占いの館 千里眼。大阪・名古屋・京都・奈良・東京・神戸・静岡・大分・和歌山・札幌・岐阜・三重・沖縄・福岡・広島・愛媛・鹿児島・徳島・香川・山形・岡山・横浜・千葉・福島・岩手・高知・熊本・群馬・滋賀・福井・仙台・山口・宮崎・山梨・長野・埼玉・茨城・栃木に店舗を構える、口コミで評判の人気占い師による占い。

占いの館 千里眼 予約センター tel:050-2018-3433 電話占い専用ダイヤル:0570-006-550

悠人先生
はるひと

悠人先生

待機中

占術

得意分野

人生全般・将来設計・恋愛・運勢・仕事・副業・起業・子育て・ 復縁 ・相手の気持ち・年の差恋愛・相性・出会い・片想い・ 婚活・再婚・遠距離恋愛・婚外恋愛・ 離婚・略奪愛・三角関係・縁結び・縁切り・浮気・同性愛・LGBT・ 妊活・転職・ペットの気持ち・金運・ 対人関係・家庭問題・ハラスメント・いじめ・虐待・吉方位・家相・墓相・経営・熟年離婚・職場環境・鬱・心身の健康・夫婦仲・ビジネス・子供の将来・引きこもり

ご出演スケジュール

  • 7/30 (金) 13:00〜20:00
    【京都 / 蛸薬師通店】
  • 8/3 (火) 13:00〜20:00
    【京都 / 錦天満宮前南店】
  • 8/6 (金) 13:00〜20:00
    【京都 / 蛸薬師通店】
  • 8/10 (火) 13:00〜20:00
    【京都 / 錦天満宮前南店】
  • 8/13 (金) 13:00〜20:00
    【京都 / 蛸薬師通店】
  • 8/17 (火) 13:00〜20:00
    【京都 / 錦天満宮前南店】
  • 8/22 (日) 13:00〜21:00
    【京都 / 蛸薬師通店】
  • 8/24 (火) 13:00〜20:00
    【京都 / 錦天満宮前南店】
  • 8/27 (金) 13:00〜20:00
    【京都 / 蛸薬師通店】
  • 8/31 (火) 13:00〜20:00
    【京都 / 錦天満宮前南店】
  • プロフィール詳細

  • 対面占い
  • 電話占い
  • 悠人先生

    プロフィール詳細

    占い師からのメッセージ

    守りたい、伝えたい、愛されたい・・
    そんな言葉にならない想いを抱いていませんか?
    それは、あなたの運命を
    切り開くための大切なメッセージです。
      
    この世界には空に輝く太陽のような人たちや、
    その輝きを無限に広げる海のような人たち、
    そしてその光を求める草花のような人たちがいます。
    もしもあなたが大地のような人なら、
    そこに根差す大樹のような人たちが、
    潤いを与える雨のような人たちが、
    あなたの運命を切り開く「鍵」を握っているかもしれません。
       
    あなたの運命の扉を切り開くための
    「鍵」はどこにあるのか、
    そして今すべきことは何か、一緒に見つけましょう。

    千里眼からのご紹介

    占いの王者とも称される算命学を独自に応用し、
    お誕生日から、相性や今後のおふたりの未来が
    動き出すタイミングと成就の時期を割り出して下さいます。
    悠人先生の鑑定では、障がいだらけの恋愛が
    一年をかけてこまめに鑑定した結果成就したり、
    不妊治療をあきらめかけた女性を鑑定し続けた結果
    子どもを授かられたなど奇跡がたくさん起こっています。
    優しい雰囲気ながらも、鑑定結果には力強く
    断言して下さるのでギャップも大変魅力です。
    複雑なご相談も得意とされていますのでぜひご相談下さい。

    メディア出演履歴

    「当たる占い師.com」「ComingOutTokyo」(web)

    悠人先生 コラム

    あなたに宿る「小さな宇宙」

    悠人です。
     
    さて、前回のコラムでお伝えした通り、今回は東洋占術の根底にある「陰陽五行」について簡単にお話いたします。
    宜しければお付き合いください。
      
    皆さんは「十干(じゅっかん)」「十二支(じゅうにし)」という言葉をご存じですか?
    「十干」は甲(樹)乙(草花)丙(太陽)丁(灯)戊(山岳)己(大地)庚(岩・鉄)辛(宝石)壬(大海)癸(雨露)の十種です。
    契約書などで甲と乙は見たことがあるかもしれません。
    「十二支」は言わずと知れた子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥です。
     
    東洋占術は二千年以上前、現在の中国大陸で誕生します。
    古代人は「空間」と「時間」の理論から「陰陽五行説」を導き出し、そこから人の宿命、そして運命の紐解き方を編み出していきました。
        
    「空間」を表す文字は先ほどの「十干」であり、「時間」を表す文字は「十二支」です。
    日本でも昔から時の流れを「十二支」で表現してきました。
      
    「十干」は自然界の循環を表したものです。
    (草木は火を生み出し、火は灰となって土に帰す、土はやがて岩となり、岩の合間よりもれいずる水は草木を育む、という発想から木・火・土・金・水の「五行」思想が生まれました)
    これには当時確認されていた五惑星(水星・金性・火星・土性・木星)の影響もあるとされています。
       
    この「五行」に「陰陽論」が重なります。
    「陰陽論」とは、この世のすべてのものを「陰」と「陽」に分けて存在を明らかにしていく理論です。
    人間には男性と女性があり、一日には昼と夜があり、宇宙には天と地がある、というように一極二元的な考え方が根幹となっています。
      
    そして、古代人は天と地など条件が異なる中で五行(木火土金水)を論じていくことが必要と考え、「五行」に「陰陽」をつなげて「陰陽五行」を生みだしました。
    それによって「空間」である「十干」はより深く広大な意味を持つようになります。
      
    一方「十二支」は当時確認されていた木星の公転周期(十二年で太陽を一周する)から生まれました。
    十二支に動物の名前が付いたのは市井の人々がわかりやすいよう、当時生活と密着していた動物の名前を付けたという諸説があります。
      
    この「陰陽五行」に基づいた「十干」と「十二支」を組み合わせ、宿命の骨組みとなる六十種以上の「干支(かんし)」と呼ばれるものが生まれます。
    この「干支」をいくつか組み合わせていくことで、その人の宿命を導き出したのです。 
    後に、その宿命がどのような環境で生きるか、どのような運命が待っているか、運気の流れはどうか、どのような人間関係となっていくか、縁の深い相手は誰か、などを視ていく技術も生まれていきます。
      
    それから二千年以上もの間、現在に至るまで統計的に検証が重ねられ、様々な占術に枝分かれしながら精度の高い占術となって今日も存在しているのです。
      
    さて、
    人の宿命を明らかにする「干支」、その「干支」は前述した通り自然の摂理と宇宙の法則から生まれたものです。
    つまり、古代人は人も自然界の一部であると考え、この宇宙に存在する人の中にも「小さな宇宙」があり、それゆえに宇宙に存在することができると考えたのです。
      
    人の宿命はそうした壮大な発想から導き出されているのです。
    そう考えると「人」という存在はまだまだ謎に満ちているのかもしれません。
      
    あなたの「宿命」はあなたの命に宿った「小さな宇宙」と呼べるものです。
    その「小さな宇宙」をあなたと一緒に占術という望遠鏡で観察できれば幸いです。
      
    最後までお付き合いいただきありがとうございました。
      
    千里眼 悠人

    「占術」と「千里眼」

    悠人です。
     
    昨今、「占い」という言葉をよく聞くようになりました。
    テレビ番組やユーチューブ、ウェブサイトやアプリなど多種多様な形で「占い」の話題が社会に流通しています。
    娯楽あるいはブームというより、どこか日常的で社会に必要不可欠なものとなってきているように感じます。
      
    これだけ「占い」の知名度が上がってくると、利用される方々もより質の高いもの、ニーズにかなうものを求めるようになります。
    占いであれば何でも良いということではなくなってきているということです。
      
    自分の悩みに合った占術なのか、
    自分の悩みをちゃんと理解してくれる占い師なのか、
    占術だけでなく、占い師自体の人間的な評価までされる時代が来ているように感じます。
      
