占いの館 千里眼。大阪・名古屋・京都・奈良・東京・神戸・静岡・大分・和歌山・札幌・岐阜・三重・沖縄・福岡・広島・愛媛・鹿児島・徳島・香川・山形・岡山・横浜・千葉・福島・岩手・高知・熊本・群馬・滋賀・福井・仙台・山口・宮崎・山梨・長野・埼玉・茨城・栃木・金沢・佐賀・長崎・鳥取に店舗を構える、口コミで評判の人気占い師による占い。

占いの館 千里眼 予約センター tel:050-2018-3433 電話占い専用ダイヤル:0570-006-550

カミーユ先生
かみーゆ

カミーユ先生

待機中

占術

得意分野

相手の気持ち・片想い・相性・離婚・不登校・出会い・自己肯定感・婚活・家庭問題・年の差恋愛・ 浮気・子育て・前世・介護・同性愛・婚活・ペットの気持ち・遠距離恋愛・運勢・開運方法・ 対人関係・縁切り・縁結び・起業・副業・転職・恋愛・健康・婚外恋愛・不倫・再婚・ 仕事・金運・略奪愛・毒親・LGBT・シンママ恋愛・復縁・三角関係

ご出演スケジュール

  • 5/24 (金) 15:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 5/26 (日) 13:00〜18:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 5/31 (金) 15:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 6/7 (金) 15:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 6/9 (日) 13:00〜18:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 6/14 (金) 15:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 6/16 (日) 13:00〜18:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 6/21 (金) 15:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 6/23 (日) 13:00〜18:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 6/28 (金) 15:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 6/30 (日) 13:00〜18:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • プロフィール詳細

  • 対面占い
  • 電話占い
  • カミーユ先生

    プロフィール詳細

    占い師からのメッセージ

    「あの人の気持ちがわからない」
    「他人とどう接すればいいかわからない」
    「どうしたら幸せになれるかわからない」
     
    そんな「わからない」の罠にはまっていませんか?
     
    「わからない」の罠にはまる時は
    本来の自分を見失い、誤解している時。
    本来の自分で生きると
    人生は驚くほど楽にシンプルになるのです。
     
    私の占いでは
    陰陽五行で生まれ持った本質や相性、
    タロットカードでは、奥深くに眠る心の声を読み解き、
    本来のあなたを取り戻すお手伝いをいたします。
     
    五里霧中の人生から
    澄みきった青空のような人生へ
    シフトチェンジしていきましょう。

    千里眼からのご紹介

    まるで鏡のようにお相手の心をタロットに映し
    過去・現在・未来の移り変わりまで
    丁寧にリーディングされるカミーユ先生。
    特に片想い、それぞれの相性、離婚問題を得意とされ
    ご相談者様の現状に寄り添いながら
    この先の転機やアドバイスを伝えて下さいます。
    非常に親しみやすいお人柄の先生ですので
    占いが初めての方にもピッタリです。

    カミーユ先生 コラム

    瞑想は身体と心を天国レベルに整えてくれる

    最近瞑想がマイブームです。
     
    瞑想は難しいという印象があるかもしれませんが
    私が行っている瞑想は
    目をつぶって呼吸を繰り返すだけの簡単なもの。
     
    普段の呼吸より深くゆっくり
    けれど無理なく続けられる程度に
    静かに息を吐いて吸います。
     
    呼吸を整えることで身体が整い、
    身体が整うことで心が整い、
    自然に穏やかな心になる。
     
    その一時だけは
    悩みも不安も苦しみも
    吐く息と共に身体から出して
    さらさらと流していくイメージを描きます。
     
    そして新鮮な空気と共に
    宇宙に蔓延するエネルギーを取り込みます。
     
    呼吸を重ねるごとに
    身体と心が軽くなり
     
    一切のしがらみから解き放たれ
    生きたまま天国にいるような
    平和で満たされた感覚を
    心ゆくまで味わうのです。
     
    家で時間をとってやることもあれば
    電車の中
    病院の待ち時間
    眠れない夜、布団の中などでもします。
    おかげで暇をもて余すことがなくなりました。
     
    お金もかからず簡単なのに
    リラックス効果ばつぐんの瞑想。
     
    心がリラックスして余裕がある人は
    幸運を引き寄せる力も強いですよ。
    あなたも始めてみませんか?

    投稿日:2024/05/17

    ひとつの価値観を手放すだけでも人生は大きく変わる

    人が潜在意識のなかに持っている価値観は、
    人生や生活のあらゆる場面に影響し
    具現化します。
     
    たとえば「負けてはいけない」
    という価値観を持っていると
     
    ・いつも人と自分を比べてしまう
    ・何事も早くしようと焦る
    ・流行はいち早くチェック
    ・つい大盤振る舞いしてしまう
    ・疲れていても休めない
    ・SNSのいいね数が気になる
    ・能力の低い上司にイラつく
     
    などの行動や反応となって現れます。
    人によって、さらに多くのバリエーションがあるでしょう。
     
    そういう自分に満足していればいいですが、
    無意識の価値観のせいで
    人生が苦しくなっているなら
    手放した方がいいですよね。
     
    「負けてもいい」
    「いつもいつも勝たなくていい」
    「今回は譲ってあげよう」
    「今回は自分を休めよう」
     
    そんな風に、「勝っても負けてもどっちでもいい」と思えると
    人生はグッと楽になります。
     
    あなたはどんな価値観を持っているでしょう?
    そのヒントは人生の
    「上手く行かないパターン」
    「モヤッとするパターン」から
    見つけ出すことができます。
     
    「こうしなくてはならない」
    「こうに違いない」という
    禁止や思い込みを手放していきましょう。
     
    たったひとつの価値観を手放すだけで
    人生の実に多くの場面が
    やさしく緩やかに変化していきますよ。

    投稿日:2024/04/21

    無理せず楽に生きる方法

    無理せず楽に生きるいちばんの近道は、
    「できない自分」や「ダメな自分」を受け入れること。
    当たり前のようで、なかなか難しいことです。

    人より劣る自分や人と違う自分を目の当たりにすると
    落ち込んで自分を責めたり
    欠点を克服しようとする人が多いですが、
    それは「ダメな自分」が許せないから。
     
    その多くは子供の頃
    大好きな親に叱られ、傷ついたトラウマが元になっています。
    再び傷つきたくなくて、人に叱られる前に自分を叱ってしまうのです。
     
    でも人には向き不向きがあり、得意不得意があります。
    人は誰ひとりとして同じでなく、違いがあるからこそ自分。
    その自分を誰かと比べている以上、心に安らぎは訪れません。
     
    人より劣る自分や、人と違う自分を受け入れ
    その自分でできることを精一杯やればいい。
     
    ダメなところもいいところも両方あるのが人間です。それは誰も同じくそうなのです。
     
    人との違いを克服するのではなく、個性として生かす。
    ダメなところも愛嬌として愛してあげる。
    そんな風に自分と付き合っていくと、生きるのはぐっと楽になりますよ。

    投稿日:2024/04/18

    幸せになろうとすればするほど遠ざかってしまう時は

    欲望というものは、取り扱いが難しい。
    欲望自体は生きるために必要なものだが、
    得ようとすればするほど、かえって遠ざかる性質を持っているのです。
     
    愛されようとすればするほど、愛されないと感じる。
    困難を避けようとすればするほど、困難にみまわれる。
    節約しようとすればするほど、余計なものを買ってしまう。
    美味しいものを食べれば食べるほど、もっと美味しいものが食べたくなる。
     
    こういう悪循環にはまった場合は、一度「何かを得ようとする」のをやめてみてください。
    一時的でもいいから、自分の欲を捨ててみるのです。
    「失ってもいい」
    「損してもいい」
    「失敗してもいい」と覚悟して、
     
    愛されようと努力するのをやめてみる。
    失敗を覚悟してみる。
    節約をやめてみる。
    美味しいものをやめて普通のものを食べてみる。
     
    その背伸びしない等身大の自分に、ホッと安心するのではないでしょうか。
    そしてあなたが本当に欲しかったものは、
    愛情や成功やお金や美味しいものでなく
    安心感ではないでしょうか?
     
    そんなことを考えてみると、
    あなたの本当の幸せはとても身近なところにあったと気づくかもしれません。

    投稿日:2024/04/14

    自分の闇を許し、自分の光を信じる

    1日に朝と昼があるように
    この世に光と闇があるように
    私たち人間にも、光と闇があります。
     
    ポジティブとネガティブ。
    神聖さと邪悪さ。
    愛と欲望。
    希望と絶望。
     
    両方備えるのが魂であり、
    どちらか一方だけという訳にはいきません。
     
    だけど自分の闇を見るのはしんどいですよね。
    ダメな自分、人と比べて劣っている自分、
    自分勝手な自分、汚い自分などを感じると
    そんな自分を責め、嫌い、否定し、
    なかったことにしようとします。
     
    けれどどんなに否定しても
    闇の自分が消えることはありません。
    それは私たちの魂に
    もともと備わっているものだからです。
     
    もともと備わっているものを否定し
    心の奥底に閉じ込め
    鍵をかけようとしても
     
    抑圧された闇はますます増幅し
    ある時大きな怒りとなり
    あるいは絶望、あるいは身体の不調となって
    吹き出してくるのです。
     
    自分の闇を見つけたら
    そんな自分を許してあげてください。
     
    闇の自分の愚痴や言い分を
    じっくり聞いてあげてください。
    弱い自分の辛さや悲しさを
    わかってあげてください。
    自分の闇の理解者になってあげてください。
     
    冬が極まって春になるように
    闇をとことん見つめれば
    そこから光が生まれます。
     
    闇の自分を許し、光の自分を信じる。
    そこからあなたの現実は徐々に変わっていくでしょう。
     

     

    投稿日:2024/04/11

    思考の枠を外すには

    私たちは普通、自分の思考の枠のなかで生きています。
    思考の枠とは
    「これが正しい」
    「こうするのが当たり前」
    「こんなことをしたら嫌われる」
    「私はあの人のようにはなれない」
    などの思い込み、マイルールです。
     
    それは多くの場合、人生のなかで培われた
    あなただけのルールにすぎません。
    人はみな自分の思考を
    「これが当たり前であり、真実」だと思い込んでいます。
     
    けれどその思考の枠は
    目の前の現実を生きるのにちょうどいい
    浅瀬の内海のようなもの。
    その先にはもっと広くもっと深い大海原が広がっているのです。
     
    あなたの思考の枠を外して
    大海原に出ていくには、
    「やってみたい、けど怖い」ことを
    やるのがいちばん手っ取り早いです。
     
    怖いのは、自分の想定外のことだから。
    何が起きるかわからないから。
    もしかすると失敗して、不幸になるかもしれないから。
    だけど行動しない限り、あなたの「こうに違いない」「こうしなければいけない」という思考の枠は外れません。
     
    小さなことからでいいのです。
    あなたの「怖いけどやってみたい」を、ぜひ実行してみてください。
     
    占いに行ってみたい。
    一人旅してみたい。
    メルカリに出品してみたい。
    敷居の高いお店に行ってみたい。
    やってみれば案外簡単かもしれません。
     
    あなたの「怖いけどやりたいこと」が、思考の枠を緩めてくれます。
    心を自由にして、人生の大海原でのびのび遊んでくださいね。
     

     

    投稿日:2024/04/04

    苦手なことをやらざるを得ない時は

    誰にでも得意・不得意があります。
    得意なことだけして苦手なことはスルーできるなら、人生は楽に生きられるでしょう。
     
    もしあなたが嫌でも苦手なことと向き合わざるを得ない状況になったら、
    それはあなたの魂が「そろそろ上の段階に行きたい」「もっと器を広げたい」と願っている時です。
     
    魂は年齢に関係なく成長を願うものです。
    あなたが「苦手なことはせず、楽に生きたい」と思っていてもお構いなしです。
     
    そして苦手なことから逃げられない時は、あなたの中にチャレンジする力が十分備わった時でもあります。
    成功するかどうかはともかく、新しい世界で今までにない体験をする力がすでにあるということです。
     
    苦手なことは失敗する確率が高い。だけど失敗したっていいのです。
    自分の可能性を信じて未知の世界に飛び込むあなたは、すでに以前より器が広がり、一段高い場所にいるのですから。
    あなたの魂が全力であなたを応援していることを信じてくださいね。

    投稿日:2024/03/31

    たまには行動パターンを変えてみる

    大人になると多くの人の行動はパターン化し、効率よく動くようになります。
    得意なことを繰り返し、苦手なことは避け、スムーズに生活できるよう適正化していきます。
     
    それは基本、喜ばしいことです。
    失敗が減ればストレスも減りますから。
     
    しかし魂的にはやや停滞します。
    困ってはいないけど、虚しい。
    このままじゃダメな気がする。
    そんな気持ちに駆り立てられる人もいるでしょう。
     
    私は、魂とは成長を望むものと考えます。
    せっかくこの世に生まれたからには、多くの体験を通して、自分の枠を越えていきたいと願っているのです。
     
    嫌なことをわざわざやる必要はありませんが、
    苦手だと感じることでも、周りから薦められたりやらざるを得ない状況になったなら、やってみるといいでしょう。
    それは魂が成長したくて引き寄せたチャンスかもしれません。
     
    未知の体験からは、多くの気づきを得られます。
    自分の考えがいかに狭い世界にとらわれていたかわかるでしょう。
    そして今まで自分とは関係ないと思っていた人の、立場や気持ちに思いを馳せるかもしれません。
    うまくできるかどうかより、その方がよほど価値があることなのです。
     
    うまくできそうにないことでも、勇気を出してやってみると、錆び付いていた歯車が回り出して人生に新しい風が吹きますよ。

    投稿日:2024/03/17

    どんな自分も大切な自分

    人は意識的に、あるいは無意識に、セルフイメージを持っています。
     
    私はおおらか
    私は怒りっぽい
    私は口べた
    私はおしゃべり
    私はいつも人に迷惑をかける
    私はいつも人に迷惑をかけられる・・・
    などなど。
     
    そのセルフイメージは
    当たっている場合もあれば
    よくよく考えると実は真逆だった
    なんてこともあったりします。
     
    それは
    本来の自分の性格が嫌いで
    「こうありたい理想の自分」を演じるうちに
    もともと自分はそういう人間だと思いこみ
    本来の自分を忘れてしまったのかもしれません。
     
    嫌いなところを認めて修正し
    成長したならいいのですが、
    本来の自分を嫌ったまま忘れ
    「なかったことにして」いると
    少々やっかいです。

    自分が嫌っていた本来の自分を
    思い出させる人を見ると
    イライラしたり、モヤッとしたり
    「許せない」と感じたりするのです。
     
    そんなときは
    心の奥に眠っていた本来の自分が
    「嫌わないで」と訴えているかもしれません。
     
    人と比べて劣っているように思えても
    それはあなたの大切な一部。
    嫌わず愛してあげると
    世界からイライラ、モヤッが減っていきますよ。

    投稿日:2024/03/14

    あなたが手放したいものは?

    重い服を脱いで身軽になる春は、断捨離するのにうってつけの季節。
    物の断捨離はもちろん、ネガティブな思い込みや生活習慣を手放せば、心がすっきり軽くなり生きやすくなります。
     
    あなたは手放したいものがありますか?
    それはどんな物でしょう。
    また、どんな習慣や思い込みでしょうか。
     
    手放したくても手放せないものとは、長年自分を守ってきてくれたものです。
     
    たとえば親の保護や
    みんなと足並みを揃えること
    カッコつけること
    本音を隠すこと。
     
    でも本当は
    自立したい
    みんなと違うことをやりたい
    カッコつけるのをやめて素直になりたい
    本音で生きたい
     
    もしそう思うなら、今のあなたは
    自分を守る鎧がなくても大丈夫。
    むしろ鎧が窮屈になっているのです。
     
    はじめは手放すのが怖いでしょう。
    やっと手放しても居心地悪く感じて
    また拾いに行きたくなるかもしれません。
    そのときは拾ってもいいのです(笑)
     
    だけどあなたの心に「捨てたい」気持ちがあるならば
    ぜひ勇気を出して、チャレンジしてみてください。
    あなたの世界の新しい扉が開くでしょう。

    投稿日:2024/03/10

    30年に一度巡る節木運~人生の季節が変わる

    節木運をご存知ですか?
    四柱推命で、30年周期で替わる運勢のことです。
    これは季節を表し、どの季節から始まるかは人それぞれですが、春夏秋冬の順に巡ります。
     
    人生の季節が変わるので、かなり大きなターニングポイントとなります。
    そして季節の変わり目に体調を崩しやすいように、節木運の切り替えの前後二年は、新しい季節に慣れるまで何かと苦労を感じやすくなります。
     
    私の場合は21歳が最初の節木運で、この年に結婚しました。
    そして二回目の節木運である51歳の年に時に離婚し、ほぼ同時にリウマチを発症しました。
    離婚したのに病気で働けず、占いを学んで今仁至ります。
     
    離婚前は占いに全く興味がなかったのに、節木運で人生が180度変わったと言ってもいいでしょう。
    それくらい大きな可能性を広げてくれるのが節木運なのです。
    しかし離婚前後の二年間は心身ともに一番苦しい時期でした。
     
    今苦しい思いをしている人は、もしかすると運気の変わり目かもしれません。あるいは、成長のための試練の時期かもしれません。
    しかし苦しい時期はいつまでも続くわけではありません。必ず転機はやってきます。
    そのときまでに、今できる課題をこつこつやるのが、その後の好運を最大限活用する下準備となるのです。

    投稿日:2024/02/25

    立春を期に新しい習慣を取り入れよう

    2月4日は立春、旧暦のお正月でした。
    四柱推命ではこの日から新しい年が始まると見ます。運気も大きく変わります。
     
    最近あまりいいことがない、運気が悪いのかも・・・と感じる人は
    ぜひ今月、気分も新たに再スタートしましょう。
     
    その際できれば、何かひとつ新しいことを生活に加えてみてください。
    私は今月からカルシウムをとるために食べる煮干しを食べることにしました。
    つい忘れがちですが、思い出したら食べるようにしています。
     
    大事なのは、「ここで切り替えるぞ!」「新しい流れを作るぞ!」という思い。
    行動じたいは簡単でいいですから、なるべく続けてみましょう。
    続けることが自信にもつながり、ますますいい流れを作ってくれますよ。

    投稿日:2024/02/19

    11月のおすすめ開運行動

    もうすぐ11月。
    そろそろ年末が視野に入って来る頃ですね。
    この時期の開運行動として、どんな過ごし方がおすすめか?
    カードで占ってみました。
     
    出たカードは「浄化」
    曇りのない水晶のような、スッキリした気持ちで過ごすと良いようです。
     
    具体的には
    ★場所の浄化・・・大掃除を前倒しで少しずつ始めましょう。気候も寒すぎず、掃除にはもってこいです。
    埃や汚れがたまる場所には、浮遊霊や憑依霊も集まりやすいのです。きれいにすると、霊も逃げていきますよ。
     
    ★体の浄化・・・塩を入れた入浴がおすすめ。塩は昔から邪気払いの効果があるとされています。
    入浴そのものにも体についた邪気やマイナスエネルギーを祓う効果があり、塩を入れるとさらに血行がよくなるのでいいことづくめ。

    ★心の浄化・・・深呼吸は手軽な浄化方法ですが、「心の邪気を祓おう」と意識してやればより効果的です。
    吐く息でネガティブな感情を体外に出し、吸う息で新鮮でパワフルなエネルギーを取り入れるイメージをしながら、スッキリするまで深呼吸しましょう。
    頭がクリアになり、リラックスして行動できるようになりますよ。
     
    ぜひ参考にしてみてくださいね。

     

