占いの館 千里眼。大阪・名古屋・京都・奈良・東京・神戸・静岡・大分・和歌山・札幌・岐阜・三重・沖縄・福岡・広島・愛媛・鹿児島・徳島・香川・山形・岡山・横浜・千葉・福島・岩手・高知・熊本・群馬・滋賀・福井・仙台・山口・宮崎・山梨・長野・埼玉・茨城・栃木に店舗を構える、口コミで評判の人気占い師による占い。

占いの館 千里眼 予約センター tel:050-2018-3433 電話占い専用ダイヤル:0570-006-550

青山奇跡先生
あおやまきせき

青山奇跡先生

待機中

占術

得意分野

相手の気持ち・不倫・復縁・略奪愛・縁結び・結婚・離婚・浮気・出会い・年の差婚・片想い・年の差恋愛・三角関係・再婚・複雑恋愛・遠距離恋愛・婚期・婚活・復活愛・恋愛・仲直り・前世・過去世・霊障害・仕事・転職・就職・適職・起業・開業・芸能・才能・事業・経営相談・開運方法・運勢・婚外恋愛・子育て・反抗期・学業・受験・転校・転学・嫁・姑関係・親友・友人関係・実家関係・家族問題・吉方位・引越し・転居・対人関係・金運・財運・近未来・将来・相性・トラウマ・ペットの気持ち

ご出演スケジュール

  • 12/9 (木) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/11 (土) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/13 (月) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/14 (火) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/15 (水) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/16 (木) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/18 (土) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/20 (月) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/21 (火) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/22 (水) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/23 (木) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/25 (土) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/26 (日) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/27 (月) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/28 (火) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/29 (水) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • 12/30 (木) 10:00〜20:00
    【東京 / 表参道店】
  • プロフィール詳細

  • 対面占い
  • 電話占い
  • 青山奇跡先生

    プロフィール詳細

    占い師からのメッセージ

    相手の気持ちがわからなくて、ひとりで苦しんでいませんか?
    つらい恋で眠れない夜を過ごしていませんか?
    悩んでいることや困っていることを少しお話くだされば
    一緒にあなたが幸せになるお手伝いをさせていただきます。
     
    あなたの笑顔が私の笑顔でもあります。
    背中を押したい気持ちであなたをささえます。
    どうぞお気軽にご相談下さいね。

    千里眼からのご紹介

    想いを寄せている人の気持ち、
    未来どんな関係に発展していくか。
    恋愛していると気になって仕方ないものごとを
    丁寧に寄り添いながら見てくださいます。
     
    望みがないとあきらめかけていた恋愛も
    青山奇跡先生の未来予測に沿って行動すると
    交際に発展したりご成婚に至るケースも数々。
    あの人との幸せな未来へ近づきませんか。

    青山奇跡先生 コラム

    伏見稲荷大社

    京都へパワースポット巡りに行って来ました。

    まずは伏見稲荷大社、お山巡り、山頂を目指します。
    ご本殿から奥社へ続く参道は朱塗りの鳥居が美しい千本鳥居です。
    古代より朱色は、魔力に対抗する生命力を象徴する力とされてきました。
    稲成大神の神威を表す色として、境内の多くの社殿や鳥居に鮮やかな朱色が塗られています。

    鳥居は1万を超えるそうです。思ったよりもハードな山道、山頂まで往復3時間半、汗だくになって降りてきました。
    パワースポットは随所にあり、盛り沢山のご利益ですが、勢いだけで登ると足腰ふらふらになりますので、最初にガイドマップをよく見たほうがよいでしょう。

    それでもやはり山頂一ノ峰まで行ってよかったです。
    行かせていただいた感があります。感謝。
    邪心を浄化してすっきり、さっぱり、リフレッシュして戻って来ました。

    孔雀の羽

    ふらっと立ち寄った骨董屋さんで、孔雀の羽を入手しました。綺麗なビロードの光沢に魅了されます。

    美しい羽根を持ち、高貴な雰囲気を醸し出している孔雀は、日本のみならず、世界各国で尊い鳥、幸運の鳥と考えられてきました。
    中国の風水においては、この孔雀が「鳳凰」として富と繁栄、開運の象徴とされています。
    キリスト教において、クジャクは日輪の象徴であり、不死の印とされています。
    ローマ時代には、クジャクの羽根は、正義を象徴すると共に神々の鳥としてあがめられていました。

    また孔雀の羽根には、眼のような丸い模様があるため、「100の目を持つ鳥」として、守護を意味し、魔除けでもあります。

    孔雀は、恋愛運アップや富と繁栄ももたらしてくれる、まさに「幸運を呼ぶ」鳥として古代から崇められてきたのです。

    孔雀の羽を眺めながら、ビロードの光沢、絶妙な造形、改めて自然の美に驚かされています。

    肌の潤いと心の潤い

    急に冬めいてきました。
    風に舞う表参道のケヤキ並木の落ち葉で季節を感じます。
    さて、寒くなると気になるのが肌の乾燥です。
    今年も素敵な香りのハンドクリームで気分上々ですが、手だけでなくて全身も気になるので、ボディミルクを購入してみました。たっぷり使えてなんだか潤います。
    肌の潤いは、心の潤いに繋がります。
    心が痛んだり、折れそうな時、たっぷりと身体に潤いを与えてみて下さい。
    自分をいたわり、潤いを足す事で、やんわりふんわり肌以上に心が癒されます。
    毎日のルーティーンに加えてみてはいかがでしょう。

    聖神社の「ムカデ」の色

    秩父の聖神社を訪れたお客様から「ムカデ」に関する新たな情報をいただきました。

    聖神社は金運のご利益もある、ありがたい神社です。
    御朱印帳は金色で、上下に2匹のムカデが刺繍されています。その色はきれいなターコイズブルー、ムカデなのに、なぜこんな色なのか不思議に思っていました。金に映えるように?それともオシャレだから?

    聖神社の掲示板の写メから判明したのですが、

    聖神社創建当時、採掘された和銅石13個と元明天皇下賜の銅製のムカデ(百足)雄雌一対が御神宝として納められ今の「銭神社」の所以になっております。
    ムカデには足がたくさんあるのでお金に困らないともいわれています。

    だそうで、
    あの、綺麗なブルーは銅でつくられたムカデをあらわしてしたんですね!
    上下に2匹いるのも雌雄一体ということなんですね、
    全てに意味がありました。

    ひとつ謎がとけてスッキリしました。

    スナフキンの名言

    物事が上手く行かない時、なんとなく気持ちが落ちた時、ムーミンの名言で元気をもらいましょう。

    スナフキンの言葉に癒されます。

    「君を愛する人は、君のちょっとした不器用さを気にすることはないよ。」

    ムーミンがガールフレンドのフローレンとの関係について悩んでいた時に、スナフキンが言った名言です。

    たとえちょっと自分が不器用であったとしても、愛する人はきっとそんなことは気にしていない。些細なことは気にせず、もっと自分に自信を持っていいんだよとそっと優しく背中を押してくれる、愛に溢れた名言です。

    女性はつい見かけを気にしてしまいがちですが、彼はあなたの些細なことを気にしていません。大丈夫、
    あなたの存在を愛しています。大丈夫です。

    本来の自分を取り戻す香り

    11月になりました。朝夕冷えてきましたね。

    新しいハンドクリームを買いに近くのお店を覗いたら、お気に入りをみつけたので衝動買いしてしまいました。

    ちょっと個性的なハーブの香りです。お店のスタッフさん曰く、瞑想とかに使われているハーブが配合されているとか。

    気になったので調べてみました。HPによると、

    「本来の自分をとり戻すための香り」がテーマとありました。

     中心になるのは、3種の個性的なハーブ。

     ホーリーグラスは古くから“聖なる香りの草”と呼ばれ、ポジティブなエネルギーを呼び込むとされる植物。

     クラリセージには、緊張をふと和らげてリラックスできる優しさが溢れている。

     そしてネトルは古くから守護パワーを持つと言われており、心を温かくして前向きなパワーを引き出す力がある。

     だそうで、ハンドクリームだったら、保湿にもなるし、香りも楽しめてGOOD!

     本来の自分を取り戻すための香りをお守り代わりに、秋を楽しみましょう。

    古代エジプトに想いをはせる香り

    先日行った「ミイラ展」の最後に、猫のミイラの香りの体験コーナーがあり、怖いもの見たさで、嗅いでみました。

    どんな香りだと思いますか?
    2500年も昔の猫のミイラの香り…
    意外な事に、なんとも素敵な神秘的な香り、
    例えれば、上質なお線香を炊いた仏壇の前に
    いる感じでした。
    癒しの香りでなんだか穏やかな気分になりました。

    ぐるぐる巻きの布には香油が染み込ませてあって発掘時に2500年経っても、いい香りがしていたそうです。すごいですね。

    気になって早速、調べてみました。香りを楽しむ歴史のはじまりは、
    ミイラの語源になったミルラ(没薬)、サンダルウッド(白檀)、フランキンセンス(乳香)などなど、防腐剤殺菌に使う為の香木が最初のようで、魔除け厄除けなど、儀式の際、頻繁に使われていたそうです。

    フランキンセンスはタロットカードを浄化したりするのに使われていて、専門のお店でみかけます。まさか古代エジプトのミイラ作りから使われていたとは。驚きです。

    現在では、浄化や心身を癒す効果で注目されています。
    ホワイトセージには邪気を払う力があります。タロットカードの浄化以外にも、お部屋を浄化したい時や香りでリラックスしたい時等に使うのがオススメです。

    香りを楽しみながら、心身を整えて毎日元気に過ごしましょう。

    ラピスラズリのみる夢

    芸術の秋ですね。上野の科学博物館で開催されている「ミイラ展」行ってきました。

    今回は大英博物館から6体の展示ということですが、ぐるぐる巻きの布に包まれていて、最新技術によるCTスキャンの映像にて

    中の様子を知ることが出来ます。

    装飾された棺は木館ですが、とても紀元前のものとは思えないほどまだ美しい彩りを残していました。

    あちこちに使われている深い青の宝石はラピスラズリで、金の黄金色と対照的で、これもまた高貴な色を放っていました。

    ツタンカーメン王の黄金のマスクのレプリカも展示してあり、そのアイラインや装飾はラピスラズリと説明がありました。

    ラピスラズリの歴史は古く、エジプトでは紀元前3000年頃の文明跡から装飾品として見つかってます。

    当時のエジプトでは、ラピスラズリが産出されることはなく、アフガニスタン等で産出したものを輸入して多くの宝飾品に使われていました。

    遠くから運ばれて、高貴な王族や神官しか持てなかった聖なる石、そしてその輝きは何千年も色褪せることなく、故人の復活を祈っている…

    一緒に埋葬されたラピスラズリは、どんな夢をみていることでしょう。

    なんとも悠久の浪漫を感じます。

    水琴鈴

    江島神社で「水琴鈴」を授かりました。
    揺れるたび、キラキラした音に癒されます。

    江島神社の水琴窟は龍の口から水が流れていて、
    手前の穴に流し込み、耳を近づけて聴きます。

    水琴窟は日本庭園の風流を表す音の装置として使われています。 寺の庭や日本庭園の土の中に素焼きの甕を埋め、上から水を注ぐと水滴が中の空洞に落ちる仕掛けです。水滴が落ちるたびにシャラン、シャランという涼やかな音が響きます。

    この音にはリラックス効果があるといわれていて、仕事やストレスなどで乱れた心に落ち着きを取り戻し、癒やしにつながるとされています。
    この水琴窟の音を再現できるように作られたのが、水琴鈴なのです。
    なぜ鈴なのかというと、鈴の音は邪気を払うと信じられているからです。神社にお参りすると拝殿の天井から長い綱が下がり、その上には鈴が取り付けられているのを目にすることができます。お参りをする時には、この鈴を鳴らしてからお辞儀をしてかしわ手を打ちます。
    この作法には鈴の音で参拝者を厳かな気持ちにするとともに、邪気を払うという意味があります。巫女さんが神社で神楽を舞う時に、手に持った鈴を鳴らすのも同じ意味からです。

    水琴鈴は日本古来の知恵を生かし、場を清める鈴の音と心を癒やしてくれます。

    済んだ鈴の音に癒されますように。

    江ノ島岩屋と龍宮

    秋の空に誘われて、江島神社へ参拝に行ってきました。

    お土産やさんが並ぶ弁財天仲見世通りを真っ直ぐ進むと、朱の鳥居が見えてきます。瑞心門です。
    そこから石段を登ったり降りたり。
    かなり足腰に来るので、体調良く元気な時に行かれることをお勧めします。

    江島神社は日本三大弁財天のひとつを奉り、金運・仕事運(芸能)・恋愛運を高める神社です。

    今回は、最近メディアでも取り上げられて、改めて脚光を浴びている「龍宮」江ノ島の裏側にある「江ノ島岩屋」を目指しました。

    「龍宮(わだつみのみや)」は、江島神社の3姉妹の神様が奉納された場所「岩屋」の真上にあたるため、江島神社の中でも最強のパワースポットだそうです。

    10月から宣言も解除になり、秋の行楽も重なって人出は少しずつ戻りつつあります。
    平日はゆっくりのんびりと参拝出来ました。
    混雑する時間帯や曜日を避けて、弁財天と龍神、海からのパワーチャージ、島全体がご利益ありそうな江島神社です。

    パワーストーンの家出

    パワーストーンが突然いなくなったことは
    ありませんか?