    さて、数日前ですが、電車のなかで占い師にみてもらわなくても本を読めばわかる、、ということを言っている人がいました。
    興味本位で占ってみよう・・という程度であれば本を読むだけでも構わないかもしれません。
    ですが、私はその人が本当に悩んでらっしゃるなら、ちゃんと知りたいと思うお気持ちがあるなら、占い師にちゃんと視てもらうことをおすすめします。
    「占い」に関する書籍が多く流通していますが、占いに関する書籍を読むことと、占い師に視てもらうことには大きな開きがあります。
    例えて言うならば、体調の悪い人が本屋に並んでいる病気の専門書を読むのと、病院で検査を受けて専門の医師に診察を受けるくらい違ってきます。
      
    占い師によって扱う占術は様々ですが、占い師と名乗るものはそれなりに専門的な知識や技術を用いて占っています。
    占術によっては市販されている本には載っていない知識や技術、世に流通していない専門的な知識、あるいは技術、秘術、奥義といったものを学んで実践されている人もいます。
    占い師によっては霊的あるいはスピリチャル的な能力で視る人もいるでしょう。
      
    なのでやはり、お時間の許すようであれば、占い師に直接視てもらうことをおすすめします。
      
    かつては日本も占い師を国家資格としていた時代があったそうです。
    中国では国の運命をも左右するとして恐れられ、国が占い師を囲い込んだ時代もあったそうです。
    時が経ち、今では組織マネジメントなどの経営に係る分野にまで占術を用いる企業が増えてきているようです。
      
    このように占い師は専門の知識や技術、能力を扱う職業でもあり、それ相応の社会的責任をおっているのです。
      
    初めて占い師にみてもらおうとしている方は、扱う占術によって視れる分野や内容が変わってきますので、まずはホームページなどで事前にお調べになってから利用された方が、より有意義な時間を得ることができるでしょう。
      
    さて、私は「陰陽五行」を根幹に据えた東洋占術によって宿命を鑑定することを得意としています。
    宿命がわかるだけで、その人の本質だけでなく、その人の人間関係の傾向、才能や与えられた家族関係、これから出逢う人々、また百年のときのなかでいつどのような状況、環境にあるのかを視ていきます。
    宿命だけを可視化するのであれば、知識や技術をある程度学べば誰にでもできます。
    大切なことは、視えたものをどのように解釈していくか、まさに占い師の「千里眼」が求められるのです。
     
    視る目を養うには知識だけでなく、それ相応の人間性や心が求められます。
    そうした目をもって大切に人を見つめることで視えてくるものはあるのです。
    「占術」と「千里眼」を掛け合わせることで「占い」の価値は無限に広がるのかもしれませんね。
     
    「占い」が皆様の人生に優しい明かりを灯すことができますように。
     
    さて、次回は私が扱う東洋占術の基本的な思想「陰陽五行」について少しお話したいと思います。
     
    最後までお読みいただきありがとうございました。
     
    千里眼 悠人

    出逢いと別れの先にあるもの

    悠人です。
      
    桜の舞う季節を迎えました。
    街はほのかに桃色に染まり、不安と期待の感情がもつれるなかで、出逢いと別れが交差していきます。
      
    思い出の校舎、想いをぶつけたグラウンド、憧れのあの人、
    仲間と過ごした職場、疲れた身体でもたれた椅子、大切な人たち、
    良い思い出も、苦い思い出も、悲しい思い出も、
    自然と新しい一年へと繋がっていきます。
      
    私の扱う占術でも、この時期は一つの転換期となります。
    過去に想いを馳せることも、未来に想いを募らせることも良いでしょう。
    そうした思い、想い、胸に広がる期待と不安を占いを通して見つめてみませんか?
    今がどういう時か?
    今何をすべきか?
    今注意することはなにか・・
    きっと、今以上にうまく生きるコツのようなものが見えてくるはずです。
      
    また、あなたの運気の流れを視つめながら、
      
    仕事の運気の流れが良い時はいつか?
    注意すべき時はいつか?
    また、どう良いのか、何に注意すべきなのか、細かく視ていきます。
      
    恋愛の運気の流れが良くなる時はいつか?
    注意すべき時はいつか?
    どういう行動を取れば良いのか、何に注意すべきなのか、細かく視ていきます。
      
    事前に知っておくことで、心の準備ができますし、より良い運気の流れをとらえることもできるはずです。
      
    さて・・
    昔ある人が若い卒業生にこんな言葉を残しました。
    「人生は失うことの連続・・」
    失うことで人は新たなものを見つけ、また前に進んでいけるのかもしれません。
    人生という手のひらがあるなら、それですくえるものは限られています。
    新しいものをすくうと、またそこから何かがこぼれ落ちていく、人生とはままならないものです。
    でも人生で大切なことは、多くを手に入れるのではなく、大切なものを守り続けることです。
    それが人であっても、ものであっても、想いであっても構いません。
    占いはそうしたあなたの大切な人生において、大切なものを守る武器、あるいは防具となるはずです。
      
    変わることを恐れず、
    変わることで見えてくるものを見つめてみましょう。
    そこに何か新しい発見があり、出逢いがあり、喜びや悲しみがあり・・
    そうして進んでいくことで、過ぎ去った時間も、別れも、思い出も意味を持つはずです。
      
    皆様とお会いできる日を楽しみにしています。
    そして、あなたの大切な人生を占いを通してお支えすることができれば幸いです。
      
    千里眼 悠人

    宿命がかたどる「幸せ」のカタチ

    悠人です。
      
    皆様は「幸せ」ってなんだろうと考えたことはありますか?
    人生に一度はそうした瞬間、あるのではないでしょうか?
        
    「幸せ」とは・・
    心が満ち足りていること、
    その人にとって望ましいこと、
    欲しいものが手に入る、大切な人のそばにいる、夢がある、あるいは夢に向かって打ち込めている・・
      
    日常の小さな「幸せ」から、人生における大きな「幸せ」
      
    人の「幸せ」は人それぞれ、
    その人にしかわからないもの、
    自分のものさしで人の「幸せ」をはかってはいけません。
      
    では、
    「幸せ」は気づくものでしょうか?
    見つけるものでしょうか?
    求めるものでしょうか?
        
    「幸せ」に対するアプローチは様々ですが、
    なによりも自分にとってどういうことが「幸せ」なのか、
    知っている人はこの世界にどれだけいるでしょうか・・
      
    「幸せ」を感じる瞬間はその人にしかわかりませんが、
    「幸せ」のカタチをとらえることはできるのです。
      
    「宿命」に沿った生き方、
    「宿命」に合った環境、
    「宿命」に望ましい状況、
    そこにこそ、その人の本当の「幸せ」があります。
     
    つまり、まずは自分の「宿命」を知ることです。
      
    「宿命」を知り、それに見合った状況、環境を求め、生きることが「幸せ」への近道となります。
      
    私も何千人と鑑定していると、どこか満たされている人は不思議と「宿命」に近い生き方をされていることに気づきます。
      
    そう、
    人には自分の「宿命」を感じる能力があるのです。
    ただ残念ながら、そうした能力はまだ発展途上のようです。
      
    なので、占術を活用することが賢い選択となってきます。
      
    私の扱う占術には「宿命に合わない環境に生きると自然はその人を淘汰する」という考え方があります。
    つまり、植物や動物も含め、地球上のあらゆる生物にはそれぞれに適した環境があり、その環境のなかでこそ本来の力を発揮するということです。
        
    魚は地上では生きれませんし、犬は水中では生きられませんよね。
    わかりやすいのがイソップ寓話にある「ウサギとカメ」の話・・・
    ウサギとカメのどちらがゴールに早く着くか競争し、カメを甘く見たウサギが居眠りをして、休まず進み続けたカメが勝つという話です。
      
    油断したウサギが悪い、
    頑張ったカメが偉い・・
      
    そうでしょうか?
      