    投稿日:2023/10/30

    別れることが成長や幸せにつながる

    別れとは辛く苦しいものです。
    恋人と別れる
    友達と別れる
    家族と別れる
    仕事仲間と別れる
     
    相手が大切であればあるほど
    恋しさ、悲しみ、寂しさ、後悔など
    ネガティブな感情をかきたてられます。
     
    しかし避けようのない別れには、別れることがお互いのためである場合も多いのです。
    ずっと一緒にいることが、必ずしも幸せとは限りません。
     
    人も環境も変わります。よくも悪くも。
    自分にとって、あるいは相手にとって
    このまま一緒にいると成長や幸せの妨げになる場合
    自然と別れはやって来ます。
    それはこの宇宙の摂理です。
     
    それなのに相手に執着し
    無理やり関係を繋ぎ止めようとすれば
    その関係性は淀み、互いに悪い影響を及ぼすようになるでしょう。
    辛くても別れを受け入れれば
    さらなる成長や幸福が訪れるでしょう。
     
    別れとは新しい世界への通過儀礼であり
    その苦しみを受け入れ、越えていくことが
    人間的成長にも繋がります。
     
    そして新しい世界には、必ず新しい出会いがあります。
    成長したあなたにふさわしい出会いが待っていますよ。
     

    投稿日:2023/10/29

    自分を知り、信じる大切さ

    自分を無条件に信じられる人は少ないでしょう。
    人間は社会のなかで生きています。
    人と比べて自分の優劣を気にしたり、
    人と競争して勝ち負けにこだわるのは
    ある意味当たり前のことです。
     
    しかし人と比べて優れている自分や
    人に勝てる自分しか信じられないと
    人間は徐々に病んでいきます。
    上には上がいて
    戦いには終わりがないからです。
     
    人と比べて劣るところがあっても
    平凡なごく普通の人間だと思っても
    そんな自分を自分が信じられるか?
    唯一無二の存在として愛せるか?が
    幸せに生きるうえでとても大切なのです。
     
    そんな自分の素晴らしさは
    人と比べたり、
    勝ち負けにこだわっているうちは、
    けして理解することはできません。
     
    本当の自分らしさとは
    何かができるとか
    人より秀でている部分ではなく
    日々何を信じ、何を思い
    何を感じて喜び、悲しみ
    何を願って行動するか
    そんな細やかなところに現れるのです。
     
    何か特別な、
    人に認められる存在になることが
    幸せではありません。
    あなたがあなたを知り
    何ができなくても自分を信じ
    自分が本当に望むことをさせてあげる。
    そこにあなたの幸せがあるのです。

    投稿日:2023/10/22

    いつも元気で前向きじゃなくてもいい

    長かった夏から急に秋らしくなって、
    体調を崩している方も多いのではないでしょうか。
    かくいう私も、持病のリウマチがそろそろ出始めました(^_^;)
     
    しかし季節は移り変わるもの。
    春夏の陽のエネルギーから
    秋冬の陰のエネルギーへ
    自然とともに
    私たちの心も体も変化します。
     
    春はドキドキ、わくわくを感じ
    夏はアクティブに行動したい欲求が強め。
    元気で前向きなエネルギーです。
     
    秋は実りと感謝を感じ
    冬は学びや鍛練への欲求が強め。
    おとなしく、
    後ろ向き・・・というより
    内向きのエネルギーになります。
     
    つまり秋冬は、自分のなかにエネルギーを蓄える季節。
    その蓄えたエネルギーで
    また次の春、新たな芽を伸ばすのです♪
     
    人間だって自然の一部。
    エネルギー満タンの時もあれば
    エネルギーを思い切り放出する時もある。
    カラカラになったら
    休んでエネルギーを蓄える必要があります。
     
    元気になれない時や
    後ろ向きな気持ちになってしまう時は
    「今はそういう時期なんだな」
    「エネルギーを蓄えてるんだな」と
    思ってみてくださいね。
     
    焦って無理に動くより
    しっかり休んでエネルギーを蓄えた方が
    結果的に回復も早いですよ。

     

    投稿日:2023/10/16

    不安でたまらない時はアウトプットしよう

    仕事の面接を受けるのが不安。
    子供の将来が不安。
    体の調子が悪くて不安。
    あの人に嫌われてる気がして不安。
    特に理由はないけど、なんとなく不安でしかたがない。
     
    不安にさいなまれると、いつも心が晴れず
    悪い妄想がどんどん膨らんで
    居てもたってもいられなくなります。
    食欲がなくなったり、逆に過食になったり
    眠れなくなると体調を崩しさらに不安が増してしまいます。
     
    そんなときはまず、何が不安なのかノートに書き出してみましょう。
    書くのが苦手なら、誰かに話すのもいいでしょう。
     
    不安は先に述べたように
    放っておくとますます膨らんでしまうもの。
    普通なら起こりえない最悪な可能性まで
    「そうなったらどうしよう」と心配してしまうのです。
     
    書いたり話したりすることで、自分が何を不安に思っているかはっきりします。
    「幽霊の正体見たり枯れ尾花」と言いますが
    人は正体がつかめないものほど恐れるもの。
    不安の正体がわかれば具体的に対処できて、闇雲に恐れずにすみます。
     
    書いたり話したりしても不安が消えないときは、
    小さくてもいいので自分が喜ぶことをやってみてください。
    「不安だけど、今日は自分のために花を買おう」
    「不安だけど、今日は気になっていた映画を観よう」
    「不安だけど、明日のために靴を磨こう」
     
    ようは不安な自分を励まし慰める、親友のように行動することです。
    その愛情は、不安な自分にちゃんと届くんですよ。やってみてくださいね。

     

    投稿日:2023/10/09

    自分は愛情が薄いのでは?と悩む人へ

    ほかの人に比べて、自分は家族への関心が薄い。
    ほかの親に比べて、自分は子供への愛情が薄い。
    ほかの人と比べて、自分は恋愛への関心が薄い。
    自分は薄情な人間なのではないか・・・と悩んでいる方がいたら、
    悩む必要はないですよとお伝えしたいです。
     
    他人との距離感、いわゆるパーソナルスペースは人によってかなり違います。
    ひとりでいる時間が必要な人もいれば、誰かと一緒にいたほうが元気が出る人もいます。
     
    いつも一緒にいることが愛情ではありません。離れていても相手を思っているなら、それは立派な愛情です。
     
    また、生まれながらに家族愛への関心が薄かったり、恋愛や結婚に興味がない人もいます。
    そういう人は、身近なコミュニティよりも「世のため、人のため」に働くことに生きがいを感じたり、個を越えた役割を与えられて生まれてきた人もいます。
     
    そういう人は、普通の人より大きな愛を抱いていると言っていいかもしれません。
     
    「自分のなかにも愛情がある」という目で自分を見てあげてください。
    世間一般でいう愛と同じである必要はありません。あなた自身の愛を大事にしてくださいね。

    投稿日:2023/09/24

    占いは絶対ではない

    当たり前といえば当たり前のことですが
    占いはひとつの可能性であって
    絶対ではありません。
     
    確率やインスピレーションによって導きだした
    非常に大雑把な目安であり、
    その人の運命の正解ではないのです。
     
    たとえば四柱推命では
    その人の持って生まれた性格や才能を
    「通変星」という星で表しますが、
     
    その星があるからといって
    才能を十分発揮できるとは限りません。
     
    逆に「そんな才能、私にはない!」と思うような出来事が
    起きることも少なくありません。
     
    そういう場合、
    その才能はまだ磨かれていない原石で
    光り輝いていないのです。
    というかむしろ
    その才能を磨き、光り輝かせることが
    この人生での「課題」だったりするのです。
     
    課題である以上、
    あきらめずに取り組めば
    必ずその才能は光ります。
    逆に課題から逃げていると
    磨かれないただの石ころのまま。
     
    そういう意味でも
    占いは絶対ではありません。
     
    課題が早く終わってしまうと
    四柱推命では現れない次の課題がやって来たりもするんですよ。
    おそらく来世の課題を先取りするんでしょうね(笑)
     
    ともあれこの世を生きることは
    自分の魂を成長させるすばらしいチャンスです。
    辛いこともうれしいことも
    すべてはギフトとしてとらえるとき
    あなたは占いを越えた思ってもみないほどの幸福を手に入れるでしょう。

    投稿日:2023/09/17

    じっくり派とスピーディー派

    四柱推命という占いには、通変星というその人の才能を表す星が十種類あります。
    それらはじっくりか、スピーディーかという
    二つのパターンに分けられます。
     
    じっくりorスピーディーに自己実現する
    じっくりorスピーディーに表現する
    じっくりorスピーディーに人脈を広げる
    じっくりorスピーディーに仕事をする
    じっくりorスピーディーに学ぶ

    一人の人の中には複数の星が存在するので
    単純に「この人はじっくり派」「あの人はスピーディー派」とは言えませんが
    その人の中心星や複数ある星などを見ると、
    どういう部分でじっくり行い、どの部分でスピーディにことを運ぶかが見えてきます。
     
    そしてじっくりとスピーディーはどちらも一長一短あり、どちらがいいということはありません。
    自分の才能のいいところを活かし、悪いところは自覚して気をつける。それが誰にも課せられた人生の課題なのでしょう。
     
    自分の通変星を知ると、自分の才能を効率よく活かす方法がわかりますよ。
    こんな才能があったのか!と新たな自分を発見するかもしれません。
    ぜひ四柱推命の占いを試してみてくださいね♪

    投稿日:2023/09/04

    失敗を回避しようとしてもうまくいかない

    「絶対成功させたい」
    「失敗したくない」
    「いいことだけ起きてほしい」
    「嫌な目にあいたくない」
     
    それは誰もが思うことで、私だって思います。
    わざわざ苦労したくないし、異体目や恥ずかし目に合うなんてまっぴら。
    それが人情というものでしょう。
     
    しかし残念ながら、人生は嫌なことが起きるし、必ず失敗します。
    なぜならヒトの魂には「成長したい」という欲求があるからです。
     
    魂の求める成長とは、
    お金や社会的地位ではなく、
    ヒトとしての器が大きくなること。
    価値観が広がることを意味します。
     
    器を広げ、価値観を広げるには
    今までの自分を越える新しいチャレンジをしなければなりません。
    新しいチャレンジに失敗は付きもの。
    むしろ失敗して初めて、自分の伸び代がそこにあることに気づくでしょう。
     
    失敗を恐れて安心安全なものだけ手に入れようとしても、あまりうまくはいかないでしょう。
    それは魂の望みではないからです。
     
    ほんの少し勇気を出し、ほんの少し失敗を覚悟して、新しいことにチャレンジしてみてください。
    その姿勢に魂は大いに喜び、人生は大きく動き出すでしょう。

    投稿日:2023/08/20

    人にお願いごとをする時のコツ

    あなたは人にお願いごとをするとき、どんな言い方をしてますか?
     
    ①ストレートに「これお願いします」と言う
    ②「やってくれると助かるんだけどな~」と相手の顔色をうかがう
    ③「これしてくれたら、お礼に◯◯してあげる」と交換条件を持ちかける
     
    どれも間違いではありません。
    時と場合によって①~③のどれかが最適な場面もあるでしょう。
     
    しかし基本的に①~③は、自分の要望を相手に突きつけるもの。
    つまり相手に何らかの負担をかけるのです。
    ③は負担をかける代わりに対価を払いますが、それは取引であり、助け合いとはやや違ったかかわりになります。
     
    では、取引でないお願いごとを気持ちよく引き受けてもらうには、どうすればいいでしょうか?
     
    それは「自分の要求を突きつけるだけでなく、相手のメリットを考える」です。
     
    たとえば自分がわからないことを教えてほしい時、
    「これ教えて」と言うのと、
    「説明上手な◯◯さんに教えてほしいんです」と言うのとでは、
    頼まれた側が受ける印象は全く違います。
    「説明上手」と誉められるという嬉しさ=メリットがある。
    するとますます「わかりやすく説明しよう」と張り切って教えてくれるので、お願いした自分にもメリットが返ってきます。
     
    いわゆる「ぶりっ子」(最近あまり聞きませんが)はこれが上手なのです。
    できないふり、弱いふりをして、相手を持ち上げお願いごとをする。
    それが相手を利用する手段になると、人生どこかに歪みができてしまいます。
    しかし自分の要求を当然の権利として突きつけるより、はるかに可愛らしく見えるのは当然と言えるでしょう。
     
    相手のメリットを考えることは、相手を利用するのではなく、愛をもって理解すること。
    その愛情が相手に伝わるので、お願いごとも聞いてもらいやすくなるのです。
     
    お互いにメリットがある、愛あるお願いごとを心がけてみませんか?
    きっと日常が今よりもっとスムーズに豊かになるでしょう。
      
     

    投稿日:2023/08/07

    花を咲かせようと焦ってはならない

    美しい花はいきなり咲くわけではありません。
    土を耕し、種をまき、芽が出てだんだん大きくなり、十分エネルギーを蓄えてようやく花が開きます。
     
    人間も同じで、最初からいきなり大成功する人はいません。
    たまたま最初からうまくいくように見える人も、見えないところで努力をしている場合がほとんどです。
    なかには前世で十分準備し、徳を積んできた人もいます。
     
    誰しも最初はひよっこで、いわば種をまく時期、育てる時期があります。
    その後すぐ花が咲く人もいれば、何年もかかってようやく咲く人もいる。
    そこに個人差があるのは、適正や「必要な試練」など、その人にとって必要な準備がそれぞれあるということ。
     
    誰かに憧れてやってみたけど、合わないと感じたならさっさとやめた方がいいでしょう。
    でも本当にやりたいことをやるなら、花が咲くまでの時間はけして無駄ではありません。
    たくさんの経験を通して成長し、エネルギーを蓄える必要があるのです。
    むしろその成長と経験が魂にとっては大事であり、「花」はその結果でしかありません。
     
    花を咲かせようと焦ってはいけません。
    種をまき、水を与え、肥料をやり、雑草を抜き、じっくり自分を育てていきましょう。
    時間がかかればかかっただけ、あなたの花は見事に咲き誇るでしょう。
     

    投稿日:2023/07/31

    人の心配より自分の心配をしよう

    周りに困った人がいる
    子供の将来が心配だ
    不幸な友人の力になりたい
    あの問題をなんとか解決しなくては!
     
    そんな使命感に燃えてるときは
    自分の心をよ~く観察した方がいい。
     
    それは相手のためですか?
    それとも自分のためですか?
     
    確かに
    周りに困った人がいれば落ちつかないし
    子供の将来に責任を感じるし
    友人にも幸せになってほしい。
    できることがあれば
    力になりたいと思うのは人情です。
     
    でもその問題は
    周りの人や子供や友人が
    自分で乗り越えるべき課題てあり
    成長のチャンスの場合もあるのです。
     
    私が不安になりたくないから
    相手の問題を解決しようとするのは
    人情ではなく、エゴ。
     
    エゴは相手に重苦しさとして伝わります。
    それは「重い」「余計なせっかい」と受け止められ
    「こんなに心配してるのに」と相手を恨むことになる。
    それでは力になるどころか
    こじれて関係になってしまう。
     
    人の心配をしたくなった時は
    自分の心配をしようというお知らせ。
    「なぜ自分はこんなに心配なんだろう?」
    「何が自分の心に引っ掛かるんだろう?」
     
    そこにあなたの人生の課題が隠れている。
    自分の課題に取り組む方が
    幸福になるのはずっと簡単なのです。
     
     

     

    投稿日:2023/07/24

    つい人を助けてしまう人

    困ってる人や、弱い立場の人を
    ついつい助けてしまう。
    その結果、たくさんの責任を背負い込んで
    自分が大変な思いをする。
     
    そんなお客さまがよくお店にいらっしゃいます。
    かくいう私も昔はそうでした(^_^;)

    こういう自己犠牲の人は
    自分が困ってる時に「助けて」と
    言えないことが多いです。
     
    本当は助けてほしい
    でも助けを求めたら迷惑をかける
    迷惑をかけたら嫌われる
    と思ってたり
     
    助けを求めたらバカにされる
    がっかりされると思ってたり

    助けを求めても
    どうせ助けてもらえないと思ってたり。
     
    たぶん子供の頃に何かしらあって
    そんな悲しいを思いしたのでしょう。
    その悲しみが傷となり
    「助けて」と言えなくなった。
     
    そんな人は、他人の姿に自分を投影して
    つい助けたくなってしまうのです。
    本当は誰よりも
    自分が助けてほしいし、助けてほしかった
    そんな思いがあるのです。
     
    つい人を助けて、自分が犠牲になってしまう人は
    まずは自分自身が「助けてほしい」と思ってることはないか?
    よーく考えてみてください。
     
    そして可能な限り、
    人に助けを求めたり
    お金を使ったり
    できないことは手放したりして
    自分を助けてあげてください。
     
    自分が自分を助けてあげられたら、
    他人が困っていても
    「この人は自分で自分を助けられる人だ」と信じて
    見守れるようになりますよ。
     
     

    投稿日:2023/07/03

    【七夕】自分を幸せにする願いを考えてみませんか

    もうすぐ七夕ですね。
    一年に一度、星に願いを託す時。
    この機会にあなたの願望について、ちょっぴりまじめに考えてみませんか?
     
    短冊にひとつだけ願いを書くなら、あなたは何を選ぶでしょうか。
    家内安全
    恋愛成就
    健康
    収入アップ
    仕事の成功
    大切な人の幸せを願う人もいるでしょう。
     
    何を願ってももちろん自由ですが、
    ぼんやりした願いはぼんやりした現実を作り出し、
    強い願いは強い現実を作り出します。
     
    ぼんやりした願いはある意味、人畜無害。
    よくも悪くもあなたの人生に強い影響は与えません。
     
    では強く願うとどうなるでしょう?
    強い思いはたしかに現実を動かします。
     
    ですから大事なのは、
    その願いが、本当に自分を幸せにするものか?
    それとも欲に溺れ、結果的に自分を堕落させるものか?
    あるいは自分を枠に押し込め、窮屈にするものか?
    見極めることなのです。
     
    他人を不幸にして自分だけが喜びを感じることを願っても、いずれ不幸は自分に跳ね返ってきます。
    また、他人の幸せを優先し自分を圧し殺した状態で何かを願っても、満足することはできないでしょう。
     
    さらにSNSで他人のキラキラした生活が目につきやすい時代ですから
    「あの人のようになりたい」と憧れることも多いでしょう。
    だけどあなたとあの人は別の人。
    同じことをしてもあなたが幸せを感じるとは限りません。
     
    あなたが本当に幸せに生きるには何が必要か?
    何を願い何を目標とすれば
    よりあなたらしさを発揮し、のびのび楽しく生きることができるのか?
     