    ある日、お気に入りの石が突然消えてしまう、
    パワーストーンは大きな負担をかけられると、耐え切らずに姿を隠してしまう事があるそうです。

    私も以前ラリマーのブレスレットをどこかに
    なくしてしまったことがありました。

    空間に悪い気が蔓延していたり、よくない出来事を受け止めてくれていたかも知れません。

    いずれにせよ、悪い気を持って行ってくれたと
    とらえてよいそうです。

    家出した石は、縁があればまた戻ってきます。
    いつも目に入る場所に戻ってくることが多いみたいです。
    わたしのラリマーも、机の水晶のさざれの上にありました。
    毎日見ていたのに、ずっと探していたのに、
    不思議です。

    お財布の使い始め

    プレゼント用にお財布を買いました。
    秋の新作がたくさん出ています。
    キャッシュレス時代、コンパクトなお財布も
    流行っているようです。

    お財布は金運に関わる大切なものですが、
    縁起の良い日に使い始めたいものです。
    2021年10月の使い初めに良い日を調べてみました。

    3日(日) 一粒万倍日
    9日(土) 寅の日
    12日(火) 巳の日
    13日(水) 一粒万倍日
    16日(土) 一粒万倍日
    21日(木) 寅の日
    24日(日) 巳の日
    25日(月) 一粒万倍日
    27日(水) 天赦日
    28日(木) 一粒万倍日

    新しいお財布で金運アップ!
    ご利益ありますように。

    レインボークオーツ

    以前アイリスクオーツとしてご紹介した虹入りの水晶は、虹の女神アイリス(イリス)に由来します。レインボークオーツとも呼ばれています。

    綺麗な虹の入り方に一目惚れして今回はポイント型のレインボークオーツを買いました。

    水晶が成長する過程でクラックが生じ、光を反射する事で虹が生まれます。

    虹の持つ「希望」のエネルギーはネガティブな思い込みや不安、心配を解消し、前向きな気持ちをもたらします。

    ひとりでもネガティブな気持ちをポジティブに変えて元気に帰っていただけることを願いながら、
    キラキラ光る水晶を眺めています。

    夢こうろ染

    わたしのブースで掛けている鮮やかな布は、京都の奥田祐斉先生の染めによるものです。特殊なその技法は「夢こうろ染」といいます。

    (以下、夢祐斉HPより)

    夢こうろ染(ゆめこうろぞめ)の源は、日本最高位の染「黄櫨染(こうろぜん)の御袍(ごほう)」にあります。平安時代初期の820年、時の嵯峨天皇の詔により、黄櫨染は即位の大礼や大嘗祭など重要な儀式の際に天皇だけが着用できる第一礼装となりました。
    以来1200年の長きにわたり、最も厳格な絶対禁色と定められており、天皇側近以外の目に触れる機会がなく、正確な染色法も一般には知られてなかった事から「幻の染」と呼ばれていました。
    その特徴は、太陽光によって装束が二つの色に変化する事です。
    「太陽を宿す染」といわれ、装束表面に太陽光が当たると、渋い茶色が金茶色に。また、装束の内側まで太陽光が透過する事で、内側が日本の太陽を象徴する「紅色」に変色する事です。

    布は「気」をやどすといいます。
    太陽の光や照明で色が変わる布、高貴なこうろ染のパワーに、毎日元気をもらっています。

    写経の効果

    久しぶりに写経でもやってみようと思い、用紙を取寄せました。

    お遍路さんが使う本格的な写経の冊子は千円くらいでAmazonで売っています。
    下に般若心経のお手本をしいて筆ペンでなぞるだけですが、気持ちを集中しないとすぐに書き損じてしまいます。

    最近、マインドフルネスが注目されています。
                          マインドフルネスとは、今ここにただ集中している心のあり方で、主に瞑想を用います。
    般若心経を写経することは、正にマインドフルネスです。
    「今ここ」に集中することで、日常のストレスを減らすことが出来ます。
    集中することで、「過去の後悔」と「将来の不安」から解放されるからです。
    写経に集中することは、過去や将来に向きすぎた意識の偏りを今に正す作用があるのかもしれません。

    そう思いながら、日々の隙間時間で1行でもかけたらちょっと休憩。急ぐ必要はありません。
    なんだったら机に置いておくだけ、それでもよいと思います。

    集中して何も考えない時間を大切にすることが、
    大事だと感じます。

    江島神社の美人守り

    江島神社の「よくばり美人守」をいただきました。

    日本三大弁財天を奉る江島神社は、田寸津比賣命を祀る「辺津宮」、 市寸島比賣命を祀る「中津宮」、多紀理比賣命を祀る「奥津宮」の 三社からなる御社です。

    江島神社の中津宮の「よくばり美人守」は、「もっとキレイになりたい人」用のお守りです。

    絵馬掛所のピンクのマークは、中津宮独自のもので弁天様の羽衣をイメージしたもので、「よくばり美人守」にも付けられています。

    「もっと美しくなって、素敵な恋愛がしたい!恋愛を楽しみたい!」という方にぜひおすすめのお守りです。

    秋の夜長、恋愛成就だけではなく、自分を磨いて
    次のステージを目指してみましょう。

    乙女座の新月

    本日、9月7日は乙女座の新月です。

    乙女座の新月は、疲れた身体を休ませて、心と身体のバランスをコントロールする力を持っています。
     
    目的を遂行するための実務能力を身につけるにも、乙女座の新月は有効です。

    朝夕涼しくなってきました。
    夏の暑さから秋への気配を感じながら、新月に新たな誓いを立てるのも良いかもしれません。

    キャンデー効果

    9月になりました。曇り空で涼しい今日は、昨日までの蒸し暑かった8月をもう忘れそうです。
    季節の変わり目は、なんだかすぐれず、朝から気が重く感じる事もあるかもしれません。

    少しでも前向きになれますように。
    どうせなら楽しく一日を始めましょう。
    というわけで、キャンデーなどいかがですか?
    もちろん、この場合のキャンデーはちょっとしたご褒美、と言い換える事もできます。

    「キャンディ効果」とは、「いい気分」を作ってから仕事をした方が作業効率が上がり、ミスが減るというものです。
    飴一個でそんなに気分が変わるものなのでしょうか?

    はい、変わります。笑。

    「いい気分」を作り出すためにスモールプレゼントが非常に効果的です。

    キャンディ効果に関する実験は、ショーン・エイカーという心理学者によって行われています。
    ● 実験内容

    架空の患者の症状や病歴を読み上げ、医者にそれぞれ診断してもらいました。
    チームを3つに分け診断前に以下のことをしてもらいました。

    A : なにもしない
    B : 医療記事を読んでもらった
    C : キャンディを配った

    この実験の結果は、
    Cチームが他のチームより、2倍のスピードでしかも正確に診断しました。
    だそうです。

    ちょっとしたご褒美は、自分へのご褒美と捉えてもいいと思います。
    まずは、朝の、これから頑張る私へのご褒美、
    やってみてください。

     

    ウンベラータ

    近くの花屋さんに寄って新しい植物を見るのが楽しみです。
    インテリア雑貨やお洒落なお店でよく見かける木が新入荷していたので、名前を聞くと「ウンベラータ」という観葉植物でした。

    ハート型の丸い大きな葉っぱと、わん曲した白い幹が特徴です。風水的には「恋愛」運、
    そして花言葉は『すこやか』『永久の幸せ』『夫婦愛』と愛情に関しています。
    また丸い葉は「調和」を意味しています。
    丸い葉は、視覚的にも落ち着きやリラックスした雰囲気を与えます。

    ウンベラータをお部屋に配置するときは、人気や恋愛の運気を高めるといわれる南〜南東か、西側の方角に置くのがおすすめです。

    まだ残暑は厳しいですが、随分と日が短くなってきたのを感じます。
    少しずつ秋にスライドする街のウインドウショッピングで気持ちも新たに、わくわくをみつけてみましょう。

    トイレにいらっしゃる神様

    毎日お世話になるトイレには、実は三人の神様がいらっしゃるそうです。

    邪気を焼き払う神様「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」は密教における明王で、
    「烈火で不浄を清浄と化す」功徳があることから、邪気を払い物事をスムーズに進めるご利益がある神様です。
    次に、妊婦と胎児を守る安産の神様「産神(うぶがみ)」家の繁栄を意味します。

    家を建てたときに、様々な神様がやってきて家を守ってくれると言われています。
    さて、ラスボスではないですが、最後の神様、福の神(ふくのかみ)様はトイレにいらゃっしゃるそうです。

     リビングには「大黒天」、門には「毘沙門天」、床の間には「寿老人」、水周りには「弁財天」、キッチンには「かまど神」などなど、家に着いた順番で一番良いと思う場所から取っていくんですが、福の神は重い福袋をかついでゆっくり家にいらっしゃるので、最後に落ち着いた場所がトイレ、だそうです。面白いですね。

    そんな神様達のお部屋はいつも清潔にしておきたいですね。入ったついでに鏡を拭いたり。
    気分をスッキリさせる為にトイレにいったり。
    毎日せっせとお掃除しています。いいことありますように。

    築土神社

    九段下は、靖国神社が有名ですが、靖国神社のすぐ近くにある築土(つぐど)神社も忘れてはいけません。
    ここは平将門や菅原道真を古くから祀り、様々な伝説と謎を残すパワースポットなのです。

    築土神社は、ビルの間にあるコンクリート造りのモダンな社殿です。うっかり通り過ぎてしまうくらいわかりにくい入り口ですが、1000年以上の歴史を誇る神社です。平将門を祀っており、必勝祈願などにご利益があると言われています。
    1日から15日まで領分される「勝守」もご利益ありそうです。
    とにかく、ビルの谷間で何回か通り過ぎる不思議な神社ではあります。

    聖神社の「ムカデ」

    秩父の聖神社を訪れたお客様から、御朱印帳をみせていただきました。

    なかなかインパクトがあります。真ん中にどんと和同開珎、そして上下に「ムカデ」が!
    御朱印帳の黄金色に水色のムカデがよく映えます。確かにとても金運ありそうです。

    実は聖神社の宝物殿にある和銅製のムカデは、元明天皇から賜ったといいます。
    ムカデはその足の多さから、お金に困らないという言い伝えがあります。なので御朱印帳にもしっかりムカデの刺繍が入れてあります。
    そう思って見ると、なんだかご利益ありそうにみえてきます。ちょっとコワイですけど。笑。

    聖神社が「銭神様」と言われる所以は、西暦708年、この場所において日本で初めて自然銅が発掘されました。
    それがきっかけとなり、当時の朝廷は年号を和同と改名し、日本で最初の流通通貨「和同開珎」を発行しました。
    その事から、こちらの神社が金運上昇のご利益があるとされ、関東のみならず、全国から参拝者が集まるようになりました。

    ムカデや和同開珎を模した御守りもあるようです。後で見返して、うふふと微笑む、
    神社巡りの楽しみの一つでもありますね。

    雷を呼び寄せる木

    雨の週開け、いかがお過ごしでしょうか?
    今日は、ちょっと気になった雑学など。

    「ジャイアントセコイア」という木をご存知でしょうか?
    たぶん世界で一番高い木で、80メートルから100メートルにも成長する巨木らしいです。
    どうしてそんなに高いのかというと理由があって、落雷を呼び寄せる為らしいんです。
    え?木が雷?たしかに高い木ほど雷が落ちますが。燃えてしまうのでは?

    でも、ジャイアントセコイアは雷を落としたい。
    なぜなら、山火事がないと繁殖できないから。

    ジャイアントセコイアというのは、周りにスポンジ状の硬い表皮があって、山火事の温度に耐えられるらしいです。中心部が生き残るようになってるので、山火事の温度でないと、その殻みたいな松ぼっくりが割れなくて、中の種子が外に出て行かないという理由があります。
    種の保存の為、自ら雷に打たれる。なんと過酷な
    宿命なんでしょう。

    また、ジャイアントセコイアの根はその巨体に比べ、凄く浅いらしく、そのままだと他の雑草やそこらの樹木に栄養を奪われてしまいかねません。
    そこで山火事で辺りを焼き払うというのです。
    自ら生き残る為に、野焼きまでしてしまうとは。

    約3200年の間、何百世代もの人間の生死を目の当たりにし、厳しい環境の変化にも耐えた、世界最大級のセコイヤはカリフォルニアのセコイア国立公園にあるそうです。

    Rammu(ラミュー)に出演しました。

    メディア取材に出演しました。

    Rammu(ラミュー)
    <恋に迷えるあなたに、次の一歩を。>
    https://lamire.jp/plus/

    「千里眼」東京エリア新宿・渋谷店に潜入!
    人気占い師の鑑定を体験レポ!
                  2021.08.10

    取材は渋谷店で行われました。
    ちょっと緊張しました。笑。

    いつもは表参道店にいますので
    お気軽にお立ち寄りください♪

    ライオンズゲート

    古代エジプトやマヤ文明では、新しいサイクルの始まりとして祝う「惑星の新年」があります。それが8月8日のライオンズゲート。

    それは、しし座=ライオンのエネルギー。地球とオリオンベルト、シリウスの3つの天体が一直線に並ぶ特別な天体配置によって、ライオンズゲートは開かれます。ちなみにライオンズゲートは毎年あります。
    しかし、今年2021年の8月8日(日)は、そこに新月&一粒万倍日が重なる特別なタイミング。

    スピリチュアルでは今年7/26〜8/15は「ライオンズゲート」が開く周期であり8/8はそのエネルギーが最高潮になると言われています。

    次元上昇、願望実現のスピードも早くなると言われていますから、ぜひ「理想の自分」にフォーカスしていきましょう。

    いまからでも、まだ、間に合いますよ♪

    ジェムストーン

    最近興味があって読んでいるのは、「ジェムストーン百科全書」「パワーストーン百科全書」です。
    ジェムストーンって耳慣れない言葉ですね。

    学術用語としての定義は一定していないが、加工によって宝石あるいは飾石として一般的に利用される価値をもった鉱物をさす。とあります。

    宝石の原石、ともかかれています。

    海外では、私たちがイメージする美しい天然石のことを「ジェムストーン(gemstone)」と呼ぶそうです。

    本の第1部は、掘り出した鉱物のままの原石と、カットしたり磨いたりして美しく加工した状態の石の写真を載せてあります。よくぞこの石がこんなにキレイになるかと、職人さんの作業に感心してしまいます。
    第2部は、宝石概論、学術的な数式がたくさん、
    周期表とか化学の教科書のようです。
    これはこれで読み応えがあります。

    なかなか奥が深そうです。

    筆者からは、どうぞその宝石を大切にしてください。なぜならば、その宝石は悠久の時を経て、偶然に偶然を重ねながら残された、貴重な貴重な大地からの贈り物なのですから。とあります。

    そう思うと、なんだかどの石も愛おしく思えてきますね。

    暑中お見舞い

    暑中お見舞い申し上げます。
    猛暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

    お世話になった皆様に、感謝の気持ちを込めて送る一枚のハガキ。夏らしい海や金魚やスイカの柄、今年ももうそんな季節になりました。

    「暑中見舞い」は二十四節気の小暑(7月7日頃)から立秋の前日(8月7日頃)にかけて送るのが通例です。
    2021年の立秋は8月7日(土)です。
    それ以降は「残暑見舞い」になります。
    残暑見舞いを出す理由は、暑い時期に相手の安否を伺い、近況報告をするためですが、昔はお盆の里帰りに先祖へ贈り物を持って行きました。
    次第にお世話になる人へも持っていくようになった、それが「お中元」で、いけない場合に簡略化して、ハガキですませるようになったと言われています。
    ご縁を繋ぐ一枚のハガキは、今は携帯からでも簡単に送れる便利な世の中になりました。
    どうぞお身体大切に。と一文つけて、最近ご無沙汰のあの方に、ちょっと送ってみましょうか。

    楫の三郎山神社

    城ヶ島のパワースポットのひとつ、楫の三郎山神社に行ってきました。
    城ヶ島は三浦半島の三崎口からバスで30分ほど。
    崖好きなもので、笑、つい、そんな場所を選んで行ってしまいます。
    三崎マグロを食べさせる食堂や、お土産屋さんを通り抜け、海岸に出ると.右に鳥居がみえます。