    私はカメの方にも問題があると思います。
    だって、カメは苦手なフィールドである陸上で勝負を受けたのですよ?
    カメがウサギに勝てるフィールドは水上です。
      
    つまり、あなたにもあなたの本来持つ力が発揮される環境があるのです。
    「宿命」が生きる人生の途上にこそ、その人の本当の「幸せ」があるのです。
       
    昨今、人の「幸せ」を一般的な価値観ではかろうとする人がいます。
    それは大きな誤りです。
      
    なぜなら、人にはそれぞれ生まれ持った「宿命」があり、
    生まれ育った「環境」があります。
    つまり、「幸せ」のカタチは人の数だけ多種多様に存在しており、
    その人の「幸せ」はその人にしかわからないからです。
      
    「宿命」に沿った自然な生き方ができているかどうか・・
      
    まずは、あなたの「宿命」を知ることです。
    そのお手伝いをさせていただけるのは、やはり占術を扱う鑑定師であると自負します。
      
    「宿命」がかたどる「幸せ」のカタチを一緒に見つめてみましょう。
      
    そこにいろいろな答えが眠っているはずです。
      
    千里眼 悠人

    あなたの「パワースポット」

    悠人です。
      
    皆様は「パワースポット」という言葉にどのような印象をお持ちですか?
    力が集まる場所?
    それとも力が得られる場所?
    あるいは、心が癒される、心が満たされる、心が潤う場所のこと?
    あるいは、神社仏閣といった神聖な場所、伝承のある聖なる地域のこと?
      
    私は・・
    「パワースポット」は魂が呼応する対象であり、気を整え、心を安定される対象となるもの(あるいは場所)と考えています。
    私の扱かう占術ではその人にとって何が、あるいはどこが「パワースポット」になるのか視ていきます。
      
    人生において、運気の流れは一定ではありません。
    打ち寄せる波や移りゆく季節のように、変化は連続して起きます。
      
    凪いだ海や穏やかな風のように、平穏な運気の流れのなかにあれば良いですが、
    荒れた海や吹き荒ぶ風のように、激しく乱れる運気の流れのなかにあるときは、
    自分の「パワースポット」が何か、どこなのか、知っているだけで対応は大きく変わってきます。
      
    私の扱かう占術は、地球上に存在するすべての命は自然の産物であり、人間もまた自然界の一部に過ぎないという考えに立脚しています。
    つまり、その人を自然界の姿(太陽、大海、樹木、山岳、草花、大地、灯火、岩石、鉄、雫、宝石・・)に変えて宿命や運命を捉えていくのです。
      
    「パワースポット」は、自分と同じ自然界の姿をしたもの、あるいは場所になります。
      
    大海の人は海が「パワースポット」になり、海を眺めたり、潮風を感じたり、波の音を聴いたり、海に関わることに魂が呼応してきます。
    草花の人は草原が「パワースポット」になり、花を眺めたり、草の匂いや緑に魂が呼応してきます。
    岩石の人は岩場が「パワースポット」になり、石を眺めたり、身につけたり、不思議な石(パワーストーン)に魂が呼応してきます。
    山岳の人は山々が「パワースポット」になり、山を眺めたり、山登りをすると、その澄んだ空気に魂が呼応してきます。
    鉄の人は刀に、大地の人は砂に、宝石の人は煌びやかなものに、雫の人は水の流れる音に、それぞれ不思議と魂が呼応してきます。
    もちろん、今挙げたのは一例で、例えば大地の人でも魂が呼応する対象は砂だけではなく様々です。
     
    魂が呼応する感覚は、例えば家族と一緒にいる感覚、生まれ育った故郷の空気に包まれるような感覚、大切な人と一緒にいる感覚、そうしたものに近いかもしれません。
    でも、そうした感覚こそが、自然と身体のなかの気を整え、心を安定させてくれるのです。
         
    ちなみに、私は学生時代、樹の一生をポエムにして賞をいただいたことがあります。
    若い頃は何故か木目調のものを好んで使用し、屋久杉の生態になぜか興味を持ち調べたこともあります。
    伊勢神宮にお参りしたときは屹立する大樹に心が吸い込まれそうになったこともあります。
    後に占術を学び、自分の自然界の姿が樹木であることを知りました。
    私はそれ以来、部屋に樹木の絵を飾り、心のバランスを保つようにしています。
       
    あなたにとって何が「パワースポット」となるのか・・
    まずは知ることから始めましょう!
      
    あなたの大切な人生がより豊かなものとなりますよう、
    心を込めて鑑定させていただきます。
      
    千里眼 悠人

    誰かを大切に想うこと

    悠人です。
     
    ここ最近、誰かを大切に想う瞬間はありますか?
      
    家族、恋人、友人、恩師・・動物でも構いません。
      
    その大切に想う人は「今」存在する人ですか?
    「過ぎ去ったときのなか」に存在する人ですか?
      
    どちらであっても、
    どのようなカタチであっても、
    誰かを大切に想う気持ちは尊いものです。
      
    皆様は「オキシトシン」という言葉を聞かれたことはありますか?
    幸せホルモン、愛情ホルモン、癒しホルモンと呼ばれるもので、
    人との良好なコミュニケーション、スキンシップや、心地よいと思える感覚を得ることなどによって脳の視床下部から分泌されるそうです。
    これが精神や肉体の安定、健康に良い影響を及ぼすと言われています。
      
    私は誰かを大切に想う瞬間にも、この「オキシトシン」が分泌されているのではないか、と考えています。
    専門家に聞いてみたいところです・・
      
    誰かを憎んだり妬んだりしていても、心や身体のなかに良いものは生まれないということです。
    ですが、誰でも彼でも大切に想えるような境地を目指してください、とは言いません。
    人間です・・
    好き嫌いもあれば得手不得手、相性の良し悪しや過去が絡む感情のもつれもあるでしょう。
      
    ただ、普段当たり前のように接している人、お世話になっている人や、今の自分があるのはあの人のおかげ・・
    というような人に想いを馳せる、感謝の気持ちを抱く、胸に手を当てて数秒でも大切に想ってみる・・
    それだけでも「オキシトシン」が・・
    もしかすると「心のバランスを整えるような未知のチカラ」でさえ、生み出すことができているのかもしれません。
      
    「心のバランス」を保つヒントは、意外と日常に溢れているのかもしれませんね。
      
    ほんの少しでも良いので、誰かを大切に想う瞬間を意識してみましょう。
    きっと、あなたのなかで何かが変わっていくはずです。
      
    千里眼 悠人

    「心のエステ」

    悠人です。
      
    以前に鑑定させていただいたお客様から「心のエステ」というお言葉をいただきました。
    「心のエステ」とはどういうことでしょうか?
      
    エステはエステティックの略で意味は、人の美しくありたい、若々しくありたいという願望を実現するための行為とされています。
    つまり、心を美しく、あるいは心を若々しく保つ行為が「心のエステ」ということになります。
       
    もちろん、私はいち占い師、いち鑑定師ですので、エステティシャンではありません。
    ただ、ご利用いただくことによって乱れていた心に調和が図れたというのであれば、「美しさとは調和がとれているということ」と言うように、「心のエステ」が現実のものとなっているのかもしれません。
      
    お客様にそうした「心のエステ」を感じていただけることがあるのなら、それはすごく幸せなことです。
    なぜなら「占い」は人の幸せのためにあるものであり、幸せの感度は心が調和しているとき最も強くなると考えているからです。
      
    これからも「心のエステ」を意識することなく、ただ純粋に占いの精度を上げ、その人がその人の望む幸せのカタチを描けるよう、周りに散らばる幸せのカケラに気づけるよう、お手伝いさせていただきます。
      
    千里眼 悠人

    運命を感じとる「チカラ」

    悠人です。
      
    「運命」は生まれ持った「宿命」と「環境」の接点に生まれていきます。
      
    そのつむぎだしていく「運命」をなんとなく、或いはぼんやりと感知している人がいるようです。
    勿論、本人はそれがこれからつむぎだされる「運命」だということに気付いてはいません。
    大抵の人は、それはあくまで自分の願望に過ぎないという認識です。
    (未来をイメージしてそれを実現していくだけという人もいますがそれも一つも考え方であり否定するものではありません)
      