    七夕を前に、誰よりも大切な自分のために
    じっくり考えてみませんか。
     
    ひとりでは難しいという方は、ぜひ私に会いに来てくださいね。
    生年月日とタロットから潜在意識にアプローチして、あなたの望みを引き出すお手伝いをいたします(*^^*)
     
     

    投稿日:2023/06/30

    占いはあの世の方たちの応援も入る神聖な場

    占いにはお悩みや願い、目標のある方が大勢いらっしゃいますが、
     
    本当は何に悩んでいて
    本当は何を望んでいるか
    お客さまご自身も、占い師さえ気づかない場合があります。
     
    しかしセッションをやっていくうちに
    お客さまや占い師がふと口にした言葉をきっかけに
    本当の悩み、本当の望みに気づくことがあるのです。
     
    先日口コミを寄せていただいたお客さまもその一人。
    転職するべきか?のご相談で
    私の占いでは「転職が吉」と出ました。
     
    しかし私がカードを見てふと感じたことをお伝えしたところ、
    ご自分の仕事に対する見方が変わり
    元の職場で頑張ってみようと思い直されたとのことでした。
     
    占い的にはあまりお役に立てませんでしたが、
    それよりもお客さまご自身が
    仕事に対する誇りと情熱を思い出し
    自分にとって正しい選択をされたことが
    本当にすばらしいと思いました。
     
    そして私が「ふと」感じてお伝えした言葉は、
    私が思い付いたというよりも
    お客さまをいつも見守っている守護霊やあの世の方たちが
    私にインスピレーションを降ろされたのだと思います。
     
    いつもそばで見守り、幸せを祈っている方たちの思いだからこそ
    お客さまの心を打ったんでしょうね。
     
    占いは、そのような応援が入る神聖な場なのです。
    たくさんの愛情に守られていることを体感してくださいね。
    私もさらにインスピレーションを正しく降ろせるよう精進してまいります。
     
     

    投稿日:2023/06/26

    自分の芝生を大切に

    誰もが自分らしく幸せに生きる力を持っています。
    生まれの差や運不運はあっても、誰もが自分の力を十分に発揮し、満足のいく人生を送ることができます。
    逆に言えば、幸せになるために生まれてきているのです。
     
    でも人生はツラいことや大変なことがたくさんあります。
    日々悩みとストレスに押し潰されそうな人も多いでしょう。
     
    あの人は何もかもスムーズにいくのに、自分は損ばかりしてる。
    自分は恵まれてない。
    こんな私が幸せになれるはずがないと、思ってしまうこともあるでしょう。
     
    でもそれ、勘違いなのです。
    本当にただの思い込みなのです。
    人は自分の心でしか物事をとらえられないので、
    どんなに恵まれていても
    「私は恵まれてない」と思えば、
    その人にとっての現実はそうなってしまうのです。
     
    本当はあなたには才能があり、
    美しさがあり、
    魅力があり、
    支えてくれる人がいて、
    幸せになる力が十分にあるのです。
    でもその事実に気づかず、
    「私にはない」と思って他人の芝生ばかり眺めているんです。
     
    あなたの心の芝生はどうですか?青々と繁っていますか?
    ちゃんと水をやって、肥料をやって、雑草を抜いてあげていますか?
    あなたを幸せにできるのはあなただけ。
    あなたの芝生を大切にしてください。
    そうすれば、幸せがどんどん育っていきますよ。
     
     

    投稿日:2023/06/18

    占いの結果が信じられない時は

    占ってもらったけど、当たってる気がしない。
    なんだかピンと来ない。
    自分のこととは思えない。
    そう思ったことがある人は少なくないでしょう。
     
    そんな時、占いを信じるも信じないもあなた次第。
    たとえ占い師に「Aが良い」と言われても、
    あなたが「Bがいいな」と思えば
    Bを選択するのが正解です。
    占いで出た答えは単なる可能性であって、絶対的なものではありません。
    人生の選択は、常にあなたが主導権を握るべきです。
     
    ただひとつ頭に置いていただきたいのが、
    占いは潜在意識に働きかけて答えを導き出すことが多いのです。
    いわばあなたの気づいていない、無意識の領域や隠れた可能性まですくい取っている。
    だからあなたが答えにピンと来ないことがあっても、ある意味仕方ないと言えるでしょう。
     
    もちろんあまりに当てずっぽうだったり、ありきたりな型にはめようとする占いは別です。
    ただピンと来ないからと言って、その占いが間違っていると一概には言えないのです。
     
    逆に言えば、あれもこれも当たってる、嬉しいことだけ言ってくれると感じる占いは、「自分が欲しい答え」しかくれない、ご機嫌とりの占いの可能性があります。
     
    占いの結果が信じられない時は、信じる信じないは別にして
    「なぜ今このような言葉が私に伝えられたのだろう?」
    「ここから得られるアドバイスは何だろう?」と考えてみてください。
    それがあなたにとっていちばん必要な知恵となるでしょう。
     
     
     

    投稿日:2023/06/12

    悩んだ時に考えてみるといいこと

    人は生まれる前に、「これだけは成し遂げたい」と決めてきた課題があります。
     
    それはお金持ちになるとか
    事業を成功させるとか
    有名になるとか
    人気者になるということではなく
     
    大ざっぱにいうと
    価値観を広げるということ。
     
    つまりそれは
    「ありえない」と思うことを受け入れたり
    「絶対無理」と思うことをやってみたり
    「私には関係ない」と思うことに飛び込んだりする経験を通して
     
    自分の枠を広げたくて
    生まれてくるのです。
     
    それはお金持ちになる以上に難しいことで、
    魂の傾向性はあの世では変化しません。
    たとえば短気な人は短気なまま、
    弱気な人は弱気なままです。
     
    弱気な人が「今度の人生ではもっと強くなりたい」と思ったら
    どんな人生の青写真を描くでしょうか?
     
    おそらく
    ぬくぬくと守られる安泰な人生にはしないでしょう。
    逆境に追い込まれ、勇気を振り絞って生きるような人生に設定するでしょう。
     
    同じように
    今あなたの人生に困難があるならば、それを越えた先に手に入れたいものがあるのです。
     
    それは必ずしも、何かができるようになるとか、がんばって目標達成することではないかもしれません。
    何かを諦めるとか、
    周りに頼るとか、
    遠慮せず言いたいことを言うとか
    そんなささやかなことかもしれません。
     
    さあ、生まれる前のあなたがなんとしても手に入れたかったものは何でしょう?
    悩みに直面したときは、そんなことを考えてみてくださいね。
     
     

    投稿日:2023/06/05

    今見えている相手は氷山の一角

    あの人は怒ってるに違いない
    あの人は私を嫌いに違いない
    あの人は私をバカにしてるに違いない
    あの人は私を疑ってるに違いない
     
    そう思いこんでしまうと
    いつもその事が頭から離れず
    苦しくなりますよね。
     
    そんなときは、
    怒ったり嫌ったりバカにしたり疑ってるように見える
    あの人の姿は
    「氷山の一角だ」と思ってみてください。
     
    人は多面体で、いくつもの感情を同時に抱えています。
    本人すら気づいてない潜在意識には、さらに多様で複雑な思いが渦巻いています。
     
    怒ったり嫌ったりバカにしたり疑ってるように見えるのは、
    あなたがそう信じているから、
    その人のその部分に自然とフォーカスしてしまうのです。

    時間がたったり、あなたの気持ちが変わってくれば、自然とその人の違う面が見えてきます。
     
    「自分には見えてない部分もあるかもしれない」と思ってみて。
    不思議と徐々に見えてきますよ^^
     
     

    投稿日:2023/06/03

    才能なんてなくていい

    人より抜きん出た才能がない自分は
    つまらない存在だと思いますか?
     
    つまらないなんてとんでもない。
    むしろあなたはあの世で
    「抜きん出た才能がない凡人」として生きるという
    非凡な選択をして生まれてきたのです。
     
    抜きん出た才能を使って
    やすやすと勝ち組になる人生より
     
    平凡な自分にもできることと
    平凡な自分にはできないことを使って
    たくさんの壁にぶつかり
    たくさんの喜びを見つけながら
    生きることを選んで生まれた。
     
    抜きん出た才能なんて
    あってもなくてもどっちでもいいんです。
    誰にとっても大切なのは
    人生に向かう姿勢です。
     
    凸凹だらけの自分を受け入れ、愛し
    うまくいかないことがあっても
    拗ねずに諦めずに
    せいいっぱい生きていく。
     
    そんなあなたの頭上には
    才能よりもずっと尊い
    天の王冠が輝いているのです。
     
     

    投稿日:2023/05/26

    結婚したければ期限を決める

    「いつ頃結婚できるか見てください」
    と質問するお客さんは大勢いらっしゃいますが、
    私の占いでは
    「いつ頃結婚したいですか?」
    と逆にお聞きしています。
     
    それは、未来は決定しておらず、本人の意思や感情が大きく作用するからです。
     
    いくら素敵なお相手がいて、
    周りも応援してくれていても、
    あなたに結婚の覚悟がなければ実現は難しいでしょう。
     
    また、自分のなかで
    「こういう結婚生活がしたい」
    「こういう人生をパートナーと歩んでいきたい」
    というイメージが明確になっておらず
    なんとなく
    「結婚すれば幸せになれるはず」
    「彼氏が幸せにしてくれる」と思っているなら要注意。
    たとえ結婚できたとしても
    「こんなはずじゃなかった」と
    後悔することになりかねません。
     
    結婚したい、でも具体的なことは何も決めてないという人は
    まずは結婚する期限を決めましょう。
     
    ○○までに結婚する!という覚悟を持つこと。
    そして、それまでに何をすればいいか、
    具体的な行動戦略を立てること。
     
    あなたが望む幸せは、あなたにしかわかりません。
    自分の気持ちを明確にし、なんとしても結婚する覚悟を持つ。
    まずはそこから始めましょう。

    投稿日:2023/05/22

    五月病で悩んでいる人へ

    五月といえば五月病。
    みなさんの心の様子はいかがですか?
     
    私は今日、ふとしたきっかけで悲観的な気持ちになり
    「どうせ私はうまく行かない」
    「がんばっても仕方ない」という思いが
    わーっと押し寄せてきました。
     
    けれどにすぐ「あ、これは五月病だ」と気づき
    思考が切り替わりました。
    それはふだんから
    「自分を客観視する」習慣が身についているからです。
     
    最近寝不足で疲れがたまっていたので、
    エネルギー不足のところへ
    自分のネガティブな思考パターンに引っ張られたんだな~と思いました。
     
    どんな人も調子のいい時と悪い時があります。
    調子の悪い時は誰でも悲観的になってしまうもの。
    そういう自分を責めたり、無理やり頑張ろうとすると、かえってドツボにはまってしまいます。
     
    心が元気ない時は
    「今自分は調子が悪いんだな」と認めて、無理せず休みましょう。
    ひどければ心療内科にかかるもよし、
    心療内科に抵抗があれば内科で漢方薬を処方してくれるところもあります。
     
    けして無理せず、
    必要なら周りのタスケも借りながら
    不調な時期を乗りきっていきましょう。
     
    そしてふだん元気のいい時から
    自分を客観視する(広い視野で冷静にとらえる)習慣をつけておくと
    調子の悪い時だけでなく、人生そのものがスムースになっていきますよ。
     
     
     
     

    投稿日:2023/05/19

    必ずどこかで帳尻が合っている

    私だけ、うまくいかない・・・
     
    私だけ、恵まれない・・・
     
    私だけ、大事にされない・・・
     
    世の中不公平だ。
    がんばっても、どうせ私はダメなんだ。
     
    そんな風に思ってしまう時
    誰でもありますよね。
     
    でも本当は
    あなただけうまくいかないとか
    あなただけ恵まれないとか
    あなただけ恵まれないなんてことはないんです。
    そんな気がするだけ。
     
    全体の一部を切り取って
    自分だけ損したように考えてしまってるだけ。
     
    大きな視野で見れば
    どこかで必ず帳尻は合っています。
     
    あなたがうまくいってることや
    恵まれてることや
    大事にされていることは
    必ずあるはずです^^
     
    でも人間は危険回避のため
    うれしいことより悲しいことを
    強く意識するようにできているので、
    どうしても自分が損してるように
    感じてしまうのです。
     
    私だけうまくいかない、ダメだと
    うちひしがれそうな時は
    あなたがうまくいってることや
    あなたが恵まれてることや
    あなたを大事にしてくれる人を思い出して。
     
    冷たかったあなたの心に
    暖かな火がともるでしょう。

    投稿日:2023/05/15

    「さすが私」と言ってみて

    自己肯定感の低い人は、
    「どうせ私はダメなんだ・・・」と
    無意識に自分にダメ出ししてます。
     
    その裏返しで
    人から認められたい欲求が強く
     
    認められるよう
    自分を犠牲にして頑張って
    くたびれ果てている人も少なくありません。
    (無意識にやってる場合も多い)
     
    そんなに頑張っても
    ほめられるかどうかは相手次第。
    期待した反応が得られないと
    相手への恨みになったり
    「やっぱり私はダメなのね」という思い込みをますます募らせかねません。
     
    だったら自分で自分をほめる習慣をつけてしまいましょう。
    「さすが私」
    「よくやった、私」
    「偉すぎん?私」と。
     
    自分ほめられても仕方ない?
    いえいえ、心は素直に喜んでいます。
    無意識のなかのたくさんの私が、「やっと私が私を認めてくれた!」と
    涙を流しているかもしれません。
     
    自己肯定感が低い自覚のある人は、
    ぜひやってみてください。
    人からほめられるのを待つより
    ずっと簡単&確実に
    幸せを感じることができますよ。
     

    投稿日:2023/05/12

    波動を簡単に上げる方法

    スピリチュアルに関心がある方は、
    「あーいま波動が下がってるな~」
    と思ったことがあるでしょう。
     
    波動という言葉がピンと来なければ
    調子が悪い
    気分がふさぐ
    元気が出ない
    いつまでも疲れがとれない
    そんな状態のことです。
     
    もちろん疲れている時は
    休んで心身の回復を待つのがいちばんですが、
    休んでも休んでも
    上がり調子にならないときは
    自分で自分の波動を上げてみましょう。
     
    その方法とは・・・
    簡単です。
    体を動かせばいいのです。
     
    運動するのでもいいし
    散歩したり
    ラジオ体操でもいいでしょう。
    頭を使わず、とにかく体を動かしてみましょう。
     
    心と体はつながっていますから、
    体を動かせば心も動きます。
    動けば波動は上がります。
    波動が下がってる状態とは、停滞してる状態でもあるんですね。
     
    体を大事にしすぎて
    やみくもに休んでいても
    元気は出にくいものです。
    少しの時間でもいいので、
    体を動かしてみてくださいね。
     
     
     

    投稿日:2023/05/05

    自分の失敗パターンを知る大切さ

    いつも同じパターンで、人間関係に悩む。
    いつも同じパターンで、恋愛がうまくいかない。
    いつも同じパターンで、挫折してしまう。
     
    そんな自分のパターンに気づけた人は幸いです。
    それはあなたが一生かけて解決するべく、
    生まれ持ってきた「課題」だからです。
     
    例えば・・・
    自分の言いたいことが言えず
    周りに流され、他人に合わせて疲れきってしまう。
    そんな人は、
    「なぜ自分は言いたいことが言えないのか?」を問いかけてみる必要があるのです。
     
    その理由は人それぞれですし、
    過去世が影響している場合もあります。
    言いたいことを言って、大切な人を傷つけてしまった
    言いたいことを言ったら、ひどい目に合わされた
    そんな過去があったかもしれません。
     
    二度と同じ失敗をしないよう
    「言いたいことを言ってはいけない」と
    潜在意識が強くストップをかけているのかも。
     
    けれどそれは過去の出来事であり
    その命令に従い続けることは
    痛みや悲しみを抱え続けることになるのです。
     
    その痛みや悲しみを手放し
    強くしなやかに成長するために
    私たちは生まれてきたのです。
     
    自分はどんな失敗パターンを持っているか?
    そこにどんな悲しみが隠れているか?
    その傷に気づき、癒し、手放すのは、人生で一番大切なこと。
    死んであの世に戻ったとき、多くの魂から称賛されることとなるでしょう。
     
     

     

    投稿日:2023/04/28

    冬はエネルギーを貯め、春はエネルギーを使う季節

    本格的な春を迎え、色とりどりの花が野に町に咲き誇っています。
    今年はじめて咲いた花もあれば、秋咲きの花が冬を越えふたたび勢いを増したものもありますね。
     
    私も花が好きで育てていますが、冬のあいだ完全に成長を止めていた花がぐんぐん伸びるのを見ると、感動すら覚えます。
    成長が止まって見えたのは表面だけで、植物はその内側にたくさん力を貯めていたんだなと。
     
    いつか太陽が空気を温め、強い日差しを放つ時を信じて。
     
    人間も同じで、人生は春や夏ばかりは続きません。
    仕事がうまくいかなかったり、健康を害したり、思わぬ事故や事件に巻き込まれたり。
    秋や冬のように、ひたすら逆境を耐えるしかない時期もあります。
     
    しかしそんな時こそ、私たちは人間としての強さを培うことができます。
    余分な花や葉を落とし、本当に大事なことに気づき、真に自分らしい道を見つけることができるのは、冬のように厳しい逆境の季節なのです。
     
    この時期を堪え、自分と向き合い、無駄をそぎ落とした人は、やがて来る春にらんまんと咲き誇ることができるでしょう。
    すなわち、自分らしさを思う存分発揮して人生を謳歌することができるでしょう。
     
    「今」はあなたにとってどんな季節でしょうか。
    エネルギーを貯める時期か、
    それとも貯めたエネルギーを使う時期か?
    どちらもあなたにとって大事であることを、忘れないでくださいね。
     
     

    投稿日:2023/04/24

    価値も正邪も幸せも自分で決める時代

    コロナ禍がひと区切りし、
    新しい時代が始まっています。
     
    まだまだマスクの人が多い印象ですが、
    マスクするかしないかは
    「自分で判断して決めてください」
    という国の方針が
    新しい時代を象徴しているように思います。
     
    つまり、何がよくて何が悪いか
    何が正しくて何がまちがっているかは
    個人の自由に委ねられる部分が
    ますます増えていくでしょう。
     
    それはつまり
    自分の幸せを自分で決めていいということです。
     
    逆に言えば、
    世間の幸せの基準に合わせようとしても
    「世間の基準」があいまいになります。
    自分の外側に正解を求めようとしても
    その正解がない、という状況になっていくでしょう。
     
    そんな時代の羅針盤になるのは、自分の心です。
    心が何を求めているか
    心が何を感じているか
    自分の心が何を幸せと思うかです。
     
    これは、心が感じるものすべてを
    「鵜呑みにせよ」ということではありません。
    なぜなら心は
    過去からの積み重ねでできており、
    トラウマによる自己否定や
    不安や恐れや渇望などにより
    割れた鏡のように
    物事を歪んで見せることがあるからです。
     
    何が幸せかわからない人は、
    まずはじっくりと自分の心を観察すること。
    ちょっとした違和感を流してしまわず、自分の本音を探ること。
    大切な宝物のように、自分の気持ちを扱ってみてください。
    今までスルーされてた心が目覚めて、いきいきと反応し出しますよ。
     
     

    投稿日:2023/04/21

    しょっちゅういじめられてしまう人は

    いじめられたり、騙されたり
    バカにされやすい人。
     
    自分は悪くないのに、
    いつも被害にあってしまう人。
     
    こういう人は、被害者意識が強いでしょう。
     
    実際に被害にあう頻度が高いので
    当たり前といえば当たり前ですが、
     
    被害にあう前から
    「どうせまたいじめられる」
    「どうせいやな目にあわされる」と思い込み
    そのような現実を
    ますます引き寄せてしまいます。
     
    私たちの思いの力、思考や感情のエネルギーは
    想像以上に強く
    その通りの現実を作り出します。
     
    逆に
    自分は被害を受けない人だと思っていれば
    そういう現実になっていくのです。
     
    とはいえ長年のくせで
    「どうせ自分はいじめられる」と無意識に思ってしまう人が
    いくら表層意識で「私はいじめられない人だ!」と思い込もうとしても
    現実はそう簡単に変わりません。
     
    ならばどうすればいいのか?
     
