占いの館 千里眼。大阪・名古屋・京都・奈良・東京・神戸・静岡・大分・和歌山・札幌・岐阜・三重・沖縄・福岡・広島・愛媛・鹿児島・徳島・香川・山形・岡山・横浜・千葉・福島・岩手・高知・熊本・群馬・滋賀・福井・仙台・山口・宮崎・山梨・長野・埼玉・茨城・栃木に店舗を構える、口コミで評判の人気占い師による占い。

占いの館 千里眼 予約センター tel:050-2018-3433 電話占い専用ダイヤル:0570-006-550

カミーユ先生
かみーゆ

カミーユ先生

待機なし

占術

得意分野

相手の気持ち・片想い・相性・離婚・不登校・出会い・自己肯定感・婚活・家庭問題・年の差恋愛・ 浮気・子育て・介護・同性愛・婚活・ペットの気持ち・遠距離恋愛・運勢・開運方法・ 対人関係・縁切り・縁結び・妊活・起業・副業・転職・恋愛・健康・婚外恋愛・不倫・前世・再婚・ 仕事・金運・略奪愛・毒親・LGBT・シンママ恋愛・復縁・三角関係

ご出演スケジュール

  • 12/6 (月) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/9 (木) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/10 (金) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/13 (月) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/16 (木) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/17 (金) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/20 (月) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/23 (木) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/24 (金) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/27 (月) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • 12/30 (木) 12:00〜20:00
    【栃木 / 宇都宮オリオン通り店】
  • プロフィール詳細

  • 対面占い
  • 電話占い
  • カミーユ先生

    プロフィール詳細

    占い師からのメッセージ

    人は深い悩みの渦中にあると、
    自分も周りも信じられず、暗闇にうずくまってしまうことがあります。
    そんなときでも魂は、気高く神々しい光を放ち、
    悩める自分にメッセージを送り続けています。
      
    タロットカードを通じてあなたの魂の声を読みとり、
    意識の奥に隠れていた想いと、
    あなた本来のエネルギーをお伝えするのが私の役目です。
      
    「どうしてうまくいかないんだろう?」
    「どうしてこんなにつらいんだろう?」
    「どうしたら幸せになれるんだろう?」
      
    その答えは、あなた自身の中にあります。
    私と一緒に、かけがえのない自分の魂と対話してみませんか。

    千里眼からのご紹介

    まるで鏡のようにお相手の心をタロットに映し
    過去・現在・未来の移り変わりまで
    丁寧にリーディングされるカミーユ先生。
    特に片想い、それぞれの相性、離婚問題を得意とされ
    ご相談者様の現状に寄り添いながら
    この先の転機やアドバイスを伝えて下さいます。
    非常に親しみやすいお人柄の先生ですので
    占いが初めての方にもピッタリです。

    カミーユ先生 コラム

    持って生まれた性質を十分に使えてますか?

    私の陰陽五行リーディングでは
    四柱推命の基本である
    五行(木火土金水)を使い、
     
    「本来このようなエネルギーを持っていますよ」
    「これが良く出ればこうなり、悪く出ればこんな形で現れますよ」
      
    そんな風にお伝えしています。
     
     
    さて、お客様に
    「あなたは本来、とても細やかな神経の持ち主です」
    とか
    「美意識が強く、誇り高い性質です」
    などとお伝えしても、
    キョトンとしたり
    「そんなはずはない」と仰ることがあります。
     
    これは、本来の自分を
    何らかの理由で封印しているから。
     
    子供の頃の環境や
    ショックな出来事によって
    「こんな私を表に出したら嫌われる」と思い込み、
    押さえつけて隠して
    そのまま忘れてしまったのです。
     
    また、そもそも
    本質が他の性質で隠れてしまうような
    わかりにく~い形で
    生まれてくる方もたくさんいます。
     
     
    でも
    「そういう性質があるかもしれない」
    と意識し、
    「そんなところがあってもいい」
    と自分に許可すると
    それが突破口となって
    どんどん表に現れてきます。
     
    本来の自分を押さえつけることは
    たとえ無意識でも
    大変なエネルギーを消耗します。
    押さえつける必要がなくなれば
    どんどん楽になって
    どんどん元気が出てきます。
     
    そうなるには
    「こんな私を表に出したら嫌われる」
    という思い込みを捨てて
     
    グズな私
    おしゃべりな私
    見栄っ張りな私
    冷酷な私
    怒りっぽい私
    泣き虫な私
    強欲な私 などなど
     
    「こんなダメな私」を自分が認めるという
    ちょっぴり痛いプロセスを
    通る必要がありますが・・・
     
    どんな私も否定せず
    「私のなかにあっていい」と意識すると、
    その性質のよい面が
    どんどん出てくるのです。
     
    グズな私は、ひとつひとつ丁寧にやる私
    おしゃべりな私は、いつも陽気で明るい私
    見栄っ張りな私は、誇り高い私
    冷酷な私は、情に流されない強い私
    怒りっぽい私や泣き虫な私は、
    自分の感情に素直な私 などなど
     

    さあ、 
    あなたはどんな性質の持ち主でしょうか。
    そしてその性質を
    十分生かせているでしょうか?
     
    本来の自分を知り
    自分らしさを発揮して生きる
    お手伝いができたら光栄です。
     
     

    「普通の人と同じようにできない」と悩んでる人へ

    自分はなぜほかの人が普通にできることができないんだろう?
    自分はダメ人間なのか?
    不良品なのか?
    単なる役立たずで、社会に自分の居場所はないのだろうか?
     
    しょっちゅうそう思ってしまう人は、
    いつもいつも
    「自分ができないこと」を数え上げていませんか?
     