    ご祭神は、対岸の三崎にある海南神社のご祭神、藤原資盈(ふじわらのすけみつ)公の家臣である、三郎という人物だそうで、創建は平安時代の初期です。皇位継承争いに絡んで左遷された藤原資盈が、筑紫国(現在の福岡県辺り)に赴く途中、暴風雨に遭い漂流した末、三崎に着岸しました。このときに船の舵取りを司っていた家臣である三郎を山に祀り、以来その山が三郎山と呼ばれるようになったそうです。

    大正時代の初期頃までは、山には主の大蛇が住んでいて、登ると祟りがあるとの言い伝えがあり、誰一人登ったことがなかったそうです。
    今は、誰でも登れるようになっていますし、大蛇もいないようです。笑。

    美しい海と入り組んだ海岸線、磯釣り、磯遊びをする家族連れ、ダイビングやヨット、夏休みの海は見ているだけで、気持ちがリセットされます。
    ノープランで日帰り半日旅行、夏の日の思い出にもおすすめです。

    明治神宮の夫婦楠

    お天気も良いので、明治神宮へ行ってきました。
    真夏の暑さですが、緑の参道は少し涼やかな気がします。
    拝殿の左隣には『夫婦楠』と呼ばれる2本の御神木があります。向かって左側の楠木はよくみると2本の木が並んでいます。しめ縄がかけられ、お賽銭箱がおかれています。

    夫婦楠と呼ばれて、恋愛運アップに強力なご利益をもたらしてくれると言われています。
    立て札には「この楠は大正九年、御鎮座当時に献木され、御祭神の御加護のもと、大樹に育った御神木であります。」と書いてあります。

    ここは、明治神宮に何箇所かあるパワースポットのひとつです。

    原宿駅からすぐなので、ちょっと足を伸ばして、
    ふらっと散策してみて下さいね。森林浴だけでもスッキリしますよ。

    翡翠(ひすい)

    昨日、緑系のパワーストーンのご相談を受けました。
    まず緑色で思い浮かぶのは、翡翠(ひすい)でしょうか。
    翡翠は、「仁・義・礼・智・信」の5つの徳を備えた石として、持ち主に天の叡智を授け、意識を高め、人徳を与える効果があるといいます。また、古来より「奇跡の石」と呼ばれ、護符としても珍重されてきました。
    風水を重んじる台湾では、どこのお店でも翡翠を売っていましたし、お土産にも喜ばれるとの事でした。故宮博物館の国宝の「白菜」も翡翠でつくられています。
    日本でも縄文時代の遺跡などから勾玉(まがたま)や装飾品として見つかっており、馴染みの深い石です。
    また中国では玉(ぎょく)と呼ばれ、神秘な精霊が宿るとして皇帝や神として崇められていました。

    翡翠はファーストストーンとしては比較的扱いやすいパワーストーンです。
    運気自体を変えたい方、疲れやすいと感じている方、何かにチャレンジしている方、お守りが欲しい方におすすめです。

    片づけ術

    お片付け、特にガラクタをなかなか始末出来ない場合に、本からヤル気をもらうこともあります。

    私が今読んでいるのは、
    「心の中がぐちゃぐちゃで捨てられないあなたへ」(改装版)ブルックス・パーマー著

    タイトルがすでにキャッチーです。笑。
    サブタイトルに、人生を浄化する片づけ術、とあります。
    内面のガラクタが外面のガラクタをつくり出す。
    ふむふむ。わかっていますが、難しいですね。
    心的原因、過去にしがみつくのをやめて、ガラクタを捨てましょう。それもわかるんですが、なにしろ身体が動かなくて〜、と最初はうんちくを並べていても、読み進めていくうちに、不思議に気持ちがほぐれていきます。

    今、半分ほど読み進めました。
    モノを捨ててはいないんですが、スッキリしてきました。片付け術ですが、気持ちの浄化が先に来ます。著者の狙いどおり。笑。
    自分や他人を罰するために、モノを溜め込むこともある。ドッキーン!

    心のガラクタを早く捨ててスッキリしましょう。

    アイリスクォーツ

    最近、あまりパワーストーンを買いに行ってなかったのですが、なぜか昨日、導かれるように石屋さんに入って、店主さんが奥から出してくれた水晶に一目惚れ、衝動買いしてしまいました。

    何個か出してくださった中で、店主さんの一言が決め手になりました。
    「おや?これは虹が入ってるね」
    確かに水晶を灯りにかざすと鮮やかに虹色に輝く角度があります。どうやら縁起がよいようなので、その水晶を頂くことにしました。

    虹入り水晶はアイリスクォーツと呼ばれます。

    アイリスクォーツは、水晶内にクラック(ひび割れ)を持ち、そのクラック面が光を反射する際に虹色の輝きを放つ水晶のことを言います。

    そして、「幸福に導く」という意味を持つパワーストーンです。また、虹入り水晶の名の通り、持ち主を虹色、七色に輝かせる、という意味もあります。
    これらの意味は、持ち主のカリスマ性を高めること、人気をあげるといった効果に繋がっています。芸能関係の人、接客業、サービス業の人に特に効果的とのこと、嬉しいですね。ご利益ありますように。
    また、アイリスクォーツの内包する虹の七色にもそれぞれのパワーが秘められているともいわれています。
    水晶は気の浄化などに使います。今日から頑張ってお部屋の浄化に使い始めました。
    鑑定の際、お部屋で見かけたら、ああこれかと覗いてみて下さい。虹が🌈見えますよ。

    悩みの共有

    梅雨が明けた東京、一気に夏空になりました。
    でも、日々の悩み事はつきません。
    解決出来ない悩みもたくさんありますね。
    そういう場合は、どうしましょう?
    ひとりで解決出来ればそれにこしたことはないのですが。誰にも相談できないほどこじれて、カチカチに固まってしまった毛糸の固まりのようで手に負えなくなってしまうこともよくあります。

    悩みを共有することの効果について考えてみたいと思います。
    まず、誰かに話してみる。誰かって誰?
    友人知人、知り合いはみんな敵に見える時は、知らない人でもいいんです。そのために占いを利用されても良いと思います。あかの他人のほうが話しやすいかも知れません。

    まとまらなくても、とりとめない話でも、言葉にして頭からいったん外へ吐き出しましょう。

    悩みを言語化することで、ネガティブ思考のループを断ち切ることになります。
    そして、共有した相手が味方だと感じることで、「敵しかいない不安」が解消されます。

    悩みを解決しようとすることが多いと思いますが、誰かと共有するだけで効果を感じることもあります。自分の言葉の中に答えが隠されていることもあります。
    一人で悩みをかかえこまずに、言葉にして吐き出して思考に隙間をつくってみましょう。

    プラトー現象

    最近、何か伸び悩んでる…そう感じたことはありませんか?
    仕事や勉強、習い事やスポーツ等、続けていると必ず目の前に拡がる平べったい丘。停滞の丘の事です。
    プラトー現象とは、学習を続けているにもかかわらず、成長が停滞してしまう現象、その時期のことを指します。
    プラトーは「高原」を意味する言葉で、縦軸に成績・上達度、横軸に学習量・練習量をとったグラフ「学習曲線」の形が高原のように見えるのでプラトー現象と呼ばれます。

    プラトー現象は誰にでも起こる現象だと言われているものです。
    しかしこの状態に入ってしまうとやはりモチベーションは落ちてしまうでしょう。
    この仕事、続けて行って大丈夫?私にむいてないのかな、とか、順調にきてたのに勉強しても点数
    がとれない、とか。

    乗り越えるためには、やはり今そこまで来て、プラトーにいるんだなと自覚することが必要です。
    まだ諦めないで、その平坦な丘の先には、越えるとまた見えて来る景色があります。

    くじけそうになったら、ちょっと深呼吸。
    あなただけじゃない。いつでも応援していますからね。

    大塚天祖神社

    ふらっと立ち寄った「大塚」駅の商店街の中に神社があるというので、参拝してきました。
    大塚天祖神社は、樹齢600年の雄雌の一対の銀杏の御神木や、授乳している子育て狛犬が有名で、縁結びや安産や夫婦円満などにご利益があると言われています。

    大塚天祖神社で祀っている神さまは「天照大御神」、読み方は「あまてらすおおみかみ」です。
    天照大御神は、天岩戸のエピソードで有名な、太陽を司る神様で、八百万の神の中で一番尊い神様とされています。
    金運のご利益もあるらしいです。

    運気を上げに、ふらっと神社、ふらっと参拝、
    石段を登って降りて来ると、なんだかすっきりしますよ。お近くの神社、たまたま目についた神社、立ち寄ってみるのもおすすめです。

    マヤベイの思い出

    映画で有名になった「楽園の島」プーケットのマヤベイビーチ、タイ政府はマヤベイの環境破壊が深刻なレベルに達していると判断し、2018年6月以降マヤベイを閉鎖しました。2021年現在も閉鎖期間は無期限となっています。

    バンコクからプーケットに飛んで船でピピ島へ。そしてまた船でマヤベイへと向かうと、絶壁に囲まれた美しい異次元の湾が見えてきます。

    2016年、初めて訪れた時の感動は忘れられませんが、その日バトンビーチで観光客を狙った反政府テロが起きていて、たくさんの被害が出ていたのをホテルのニュースで知りました。たまたま予定変更して、マヤベイに行ってなかったら、危ないところでした。
    パワースポットに助けられたのかも、と思いました。
    それからはコロナ直前まで呼ばれるように年に数回、リセット&パワーチャージに訪れていました。

    最後に訪れたのは、2020年2月、上陸は出来ませんが島の周りを巡ることは出来ました。
    少しずつ、環境が戻って来ているマヤベイに、なぜか涙が出ました。感謝と頑張ってと心で祈りながら、懐かしい気持ちで手を振って帰りました。

    新月の願い事

    本日7月10日は新月です。新月とは、月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29日に一度、新しく月が生まれる日です。

    このタイミングにお願いごとをすると、月の成長パワーが得られてかなうといわれています。

    何か一つお願い事をしてみましょう。
    ノートの端に書いておくと、いつか願いが叶っていた!と気がつく日が来るかもしれません。
    イメージを書き出す事で脳に覚え込ませる、とよく言われます。
    仕事や恋愛、家族の事など、新月パワーとシンクロさせて、月にお願いしてみましょう。

    朝の入浴

    梅雨のこの時期、気分もすぐれないし、体調もなんだか、運気もいまいち、と思う方におすすめは、朝の入浴です。シャワーでもかまいません。

    「朝風呂、もしくはシャワーを浴びる」ということは、寝ている間についた邪気を落とし、浄化させるという効果があります。
    代謝をあげるので嬉しいダイエット効果もあるといいます。
    ただし、血圧が高い方や持病をお持ちの方など、それぞれのご都合に合わせてくださいね。

    わたしも朝は一浴びして、からだと気持ちを浄化してから出勤するようにしています。
    とはいえ、慌ただしい朝の時間、ゆっくり浴びてはいられませんから、バスタブにすねの高さくらい溜めて、お気に入りのバスソルトを入れ、さっとつかり、それをバシャバシャ肩からかけておしまいです。
    それでもシャキッと気が引き締まります。
    邪気はお湯と一緒に流しましょう。

    憂鬱な気分を洗い流して、今日も楽しくいきましょう。

    モンステラ

    街を歩くと、モンステラをよく見かけるようになりました。
    大きな丸い葉にざっくりと入った切れ込みが特徴のモンステラは風水では開運アイテムとして人気の観葉植物のひとつです。
    モンステラといえば南国、ハワイ、リゾートのイメージが強いですが、亜熱帯化しつつある昨今の日本ではあちこちの花屋さんで見かけるようになりました。観葉植物の中でも比較的育てやすいし、室内でもあまり置く場所を選びません。

    モンステラに限らず、風水では観葉植物には「悪い気を吸収して、良い気を運んで運気の流れを整える」効果があるとされています。

    存在感のあるモンステラはその風水的なパワーも強く、邪気を払う効果が高いようです。
    さらにその効果を強めるには、お部屋の南、南西の方角に置くのがおすすめだそうです。

    くるりと巻いた葉っぱが開くと、最初からちゃんと隙間が開いているのが不思議です。
    小さい葉っぱのミニモンステラも可愛らしいですね。
    モンステラは観葉植物を育てることが初めての人でもお手入れのしやすい観葉植物なので室内に置いて良い「気」を運んでもらいましょう。

    日枝神社

    『日枝神社』は、国会議事堂近くの永田町にあり、政財界から絶大な崇敬を受けている格式高い神社です。
    以前、仕事関係の仲間と成功祈願と厄除けの為、全員で参拝しました。
    赤坂駅、赤坂見附駅から歩くと、山の形をした独特の大鳥居が目印になります。日本の政治経済の中枢を護る強いパワーを持ち、仕事運・出世運のパワースポットとしても有名ですが、知る人ぞ知る婚活パワースポットでもあります。

    境内にある猿田彦神社は強いパワーがあり、進むべき道を決めるヒントをもらえるようです。

    転職や新しいビジネス、そして恋活にもご利益がある日枝神社、東京の真ん中、赤坂駅から近いの
    で、アクセスはよいですが、思ったよりもけっこう本殿までは起伏があるので、ゆっくり坂道を登りましょう。石段を勢いよく登って、後で筋肉痛になられませんように、お気をつけ下さい。

    パレードの法則

    「パレードの法則」をご存知ですか?
    働きアリの法則という考えがあります。
    働きアリはよく働く2割のアリが8割の食料を集めてくるというものです。
    そして、サボっている2割のアリを排除しても、残った8割のアリの中からサボるアリが出始めるという事です。
    この2対8の割合はたいていの事象に当てはめる事が出来ます。
    人間関係にもこのパレードの法則をあてはめるならば、会社、コミュニティの中にいる限り、アンチな人は出てきます。逆にあなたを好きでいてくれる人も必ずいます。
    望まない人はいる前提で、あなたが好きな人やあなたを好きな人を大切だと思えれば、人間関係も少しだけ楽になるかもしれません。
    そして、この考えをいいねと思う人も8対2でしょう。何事も完璧はないという話です。

    この木なんの木

    ♫この木なんの木、気になる木♫、小林亜星さんのCMソングで有名なこの木は、モンキーポッドという木で、ハワイのオアフ島のモアナルア・ガーデンにあります。

    ハワイに行くとホテルのチェックインまで時間があるので、午前中は市内観光をつけるツアーが多いです。気になる木も、日本人観光客にウケがいいのと、たくさんの人が訪れるハワイのパワースポットとしても知られていて、ガイドに連れられ緑の芝生の中に何本かそれらしき木を、あれかな?と予想しながら近づいていきます。
    やはり、CMの木は格別に違います。
    大き過ぎて、入りきれず離れたところから写真を撮りました。
    「日立の樹」というCMソングが流れる企業CMは1973年から放送がスタートしましたが、1976年から放送され始めた2代目のCMで初めてモンキーポッドが採用されたそうです。
    この木を守るため日立はガーデンの管理費を一部負担しているという話も当時ガイドさんが語っていました。