    お客様とお話しするなかで、将来設計と言いますか、いつぐらいに、こんな感じになっていたら・・という言葉をよく聞きます。
    そのお話を聞きながら、直近の運気の流れや「百年鑑定」などを行なっていると、驚くことに多くのケースに置いて、その人が言われている通りの道筋が示されているのです。
      
    しかし、お話しされた後にそうした鑑定結果をお伝えすると、よくアゲ鑑定ですか?と言われてしまいます( T_T)
    鑑定結果はあくまで鑑定結果なので、お伝えする言葉は選びますが、その内容を曲げることはありません。
      
    人にはどこか、これから起こり得る未来を予知する、或いは自分の使命のようなものを感じて行動する「ミエナイチカラ」があるのかもしれませんね。
       
    「運命」は不思議ということ言われる人がいますが、私は「運命」を紡ぎ出していく「人間」そのものが不思議だと思います。
    「人間」の持つ未知の「チカラ」が解明される日はまだ遠い未来なのかもしれませんが、そうした「チカラ」があることに限りなく確信に近いものを持って過ごす今日この頃です。
      
    あなたの思う未来、ぼんやりと描く未来、今この時点で簡単な答え合わせをしてみませんか?
    心の不安や葛藤、迷いを打ち消すような時間となるかもしれません。
      
    まずは一度、お気軽にご相談くださいね。
      
    千里眼 悠人

    「コロナ社会」に強い人と弱い人

    悠人です。
      
    2020年は世界的に激動の一年となりました。
    去年の今頃、人々の脳裏にはオリンピックイヤーで世界中の人たちが日本を訪れ人波と活気に満ちた華やかな景色が浮かんでいたと思います。
    しかし、未来はそれと大きくかけ離れたものとなりました。
      
    私の扱う算命学でも今年は2月頃より世界の経済状況が一変するようなものを捉えておりました。
    そのきっかけが「コロナ」によるものとまでは捉えられませんでしたが、結果的に世界は大きな転換期を迎えたと言えるでしょう。
      
    人間は社会を形成し、そこで生活を営む生き物です。
    「コロナ」の影響を受けた社会は、マスクなどの感染症対策の習慣化から、接触や密を避けるソーシャルディスタンスという考え方を生み出しました。
    ただ、それは社会を分断するものではなく、社会を守り維持していくために人々が生み出した知恵であり、社会は分断されたのではなく、その様相を変えてきたと捉える方が自然です。
      
    さて、直接的に会うことが減った分、ネット上でのつながりが増え続けることは否めません。
    そうした社会環境に適応しやすい或いは馴染みやすい人と、適応しがたい或いは馴染みにくい人がいます。
    つまり、「コロナ社会」に強い人と弱い人がいるということです。
      
    生まれ持った宿命、特性から視ると、今の「コロナ社会」が得意なフィールドとなる人はいます。
    そうした人にはどのように生きたらこの社会情勢をより追い風とすることができるか、お話しいたします。
      
    生まれ持った宿命、特性から視て「コロナ社会」が不得手なフィールドとなる人には、
    どのようなことに注意し、どのような意識を持って生きることが良いか、お話しいたします。
      
    「運命」は、生まれ持った「宿命」と「環境」の接点に生れていくものです。
    その「環境」が大きく変容した今に至っては、これまでと少し違った角度から鑑定することも求められているように感じます。
      
    「コロナ社会」への不安が募る方、これから先どのようにして生きていけば良いのか漠然と考えている方、既に歩む道を見失っていると思う方、
    どうか、ひとりで抱え込まずにまずは一度ご相談ください。
      
    あなたに合った「コロナ社会」を生き抜く知恵を一緒に見つけましょう。
      
    千里眼 悠人

    あなたに与えられた「百年」

    悠人です。
      
    今回は「百年鑑定」について、お話しさせていただきます。
      
    「百年鑑定」とは、生まれ持った宿命の星々と時間的に巡ってくる星々を掛け合わせながら、一年一年の運気の流れを導き出し、それらを積み重ねた全体的、大局的な人生の流れを捉えていくものです。
    簡単に言うと、人生を百年と仮定し、その流れのなかでいつどのような状況になるか、どのような環境にいるのか、どんな精神状態で過ごしているのか、細かく視ていきます。
    例えば、仕事の運気が人生で最も高まるとき、財運が人生で最も高まるとき・・
    さらに言うと、異性を惹きつけやすいとき(モテ期と言うのでしょうか・・)、結婚に良いタイミングなどなど・・
    運気が高まるのであればそのときに何が高まるのか、人生において大切なライフイベントはいつ起こり得るのかを視ていきます。
      
    そうした流れを捉えると、その時々に何に集中した方が良いのか、何に気をつけた方が良いのか、心が定まりやすくなります。
    また、うまくいかないときがあっても、そのときが人生においてどういうときかを知っているだけで、心の負担は軽くなるかもしれません。
       
    勿論、その人の育った環境や、今ある環境、関わる人々の影響で多少の誤差は生じます。
    ただ、占いを活用することで、人生という戦場に丸腰ではなく武器を持って臨むことができるのは強みとなるはずです。
      
    今日、明日、来週、来月に生じる運気の流れを視ることもできますが、大局的な流れを知ることはおすすめします。
    ご興味のある方は悠人までお尋ねください。
      
    あなたの大切な人生、あなたがあなたらしく歩んでいけるよう心を込めて視させていただきます。
       
    千里眼 悠人

    あなたの「守護神」となる人は?

    悠人です。
      
    さて、今回は守護神というものについてお話しいたします。
      
    私の言う守護神とは、その人の運気をあげる存在、その人の窮地を救う存在、その人の人生を導く存在です。
    そして、その守護神はあなたの家族や恋人、血縁者のなかにいます。
    私の扱う占術ではその人の宿命の星々から、その人にとって誰が守護神となるのか視ていきます。
      
    人によってご両親のどちらかや、ごきょうだいの誰か、あるいはまだ見ぬ恋人や配偶者、お子様といった人もいます。
    お祖父様やお祖母様、果てはお子様の配偶者、配偶者のご両親という場合も稀ですがあります。
      
    守護神は誰か?
    お伝えするタイミングとして多いのは、人生に迷ってらっしゃるとき、生活環境を変えるときの吉凶判断の基準の一つとして、
    また、どのような道を歩むことが望ましいか、その判断基準として守護神が誰なのか、視させていただくときです。
      
    運命を順当に稼働(宿命が生きる環境を進んでいる)されている人は、その多くが守護神となる人がそばにいる、あるいは相談されている人が守護神であるケースです。
    但し、守護神の加護を受ければすべての人が順当に運命を稼働させることができるか、といえばそうでもありません。
    守護神の影響を強く受けるときとそうでないときがありますし(時間的な運気の流れが影響してきます)、守護神にも順位があり、一位となる守護神に該当する人からは強く影響を受けますが、二位以降の守護神となる人の影響は受けても弱いので気づきにくいということもあります。
      
    良い運気を掴む人は大抵、自然とご自分の守護神が誰か無意識で捉え、その人をどこか心の支えとされています。
    ただ、それを無意識で捉えることのできる人、感覚で理解できる人は稀です。
    できるだけ多くの人に、人生に迷うことなく心穏やかに歩んでいただきたいので、守護神をお教えできる機会が増えれば幸いです。
      
    どんな悩みごとでもその人にとっては大事なこと、大切なご相談です。
    そのお気持ちを大切に思い、より良い運気が掴めるよう守護神をお教えしたいと思います。
       
    千里眼 悠人

    一緒に暮らす「動物の気持ち」

    悠人です。
      
    あなたのライフパートナー、あるいは家族として一緒に暮らしているワンちゃん、猫ちゃん、ハムスターや亀?蛇?鳥?ウーパールーパー?
    一緒に暮らしていて、なんとなく言いたいことがわかるようで・・でもたまにわからないときがあって・・
    本当のところはどうなのだろう・・と思われること、ありませんか?
      