    そして「自分ができること」は
    「できるのが普通」だと思っていないでしょうか。
     
    その「普通」ができない人だっているのにね。
     
     
    あなたができることもできないことも
    ちっとも普通ではありません。
    人それぞれに
    「得意」と「苦手」
    「簡単」と「難しい」
    「持ってる」と「持ってない」があって
    どれが普通かなんて、
    本当は誰にも決められないんです。
     
    だからあなたにとって
    「苦手」「難しい」「持ってない」ことを
    恥じる必要はないし、
    「得意」「簡単」「持ってる」ことを
    当たり前に思う必要も、
    逆に優越感を感じる必要もないのです。
     
    苦手も得意も
    難しいも簡単も
    持ってるも持ってないも
    その多くは生まれる前に、自分で決めてきたのです。
    自分が味わいたい人生にするために。
    経験を通して、気づきを得るために。
     
    だとしたら・・・
    「普通の人ができることができない」
    と感じて苦しんでいる人は、
     
    「どんな私も、この世でたったひとりの特別な存在」
    そう気づきたくて
    生まれてきたのかもしれませんね。
     
     

    この世の価値は心に積んだ宝にある

    あなたの年齢と、あなたの価値は関係ない
     
    あなたの収入と、あなたの価値は関係ない
     
    あなたの友だちの数と、あなたの価値は関係ない
     
    恋人がいるかどうかと、あなたの価値は関係ない
     
    結婚してるかどうかと、あなたの価値は関係ない
     
    仕事の忙しさと、あなたの価値は関係ない
     
     
    今現在あなたがどこでどんな状況にあろうと
    あなたの価値とはビックリするほど
    関係ありません。
     
     
    そしてあなたの価値・・・というより
    あなたがこの世で得た財産は
    実は死んだあとの世界で
    より明確になります。
     
     
    物質的なものは、あの世へはなにひとつ持って行けません。
     
     
    何を経験し、何を感じたか。
    それをどう自分の成長に生かしたか。
    どれだけ執着を手放し
    愛をもって自分を見つめ
    愛をもって世界を見つめ
    自分と世界に貢献したか。
     
     
    いわば心に積んだ宝こそが
    この世でもあの世でも
    あなたを支える大きな価値となるのです。
     
     
    肉体や財産や環境という
    目に見える価値に足をすくわれがちなこの世にあって
    執着を手放し、上手に活用しながら
    自分らしく幸せに生きる方法を身につけたなら
    あなたに怖いものはありません。
     
     
    そしてあの世を生きる時間は
    この世の何倍も長いのです。
    (そのわりに、変化が少ない)
    だからこの世を生きる間に
    どれだけ心の宝を積めるかが
    とても大切なことなのです。
     
     

    不安が強くて眠れない人は

    睡眠不足や夜更かしなどが続くと、不安感が強くなります。
    これは血の量が減るためで、血は夜中の1時から3時の間、睡眠中に作られます。
     
    血が減ると一緒に流れる「気」も減ってしまい、元気ややる気が失われます。すると意味もなく不安になったり、心が落ち着かなかったり、依存心が強くなったりします。
     
    また、血が不足すると眠りの質も悪くなります。
    疲れていても眠れない、夢をたくさん見る、途中で目が覚めてしまう人は、血が不足しているかもしれません。
     
    眠れないから血が作れない、血が少ないから眠れないという悪循環を抜け出すには、まずは血を補うこと。
    それにはバランスのとれた食事と適度な運動、規則正しい生活が大切です。
    どうしても眠れなければ、病院で処方された眠剤を適量使うのもいいでしょう。
     
    規則正しい生活なんて当たり前すぎる答えですが、実行するのは意外と難しいもの。
    不安が強くて眠れない人は、ぜひやってみてくださいね。
     
    それにしても、寝るだけで血が増えて不安まで薄れるなんて、人間の体はよくできてますね!

    幸せの近道は人に好かれようとしないこと

    幸せになる近道は、
    人に好かれようとしないことです。
     
    なぜなら私たちは、
    人に好かれるためなら
    どんなに大変なことも、
    けっこう頑張ってやれてしまうからです。
     
    それが自分にとって
    辛いことでも
    大して面白くないことでも
    本当はキライなことでも
    我慢してやれてしまう。
     
    それほど「人に好かれたい」「愛されたい」という思いは強く、
    そもそもは「お父さんお母さんに好かれたい」という子供時代の欲求から来ています。

    まだ自我が芽生える前からある欲求ですから、
    自分らしい欲求すら無意識にねじ伏せてしまうのです。
     
    そうして獲得した
    「人に好かれる私」を演じているうちに
    本当の自分がわからなくなってしまう人も少なくありません。
     
     
    なんとなく生きづらい
    なんとなく不満
    生きてる実感がわかない
    頑張ってるのに報われない
     
    そんな思いが強い人は、
    本当の自分をねじ伏せて
    人に好かれそうな自分を演じているのかもしれません。
     
    そんなときは
    人に好かれようとするのをやめること。
     
    嫌われるのが怖くて
    避難されるのか怖くて
    笑われるのが怖くて
    やらずに我慢していたことをやってみる
     
    言いたくても我慢してたことを言ってみる
     
    誰の機嫌をとるよりも
    自分を大切にすることを
    優先してみるといいのです。
     
     
    慣れてないと
    とても怖いと感じるでしょうが
    たいていは
    その程度のことで嫌われたりしません。
     
    そしてなにより
    自分を大切にしてもらえて
    ほっと安心する自分がいることに気づくでしょう。
     
      

     

    幸せになるためには、不幸を手放す必要がある

    「幸せになりない」
    誰もがそう願いながら生きています。
     
    人生に絶望しかない。何がなんでも変わりたい!
    という人や、
     
    いまも悪くはないけれど、できればもっと幸せになりたい!
    という人など、さまざまです。
     
    幸せと言っても、その人ごとに幸せの中身は違うでしょう。
     
     
    けれど幸せになるために
    誰もがしなければならないことがあります。
     
    それは、不幸を手放すこと。
     
    自分を幸せにしない現実を、いつまでも握りしめないということです。
     
     
    自分を幸せにしないガラクタを、これ以上増やさない。
     
    自分を幸せにしない体重を、少しずつでも減らしていく。
     
    自分を幸せにしない恋愛に、いつまでもすがりつかない。
     
    自分を幸せにしない考え方や価値観を、「必要ないかもしれない」と思ってみる。
     
    例えばそんなことです。
     
     
    自分を幸せにしなかったとはいえ、
    これまで続いてきた現実を変えるのはとても怖いことです。
    しかしそれは私たち人間の本能であり、
    「現状維持が安全」と考える脳の仕組みに他なりません。
     
    いちばん怖いのは手放すときだけ。
    そこを通り抜ければ、それがないことに少しずつ慣れていきます。
    その時大切なのは、リバウンドしないために
    「私は私を幸せにする」
    と決めきることです。
     
    勇気を出して手放した空白に、次はあなたを幸せにするものが流れてくるでしょう。
     
     

    悩みのなかに生まれ持った課題を見いだす

    占いに来てくださる方は、多かれ少なかれ悩みを抱えている方がほとんどです。
    少しのアドバイスで解消できる悩みもあれば、なかなか手放せない根っこの深い悩みもあります。
     
    根っこの深い悩みのなかには、生まれる前に「今世でこの課題をクリアしよう」と決めているものがあります。
    その課題に向き合うために、わざわざ自分から悩みを作りにいっている、とも言えるのです。
     
