さて、いきなりですが、人間の本質とは何でしょうか?
    いきなりでびっくりかも知れませんね。
    それは「愛」なんですね。「愛」が魂の中心であり「愛」が喜びの根源です。

    ではあなたに質問です。
    まず第一に愛すべき対象は誰でしょうか?

    あなたのご両親、あなたのお子さん?
    あるいは、あなたの彼氏や彼女?
    あなたの夫や妻、それともあなたの友人?
    ⁇⁇
    残念ながらすべて違います。では誰??

    それはあなた自身です。あなたは自分を愛することが第一なのです。
    それはあなたの責任であり、自分を愛することができないと他人を愛することはできません。実は、自分を愛することができて始めて他人を愛することができるのです。
    順番が逆じゃない?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、、
    自分を尊び自分を大切にし自分の魂を育てた人が他人を愛することができます。ですから、あなたが「愛」の人になるためにまずは自分を愛してください。
    自分を愛することをけっして後回しにしないでくださいね。

    あなたが幸せに満たされ喜びに溢(あふ)れているとき、あなたの生命は宇宙と調和しています。

    幸せになること。喜びに溢れること。それは神さまの願いです。
    なぜなら喜びこそ神さまの本質だからです。あなたが喜びの中にあるときあなたが幸せの状態にあるときそれは神さまと共にあるのです。

    人は幸せで喜びに溢れているとき、誰かを憎んだり誰かを傷つけたり誰かを怒ったり、誰かを嫉妬したり誰かを責めたり、誰かを裁いたりすることはありません。

    あなたがすべきこと。それは自分を愛し自分を最高の喜びの状態にすることなのです。
    自分を愛すること。自分を喜びで満たすこと。それは人生最大の目的なのです。
    幸せになること。喜びに溢れること。それは神さまの願いです。
    なぜなら喜びこそが神さまの本質だからです。

    あなたが喜びの中にあるときあなたが幸せの状態にあるとき、それは神さまと共にあるのです。
    だって、人は幸せで喜びに溢れているとき、誰かを憎んだり誰かを傷つけたり
    誰かを怒ったり誰かを嫉妬したり、誰かを責めたり誰かを裁いたりすることはありませんよね。

    あなたがすべきこと。それは自分を愛し自分を最高の喜びの状態にすることなのです。
    自分を愛すること。自分を喜びで満たすこと。
    それは人生最大の目的であり、あなたの根源的な欲求は「愛」なのですから。
    愛は色に例えると『グリーン』ハートチャクラの色です。
    あなたが自分自身を愛で満たすと、あなたのハートもグリーンで包まれ温かさと安らぎで満たされます。そして、溢れ出した愛が周りの人達に流れ込みますよ。そして、地球に愛が広がっていきます。

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    ではまた

    『やるべきこと』と『やりたいこと』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『やるべきこと』と『やりたいこと』

    やるべき事をやろうとする。
    やりたい事をやろうとする。

    一見同じように見えますが

    やるべき事は、思考から来ています。
    では
    やりたい事は?それはこころから来ています。

    やるべき事は、義務感や使命感ですが
    やりたい事は、こころからの願望です。

    あなたはいままでやるべき事を充分にやってきたのではないですか?
    ですから
    これからは、やりたい事に目を向けてくださいね。
    それが生命と魂を燃焼させることだからです。

    あなたがいままで、人生で生き甲斐を感じなかったのは
    あなたがやりたい事をしてこなかったからではありませんか?

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。
    ではまた

    『人の目』気になりますね、、

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回は『人の目』気になりますね、、

    人の目を気にしていると、なんだか心が重たくなりますし、しんどくなりますよね
    「あの人、私のこと、どう思っているのかな」
    「わたし、嫌われているのかな」
     
    人の目を気にしていることで「自分は今、どう思われているのかな」と不安になり、気が気ではなくなってしまうからですね。
     
    人に気を遣い始めると終わりがありません。そして自分をどんどん失っていきます。
    いつでもどこでも「人」は存在しているのですから、気の休まる時間がなくなります。
     なので
    人に気を遣うのはほどほどにして、その代わりに、人に親切にする気の遣い方をすればいいかもしれませんし、そのほうが他人の目を気にする不安が消えます。
     だって、気を遣ったところで相手からの反応はありませんが、親切には反応がありますからね。。
     
    でも、反応があるからとはいえ、反応を目的で親切にするとまたしんどくなるので、あくまで自然にできる親切を心がけてくださいね。

見返りを求めはじめるとまたしんどくなるだけです。
    人目を気にして生きていくと、人の目の人生を生きることになります。
     だったら、人目を気にするより、自分らしく生きることのほうが、はるかに大切です。
    人の目より、自分の心に集中しましょう。
     
    自分に嘘をつかず、自分らしく生きてこそ、輝きを放つのではないでしょうか。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。
    ではまた

    『魅力ある男性になるためには?』その2

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    さて、前回に引き続き
    今回のテーマ『魅力ある男性になるためには?』その2
    をお話しさせて頂きますね。

    その2:感動を伝える
    自分が感じた感動をそのまま口に出してみましょう。
    例えば、口先だけで「可愛いね」というのと、相手の肌の白さに感動して、
    「うわぁ~、本当に肌が白くてキレイですねー」というのでは、
    相手の受ける印象がまったく違ってきますよね。
    素直な感動はストレートに相手に伝わりますし、それはどんな文学的な表現よりも、相手を喜ばせる言葉になるのです。
    色に例えると『ターコイズ』深い豊かな海の中で感性の言葉を掴み取る技を覚えましょう!