    私の鑑定では、その子の生年月日さえわかれば、基本的な性格、喜ぶこと、嫌がること、あなたに対していつもどんな気持ちを抱いているのか、広範囲に視ることができます。
      
    私自身、過去に二度、猫と暮らしたことがあり、言葉がない分、もっと気持ちをわかってあげられたら、、と思うことが多くありました。
    そうした経験から、動物の性格や気持ちを占術で視ることができないものかと調べ、そしてその術を知り、勉強いたしました。
      
    占術を学んだ後、一緒に暮らしていた猫を視たときに、彼女の性格、妙に攻撃的であること、食いしん坊であること、触られることを極端に嫌うこと、マイペースなところ、それらすべてを視透すことができました。
    なるほど・・というか、目から鱗のような体験でした。
    そして、それを知った途端、彼女に対する接し方が変わり、どこか自然な関係が築いていけるようになりました。
    一緒に暮らす家族の気持ちも楽になり、彼女もより良い家族関係、環境のなかで生活ができるようになったと思います。
    もちろん、言葉はないですが、そこはなんとなく・・わかるものです。
      
    一緒に暮らす家族であるその子が何を感じ、何を思い、何を求め生きているのか、知ることはとても大切なことです。
    なぜなら、それが家族の絆をより強くする大切な一歩となるからです。
      
    一緒に暮らす彼の、彼女のことが気になる方は是非一度、ご相談ください。
    対面でも、メールでも、電話でも構いません。
    あなたの大切な家族のお気持ちをしっかりと視させていただきます。
      
    千里眼 悠人

    「相性」本当のところ・・

    悠人です。
     
    さて、今回は「相性」についてお話しします。
    「相性」とは、お互いの性格や性質が合うのかどうかということです。
     
    ただ、私の鑑定でいう「相性」には2つの側面があります。
    前述した本質的なものと、時間的なものです。
    つまり、
    本質的な「相性」が良いと言えなくても、時間的な「相性」が良い場合があります。
    本質的な「相性」が良くても、時間的な「相性」が良いと言えない場合があります。
     
    「相性」の良い、良くないは、二面的に視ていかないと本当のところはわからないのです。
     
    さて、次のようなご質問をよく受けます。
    気になる人がいるのですが「相性」はどうですか?
    結婚して〇〇年、「相性」は良かったのでしょうか?
    恋人と喧嘩ばかり、親子喧嘩、きょうだい喧嘩が絶えない・・「相性」は良くないのでしょうか?
     
    「相性」は良いですよ・・
    と、大抵の鑑定師はまずその言葉を口にするでしょう。
    総合的に視て結果から言っているので、そこから「良い」理由について話していくことになります。
    もちろん、「良くない」から始まる場合もありますが、大抵の場合、気になる人、配偶者、親、子、そうした関係において、総合的に視て「相性」が良くないということはほとんどないです。
    ただ、どのような関係にも「相性」が良いと言えない部分があるので、そこが強調されて本来良い部分がたくさんあるのに「相性」が良くないという結論に至ってしまう場合はあります。
     
    また、根本的な話をすると、
    何をもって良い、良くないという言葉で表現するのかです。
     
    例えば・・
    一緒に暮らす人の場合、似た価値観を持っていれば「良い」と言えるのでしょう。
    ただ、全く違う価値観を尊重し合い、楽しむように過ごされている夫婦もいます。
    違いがある方が「相性」が良いと言える人たちがいるのも事実です。
     
    仕事のパートナーであれば、お互いの性質や性格が真逆の方が補い合える良い「相性」と言えるでしょう。逐一共感し合っていたら多様な意見は生まれないですし、商品、あるいはサービス、職場環境といったものもなかなか改善していかないでしょう。
     
    また、その人の性質や性格、持ち合わせた「宿命」によって「相性」を判断する基準は変わってきます。
    結局のところ、「相性」を判断するのに標準と呼べるものはないのです。
     
     
    さて私の鑑定では・・
    まず、「相性」を視る人たちの性質や性格、「宿命」をある程度捉えた上で視ていきます。
    そこからプライベートでの「相性」、心の「相性」、社会生活での「相性」の3つの視点に分散します。
     
    あの人と一緒にいると仕事がはかどる、
    したいことが次から次へと湧いてくる、
    これは社会生活における「相性」が良い場合です。
     
    あの人と一緒にいるとなぜか落ち着く、
    あの人と一緒にいると不安が和らぐ、
    これは心の「相性」が良い場合です。
     
    ずっと一緒に暮らしています、
    お家では役割分担がキチッとできています、
    お休みの日に二人で仲良くお出かけしています、
    これはプライベートでの「相性」が良い場合です。
     
    また、恋人としての「相性」は良いけれど、配偶者としての「相性」はそれほど良くない・・ということもあります。逆もしかりです。
    結婚してから人が変わった・・
    付き合っていた頃はもっと仲が良かった・・といった感じです。
     
    すごく仲の良い友人がいて勢いのままにお家をシェアすることになったけど、一緒に暮らして急に仲が悪くなった、ということもプライベートと社会生活の「相性」の違いが現われた一例です。
     
    その人の人生においてどのような場面か、どういう環境か、などによって「相性」の良い、良くない、という判断も変わってきます。
     
    また、若い頃は学びを多く与えてくれる「相性」の方が良いと言えますし、ある程度人生経験を積まれた方にとっては一緒にいて落ち着く「相性」の方が良いと言えるかもしれません。
     
    なので、「相性」の良いと言える人ばかりとお付き合いしていくことはあまりおすすめできません。
    「相性」があまり良くない人の方が学べることは多いですし、人間的な成長をもたらしてくれるからです。
    人間的な成長は人間的な魅力に繋がり、そうした人には同じように魅力のある人たちが集まってきます。
    より良い人脈ができ、より良い環境が広がり、より豊かな人生へと自分を引き上げてくれます。
     
    「相性」も人によって判断基準は様々ということです。
     
    あなたが気になっているあの人との「相性」
    今ある人間関係のなかでの「相性」
    良いかどうかだけでなく、細かいところまで視させていただきますので、まずは一度ご相談ください。
      
    千里眼 悠人

    特別な「運命」を歩む人

    悠人です。
      
    「運命」とは何か?
    「運命」とは、その人が歩む道であり、生まれ持った宿命と環境の接点に生じていくものです。
     
    私の鑑定では、その人の一生を百年ほどの長さで視ることができます。
    その時々にどのようなことが起こるか、どのような気持ちになるか、現象と精神の様子を細かく視ていきます。
        
    人が歩む道には、山や谷のような起伏が必ず存在します。
     
    但し、その山の高さと谷の深さは一生のなかで合計すると同じ値となります。
    そして、高低の度合いは、その人の宿命に見合った幅のなかで展開していきます。
      
    幸、不幸はその人の心の感度によって大小異なりますが、
    山と谷の高低幅は生まれた日にある程度定まります。
      
    さて、これまでお話しした内容を基本として、
    稀にこの基本を外れ、山の高さと谷の深さの幅が、その人の宿命に見合う幅を大きく逸脱してしまう人がいます。
    山が異常に高くなったり、谷が異常に深くなったり、その人の宿命の範疇を超え、激しく変化していくということです。
      
    山が高くなりすぎる人は、その高さを自分に与えられた特別な幸運だと捉えて有頂天になってしまうかもしれません。
    それが一生続くかのように錯覚してしまうのです。
      
    谷が深くなりすぎる人は、自分は運から見放された、何をやってもうまくいかない、逃げ出したい、と一生を悲観的にしか捉えられなくなるかもしれません。
      
    でも、それはどちらも期間限定の一種の運命爆発現象のようなものでしかないのです。
      
    ちなみに期間は最低でも20年・・
    その人の一生において、そうした期間があるのかどうか、
    それが訪れるのは幼少期か、若年期か、中年期か、晩年期か、
    すべてを視ることができます。
      
    もしかしたらですが、
    そんな運命爆発現象のような状況を身近にいる人が起こしているかもしれません。
    例えば、あなたの周りに急激に有名になった人や、急激に影の薄くなった人、環境が一変された人はいませんでしたか?
    もしくは、あなた自身、人生絶好調、あるいは波瀾万丈のような激動の人生だな・・と思われることはありませんでしたか?
      