    そんな人は、「自分は被害者の国から出る」
    と決めてみてください。
     
    たとえ自分をいじめる人がいても、自分はやられっぱなしではいない。
    たとえ自分をバカにする人がいても、自分は自分をバカにしない。
    そう心に決めるのです。
     
    変わると決めれば必ず変化が現れます。
    それくらい、思いのエネルギーは強いのです。
     
    騙されたと思って、一年くらい続けてみてください。
    いつの間にかいじめる人がいなくなり
    いやな目にあうことが減っていきますよ。
     
     

    投稿日:2023/04/14

    自分に感謝すると自己肯定感が上がる

    いまここにいるあなたは、昨日今日であなたになったわけではありません。
    過去からの選択と行動の蓄積です。
    長い時間をかけ、たくさん学び、たくさん迷い、失敗と成功を繰り返したからこそいまのあなたがいます。
     
    そんな自分の過去の行動を当たり前と思わず、ぜひこまめに感謝してみてほしいのです。
     
    たとえば今あなたが美味しいコーヒーを飲んでいるとしたら、それは過去のあなたが美味しいコーヒーを買ったか、美味しく淹れるかしたからです。
    そしたら「コーヒーを買って(淹れて)くれた私、ありがとう」と感謝する。
     
    今仕事をしてお給料をもらっているなら、それは過去のあなたが面接を受け仕事を覚えたからです。
    そしたら「勇気を出して面接を受けた私、ありがとう」「がんばって仕事を覚えた私、ありがとう」と感謝する。
    そんな感じです。
     
    自分が自分に感謝しても、何の意味もないと思いますか?
    そんなことはありません。
    たとえ自分からでも、感謝されればあなたの無意識は喜ぶのです。
    自分の行動はまちがってなかった、がんばりが報われたと感じ、自己肯定感が上がります。
     
    そうやって自分への感謝を繰り返していくと、不思議と「過去の自分に感謝したくなるような」いいことがたくさん起きるようになります。
    感謝は感謝を呼び、喜びは喜びを引き寄せるからです。
     
    自己肯定感が低い人、しょっちゅう自分にダメ出ししてしまう人は、ぜひ「自分への感謝」を習慣にしてみて。
    「私は感謝される人」「私は素晴らしい人」というセルフイメージを培うことができますよ。
     
     

    投稿日:2023/04/10

    お先にどうぞの精神で

    自分は周りより遅れている、
    自分はみんなより劣ってる、
    私はしょせんダメなんだ・・・こんな自分が恥ずかしい・・・とつい思ってしまう人へ。
    (実は私もそういうタイプなのですが)
     
    あなたにはあなたにしかできないことがあり
    あなたにはあなたの素晴らしさがあります。
    でも、たしかに
    他の人のように結果をなかなか出せなくて
    へこんでしまうこともあるでしょう。
     
    そんな時呟いてほしいのが
    「お先にどうぞ」という言葉です。
     
    人にはそれぞれのペースがあります。
    飲み込みの早い人、遅い人
    器用な人、不器用な人
    スタートダッシュ型、スロースターター型
    などさまざま。
     
    世の中は、早くいい結果を出すことがよいとされますが
    魂の世界においては必ずしもそうではありません。
    飲みこみが遅ければ遅いなりに
    不器用なら不器用なりに
    どれだけ自分に向き合いチャレンジするかが
    実はいちばん大事なのです。
     
    他の人と比べ、できない自分にダメ出しするより
    「お先にどうぞ。私はあとからゆっくり行くね」とやさしく道を譲るような精神で。
    それによってあなたのエネルギーは無駄に消耗することなく、着実に前進していけるのです。
     
     

    投稿日:2023/04/07

    決断できない人

    新年度、新しいことがスタートする季節。
    同時に古いことを手放し、終わらせるタイミングでもあります。
     
    あなたは終わらせたいけど終わらせられないことがありますか?
    たとえば・・・
     
    仕事をやめたい
    習い事をやめたい
    あの人との付き合いをやめたい
    あのコミュニティから抜けたい
    古い慣習に従うのをやめたい
    お酒をやめたい
    無駄遣いをやめたい
    離婚したい
    などなど
     
    それを続けていると苦しくて、自分が自分らしく生きられない。
    それにも関わらず、どうしてもやめられないなら、それはなぜでしょうか?
     
    「仕事をやめたら食べていけない。次の仕事が見つかるかわからないし」
    「習い事をやめたら、今までかけたお金も時間もムダになる」
    「あの人との付き合いをやめたら、何て陰口を叩かれるかわからない」
    そんな切実な理由があるでしょう。
    しかしそれは本当の理由でしょうか?
     
    決断できない人は、決断することが怖い。そんな人が多いのです。
    自分の決断はまちがっているのではないか。
    その通り実行したら、大損するのではないか。
    周りに嫌われ、見捨てられるのではないか。
    という自分への不信感が強いのです。
     
    決断し行動した結果、うまくいかなかった。
    その事で親に叱られ、周りに迷惑をかけた。
    自分がまちがったせいで大切なものを失った。
    そんな記憶が魂に刻み込まれているのかもしれません。
     
    しかしそんな人ほど、決断する経験を積み重ねるのが大切なのです。
    トラウマに翻弄されたままでは、周りに流されて生きることになります。
     
    最初から大きな決断をする必要はありません。だってそれはすごく怖いことだから。
    仕事をやめたければ、まずは休暇をとってみる。
    転職サイトに応募してみる。
    そんな小さな決断から始めてみてはいかがでしょう。
     
    自分が自分を幸せにすると決め、嫌なことを終わらせるための小さな一歩を踏み出す。
    そこからあなたの人生は大きく動き出していくのでしょう。
     
    まちがうことを恐れる必要はありません。
    たとえまちがえてもそこから道は繋がっていて、いずれ幸福へとたどり着くのですから。

    投稿日:2023/04/03

    新しいことを始めるとき、焦りは禁物

    もうすぐ4月。
    新年度になると、環境が変わったり、人間関係が変化する人がたくさんいらっしゃると思います。
    仕事を始めたり、習い事をスタートする人もいるでしょう。
     
    春はエネルギーが陰から陽に転じる季節。
    新しいことを始めるにはぴったりです。
     
    そんなとき、早く環境になじもうとしたり、焦って結果を出そうとすると、必要以上にエネルギーを消耗してしまいます。
    とくに完璧主義の人は、できない自分を許せず無理してしまいがち。
    そんな無理が積み重なると、メンタルが崩れてしまう可能性もあります。
     
    新しい環境に入ったときは、焦らず無理せず。
    お風呂やプールに入るときのように、ゆっくり体を馴染ませていくことです。
     
    最初から完璧な人はいませんし、周りもそこまでのスキルをあなたに求めてはいません。
    自分が自分を長い目で見守ってあげながら、少しずつ前進していきましょう。
     
     

    投稿日:2023/03/31

    優越感や劣等感は幸せを妨げる

    SNSが発達し、世界中の人と簡単に交流できる時代。
    誰もがYouTubeやInstagramで発信し、ネットで物を売り買いし、個人事業主となる人も増えました。
     
    そのぶん競争相手も増え、自分と同じジャンルで同じような物事を発信している人がたくさんいるのが現実です。
     
    そのなかで個性を発揮し、注目を集めるのは大変なことです。
    人よりいいねを多くもらう、
    人より売り上げを上げる、
    などの結果を追い求めていては、
    常に他人と比べ他人の真似をすることになり
    果てしない競争のなかで疲れきってしまうでしょう。
     
    競争相手が多すぎるこの時代は、他人に勝つことや、優越感を得ることを目的としていては、幸せを感じることは難しくなるでしょう。
    また何かにつけ他人と比べ劣等感を感じやすい人は、さらに自分にダメ出しをし、無意識に自分を傷つけてしまいます。
     
    人と自分を比べるのは、蜃気楼を信じるようなもの。
    そこに「こうすれば成功する」「こうすれば誰からも愛される」という絶対的法則はありません。
     
    あなたにはあなたにしかできないことがあり、
    あなたにはあなたにしかわからない幸せがある。
    それをどれだけ自分の中から汲み取れるか?
    そのためには他人と自分を比べるのでなく、自分との深い対話が必要なのです。
     
     

    投稿日:2023/03/27

    自分を責めるのは神様を責めるのと同じこと

    自分責めをする人は多いと思います。
    うまくいかない時
    周りより自分だけ遅れてる気がする時
    調子が悪い時
    つい感情的になった時
    ダメな自分を責め、
    さらに自分を責める自分のことも責めてしまう。
     
    自分を責める人は
    まじめで自分を省みることのできる
    いい人が多いのですが、
    あまりに自分を責めていると
    責められた自分が弱ってしまいます。
    するとエネルギー不足と自己暗示によって
    ますますうまくいかないことが増えてしまいます。
     
    自分を責めそうになったとき
    思い出してほしいことがあります。
    それは、
     
    「自分を責めるのは神様を責めること」
    「自分をバカにするのは神様への冒涜」
     
    だということ。
     
    私たちは誰もが命を持っています。
    そして誰の命にも神が宿っています。
     
    神が宿っていながら、私たちは完璧な存在ではありません。
    誰もが欠けた部分を持っています。
    それは欠けた部分を使ってーうまく行こうが行くまいがー人間的に成長することが、この世に生まれる目的だからです。
     
    完璧でないから反省する
    完璧でないから努力する
    完璧でないからあきらめる
    完璧でないから人のやさしさがわかる
    そうやって私たちは、完璧でない自分のまま成長し、人間的な深みを増し、幸せになっていけるのです。
     
    そんな崇高な目的を持って生まれた自分をバカにするのが、神への冒涜でなくてなんでしょうか?
     
    あなたに与えられた性質は、長所も短所も、神様からのギフトです。
    うまくいかなくて自分を責めそうになるとき、あなたの中の神は、誰よりもあなたの可能性を信じ、祈り、見守ってくれているのです。
     
     

    投稿日:2023/03/24

    成長できない代わり映えしない自分を責めてしまう人へ

    本格的な春を迎え、野にも町にも様々な花が咲いています。
    冬の間成長を止めていたパンジーやヴィオラも、息を吹き返したように咲き誇っています。
     
    では冬の間、パンジーやヴィオラは死んでいたのかというと、そうではありません。
    寒い冬をじっと耐えることで、気温の変化に負けない強さを身につけていたのです。
     
    人生にも停滞期があります。
    自分が少しも成長せず、衰える一方のように感じる。自分が情けなく思え、周りばかりが輝いて見えたりします。
     
    しかし停滞期とは、自分のなかにエネルギーを貯めている時。
    苦しみ、悩み、考え、試行錯誤しながら、逆境に耐える強さを身につけているのです。
     
    何事も順調に進むだけでは、本当の成長には結びつきません。
    うまくいかない時ほど自分を変える絶好のチャンスであり、柔軟な思考や新しい価値観をとりいれ、しなやかな強さを培うことができるのです。
     
    うまくいかない自分を責めず、あきらめずに、今できることをコツコツ続けていく。
    それが後に見事な花を咲かせる土台となるでしょう。
    あなたの春は必ずやって来るのです。
     
     

    投稿日:2023/03/20

    許せないことは、人それぞれ違う

    先日漫画アプリで「ガラスの仮面」を読んでたら、ものすごく怒りがこみ上げた場面がありました。
     
    主人公の北島マヤは、高校生女優としてお茶の間の人気者。
    しかし行方不明だった母が亡くなったショックで演じる気力を失います。
    さらにマヤの失墜をもくろむ乙部のりえから、母が大都芸能の速水真澄に隔離されていたと知らされ、睡眠薬入りの酒を飲んで大事な舞台に穴を開けてしまいます。
    これがきっかけでマヤは芸能界を追放されることになります。
     
    私がいちばん怒りを感じたのは、マヤを陥れた乙部のりえでも、話題作りのために母を遠ざけた速水真澄でもなく、主人公のマヤでした。
     
    たったひとりの肉親である母が亡くなった悲しみ、そして速水真澄が母を隔離しなければ母は死ななかったという怒り。
    マヤが混乱から自暴自棄になり、まともな判断ができなくなってしまったのは仕方のないことかもしれません。
     
    それでも私は漫画を読みながら
    「マヤのバカ!」
    「なんて浅はかなの」
    「卑怯な手口にだまされて、みすみす道を踏み外すなんて」

    心の中でマヤを罵り続けたのです。
     
    これは私が無意識に
    「道を踏み外してはいけない」
    「バカなことをしてはいけない」
    というルールを
    自分に厳しく課しているから。
    だから「道を踏み外したマヤ」を
    許すことができなかったのです。
     
    私は自分がどんなにつらい時も
    間違った判断をしたり、お酒に逃げたりしてはいけないと思っているんだな
    そして間違った時は自分を厳しく叱っているんだなと気づきました。
      
    人間だもの、バカなこと、間違ったことをすることもある。そういう時があってもいい。
    バカな自分も許していこう。
    そして間違った自分に、もっとやさしくしてあげようと思いました。
     
    さて、あなたはいかがでしょう。
    どんな人に怒りを覚え、「許せない」と感じますか?
    それは自分自身に対しても「許せない」ことでしょうか。
     
    許せないことが多ければ多いほど、生きていくのはハードになります。
    しかし何を許せて何を許せないかは、人によってかなり違います。
     
    あなたには絶対許せないことでも、他人は「それくらい別にいいじゃない」と感じるかもしれません。
    自分が許せないと思うことは何か?
    それは本当に許してはいけないことなのか?
    たまに振り返ってみるといいですよ。
     
     

    投稿日:2023/03/17

    自分のなかに神様を住まわせる

    人は誰でも得意、不得意があります。
    気の長い人もいれば気の短い人もいるし
    明るく前向きな人もいれば、暗く後ろ向きな人もいる。
    それはどちらがいい悪いということはなく、その人の生まれ持った特性です。
     
    たとえば気の長い人は、出来事に一喜一憂しない穏やかさがありますが、とっさの決断力には欠けるかもしれません。
    逆に気の短い人は、短期集中して物事を成し遂げますが、せっかちで安易な方法を選ぶことがあります。
    長所と短所は裏表です。
     
    だから自分の短所を嘆く必要はなく、むしろ個性と言っていいのですが
    苦手な部分を自分なりに改善することはできます。
    走るのが遅い人でも、練習次第で伸び代を伸ばすことができるのと同じです。
     
    その方法のひとつが、自分のなかに神様を住まわせること。
     
    神様というと大袈裟に聞こえるでしょうが、
    要するに理想の誰かがいつも一緒だとイメージすることです。
     
    たとえば人の気持ちに寄り添うのが苦手な人は、人の気持ちに寄り添うのが上手な人を思い浮かべる。
    その人に寄り添ってもらってうれしかった気持ちを思い出す。
    そして悩んでいる人と話すとき、その人のように話してみることです。
     
    最初はぎこちなく、うまくいかなくても、回数を重ねるごとに慣れて身についてきます。
     
    人間の素晴らしさは、他人から学べること。
    他人と比べて自分の得意不得意を知り、他人をモデルとして自分を磨けること。
    身近にいなくても思い浮かべればいいのですから、どんな偉人もアイドルも選びたい放題です。
     
    「すごいな、こんな風になれたらいいな」
    と神様のように感じる人がいたら
    ぜひ心のなかに住まわせてみて。
    きっとあなたの伸び代を伸ばす手伝いをしてくれるでしょう。
     
     

    投稿日:2023/03/13

    ドラマ「ブラッシュアップライフ」に学ぶ客観視

    ブラッシュアップライフというドラマをご存じだろうか。
    芸人のバカリズムが脚本を手掛け、安藤サクラが主人公を演じている。
    人生を何度もやり直す女性の話だ。
     
    ストーリー自体とても面白いしキャストも最高にいいのだけど、
    私が感心するのは安藤サクラのモノローグだ。
     
    何度も同じ人生を繰り返して新鮮みがないせいか、彼女の独白はまるで他人事のように客観的でたんたんとしている。
    もちろん同じ人生でも選択によって未来は変わるので、失敗したり落ち込んだりすることはある。
    けれど失敗してもいつまでもくよくよしないし、
    「考えないようにしよう」とか
    「いい方に考えよう」とさらっと流すのが、すごくうまい。
     
    それは死という何も選択できない状況を経験した主人公が、「生きてる間にどれだけよりよい未来を作り、徳を積めるか」にチャレンジしているからだと思う。
     
    私たちはいまこの世を生きている。
    それはたくさんの選択肢があり、自分の選択によって未来を作れるということだ。
    望み通りにいかないこともあるけれど、失敗してもやり直しできる。
    もちろんあきらめて別の選択肢を選ぶ自由もある。
     
    失敗する怖さにおびえたり、失敗を嘆いて殻にこもるのも自由だけど、そうこうしているうちに死は必ずやって来る。
    同じところにとどまって自分を守っている状態は、実は何も選択できないあの世にいるのと限りなく近い。
     
    辛いときや悲しいときは、自分の痛みにしっかり寄り添ってあげることが大切だ。
    それと同時に、他人事のように自分を客観視し、済んだことは済んだこととして軽やかに流していけるといい。
    ブラッシュアップライフの安藤サクラを見てそう思った。
     
     

    投稿日:2023/03/10

    人に好かれるより自分が自分を好きでいよう

    私たちは人に好かれたい、嫌われたくないと思います。
    また、ほめられたい、バカにされたくないと思うものです。
    それは集団の中で仲間と助け合いながら生きていく、人間にとって必要な習性とも言えます。
     
    しかし私たちは時おり、人に好かれるために、自分を偽ることがあります。
    人にほめられるために、自分を犠牲にすることがあります。
     
    お金がないのに人に奢る
    体調が悪いのに残業を引き受ける
    付き合いで興味のない集まりへ行く
    自分の意見を言わず人の意見に合わせる
    などなど
     
    人当たりよく
    一見波風を立てずに
    うまく振る舞っているように見えても
     
    自分を偽り自分を犠牲にしていると
    そのしわ寄せは少しずつ
    自分を蝕んでいきます。
     
    周りの目をいつも気にして
    びくびく、おどおどと
    気の休まるヒマがなかったり
     
    もっと周りに認めてもらえるよう
    もっともっと頑張らなければと
    心身をすり減らしたり
     
    周りにあわせすぎて
    自分が本当は何をしたいのかわからない
    何が嫌かもわからない
    ただ漠然とした不満や生きにくさを
    感じたりするのです。
     
    そういう人は、
    こんなことを言ったらバカにされると
    思うようなことを言ってみて。
     
    こんなことをしたら絶対に嫌われると
    思うようなことをやってみて。
     
    怖いかもしれないけど
    エイヤッ!でやってみて。

    バカにされたり 
    嫌われたり
    怒られたり
    悲しませたりしても
    それが本当のあなたの姿なら
    あなたを心から愛している人は
    あなたを見放さないでしょう。
     
    そして誰よりもあなた自身が
    自分の本心に沿って生きることを
    心からうれしく思うはず。
     
    本当の自分で生きることは
    誰に認められるよりも
    安心して生きやすくなる方法なのです。

     

    投稿日:2022/12/02

    結婚相手に求める条件がフワッとしてるのは危険

    結婚できるでしょうか?
    というご相談を多く受けますが、
    「どんな人と結婚したいですか?」とうかがうと
    「普通の人」
    「いっしょにいて居心地のいい人」
    「価値観が合う人」
    と答える方が一定数いらっしゃいます。
     
    たしかに普通じゃない人よりは
    普通の人のほうが危険は少なそうだし、
     
    いっしょにいて気が休まらなかったり
    価値観がバラバラでは
    結婚という共同生活に適しているとは言えません。
     
    しかし「普通」は、
    一見ありふれたもののようでいて
    実は人それぞれ定義が違ったりします。
    誰かにとっての普通、当たり前が
    ほかの人にはそうでないのはよくあることです。
     
    それは「居心地がいい」「価値観が合う」にも言えることで
    どんな状態を居心地がいいと思うのかは
    人それぞれ違います。
    静かな環境が好きか、にぎやかなのが好きなのか
    いつも一緒にいたいのか、別々の時間が多い方がいいのか
    暑がりか、寒がりかなどなど。
     
    価値観はもっと細かく見ていく必要があります。
    お金の価値観、仕事の価値観、教育の価値観、親孝行の価値観など
    挙げればきりがないほどです。
     
    そしてお気づきの通り
    結婚相手は他人ですから、
    完全に居心地がいいとか
    完全に価値観が合うことはありません。
    完全を求めるなら独身でいた方がよほど幸せに生きられるでしょう。
     
    それでも結婚したいなら、
    自分にとって絶対に譲れない条件は何か
    何は譲れるかを把握する必要があります。
    結婚相談所では、譲れない条件を3つまで絞りこむそうです。
    それほど結婚生活には譲合いが必要なのです。
     
    結婚する相手の条件がフワッとしてると、
    せっかく男性との出会いがあっても
    自分が暮らしていける相手かどうか判断することができません。
    恋愛関係にあれば判断力はさらに下がり、間違った決断をして後悔することになりかねません。
     
    結婚を望んでいる人は、ぜひご自分の「絶対に譲れない条件」を考えてみてくださいね。

    投稿日:2022/10/28

    完璧に仕事ができなくて悩んでいる人へ

    完璧に仕事をしたいのに
    仕事のできない同僚が足をひっぱる
    仕事量が多すぎる
    人が少なすぎる
    責任が重すぎる・・・
     
    そんな悩みにさいなまれて
    苦しい思いで仕事をしている人は
    少なくありません。
     
    あまりにも職場環境が悪すぎて
    心や体を蝕んでしまいそうなら
    休職や転職を考えたほうがよいでしょう。
     
    でもさまざまな理由で
    その仕事を離れることができないなら
     
    完璧に仕事をすることをあきらめる
    という覚悟が必要でしょう。
     
    完璧に仕事をできなければ
    どうなると思いますか?
     