    その3:表現力を磨く
    褒めることは技術も必要です。ですから、語彙力や表現力の豊かさを養わなければいけません。相手を褒めるということは、同時に相手にあなたの知性が問われる瞬間でもあります。
    例えば、コーヒーショップできれいな女性店員さんがいたとします。
    こんな風に言ったらどうでしょうか?
    「どこかのモデル事務所に入っているんですか」
    これはほんの一例ですが、キレイですねを別の表現に置き換えて褒めるわけです。
    でも、たったこれだけの表現の工夫で、相手の女性は感動します。
    そしてその一言であなたのことを覚えてくれるおまけ付きです。
    色に例えるなら『ブルー』コミュニケーションスキルを磨きましょうね。

    その4:見返りを求めない
    これは下心で女性を褒めないということです。
    自分の利益のために相手を褒めるというのが、一番まずいやりかたです。
    つまり口説こうという動機で褒めないことです。
    なぜかと言えば、女性はするどい直感力をもっていますから、直ぐにあなたの動機を見破ってしまいますよ。また、下心のある褒め言葉は、女性の耳には薄っぺらいウソにしか聞こえません。褒めたつもりが、逆に相手の印象を悪くしてしまうということはいくらでもありますからくれぐれもご注意を。

    さて褒める秘訣を学んだあとは、実践で技術を磨くだけです。
    照れずにどんどん女性を褒めてみましょう。
    最初のうちは失敗をするかもしれません。でもそれでいいんです。
    トレーニングに失敗は付き物です。自転車も何度も転んで乗れるようになります。
    チャレンジ色の『ライム』ですね。
    失敗にめげない努力が、褒め上手な男にしてくれるのです。
    女性を愛し喜ばせてあげるために、いますぐに褒めるトレーニングを始めてくださいね。
    いかがでしたか?
    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

    ではまた

    『魅力ある男性になるためには?』その1

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『魅力ある男性になるためには?』

    たまには、こんなお話をさせて頂きます。
    魅力ある男性になるために不可欠な能力があるのですが、、さて、何だと思いますか?
    それは褒める力です。『えー?いつも褒めてるよ』なぁんていう声が聞こえてきそうですが。。しかし、ここで問題なのは褒める中身ですよ。
    「褒めたいけど、上手に褒められない」そう悩む男性は少なくありませんし、特に日本男児は苦手ですよね。
    と言うわけで、ここで和令(あいり)流?褒め上手になる秘訣を2回に分けてお伝えしますね。

    その1:本質を褒める
    男性はつい女性の外見に目が奪われがちです。
    すると、褒める内容も「可愛いね」「美人ですね」「スタイルいいですね」とかになりやすくなりませんか?しかし通りいっぺんの褒め言葉を言ったところで女性は喜びませんし褒めたつもりでもそれが相手に響きません。さて、それはなぜだと思いますか?
    その理由は表面的だからです。女性に限らず人間は、褒められたい生きものですからね。
    では人はどこを褒められたいでしょうか?
    それは見た目ではなく人間としての本質の部分、つまり教養、知性、品性、才能、努力といった内面を評価されたいのです。

    しかし内面は見えにくいものですから、いかに相手の本質を見つけて褒めるか。それには意識が必要です。意識して相手の本質を探し出す努力が必要になってくるのですよ。
    色で言ったら『ピンク』です。
    最近鑑定にいらっしゃるお客様も男性女性に限らずこの色を選ぶ方が多くなっています。それだけ、自分の存在をしっかり見て欲しい!と言う自己アピールの表れではないかな?と感じています。
    是非、しっかりと中身の美しさ・本質を見てあなたならではの褒め言葉で表現してみて下さいね。

    ではまた

    ー次回に続くー

    『悩み』からの脱出

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『悩み』からの脱出

    人生に悩みはつきものですね。悩みは苦しく辛いものです。
    しかしこの悩みが、魂の成長の糧になるのです。
    そう、悩みを克服することで人は成長しますからね。

    ただ問題に直面しても悩むばかりで何もせず苦しんでいる人がいますが
    これはエネルギーが停滞している状態です。

    悩みを放っておけばますます苦しみは大きくなるばかりです。
    悩んでいるだけでは苦しみから解放されることはありません。

    宇宙はエネルギーが循環していますから静止していません。
    これが宇宙の法則です。

    悩みから抜け出す道。
    それはエネルギーを動かすことです。なによりも行動すること。
    エネルギーを動かせば状況は変化します。行動すれば道は開かれます。

    もし今あなたが悩んでいるのなら、勇気をもって前に一歩踏み出してみてくださいね。きっと悩みから抜け出すことができますよ。

    最後までお付き合い頂きありがとうございました。

    ではまた

    冒険とは? 色で表すとライム

    ご訪問ありがとうございます。
    かもん和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『冒険とは?』