    もし心当たりがあるなら、それは特別な運命のなかにいるのかもしれません。
      
    そうでなければ、人生全般に浮き沈みは少なく、比較的穏やかな一生を送ることができるでしょう。その時々の身の処し方に注意するなど、対策は立てやすいです。
    その人の宿命に見合う、その枠組みのなかで運命を稼働させているわけですからある程度制御可能なのです。
      
    しかし、特別な運命を歩む人、あるいはこれから歩む人は、その人の宿命に見合わない、枠を大きく飛び出して運命が稼働するので制御可能とは言い難いです。
    そして、最も注意すべきときはその期間の終わり頃です。
    大きく動いた運命は宿命に見合う枠のなかに無理矢理戻ろうとします。
    それは現実、精神において多大な影響を及ぼします。
    いわゆる緊急着陸です。
      
    山が高くなりすぎた人はそのとき実力以上の力を得ているので、期間終了間際に力を失い厳しい現実に直面します。
    これまでの活躍が嘘のように影を潜めたり、大きな問題を孕んでしまう人もいるでしょう。
    本来あるべき状態に戻るだけなのですが、その人にはそう捉えることは出来ないので、人生そのものを悲観してしまうかもしれません。
    但し、高すぎる山頂に立っても有頂天とならず、足下を見ながら謙虚に生きる人は緊急着陸であっても動じることはありません。
      
    谷が深くなりすぎる人は、期間終了間際にそれまでのことが嘘のように良い流れにあることを実感するでしょう。
    しかし、その谷から這い上がるだけのエネルギーを残しているか、心配もあります。
    なので、今がそういうときだと知ることができれば、将来に向けて心は定まり、エネルギーは湧いてくるかもしれません。
      
    大切なことは知ること、そして備えることです。
      
    自身の宿命の範疇を超えるときがあるなら、そのときは謙虚に、そして学びの姿勢で過ごすことです。
    そうすることで、人生の手綱を手放してしまうことはありません。
      
    「禍福はあざなえる縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし)」という言葉があります。
    その人が良いと思えるとき、悪いと思えるときは、より合わさった縄のように交互に訪れるということです。
    宿命は変わらずとも環境は常に変化しているからです。
      
    特別な運命、
    要は、その振れ幅が異常なものになるということです。
    但し、そうであってもそれイコール不幸ではありません。
    幸、不幸は心が決めるもの。
    与えられたその道をどのように歩むか、どのように歩んだかが大事なのです。
      
    ご自分の宿命だけでなく、その宿命が照らす道がどうなっていくのか、知ることはとても大切です。
    ご興味があれば、コラムを見たとでも言って私にお尋ねください。
    あなたの宿命だけでなく、あなたが歩むであろう道、そこでどのようなことに気をつけて生きていけば良いのか、お伝えいたします。
      
    千里眼 悠人

    特殊な「宿命」をもつ人

    悠人です。
      
    特殊な宿命って何でしょう?
    普通ではないと言ってしまえば、この世界に存在するすべての人は特別であり、特殊な宿命を持って生まれてきていることになります。
      
    私が言う「特殊な宿命」は次のふたつです。
      
    ひとつは、宿命のバランスが偏ったもの、
    宿命とはいくつかの星が複雑に絡み合いカタチを成します。
    その星々が多彩であれば全体的にバランスのとれた色鮮やかな宿命となるでしょう。
    しかし、なかには2色ないし1色で描かれた宿命もあります。
    それは社会において理解されがたい宿命であり、孤独と背中合わせの宿命、俗に言う天才が持つと言われる宿命です。
      
    もうひとつは、生を受けた瞬間が異質な空間にあったものです。
    先ほどの宿命が天才に多い宿命とするなら、
    この宿命は歴史に名を刻むような一線を越えた存在に多い宿命です。
      
    実際、文献を片手に歴史上の偉人や存在する著名人を検証してきましたが、ほぼ当てはまる結果を目の当たりにし鳥肌がたったのを覚えています。
      
    さて、
    前者は、己の宿命の色を知ることで、あるべき姿、進むべき道が見え、生きがたさを‘生きがい’へと転換していけます。
      
    一方後者は、生きがたさ自体を変えることはできません。
    ではどうすれば・・
    人間的な成長によって生きがたさを克服することでのみ、‘生きがい’を見出していけるのです。この宿命を持つ人は若年期に挫折を味わう人も多いですが、人生の中盤以降に大輪の花を咲かせる人が多いのも確かです。
      
    あなたの人生は世界にふたつとありません。
    生きがたさを感じることがあるのであれば、まずはご自身の宿命を知ることをおすすめします。
    すべては知ることから始まり、そこから生きるヒントがひとつでも得られれば、それだけで人生は大きく変わっていきます。
      
    その人の幸せはその人にしかわかりません。
      
    あなたが本当の幸せに気づけるよう、全力でお手伝いさせていただきます。
      
    千里眼 悠人

    人の織り成す「恋愛」のかたち

    悠人です。
     
    私のこれまでの鑑定のなかで最も多いのは「恋愛」についてです。
     
    「恋愛」といってもかたちは様々です。
    恋愛成就や復縁のご相談だけでなく、不倫や同性愛などの相談も多くあります。
    どのようなかたちであっても、それは恋や愛を形成する立派な「恋愛」と呼べるものです。
     
    人を好きになることに罪はありません。
    なぜなら人を好きになることはひらめきのようなものだからです。
    好きになろうと思っても、好きになれるものではありません。
    好きという気持ちが生まれるのはほんの一瞬、その瞬間は無垢な心から生まれます。
    そして、気がつけば好きになっている、それが人の織りなす「恋愛」です。
     
    ただ難しいのは、
    人間は社会を形成して生きていく社会的動物であるということ。
    つまり、自分と好きな人二人きりの世界でなく、
    そこには多くの人が共存しているということです。
    好きになってもその想いを遂げるためには
    様々な人の感情や、その時代、社会の価値観がついてきます。
    例えば、今の時代、不倫は許されない、同性愛は理解が得難い、といった風潮があります。
    ですが、人を好きになることに理由がないように、
    その人を好きになる、惹かれあう、それは生まれ持った宿命が織りなす運命なのです。
    理性がない、常識がない、という人がいます。
    しかし、理性や常識の及ばないところで人の運命は繋がっていくのです。
     
    どのような「恋愛」でも人を好きなることは美しいことです。
    今、あなたに好きな人がいて、
    その「恋愛」に悩んでらっしゃるのであれば、ぜひお力にならせてください。
    あなたの想いをすべて受け止め、最善の一歩を同じ気持ちで一緒に考えます。
     
    また、
    好きな人がどのような人に惹かれるのか?
    デートならどこが良いか?
    どういうアプローチが効果的か?
    ベストなタイミングはいつか?
    好きな人にとってのNGな行動は?
    恋愛運を上げるためにすべきことは?
    などなど、鑑定時間のゆるす限りお伝えします。
     
    どうかひとりで悩まず、まずはご相談ください。
     
    千里眼 悠人

    星降るクリスマスイブの「奇跡」

    悠人です。
      
    皆さんは「奇跡」を信じますか?
    「奇跡」は必然的な偶然、起こるべくして起こる、と言う人もいますが、
    人の想像の範疇を超えたところで起きることだから、人はそれを「奇跡」と呼ぶのかもしれません。
      
    失われたはずの命がクリスマスイブの夜に起こした「奇跡」
    宜しければ、私の話に少しお付き合いください。
       
      
    二十年以上前のことです。
    私が二十歳の頃、ひとりの親友がこの世を去りました。
    交通事故でした。
    12月24日の夜、凍結した路面に足を取られた車が川に転落、助手席に座っていた彼だけが命を落としました。
     
    彼と私は、小学生の頃から同じ女性に想いを寄せていました。
    その女性はずっと彼のことが好きで、私はその女性への想いを隠し、二人のこれからを応援しました。
     
    彼の葬儀の日、棺のそばで泣き崩れる彼女の姿がありました。
    私は声をかけることができませんでした。
      
    それから数年後、冬のある日です。
    日曜の朝、テレビをつけると彼女が画面いっぱいに映っていました。
    駅伝大会の中継です。
    彼女は必死に先頭を走り続けていました。
    その時の彼女の胸中はわかりません。
    ただ、その姿にどこか彼の面影を感じ、涙がこぼれたのを覚えています。
      