    上司にしかられる
    同僚にバカにされる
    会社に迷惑をかける
    お客様に迷惑をかける
    給料が下がる
    役職を解かれる
    最悪、クビになる
     
    そんな想像がよぎるかもしれません。
    たしかにその可能性が全くないとは言えません。
     
    でもそうでない可能性もあります。
     
    あなたが完璧に仕事をできなければ
     
    会社はあなたのオーバーワークに気づき
    仕事のできない同僚を配置替えし
    仕事量を減らし
    人を増やし
    新たな責任者を配置してくれるかもしれません。
     
    一度に全部は無理でも
    会社の利益を守るために
    何らかの手を打たざるをえないでしょう。
     
    あなたがいま無理をして
    会社の利益を守るために頑張っていたとしても
    無理というものは長く続きません。
    どこかでひずみが出るのです。
    ひずみは修正する必要があり
    それはあなたではなく会社の責任なのです。
     
    そしてあなたには
    会社以上に自分を守るという
    大きな責任があります。
     
    あなたの幸せはあなたにしか守れません。
    仕事を完璧にこなして
    上司にほめられたり
    同僚から尊敬されたり
    お客様に感謝されたり
    給料や役職が上がれば
    幸せを感じられるかもしれませんが
     
    それは会社の状況が変わった時
    簡単に崩れさるものでもあるのです。
     
    完璧に仕事をすることを諦めるとは
    どんな状況でも
    (たとえ不本意な状況でも)
    自分の心と体を守ることを優先する
    ということでもあります。
     
    自分に無理をさせて
    自分を犠牲にして会社に尽くしても
    あなたが本当に欲しい幸せは
    手に入らないかもしれない。
     
    自分の幸せは自分で守る
    それを第一に考えてみてくださいね。

    投稿日:2022/09/24

    自分の欠点を知ると楽になる?!

    私ってダメ人間なんです
    欠点だらけなんです
    人並みにできないんです
     
    そう思ってる人は多いと思います。
     
    でも、欠点しかない人はいません。 
    欠点は長所の裏返しだったりしますしね。
     
    自分が自分をダメだと思っていると
    ちょっと何か言われても
    自分を全否定されてるような気がしてしまう
    常に人の顔色をうかがって安心できない・・・
     
    こんな人は
    自分のどこが欠点だと思っているか
    具体的に挙げてみるのがおすすめです。
     
    たとえば
    口べたでコミュニケーションが苦手とか
    調子に乗ってはしゃぎすぎるとか
    怒りっぽいとか
     
    努力で克服できればいいですが
    努力しても改善が難しいものは
    「背が低い」「足が速い」と同じように
    生まれながらの性質だったりします。
     
    それをできる人と比べて
    「自分はダメだ」と思う必要はないのです。
    誰にだって苦手なものはありますから。

    そして自分の欠点(欠けているもの)がはっきりすると
    逆に自分の長所も見えてきます。
     
    口べただけど、
    人の話を聞くのは苦にならないとか
    お調子者だけど、
    人を笑わせるのが得意とか
    起こりっぽいけど、
    正義感が強いとか。
     
    自分にダメ出しするだけでなく
    いいところと悪いところ
    両方見てあげるようになると
    周りの人の態度も不思議と変わっていきますよ。
     
     

    投稿日:2022/08/19

    悩んでいるあなたへお伝えしたいこと

    占いを受けてくださるお客様のなかには、
    恋愛、仕事、家族、人間関係など
    さまざまに悩み苦しみ
    自分ではどうしていいかわからなくなった方が
    大勢いらっしゃいます。
     
    なぜ私ばかりこんなに辛い目に遭うんだろう・・・
    なぜ私はうまく生きられないんだろう・・・
    幸せそうに生きてる人がうらやましい・・・
    こんな人生に意味があるのだろうか・・・
     
    そうやって自信を失い
    未来を信じられなくなっている方に
    私がいちばんお伝えしたいのは
     
    「いま悩み苦しんでいるあなたは、何よりも尊い存在なのだ」
    ということです。
     
    人が人としてこの世に生まれるのは
    自らの課題を克服して
    魂を成長させるためです。
     
    その課題は人によってさまざまで
    前世から続くカルマを解消することも
    その課題に含まれます。
     
    たとえばあなたが前世で
    自分の欲のために人を騙したとしたら、
    そのカルマの解消のために
    今世は自分が人に騙される人生を
    自ら選んで生まれたりします。
     
    それは単なる「因果応報」ではなく
    自分を騙した相手を許すことで
    過去世の人を騙した自分をも許すことになるのです。
     
    欲のために自分を騙した相手を許すのは
    簡単なことではありません。
    断腸の苦しみを味わうこともあるでしょう。
     
    しかし究極的には、
    どんな悪をも受け入れるしか
    心の平和はないのです。
    どんなにひどい他人も
    どんなにひどい自分も
    許して初めて安らぎが訪れるのです。
     
    その気づきに至るために
    私たちはそれぞれの課題を背負って
    悩むために生まれてくるのです。
    悩み、怒り、苦しみ、絶望し、
    そこから立ち上がるために。
     
    その魂の挑戦は
    億万長者になるよりも
    有名人になるよりも
    世界記録を持つアスリートになるよりも
    ずっと尊く価値のあることなのです。
     
    たとえば
    過去世に自ら命を断った人は、
    今世では
    「どんなに死にたくなっても死なない」
    という課題を背負って
    生まれてきています。
     
    その人が天寿を全うしてあの世に行けば
    見守っていた大勢の仲間から
    金メダルのアスリート以上に拍手喝采を浴び
    称えられることでしょう。
     
     
    悩みの渦中にいるあなたは、
    いままさに
    自分が生まれてきた目的と対峙している。
    ぜひそのことを知っていただきたいと思います。
     
     

    投稿日:2022/08/05

    思い通りにならないことこそ、人生の醍醐味

    「◯◯すれば思い通りになる」
    「◯◯すればうまくいく」

    そんな方法があると思っていませんか?
     
    断捨離すれば人生が変わる
    トイレを掃除すれば幸運がやってくる
    自分から連絡しなければ彼の方から連絡してくる
    お金さえあれば悩みはなくなる
     
    ◯◯すれば思い通りにすべてがうまくいく
    ・・・なんてことはありません。
     
    うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあります。
     
    断捨離すれば家の中がスッキリして
    清々しい気持ちで暮らすことはできるでしょう。
    でもそれで人生が変わるか?と言えば
    そんなことはありません。
    断捨離をきっかけに自信がついて
    何事にも積極的に行動するようになったなら
    かなり変わるでしょうけど。
     
    自分から連絡せず彼からの連絡を待つのは
    恋愛テクニックのひとつですが、
    彼を自分の思い通りに動かそうとすれば
    その「わがまま」なエネルギーが彼に伝わってしまうでしょう。
    一時的に彼から連絡が来るようになっても、それだけで彼との仲がうまくいくわけではありません。
     
    世の中の「◯◯すればうまくいく」方法は
    けして万能ではなく
    あなたの人生に対する意識を変えるきっかけに過ぎないのです。
     
    そして実は
    うまくいかないことにこそ
    人生の醍醐味があるのです。
     
    うまくいかないことのなかには
    たくさんのヒントが詰まっています。
     
    ・それは本当にあなたに必要なことか?
    ・それは本当にあなたが好きなものか?
    ・うまくいくために、あなたができることは何か?
    ・うまくいってないと感じるのは、あなたの思い込みではないか?
    ・うまくいかないことを手放したとき、あなたに残されているものは?
     
    そんな疑問を自分に問いかけ、
    本当の意味で自分らしい幸せを発見するチャンスなのです。

    投稿日:2022/07/25

    しんどさから抜け出すには

    あなたは、生きるのがしんどいと
    感じることがありますか?
     
    しんどさを感じる場面は人それぞれでしょう。
    人間関係
    お金の問題
    恋愛
    家庭
    仕事
    病気などなど
     
    そのしんどさを
    より強固なものにしているのは
    じつは執着心なのです。
     
    すべての人に好かれることに
    執着していれば
    少し怒られても激しく落ち込み
     
    華やかな暮らしに執着していれば
    お金はいくらあっても足りないでしょう。
     
    恋人や家族に愛されることに執着していれば
    一人暮らしは苦痛でしかなく
     
    出世に執着していれば
    つねに今以上の能力を求め
    がんばり続けるしかない。
     
    健康に執着していれば
    少しの病気にもびくびくオドオドして
    あらゆる健康法を試したり
    サプリを飲み漁ったり
     
    それでは健康どころか
    ストレスで体を壊しかねません。
     
    自分の思い通りにしたいという執着が
    逆に人生をしんどくさせてしまうのです。
     
    人生のしんどさから抜け出し
    楽に幸せに生きる近道は
    手放しがたい執着を捨てること。
     
    さて、あなたなら何を手放しますか?
     
     

    投稿日:2022/07/11

    私だけが報われないと思うとき

    私は選ばれない
    私は愛されない
    私はひとりぼっち
    私だけが損をしている
     
    そんな風に考えてしまうことがありますか?
     
    誰かがどこかで得をして
    自分はけして報われない
    つらい思いをしているのは自分だけ
    不幸の星の下に生まれてしまった
     
    そんな被害妄想にかられることがありますか?
     
    いいことがあったり
    お金が入ってきたり
    調子のいいときは誰もが善人でいられますが
     
    いやなことがあったり
    お金ががくんと減ったり
    悪いときに落ち込むのは当たり前です。
     
    けれどそういう時に
    被害妄想が膨らんで
    誰かを憎んだり
    自分を責める気持ちが
    エスカレートしたら要注意。
     
    いやなことや悪いことにフォーカスして
    あらゆることを悪くとる
    負のスパイラルに陥ってしまいます。
     
    愛情をもらえない
    私ばかり損をしていると思うとき
    やってみるといいのは
    【自分から出すこと】
     
    自分から声をかける
    自分から手助けする
    自分からお金を出す
    自分から愛情を差し出す
     
    それを、できれば
    見返りを求めずに
    やってみるといいのです。
     
    見返りを求めるのは
    本当の愛情ではありません。
    本当の愛とは無償の愛
    心からの思いやりを
    自分から差し出すことです。
     
    本来のあなたは
    無償の愛に満ちています。
    なぜならそもそも私たちは
    無償の愛によってこの世に生まれ
    生かされているからです。
     
    あなたがいま座っている椅子
    見ているスマホ
    着ている服
    それらはたしかに有償でしょう。
     
    けれどそれらの技術よりずっと高度な
    肉体というシステム
    地球環境というシステム
    太陽、銀河系、宇宙というシステムには
    お金を払っていません。
     
    私たちがいまここに生かされていること
    自分の意思で行動する自由があること
    それは私たちの努力によってもたらされたものではなく
    まさに無償の愛の産物なのです。
     
    無償の愛によって生まれた私たちが
    無償の愛を差し出していく
    エネルギーを循環していくと
    それは回り回ってあなたのもとに
    必ず帰ってくるのが
    宇宙の法則です。
     
    目に見えないエネルギーが大事です。
    自分がどんなエネルギーを放っているか
    愛情か、被害妄想か、省みてみてください。
    そして何を選んで生きるかは
    私たちの意思に委ねられているのです。
     

    投稿日:2022/07/03

    自信がない人が自信を持つ方法

    あなたは自分に自信がありますか?
     
    私は少し前まで
    まったく自信がありませんでした。
    自分のダメなところばかり気になり
    未来に対しても「私には自分を幸せにする力はない」と悲観的でした。
     
    それが少しずつ変わって
    自信が持てるようになったのは
    スキルを身に付けたり
    経験を積み重ねたせいではありません。
     
    もちろんスキルや経験値は
    自信をほんの少し上乗せしてくれましたが
    もっと大きなきっかけは
    「私は愛されている」と
    思ってみたことでした。

    私にはダメなところがある
    私には収入がない
    私は世間並の暮らしをしていない
    私はもう若くない
    私にはこれといった特技がない
     
    「それでも私は愛されている」
     
    あの人は私を怒ってばかり
    あの人は私の話を聞いてくれない
    あの人はほかの人と仲がいい
    あの人は私よりずっと優れている
     
    「それでもあの人は私を愛している」
     
    それは私の望む愛の形ではないかもしれない。
    それでもそこに愛はあると
    ほんの少しでも愛はあると
    信じてみる。
     
    そうやって
    周りから注がれる小さな愛も、大きな愛も
    ひとつひとつ意識して
    感謝して受け取ることで
    「私は愛される人間だ」という
    自信が生まれていったのです。
     
    特別なことはしなくても
    日々、周りの人の言動のなかに
    与えられた環境のなかに
    自分に注がれる愛を見つけることが
    自信をつけるいちばんの近道になるのです。
     
     

     

     

     

    投稿日:2022/06/20

    嫉妬深さと依存

    あなたは嫉妬深いほうでしょうか?
     
    彼の女友達に嫉妬してしまう
    仕事のできる同僚に嫉妬してしまう
    自分より若い人に嫉妬してしまう
    いいねの数が多い人に嫉妬してしまう
     
    嫉妬心は誰にでもあるものですが、
    その嫉妬に自分が振り回され
    消耗してしまうほどなら
     
    あなたは彼や
    仕事や
    若さや
    いいねの数に
    依存しているのかもしれません。
     
    依存とは
    自分以外の存在に依りかかること。
     
    自分が自分を信じてないから
    「このていどの自分」を愛してないから
    ほかの何かで自分を支えようとすること。
     
    でもね
    本当は誰だって
    自分を信じ、愛することができるんですよ。
     
    ただちょっと勘違いしてるだけ。
    「こんな自分じゃダメなんだ」って
    小さい頃に思い込んじゃっただけ。
     
    あなたがどんなに彼に愛されていても
    どんなに仕事ができても
    どんなに若々しくても
    どんなにいいねされていても
     
    自分を信じて愛していなければ
    もっともっと欲しくなるし
    自分よりすごい人がうらやましいし
     
    たとえ恋人がいなくても
    仕事でミスばかりしていても
    ふと気づけば人生後半戦でも
    SNSをしてなくても
     
    自分を信じて愛していれば
    誰にも嫉妬せず
    満たされて穏やかに過ごせるのです。
     
    完璧でない自分を
    「こんな私でも愛されてる」と信じること
    やってみてくださいね。
     

    投稿日:2022/06/15

    役に立たない自分でもいい

    私たちは、人の役に立ちたいという思いを本能的に持っています。
    周りの役に立つことで周りに守られ、生き延びやすくなるというメリットがあるからです。
     
    また、人の役に立つことで自己肯定感が上がり、自分はここにいていいのだという安心感を得ることができます。
     
    しかし「人の役に立つこと」だけを自分の価値だと思っていると、生きることはしんどくなります。
    役に立っている時はいいですが、役に立てない時は自分を責めてしまうでしょう。
    また、せっかく人の役に立とうと頑張ったのに、感謝されなかったり認められなかったりすると、虚しくなったり相手を恨んだりします。
     
    人の役に立つことがいけないわけではありません。
    人の役に立つことを自分の価値だと思うことに問題があるのです。
     
    なぜ人の役に立ちたいかと言えば、
    自分を認めてほしいから
    自分を受け入れてほしいから
    自分に好意をもってほしいからでしょう。
     
    しかし、もしあなたが
    とりたてて役に立たない人でも
    そこにいるだけで
    実は認められ
    受け入れられ
    好意をもってもらえているとしたら?
     
    あなたは無理して頑張ったり
    役に立てない自分を責めたり
    自分を認めてくれない人に腹を立てたり
    虚しくなる必要はないのです。
     
    あなたはあなたらしく
    自分のできることをやり
    自分の好きなことをしていれば
    それで十分。
     
    周りに気をつかい
    困っている人のために無理やり時間を割き
    もっと役に立つために山ほど勉強し
    怒りを抑え
    泣くのをがまんし
    笑いたいのをこらえる必要もありません。
     
    「役に立たない自分でも愛されている」
    そう信じて生きるとき
    あなたの世界は愛に包まれていくのです。
     
     

    投稿日:2022/05/30

    あなたは「ダメな人間」ではない

    「私ってダメな人間だ」と思ってる人は多いと思います。
    そしてその理由は、じつに多種多様です。
     
    仕事ができない
    仕事以外できない
    彼氏がいない
    浮気がやめられない
    夢をあきらめられない
    夢がない
    ひとつのことを続けられない
    ひとつのことしかできない
    結婚できない
    離婚できない
     
    ある人にとってはうらやましい状態が
    ある人にとっては
    「ダメだ」と感じることだったりする。
     
    つまり原因が何でろうと
    「私ってダメだ」という思いが心の底にあり
    ダメな状態と「ダメな私」を
    いちいち紐づけているのです。
     
    ダメな状態にいるのなら
    そこから抜け出す方法を考え、行動すればいいのですが
    「私ってダメな人間だ」を言い訳に使うと
    いつまでたっても抜け出せません。
     
    あなたはダメな人間ではなく
    ダメな状態にいるだけ。
    あなたは本当は素晴らしい人ですし
    抜け出す方法は必ずあります。
     
    ひとりで見つからないときは
    私にお手伝いさせてくださいね。
     
     
     

    投稿日:2022/05/16

    どんな映画が好き?