    木の寿命は人よりも長かったりします。屋久杉などは樹齢3000年も長生きします。
    この木なんの木♫と、亜星さんの歌もずっと歌い継がれていくのでしょう。ご冥福をお祈りします。

    クリスタルチューナー

    クリスタルチューナー、クリスタルは水晶、チューナーは音叉のことです。空間の古い不要なエネルギーをスムーズにリリース、クリーニングするツールです。
    音叉と水晶を一緒に使うことで、水晶の持つヒーリングパワーを増幅し、様々な浄化に使用することができるので、私は、すっかりしたい時や、何か始める前などに鳴らしています。
    キーンという澄んだ音が時には心地よく、時にはびっくりするほど響くこともあります。
    自宅で使用していますが、周りに迷惑をかけないよう力加減はほどほどに。笑。
    高周波に調律されたチューナーで、ヒマラヤ水晶ポイントをやさしく叩くと、水晶を伝わって音が伝導します。
    ネガティブな気持ちを癒したり、音を聞くだけで浄化される気がします。片付けしたら、空間浄化、空気も整えてみましょう。

    空間浄化

    昔読んだカレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば自分が見える」の著書の中に「スペースクリアリング」という言葉がありました。訳せば「空間浄化」、まだ断捨離も流行る前の頃の本ですが、この本を読んでガラクタをたくさん捨てた経験があります。
    最近、鑑定内容でも「空間浄化」が気になり、ご提案することが多いです。
    ガラクタそのものを捨てるだけでも、室内のエネルギーの流れがよくなり、暮らしやすくなるという効果があります。
    持ち物一つひとつを見ながら、
    「これは何を象徴しているかしら?」
    「私の望んでいる効果を与えてくれているかしら?」と自問してみると、エネルギーレベルを下げているものが出てくるので、それを処分しましょう。お気に入りのアップテンポの曲をかけながら、ガラクタが外に出ていくのをイメージしましょう、などと書いてあったのを思い出しました。

    モノはすぐに溜まります。空間にいい気を行き渡らせる為にも、少しずつガラクタを片付けていきましょう。そしてネガティブな心のガラクタも一緒に捨てましょう。

    ライムポトス

    梅雨でお出かけも空とのにらめっこ、おうち時間が長くなるこの時期、観葉植物を育ててみるのもいいかも知れません。
    とはいえ、私もけっこう植物を枯らしてきました。つい最近も頂いたミニ盆栽を枯らしたばかり。気をつけていてもなかなか難しいですね。
    個人的におすすめなのは、ライムポトスです。ライム色の明るいビタミンカラーに癒されます。水栽培で簡単に増えます。毎年この時期に売っているのを見かけます。
    そして比較的ポトスは育てやすく枯れにくいので、初心者にも扱いやすい観葉植物です。
    ハート型の葉っぱが可愛らしく、風水では観葉植物がよく用いられます。ポトスは、「自己の活性化」や「恋愛運アップ」の効果があるとされる植物で、丸い葉っぱには人の気持を和らげる作用があるそうです。
    また、ポトスは「永遠の富」という花言葉の影響から、金運を上げてくれるとされ、銀行や企業のロビーによく飾られます。確かに銀行で待っていると、植込みによく見かけますね。
    また、繁殖力旺盛で緑を絶やさないことから「華やかな明るさ」という明るいイメージの花言葉を持っています。

    生活に緑を上手に取り入れて、気持ちを明るく、日々を過ごしましょう。

    サン・ピエトロ大聖堂

    イタリアのバチカン市国の「サン・ピエトロ大聖堂」は世界的パワースポットとして知られています。
    かつてローマの郊外であったバチカンの丘のペトロの墓と伝えられる場所に後世になって建てられました。ペテロは12使徒のひとりです。
    イタリアを代表する大聖堂で、世界最大級のカトリック教会として知られる「サン・ピエトロ大聖堂」、まず、圧倒されるのは、入り口のサン・ピエトロ広場です。284本の円柱で装飾された回廊によりぐるりと広場を取り囲むように構成されています。回廊の上には、ベルニーニの弟子らが作成した140体の聖人の像が飾られていて、もうそこに立つだけでも膝がガクガク、冷や汗したのを覚えています。
    建物の中も素晴らしいのですが、当時の私には広場を取り囲む3メートル越えの140体の聖人像をみただけで十分だと思われました。
    あまり、中も見ないですぐに出てしまいました。

    場所の気というのはやはりあって、沢山の人達が集まるところは何とも言えない強い気が流れています。良い気が流れている場所に行って浄化されたり、元気をもらったり。そういうところがパワースポットが人気の由縁でしょう。
    強烈な印象のバチカン市国でした。

    バスソルト

    最近ハマっているのは、前述のバスソルトを使ったお風呂での「浄化」です。ただゆっくりと浸かるだけで随分とすっきりします。

    ドイツのセバスチャン・クナイプ神父が考案した「クナイプ」とは、水やハーブなどの自然の力によって人間が本来備えている自然治癒力を最大限に引き出すことを目的とした自然療法だそうです。神父さんのお名前だったんですね〜。

    「クナイプ」のバスソルトは、ドイツでシェアNo.1のバスソルト。天然成分に徹底してこだわり、優れた温浴効果を感じられると長きに渡り愛されています。2億5000万年前の古代海水から採取し、じっくり精製した天然岩塩を使用。
    とありますが、このゴツゴツした古代塩が浄化によく効く気がします。

    いろいろな効用のハーブと、色もカラーセラピーで考えられていて、その時の気分で選ぶのも楽しいですね。
    辛い事があったら、お風呂に入って、悩む気持ちと涙も、お湯と一緒に流してしまいましょう。

    グランドキャニオン

    グランドキャニオン国立公園は、コロラド川の浸食によって削られてできた巨大な渓谷として世界的に有名なアメリカの人気観光地です。
    ラスベガスからは、1日観光ツアーもあり、初めてラスベガスに行ったらオプションで必ず勧められるので(笑)行きました。
    10人から15人乗りのセスナでラスベガスから1時間半、砂漠を越えたら渓谷が見えてきます。
    グランドキャニオンの第一印象は、あまりに広すぎて、パノラマの絵画を見ているようでした。
    ガイドが付いて案内しながら、休憩所やお土産処をまわります。けっこう歩かされて、絶景ポイントで記念写真を撮りますが、向こう側は断崖絶壁のふちに立っても、本当に実感がありません。
    まあ、多少実感があるとしたら、帰りのセスナが風にあおられてかなり揺れた事でしょうか、雄大な大自然の中では、人が考えた飛行機よりも優雅に飛ぶ鳥の羽のほうが頼もしく見えました。

    世界的パワースポットのセドナや絶景ポイントのグランドサークル、まだまだ行ってない場所はたくさんあります。
    世界が安全に移動出来るようになるそれまでは旅行はちょっとお預けして、毎日を出来ることで楽しみましょう。

    海水浴

    いつもの入浴剤の代わりに友人おすすめのバスソルトをお風呂に入れたら、思いの外、浄化に効きました。
    クナイプのグーテナハト、ホップ&バレリアンの香りと青い色がまるで南海の海のようです。

    塩分が含まれた海の水には、強い浄化力があります。海水浴をしなくても、海の水に触れるだけで、日々生活しているとついてしまう厄や人々の念、邪気までも一気に洗い流してくれます。
    もちろんバスソルトは、海水とは違います。

    たゆたう波に身をまかせ、ゆらゆらと海に浮かぶ心地良さ。目を閉じると水平線と海の境界線が遠くに見える青い空のみ。よく行ったピピ島の海を思い出します。行くたびにリフレッシュされて戻ってきましたが、きっと身体が無意識に海での浄化を欲していたのかも知れません。

    一般にセレブに人気のリゾート地として名高い所は土地の波動もよく、海水の透明度も抜群で、海に潜れば色とりどりの魚がたくさん泳いでいます。また、いつかあの海に戻れる日が来ますように。
    それまでは、お気に入りのバスソルトで日々の疲れを流してみましょうか。

    ラピスラズリ

    ラピスラズリはとても古くから「天空を象徴する聖なる石」として神聖視されてきました。古代エジプトやバビロニアでは、この石を護符として用いたり、王族などの装飾品によく使われています。ツタンカーメン王の棺の装飾品として多くはめ込まれていた事でも、この石が特別だったことがうかがえます。

    "愛と美の女神"アフロディーテとも関係が深く、古代ローマ時代では、恋人たちの愛と夢を守る石と崇められた歴史も伝えられていて、現在でも、恋愛に絶大なパワーを発揮し、愛する人との幸せを優しく守ってくれるでしょう。

    日本でも、仏教の世界では極楽浄土を飾るとされる『七宝』のひとつ『瑠璃』と呼ばれ、『幸運のお守り石』として古くから人々に愛されてきました。
    またこの美しい青色は魔よけのパワーがあるとされ、バビロニアやエジプトでは、この石の粉を使い壁画を描き護符としたといわれています。

    その他にも、世界各地で「神につながる石」として、様々な儀式や呪術に用いられてきました。そのことから、ラピスラズリは「世界で最初に認められたパワーストーン」だといわれています。単なる宝石の枠を超え、人々がこの石に、何らかの聖なる力を感じたということなのでしょう。

    「幸運をもたらす」パワーストーンとして有名なラピスラズリですが、目先の幸を運ぶような性質ではなく、むしろ厳しい導き手として、時には持ち主のカルマを表面化させ、試練や苦難を乗り越えることで魂を成長させようとするでしょう。
    ラピスラズリのパワーは深遠なもの。その素晴らしさを理解するためには、自分自身のレベルアップが必要なのです。

    そのため、ラピスラズリは叡智の石とも呼ばれています。「第三の目」を開き、古い価値観やしがらみを捨て、知恵・知性・洞察力・決断力を授け、意識をより高いレベルへ導いてくれるでしょう。

    ラピスラズリは「人生の師」ともいうべき聖石。良い事だけを運んでくれるようなパワーストーンではありません。

    この石に願いを込めたいとき、護符としてこの石を選ぶとき、それは自分自身の「変容」も含め,新たなステージに進む時が来たことを告げているのかもしれません。

    運命と宿命

    ユーミンのコンサートのアンコールでいつもかかるファン一推しの代表的曲で「destiny」という曲があります。
    失恋の歌なのにめちゃくちゃ明るいので、気分を上げるのによく聞いています。

    歌詞は、フラれた主人公が彼を忘れられなくて、誰の誘いにも乗らず、綺麗になってきっと次はみかえしてやる、
    次に会う日が生きがいのdestiny(運命)ときて、間奏、
    2番の歌詞では、突然彼がピカピカの車で現れます。昔より遊んでるっぽい彼氏に声をかけられ、びっくりしながらも嬉しい女心、でも、なんてこと!今日に限って「安いサンダルを履いてた」ことに愕然とする主人公。
    そして彼女は悟ります。
    今日わかった 結ばれぬ悲しいdestiny(運命)だと。

    運命と宿命の違いは?とよく言われますが、
    運命はdestiny.
    運命とは、 人間の意志をこえて、人間に幸福や不幸を与える力のこと。あるいは、そうした力によってやってくる幸福や不幸、それの巡り合わせのこと。

    ちなみに宿命はpredestination

    英語でみるとわかりやすいですね。
    pre destination
    preとは、前の、とか、予定を示すので、
    宿命は、pre以前から、前世からの destiny運命。

    さてさて、ユーミンの destinyの主人公は、その後新しい運命の恋を見つけたのでしょうか?
    曲調がアップテンポなのと、コンサートの観客大合唱で盛りあがるので、きっと皆さん同じような経験をされたことあるのでしょう。

    失恋してもくじけないで。きっと運命の人に出会えます。強く肩を押される一曲です。

    豊川稲荷東京別院

    様々な神様が一同に集まる、赤坂のパワースポット「豊川稲荷東京別院」は、幅広い願いを抱いた人々に信仰が篤い、知る人ぞ知る人気スポットです。
    入り口からすでにたくさんの狐さんがいらっしゃいます。大きいのやら小さいのやら、本当に狐だらけで、私はちょっと怖いと思ってしまいます。

    そして、赤坂は料亭や芸者などが発展した土地であり、芸道精進をかなえる弁天様も祀られていることから、芸能人の参拝がとても多いお寺です。
    ジャニーズ事務所のタレントさんのお姿も時々お見かけします。イケメン率高しです。笑。

    狐の祀られているお稲荷様はとてもパワーが強く、ご利益もとても高いです。しかしお参りする人が礼節を欠くとしっぺ返しをする神様としても知られています。

    境内にある家元屋の「昔ながらのおいなりさん」は自分用に手土産に、ご利益がありますようにと願いつつ、豊川稲荷を後にすると、さっきまでの風景がきつねにつままれたのでは?と思うほどのトリップ感です。
    首をひねりながら、赤坂見附駅に戻ってホッとします。

    金剛輪寺

    ある日雑誌に掲載された一枚の写真がきっかけで、訪れたお寺です。緑の中に赤い風車を持つ小さなお地蔵さんが沢山並んだ不思議な光景でした。探してみると滋賀県の金剛輪寺というお寺でした。
    金剛輪寺は、湖東三山の一つで、奈良時代に聖武(しょうむ)天皇の勅願により行基が開山した天台宗の寺院で、本尊は行基の作と伝えられます。また、源義経(みなもとのよしつね)が義仲追討の武運必勝を願い太刀を寄進したり、北条時宗が佐々木頼綱に命じて元軍降伏の祈願をしたといわれます。
    とにかく本堂までは長く続く石段を囲むように可愛らしい千体地蔵が続きます。写真でみた赤い風車を胸に持つ群集のお地蔵さんは途中の小さな広場にありました。
    本堂には国宝の木彫りの仏像がずらりと並び、荘厳なお姿に背筋がしゃんとのびる威圧感がありました。
    秋には血染めの紅葉といわれる真っ赤な紅葉の名所でもあります。
    ひとつひとつ違うお顔のお地蔵さんを見守るように力強く掘られた仏像が印象的なお寺です。

    東郷神社

    6月になりました。
    以前「強運御守」のタイトルで書きましたが、毎月1日は東郷神社で強運御守が領分される日です。

    原宿駅近くにありながら、その喧騒をまったく感じさせない東郷神社。日露戦争でバルチック艦隊を撃沈させ、日本を勝利へと導いた元帥海軍大将・東郷平八郎命が祀られ、勝利運にご神徳があります。スポーツ、勉強、病気、恋愛などで勝利を願う人、出世、資格取得の祈願で参拝する人が多いです。