    「自分で悩みを作るなんてありえない」
     
    そう思われるかもしれませんが、魂レベルで見ると、わざわざその悩みに足を突っ込みやすい魂を、選んで生まれてきているのです。
     
    たとえばダメンズに捕まりがちな人は、自己肯定感が揺らぎがちな魂を。
    お金を浪費しがちな人は、長期的視野を持ちにくく付き合いのいい魂を持っている。
     
    それはこの人生を悩み苦しんで生きるためではなく、生まれ持った魂の傾向性から抜け出し、自分が生きたいと望む自分になるためです。
     
    悩みがあるということは、そこに自分の課題があるということ。
    その悩みを乗り越えるために、私たちはこの世に生まれてきました。
     
    あの人が悪い、あの会社が悪い、世間が悪い、時代が悪い。
    自分はなにも悪くない。
    そうとしか思えない時も、そこに何かしらあなたが乗り越えるべき課題があるかもしれません。
     
    自分はなぜこんなに苦しまなければならないのだろう?
    自分の課題はなんだろう?
    ひとりでは見つけられないときは、ぜひ私に会いに来てくださいね。
     
     

    失敗するのが怖い人は

    占いに来てくださるお客さまの主なご相談のひとつに、
    「この先うまくいくでしょうか?」
    というものがあります。
     
    誰もがこの先うまくいきたいし、
    痛い目にあいたくないし、
    失敗したくない。
    成功率の高い方、正しい方を選びたいのは、人として当然の欲求だと思います。
     
    ただ、占う側から見ると
    うまくいかないことや、
    痛い目にあうことや、
    失敗することが、
    いま必要な経験なのだろうと思うこともあるのです。
     
    うまくいってるときよりも
    うまくいかないときの方が
    知恵を絞ったり
    新しい気づきを得たり
    人のありがたみを実感できることが多いのも事実です。
     
    なので、
    あまりにも失敗を恐れ、なんとかして回避しようとするよりも
    失敗込みで成功、と思ってみてはいかがでしょうか。
     
    失敗は単なるマイナスではなく、
    そこに学びがたくさん詰まっている
    いわば宝の山なのです。
     
    失敗を人生の必須要素として、折り込み済みにする。
    そうすると失敗が怖くなくなり、ずっと生きやすくなりますよ。
     
     

    「あの人はなに考えてるかわからない」と思うときは

    「あの人と話し合おうとしても、いつも避けられるし、自分の考えを言ってくれない。
    まったく、何を考えてるのかわかりゃしない」
     
    そう思うとき、実は
     
    あなたが相手の考えをわかろうとしてないのかもしれません。
     
    「いやいや、自分はわかろうと努力してる。
    話し合おうと呼びかけてる。
     
    なのにまともに相手をしてくれないのは向こうの方だ。
    相手が殻にとじこもっているのだ」
     
    もしそう感じるなら、それはもっともな言い分です。
    たしかにあなたは2人の関係をよくしようと、努力しているのでしょう。
     
    しかし話し合いを持ちかけるとき、あなたは「相手の話をちゃんと聞く」覚悟ができているでしょうか?

    もし話し合いの場で自分が責められても、その気持ちを非難せず、受け止めることができるでしょうか?
     
    ただ一方的に相手を責め、相手に否を認めさせ、自分の要求を受け入れさせることしか考えてない・・・
    そんなことはないでしょうか?
     
     
    たとえ無意識でも、たとえ実際にあなたは悪くなくても。
    そんな気持ちがあると、相手は敏感に察します。
    それは話し合いではなく、単に自分がやっつけられ、言うことを聞かせられるだけの時間だと、直感でわかるのです。
    だから話したくないし、気持ちが離れてしまうのです。
     
    実りある話し合いをするためには、
    まずはお互いの気持ちを知り、理解することが不可欠です。
     
    それには、
    「相手の言葉や気持ちを否定せずそのまま聞く」ことが
    とても大切なのです。
     
    大人であれ子供であれ、人が心を開くのは、そのままの自分を受け入れてくれるという、安心感を感じられたとき。
    本当の気持ちを言っても、目の前の人は自分を拒絶せずわかってくれると、信じられたときなのです。
     
     

    人はみな違う世界を生きている

    占いのメニューにはまだ出していませんが、生年月日で見る陰陽五行を、必要に応じ取り入れています。

    陰陽五行とは、この世のすべてを陰と陽という二元性と、木火土金水という五つの性質に分けて説明する考え方です。
     
    陰陽五行を学んでわかったのが、人はみなそれぞれ、ずいぶん違う世界を生きているのだ・・・ということです。
     
    たとえば本質が火の人は、好奇心旺盛で熱しやすく冷めやすい。
    土の人は気持ちが安定的で、ものごとを長く続ける力がある。
    水の人は自由を好み、柔軟性がある。
     
    心のバランスを崩したとき、木の人は怒りっぽくなり、金の人は内に閉じこもりがち。
    水の人は恐い気持ちが強くなる。
     
    また、金の人は五感(体感)が強く、金を持たない人は五感が弱いので、頭でっかちになりやすい、等々。
     
    もちろん、どの人にも五行すべてが備わっています。
    ただその配分バランスが違い、それが個性となって現れるのです。
     
    何を大切に思い、どんな形でそれを表現するか。
    この世の出来事をどう感じとるか。
    それらは生まれ持った性質によって、もともとある程度決まっているのです。
    (もちろん例外はたくさんありますし、成長段階でも変わります)
     
    だから、自分にとっての「普通」が他人もそうとは限らない。
    自分の「正しい」が通用しないことがあっても、ごく当然のことなのです。
     
    人間はみな似たような格好をしていますが、中身はまるで動物園の動物のようにひとりひとり違うのです。
    だからこそ、言葉によるコミュニケーションと、自分と違う人を受け入れ寛容さを大事にしたいですね。
     
     

    この世に生まれたことは超ラッキー

    この世に生まれてきたことを、当たり前だと思っていませんか?
     