    あなたは今までの人生でどんな冒険をしてきましたか?
    冒険とは、
今までやったことのないことに挑戦すること。
    そう、新たな体験ですね。色で言えば『ライム』若葉色です。ハイハイしていた赤ちゃんが自分で立っちしてぎごちなく始めは尻もちばかりだったけど諦めずに一歩を踏み出した時の誇らしげな表情を思い浮かべてみてください。
    これは新鮮なばかりか、自分自身の成長にとてもつながっているのが分かりますね。

    たとえば、仕事で今までしたことのない仕事をやってみないかと言われた時に躊躇するのではなく、是非「やらせてください」と言ってみましょう。

     そして、このときにポイントがあります。
    「嫌なことに挑戦する」と考えるのではなく「自分が成長するチャンスだ」と考えます。
    自分を成長させるチャンスだという考えの挑戦は、すべて前向き、プラス、成長に転じます。と言うことは、出来事の問題ではなく、「意識の問題」なんですね。

     自分の意識ひとつで起こる出来事の事実が善くも悪くも変わります。
    それは、どう捉えるかだけなのです。

    さあ、ワクワクドキドキのライム色の新しい発見の旅に出かけましょう。

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    ではまた

    本当の自分を見いだすための小さな旅

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『本当の自分を見出すための小さな旅』

私たちはとかく
失敗したもの、失ったものを取り返そうとすると、余計にドツボにはまっていくことがありますね。
     
    そんな時は
    失ったものは取り返そうと思うのではなく、天に捧げたと思うようにすると前に進みやすくなりますよ。
     
    そのうえで、そもそも自分は何を求めているのか?
    自分はどうなりたいのか?
    自分はどんな理想に向かうのか?
    自分は何に喜びを感じるのか?
自分の大切なものは何か?

    何かに迷っている時、悩んでいる時こそ、こういう事を考える時間を持つと、負のスパイラルから早く脱出することができます。

ここで、私の目に止まったあるシスターのお言葉を紹介します
     「神様は私たちの願ったものよりも幸せを増すのに必要なものを与えてくださいます
    それは必ずしも自分が欲しくないものかもしれません
    しかし全て必要なものなのだと感謝して謙虚に受け入れることが大切です」
     
    「何かを失うということは、別の何かを得ることでもあります
    今日より若くなる日は無いのです
    今日という日を私の一番若い日として輝いて生きて行きましょう」

    前向きな言葉は気分が晴れますね。
    最後までお読み頂きありがとうございました。

    ではまた
     

       

    『正精進』

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『正精進』
    精進(しょうじん)のことを、正精進(しょうしょうじん)とも言うそうです。

    その意味は
    やみくもに努力するのではなく、正しい方角に向かって努力しなければならないのだということです。

    ところで、皆さんよくご存知の『ウサギとカメ』の話ですが
    ほとんどが、ウサギがカメを見くびって油断しているうちにカメがコツコツがんばって抜いてしまった。
    だから、油断大敵、慢心は身を亡ぼす、怠惰であってはならないと、油断、慢心、怠惰を戒めた、地道な努力を奨励した話だと思っていますよね。
    私もその通りだと思っていました。
    ところが
    もう一つ、このウサギとカメの話しには大事な教訓があることを知りました。
    遅れ馳せながら、、、ですが

    それは
    ウサギはカメを見て、カメはゴールを見たということ。

    ウサギはカメに勝ちさえすればいいと勝ち負けだけを問題にしていました。
    だから、カメを引き離したと思ったとたん真面目に走る気持ちになれず、手を抜いてしまった。
    一方のカメは、勝ち負けよりも、ただひたすら、ゴールに精一杯、進むことを目指した。だから、ゴールにたどり着くという結果を得た。

    正しい目的に向かう努力は必ず報われるということですね。
    私たちも目先の勝ち負けに振り回されず、何が大事な目的なのかを見極めてそこに向かうのが大事ですね。

    『ウサギはカメを見た、カメはゴールを見た』
    『正しい目的に向かっての努力でなければならない』

    最後までお読み頂きありがとうございました。
    ではまた

    人生の陰陽道

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『人生の陰陽道』

    人生には、陰と陽の道があります。

    陽の道は
    目標を設定して、それに向かって生きていく道です。
    それはちょうど、高く険しい山を目指して、登るような人生です。

    陰の道は
    流れに抗(あらが)わず、身を自然にゆだねて生きていく道です。
    それは小船に乗って川を下るよう人生です。

    いままで私たちは、陽の道のみを教えられて生きてきました。

    いい学校に進学するために生きる。
    いい企業に就職するために生きる。
    いい生活をするために生きる。
    いい人生をおくるために生きる。

    このように、目標に向かって頑張って生きることを教えられてきました。
    しかしこの生き方はエネルギーを大量に消費します。
    目的達成にこだわるあまり心身の疲弊をもたらします。

    でも、実は楽な陰の道もあるのです。

    好きなことをして生きる。
    楽しいことをして生きる。
    やりたいことをして生きる。

    この生き方はエネルギーの浪費がありません。

    自分の本心に従って
    好きなこと、楽しいこと、やりたいことをすることで
    いつの間にか人生が幸せの中にあるのです。

    頑張ることは日本人の美徳です。

    しかし
    自分らしく生きることも美徳です。

    ぜひ自分の本心に従って生きる生き方があることを知ってください。
    そして実践してみてください。

    最後までお読みいただきありがとうございました。
    ではまた

    あなたは何に意識を向けていますか?