    映画に限らず本、絵画、音楽、ファッション、何でもそうですが
    人の好みにはその人の個性が出ます。
     
    さらに言えば
    その人がこの世に生まれてきた目的や
    この世でチャレンジするべき課題が
    隠されていることもあります。
     
    たとえば映画のジャンルには
    ラブロマンス
    アクション
    SF
    人間ドラマ
    コメディ
    ホラーなど
    さまざまな種類がありますが、
     
    ラブロマンスしか興味がない人と
    ホラーにしか興味がない人では
    映画以外の趣味嗜好もかなり違うでしょう。
     
    趣味嗜好には
    その人の考え方や価値観が反映されます。
    それは生きる目的にも通じています。
     
    逆に言えば
    趣味嗜好の型を知ることで
    その人が人生において何を大切にし
    何を目的に生まれてきたか
    ざっくりした傾向がわかるわけです。
     
    友人付き合いや恋愛において
    お互いの傾向をわかり合えていれば
    無理に合わせる必要もありませんし
    過度な期待を押しつけずに済むでしょう。
     
    何より人生を生きる上で
    自分が何を大切にしたいかわかっていれば
    余計な回り道をしたり
    無駄なことにエネルギーを費やさずに済むのです。
    (もちろん何が無駄なことかは人によって違います)
     
    ご自分の趣味嗜好から
    自分にとっての宝物は何か?を
    読み解いてみてはいかがでしょうか。

     

    投稿日:2022/04/25

    彼を信じられなくなったとき

    恋愛相談で、
    「彼を信じて大丈夫でしょうか?」
    と聞かれることがあります。
     
     
    たとえば
    連絡をくれない
    自分から誘ってこない
    女友達と遊んでる
    忙しくてなかなか会えない
    一時的に距離を置かれた
     
    そんな時
     
     
    信じて大丈夫とは言い切れません。
     
    彼がどういう気持ちでそのような態度に出ているか
    占いである程度見ることはできますが
     
    人の心はうつろいやすく
    未来は不確定なものです。
     
     
    それでも彼との恋愛をあきらめたくない時
    あなたにできることは
     
    彼を許すこと。
     
    連絡をくれない彼を許す
    誘ってこない彼を許す
    女友達と遊んでる彼を許す
    なかなか会えない彼を許す
    距離を置く彼を許す
     
    そんな風に
    彼女を不安にさせてしまう
    未熟な彼を許してあげること。
     
    そして
    不安になって
    彼を疑ったり
    自分に自信が持てなくなる
    弱い自分を許してあげること。
     
     
    彼を信じることも大切ですが
    「信じてるから、裏切らないで」という脅しになると
    愛というよりエゴになります。
     
    まずはお互いの未熟さ、弱さを
    許してあげましょう。
     
    そのうえで
    寂しくなったり、不安になったりした
    自分の本音を彼に伝えてみてください。
    未熟な彼を責めるのではなく、
    「こうしてくれたらうれしい」と
    お願いしてみてください。
     
    その願いを聞いてくれるかどうかは
    彼が決めることですが、
     
    どんなに信じていても
    言葉にして伝えなければ
    彼はあなたの気持ちがわかりません。
    男性は女性より、相手の気持ちを汲み取るのがずっと苦手ですから。
     
     
    彼を信じられなくなったときは
    お互いの未熟さを許すこと
    自分の本音を伝えること
    やってみてね。
     
     

    投稿日:2022/04/05

    愛情を注がれ計らわれて生きている

    NHKテレビ小説「カムカムエヴリバディ」を毎週見ています。
    これは母、娘、孫の三代のヒロインがつづる100年の物語です。
     
    今日の放送では、若くして戦死した父の霊が娘のもとに現れました。
    母は戦後、進駐軍と再婚してアメリカへ渡りましたが、娘は母が自分を捨てたことを長年恨みに思っていました。
    けれど父の霊に励まされ、母を探しにアメリカへ行こうと決意しました。
     
    本当は母は自分を愛していたのかもしれない。何か事情があったのかもしれない・・・
    母と別れてから何十年もの時を経て、ようやく真実を知る勇気が出たのです。
     
    その何十年の間に、たくさんの人たちがたくさんの愛情を娘に注いできました。
    しかしそれは自分のそばで生きてる人たちだけではなかった。
    遠く離れてしまった人も、あの世へ旅立った人たちも、幸せを祈り見守ってくれていた。
    その思いの力に守られて生きてきた。
    そう実感させてくれる演出でした。
     
    それはドラマの中だけのことではありません。
    私たちの人生も同じなのです。
     
    たとえひとりぼっちに思えても、誰にも助けてもらえない気がしても、あなたを大切に思っている人はたくさんいます。
    そしてあなたが幸せに生きられるよう、さまざまな形で計らってくれているのです。
     
    その計らいは、ときに悲しい出来事として起きます。
    なぜなら人は順調なとき、大きな成長はないからです。
    魂が大きく成長するのは、大抵は苦境に立たされたとき。
    その苦しみを乗り越えて、本当の幸せにたどりつくのです。
     
    今期の朝ドラはそろそろ終盤。
    私たちもこの命が終わる前に、人生の課題に立ち向かう勇気を出しましょう。
    たくさんの人たちが、この世でもあの世でも見守ってくれているのですから。
     

    投稿日:2022/03/18

    女性脳はおしゃべりが好き

    今朝、脳科学者の中野信子さんのYouTubeを聞いていて知ったのですが・・・
    男性は平均して、一日に約七千語の言葉を発するそうです。
    それに比べて女性は、一日に何語しゃべるでしょう?

    なんと、平均して二万語。
    男性の三倍近くしゃべるそうです。
    そして多くの女性は、一日に話す言葉か六千語以下だと、ストレスを感じるのだそう。

    男性も付き合う前や恋愛初期には、彼女と仲を深めようと一所懸命話します。
    ライン等のコミュニケーションもまめにするでしょう。
    しかし二人の仲が深まると、安心してもとの口数に戻っていくのです。

    彼との会話やラインの回数が減ると、「もう私に飽きたのかしら?」と心配になる女性は多いでしょう。
    でも多くの場合、男性は女性よりずっとコミュニケーションが少ない。
    おしゃべりを楽しむという意識は薄く、問題解決のツールとしてとらえているのです。
    そんな男性の脳の構造を理解してあげてください。

    だからといって、女性が彼と話したい気持ちを無理やり抑える必要はありません。
    「30分でいいから話を聞いてくれるとうれしい」
    「一日に一度声を聞くと安心する」
    そんな風に彼にお願いしてみましょう。
    あなたが彼に求めるものは何か、なぜそれが必要か。
    納得すると、男性はびっくりするくらい献身的にあなたを支えてくれます。
    多くの男性には、女性を支え喜ばせたいヒーロー願望がありますから。

    もちろん無理なお願いや度を越えたわがまま、彼の愛情を試すような要求はNGです。
    男性と女性、脳の構造も価値観も違う二人が仲良くやっていくために、お互い譲歩しながら、無理のない接点を見つけていく。
    お願いを聞いてもらったら、心からの感謝を伝える。
    そうやって二人の関係を育てていってくださいね。

    投稿日:2022/03/04

    将来ひとりでは寂しいから結婚したい、なら

    結婚したいというご相談のかたに
    「なぜ結婚したいのですか?」と聞くと
    多くのかたが
    「子供がほしい」
    「将来ひとりでは不安」と仰います。
     
    つまり、
    「ひとりの心細さや寂しさを埋めるために
    伴侶や子供がほしい」
    という方が
    大勢いらっしゃるのです。
     
    その気持ちはもっともです。
    寂しがり屋の人にとって
    別れる可能性の薄い「家族の絆」は
    なくてはならないものと
    感じられるでしょう。
     
    しかし世の中には
    「家族の絆」が薄い夫婦、親子も
    たくさんいます。
    家族という濃い繋がりだからこそ
    厄介で険悪な関係に陥ることも
    たくさんあります。
     
    そしてまた、
    家族でなくても
    暖かく支え合う関係性は
    友人や隣人やコミュニティなど
    いたるところにあるのです。
     
    孤独な老後は寂しいから結婚したい方は、
    結婚せず子供もいない
    いまの生活のままで
    どうしたら寂しくなく暮らせるだろう?と
    考えてみてください。
    結婚しなくても、子供がいなくても
    周りの人と深く繋がり
    人生を豊かにする方法は
    たくさんあるはずです。
     
    そうしてあなたが
    たとえ結婚しなくても豊かに幸せに生きられる自信がついたとき
    あなたにふさわしいパートナーが現れるでしょう。
     
     

    投稿日:2021/12/09

    持って生まれた性質を十分に使えてますか?

    私の陰陽五行リーディングでは
    四柱推命の基本である
    五行(木火土金水)を使い、
     
    「本来このようなエネルギーを持っていますよ」
    「これが良く出ればこうなり、悪く出ればこんな形で現れますよ」
      
    そんな風にお伝えしています。
     
     
    さて、お客様に
    「あなたは本来、とても細やかな神経の持ち主です」
    とか
    「美意識が強く、誇り高い性質です」
    などとお伝えしても、
    キョトンとしたり
    「そんなはずはない」と仰ることがあります。
     
    これは、本来の自分を
    何らかの理由で封印しているから。
     
    子供の頃の環境や
    ショックな出来事によって
    「こんな私を表に出したら嫌われる」と思い込み、
    押さえつけて隠して
    そのまま忘れてしまったのです。
     
    また、そもそも
    本質が他の性質で隠れてしまうような
    わかりにく~い形で
    生まれてくる方もたくさんいます。
     
     
    でも
    「そういう性質があるかもしれない」
    と意識し、
    「そんなところがあってもいい」
    と自分に許可すると
    それが突破口となって
    どんどん表に現れてきます。
     
    本来の自分を押さえつけることは
    たとえ無意識でも
    大変なエネルギーを消耗します。
    押さえつける必要がなくなれば
    どんどん楽になって
    どんどん元気が出てきます。
     
    そうなるには
    「こんな私を表に出したら嫌われる」
    という思い込みを捨てて
     
    グズな私
    おしゃべりな私
    見栄っ張りな私
    冷酷な私
    怒りっぽい私
    泣き虫な私
    強欲な私 などなど
     
    「こんなダメな私」を自分が認めるという
    ちょっぴり痛いプロセスを
    通る必要がありますが・・・
     
    どんな私も否定せず
    「私のなかにあっていい」と意識すると、
    その性質のよい面が
    どんどん出てくるのです。
     
    グズな私は、ひとつひとつ丁寧にやる私
    おしゃべりな私は、いつも陽気で明るい私
    見栄っ張りな私は、誇り高い私
    冷酷な私は、情に流されない強い私
    怒りっぽい私や泣き虫な私は、
    自分の感情に素直な私 などなど
     

    さあ、 
    あなたはどんな性質の持ち主でしょうか。
    そしてその性質を
    十分生かせているでしょうか?
     
    本来の自分を知り
    自分らしさを発揮して生きる
    お手伝いができたら光栄です。
     
     

    投稿日:2021/12/03

    「普通の人と同じようにできない」と悩んでる人へ

    自分はなぜほかの人が普通にできることができないんだろう?
    自分はダメ人間なのか?
    不良品なのか?
    単なる役立たずで、社会に自分の居場所はないのだろうか?
     
    しょっちゅうそう思ってしまう人は、
    いつもいつも
    「自分ができないこと」を数え上げていませんか?
     
    そして「自分ができること」は
    「できるのが普通」だと思っていないでしょうか。
     
    その「普通」ができない人だっているのにね。
     
     
    あなたができることもできないことも
    ちっとも普通ではありません。
    人それぞれに
    「得意」と「苦手」
    「簡単」と「難しい」
    「持ってる」と「持ってない」があって
    どれが普通かなんて、
    本当は誰にも決められないんです。
     
    だからあなたにとって
    「苦手」「難しい」「持ってない」ことを
    恥じる必要はないし、
    「得意」「簡単」「持ってる」ことを
    当たり前に思う必要も、
    逆に優越感を感じる必要もないのです。
     
    苦手も得意も
    難しいも簡単も
    持ってるも持ってないも
    その多くは生まれる前に、自分で決めてきたのです。
    自分が味わいたい人生にするために。
    経験を通して、気づきを得るために。
     
    だとしたら・・・
    「普通の人ができることができない」
    と感じて苦しんでいる人は、
     
    「どんな私も、この世でたったひとりの特別な存在」
    そう気づきたくて
    生まれてきたのかもしれませんね。
     
     

    投稿日:2021/11/29

    この世の価値は心に積んだ宝にある

    あなたの年齢と、あなたの価値は関係ない
     
    あなたの収入と、あなたの価値は関係ない
     
    あなたの友だちの数と、あなたの価値は関係ない
     
    恋人がいるかどうかと、あなたの価値は関係ない
     
    結婚してるかどうかと、あなたの価値は関係ない
     
    仕事の忙しさと、あなたの価値は関係ない
     
     
    今現在あなたがどこでどんな状況にあろうと
    あなたの価値とはビックリするほど
    関係ありません。
     
     
    そしてあなたの価値・・・というより
    あなたがこの世で得た財産は
    実は死んだあとの世界で
    より明確になります。
     
     
    物質的なものは、あの世へはなにひとつ持って行けません。
     
     
    何を経験し、何を感じたか。
    それをどう自分の成長に生かしたか。
    どれだけ執着を手放し
    愛をもって自分を見つめ
    愛をもって世界を見つめ
    自分と世界に貢献したか。
     
     
    いわば心に積んだ宝こそが
    この世でもあの世でも
    あなたを支える大きな価値となるのです。
     
     
    肉体や財産や環境という
    目に見える価値に足をすくわれがちなこの世にあって
    執着を手放し、上手に活用しながら
    自分らしく幸せに生きる方法を身につけたなら
    あなたに怖いものはありません。
     
     
    そしてあの世を生きる時間は
    この世の何倍も長いのです。
    (そのわりに、変化が少ない)
    だからこの世を生きる間に
    どれだけ心の宝を積めるかが
    とても大切なことなのです。
     
     

    投稿日:2021/11/19

    不安が強くて眠れない人は

    睡眠不足や夜更かしなどが続くと、不安感が強くなります。
    これは血の量が減るためで、血は夜中の1時から3時の間、睡眠中に作られます。
     
    血が減ると一緒に流れる「気」も減ってしまい、元気ややる気が失われます。すると意味もなく不安になったり、心が落ち着かなかったり、依存心が強くなったりします。
     
    また、血が不足すると眠りの質も悪くなります。
    疲れていても眠れない、夢をたくさん見る、途中で目が覚めてしまう人は、血が不足しているかもしれません。
     
    眠れないから血が作れない、血が少ないから眠れないという悪循環を抜け出すには、まずは血を補うこと。
    それにはバランスのとれた食事と適度な運動、規則正しい生活が大切です。
    どうしても眠れなければ、病院で処方された眠剤を適量使うのもいいでしょう。
     
    規則正しい生活なんて当たり前すぎる答えですが、実行するのは意外と難しいもの。
    不安が強くて眠れない人は、ぜひやってみてくださいね。
     
    それにしても、寝るだけで血が増えて不安まで薄れるなんて、人間の体はよくできてますね!

    投稿日:2021/11/12

    幸せの近道は人に好かれようとしないこと

    幸せになる近道は、
    人に好かれようとしないことです。
     
    なぜなら私たちは、
    人に好かれるためなら
    どんなに大変なことも、
    けっこう頑張ってやれてしまうからです。
     
    それが自分にとって
    辛いことでも
    大して面白くないことでも
    本当はキライなことでも
    我慢してやれてしまう。
     
    それほど「人に好かれたい」「愛されたい」という思いは強く、
    そもそもは「お父さんお母さんに好かれたい」という子供時代の欲求から来ています。

    まだ自我が芽生える前からある欲求ですから、
    自分らしい欲求すら無意識にねじ伏せてしまうのです。
     
    そうして獲得した
    「人に好かれる私」を演じているうちに
    本当の自分がわからなくなってしまう人も少なくありません。
     
     
    なんとなく生きづらい
    なんとなく不満
    生きてる実感がわかない
    頑張ってるのに報われない
     
    そんな思いが強い人は、
    本当の自分をねじ伏せて
    人に好かれそうな自分を演じているのかもしれません。
     
    そんなときは
    人に好かれようとするのをやめること。
     
    嫌われるのが怖くて
    避難されるのか怖くて
    笑われるのが怖くて
    やらずに我慢していたことをやってみる
     
    言いたくても我慢してたことを言ってみる
     
    誰の機嫌をとるよりも
    自分を大切にすることを
    優先してみるといいのです。
     
     
    慣れてないと
    とても怖いと感じるでしょうが
    たいていは
    その程度のことで嫌われたりしません。
     
    そしてなにより
    自分を大切にしてもらえて
    ほっと安心する自分がいることに気づくでしょう。
     
      

     

    投稿日:2021/11/01

    幸せになるためには、不幸を手放す必要がある

    「幸せになりない」
    誰もがそう願いながら生きています。
     
    人生に絶望しかない。何がなんでも変わりたい!
    という人や、
     
    いまも悪くはないけれど、できればもっと幸せになりたい!
    という人など、さまざまです。
     
    幸せと言っても、その人ごとに幸せの中身は違うでしょう。
     
     
    けれど幸せになるために
    誰もがしなければならないことがあります。
     
    それは、不幸を手放すこと。
     
    自分を幸せにしない現実を、いつまでも握りしめないということです。
     
     
    自分を幸せにしないガラクタを、これ以上増やさない。
     
    自分を幸せにしない体重を、少しずつでも減らしていく。
     
    自分を幸せにしない恋愛に、いつまでもすがりつかない。
     
    自分を幸せにしない考え方や価値観を、「必要ないかもしれない」と思ってみる。
     
    例えばそんなことです。
     
     
    自分を幸せにしなかったとはいえ、
    これまで続いてきた現実を変えるのはとても怖いことです。
    しかしそれは私たち人間の本能であり、
    「現状維持が安全」と考える脳の仕組みに他なりません。
     
    いちばん怖いのは手放すときだけ。
    そこを通り抜ければ、それがないことに少しずつ慣れていきます。
    その時大切なのは、リバウンドしないために
    「私は私を幸せにする」
    と決めきることです。
     
    勇気を出して手放した空白に、次はあなたを幸せにするものが流れてくるでしょう。
     
     

    投稿日:2021/10/28

    悩みのなかに生まれ持った課題を見いだす

    占いに来てくださる方は、多かれ少なかれ悩みを抱えている方がほとんどです。
    少しのアドバイスで解消できる悩みもあれば、なかなか手放せない根っこの深い悩みもあります。
     
    根っこの深い悩みのなかには、生まれる前に「今世でこの課題をクリアしよう」と決めているものがあります。
    その課題に向き合うために、わざわざ自分から悩みを作りにいっている、とも言えるのです。
     
    「自分で悩みを作るなんてありえない」
     
    そう思われるかもしれませんが、魂レベルで見ると、わざわざその悩みに足を突っ込みやすい魂を、選んで生まれてきているのです。
     
    たとえばダメンズに捕まりがちな人は、自己肯定感が揺らぎがちな魂を。
    お金を浪費しがちな人は、長期的視野を持ちにくく付き合いのいい魂を持っている。
     
    それはこの人生を悩み苦しんで生きるためではなく、生まれ持った魂の傾向性から抜け出し、自分が生きたいと望む自分になるためです。
     
    悩みがあるということは、そこに自分の課題があるということ。
    その悩みを乗り越えるために、私たちはこの世に生まれてきました。
     
    あの人が悪い、あの会社が悪い、世間が悪い、時代が悪い。
    自分はなにも悪くない。
    そうとしか思えない時も、そこに何かしらあなたが乗り越えるべき課題があるかもしれません。
     
    自分はなぜこんなに苦しまなければならないのだろう?
    自分の課題はなんだろう?
    ひとりでは見つけられないときは、ぜひ私に会いに来てくださいね。
     
     

    投稿日:2021/10/21

    失敗するのが怖い人は

    占いに来てくださるお客さまの主なご相談のひとつに、
    「この先うまくいくでしょうか?」
    というものがあります。
     
    誰もがこの先うまくいきたいし、
    痛い目にあいたくないし、
    失敗したくない。
    成功率の高い方、正しい方を選びたいのは、人として当然の欲求だと思います。
     
    ただ、占う側から見ると
    うまくいかないことや、
    痛い目にあうことや、
    失敗することが、
    いま必要な経験なのだろうと思うこともあるのです。
     
    うまくいってるときよりも
    うまくいかないときの方が
    知恵を絞ったり
    新しい気づきを得たり
    人のありがたみを実感できることが多いのも事実です。
     
    なので、
    あまりにも失敗を恐れ、なんとかして回避しようとするよりも
    失敗込みで成功、と思ってみてはいかがでしょうか。
     
    失敗は単なるマイナスではなく、
    そこに学びがたくさん詰まっている
    いわば宝の山なのです。
     
    失敗を人生の必須要素として、折り込み済みにする。
    そうすると失敗が怖くなくなり、ずっと生きやすくなりますよ。
     
     

    投稿日:2021/09/30

    「あの人はなに考えてるかわからない」と思うときは

    「あの人と話し合おうとしても、いつも避けられるし、自分の考えを言ってくれない。
    まったく、何を考えてるのかわかりゃしない」
     
    そう思うとき、実は
     
    あなたが相手の考えをわかろうとしてないのかもしれません。
     
    「いやいや、自分はわかろうと努力してる。
    話し合おうと呼びかけてる。
     
    なのにまともに相手をしてくれないのは向こうの方だ。
    相手が殻にとじこもっているのだ」
     
    もしそう感じるなら、それはもっともな言い分です。
    たしかにあなたは2人の関係をよくしようと、努力しているのでしょう。
     
    しかし話し合いを持ちかけるとき、あなたは「相手の話をちゃんと聞く」覚悟ができているでしょうか?