    海軍大臣・山本権兵衛は決戦を指揮する、連合艦隊指令長官に東郷平八郎を抜擢しました。
    その人事を明治天皇に奏上する際、「東郷は、運の良い男ですから」という理由からだったそうです。その言葉通り、東郷は、まさに“強運”、もしくは、“天祐”と呼んでも良いかのような戦闘経過によって、敵国ロシアの旅順艦隊、ウラジオストック艦隊、そして世界が怖れたバルチック艦隊のすべてに圧勝しました。その勝利の折の言葉、「勝って兜の緒を締めよ」は、歴史に残る名言として、現代に語り伝えられています。

    仕事にも、勝負にも、恋愛にも勝つ。
    頼もしいですね。

    本日6月1日は今月の領分デー、強運御守は売り切れ必須なのでお早めに。

    高尾山薬王院

    高尾山、最近はあまりの混雑ぶりに足遠くなりましたが、昔はよく登っていました。
    新宿駅から電車で約1時間。深い自然に包まれた高尾山は、リフトやケーブルカー、散策コースが整備されていて、登山初心者でも気軽に登れるのも魅力です。
    東京有数のパワースポット「高尾山薬王院」の境内は“天狗”だらけで、金運スポットから縁結びスポット、厄除けスポットまで勢ぞろいです。
    わいわいがやがや歩くもよし、けっこう健脚なおばちゃまがスタスタと歩いてらっしゃいます。
    すれ違うときに「こんにちは!」と挨拶するのが登山のマナーなのか、にこやかにお声掛けされると元気が出ます。
    高尾山の標高は約599メートル、行きは頑張って歩きで、帰りはケーブルカーと使いわける事も出来ますが、多少の混雑を考えて時間は余裕を持って行動されるとよいでしょう。特に山頂のお手洗いはいつも並んで行列が出来ていました。
    「高尾山薬王院」の参道には多くの茶屋が点在し、団子やとろろそばなど名物グルメも沢山あります。山菜などを売っていたり、帰りは何かと手土産を買ってしまいがちですが、天狗のお山のパワーをもらって元気になる気がします。

    御朱印帳

    昨日、明治神宮に参拝した際、綺麗な紫色に惹かれて、御朱印帳を購入しました。
    御朱印帳は、デザイン性が高いもの、色が綺麗なもの等々、思わず買いたくなるものがいっぱいあります。好みも人によって様々に分かれるところです。
    ここ数年のパワースポット人気で、御朱印を集める女性や若者が多くいます。ひそかなブームが続き、最近では御朱印帳を持っている方も増えてきました。値段は1000~2000円、お気に入りの数冊を大事に持っていたいですよね。あれもこれも欲しくなりますが、御朱印帳も厳選して購入しましょう。 
    半紙に書かれた御朱印は、後に糊で貼る事も出来ます。その場合は丁寧に波打たないように貼ります。
    お気に入りの御朱印帳を眺めながら、次はどこに行こうかと思いをめぐらすのも楽しいものです。

    オラクルカード

    タロットカードは一般的に占いに使われるカードです。ほとんどのタロットカードは22枚、78枚と定められており、カードに描かれるモチーフもすべて決まっているのが一般的で、また、カードをリーディングする際に正位置(カードの上下の向きが正しい状態)だけでなく、逆位置(上下坂さまの状態)の意味を読むことが一般的です。
    わたしが使っているマルセイユ版は、カードの目線の先に来るカードとの関連性や俯瞰で見た絵画的な関連性も読み解いていきます。

    一方、オラクルカードは、「今の自分に向けたメッセージ」として使われることが多く、セルフケアとしての使い方をされることが多いです。カードの枚数は定められておらず、カードに描かれるモチーフも自由です。

    先日、新しいオラクルカードを買いました。家まで待ちきれずに途中でパッケージを開けてみると、中身のカードが外箱と全く違うのに気がつきました。すぐにお店に戻って新しいものと交換してもらい、中を確かめるとまた違うのです。お店に置いてある在庫全てが間違えて入っていたとわかり、結局買わないで帰りました。

    こういう事もあるんですね。
    私にはそのカードは必要なかったんですね。

    スーパームーン皆既月食

    今夜5月26日は、スーパームーンで皆既月食です。

    皆既月食は月食の間に完全に月が隠れ、赤黒く輝く赤銅色の月が観測できます。

    日本で皆既月食が見られるのは、前回の2018年1月から約3年ぶりですが、今回の皆既月食は2021年で最も大きい満月「スーパームーン」であることから、非常に注目されています。

    地域によって月の出の時間が異なりますが、皆既月食が始まる時間帯は共通ですので「20時09分~20時28分」の時間帯は、じっくりと夜空を見上げてみると、大きな赤銅色の月を見ることができます。

    ただ月の影響を受けやすい方は、感情が乱れやすい時期でもあります。
    マイナスエネルギーも強くなりがちなので、カモマイルティーやリラックス出来るライムやグレープフルーツ、ゼラニウムなどの香りで心落ち着けましょう。

    古来より月の満ち欠けは人の心や身体にも不思議な影響をもたらすといわれています。
    月とも上手にお付き合い出来るといいですね。

    神田明神

    商売繁盛の神様が祀られているからか、神田明神はいつ訪れても、明るさと活気に満ちています。
    お正月などは会社の社長さんや社員さんなど男性連れだっての参拝の方を多く見かけました。
    730年創建、1300年の歴史があり、縁結び、商売繁盛、除災厄除けの三柱の神のご祭神が祀られています。
    スーツ姿の男性が照れながら縁結びのお守りを買ったりする光景、なかなか頼もしいです。笑。

    お茶の水駅から徒歩5分と、アクセスもよい開運スポット、思いたってふらっと立ち寄るのもよいでしょう。懐かしい雰囲気につつまれます。

    帰りは気さくな茶店に寄ったり、山の上ホテルのカフェでひと息つくもよし、リセットしてくつろぎの時間を過ごしましょう。

    ルイトポルトハイン(Luitpoldhain)

    「場所の記憶」を感じることがありませんか?
    例えば、妙にゾワゾワするとか、なんとなく不思議な気分になるとか。今回は、そんなお話です。
     

    音楽好きの友人に付き合ってドイツのニュルンベルクまでヴァイオリンコンサートを観に行った事がありました。
    会場までは広い緑の広場を横切っていきます。
    ルイトポルトハイン(Luitpoldhain)と書かれた看板がありました。
    一面緑の芝生の向こうにアーチ状のモニュメントが見えてきました。何だろうと近づくと献花台の様な台座もあり、そこに立った途端に何とも言えない奇妙な気分になり、進めなくなりました。おかしいと思ったので戻って看板をよく見てみました。
    アーチのそれは、エーレンハレ(Ehrenhalle)第一次世界大戦で亡くなったドイツ軍兵士の慰霊碑として建てられその後はナチス・ドイツによって命を奪われてしまった方への慰霊碑にもなっていると書かれていました。
    何も前知識もなく訪れたその広場ですが、昔「勝利の大会」と名付けられた30万人以上の人々が参加し、そしてヒトラー率いるナチ党党大会が行われたその場所こそ、ニュルンベルクのルイトポルトハイン(Luitpoldhain)でした。
    ナチスの戦争犯罪が裁かれた街ニュルンベルク。だがこの街はナチスの全国大会が開かれた光あふれる祝祭空間であると同時に、ユダヤ人強制移送の暗黒の舞台でもありました。

    多くの人々が熱狂したその場所に実際に立ってみると、阿鼻叫喚、熱狂、不安、鎮魂、全てを呑み込んで現代は一面芝生の広場になってはいますが、その事実があったという得体の知れない感覚だけが残っている気がしました。

    今でも、コンサートよりもそちらの印象が強く残る不思議な旅の思い出です。

    御朱印

    御朱印は神社の社務所などで授与のお願いをしますと、書いていただけます。300円から500円程度で何種類か絵柄を選べるところもあり、先日東郷神社に伺った際は、疫病退散のアマビエが描いてあるのを見て時代を反映しているなと思いました。
    御朱印は書き置きの紙に書いてくださるものや、多色のコピーに日付けを入れたものなど多様です。
    御朱印帳はサイズは同じで表紙違いを何種類か用意してあったり、選ぶ楽しみがあります。
    御朱印帳の中紙は奉書紙という和紙で、もともと幕府が公文書用に用いた特別な紙です。やはり神聖な御朱印をいただくときは専用の御朱印帳を用意するとよいでしょう。

    朱印と墨書きの鮮やかなコントラストとアート性に感動し、眺めたり触ったりしていたら、私の場合は、浄化を手伝ってくれることに気がつきました。

    モヤモヤが晴れない時、何か悪い気を受けたと思ったら、そっと手を乗せてみましょう。
    少し楽になれるかもしれません。

    大神神社

    大神と書いて「おおみわ」と読みます。
    大神神社(おおみわじんじゃ)は、日本最古の神社といわれています。ご神体は三輪山そのもので、本殿はなく、拝殿から三ツ鳥居を通して山に向かって拝みます。三輪山は国を開いた大物主大神(大国様)が御魂を留めたという霊山で、はるか昔から「神の宿る山」として崇められてきた聖地です。
    また、山中には神霊岩が点在し、磐座(いわくら)と呼ばれて信仰の対象となっています。
    神社の古い縁起書には頂上の磐座いわくらに大物主大神おおものぬしのおおかみ、中腹の磐座いわくらには大己貴神おおなむちのかみ、麓の磐座いわくらには少彦名神すくなひこなのかみが鎮しずまると記されています。

    大神神社を目指すと、まず、田んぼや畑の真ん中にとてつもなく大きな鳥居がみえますので、すぐにわかります。笑。
    大神神社の祭神は、「因幡の白うさぎ」を助けたことでも知られる大物主大神です。参集殿の玄関には「なでうさぎ」と呼ばれる兎が訪れる人を迎えてくれます。この兎を撫でると、運気アップに加えて、なでた部分の体の痛みをもとってくれるとか。みんなに撫でられてツルツルでかわいらしいうさぎさん。
    古代の磐座信仰と、昔話が重なって過去にタイムスリップしたような不思議な気分になる神社です。
    参拝が終わり、のんびり歩く帰り道、ふと見上げた空、山に沈む夕陽の美しさは今でも目に焼きついています。

    ナザール・ボンジュウ

    ナザール・ボンジュウ、ご存知ですか?
    聞き慣れない言葉ですね。
    ナザール・ボンジュウは、目玉のような模様が特徴的な青色のガラス製のお守りです。

    時々、エスニック雑貨店で売っているのをみかけますが、もともとトルコのお土産品として日本でも人気が高いです。中東に向かうエミレーツ航空の機内販売にも時計やブレスレットなど種類も豊富で魅力的な「青い目」が販売されていました。
    因みに、ナザール・ボンジュウの「ナザール」とはアラビア語で「目」を意味し、「ボンジュウ」はトルコ語で「ガラス玉」を意味します。
    ヨーロッパでは、「イーブル・アイ(魔眼)」と呼ばれることもあり、トルコでは、他人の邪悪な視線や嫉妬の眼差しから身を守るお守りとして用いられています。
    身につけていても、意味を知らなければ一瞬、わからない、かわいい魔除けです。

    古代エジプトの神ホルスの眼をモチーフにしたと言われるナザール・ボンジュウは、強い邪念や強力な邪視を受けると割れると言われています。
    割れる事で、身を守るという訳です。
    昔から同じような悩みを人々はどうにかして回避しようとしてきた知恵ともいえます。

    嫉妬したり、されたり、感情をコントロールすることは時に難しいものです。
    ナザール・ボンジュウ🧿で面倒な嫉妬心を上手く避けて、毎日を楽しく過ごしましょう。

    田無神社

    お天気に誘われて田無神社を参拝してきました。
    龍神一柱でもご利益があるのですが、「田無神社」は五柱の龍神をお祀りする全国屈指の龍のパワースポットで、大きな効果があると言われています。 五行思想にも基づいている五龍神は「方位除け」としても有名です。
    田無神社のパワースポットは以下のとおり。
    盛り沢山です。

    ◯撫で龍
    龍と玉に触れると運気が上昇するパワースポット。
    ◯五龍御神木
    龍神の神気がやどる御神木。ふれてパワーを貰えるスポット。
    ◯御神木
    パワーを貰えると人気のパワースポット。
    ◯神心の碑
    この石碑に自身を映し写真を撮影、もし左右の姿や顔の表情が異なる場合は、運気上昇を示しているのだそう。
    ◯野分初稲荷神社
    商売繁盛や開運招福などのご利益があるパワースポット。
    ◯恵比寿・大黒様
    大国主命と少彦名命を祀る境内社。
    家内安全、病気平癒、身体安全、家畜守護の御利益。
    ◯道祖神
    天孫降臨の際に道案内をされたという猿田彦大神と天鈿女命(あめのうずめ)のご夫婦神が祀られている。良縁、子孫繁栄のパワースポット。
    ◯楠木正成像
    いたる所が削れて無くなっている楠木正成像。
    削れているのは、戦場へ向かう兵士がお守りとして像の一部を削り、持って行った事が原因。
    勝負運の神様厄除けのパワースポット。
    ◯煩大神社(わずらいじんじゃ)
    煩大人神(わづらいうしのかみ)が祀られています。災難厄除けのパワースポット。
    ◯鹽竈神社(しわひこじんじゃ・しおがまじんじゃ)
    ◯塩土老翁(しおつちのおじ)神という海の神様が祀られています。航海・遠征・安産のパワースポット。
    ◯津島神社
    素戔嗚尊(すさのおのみこと)が祀られている。
    勝負運、疫病除け、子供の守護、農業、家畜のパワースポット。
    ◯少彦名神社
    病気平癒、身体安全 酒造、温泉の神様として信仰されている少彦名命が祀られている境内社。
    ◯弁天様
    語学、技芸、金運のパワースポット。
    ◯子育て犬
    4匹の犬を育てる木彫りの像。撫でて祈願をすることで子育て、子宝のご利益があるパワースポット。
    ◯子育て親子石
    子育て、子宝のパワースポット。

    五龍を探してお参りするもよし、それほど広くはないので、行きたいところを選んでお参りしても楽しい神社です。
    お賽銭用に小銭をたくさん用意していったほうがよろしいかも。かわいいおみくじもたくさんあります。童心に戻ったようなワクワク感、小さい頃に連れて行ってもらったお祭りを思い出しました。

     

     

    鏡を磨く

    他人から見える自分を映す鏡、今の自分を確認できるのが、鏡です。鏡を大切にするということは、人やお金、自分を作ったもの全てに感謝をするということです。それらを大切にできる人に、人やお金が集まってきます。知らないうちに曇った鏡をみていると、気持ちも曇ってしまいます。
    さあ、鏡を磨いて運気をアップしましょう。