    この世に生まれたことは、実はとても稀有なこと。
    あの世では、生まれ変わりを望む人たちが、おおぜい順番待ちしているのです。
     
    なぜかというと、肉体の数より魂の数のほうが圧倒的に多いから。
    また生まれ変わりを望む国の人気にも差があり、豊かで治安のいい日本は倍率が高いのです。
     
    つまり私たちは、長い長い順番待ちのすえ、ようやく日本に生まれてきた幸せ者なのです。
     
    そうは言っても、
    「なんのために生まれてきたんだろう?」
    「なぜこの世は苦しみに溢れているのか・・・」
    そう思ってしまうことは、誰にもあります。
     
    生まれてくる前は誰もが
    「次の人生ではこんな課題に挑戦しよう」
    「前回諦めてしまったことを、今度こそやり遂げよう」
    等それぞれに目標を立てますが、生まれたときはすっかり忘れています。
     
    そういう意味では、私たちはみな、記憶喪失患者のように心細く、不安を抱えた存在なのでしょう。
     
    けれどこの世に生きている人は、誰もが
    「肉体を持ち、成長したい!」
    「新たな体験をしたい!」
    「もう一度リベンジしたい!」
    という熱い願いを抱いてきたのです。
     
    人生が終わるとき、ほんとうに満足したと言えるか?後悔が残ってないか?
    あの世にどんなみやげ話を持って帰れるか?
     
    そんな目線で人生をとらえ直してみませんか。
    きっとあなたのどうしてもやりたいことが、浮かび上がってきますよ。
     
     

    私たちは憑依されている?!

    うまくいかないことばかりで、お先真っ暗・・・
    自分なんか役立たずで、存在する価値がない・・・
    酷いめに合わされた、絶対に許せない・・・
    あの人に嫌われた、もう生きていたくない・・・
     
    悩み苦しみにさいなまれ、気力を失い動けなくなったり、激しい怒りがおさまらかったり、胸が焼けるように痛んだりするとき。
     
    けっこうな確率で、私たちは憑依されています。
     
    憑依というと、悪魔つきのような恐ろしいもの、滅多にない特別なものと考えがちですが、意外とふつうに起きているのです。

    悪霊や浮遊霊は私たちの周りにつねに存在し、ネガティブな感情を活動エネルギーとします。
    悲しみや怒りや執着のエネルギーを発する人がいると、その匂いを嗅ぎつけ、とりつき、ネガティブな感情を増幅させるのです。
     
    自分で自分を扱いかねるほど、感情が暴れ回って収まらない。
    何をしても気分が変わらず、下へ下へと落ちてしまう。
    それはあなたの感情の上に、まるで子泣きジジイのように、憑依霊の苦しみや悲しみが上乗せされているから。
    (あまりに自然に同調するので、自分では気づかないことがほとんどです)
     
    ですから苦しいときは、ぜひ千里眼へお越しください(笑)
    悩みを占者に相談することで、いまの自分を冷静に観察することができます。
    すると霊も憑依しにくくなります。
     
    そして普段から、「自分は憑依されない!」と意識することが大事です。
     
    「霊の怨念を受け入れる余地はありません」
    「私の人生は私のもの。誰にも支配されない」
    そう強く念じることが結界となり、実際に憑依されにくくなっていきます。
     
    これは霊感がある、なしに関係ありません。
    人の「思いの力」とは、それほどパワフルなものなのです。
     
     

    誰かと自分をくらべて落ち込んでしまう人へ

    あの人にくらべて、私はダメだ。
    あの人にくらべて、私は優れている。
     
    劣等感と優劣感は、真逆のように見えて、根っこは同じものです。
    どちらも他人と自分をくらべ、落ち込んだり天狗になったり。
     
    そしてそのくらべる基準も、別の誰かの評価だったりします。
    成績
    収入
    学校や会社のレベル
    異性にモテるか
    痩せてるか
    結婚してるか
    子供はいるか・・・などなど。
     
    私たちは日々、他人と自分をくらべて一喜一憂し、世間の評価を気にして休むヒマもありません。
    もちろん私もしょっちゅう落ち込みます(笑)
     
    でもこれって、ちょっと見方を変えるとおかしいことなのです。
    なぜなら私たちは生まれる前に、人生の青写真を自分で描いて来るからです。
     
    見た目は遺伝によって決まる部分が大きいですが、家庭環境や能力、性格、人生でクリアすべきテーマなどを、自分で設定してきます。
    そこには前世での経験も大いに関係します。
     
    前世で「絶望から立ち上がり成功する」というテーマをクリアできなかった人は、もう一度そこに挑戦するため、絶望的な状況に(無意識に)身をおいたり。
     
    前世で「お金より人との温かい繋がりが大事だ」と気づいた人は、誰かが温かい繋がりを思い出す手助けを(無意識に)したり。
     
    そうやって、
    生まれる前に自分で決めた
    「人生のテーマ」に最適な場所にいるのが、いまの私でありあなたなのです。
     
    だとすれば、私たちが気にするべきは
    「誰かとくらべて上か下か?」
    ではなく
    「自分の人生のテーマ」に気づき、そこへ挑戦すること。
     
    つまり「私自身の人生を堂々と生きる」ことなのです。
     
     

    少しやさしくされただけですぐ好きになる人は

    少しやさしくされただけで
    すぐ好きになる人は
    自分への愛情が足りない人
     
    自分に自信がなくて
    こんなんじゃダメと思ってるから
    自分を犠牲にして
    周りを大事にする
     
    でも愛に飢えている
    愛されるはずがないと思いながら
    愛を強く求めている
     
    だから
    少しやさしくされると
    その愛に飛びつく
     
    砂漠をさまよう人が
    行きずりの旅人に
    1杯の水を与えられて
    必死にすがるようなもの
     
    だけど本当は
    自分の足元に
    汲めども尽きぬ井戸がある
     
    自分を愛するとは
    自分の足元の井戸を掘ること
     
    井戸を掘るとは
    ありのままの自分を知ること
     
    じゃまっけな砂や石ころや粘土
    それも自分
    その下にある澄んだ冷たい水
    それも自分
     
    つまり
    すばらしい自分もダメな自分も
    どんな私も否定せず
    愛するということ
     
    そうして汲んだ井戸の水は
    あなた自身だけでなく
    周りの人をも潤す
     
    井戸の水を求めて人が集まる
     
    それが愛されるということなのです。
     
     

    漠然とした不安や不満の根っこは意外と深い

    私の主な占術は、タロットカードリーディングです。
     
    タロットカードは全部で78枚。
    1枚ごとにたくさんの意味がこめられています。
    なので占い師は、質問に応じてさまざまな解釈を引き出します。
     
    具体的な質問には具体的な答えが、あいまいな質問にはあいまいな答えが返ってくるので、何をカードに聞くか?がとても大事になってきますが・・・
     
    だからといって、聞きたいことを明確にしなければタロットをやる意味がない、というわけではありません。
     
    漠然とした不安や、なんとなく生きづらい、これといった不満はないけれど物足りない気がする・・・という悩みをかかえる人は大勢いらっしゃいます。
     
    そういうときは、質問をまじえてカードを引きながら
    「何が怖くて辛いんだろう?」
    「何が不満なんだろう?」
    という悩みの根っこをじっくり紐解いてまいります。
     