    そして、それからさらに二十年以上の月日が流れました。
      
    私は彼がいなくなったクリスマスイブの夜に、事故現場に足を運ぶ機会を得ました。
    星空に雪が舞い散る、まるで星が降るような夜だったのを覚えています。
    人通りのない事故現場、街灯もない暗闇の中に一人の女性が佇んでいました。
    彼女でした。
      
    私は今でもその瞬間を「奇跡」だと思っています。
    いるはずのない彼が起こした「奇跡」

    私は再会に胸が高鳴りました。
     
    でも、彼女は私の顔を見ても驚くことなく、ただ静かに「24日は毎年ここに来てるんです」とだけ言いました。  
    彼女はずっと、彼を想い続けているのだと知りました。
    私は、彼女の心に踏み込むことはしませんでした。
    彼女もまた、私には何も聞きませんでした。
      
    彼を失ったあの日から、その先の人生においてお互いがどのように歩んできたのか、話すことはしなかったのです。
    彼との思い出は綺麗なまま残しておきたい、どこかお互いにそう考えたのかもしれません。
      
    彼女は笑いながら一言だけ、「お互いに健康で長生きしようね」と言っていました。
    私はただ笑顔でその言葉に応えました。
      
    私はもうその事故現場には足を運ぶことはないでしょう。
    そこに行くまでは、彼はまだそこにいるような気がしていたのですが・・・
    そうではないことに気がついたのです。
      
    彼がいたのは私の記憶のなかでした。
    彼女と私、そして彼に関わったすべての人が生きている限り、彼はまだ死んでいないのかな、と。
      
    人の死は、人の記憶から消え去ったときに初めて訪れる、という言葉をどこかで聞いたことがあります。
    占い師となった今でも、彼は私がいる限り生きているのだとどこかで信じているのかもしれません。
      
    人の運命は、生まれ持った宿命と環境の接点に生まれていくものです。
    同じ日に生まれても同じ運命を辿ることは決してありません。
    あなたの人生も、あなたの人生に関わった多くの人々の影響を受けて、今日の運命をつむぎだしているのです。
      
    今日という日は、昨日終わりを迎えた命がどうしても生きたかった今日です。
    そう思うと、当たり前の日々がちょっぴり輝いて見えませんか?
    一度きりの人生を大切に生きましょう。
      
    最後までお読みいただきありがとうございました。
      
    千里眼 悠人

    価値あるときを創造して

    悠人です。
      
    千里眼で鑑定させていただくようになりひと月半・・
    まだ短い期間ですが、それでも様々な方の人生に触れて参りました。
    知りたいこと、悩むこと、良くしたいこと・・
    その内容は人それぞれであり、そこに大小はなく、どれもその方にとっては大切な相談内容です。
      
    その内容に光明を得ることができれば、お越しいただいた時間はその方にとって価値あるときだったと言えるのかもしれません。
      
    でも、占い師はただ占っていれば良いというわけでもありません。
    その方の大切な人生と向き合うわけですから、
    その方の思い、想いを受け止め、寄り添う姿勢が大切です。
    その方にとって話しやすい環境、話せる空気を醸成することも大切ですし、
    その時間が、その方の人生に良い影響を与えるものとならなければいけません。
      
    鑑定時間が何分であろうと、その方にとって価値あるときとなるよう努力することは鑑定師の責務であると私は考えています。
       
    さて、ひと月半ですが、
    現状に改善点はないかな・・
    「来て良かった!」と思っていただけるよう、今できることはないかな?
    と考える日々のなかで、いくつか改善できるものもありました。
     
    例えば、
    私の場合、最初に生年月日からその方の宿命を可視化するのですが、
    書物を用いて計算していくと、それを完璧に出すまでに一時間以上かかってしまいます。
    なので、パソコンを用いて計算しているのですが・・
    どうもパソコンを視ながら鑑定するとコミュニケーションに壁ができるというか、
    画面に映っていることを読み上げているだけ?
    カンニングしている?
    なんてこと、思われかねません・・
    なので、携帯用プリンターを用意し、その方の宿命をペーパーで可視化して、机の上でその方にも見えるようにして鑑定するようにしてみました。
    (ペーパーが欲しいと言われる方もいるのですが、可視化した宿命は記号のような漢字が並んでいるだけなので専門の知識がないと正確に解釈はできません。なので誤った解釈をされないようお渡しはしていません)
     
    ただ、お話しした内容を後で忘れてしまう、というお声が多かったので、鑑定結果をペーパーに書いてお渡しするようにしました。
     
    しかし!
     
    その後、字が上手でないこと、書くのが遅いことに気づき、(今さら・・)パソコンで作成することにしました。
    でも、まだまだ時間の兼ね合いですべての方にお渡しできていないので・・
    そこを改善していきたいです。
     
    試行錯誤の繰り返しですが、
    最近は鑑定結果をペーパーにしてお渡しすると笑顔を見せてくださる方が増えてきました。
     
    嬉しいことです。
     
    ただ、それでもその方にとって価値のあるときとなっているのか、考える日々です。
    とにかく、現状に甘んじることなくお越しいただく方にとって価値のあるときとなるよう、これからも取り組んでいきます。
    もちろん、より良い鑑定を行えることが基本です。
    そこを軸に、それプラスアルファ、より良いサービスを提供していきたいですね。
     
    そして何より、貴重なお時間を割いてお越しいただく皆様に日々感謝しながら、その方を大切に想い鑑定させていただきます。
      
    千里眼 悠人

    大切なことは今をどう生きるか

    悠人です。
     
    皆さんは前向きに生きるとはどういうことだとお考えですか?
    「過去」に縛られないこと、支配されないこと、
    あるいは「未来」を夢見ること、計画を立てること、
     
    どれも間違いではないと思います。
     
    ただ私は、「過去」を受け入れられたとき、人は初めて前を向くことができる、と考えています。
    「過去」に後悔や諦めの気持ちを残していると、どれだけ前を向いても、その「過去」が足かせとなり、前に進んでいても身体は重く、心はどこか満たされず、すごく疲弊してしまいます。
     
    でも、後悔や諦めがすべて良くないということではありません。
    「過去」を受け入れられずに、目を背け、あるいは考えないようにして前だけを向いて歩いて行く、それも間違ってはいるとは言えません。
    だって、そこにもまた人間的な成長はありますし、人間性は研ぎ澄まされていくのですから。
     
    ・・・ですが、やはり心はもの凄く疲れてしまいますので、そうした生き方はあまりおすすめできません。
     
    では、どうすれば良いのか?
     
    それをお話しする前に、「時間」というものについて少しお話しさせていただきます。
     
    時間はご存知の通り「過去」「現在」「未来」の三つの視点で表すことができます。
    多くの意見として、人が時間という線の上を歩いているとすると、今立っているところが常に「現在」、後ろが「過去」、目の前に見えるものが「未来」という認識だと思います。
     
    ただ、時間の「動き」については、昔から東洋と西洋では違った見識が示されています。
    西洋は限られた時間の枠組みのなかで人は運命を紡ぎだしていく、と考えられています。
    しかし、東洋には人が運命を紡ぎ出していくことで時間が刻まれていくという考えがあります。つまり、運命が動かないと時間も静止したままということです。
    東洋は時間の縛りのなかで生きるのではなく、自らが何かしらの行動を起こすことで時間を動かしていく、「未来」を生み出していくという考えなのです。
     
    さて、何が言いたいか?
     