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(あいり)と申します。

    今回のテーマは
    『あなたが関心をむけるもの』

    さて、

    あなたは何に関心があり
    何に意識を向けていますか?

    なぜかと言うと

    人生を歩むうえで
    どこに意識を向けて生きるかが
    とても重要だから

    それは
    どこに周波数を合わせ
    同調するかということ

    ワイドショーを賑わせる出来事に
    意識を向けていると
    その周波数に自分が同調し
    自分自身が同じレベルに
    なっていきます

    美しいもの
    楽しいもの
    幸せなもの
    喜ばしいもの
    善なるもの
    に意識を向けるのか?

    反対に

    汚れたもの
    恐ろしいもの
    不幸なもの
    悲しいもの
    悪なるもの
    に意識を向けるのか?

    それによって自分の
    人生の質が変わっていきます。

    そのように

    あなたが意識を向ける方向に
    あなたの人生は導かれるのです。

    どちらを選ぶかは
    あなたの選択次第です。

    では、
    宇宙の原理とは
    どうでしょう?

    それは
    善か悪かの二者択一

    善を選べば繁栄が、
    悪を選べば混沌がやってくる”

    というものなんですね

    話が宇宙まで広がってしまいましたね

    最後までお付き合い頂き
    ありがとうございました。

    ではまた

    宇宙のリズム

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは『宇宙のリズム』

    みなさんは

    「何をやってもうまくいかない」
    そんな経験はありませんか?

    宇宙は陰陽のリズムを刻みながら
    進化発展しています。

    そして
    人間の人生も

    春夏秋冬を繰り返しながら
    リズムを刻んでいます。

    うまくいかないときは
    冬の時代です。

    でも、
    必ず春は訪れます。

    忍耐して頑張っていれば
    必ずその努力が報われる日は
    訪れるのです。

    辛いときこそ

    どうか
    投げやりにならず
    日々を丁寧に真剣に
    生きてみてください。

    そして
    希望を無くさないでください。

    なぜなら

    うまくいかないときは
    うまくいく
    前兆なのですから・・・

    最後までお付き合い頂き
    ありがとうございます。

    ではまた

    『自分を知る」そして、ヘリオ占星術のご紹介

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは
    「自分を知ること」

    これは人生を歩む上で
    とても大切な条件ですね。

    「自分には何の取り柄もない」
    と思い込んでいたり、

    「自分には何の才能もない」
    と嘆いている人がいますが、

    そもそも、
    それは違います。

    だって
    いかなる植物も動物も
    それなりの特徴があり
    個性があり
    能力があるのですから

    鉱物・植物・動物の
    全ての要素を内包し
    プラス、
    創造性と感性を備えた
    人間に取り柄や才能が
    無いわけがありませんよね。

    人にはその人だけの
    オリジナルな能力や
    才能・個性があります。

    要は
    それに『気づく』こと。

    そして
    その能力・才能・個性を
    『活かす』こと。

    これが神さまが人間に与えた
    役割なのです。

    人間の責任ですね。

    最後までお付き合い頂き
    ありがとうございます。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    私の占いツールのヘリオ占星術は
    今までの占星術とは目的がちょっと違います。

    星には、生まれてくる前にしてきた「約束」や人生の「役割」が表現されています。

    人は、自らが生まれる前にしてきた約束を果たしながら生きてこそ、魂の深い部分から満たされるものです。

    この生まれる前にしてきた約束を、ホロスコープをもとに、
    感覚を大切にしながら解き明かしていくのが、ヘリオ占星術なのです。

    星を深く知っていくと、だんだんと星の影響を体感するようになります。

    太陽系が生み出す流れと一体になりはじめると、
    人生が無理なく心地よく流れるようになっていく感覚を実感していきます。

    あなたも、ヘリオ占星術で、生まれる前にしてきた
    『約束や役割』を紐解いてみませんか?

    ☆☆☆☆☆☆☆☆

    ではまた

    未来の創造

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは
    「未来の創造」

    いきなりですが

    あなたの未来は
    どのように
    創造されると思いますか?

    明日のことなんて分からないよ!

    って思うかも知れませんね。

    でもそれは
    実を言えば

    あなたの思考によって作られていくのです。

    そう、

    すべての明日は
    あなたの今日の思考によって
    設計されていくのです。

    あなたが口にする
    言葉
    思考すること

    これが
    あなたの体験となって

    あなたの日々の日常を
    創造していきます。

    なので

    自分に起きる出来事は
    けっして
    偶然ではありません。

    あなたの考えることが

    人生において
    その通りになるのです。

    いかがですか?

    思考は大事ですね!