    大きな問題よりも、こういう小さな不安や不満の方が、じつは根が深かったりするのです(笑)
     
    ときにはカードが「それは問題じゃないよ」「本当に気になってるのはこっちでしょ」と教えてくれることもあります。
    自分の気持ちって、なかなかわからないものですからね。
     
    正体の見えない不安や不満の根っこがどこにあるか?
    それを知るのは、自分の人生の課題を知ること。
    自分らしく幸せに生きるためのパスポートを手にいれることなのです。
     
     

    自信を育てる方法

    あなたは自分に自信がありますか?
    いつも自信たっぷりに行動する人を見て、いいなあ、悩みがなさそうで・・・と思うタイプでしょうか。
     
    自信がある人とない人。
    その主な違いは、見た目や能力ではありません。
    どれだけ自分の判断でものごとを選び、行動してきたかによるのです。
     
    自分の判断でものごとを選ぶ。
    それは、世間の常識や流行や他人の目に合わせるのでなく、自分の好みで選ぶということ。
     
    なので、親の言うことをよく聞く「いい子」に自信がない人が多かったりします。
     
    誰かの意見を鵜呑みにするのではなく、
    自分が好きなもの、
    自分の気分が上がるもの、
    自分が興味をそそられるものを選ぶ。
    そのもの選びの基準は、どこまでも自分の「感覚」です。
    ようは自分が満足すればOK。
     
    満足できれば自分の選択に自信がつくし、
    「失敗した」と感じたら、満足するまで選び直せばいい。
    そうやってトライ&エラーを繰り返しながら、自信を育てていけるのです。
     
    もしこの選択の基準が、自分でなく他人にあると大変です。
     
    何が世の中の正解か?
    何がいちばん男ウケがいいか?(男性にウケることが目的なら別です!)
    何がいちばん怒られないか?
    どうすれば認めてもらえるか?
     
    あいまいでよくわからない、
    世間の常識や流行、他人の目。
    そこに合わせて何かを選ぶのは、目隠ししてスイカを割るようなもの。
    そりゃあ不安になって当然です。
     
    特にいまは古い価値観がどんどん壊れ、「個の時代」「多様性の時代」と言われています。
    自分の感覚や好き嫌い、
    得意不得意などをよく知り、
    自分を幸せにするものを選べるかどうかが、
    これからの時代を幸せに生きる鍵となるでしょう。
     
    と言っても、難しいことではありません。
    まずは今日着る服や今日食べる食事を選ぶとき、妥協しないこと。
    徹底的に選び抜き、今日を最高の1日にすると決めること。
    その小さな積み重ねが、あなたの自信を育ててくれるでしょう。
     
     

    自分と他人の境界線を引く

    自分が勝手な行動をすると、他の人に迷惑をかけるのではないか・・・
    自分が言いたいことを言うと、他の人が傷くつのではないか・・・
    そう考えて自由な行動や発言を抑えてしまうのは、思慮深く思いやりがある人。
    いわゆるイイ人です。
    けれどイイ人ほど我慢しすぎてストレスをため、ある日突然爆発してしたり、体を壊したりするのです。
     
    人はそれぞれ自分の人生を生きています。
    もちろん人と人はかかわりあい、影響を与えあっていますが、その人の人生はその人のもの。
    その人の行動はその人自身の選択によるもの。
    もしあなたの発言や行動が誰かに何らかの影響を及ぼしたとしても、それはキッカケにすぎません。
     
    誰かに迷惑をかけたり、誰かを傷つけるのをおそれて、自分の自由な発言や行動を制限してはいけません。
    もちろん社会生活を穏便におくるため、言い方ややり方に気をくばる必要はあります。
    けれどあなたの自由な行動を誰かのために抑え込むのは、自分の人生を犠牲にして誰かの人生を優先するということなのです。
     
    あなたにとって、あなたの人生より大切なものがあるでしょうか?
    いいえ、ありません。
    時に親は我が子の人生を、自分の人生以上に大切に思うかもしれません。
    それは尊い無償の愛の姿ですが、時に子供の人生に土足で踏み込み、支配することになるのです。
     
    自分と自分以外の人に、境界線を引く。
    他人の領域に踏み込ます、自分の領域で幸せをまっとうする。
    他人の領域で何が起きたとしても、その人自身の選択を尊重する。
    それが他人に支配されず(他人を支配せず)、自由に生きる方法なのです。
     
     

    守護霊は人生のパートナー

    私たちが生まれた時から、ずっと見守ってくれている存在がいます。
    それは守護霊と呼ばれる人たち。
    守護霊というと、なんだか特別えらい神様のように思うかもしれませんが、そんなことはありません。
    私たちと同じ人間です。もちろん肉体はありませんが。
     
    ひとりひとりの守護霊は、実は私たちとよく似た性格をしています。
    せっかちな人にはせっかちな守護霊が。心配性な人には心配性な守護霊が。
    だいたい同じレベルの魂どうしでペアになっています。
     
    ただ守護霊はあの世の存在ですから、この世を俯瞰して見ることができます。
    だから私たちより、少しだけ物知りです。
     
    守護霊は、守護する人間が自分の課題にチャレンジし、人生というゲームをクリアするのを応援してくれています。
    私たちの目に入る情報を使ってヒントを出したり、インスピレーションを届けたり。
    日々かいがいしく助けてくれています。
    それに気づくかどうかは、生きてる私たち次第です。
     
    私たちが人生に後ろ向きで、自分なんかどうせダメだと諦めたり、投げやりな生活に甘んじていれば、守護霊もだんだんやる気を失ってしまいます。
    私たちが幸せになることを諦めず、挑戦する心を失わなければ、守護霊は喜んで手を差しのべてくれるのです。
     
    そして、この世での私たちの経験を通して、守護霊も学びます。
    守護霊が成長すれば、私たちもよい影響を受けることができます。
    守護霊は、まさに人生のパートナー的存在なのです。
     
    あなたが孤独を感じるとき、自分の気持ちをわかってくれる人なんかいないと思うとき。
    全部わかってる、応援している守護霊がいつもそばにいることを、思い出してくださいね。
     
     

    生きてるうちに執着を手放そう

    人生を生きづらくしているもののひとつに、執着心があります。
     
    愛情、お金、物欲、グルメ、名誉、居場所、自分自身の価値観・・・
    それらは生きるために必要で、人生に彩りを与えてくれるものです。
     
    けれど執着が強くなりすぎると、依存となってバランスを崩します。
    エゴや欲や思い込みにとらわれて、自分を客観視できなくなり、周りとつながれなくなるのです。
     
    そして私たちが死んだとき、もっとも大きな執着を手放すことになります。
    それは「生」への執着、この世への未練です。
     
    死ぬ覚悟ができてなかったり、死んだら終わりであの世はないと思い込んだまま肉体が死ぬと、魂はこの世をさまよう「浮遊霊」となります。
    死んだことに気づかないまま、何年も何十年も、場合によっては何百年もさまようことになるのです。
     