    もし話し合いの場で自分が責められても、その気持ちを非難せず、受け止めることができるでしょうか?
     
    ただ一方的に相手を責め、相手に否を認めさせ、自分の要求を受け入れさせることしか考えてない・・・
    そんなことはないでしょうか?
     
     
    たとえ無意識でも、たとえ実際にあなたは悪くなくても。
    そんな気持ちがあると、相手は敏感に察します。
    それは話し合いではなく、単に自分がやっつけられ、言うことを聞かせられるだけの時間だと、直感でわかるのです。
    だから話したくないし、気持ちが離れてしまうのです。
     
    実りある話し合いをするためには、
    まずはお互いの気持ちを知り、理解することが不可欠です。
     
    それには、
    「相手の言葉や気持ちを否定せずそのまま聞く」ことが
    とても大切なのです。
     
    大人であれ子供であれ、人が心を開くのは、そのままの自分を受け入れてくれるという、安心感を感じられたとき。
    本当の気持ちを言っても、目の前の人は自分を拒絶せずわかってくれると、信じられたときなのです。
     
     

    投稿日:2021/09/13

    人はみな違う世界を生きている

    占いのメニューにはまだ出していませんが、生年月日で見る陰陽五行を、必要に応じ取り入れています。

    陰陽五行とは、この世のすべてを陰と陽という二元性と、木火土金水という五つの性質に分けて説明する考え方です。
     
    陰陽五行を学んでわかったのが、人はみなそれぞれ、ずいぶん違う世界を生きているのだ・・・ということです。
     
    たとえば本質が火の人は、好奇心旺盛で熱しやすく冷めやすい。
    土の人は気持ちが安定的で、ものごとを長く続ける力がある。
    水の人は自由を好み、柔軟性がある。
     
    心のバランスを崩したとき、木の人は怒りっぽくなり、金の人は内に閉じこもりがち。
    水の人は恐い気持ちが強くなる。
     
    また、金の人は五感(体感)が強く、金を持たない人は五感が弱いので、頭でっかちになりやすい、等々。
     
    もちろん、どの人にも五行すべてが備わっています。
    ただその配分バランスが違い、それが個性となって現れるのです。
     
    何を大切に思い、どんな形でそれを表現するか。
    この世の出来事をどう感じとるか。
    それらは生まれ持った性質によって、もともとある程度決まっているのです。
    (もちろん例外はたくさんありますし、成長段階でも変わります)
     
    だから、自分にとっての「普通」が他人もそうとは限らない。
    自分の「正しい」が通用しないことがあっても、ごく当然のことなのです。
     
    人間はみな似たような格好をしていますが、中身はまるで動物園の動物のようにひとりひとり違うのです。
    だからこそ、言葉によるコミュニケーションと、自分と違う人を受け入れ寛容さを大事にしたいですね。
     
     

    投稿日:2021/09/06

    この世に生まれたことは超ラッキー

    この世に生まれてきたことを、当たり前だと思っていませんか?
     
    この世に生まれたことは、実はとても稀有なこと。
    あの世では、生まれ変わりを望む人たちが、おおぜい順番待ちしているのです。
     
    なぜかというと、肉体の数より魂の数のほうが圧倒的に多いから。
    また生まれ変わりを望む国の人気にも差があり、豊かで治安のいい日本は倍率が高いのです。
     
    つまり私たちは、長い長い順番待ちのすえ、ようやく日本に生まれてきた幸せ者なのです。
     
    そうは言っても、
    「なんのために生まれてきたんだろう?」
    「なぜこの世は苦しみに溢れているのか・・・」
    そう思ってしまうことは、誰にもあります。
     
    生まれてくる前は誰もが
    「次の人生ではこんな課題に挑戦しよう」
    「前回諦めてしまったことを、今度こそやり遂げよう」
    等それぞれに目標を立てますが、生まれたときはすっかり忘れています。
     
    そういう意味では、私たちはみな、記憶喪失患者のように心細く、不安を抱えた存在なのでしょう。
     
    けれどこの世に生きている人は、誰もが
    「肉体を持ち、成長したい!」
    「新たな体験をしたい!」
    「もう一度リベンジしたい!」
    という熱い願いを抱いてきたのです。
     
    人生が終わるとき、ほんとうに満足したと言えるか?後悔が残ってないか?
    あの世にどんなみやげ話を持って帰れるか?
     
    そんな目線で人生をとらえ直してみませんか。
    きっとあなたのどうしてもやりたいことが、浮かび上がってきますよ。
     
     

    投稿日:2021/08/27

    私たちは憑依されている?!

    うまくいかないことばかりで、お先真っ暗・・・
    自分なんか役立たずで、存在する価値がない・・・
    酷いめに合わされた、絶対に許せない・・・
    あの人に嫌われた、もう生きていたくない・・・
     
    悩み苦しみにさいなまれ、気力を失い動けなくなったり、激しい怒りがおさまらかったり、胸が焼けるように痛んだりするとき。
     
    けっこうな確率で、私たちは憑依されています。
     
    憑依というと、悪魔つきのような恐ろしいもの、滅多にない特別なものと考えがちですが、意外とふつうに起きているのです。

    悪霊や浮遊霊は私たちの周りにつねに存在し、ネガティブな感情を活動エネルギーとします。
    悲しみや怒りや執着のエネルギーを発する人がいると、その匂いを嗅ぎつけ、とりつき、ネガティブな感情を増幅させるのです。
     
    自分で自分を扱いかねるほど、感情が暴れ回って収まらない。
    何をしても気分が変わらず、下へ下へと落ちてしまう。
    それはあなたの感情の上に、まるで子泣きジジイのように、憑依霊の苦しみや悲しみが上乗せされているから。
    (あまりに自然に同調するので、自分では気づかないことがほとんどです)
     
    ですから苦しいときは、ぜひ千里眼へお越しください(笑)
    悩みを占者に相談することで、いまの自分を冷静に観察することができます。
    すると霊も憑依しにくくなります。
     
    そして普段から、「自分は憑依されない!」と意識することが大事です。
     
    「霊の怨念を受け入れる余地はありません」
    「私の人生は私のもの。誰にも支配されない」
    そう強く念じることが結界となり、実際に憑依されにくくなっていきます。
     
    これは霊感がある、なしに関係ありません。
    人の「思いの力」とは、それほどパワフルなものなのです。
     
     

    投稿日:2021/08/19

    誰かと自分をくらべて落ち込んでしまう人へ

    あの人にくらべて、私はダメだ。
    あの人にくらべて、私は優れている。
     
    劣等感と優劣感は、真逆のように見えて、根っこは同じものです。
    どちらも他人と自分をくらべ、落ち込んだり天狗になったり。
     
    そしてそのくらべる基準も、別の誰かの評価だったりします。
    成績
    収入
    学校や会社のレベル
    異性にモテるか
    痩せてるか
    結婚してるか
    子供はいるか・・・などなど。
     
    私たちは日々、他人と自分をくらべて一喜一憂し、世間の評価を気にして休むヒマもありません。
    もちろん私もしょっちゅう落ち込みます(笑)
     
    でもこれって、ちょっと見方を変えるとおかしいことなのです。
    なぜなら私たちは生まれる前に、人生の青写真を自分で描いて来るからです。
     
    見た目は遺伝によって決まる部分が大きいですが、家庭環境や能力、性格、人生でクリアすべきテーマなどを、自分で設定してきます。
    そこには前世での経験も大いに関係します。
     
    前世で「絶望から立ち上がり成功する」というテーマをクリアできなかった人は、もう一度そこに挑戦するため、絶望的な状況に(無意識に)身をおいたり。
     
    前世で「お金より人との温かい繋がりが大事だ」と気づいた人は、誰かが温かい繋がりを思い出す手助けを(無意識に)したり。
     
    そうやって、
    生まれる前に自分で決めた
    「人生のテーマ」に最適な場所にいるのが、いまの私でありあなたなのです。
     
    だとすれば、私たちが気にするべきは
    「誰かとくらべて上か下か?」
    ではなく
    「自分の人生のテーマ」に気づき、そこへ挑戦すること。
     
    つまり「私自身の人生を堂々と生きる」ことなのです。
     
     

    投稿日:2021/08/17

    少しやさしくされただけですぐ好きになる人は

    少しやさしくされただけで
    すぐ好きになる人は
    自分への愛情が足りない人
     
    自分に自信がなくて
    こんなんじゃダメと思ってるから
    自分を犠牲にして
    周りを大事にする
     
    でも愛に飢えている
    愛されるはずがないと思いながら
    愛を強く求めている
     
    だから
    少しやさしくされると
    その愛に飛びつく
     
    砂漠をさまよう人が
    行きずりの旅人に
    1杯の水を与えられて
    必死にすがるようなもの
     
    だけど本当は
    自分の足元に
    汲めども尽きぬ井戸がある
     
    自分を愛するとは
    自分の足元の井戸を掘ること
     
    井戸を掘るとは
    ありのままの自分を知ること
     
    じゃまっけな砂や石ころや粘土
    それも自分
    その下にある澄んだ冷たい水
    それも自分
     
    つまり
    すばらしい自分もダメな自分も
    どんな私も否定せず
    愛するということ
     
    そうして汲んだ井戸の水は
    あなた自身だけでなく
    周りの人をも潤す
     
    井戸の水を求めて人が集まる
     
    それが愛されるということなのです。
     
     

    投稿日:2021/08/12

    漠然とした不安や不満の根っこは意外と深い

    私の主な占術は、タロットカードリーディングです。
     
    タロットカードは全部で78枚。
    1枚ごとにたくさんの意味がこめられています。
    なので占い師は、質問に応じてさまざまな解釈を引き出します。
     
    具体的な質問には具体的な答えが、あいまいな質問にはあいまいな答えが返ってくるので、何をカードに聞くか?がとても大事になってきますが・・・
     
    だからといって、聞きたいことを明確にしなければタロットをやる意味がない、というわけではありません。
     
    漠然とした不安や、なんとなく生きづらい、これといった不満はないけれど物足りない気がする・・・という悩みをかかえる人は大勢いらっしゃいます。
     
    そういうときは、質問をまじえてカードを引きながら
    「何が怖くて辛いんだろう?」
    「何が不満なんだろう?」
    という悩みの根っこをじっくり紐解いてまいります。
     
    大きな問題よりも、こういう小さな不安や不満の方が、じつは根が深かったりするのです(笑)
     
    ときにはカードが「それは問題じゃないよ」「本当に気になってるのはこっちでしょ」と教えてくれることもあります。
    自分の気持ちって、なかなかわからないものですからね。
     
    正体の見えない不安や不満の根っこがどこにあるか?
    それを知るのは、自分の人生の課題を知ること。
    自分らしく幸せに生きるためのパスポートを手にいれることなのです。
     
     

    投稿日:2021/08/09

    自信を育てる方法

    あなたは自分に自信がありますか?
    いつも自信たっぷりに行動する人を見て、いいなあ、悩みがなさそうで・・・と思うタイプでしょうか。
     
    自信がある人とない人。
    その主な違いは、見た目や能力ではありません。
    どれだけ自分の判断でものごとを選び、行動してきたかによるのです。
     
    自分の判断でものごとを選ぶ。
    それは、世間の常識や流行や他人の目に合わせるのでなく、自分の好みで選ぶということ。
     
    なので、親の言うことをよく聞く「いい子」に自信がない人が多かったりします。
     
    誰かの意見を鵜呑みにするのではなく、
    自分が好きなもの、
    自分の気分が上がるもの、
    自分が興味をそそられるものを選ぶ。
    そのもの選びの基準は、どこまでも自分の「感覚」です。
    ようは自分が満足すればOK。
     
    満足できれば自分の選択に自信がつくし、
    「失敗した」と感じたら、満足するまで選び直せばいい。
    そうやってトライ&エラーを繰り返しながら、自信を育てていけるのです。
     
    もしこの選択の基準が、自分でなく他人にあると大変です。
     
    何が世の中の正解か?
    何がいちばん男ウケがいいか?(男性にウケることが目的なら別です!)
    何がいちばん怒られないか?
    どうすれば認めてもらえるか?
     
    あいまいでよくわからない、
    世間の常識や流行、他人の目。
    そこに合わせて何かを選ぶのは、目隠ししてスイカを割るようなもの。
    そりゃあ不安になって当然です。
     
    特にいまは古い価値観がどんどん壊れ、「個の時代」「多様性の時代」と言われています。
    自分の感覚や好き嫌い、
    得意不得意などをよく知り、
    自分を幸せにするものを選べるかどうかが、
    これからの時代を幸せに生きる鍵となるでしょう。
     
    と言っても、難しいことではありません。
    まずは今日着る服や今日食べる食事を選ぶとき、妥協しないこと。
    徹底的に選び抜き、今日を最高の1日にすると決めること。
    その小さな積み重ねが、あなたの自信を育ててくれるでしょう。
     
     

    投稿日:2021/08/06

    自分と他人の境界線を引く

    自分が勝手な行動をすると、他の人に迷惑をかけるのではないか・・・
    自分が言いたいことを言うと、他の人が傷くつのではないか・・・
    そう考えて自由な行動や発言を抑えてしまうのは、思慮深く思いやりがある人。
    いわゆるイイ人です。
    けれどイイ人ほど我慢しすぎてストレスをため、ある日突然爆発してしたり、体を壊したりするのです。
     
    人はそれぞれ自分の人生を生きています。
    もちろん人と人はかかわりあい、影響を与えあっていますが、その人の人生はその人のもの。
    その人の行動はその人自身の選択によるもの。
    もしあなたの発言や行動が誰かに何らかの影響を及ぼしたとしても、それはキッカケにすぎません。
     
    誰かに迷惑をかけたり、誰かを傷つけるのをおそれて、自分の自由な発言や行動を制限してはいけません。
    もちろん社会生活を穏便におくるため、言い方ややり方に気をくばる必要はあります。
    けれどあなたの自由な行動を誰かのために抑え込むのは、自分の人生を犠牲にして誰かの人生を優先するということなのです。
     
    あなたにとって、あなたの人生より大切なものがあるでしょうか?
    いいえ、ありません。
    時に親は我が子の人生を、自分の人生以上に大切に思うかもしれません。
    それは尊い無償の愛の姿ですが、時に子供の人生に土足で踏み込み、支配することになるのです。
     
    自分と自分以外の人に、境界線を引く。
    他人の領域に踏み込ます、自分の領域で幸せをまっとうする。
    他人の領域で何が起きたとしても、その人自身の選択を尊重する。
    それが他人に支配されず(他人を支配せず)、自由に生きる方法なのです。
     
     

    投稿日:2021/08/02

    守護霊は人生のパートナー

    私たちが生まれた時から、ずっと見守ってくれている存在がいます。
    それは守護霊と呼ばれる人たち。
    守護霊というと、なんだか特別えらい神様のように思うかもしれませんが、そんなことはありません。
    私たちと同じ人間です。もちろん肉体はありませんが。
     
    ひとりひとりの守護霊は、実は私たちとよく似た性格をしています。
    せっかちな人にはせっかちな守護霊が。心配性な人には心配性な守護霊が。
    だいたい同じレベルの魂どうしでペアになっています。
     
    ただ守護霊はあの世の存在ですから、この世を俯瞰して見ることができます。
    だから私たちより、少しだけ物知りです。
     
    守護霊は、守護する人間が自分の課題にチャレンジし、人生というゲームをクリアするのを応援してくれています。
    私たちの目に入る情報を使ってヒントを出したり、インスピレーションを届けたり。
    日々かいがいしく助けてくれています。
    それに気づくかどうかは、生きてる私たち次第です。
     
    私たちが人生に後ろ向きで、自分なんかどうせダメだと諦めたり、投げやりな生活に甘んじていれば、守護霊もだんだんやる気を失ってしまいます。
    私たちが幸せになることを諦めず、挑戦する心を失わなければ、守護霊は喜んで手を差しのべてくれるのです。
     
    そして、この世での私たちの経験を通して、守護霊も学びます。
    守護霊が成長すれば、私たちもよい影響を受けることができます。
    守護霊は、まさに人生のパートナー的存在なのです。
     
    あなたが孤独を感じるとき、自分の気持ちをわかってくれる人なんかいないと思うとき。
    全部わかってる、応援している守護霊がいつもそばにいることを、思い出してくださいね。
     
     

    投稿日:2021/07/30

    生きてるうちに執着を手放そう

    人生を生きづらくしているもののひとつに、執着心があります。
     
    愛情、お金、物欲、グルメ、名誉、居場所、自分自身の価値観・・・
    それらは生きるために必要で、人生に彩りを与えてくれるものです。
     
    けれど執着が強くなりすぎると、依存となってバランスを崩します。
    エゴや欲や思い込みにとらわれて、自分を客観視できなくなり、周りとつながれなくなるのです。
     
    そして私たちが死んだとき、もっとも大きな執着を手放すことになります。
    それは「生」への執着、この世への未練です。
     
    死ぬ覚悟ができてなかったり、死んだら終わりであの世はないと思い込んだまま肉体が死ぬと、魂はこの世をさまよう「浮遊霊」となります。
    死んだことに気づかないまま、何年も何十年も、場合によっては何百年もさまようことになるのです。
     
    生きてるうちは、心がバランスを崩すと体に影響が出ます。
    ストレスで病気になったり事故にあったりして、「このままではダメだ」と気づきます。
    執着を手放しやすいのです。
     
    終わった恋愛、果てしない買い物欲、アルコールやギャンブルへの依存、金銭欲。
    そんなものに振り回される人生は嫌だと思ったら、勇気を出して手放しましょう。
    心はつねに軽やかに。
    そうすれば、あの世での人生も軽やかにスタートできますよ。
     
     

    投稿日:2021/07/26

    ありのままの自分を愛されたいなら

    ありのままの自分を愛してほしいと思いますか?
     
    好きな人の好みに合うよう、話し方に気をつけたり、服や髪型を変えたり。
    彼の好きなスポーツをいっしょにやったり、苦手な料理を習ったり。
     
    そんなふうに頑張って愛情を勝ちとるのでなく、ありのままの自分で愛されたい。
    ダメなところや、できないこともあるけれど、そんな自分をまるごと受け止めてくれる伴侶がほしい。
     
    そんな望みを抱くのは、無謀というものでしょうか?
     