    ではまた

    愚痴をやめれは『夢は叶う!」

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは
    愚痴をやめれば「夢は叶う!」

    ちょっと良い言葉を見つけました。

    『叶』という漢字の成り立ちです。

    だれでも口から
    マイナスなことも
    プラスなことも

    吐く

    だから【吐】という字は、
    「口」と「+」と「ー」
    で出来ている。

    マイナスなことを言わなくなると
    「ー」が消えて

    【叶】という字になる。

    いかがですか?

    ではまた

    「自分を愛する」 そして、リフレーミングタロットの紹介

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは
    「自分を愛すること」について

    あなたは
    自分を愛することに
    戸惑っていませんか?

    または

    自分を愛することに
    罪悪観を覚えていませんか?

    もし、
    そうだと思えるなら

    どうぞ
    この先をお読みくださいね。

    自分を愛することは
    エゴを満たすことでは
    なく

    自己中心的になることでも
    ありません。

    自分を愛するとは

    自分を大切にすること

    自分に愛を向けることです。

    よく人は
    自分を批判し
    裁いたりします。

    そして

    自分を嫌います。

    でも、
    それは自分を傷つける行為になってしまいます。

    悲しいことですね。

    自分を愛するとは

    ダメに思う自分をも許し
    そんな自分を受け入れ
    労(いたわ)ることです。

    そして、

    自分のこころに
    素直になることです。

    決して
    嫌だと思うことを
    無理にすることでは
    ありません。

    また

    嫌いだと思う人と
    無理に迎合することでも
    ありませんよ。

    迎合するとは
    自分の考えを曲げて、他人の気に入るように調子を合わせること。

    それを繰り返していたら
    いつか爆発してしまいますよね。

    そうならないよう

    どうか、今から
    自分の本心に従って
    生きることを選択してください。

    自分の魂を
    磨いていってください。

    それが自分を
    愛することなのですから。

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    私の占いツールのリフレーミングタロット

    聞き覚えのない方も多いかと思います。

    でも、これは、

    「未来は自分で変えられる!」

    「あなたの潜在意識からのサインを呼び起こす!」

    オリジナルのタロット占いなんです。

    あなたも
    『自分の人生のハンドル』を握り直して
    理想の未来に変換してみませんか?

    ☆☆☆☆☆☆☆☆

    ではまた

    「魂の声 」 そして、カラーボトル占いのご紹介

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは
    「魂の声」

    あなたの魂はどこにありますか?
    その声が聞こえますか?

    えっ?
    て思われましたか?

    いきなりびっくりですよね。

    さて、
    あなたの魂は

    あなたのこころの奥深くにあって

    その声は

    耳を澄まさないと
    聞こえないほどの
    囁(ささや)きです。

    でも、その声は

    あなたの
    偽らざる本心の思いなのです。

    そう、
    潜在意識からのメッセージ

    ところが

    私たちは

    とかく

    現実の事情を優先するあまり
    本心の声に耳を閉ざします。

    そして

    蓋をします。

    すると

    損得勘定や
    好き嫌いの感情で
    動いてしまいます。

    でも、

    魂の声を無視することは
    自分を蔑(ないがし)ろに
    すること

    本心の思いを無視することは
    自分を粗末にすることなんですよ。

    もし、
    あなたが
    無意識のうちに
    そんな選択をし続けていたら・・・

    結果あなたは魂を無視した
    代償として苦しみを経験します。

    自分の魂に意識を向ける。

    自分の本心に耳を傾ける。

    そして自分の魂に従って生きる。

    自分の本心の思いに従って生きる。

    これが人間としての
    在り方であり

    自分らしく
    生きる姿なのです。

    最後までお読み頂き
    ありがとうございました。

    ☆☆☆☆☆☆☆☆

    私の占いツールの1つである

    カラーボトル占いは
    『色の薬箱』

    タロットや星よみと併せて使っています。

    14色のボトルから直感で選んだ色から

    本当のあなたの魂の声を
    聴きにきてくださいね!

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    ではまた

    ネガティブな感情からの脱出

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは「ネガティブ」な感情からの脱出

    私たちは

    ふと

    ネガティブな考えや
    ネガティブな感情に
    支配されることがありますね。

    すると

    ネガティブな
    考えと感情に振り回され

    しまいには

    ネガティブな現実に
    埋没してしまうのです。

    そうなったら辛いですね。

    では、

    そうならないためには
    どうしたら良いか?

    というと

    いつでも
    自分の思考と感情を
    見張ること!

    これが大事なことなんです。

    「自分はいま何を考えているのか」

    「自分はいま何を感じているのか」

    といった

    自分自身の内面を
    チェックする習慣が
    必要なのです。

    否定的なことを
    考えたら・・・

    否定的なことを
    感じたら・・・

    そのつど自分の考えを
    修正しましょう。

    そのつど自分の感情を
    切り替えるのです。

    その習慣を身につけることで
    自分の人生を自分で
    コントロールすることができます。

    自分の機嫌を自分で取ることは

    自分の意志で
    幸せな人生を
    創造していくこと

    に繋がります。

    そして、これが

    ネガティブな感情から脱出する方法です。

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    ではまた

    「即位の礼」で思うこと

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令と申します。

    今回のテーマは「即位の礼」で思うこと

    さて、

    10月22日は
    世界中が注目する
    令和の天皇陛下が
    内外ともに
    即位を宣明されたとても大切な日でしたので

    ニュースなどでも
    お言葉を聴かれた方も
    多かったことと思います。

    ここで、
    天皇家にまつわる
    感動的なお話しの一つを紹介させて頂きます。

    ー紹介文ー

    天照さまが、お孫さんである
    ニニギノミコトに、
    「日本に行って治めてくださいね」
    と言う時に、

    「治らしむ」(しらしむ)