    生きてるうちは、心がバランスを崩すと体に影響が出ます。
    ストレスで病気になったり事故にあったりして、「このままではダメだ」と気づきます。
    執着を手放しやすいのです。
     
    終わった恋愛、果てしない買い物欲、アルコールやギャンブルへの依存、金銭欲。
    そんなものに振り回される人生は嫌だと思ったら、勇気を出して手放しましょう。
    心はつねに軽やかに。
    そうすれば、あの世での人生も軽やかにスタートできますよ。
     
     

    ありのままの自分を愛されたいなら

    ありのままの自分を愛してほしいと思いますか?
     
    好きな人の好みに合うよう、話し方に気をつけたり、服や髪型を変えたり。
    彼の好きなスポーツをいっしょにやったり、苦手な料理を習ったり。
     
    そんなふうに頑張って愛情を勝ちとるのでなく、ありのままの自分で愛されたい。
    ダメなところや、できないこともあるけれど、そんな自分をまるごと受け止めてくれる伴侶がほしい。
     
    そんな望みを抱くのは、無謀というものでしょうか?
     
     
    そんなことはありません。
    むしろそれは当然の望みであり、ありのままの相手を愛し愛されることこそ、本当に幸せなパートナーシップなのです。
     
     
    では、どうすればありのままの自分を愛してもらえるようになるでしょう?
    その方法はとてもシンプル。
    自分がありのままの自分を愛することです。
     
    ありのままの自分とは、やさしい、まじめ、素直、約束を守る、向上心がある・・・
    そんないいところだけではありません。
     
    嫉妬深い、卑屈、ずるい、エゴイスト、甘ったれ、なまけもの、いじわる・・・
    そんな目を背けたくなるような、けして認めたくない自分も、受け入れて愛することなのです。
     
     
    人の心はとても複雑で、いいことだけ、正しいことだけ、きれいなことだけで成り立ってはいません。
    また、どんな人の魂にも偏りがあり、得意・不得意や、ネガティブに陥りやすいパターンがあります。
     
    そんないびつな自分、醜い自分、どうしようもなくダメな自分を、否定せず、認めて受け入れる。
     
    「どんな私も大切な私」
    「どんな感情も、私を幸せにするために生まれてきたんだ」
     
    そう気づいて心から受け入れたとき、あなたはありのままの自分を愛することができています。
    するとあなたの周りの世界も、ありのままのあなたを受け入れ、愛するようになるのです。
     
     
    世界はあなたの心が写し出す鏡。
    「このままではダメな私」と思っているか、それとも「このままで素晴らしい私」と思っているか。
    それがあなたの現実を作り出すのです。
     
     

    無償の愛を注ぐということ

    あなたは片思いの相手に、無償の愛を注ぐことができますか?
     
    自分を好きになってもらうためや、結婚して安定するためでなく
    (もちろんそれが悪いという意味ではないです!)
    好きな人の幸せを願い、素直な愛情を差し出す。
    見返りを求めない。
    そんなことができる人は、とても少ないと思います。
     
    恋愛は、人間の動物的本能や、種の保存にもかかわります。
    だからエゴが出て当然。
    肉体的欲求にかられたり、相手を自分のものにしたいと思って当然。
    けれど相手が振り向いてくれないとき、そのエゴや欲望に振り回されていちばん苦しいのは自分自身です。
     
    好きな人に振り向いてもらえない。
    それでも諦められない、忘れられない時。
    できることは、ただ無償の愛を差し出すことです。
     
    そのやり方は人によって違うでしょう。
    笑顔であいさつする、その人を応援する言葉をかける。
    友人として楽しく付きあう。
    場合によっては、ただ黙って見守るだけかもしれません。
     
    それは時に辛く、苦しいことでしょう。
     
    けれどあなたの魂から、気高い愛のエネルギーが流れていれば、それは回り回ってあなたの元へ戻ってきます。
    愛もエネルギーも循環しています。
    なんの見返りも求めず無償の愛を差し出せば、なんの見返りも求めない無償の愛を受けとることができるのです。
     
    その愛は、あなたの好きな人から戻ってくるとは限りません。
    全く思いがけないところから受けとるかもしれないし、
    自分の欲しかった愛の形ではないかもしれません。
     
    それでも、必ず愛はあなたのもとに返ってきます。
    あなたの想像をはるかに越えた、素晴らしい未来をともなって返ってくるのです。
     
     

    私を幸せにしない恋愛には価値がない

    私はかつて、自分を好きになってくれない人ばかりを好きになっていました。
     
    相手にパートナーがいたり、うんと年下だったり、逆にすごく年上だったり。
    どう考えても無理そうな相手を、何年も思い続けるのが得意でした。
    片想いでもいい、ずっと好きでいたい。彼を好きな気持ちを手放したくない。
    そんな純粋で美しいっぽい、昭和の少女漫画みたいな世界に住んでいました。
     
    でもある日、とあるブログの一文を読んで、目が覚めたのです。
     
    「私を幸せにしない恋愛には価値がない」
     
    そのブロガーさんは、何年も不倫を続けたあと、彼ときっぱり別れました。
    そのとたん別の恋人ができて、あっという間にゴールインしたのです。
     
    きっと別れるときは、断腸の思いだったでしょう。
    けれど彼女はその苦しさを乗り越え、未来の自分を幸せにする選択をした。
     
    自分を幸せにするのは自分。
    ほかの人に主導権を預けてはいけない。
    その強い意思に感動を覚えました。
      
    どんなに相手が素晴らしい人でも、どんなに自分を必要としてくれても、「私を幸せにしない恋愛には価値がない」と思えるかどうか。
    自分を価値ある存在だと認め、愛することができるか。
    恋愛のトラップは、そんなことを教えてくれているのでしょう。

    知らずに抱えていた思い込みを手放す

    床の上に、幅20センチ、長さ5メートルの白線が引いてあるとする。
    「この線をはみ出さないよう歩きなさい」
    と言われたら、たいていの人は難なくスタスタ歩くだろう。

    ではその白線の外側が、高さ30メートルの断崖絶壁ならどうだろう?
    とたんに一歩一歩がとてつもなく怖く感じるのではないか。
    あまりの緊張に、途中で動けなくなったり、うっかり落ちてしまうかもしれない。
     