    携帯電話の画面なども、柔らかい布で丁寧に拭いてあげるだけでも、スッキリします。

    女性メスの記号♀は手鏡を持っています。

    ♂♀の由来は昔の天文学者等が考えたことから派生したもので、古代神話や金属の名前との関連があり、後に植物学者が雄雌を表すのにこの記号を使ったことが発端です。

    ♂=軍神マルスの盾(○)+槍(↑)
    ♀=美の女神ヴィーナスの手鏡・・・鏡(○)+取っ手(+)

    自身を映す鏡をきれいに磨くことで、心の曇りも晴れますように。
    千里眼ブースのシャンデリアをキュッキュッと磨いて皆さんの運気も上がるように願う今日この頃です。

    とげぬき地蔵

    高岩寺(とげぬき地蔵尊)のある巣鴨駅周辺は、お年寄りの原宿とも呼ばれる下町感あるエリアです。
    本堂の脇には、何種類ものお守りや、秘仏である本尊を元に作られた御影を購入できます。
    御影は本尊と同じくご利益を受けられると言われており、持ち歩いたり、具合の悪い場所に貼ることで効果を発揮するそうです。
    大きさは縦4cm、横1,5cm程とコンパクトなサイズ、包まれている紙の御影は、5枚入っています。
    飲むことでご利益があるとも言われていますが、
    なかなか飲むのは大変、基本的に貼り付けるのがおすすめです。
    とげぬき地蔵の境内にある洗い観音は、自分の体の悪い部分と同じ場所を洗うことで、その部位を治してくれるご利益があるそうです。タオルで優しく洗われて観音様はいつもピカピカです。
    参道である巣鴨地蔵通り商店街は、ほっこり緩やかな商店街で、昔懐かしい雰囲気が漂っています。ショッピングやグルメも楽しめます。
    気軽にいける巣鴨のお地蔵さんは昔から庶民のアイドルです。

    大滝湧水

    山梨県北杜市小淵沢から徒歩19分、大滝湧水が流れる森がそのまま大滝神社へと繋がっています。
    大滝湧水は、八ヶ岳の伏流水が長い年月をかけて濾過され、湧き出した水です。水量はなんと一日22000トン!!昭和60年に名水百選に認定されています。
    綺麗な水でわさびも栽培されています。
    滑りそうでこわい石段の上の巨岩には、しめ縄がまかれていて、太古から信仰があったことを伝えてくれます。
    また、湧水口の裏の山にはたくさんの祠があります。この湧水がいかに大切にされ、守られてきたかを窺い知ることができます。
    美しい澄んだ水を眺めていると、子供の頃、川で遊んだ記憶がよみがえってきます。
    こんこんと湧き出る水に手を入れるとその冷たさにびっくりしますが、心洗われるようで、何度となく訪れたくなる場所です。

    ラマダン

    2年前のゴールデンウィークはドバイに旅行していました。
    ちょうどラマダンの時期に重なって旅行者もいつもより少ない印象でした。
    ラマダンとは、イスラーム暦の断食月のことです。約1ヵ月間、ムスリムは日の出前から日没まで断食を行います。「断食」という言葉から、飲食を断つことだけと思われがちですが、アラビア語では「サウム」といい「斎戒」の意味があります。
    ヒジュラ暦で9月を意味するラマダン、つまり月の名前ですが、コーランが預言者ムハンマドに啓示され、イスラム教徒にとって、ラマダンは「聖なる月」となりました。

    さて、現地の人にラマダンはいつから?と聞いても誰もはっきりとはわからないと言うのです。そろそろらしいとあやふやな答えでした。重要な事です。1ヶ月の断食の始まりなのに、なぜわからないのでしょう?
    調べると、ラマダン月の開始と終了は宗教家らによる新月の観測によって行われるらしく、それも「目視」!によるというのです。
    宗教家が空を観て、よし!新月だ!と言ったタイミングで開始とは!曇りでよく見えないと1日ずれたりもするようです。
    現代社会において、かわらぬ宗教事の歴史の重みを感じました。
    いざ、ラマダンが告げられると、ドバイモールなど国中の飲食のブースには黒幕が張られ、今様で例えると、ちょっとしたロックダウンにみえますが、旅行者は幕をめくって入場し普通に飲食は出来ます。ただ人目のある場所では、水のボトルや食べ物は見えないよう厳しく制御されていました。
    コロナ禍で随分と世界は変容しましたが、
    月は変わらず満ちては欠けて、また今年も宗教家は月をみてラマダンの始まりを決めるのでしょう。
    想いは悠久の昔に繋がっていきます。

    おふだ・お守りのまつり方

    明治神宮でやわらぎの鈴を頂いた際に、入れてもらった袋に「おふだ・お守りのまつり方」が書いてありました。
    ・おふだは神棚(または清浄な所)におまつりします。位置は高く、向きは南または東に向けて下さい。
    ・お参りの作法は、先ず身を清らかに整え、謹んで二礼二拍手一礼いたします。
    ・お守りは身につけるかバッグに入れて常にご一緒に…
    ・おふだもお守りも一年経ちましたら、新しいものにお取り替えしましょう。

    お札の向きなど知っているようで知らないですね。明治神宮はこう書かれていますが、社によっては様々あるとおもわれます。ご参考までに。

    明治神宮

    若者で賑わう原宿駅からすぐの明治神宮は壮大な森の中にあります。
    その森がすべて人工で作られたってご存知でしたか?
    代々木の地は、東京のはずれた田舎で何もない荒野でした。そんな地に境内を築くべく、当時の林学者達が緻密な計算をし、全国から奉献された12万本の樹木が「永遠の杜」づくりを目標に計画的に植えられました。百年、二百年先までにいかに自然により近い 森になれるかを想定しながら。
    ちなみに、当時計算された計画書とほとんど誤差なく現在の森は維持されているそうです。
    今では鳥や魚、タヌキの親子まで仲良く暮らす都会のオアシスになっています。
    昨日、久しぶりに参拝してきました。たまたま大祭の日で神楽を見ることが出来てラッキー!
    御守りに「やわらぎの鈴」を買って帰りました。
    金色の鈴でキラキラした音色に癒されます。
    今年のゴールデンウィークはまだコロナ禍ですが、パワーチャージ、リセット、なんとなくもやもやしていると感じたら、森林浴も兼ねて神社を訪れてみるのもいいでしょう。

    浅草寺のおみくじ

    東京・浅草の代表スポットといえば浅草寺。東京都内最古のお寺です。
    その歴史は飛鳥時代・推古天皇の時代までさかのぼります、西暦628年に宮戸川(現在の隅田川)で漁をしていた兄弟の網に仏像がかかって、漁師兄弟の主人である土師中知(はじのなかとも)がこの像を拝して出家したことから、浅草寺が始まったとされています。
    その後浅草寺は、源頼朝や足利尊氏、徳川幕府の祈祷所として繁栄してきました。江戸の町人に愛され、今でも多くの人達が浅草寺にやってきます。
    そんな浅草の浅草寺のおみくじは「凶」が高確率で出るので有名です。その確率はなんと30%!三回連続で「凶」を引いた方をお見受けしましたが、心折れそうになりますよね。
    「凶」を引いてしまった時の対処法は、いまが底辺でこれ以上悪くなりようがないのなら、あとは運勢が良くなるしかない。 凶を引いたあなたの運勢は、これからはうなぎ登りでいい方向に突き進んでいく! と思うこと。
    私も「凶」を引いた時がありましたが「大吉」が出るまで引き続けました。笑。

    「大吉」でもおごらず、「凶」でも落ち込まず。
    おみくじは結果よりも、自らの気の持ちようが大切であるようです。

    天河大弁財天社

    天河大弁財天、通称「天河神社」は、霊験あらたかな神社で、芸能の神様としても有名です。
    日本三大辨財天の一つで「高野」「吉野」「熊野」といったヤマト三大霊場の中心地。とてつもない強力なパワーを持つ特別な神社です。
    最初にここを訪れたのはもう20年近くも昔、まだ天河村大水害で建て替えになる前の、山奥ののどかな古い神社といった感じでした。すでにその頃は呼ばれた人しかいけないらしいとか、UFOをみれるなど、超常現象でも有名な場所でしたが、なんでしょう、いつも修行の旅になるので、当時の私は天河行きが決まると、あまり気乗りがしなかったのを覚えています。
    でも、早朝の身を切る寒さの中での御祈祷や、深夜の境内の清々しさは格別で、何か特別のご利益をいただける気がして、短い滞在でも帰る頃には後ろ髪を引かれる、故郷?そんな不思議な気持ちになる神社でした。
    ご縁があれば、また呼んでくださる、かな。笑。

    FM千里眼に出演しました。

    今回は「おうち時間の開運術」について語らせていただきました。
    千里眼トップページ→千里眼Blogをクリック→東京千里眼FMのページでご視聴いただけます。

    https://stand.fm/episodes/608391480e2af8e36c5c76fc

    前回「ペットの気持ち」はこちら
    https://ameblo.jp/senrigan-tokyo/entry-12658662929.html

    電話鑑定デビュー

    本日21日より、電話鑑定ヴェルニデビューさせていただきました。

    些細なことでも,お気軽にご相談くださいね。
    あなたの笑顔はわたしの笑顔、ご縁を大切に。
                  ☆青山奇跡☆

    水琴窟

    水琴窟(すいきんくつ)をご存知でしょうか。手水鉢の地下に甕(かめ)を埋め、落ちた水滴が空洞に反響して音を生み出す、日本独自の造園技術です。
    名前のとおり、水が落ちると琴の音のように響きます。水量や流し方で音色は様々に変わります。
    京都の知り合いの染工房の御手洗いには、普通の手洗いと別に水琴窟が備えつけてあって、みんなトイレにいったら暫く帰ってこなくなります。笑。水琴窟のふちには柄杓が置いてあり、少しずつ水を流すと、下のほうで小さくキラキラした音が聞こえてきます。
    耳をすませてどんな音色か探っていると、ただ水が流れていくだけなのに、いつまでも聞いていたく不思議な音です。

    日常は、たくさんの音で溢れています。
    澄んだ空気が気持ちいいように、澄んだ音に耳をかたむけると、心が柔らかくなる気がします。
    疲れたら、川のせせらぎや癒し系の音楽を聴いたりして、少し心も休ませてあげましょう。

    グラウンド・ゼロ

    2004年頃、NYのグラウンド・ゼロに行きました。
    再建の工事の音が響く中、すべてを飲み込むような滝を眺めながら、悲しい、というよりも、虚しい、といった波が渦巻いていて、涙が止まらなかったのを覚えています。
    グラウンドゼロとは「爆心地」を意味する語で強大な爆弾、特に核兵器である原子爆弾や水素爆弾の爆心地を指す例が多いのですが、テロで破壊されたこのワールドトレードセンター跡地もそう呼ばれています。
    近くには古い教会があり、そのそばにメモリアルセンターがあったので入ってみました。
    突然失われた日常の残骸やメッセージ、そして出口近くに、千羽鶴が山ほど掛けられているのに気がつきました。日本から送られてきたのでしょう。ひとりひとりの願いの鶴は海を渡って、見る人々の心に響きます。
    そして「祈り」はいつしか「希望」に変わります。
    現在は跡地に1 ワールドトレードセンターを始めとした6つの超高層ビルと9/11テロ事件の追悼施設等から成る新WTCが開業しています。

    悲しみを乗り越えたら、その先にはきっと希望の光がみえてきます。
    心が折れて立ち直れない事があっても、いつかは笑える日が来ますように。
    小さな鶴を折るように、祈りにも似た気持ちで鑑定を綴る毎日です。

    月の満ち欠け

    今月の新月は12日でした。
    この時期、気分が落ちたりイライラでうまくいかないとのご相談も多かったです。もしかしたら、月の影響かもしれません。
    月の満ち欠けは人々の体調などさまざまな面で影響を与えます。
    新月の日には気分が落ち込み、ボーっとしてしまう傾向があるそうです。

    新月から満月までの間に少しずつ月は満ちていきますが、月が満ちる満月のときは、栄養をため込む傾向が強い時期となるそうです。むくみが起こりやすいため、お風呂に浸かり身体をマッサージするといいでしょう。
    また、満月は私たちの心理状態にも影響を与えます。月のエネルギーが最高潮になっているため、気分が高まりやすいそうです。
    ちなみに次の満月は4月27日です。
    月のリズムを意識すると暮らしの中の事象も、そういうことか、と腑に落ちるかも知れません。
    少し肩の力を抜いてリラックスしてみましょう。

    育む(はぐくむ)

    「育てる」と「育む」という言葉があります。

    「育てる」とは大きく成長させる、とか養育するなどの意味があります。「育む」にはもっと違う要素があるというのです。

    「育てる」にはなくて「育む」だけにある要素、何でしょうね?
    答えからいうと、それは「愛情」です。
    「面倒を見る」「いつくしみ」「大切に」「かわいがる」「いたわり」「守る」すべて豊かな愛情があってはじめて出来ることばかりです。

    「育む」という言葉には「羽包む(はくくむ)」という意味が含まれています。
    「羽包む(はくくむ)」とは、親鳥がひな鳥を羽でおおい包むことを意味し、ひな鳥を優しくおおう親鳥の羽は愛情のシンボルです。

    恋愛鑑定でいらっしゃる方も多いです。
    新しく芽生えた小さな小さな「愛」は不安定で心もとない赤ちゃんのようです。是非お二人の愛情で「育んで」あげてほしいなと思います。

    もし、あなたに気持ちの余裕があれば、小さな観葉植物をひとつ「育む」のもいいでしょう。
    ビタミンカラーのライム色がおすすめです。

    出雲大社

    旧暦10月は「神無月」出雲大社に各地の神様が出向くので神様が不在の月と言われています。逆に出雲地方では「神在月」と呼ばれています。
    数年前、そんな神在月にたまたまお隣の鳥取県に行く事がありました。鳥取県でもホテルが全然取れないくらいに混んでいて出雲詣(もうで)の人気の高さを実感しました。用事が済んで空港へ向かう途中、せっかくなので出雲大社に寄らせていただきました。
    遠くからみても圧倒的な拝殿の大しめ縄、出雲大社の参拝は、二礼四拍手一礼、間違えないように四拍手して、そがのやしろや、縁結びの碑をみてまわりました。
    古代から神の国、神話の国とされてきた出雲の中心的存在の出雲大社、霊威や息吹があちこちに感じられ、短時間でしたが、身も心もすっきり整った気がしました。
    あの巨大なしめ縄も、ひとりひとりが小さな縄をよって作り上げていく、そんな作業の積み重ね、まさしく「ご縁」を積み重ねていく事が開運へと繋がるのだなあとしみじみ思います。
    鑑定でお会いするお客さまとのご縁も大切に、これからもどうぞよろしくお願いします。