    と伝えています。

    これは、
    「徳を持って、神の声を国民に伝え、国民の声を神に伝えて政(まつりごと)を
    してくださいね。」

    と言う意味で

    「支配しなさいよ。」
    と言う治め方ではなかったということです。

    実際に、仁徳天皇は、
    夕方、かまどから煙が上がって
    夕食を作る時間に
    村から煙が上がっていないのを見て
    侍従に確認したところ、
    「今年は不作で実らず、
    年貢を納めたら
    食べ物がない状態になっています。」

    と言う報告を受け、
    仁徳天皇は、
    「蔵のものを全部村へ出しなさい。」
    と言って、
    お米が配られ、
    村から料理をする煙が
    上がったのを見て、
    仁徳天皇自身が食べるものがないのに、
    「幸せだ・・。」

    とおっしゃられたそうです。

    ー以上ー

    「利他の心」
    「愛」

    を感じるのは、私だけでしょうか?

    『令和』という言葉には

    「世界が調和され、
    平和が永遠に達成される」

    という意味を持っています。

    自分自身が
    幸せな環境を作っていくこと。

    日々のあり方を
    整えていくこと。

    今一度考え直してみたいと思う一日でした。

    長文、
    最後までお読み頂き、
    ありがとうございました。

    ではまた

    喫茶去(きっさこ)

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは
    「喫茶去(きっさこ)」

    これは茶席の禅語の中で最もよく知られている
    私も大好きな言葉の一つです。

    その意味は

    「お茶をおあがりなさい」です。

    これは

    日常茶飯の言葉を豊かにそして絶妙に用いて禅を説いた

    と言われた

    中国唐代の老禅師
    趙州従しん(じょうしゅうじゅうしん)禅師

    の語録にある

    ーこんなお話ですー

    あるとき、
    趙州禅師がその日来山した修行僧の内の一人に
    「曾かつて此間すかんに到るや(あんたはかつてここに来たことがおありかな)」
    と尋ね、

    僧が「「曾かつて到らず(ありません)」
    と答えると「喫茶去」とお茶を勧めました。

    もう一人の僧に同じことを尋ねると今度は
    「曾かつて到る(あります)」
    と答えましたが、その僧にも禅師は「喫茶去」とお茶を勧めました。

    そばにいた院主が
    「初めて来た者に出す茶はいいとしても、以前来たことがある者にも同じ様にお茶を勧めたのはなぜですか?」

    と尋ねたところ、禅師は突然
    「院主さん!」と呼び、
    思わず「はい」と答えた院主にやはり禅師は「喫茶去」とお茶を勧めたのです。

    「趙州喫茶去」という禅の公案にもなっているこの話の真意は
    いずれにしても

    ここで私達が学ぶべきは、
    どんな者にも「お茶をおあがり」とさらりと言った趙州禅師のさわやかな境地につきます。

    客人の貴賤・貧富・賢愚・老若職業などにとらわれることなく、
    さりげなく出された一碗の茶。

    たとえ茶道具は粗末で、
    茶や菓子は十分なものでなくとも、
    真心込めて出された一碗の茶。

    お茶を出すものとして、あるいはいただくものとして、知るべき本当の茶の心が

    「喫茶去--お茶をおあがり」
    という短い言葉の中に込められているのですね。

    こんな、心の余裕
    おもてなしの心を

    常に
    持ちたいものです。

    では、また

    あなたを一番愛しているのは?

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもんあいり)と申します。

    今回のテーマは

    あなたを一番愛している人は
    誰でしょうか?

    あなたなら何と答えますか?

    私の答えは
    あなた自信です。

    自分のことを「嫌いだ」
    と言ってみても
    やっぱり自分のことが
    一番大好きだから

    なぜって

    注意されたり
    否定されたり
    批判されたり
    無視されたりしたら
    傷つきませんか?

    そして腹が立ちませんか?

    もしも答えがYESなら
    それだけ自分を大切に
    思っている証拠

    だから自分を「嫌い」
    と言うのを辞めましょう。

    そして自分をもっと誉めて
    愛してあげてください。

    それではまた

    50代〜ますます素晴らしい

    ご訪問ありがとうございます。
    家門和令(かもん あいり)と申します。

    今年8月で65歳になりました。
    気持ちだけは若いのですが(笑)

    振り返ってみると

    やりたいことが分からず悩み多かった10代
    人生の伴侶に巡り会え『人生最高!』と思っていた20代
    子育てと仕事と時間に追われてあくせくしていた30代
    子どもたちから手が離れ始めて、仕事に生き甲斐を感じていた40代
    自分の趣味に目を向け始め、
    第二の人生を夢見て早期退社を決めた50代
    そして迎えた60代

    どの年代も、その年代でしか味わえない
    素晴らしい機会を体験したなと思っています。

    結婚や子育てや
    仕事の責任が重くなり忙しい時期を経験したり、
    恋する乙女?に戻って胸が熱くなってみたり、、、(汗)

    一丁前に?色々あったけれど、、

    水も甘いも噛み分けて⁇
    の今があります。(笑)

    50代過ぎてからの人生も長いですからね。
    そして、
    女性は、更年期を過ぎると少年に生まれ変わるそうです!