     
    そんなことはありません。
    むしろそれは当然の望みであり、ありのままの相手を愛し愛されることこそ、本当に幸せなパートナーシップなのです。
     
     
    では、どうすればありのままの自分を愛してもらえるようになるでしょう?
    その方法はとてもシンプル。
    自分がありのままの自分を愛することです。
     
    ありのままの自分とは、やさしい、まじめ、素直、約束を守る、向上心がある・・・
    そんないいところだけではありません。
     
    嫉妬深い、卑屈、ずるい、エゴイスト、甘ったれ、なまけもの、いじわる・・・
    そんな目を背けたくなるような、けして認めたくない自分も、受け入れて愛することなのです。
     
     
    人の心はとても複雑で、いいことだけ、正しいことだけ、きれいなことだけで成り立ってはいません。
    また、どんな人の魂にも偏りがあり、得意・不得意や、ネガティブに陥りやすいパターンがあります。
     
    そんないびつな自分、醜い自分、どうしようもなくダメな自分を、否定せず、認めて受け入れる。
     
    「どんな私も大切な私」
    「どんな感情も、私を幸せにするために生まれてきたんだ」
     
    そう気づいて心から受け入れたとき、あなたはありのままの自分を愛することができています。
    するとあなたの周りの世界も、ありのままのあなたを受け入れ、愛するようになるのです。
     
     
    世界はあなたの心が写し出す鏡。
    「このままではダメな私」と思っているか、それとも「このままで素晴らしい私」と思っているか。
    それがあなたの現実を作り出すのです。
     
     

    投稿日:2021/07/24

    無償の愛を注ぐということ

    あなたは片思いの相手に、無償の愛を注ぐことができますか?
     
    自分を好きになってもらうためや、結婚して安定するためでなく
    (もちろんそれが悪いという意味ではないです!)
    好きな人の幸せを願い、素直な愛情を差し出す。
    見返りを求めない。
    そんなことができる人は、とても少ないと思います。
     
    恋愛は、人間の動物的本能や、種の保存にもかかわります。
    だからエゴが出て当然。
    肉体的欲求にかられたり、相手を自分のものにしたいと思って当然。
    けれど相手が振り向いてくれないとき、そのエゴや欲望に振り回されていちばん苦しいのは自分自身です。
     
    好きな人に振り向いてもらえない。
    それでも諦められない、忘れられない時。
    できることは、ただ無償の愛を差し出すことです。
     
    そのやり方は人によって違うでしょう。
    笑顔であいさつする、その人を応援する言葉をかける。
    友人として楽しく付きあう。
    場合によっては、ただ黙って見守るだけかもしれません。
     
    それは時に辛く、苦しいことでしょう。
     
    けれどあなたの魂から、気高い愛のエネルギーが流れていれば、それは回り回ってあなたの元へ戻ってきます。
    愛もエネルギーも循環しています。
    なんの見返りも求めず無償の愛を差し出せば、なんの見返りも求めない無償の愛を受けとることができるのです。
     
    その愛は、あなたの好きな人から戻ってくるとは限りません。
    全く思いがけないところから受けとるかもしれないし、
    自分の欲しかった愛の形ではないかもしれません。
     
    それでも、必ず愛はあなたのもとに返ってきます。
    あなたの想像をはるかに越えた、素晴らしい未来をともなって返ってくるのです。
     
     

    投稿日:2021/07/21

    私を幸せにしない恋愛には価値がない

    私はかつて、自分を好きになってくれない人ばかりを好きになっていました。
     
    相手にパートナーがいたり、うんと年下だったり、逆にすごく年上だったり。
    どう考えても無理そうな相手を、何年も思い続けるのが得意でした。
    片想いでもいい、ずっと好きでいたい。彼を好きな気持ちを手放したくない。
    そんな純粋で美しいっぽい、昭和の少女漫画みたいな世界に住んでいました。
     
    でもある日、とあるブログの一文を読んで、目が覚めたのです。
     
    「私を幸せにしない恋愛には価値がない」
     
    そのブロガーさんは、何年も不倫を続けたあと、彼ときっぱり別れました。
    そのとたん別の恋人ができて、あっという間にゴールインしたのです。
     
    きっと別れるときは、断腸の思いだったでしょう。
    けれど彼女はその苦しさを乗り越え、未来の自分を幸せにする選択をした。
     
    自分を幸せにするのは自分。
    ほかの人に主導権を預けてはいけない。
    その強い意思に感動を覚えました。
      
    どんなに相手が素晴らしい人でも、どんなに自分を必要としてくれても、「私を幸せにしない恋愛には価値がない」と思えるかどうか。
    自分を価値ある存在だと認め、愛することができるか。
    恋愛のトラップは、そんなことを教えてくれているのでしょう。

    投稿日:2021/07/19

    知らずに抱えていた思い込みを手放す

    床の上に、幅20センチ、長さ5メートルの白線が引いてあるとする。
    「この線をはみ出さないよう歩きなさい」
    と言われたら、たいていの人は難なくスタスタ歩くだろう。

    ではその白線の外側が、高さ30メートルの断崖絶壁ならどうだろう?
    とたんに一歩一歩がとてつもなく怖く感じるのではないか。
    あまりの緊張に、途中で動けなくなったり、うっかり落ちてしまうかもしれない。
     
    同じ幅の線の上を歩くのに、なぜこれほど心境の違いがあるか?
    それは、高さ30メートルの白線には「落ちたら死ぬ」という恐怖があるからだ。
     
    人生においても同じことが言える。
    たとえば「失敗したら怒られる」という恐怖を抱えている人は、絶対に失敗できないという緊張感で、かえって失敗しやすくなる。
     
    「言いたいことを言うと嫌われる」という恐怖を抱えている人は、言ってはいけないという緊張感で何も言えなくなり、かえってコミュニケーションがとれず嫌われたりする。
     
    いずれも「落ちたら死ぬ」と似たような思い込みで、頭のなかで断崖絶壁をリアルに思い描き、恐れている。
    でもそれはリアルではなく妄想なのだ。
     
    実際には、失敗しても怒られないかもしれない。
    もちろん怒られるときもある。
    でも相手は、注意しただけのつもりかもしれない。それを「失敗したら怒られる」と思い込んでいると、怒っているようにしか見えない。
    そうやって「失敗したら怒られる法則」を自分のなかで強化してしまうのだ。
     
    白線の上をはみ出しても、死なないから大丈夫。
    自分が知らないうちに抱えていた思い込みを手放すと、生きるのがずっと楽になりますよ(^^)
     

    投稿日:2021/07/16

    体と心のリセットにスワイショウ

    スワイショウってご存じですか?
    両足を肩幅に開き、肩と腕の力を抜いて、腕を前後にぶらぶら。
    気がすむまでやったら、今度はでんでん太鼓のように、左右にぶらぶら。
    これを呼吸しながら繰り返すだけ。
    いつでもどこでも手軽にできる運動です。
     
    (イメージがわかなければ検索してみてね)
     
    これをやると、背骨まわりの筋肉がほぐれ、自律神経が整います。
    また、無心になり、自然と瞑想状態になります。
    私はふつうの瞑想だと寝てしまうので、瞑想したいときや心を浄化させたいときは、スワイショウをしています。
     
    頭が悩みごとでいっぱいだったり
    不安と恐れで苦しくてしかたないとき
    このスワイショウを試してみてください。
    簡単だけど、とても効果があります。
     
    コツは、吐く息とともに、自分の中の邪気を出すイメージを持つこと。
    そして吸う息とともに、新鮮できれいな気を体内に取り込むイメージを持ちます。
     
    呼吸の長さは自分の心地よさで決めてOKですが、なるべくゆったり深く呼吸しましょう。
    呼吸するごとに気が体をめぐり、心も落ち着いてきますよ。
     
    心が苦しくて辛いときも、体を動かすとその瞬間は忘れますよね。
    体はあなたの最大にして最強の味方なのです。
    スワイショウ、ぜひやってみてくださいね。
     
     

    投稿日:2021/07/15

    何とも思ってない人に好かれる人とは?

    先日友人から、「好きな人には好かれないで、何とも思ってない人からアプローチされる」と相談されました。
    これはよくあるパターン。
    なぜそんなことが起きるかと言うと、好きな人の前ではあなた本来のよさが出ていないのです。

     
    好きな人には自分のことを好きになってほしいもの。それは自然な感情です。
    でもその思いが強すぎると、「やさしくしてほしい」「かまってほしい」「私を幸せにしてほしい」という要求ばかりになってしまいます。
    それは自然な愛情というより、エネルギーを奪って餓えた心を満たしたいという、エネルギーバンパイアの状態なのです。

     
    エネルギーを奪おうとする雰囲気は、どんなに上品に立ち居振る舞っても、自然と漏れ出てしまうもの。
    好きな人に好かれるためにどんな努力をしようとも、心が餓えた状態ではなかなかうまくいきません。
    たとえ一時的にうまくいっても、我慢して自分を抑えているので、長続きしないのです。

     
    その点、何とも思ってない相手からは、エネルギーを奪おうとは思いません。
    ごく自然に気楽に振る舞えるので、あなたの本来持っている魅力が生き生きと出て、周りを魅了するのです。

     
    好きな人に好かれたかったら、まずはその人の前で自然に振る舞える自分になること。
    そのためには、餓えた心を自分自身で満たせるようになることが、遠回りのようで実はいちばんの近道なのです。

    投稿日:2021/07/12

    お客さまの中に神を見る

    カミーユという名は、私の本名の一部をもじって妹がつけてくれました。
    フランス語で「神を見る者」という意味があるそうです。
     

    とはいえ、私はいわゆる霊感体質ではなく、神の姿や声を見聞きすることはできません。
    オーラを見る練習もしましたが、光ってるのは見えても、色までは識別不能。

     
    そういった超常的な能力はない私ですが、だからこそできることがあると思います。

     
    それは見えないものを信じること。
    お客さまの、幸福な未来を作り出す力を信じること。
    世界はより豊かに、平和に、進歩していくと信じること。
    「何があっても絶対に大丈夫」という強い信念のもと、タロットカードから汲み取った希望の光をお客さまへお伝えすることです。

     
    神、ソース、創造主といった存在が本当にいるのか、私にはわかりません。
    しかしすべての人は、強く美しく気高い心=神性を持つ存在です。
    私は「お客さまの中に神を見る者」として、カミーユを名乗ってまいります。

     
    さあ、あなたはどんなエネルギーを持ち、どんな人生を生きようとして生まれた神なのでしょう?
    ぜひ私に会いに来てくださいね。

     

    投稿日:2021/07/08

    カミーユ先生 クチコミ情報

    びっくりするくらい当たっていました!

    性格や考え方などびっくりするくらい当たっていました!とても話しやすく、質問にも丁寧に答えて頂き楽しい時間を過ごすことが出来ました!またお話したいです!

    【女性 22歳】

    投稿日時:2023/10/03 23:55

    凄く現実味があり納得しました。

    先生に見てもらいましたが、凄く現実味があり納得しました。ただ、まだ不安なところはあります。それは聞き入ってしまい肝心なメモを取らずに終えてしまったことです、その為にまたお世話になると思いますので、宜しくお願い致します!笑

    【男性 39歳】

    投稿日時:2023/09/25 14:14

    なるほど、すごく面白いと思いました。

    最初、前世占いは専門ではないとのことでしたが、興味があったので無理言ってお願いして見てもらうと、現在の性格や弱みや問題にかなり繋がってくるような結果が出て、なるほど、すごく面白いと思いました。自分はこれまで母親のお腹からいきなり飛び出してきた第一期生のような気持ちでいましたが、脈々と続く人類の中で、記憶をなくして再生してきた誰かなのかもしれないと初めて思い、そう思うと自分だけの命ではないのかもしれないし、この先も誰かがこの魂を引き継いでいってくれるのかもと思い、そう考えるとなんというか「悪いことはできないなあ」と思いました。60分コースでしたが楽しくてあっという間で、自分のことだけでなく、もっと周りのいろんな人のことも聞いてみたくなって、時間が足りなかったです。ありがとうございました!

    【女性 54歳】

    投稿日時:2023/09/25 6:08

    カミーユ先生に見て頂いて本当に良かった

    自分ではどうしようも無いくらいに参ってしまい、当日予約で見て頂きました。丁寧に話を聞いて頂き、生まれながらの運命?とその運命をどうしたら良いのか、未来はどうしたら良いのか教えて頂き迷っていた事がスッキリとして気持ちが軽くなりました。暗い闇の中から光が見えて、悩んでいた事の解決になりました。これからは教えて頂いた事をしっかり受け止めて先に進んで行く気力となりました。最後にタロット占いもして頂いて、未来は運気が向上するとの事なので頑張って行けそうです。あまり口コミはしないのですが、カミーユ先生に見て頂いて本当に良かったと思いましたので、悩んでいる方は是非見て頂いたほうが良いと思い書き込みしました。今日行って本当に良かったです、また、どうした方が良いのか迷ったらお世話になろうと思います。カミーユ先生ありがとうございました

    【女性 53歳】

    投稿日時:2023/09/04 18:45

    驚きと安堵と感謝と…

    先日、転職した方がいいのか、今の職場に残る方がいいのか、悩みすぎて思考停止してしまい助けが欲しくて相談させていただきました。その中で先生からかけていただいた思いがけない一言に、涙が出てしまいました。自分では全く気付かなかったことだったので、驚きと安堵と感謝と…色々混ざった感情でした。人前で泣いたことがなかったので困惑しましたが、あれが自分の素直な感情で、自分はそれが欲しかったんだと気づかされました。それからは今の仕事に対する見方が変わり、続けてみようと思い直しました。今までに何度か他の先生の占いを受けたことがありましたが、こんなに心に刺さる言葉を頂けたのは初めてです。クチコミを書くような事も初めてなのですが、この感謝の気持ちを表したく投稿させていただきました。ありがとうございました。

    【女性 50歳】

    投稿日時:2023/06/25 21:49

    とても満足のいく答えを下さいました

    悩みがありすぎて質問がまとまらなかったのですが優しくリードして下さりとても満足のいく答えを下さいました。たくさんの助言を頂けたのでこれからの未来が明るいものに変わるように頑張ろうと思えました✨
    またお願いしたいです。ありがとうございました✨

    【女性 34歳】

    投稿日時:2023/06/25 17:55

    細かく丁寧に説明して頂きました

    彼氏がほしくていつ出来そうなのか占って頂きました。細かく丁寧に説明して頂きました。とてもお話ししやすく、緊張せず気楽に楽しめました。また、お話ししたいと思いました。ありがとうございました!

    【女性 22歳】

    投稿日時:2023/06/13 23:12

    自然に本音を話せてしまうような魅力的な先生です。

    丁寧で分かりやすく説明していただき、有難うございました。とても参考になりました。自然に本音を話せてしまうような魅力的な先生です。是非またお話しましょう^ ^

    【男性 35歳】

    投稿日時:2023/05/08 12:39

    とても明るく話してくださり、楽しい時間でした

    夫婦で占ってもらいました とても明るく話してくださり、楽しい時間でした( ᴗ ᴗ)"また時間を見つけて行きたいと思います(*^^*)

    【女性 37歳】

    投稿日時:2023/04/07 14:55

    話していない過去のことや、考え方の癖も、完璧に言い当てられました(笑)

    人生で初めて占いに行きました。正直言ってビックリです。話していない過去のことや、考え方の癖も、完璧に言い当てられました(笑)占いにハマる人がいるのも納得です。色々な話をしつつも、今後のことや方向性を示してもらって、ある種、ホッとしたというか、色々な考え方の一つを教えてもらった感覚でした。あとは単純に話しやすいので、普通に色んな話ができて、楽しかったです。

    【男性 27歳】

    投稿日時:2023/03/10 15:46

    クチコミ投稿フォーム

    下記よりご希望の鑑定方法をお選び下さい

  • カミーユ先生

    対面占い

    対面占い ご予約お申し込みフォーム

    以下のフォームから予約に必要な事項をご記入ください。
    • ブースにはお二人までお入り頂けます。
    • お二人とも鑑定を希望される場合は、一人20分以上の鑑定を受けられるようにご希望コースを選択してください。
    例:30分コース×2人 = 60分コースを選択
      40分コース×2人 = 80分コースを選択
    対面占い ご予約方法

    鑑定を希望する日程を選択


    ※ご予約確認のお電話をさせていただく場合がございます。

    ※ドメイン指定をされている方は「senrigan.info」をご登録ください。

    にリマインダーを受け取る

    お客様の携帯電話の契約状況により、正しく受信いただけない場合がございます。


    ※登録すると、次回から情報の入力を省略できます。

    ログインパスワード設定

    ※半角英数字 4~32文字以内

    ご注意

    • 遺影・遺品や人形などの物品のお持込みはご遠慮させていただいております。
    • 犯罪に関わること、人の生死に関すること、人の不幸を望むこと、ギャンブル・投資に関することについては、鑑定をお受けしかねます。

    対面占いについて

    対面占いは、千里眼の各店舗で行います。ご予約なしでも、鑑定をお受けいただけます。

    あらかじめのご予約をしていただくことで、スムーズにご希望の占い師の先生の鑑定をお受けすることができます。ご予約システムも是非、ご活用ください。

    対面占い 料金システムのご案内

    対面占いは、10分につき1,100円(税込)の鑑定料が必要です

    • ※鑑定時間内は、いくつご質問いただいても結構です。
    • ※指名料・予約料は無料です。
    • ※20分コース以上で承っております。
    • ※占い料金は当日、前払いでお願いしております。

    お支払いは現金の他、PayPayをご利用いただけます。

    • ※一部PayPayに対応していない店舗もございます。

    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • カミーユ先生

    電話占い

    電話占い お申し込み

    千里眼の電話占いは、

    『電話占いヴェルニ』

    のシステムを利用してご提供しております。
    ご利用には電話占いヴェルニの会員登録が必要です。以下のリンクより、まずは会員登録を完了させてください。

    既に電話占いヴェルニの会員様は、下記よりご鑑定したい占い師を選んでいただき、『先生に相談する(会員)』のログインボタンより、ログインをしてください。

    パック予約のご案内

    あらかじめ、鑑定時間を決めてご予約いただくことが可能です。

    ご注意

    占いの館 千里眼の店舗にご出演の時間帯は、対面占いブース内での鑑定となります。
    店舗来店のお客様があった場合は、

    10分程度でいったん鑑定をお切りいただく

    こととなります。ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    • 事前にパック予約をいただいている場合は、ご指定のお時間中に鑑定が途切れることはございませんので、是非ご利用ください。
    • 店舗出勤以外の時間帯につきましては、占い師の自宅鑑定所での鑑定となりますので、途中で鑑定をお切りすることはございません。

    電話占いについて

    電話占いは、業界最大手の

    電話占いヴェルニ

    とのコラボレーションで全国のお客様に千里眼の占いをご提供しております。
    お近くに千里眼の店舗がない、または直接来店することが難しい方でも、ご自宅にいながら千里眼の占い師の電話占いをお楽しみいただくことが出来ます。

    電話占い 料金システムのご案内

    電話占いは、1分につき240円(税込)の鑑定料が必要です

    • ※通話料・指名料・予約料は無料です。
    • ※上記の鑑定料以外の費用は、一切発生いたしません。
    • ※電話占い料金は、電話占いヴェルニの料金設定に準拠します。

    お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済などをご用意しており、 各決済方式からお客様のお好きな方法をお選びいただけます。
    詳細は、電話占いヴェルニの料金案内ページをご確認ください。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