    同じ幅の線の上を歩くのに、なぜこれほど心境の違いがあるか?
    それは、高さ30メートルの白線には「落ちたら死ぬ」という恐怖があるからだ。
     
    人生においても同じことが言える。
    たとえば「失敗したら怒られる」という恐怖を抱えている人は、絶対に失敗できないという緊張感で、かえって失敗しやすくなる。
     
    「言いたいことを言うと嫌われる」という恐怖を抱えている人は、言ってはいけないという緊張感で何も言えなくなり、かえってコミュニケーションがとれず嫌われたりする。
     
    いずれも「落ちたら死ぬ」と似たような思い込みで、頭のなかで断崖絶壁をリアルに思い描き、恐れている。
    でもそれはリアルではなく妄想なのだ。
     
    実際には、失敗しても怒られないかもしれない。
    もちろん怒られるときもある。
    でも相手は、注意しただけのつもりかもしれない。それを「失敗したら怒られる」と思い込んでいると、怒っているようにしか見えない。
    そうやって「失敗したら怒られる法則」を自分のなかで強化してしまうのだ。
     
    白線の上をはみ出しても、死なないから大丈夫。
    自分が知らないうちに抱えていた思い込みを手放すと、生きるのがずっと楽になりますよ(^^)
     

    体と心のリセットにスワイショウ

    スワイショウってご存じですか?
    両足を肩幅に開き、肩と腕の力を抜いて、腕を前後にぶらぶら。
    気がすむまでやったら、今度はでんでん太鼓のように、左右にぶらぶら。
    これを呼吸しながら繰り返すだけ。
    いつでもどこでも手軽にできる運動です。
     
    (イメージがわかなければ検索してみてね)
     
    これをやると、背骨まわりの筋肉がほぐれ、自律神経が整います。
    また、無心になり、自然と瞑想状態になります。
    私はふつうの瞑想だと寝てしまうので、瞑想したいときや心を浄化させたいときは、スワイショウをしています。
     
    頭が悩みごとでいっぱいだったり
    不安と恐れで苦しくてしかたないとき
    このスワイショウを試してみてください。
    簡単だけど、とても効果があります。
     
    コツは、吐く息とともに、自分の中の邪気を出すイメージを持つこと。
    そして吸う息とともに、新鮮できれいな気を体内に取り込むイメージを持ちます。
     
    呼吸の長さは自分の心地よさで決めてOKですが、なるべくゆったり深く呼吸しましょう。
    呼吸するごとに気が体をめぐり、心も落ち着いてきますよ。
     
    心が苦しくて辛いときも、体を動かすとその瞬間は忘れますよね。
    体はあなたの最大にして最強の味方なのです。
    スワイショウ、ぜひやってみてくださいね。
     
     

    何とも思ってない人に好かれる人とは?

    先日友人から、「好きな人には好かれないで、何とも思ってない人からアプローチされる」と相談されました。
    これはよくあるパターン。
    なぜそんなことが起きるかと言うと、好きな人の前ではあなた本来のよさが出ていないのです。

     
    好きな人には自分のことを好きになってほしいもの。それは自然な感情です。
    でもその思いが強すぎると、「やさしくしてほしい」「かまってほしい」「私を幸せにしてほしい」という要求ばかりになってしまいます。
    それは自然な愛情というより、エネルギーを奪って餓えた心を満たしたいという、エネルギーバンパイアの状態なのです。

     
    エネルギーを奪おうとする雰囲気は、どんなに上品に立ち居振る舞っても、自然と漏れ出てしまうもの。
    好きな人に好かれるためにどんな努力をしようとも、心が餓えた状態ではなかなかうまくいきません。
    たとえ一時的にうまくいっても、我慢して自分を抑えているので、長続きしないのです。

     
    その点、何とも思ってない相手からは、エネルギーを奪おうとは思いません。
    ごく自然に気楽に振る舞えるので、あなたの本来持っている魅力が生き生きと出て、周りを魅了するのです。

     
    好きな人に好かれたかったら、まずはその人の前で自然に振る舞える自分になること。
    そのためには、餓えた心を自分自身で満たせるようになることが、遠回りのようで実はいちばんの近道なのです。

    お客さまの中に神を見る

    カミーユという名は、私の本名の一部をもじって妹がつけてくれました。
    フランス語で「神を見る者」という意味があるそうです。
     

    とはいえ、私はいわゆる霊感体質ではなく、神の姿や声を見聞きすることはできません。
    オーラを見る練習もしましたが、光ってるのは見えても、色までは識別不能。

     
    そういった超常的な能力はない私ですが、だからこそできることがあると思います。

     
    それは見えないものを信じること。
    お客さまの、幸福な未来を作り出す力を信じること。
    世界はより豊かに、平和に、進歩していくと信じること。
    「何があっても絶対に大丈夫」という強い信念のもと、タロットカードから汲み取った希望の光をお客さまへお伝えすることです。

     
    神、ソース、創造主といった存在が本当にいるのか、私にはわかりません。
    しかしすべての人は、強く美しく気高い心=神性を持つ存在です。
    私は「お客さまの中に神を見る者」として、カミーユを名乗ってまいります。

     
    さあ、あなたはどんなエネルギーを持ち、どんな人生を生きようとして生まれた神なのでしょう?
    ぜひ私に会いに来てくださいね。

     

    カミーユ先生 クチコミ情報

    興味深く、楽しい時間を過ごせました

    初めて占いに来て、カミーユ先生にお世話になりました。いざ何を占ってもらおうか…と迷っていた時に柔らかくアプローチしていただきました。鑑定結果を聞いて、「実は…」と内面的なお話もできたり、そこから鑑定結果を照らし合わせることもできたりと、興味深く、楽しい時間を過ごせました。自分について、これからどうしたいか、という事のとっかかりが少し掴めました。この度は鑑定していただきありがとうございました! またお話しに伺いたいと思います!