    女性ホルモンが低下すると聞くと
    ネガティブなイメージが強いですが

    最近の研究ではそうではないようです。

    筋トレや運動をすることで、
    テストステロンという男性ホルモンが活発になるので
    逆に元気になるとか。

    でも、
    女性らしさは、経験によって
    脳裏に刻まれているので、女性ホルモンが減るから
    おじさんになるということではありませんから

    ご心配なく!

    但し
    女性を捨てなければ(笑)

    胸の痛い?思いも、失敗も
    すべて経験値

    なので、
    もう一度、やりたいことを思い出したり
    みつけたりして、思いっきり人生を楽しんでみませんか?

    そう思うと、年を重ねることも
    悪くないでしょう?

    ではまた

    初めまして。『無財の七施』

    初めまして、
    10月1日から千里眼船橋店でお世話になっております
    家門和令(かもん あいり)と申します。
    今後とも宜しくお願い致します。

    さて、
    今朝こんな記事が目に留まりましたので
    皆様にもお伝えしますね。

    『無財の七施』
    すでにご存知の方も多いと思いますが
    お釈迦様が唱えられた仏教の教えです。

    誰かのためになりたい、
    何かの役に立ちたい、

    という思いはあっても、

    自分なんか才能もないし、
    体力もないし、
    お金もないから何の役にも立たない

    と落ち込むことが、私たちにはありますね。

    そんな思いに沈んだ時に知っておきたい仏教の教えです。

    財も力も持たないから人の役に立てない、
    と思っている人でも、周りの人に幸せを届けることはできますよと、

    お釈迦さまが教えられたお金のかからないお布施のことです。

    では、その『無財の七施』とは何か?と言うと

    ○眼施……温かい眼差しで接する
    ○和顔悦色施……明るい笑顔、優しい微笑をたたえた笑顔で人に接する
    ○言辞施……心からの優しい言葉をかけていく
    ○身施……肉体を使って人のため、社会のために働くこと。
    ○心施……「ありがとう」「すみません」などの感謝の言葉を述べる
    ○牀座施……場所や席を譲り合う親切
    ○房舎施……訪ねてくる人があれば一宿一飯の施しを与え、労をねぎらう

    の七つです。

    あれっ?じゃあ私すでにやってることじゃあないかな?
    って思われた方もいらっしゃると思います。

    幸せの“おもてなし”

    日本古来の客人を思いやる素敵な考えとも通じますね!

    是非是非、
    出来るところからいかがですか?

    ではまた

    家門和令先生 クチコミ情報

    自分の事も別の角度から鑑定してもらっているようで不思議な気分でした

    17日に鑑定していただきました。ヘリオセントリック星読み、初めて知りました。自分の事も別の角度から鑑定してもらっているようで不思議な気分でした。メールまで下さり丁寧に、詳しく教えて頂いて感動です。ありがとうございました。

    おっとりとした語り口とは裏腹にカードの読みはとても鋭く状況を伝えてくれてます

    おっとりとした語り口とは裏腹にカードの読みはとても鋭く状況を伝えてくれてます。たくさんのメッセージその通りだと思います。どう進めていくべきかまだ迷ってます。鑑定ありがとうございました。

    穏やかな空間の中で、とても良い結果を伝えていただいたのでそうなることを願っています

    家門先生今日は鑑定ありがとうございました。穏やかな空間の中で、とても良い結果を伝えていただいたのでそうなることを願っています。お電話の後、心地よい空気になり落ち着きました。ありがとうございました。

    自ら悪い方向にいかないよう、今日いただいた結果とお話を忘れずにいようと思います

    丁寧にお話していただき、ありがとうございました。良い結果が出たので、あとは自分自身の問題だと思いました。自ら悪い方向にいかないよう、今日いただいた結果とお話を忘れずにいようと思います。

    【女性】

    視え過ぎてて怖いくらいでした(;'∀')

    他の人に相談しても聞いてくれない悩みにも丁寧に鑑定してくださり本当に嬉しかったです(*´▽`*)鑑定の結果もアドバイスも納得させられるものばかりで凄かったです!視え過ぎてて怖いくらいでした(;'∀')不安な事や悩みができたら、また先生にお願いしたいと思います!その時は宜しくお願いします♡♡

    凄い当てられる先生でビックリしました!