    ハッピーバスタイム

    遠路遥かな地を訪れる時、宿泊の楽しみのひとつにアメニティがあります。アメニティとは浴室や洗面台に置かれているシャンプーやせっけんなどの備品の事です。
    五つ星、ドバイのJWマーキスマリオットホテルのアメニティはそれは豪華な品揃え(笑)で、世界中のセレブを満足させるクオリティーをちゃんと揃えてありました。
    後で調べたら、高級スパでも使われているブランドでした。帰国後、早速バスオイルをお取り寄せして、至福のバスタイムを再現してみました。
    アロマの香りに癒され、自分をゆっくり解放していく気分です。
    入浴剤は1日の終わりのバスタイムを、よりリラックスできる時間にしてくれるアイテムのひとつです。
    いい香りにつつまれて、気分は上々、嫌な事や面倒な事など、すっきり水に流してみましょう。

    来宮神社

    熱海の来宮(きのみや)神社は、近年よく雑誌にも取り上げられ、若者達にも人気のパワースポットです。
    来宮大明神と称し、熱海郷の地主の神であって来宮の地に鎮座し、来福、縁起の神として古くから信仰されています。緑と水に囲まれた自然の中に鎮座した來宮神社には、樹齢2100年を超える大楠木があります。とても神秘的な感じがします。
    熱海に寄った際は立ち寄り、右から左からくるくる回ってみるのですが、本当に大きな楠木で、一周するのにけっこう息が切れます。
    幹の周りを1周すると寿命が1年伸びる、願いをひっそり唱えながら幹を回ると願い事が叶うご利益があるそうです。
    長い時代を生きてきたご神木なので、人生に迷ったときに幹の周りを歩くと、1歩踏み出す勇気をもらえるでしょう。

    伽羅(きゃら)

    香りの効能に浄化作用があるのはよく知られています。
    沈香(じんこう)が日本に伝わったのは推古天皇の時代(595年)。ある日、淡路島に流れ着いた木片を島民が拾い、竃で火にくべたところ芳香が辺りに広がったため、朝廷に献上した、という記録が日本書紀に残されています。 以来、沈香は貴重な香木として珍重されてきました。
    沈香の中でも、最高級品とされる伽羅、それはそれはなんとも言えない幽玄な香りです。
    さらに、伽羅の香気は、邪気を祓うだけでなく、魂の記憶を呼び覚まし、人生が少しずつ軌道修正されていくといわれています。

    空気を、身体を、精神を浄化して、良い運を取りに行く時、上質な香りは強い味方になることでしょう。

    香りを身に纏う

    「魅惑のドバイ」というキャッチコピーに誘われて、降り立ったイスラムの地で私を最初に迎え入れてくれたのは、何とも言えない幸福な「香り」でした。空港中フローラルブーケに包まれたような優雅な香りが漂っていました。
    タクシーの中もまたよい香りなので思わず運転手さんに聞くと、芳香剤なんて置いてないと笑うのです。
    いい香りの元は、街行く人々の香水の匂いでした。ドバイモールでは、ヨーロッパのメゾンの最新作の香水が飛ぶように売れていました。男性はあの白い民族衣装にバンバン振りかけ、日に何度も着替えるので香水の消費量もすごく、日本のシャンプーの消費量くらいだとか。
    「香りを身にまとう」ことが慣習になっていて、香りを楽しむ心の余裕がこちらにも伝わってきました。今でも楽しい旅行の思い出は香りと共に蘇ってきます。

    さてさて、香水でなくても最近ではマスクフレッシュナーという便利なものがあります。
    お出かけ前にマスクにシュッとワンプッシュ、香りもたくさん出ているので、お気に入りをみつけて息をリフレッシュしてみましょう。
    なんだかいい事が起こりそうな気分になりますよ。

    諏訪大社

    「諏訪大社」は、古事記の中にも登場する由緒正しき神社。その起源は1500~2000年ほど前ともいわれています。全国各地にある諏訪神社の総本社としても名を馳せる存在ですが、実は4つのお宮から成っています。諏訪大社をお参りするならば、ご利益をたっぷり授かれる四社めぐりがおすすめですが、車移動でないと大変かも。
    諏訪大社は社殿の四隅に「御柱(おんばしら)」と呼ばれる樹齢200年程の樅の巨木がそそり立っていますが、これは御柱祭の際に諏訪の氏子たちの手によって立て替えられたものだそうです。森の中に突然現れる社殿や御柱は、荘厳で神秘的な感じが漂っています。
    諏訪湖の大花火大会の際に立ち寄りましたが、また機会があれば行ってみたい場所のひとつです。

    奇跡ノート

    「写経」のコラムの最後に、
    「お出かけついでに、小さなノートを買ってみましょう。お気に入りのペンも用意して。」と書きました。
    今日の出来事や感じた事を日記代わりに書き留めたり、思いついた事や忘れそうな事も書いてみたり。イラストや、何でもOK。とにかく、書く作業をします。頭の中を書き留める習慣です。
    そして、ここが、ポイント、
    最後のページに、叶ったら嬉しい願い事を1,2.3と番号を振って3つ、書いておきましょう。
    これは脳に願い事を思い込ませるおまじないです。いわゆる未来ノートと呼ばれるもので、
    私は名前に因んで「奇跡ノート」と呼んでいます。笑。
    いつか、願い事が本当になりますように。
    まずは、簡単に叶いそうな夢からでもかまいません。
    昔のノートの最後のページに書いていた事が、
    何年か経ってみると、叶っていてびっくり!って
    あります。

    産霊(むすひ)守り

    今日4月29日は満月です。

    前述の元伊勢 籠神社に黒白の可愛いお守りがあります。産霊(むすひ)守りというもので、なんと新月と満月の日にしか手に入りません。
    例えば今月は13日新月と29日満月の2日です。
    お守りにはそれぞれ日と月が書いてあって、
    日と月、2つ合わせると明の字になります。

    生命の誕生、太陽は生育を司るものとして、これら一対で産霊の働きを為します。
    月と太陽の動きによって創造と発展が生み出され、新たな「明」日を開く働きをしてくださるそうです。

    新月と満月には、古来より大切にしてきた天地・万物を生成・発展させる霊妙な力(むすひ)の御神威があり、この縁の日に天橋立を南に望む真名井原に鎮まる籠神社・真名井神社を参拝することを「産霊詣り」と言うそうです。

    古来の人も同じように月を見上げて祈りを捧げてきたんだと思うと、古(いにしえ)の歴史やロマンに想いを巡らせたくなります。

    写経

    奈良の最強パワースポット、天河神社の拝殿で、
    月明かりの中、写経をやった事がありました。
    夜の境内はしんと静まり返っているのかと思いきや、近くの田んぼの蛙の大合唱、賑やかです。
    夜なので、五十鈴はそっと鳴らしました。それでもガランガランと響きます。不思議な音色です。
    深夜0時をまわると、さすがに集中力もとぎれ、空を見上げて、UFO飛んでないかなと探したり。この地はUFO目撃談も多い場所です。
    二日続けて行きましたが、特に超常現象を目撃することもなく無事に帰途につきました。

    写経というと堅苦しく思われるかも知れません。
    私も最初はそう思っていました。
    般若心経をなぞって書くキットは筆もついていてネットでも簡単に買えます。人それぞれに写経の動機は異なります。願いを込めて自分の願いを叶えるために写経をする人、先祖の供養のために写経をする人、精神修行のためやる人、単純に楽しく趣味でやる人、習字の上達させたい人など写経の目的は多種多様です。

    集中してひたすら文字を書くという作業は、文字を書かなくなった昨今、必要かと問われると、ふむ、どうだろう?と思いがちですが、「無」になる時間こそが大切なんだと思います。

    お出かけついでに、小さなノートを買ってみましょう。お気に入りのペンも用意して。

    東京大神宮

    桜の季節は、お花見ついでに神社に縁結び祈願なんてどうでしょう。地下鉄九段下で降りると、日本武道館の周り千鳥ヶ淵の桜が広がっています。
    そちらから飯田橋方向に歩くと10分くらい。
    東京大神宮は、二股に分かれた道を進んだ右側にあります。飯田橋駅からは徒歩5分。ビルが立ち並ぶオフィス街に鎮座する、東京大神宮。
    〝東京のお伊勢さま〟として親しまれ、格式高い「東京五社」のひとつです。いま東京で最も縁結びのご利益がある〝恋のパワースポット〟としても人気急上昇中。いつも若い女性たちで賑わっています。
    ここでは恋文みくじや、紙の人形がついたおみくじが有名です。
    恋愛だけでなく、いわゆる縁結びで「良縁」を呼び込みたいものです。

    癒しのラリマー

    以前はラリマーが好きでよく身につけていました。
    ラリマーはスギライト、チャロライトと並ぶ、世界三大ヒーリングストーンの1つです。トラウマや、その束縛から自由になることの素晴らしさを教えてくれると伝えられています。張りつめた感情や怒りを落ち着かせ、わだかまりを洗い流して、深い心の傷を癒してくれるでしょう。
    また、創造性やインスピレーション、思考能力を高め、刺激して、豊かなイメージをもたらすといわれています。
    ラリマーは愛と平和を象徴し、全てを優しく包み込む、大きな慈愛のパワーに溢れています。ラリマーを身につけていると、静かで落ち着いた雰囲気をかもし出すといわれています。
    この石に惹かれる人は、今、何かにおいて「変化」の時期を迎えているのかもしれません。ラリマーは、変化に伴う苦痛や執着を和らげ、心を開いてスムーズに受け入れられるよう手助けをしてくれます。

    昔ラリマーにあんなに執着していたのに、今はもう思い出と共に何処かにしまっています。なくても大丈夫になったのでしょうか。ラリマーのおかげですね。

    蛇の倉七尾山

    蛇の倉七尾山は、霊山です。
    今思い返しても、よく登ったものだと思います。
    白装束に着替えて、杖を持ち、六根清浄と唱えながら、標高1400m程のお山を1時間程かけて登ります。登拝手続き後、麓の本堂から階段や九十九折りの坂道を40分程登って、孔雀門前の広場に到着します。そこからは洞窟というか、岩の中に入っていきます。
    般若心経を唱え、無事を祈願。ろうそくの明かりを頼りに、水の滴る鎖のはしごを15mほど登り、3畳ほどの空間に到着。岩の中の不思議な空間で真夏でも冷蔵庫みたいに冷たい冷気を感じます。
    天井の高さは5mほど。僅かなろうそくの光の先には、岩壁に大きな人影のような形をした岩。その手には、子供を抱いているかの様に見えます。その岩壁の前の祭壇でお経を唱えます。

    山道を歩く時に唱える「六根清浄」欲や迷いを断ち切って、心身が清らかになること。「六根」は私欲や煩悩、迷いを引き起こす目・耳・鼻・舌・身・意の六つの器官をいいます。「清浄」は煩悩や私欲から遠ざかり、清らかで汚れがない境地。

    山道の往復で身体はガタガタになって下山しました。暫くは疲れが取れず大変でした。
    霊山に登るという体験をして、心身を清める大切さを知ったような気がします。

    春です。身の回りを整えてお風呂でリフレッシュ!すっきりした身体でモヤモヤを吹き飛ばしましょう。

    奇跡のメダイ教会

    「奇跡のメダイ教会」。1830年、修道女カタリナ・ラブレがマリア様から「人々のために心を込めてメダイを作りなさい」というお告げを受け、作ったメダイをパリでコレラが流行した際に人々に配ったところ、コレラが収束したという言い伝えがあります。そして、メダイを手にした人に奇跡が起こる、幸福が訪れるということで「奇跡のメダイ」が世界中で有名になりました。
    パリ市内にあり、観光でも行きやすいので人気のパワースポットです。
    祭壇の横にはカトリーヌ・ラブレのご遺体があります。死後数年経っても腐敗せず、いまも教会の中に安置されています。
    その教会へはいつも、その奇跡の修道女を見に行っていました。日本へ帰って皆にそのおメダイ、奇跡の教会のでしょう?と言われ、そういえば皆さんこぞって買ってたなあ、と三度目に行った時やっと気がつきました。
    最初に行ったのは10代の頃、20代にも訪れたのにその頃は起こる事象に対して全く無関心、無頓着でした。
    でもね、奇跡は信じる人には必ず起こります。
    歳を重ねてわかる事もあります。

    奥の宮 真名井神社

    日本三景・天橋立にある籠神社。元伊勢と呼ばれる格式高い神社の奥宮にあたるのが真名井神社です。ここは天橋立から近いにも関わらず、観光エリアとは逆方向にある為に観光客がほとんど訪れない神社。いつも静寂につつまれており、境内は凛とした空気に包まれた不思議な空間が広がっています。

    この真名井神社、別名を久志濱宮(くしはまのみや)といい、〝くし〟とは不思議なパワーの源という意味なのだそう。つまり、古来からここはパワースポットとされていたようです。

    狛犬ならぬ狛龍に迎えられ、恐る恐る参拝、うらの磐座(いわくら)を3回まわるとよいらしく、土砂降りの中、転びそうになりながらやってみました。
    真名井の井戸の御霊水をペットボトルに入れ、帰る頃にはすっきり晴れて虹が出ていました。

    元伊勢 籠神社

    昔ご縁があって訪れた神社や場所は、いわゆるパワースポットと呼ばれていて、今思い返せば、知らず知らずのうちに引き寄せられていたのかも知れません。

    天照大神、豊受大神がこの地から伊勢へ還されたため元伊勢と呼ばれる「元伊勢 籠神社(もといせこのじんじゃ)」。
    この丹後随一のパワースポットへは、天橋立を渡って行くことができます。
    その昔、天の伊射奈岐大神が、地上の伊射奈美大神に会うためにかけたはしごが倒れたのが天橋立と伝わっていて、愛のかけ橋と信仰されてきた天橋立を渡れば、ご利益も倍増!だそうで。

    穏やかな内海ですが、急に嵐になりました。
    お天気変わりやすく雨具は必須です。続く→

    開運命理街 

    一緒に行く友人が急に行けなくなり、ひとり台湾旅行したことがありました。ノープランだったのでガイドさんがイチオシでおすすめの占いに行ってみることにしました。
    龍山寺は台北最大のパワースポットとして日本でも人気が高く、多くの観光客が訪れる場所です。
    そんな龍山寺の地下には「開運命理街」という台湾最大級の占い街があります。
    予約した一番端の席に入り神妙な面持ちで椅子に座り、おじいちゃん先生が通訳に何か告げると、片言の日本語で説明しながら紙に書き留めてくれました。
    その赤い紙は今でも持っていますが、今見返すとけっこう当たっている気がします。
    私はたまたま占いに行きましたが、楽しかったですね。
    これからどこかご旅行を考えてらっしゃる方には「占い」もブランに入れると楽しいかもしれません。もちろん千里眼はいつでもどうぞ!