    【女性 28歳】

    投稿日:2021/11/06 1:48

    鑑定が終わったとき、心がスッと軽くなる感覚でした

    カミーユ先生の一言一言に心が勇気づけられました。仕事や恋愛で悩んでいたので、とても助かりました。鑑定が終わったとき、心がスッと軽くなる感覚でした。前を向いて進んでいけそうです!ありがとうございました。

    【女性】

    投稿日:2021/10/15 10:48

    背中を押してもらえ、また前向きに頑張って行けそうです。

    自分で上手く言語化出来なかったモヤモヤをしっかり言葉にして頂けたので、納得しながら話を聞けました。背中を押してもらえ、また前向きに頑張って行けそうです。ありがとうございました。

    【女性 25歳】

    投稿日:2021/09/06 22:34

    カミーユ先生の前向きな言葉と先生の明るさに心が救われました。

    恋愛や仕事で悩みすぎていたこともあり、若干メンタルがやられていました。カミーユ先生の前向きな言葉と先生の明るさに心が救われました。占い自体は初めてだったので、緊張しましたが、一人でモヤモヤして悩むよりも、少しでも助けを求めることも大切だなと感じました。ありがとうございました。

    【女性 25歳】

    投稿日:2021/08/30 12:21

    また、占って貰いたいです

    話しやすくて、時間が経つのが早くて、延長してしまいました。また、占って貰いたいです

    【女性 36歳】

    投稿日:2021/08/24 12:53

    心からなるほど!!と思える内容で、水面下での彼の気持ちの変化なども知ってすごくホッとしたというか、

    コラムを読んで、ぜひ占ってもらいたいなと思ってお邪魔しました。現実的に起こっていることとスピリチュアルな側面でのお話もあって心からなるほど!!と思える内容で、水面下での彼の気持ちの変化なども知ってすごくホッとしたというか、安心しました。先生の「できる人だから自信をもって」のお言葉にもパワーをもらえました!!ひとまず29日、またカミーユ先生に報告できるよう彼に声かけてみます!本当にありがとうございました。

    【女性 32歳】

    投稿日:2021/07/19 13:43

    カミーユ先生にお話して本当によかったです。

    今日は初めての鑑定ありがとうございました。彼との進展で悩んでいて相談したのですがカミーユ先生にお話して本当によかったです。彼の現状や気持ちをたくさん占ってくださり、前向きに考えてくれていてこの先も進んでいくとの結果にすごく安心しました。3週間後がたのしみになってきました。沈んだ気持ちを前向きにさせて下さってありがとうございます!

    【30歳】

    投稿日:2021/07/09 20:36

    納得の鑑定結果でした!

    鑑定ありがとうございました。とても優しく話を聞いてくださり、また鑑定もしっかり深くまでみてくださり感謝しています。今後についても納得の鑑定結果でした!また悩んだ時はお願いしたいと思います。

    【女性】

    投稿日:2021/07/02 21:02

    クチコミ投稿フォーム

    下記よりご希望の鑑定方法をお選び下さい

  • カミーユ先生

    対面占い

    対面占い ご予約お申し込みフォーム

    以下のフォームから予約に必要な事項をご記入ください。
    • ブースにはお二人までお入り頂けます。
    • お二人とも鑑定を希望される場合は、一人20分以上の鑑定を受けられるようにご希望コースを選択してください。
    例:30分コース×2人 = 60分コースを選択
      40分コース×2人 = 80分コースを選択
    対面占い ご予約方法

    鑑定を希望する日程を選択


    ※ご予約確認のお電話をさせていただく場合がございます。

    ※ドメイン指定をされている方は「senrigan.info」をご登録ください。

    にリマインダーを受け取る

    お客様の携帯電話の契約状況により、正しく受信いただけない場合がございます。


    ※登録すると、次回から情報の入力を省略できます。

    ログインパスワード設定

    ※半角英数字 4~32文字以内

    ご注意

    • 遺影・遺品や人形などの物品のお持込みはご遠慮させていただいております。
    • 犯罪に関わること、人の生死に関すること、人の不幸を望むこと、ギャンブル・投資に関することについては、鑑定をお受けしかねます。

    対面占いについて

    対面占いは、千里眼の各店舗で行います。ご予約なしでも、鑑定をお受けいただけます。

    あらかじめのご予約をしていただくことで、スムーズにご希望の占い師の先生の鑑定をお受けすることができます。ご予約システムも是非、ご活用ください。

    対面占い 料金システムのご案内

    対面占いは、10分につき1,100円(税込)の鑑定料が必要です

    • ※鑑定時間内は、いくつご質問いただいても結構です。
    • ※指名料・予約料は無料です。
    • ※20分コース以上で承っております。
    • ※占い料金は当日、前払いでお願いしております。

    お支払いは現金の他、PayPayをご利用いただけます。

    • ※一部PayPayに対応していない店舗もございます。

    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • カミーユ先生

    電話占い

    電話占い お申し込み

    千里眼の電話占いは、

    『電話占いヴェルニ』

    のシステムを利用してご提供しております。
    ご利用には電話占いヴェルニの会員登録が必要です。以下のリンクより、まずは会員登録を完了させてください。

    既に電話占いヴェルニの会員様は、下記よりご鑑定したい占い師を選んでいただき、『先生に相談する(会員)』のログインボタンより、ログインをしてください。

    パック予約のご案内

    あらかじめ、鑑定時間を決めてご予約いただくことが可能です。
    カミーユ先生の電話占い待機スケジュール
    • 12/6 (月)
      09:00 ~ 10:00
      12:00 ~ 20:00
    • 12/7 (火)
      20:00 ~ 22:00
    • 12/8 (水)
      20:00 ~ 22:00
    • 12/9 (木)
      09:00 ~ 10:00
      12:00 ~ 20:00
    • 12/10 (金)
      09:00 ~ 10:00
      12:00 ~ 20:00
    もっと見る
    閉じる

    ご注意

    占いの館 千里眼の店舗にご出演の時間帯は、対面占いブース内での鑑定となります。
    店舗来店のお客様があった場合は、

    10分程度でいったん鑑定をお切りいただく

    こととなります。ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    • 事前にパック予約をいただいている場合は、ご指定のお時間中に鑑定が途切れることはございませんので、是非ご利用ください。
    • 店舗出勤以外の時間帯につきましては、占い師の自宅鑑定所での鑑定となりますので、途中で鑑定をお切りすることはございません。

    電話占いについて

    電話占いは、業界最大手の

    電話占いヴェルニ

    とのコラボレーションで全国のお客様に千里眼の占いをご提供しております。
    お近くに千里眼の店舗がない、または直接来店することが難しい方でも、ご自宅にいながら千里眼の占い師の電話占いをお楽しみいただくことが出来ます。

    電話占い 料金システムのご案内

    電話占いは、1分につき240円(税込)の鑑定料が必要です

    • ※通話料・指名料・予約料は無料です。
    • ※上記の鑑定料以外の費用は、一切発生いたしません。
    • ※電話占い料金は、電話占いヴェルニの料金設定に準拠します。

    お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済などをご用意しており、 各決済方式からお客様のお好きな方法をお選びいただけます。
    詳細は、電話占いヴェルニの料金案内ページをご確認ください。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