    先生の写真を見て、すぐにプロフィールを読み、今の私の心情にぴったりの先生だとすぐに予約を入れました。細かいところまで教えてくださり、凄い当てられる先生でビックリしました!また何か悩みがあった場合は鑑定よろしくお願いします。

    【女性】

    クチコミ投稿フォーム

    下記よりご希望の鑑定方法をお選び下さい

  • 家門和令先生

    対面占い

    対面占い ご予約お申し込みフォーム

    対面占いのご予約をお申し込みの方は、下記フォーム内の項目をすべて記入してください。

    (※ご意見・ご要望のみ任意記入項目となっております)

    対面占い ご予約方法

    ご出演スケジュールから日程を選択して下さい

    上記の日程で対面占いのご予約をお取りいたします。

    ※お友達同士、カップル鑑定は30分以上となります。


    ※ご予約確認のお電話をさせていただく場合がございます。

    ※ドメイン指定をされている方は「senrigan.info」をご登録ください。

    にリマインダーを受け取る

    お客様の携帯電話の契約状況により、正しく受信いただけない場合がございます。


    ※登録すると、次回から情報の入力を省略できます。

    ログインパスワード設定

    ※半角英数字 4~32文字以内

    ご注意

    • 鑑定ブースへのご入室は、一度にお二人までとさせていただいております。
    • 遺影・遺品や人形などの物品のお持込みはご遠慮させていただいております。
    • 犯罪に関わること、人の生死に関すること、人の不幸を望むこと、ギャンブル・投資に関することについては、鑑定をお受けしかねます。

    対面占いについて

    対面占いは、千里眼の各店舗で行います。ご予約なしでも、鑑定をお受けいただけます。

    あらかじめのご予約をしていただくことで、スムーズにご希望の占い師の先生の鑑定をお受けすることができます。ご予約システムも是非、ご活用ください。

    対面占い 料金システムのご案内

    対面占いは、10分につき1,000円の鑑定料が必要です

    • ※鑑定時間内は、いくつご質問いただいても結構です。
    • ※指名料・予約料は無料です。
    • ※別途消費税10%を頂戴いたします。
    • ※20分コース以上で承っております。
    • ※占い料金は当日、前払いでお願いしております。

    お支払いは現金の他、クレジットカード(VISA・Master)、PayPayをご利用いただけます。

    • ※一部クレジットカード・PayPayに対応していない店舗もございます。

    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • 家門和令先生

    電話占い

    電話占い お申し込み

    千里眼の電話占いは、

    『電話占いヴェルニ』

    のシステムを利用してご提供しております。
    ご利用には電話占いヴェルニの会員登録が必要です。以下のリンクより、まずは会員登録を完了させてください。

    既に電話占いヴェルニの会員様は、下記よりご鑑定したい占い師を選んでいただき、『先生に相談する(会員)』のログインボタンより、ログインをしてください。

    パック予約のご案内

    あらかじめ、鑑定時間を決めてご予約いただくことが可能です。
    家門和令先生の電話占い待機スケジュール
    • 12/9 (月)
      10:00 ~ 20:00
    • 12/10 (火)
      10:00 ~ 20:00

    ご注意

    占いの館 千里眼の店舗にご出演の時間帯は、対面占いブース内での鑑定となります。
    店舗来店のお客様があった場合は、

    10分程度でいったん鑑定をお切りいただく

    こととなります。ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    • 事前にパック予約をいただいている場合は、ご指定のお時間中に鑑定が途切れることはございませんので、是非ご利用ください。
    • 店舗出勤以外の時間帯につきましては、占い師の自宅鑑定所での鑑定となりますので、途中で鑑定をお切りすることはございません。

    電話占いについて

    電話占いは、業界最大手の

    電話占いヴェルニ

    とのコラボレーションで全国のお客様に千里眼の占いをご提供しております。
    お近くに千里眼の店舗がない、または直接来店することが難しい方でも、ご自宅にいながら千里眼の占い師の電話占いをお楽しみいただくことが出来ます。

    電話占い 料金システムのご案内

    電話占いは、1分につき240円の鑑定料が必要です

    • ※通話料・指名料・予約料は無料です。
    • ※上記の鑑定料以外の費用は、一切発生いたしません。
    • ※電話占い料金は、電話占いヴェルニの料金設定に準拠します。

    お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済などをご用意しており、 各決済方式からお客様のお好きな方法をお選びいただけます。
    詳細は、電話占いヴェルニの料金案内ページをご確認ください。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • 家門和令先生

    メール占い

    メール占い お申込み

    メール占いをご希望される方は、下記「メール占いを申し込む」ボタンをクリックし、メール占い依頼フォームにお進みください。

    メール占い対応の占い師一覧

    メール占い対応可能の占い師一覧は、こちらのページからご確認ください。
    同じお悩みを、

    複数の占い師にご相談

    頂くことも可能です。

    メール占いについて

    メール占いは、千里眼の店舗へのご来店が難しい、または文章で鑑定結果を知りたいといったお客様がメールを使って鑑定を依頼できるサービスです。
    想いを文字にして送信するだけで、返信メール内でご相談いただいた内容についての鑑定結果をお伝えいたします。

    メール占い 料金システムのご案内

    メール占いは、1通につき3,000円の鑑定料が必要です

    • ※鑑定料金は一人の占い師からの返信あたり3,000円です。
    • ※別途消費税10%を頂戴いたします。
    • ※料金は前払い制で頂戴しております。
    • ※当社にてお客様のご入金確認後、鑑定が開始されます。

    お支払いは、お悩みを送信頂いた後、占い師のスケジュールを調整させていただき、 鑑定人数×3,000円(税別)のご請求書を送信致します。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