    ミモザケーキ

    最初に春を告げる花の色は黄色、街角のミモザの黄色い花は、新しい季節の到来と共に、なんだかわくわく感まで伝えてくれます。

    黄色は西洋では春を象徴する色とされていて、黄色い花は寒く厳しい冬が終わり、暖かな春が来たことを告げる「幸せの花」と言われています。

    行きつけの喫茶店で「ミモザケーキ」がメニューに足されていました。3月だけの限定、ラスト1個ということでラッキー。ミモザの花を思わせる黄色いスポンジとカスタードのふんわりケーキ。幸せなコーヒータイム。
    街で見かけたら是非、ミモザケーキで「幸福」を味わってみたらいかがでしょうか。

    強運御守

    「強運御守」というのがありまして、特定の神社で限定領布されています。
    千里眼表参道店から近いのは東郷神社でしょうか。毎月1日、5月には記念日にあと2日領布されます。
    原宿駅から徒歩5分、竹下通りのすぐ隣に鎮座する東郷神社。日露戦争中に行われた日本海海戦の総合司令官として連合艦隊を指揮し、日本を勝利に導いた英雄、東郷平八郎が祀られる神社です。「勝利の神」の神社としても名高く、都会の勝運パワースポットです。
    以前、試しに30個買ったら、縁起の良い友人達が寄ってきて、あげたり分けたりであっという間に無くなりました。中には何年かぶりで街でバッタリの社長さんもいらっしゃいました。やはり強運な人は強運を引き寄せるんですね。
    御守は皆、おさまるべきところにおさまりました。

    魅惑のピピ

    プーケットからジェットボートで50キロ、レオナルド・ディカプリオ主演映画の舞台にもなったピピ島。近年観光客が増加、環境を保存する為政府が政令を出しました。
    マンレイ島は「あまりに美しすぎて閉鎖された島」です。
    〜映画『ザ・ビーチ』で有名なピピ島の湾、閉鎖期間を2年延長へ タイ〜
    延長は何度も更新されています。

    私にとってパワースポット的な聖地、年に二度は訪れていましたが、今は目を閉じてあの時の風、海,大気を感じています。

    赤松の池伝説

    最近よく「龍」について耳にする事が多いです。
    ディズニー映画「ラーヤと龍の王国」も龍の物語、観に行ってきました。
    鳥取県大山に「赤松の池」と呼ばれる池があります。ここにも不思議な伝説があります。
    昔、松江の殿様に仕える家老が長い間子供に恵まれず切望していました。そこで赤松池大明神にお参りしたところ女の子が生まれ、お初と名付けられました。お初は評判の美しい娘になりましたが、藩主松平候の目にとまり、妻にほしいと要求されました。
    嫁入り当日お初が赤松の池の水で髪をすくと、彼女の髪がみるみるうちに伸び、池の中心へと導きました。実はお初の正体はこの池に住む大蛇だったのです。お初に祈りを捧げると幸福が訪れると言われ、また今でも龍神様として信仰されています。
    以前訪れた時は美しい湖で湖面が鏡のように空を映していました。龍神様のお供え用に卵を1パック持って行き、湖に浮かぶ社に向かって投げると、
    水面がポチャンと揺れて湖底の龍が喜んでいるように思えました。

    多生の縁

    「袖擦り合うも多生の縁」という言葉があります。「多生」は仏教用語です。
    袖をすれ合うような、例えば電車で、例えば道で、ふとふれた相手とはもしかしたら何回も生まれた前世からのご縁かも知れない、だから出会いを大切にしたいですね。
    鑑定に来てくださる皆様もそんなご縁があるのかなと、春風を感じながらありがたく思います。

    睡眠と浄化

    春到来です。なかなか疲れがとれない時は
    いつもより睡眠を多く取りましょう。
    わたしは1日のお仕事を終えて、帰宅したら
    まず忘れないうちに
    タロットカードを水晶の寝床に寝かせます。
    カードもたくさんの念を受けて疲れています。
    お疲れ様〜。また明日元気でよろしくね、と一言心の中で唱えてみます。
    なんだかこちらまでよく寝れる気がします。

    筆談鑑定。

    占いの鑑定方法にはいろいろあります。
    対面鑑定は直接お会いして占う鑑定方法、
    電話鑑定は携帯電話で、チャット鑑定、
    メール鑑定、ZOOM鑑定など、私が知らないだけでもっとあるでしょう。
    先日は、対面でいらっしゃいましたが、補聴器をご使用のお客様のご要望で筆談による鑑定でした。
    西洋占星術でホロスコープを描いたりする場合には私はノートを使って説明したりします。一見、記号だらけ(笑)
    タロットカードの場合は絵柄をご一緒に見ながら、ご説明出来るので、今回の筆談にはタロットで対応させていただきました。
    最初こそカードを切る音さえも静粛な感じでしたが、最後はいつもより大きな声で二人で笑っていました。周りはうるさかったでしょう、御免なさいね。

    ビルマの聖猫

    先日ラジオでお話したミャンマー(ビルマ)の聖猫バーマンについて。以下のような素敵な伝説があります。

    その昔ビルマに、青く輝くサファイアの瞳を持つ黄金の女神像が伝わる、ラオツンという寺院がありました。
    寺院には、年老いた高僧ムンハと僧侶たち、そして純白の被毛と金色の目の100匹の猫たちがいました。
    その中のシンという名の猫は、ムンハの誠実な友でした。
    しかしある晩、祈りの最中のムンハは、突然シャムからの襲撃者に殺されてしまいました。
    横たわるムンハの身体に飛び乗ったシンの真っ白な身体は、女神像のような黄金色に、顔と脚と尾は暖かな大地の色に、
    瞳は女神像と同じサファイアの青へとゆっくりと変わって行きました。
    そして真っ白な髪のムンハの頭を守っていた手足だけが、永遠の忠誠を誓うように変わらずに純白のままでした。
    その後シンは食べ物も水も摂らず微動だにせず、7日後に静かに息を引き取りました。
    ムンハの魂はシンの守護を受けながら、共に天の高みへと昇って行ったのです。

    その後、戦争などによる絶滅の危機を乗り越え、フランスに渡って現在のバーマンに落ち着きます。
    性格は犬のように人懐こく、人間に寄り添って気持ちをわかってくれる癒やし系猫です。
    精霊信仰があるミャンマーならではの伝説です。

    エリファス・レヴィの言葉

    私は占術でマルセイユ版タロットカードを使います。

    フランスのエリファス・レヴィの言葉〜「一冊の本も与えられずに牢屋にとじこめられていてもタロットを持ち合わせていてその使い方を心得てさえいたならば、数年の内に宇宙全般にまたがる知識を手に入れて、万事に関して比類ない尽きない理論と尽きない雄弁をもって語れるようになるであろう」

    彼の言葉が示すように、タロットの中には世の中の森羅万象、あらゆる知恵,知識が凝縮されています。占いだけではなく学術としてもたくさんの方が研究しています。

    美しい絵柄を見る度に、この不思議なカードに魅了される毎日です。

    見逃しのスノームーン

    2月の満月は「スノームーン」と呼ばれます。
    雪山に浮かぶ満月は幻想的、寒い季節に因んだネーミングですね。ちなみに童話の白雪姫は「スノーホワイト」です。前回2月27日、私は見逃してしまいました。でもまた満月は巡って来ます。
    3月ワームムーン、4月ピンクムーン、5月フラワームーン…
    焦らず自分のタイミングで空を見上げてみたら、とっておきの満月に出会える事でしょう。

    FM千里眼に出演しました。

    初コラムは「FM千里眼出演」のお知らせからにしましょう。ペットの気持ちについて、熱く語らせていただきました。

    https://ameblo.jp/senrigan-tokyo/entry-12658662929.html

    青山奇跡先生 クチコミ情報

    ありがとうございました!

    先生に鑑定していただいたら、スッキリとし、頑張っていこうと思えました。ありがとうございました!

    【女性】

    投稿日:2021/12/08 17:29

    彼とアクセサリーショップに行って、彼に結婚指輪のイメージを持たせます!

    いまの彼との結婚について、アドバイスいただきました。彼とアクセサリーショップに行って、彼に結婚指輪のイメージを持たせます!

    【男性 28歳】

    投稿日:2021/12/07 19:36

    意外な事を知る事ができ、今後は楽な気持ちで生活できそうです

    今日は鑑定頂き有難うございました。意外な事を知る事ができ、今後は楽な気持ちで生活できそうです。そして、自分を映し出す鏡も、早速磨きました。すっきりです。色々とアドバイスいただた事、少しずつ実行していきたいと思います。また伺わせて頂きます。

    【女性 57歳】

    投稿日:2021/12/04 19:55

    当たっていました

    当たっていました。人あたり優しく、癒される方でした。またお願いします。

    【女性】

    投稿日:2021/12/04 11:56

    本当に見えているんだなと驚きました。

    久々の占いで緊張していましたが、とても気さくに話して下さり楽しい時間を過ごせました。彼の性格や容姿も言い当てられ、本当に見えているんだなと驚きました。先生から頂いたお言葉やアドバイスを胸に、自分磨きがんばりたいと思います!背中を押していただき本当にありがとうございました。

    【女性 23歳】

    投稿日:2021/12/02 19:40

    絶望感から救い出していただきました

    絶望感から救い出していただきました。ありがとうございました!また伺います。

    【男性】

    投稿日:2021/11/30 7:37

    霊的な意味を高次元から伝えてくださり、生きる指針を示してくださいます

    どんな苦境に立っても、その霊的な意味を高次元から伝えてくださり、生きる指針を示してくださいます。絶望から立ち直れそうです。

    【男性】

    投稿日:2021/11/29 11:54

    素敵なメッセージありがとうございます

    素敵なメッセージありがとうございます。ローズのボディミルク買いました熊さんと、出会ったら、また、ぜひ青山先生にお願いしたいです。昨日鑑定のとき、赤いハンカチ忘れてしまいましたすみません

    【女性】

    投稿日:2021/11/28 7:55

    癒しのお声とお話の内容に魅了されています!

    癒しのお声とお話の内容に魅了されています!

    【男性】

    投稿日:2021/11/25 17:20

    スッキリとポジティブに頑張っていこうと思えました

    今回は現在付き合っている彼氏のことで、先生にご相談させていただきました。モヤモヤと悩んでいたのですが、先生に鑑定していただいたら、スッキリとポジティブに頑張っていこうと思えました。また、彼とのクリスマスが更に楽しみになりました!ありがとうございました!

    【女性 23歳】

    投稿日:2021/11/25 15:21

    クチコミ投稿フォーム

    下記よりご希望の鑑定方法をお選び下さい

  • 青山奇跡先生

    対面占い

    対面占い ご予約お申し込みフォーム

    以下のフォームから予約に必要な事項をご記入ください。
    • ブースにはお二人までお入り頂けます。
    • お二人とも鑑定を希望される場合は、一人20分以上の鑑定を受けられるようにご希望コースを選択してください。
    例:30分コース×2人 = 60分コースを選択
      40分コース×2人 = 80分コースを選択
    対面占い ご予約方法

    鑑定を希望する日程を選択


    ※ご予約確認のお電話をさせていただく場合がございます。

    ※ドメイン指定をされている方は「senrigan.info」をご登録ください。

    にリマインダーを受け取る

    お客様の携帯電話の契約状況により、正しく受信いただけない場合がございます。


    ※登録すると、次回から情報の入力を省略できます。

    ログインパスワード設定

    ※半角英数字 4~32文字以内

    ご注意

    • 遺影・遺品や人形などの物品のお持込みはご遠慮させていただいております。
    • 犯罪に関わること、人の生死に関すること、人の不幸を望むこと、ギャンブル・投資に関することについては、鑑定をお受けしかねます。

    対面占いについて

    対面占いは、千里眼の各店舗で行います。ご予約なしでも、鑑定をお受けいただけます。

    あらかじめのご予約をしていただくことで、スムーズにご希望の占い師の先生の鑑定をお受けすることができます。ご予約システムも是非、ご活用ください。

    対面占い 料金システムのご案内

    対面占いは、10分につき1,100円(税込)の鑑定料が必要です

    • ※鑑定時間内は、いくつご質問いただいても結構です。
    • ※指名料・予約料は無料です。
    • ※20分コース以上で承っております。
    • ※占い料金は当日、前払いでお願いしております。

    お支払いは現金の他、PayPayをご利用いただけます。

    • ※一部PayPayに対応していない店舗もございます。

    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • 青山奇跡先生

    電話占い

    電話占い お申し込み

    千里眼の電話占いは、

    『電話占いヴェルニ』

    のシステムを利用してご提供しております。
    ご利用には電話占いヴェルニの会員登録が必要です。以下のリンクより、まずは会員登録を完了させてください。

    既に電話占いヴェルニの会員様は、下記よりご鑑定したい占い師を選んでいただき、『先生に相談する(会員)』のログインボタンより、ログインをしてください。

    パック予約のご案内

    あらかじめ、鑑定時間を決めてご予約いただくことが可能です。
    青山奇跡先生の電話占い待機スケジュール
    • 12/9 (木)
      10:00 ~ 20:00
    • 12/11 (土)
      10:00 ~ 20:00
    • 12/13 (月)
      10:00 ~ 20:00
    • 12/14 (火)
      10:00 ~ 20:00
    • 12/15 (水)
      10:00 ~ 20:00
    • 12/16 (木)
      10:00 ~ 20:00
    もっと見る
    閉じる

    ご注意

    占いの館 千里眼の店舗にご出演の時間帯は、対面占いブース内での鑑定となります。
    店舗来店のお客様があった場合は、

    10分程度でいったん鑑定をお切りいただく

    こととなります。ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    • 事前にパック予約をいただいている場合は、ご指定のお時間中に鑑定が途切れることはございませんので、是非ご利用ください。
    • 店舗出勤以外の時間帯につきましては、占い師の自宅鑑定所での鑑定となりますので、途中で鑑定をお切りすることはございません。

    電話占いについて

    電話占いは、業界最大手の

    電話占いヴェルニ

    とのコラボレーションで全国のお客様に千里眼の占いをご提供しております。
    お近くに千里眼の店舗がない、または直接来店することが難しい方でも、ご自宅にいながら千里眼の占い師の電話占いをお楽しみいただくことが出来ます。

    電話占い 料金システムのご案内

    電話占いは、1分につき240円(税込)の鑑定料が必要です

    • ※通話料・指名料・予約料は無料です。
    • ※上記の鑑定料以外の費用は、一切発生いたしません。
    • ※電話占い料金は、電話占いヴェルニの料金設定に準拠します。

    お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済などをご用意しており、 各決済方式からお客様のお好きな方法をお選びいただけます。
    詳細は、電話占いヴェルニの料金案内ページをご確認ください。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