    東洋的な考えに立脚するのであれば、
    「現在」の自分の行動次第で「未来」はいかようにでも変えていけるということです。
     
    先ほどの「では、どうすれば良いか?」の答えですが、
    まずは「現在」を知ること、理解すること、が一つの答えです。
     
    「現在」は過去の蓄積から生じるもの、
    「過去」に執着してると思う人は考え方を変えてみましょう。
    執着の対象は「過去」ではなく、その「過去」によって生じた「現在」です。
    つまり、「過去」によって生じた「現在」を受け入れられずにいるのです。
     
    「現在」を否定していては、どれだけ頑張っても良い「未来」は築けません。
     
    すべての起点は「現在」です。
     
    あなたは「過去」にも「未来」にもいません。
    常に、「現在」にしかあなたはいないのです。
     
    「過去」を「過去」にしたいなら、
    「現在」のあなたが変わるしかないのです。
     
    そんなに難しいことではありません。
    何も生まれ持った宿命や本質、性格を変えろと言っているのではありません。
     
    人によって変わり方、変われる方法は様々ですが、はじめの一歩はやはり「現在」そして今の「自分」を知ることです。
    そこから、自分がどうすれば変わっていけるか見えてきます。
     
    「過去」に戻りたくない、繰り返したくない、という方もいるかもしれません。
    でも、「過去」に戻ることも、繰り返すことも実際には不可能です。
    今からすることすべては「未来」であり、それらがいつか「過去」になったところで、その「過去」と同じものにはなりません。
     
    過去の恋人とよりを戻しても、それは新たな関係です。
    昔の職場に戻っても、それは昔の職場ではなく、これからの職場です。
    頭のなかで、心のなかで、勝手に「過去」「現在」「未来」の直線をねじ曲げてはいけません。
     
    大切なことは「現在」の自分から目を背けず、ちゃんと向き合ってあげることです。
    そして「過去」があったから、今のあなたがいるんだよと言ってあげることです。
    「現在」を受け入れ生きることが、前を向いていることなのですから。
     
    今のあなたを大切にしてあげてください。
    そうすることで「過去」は意味のあるものとなり、
    「未来」はより良いものとなっていきます。
     
    大切なのは「現在」です。
    今をどう生きるか、
    あなたの時間の整理整頓から、
    今をどう生きるべきかを一緒に考えましょう。
     
    千里眼 悠人

    人生の「四季」を知ること

    悠人です。
      
    皆さんはご自分の歩む人生にも四季があるのをご存知ですか?
    私の鑑定ではその人が百歳になるまでの未来を視透すことができます。
    そして、その人生を百年で視たとき、その百年のなかにも四季、春夏秋冬があるのです。
      
    例えば、その人が生を受けた瞬間、その人の人生の四季は冬だったとします・・
    (夏生まれでも人生のときは冬や春ということもあります)
    冬に生まれたその人は寒さに耐えながら温もりとなるものを求めて成長していきます。
    やがて社会人となり、待ち望んだ春を迎え、色鮮やかな環境のなかで人の温もりを知ることになります。
    そして晩年となり、隠居するつもりが遅い夏がやって来て、身体は火照りじっとしていられなくなって新しいことを始めてしまいます。
    ようやく収穫の秋が来た頃にはもう何かをする元気もなく、暮れゆく季節の中で人生を回顧する・・という感じで、ひとつの物語ができます。
      
    そうした風景を想像しながら、私は皆さんの人生に寄り添っていきます。
    人の一生は千差万別です。
    ですが、自分の人生の四季を知ることで、より良い生き方を実践していくことは可能です。
      
    さて、ここからは私の勝手な発想ですが・・
    人生を視透すときは四季ではなく天気でも良いのではないか、と思うことがあります。
    例えば・・
    子どもの頃は土砂降りの雨のなか、
    親の傘の下で空を見上げ、
    ドキドキするはずの思春期はなぜか曇り空、
    社会人となってようやく晴れ間が見え始め未来への期待は膨らみ、
    燦々と降り注ぐ陽光のなかで人生を謳歌する・・
    楽しいときはずっと続くのかと思っていた40代、
    巨大な台風が上陸して環境は一変、
    物質的な復興を終えた50代、
    今度は干ばつが起きて渇きを潤す水を求め、
    ようやく渇きを潤した60代、
    穏やかな晴れ間のなかでのんびりと収穫のときを迎える・・
    みたいな感じです。
      
    天候を読むことと未来を読むことは実によく似ています。
    未来予知も明日の降水確率のようにパーセンテージをつけるとどうなるのかな、と考えると・・
    テレビで雨降らなかったじゃないですか、といじられる気象予報士さんを見てあまり意味がないように思え・・
    行き着くところ、未来透視の精度を上げるため、変わらず勉学に励む日々です。
      
    ご相談いただく皆さんの貴重な時間が価値のあるものとなるように、
    その人の人生がより豊かなものとなるように、
    今日もご相談いただく方と真剣に向き合っていきます。
      
    千里眼 悠人

    心を支える杖となり、人生の道しるべとなり

    悠人です。
      
    鑑定を依頼される人の心境は様々です。
      
    気になるあの人の気持ちはどうなのか?
    今が自分にとってどういうときなのか?
    今進んでいる道が合っているのか?
    現状は良くしていけるのか?
    どうすれば良いのか?
      
    漠然とした想いを抱えてらっしゃる人も多いですが、  
    私の鑑定はきっと、
    あなたの人生の旅路において、
    あなたの心を支える杖となり、
    ときには道しるべとなるはずです。
      
    なぜなら、私の実践する「導き」は、
    鑑定結果によってその人に気づきを与え、
    その人の心が自然と最善の方向に向くようにお手伝いすることだからです。
      
    そこから次の一歩が踏み出すことができ、
    そこへ至るためにどうすれば良いのか、
    ちゃんと考えられるようになるでしょう。
      
    また、心のなかの整理整頓もできます。
      
    そして、私が鑑定において最も大切にしているのは、
    鑑定を依頼されるその人の想いとこれからの人生、そして心です。
      
    おひとりで悩まないでくださいね。  
    あなたのお越しを心からお待ちしています。
      
    千里眼 悠人

    雨上がりの「虹」を見つけて

    悠人です。
      
    なぜこんなに辛いのだろう、
    なぜこんなに苦しいのだろう、
    どうして私だけ、こんなにも不幸なのだろう、
      
    これらはすべて、ずっと昔、私の心に浮かんだ言葉です。
      
    今、そんな心境にある人はこの世界にどれだけいるでしょうか?
      
    長い人生において、
    降りそそぐ雨のなかにひとりたたずむとき、
    この雨がずっと続くのかなとうつむいているとき、
    ありきたりな言葉ですが、やまない雨はありません。
      
    こんな言葉があります。
      
    生まれ持った宿命と環境が一致するところに心の平安があり、
    生まれ持った宿命と環境が一致しないところに心の鍛錬がある。
      
    つまり、あなたの生まれ持った宿命に合う環境であれば、
    晴れ渡る空の下、
    辛さや苦しみは和らぎ、幸せに気づきやすくなります。
      
    ですがもし、あなたの宿命に合っていない環境であれば、
    雨は容赦なく打ちつけ、
    辛さや苦しみはあなたの心を蝕み、幸せさえ見えなくしてしまうかもしれません。
      
    ただ、そうした環境を生きることで心は強く鍛えられます。
      
    不思議なもので、天は宿命に合わない環境を用意するときがあります。
    それはなぜか・・
    与えられた使命にあなたが応えられるよう、
    必要となる経験や強さを持たせようとしているのです。
    それだけ、あなたの人生には役目が与えられているということです。
      
    誰かを守るため、誰かを支えるため、誰かを愛するため、
    社会に影響を与えるため、貢献するため、
    大切な人を幸せにするため、
    あなた自身が幸せになるため、
    答えはいつか必ずわかる日が来ます。
      
    苦しみが一生続くことはありません。
      
    雨がいつかやむように、
    冬のあと、あたたかい春が訪れるように、
    人生もまた、「虹」が架かるとき、桜が咲き乱れるときが必ず来ます。
      
    今、人生に迷っている、疲れている、行き詰まっている、
    そうした状況に心が埋没してしまう前に、一度ご相談ください。
    雨がいつやむのか、春はいつ訪れるのか、
    あなたが苦しむその意味をお伝えします。
      
    あなたの人生に架かる「虹」を一緒に見つけましょう。
      
    千里眼 悠人

    あなたの宿命が描く未来を「透視」

    悠人です。

    未来を視透すチカラがあれば、あなたは何を視たいですか?
    大切な人との未来?
    それとも家庭をもっているのか?
    あるいは仕事がどうなっているのか?
    はたまたお金持ちになっているのか?
      
    気になる未来は人それぞれです。
      
    私は鑑定において、離れた時間と空間を「透視」します。
    つまり、その人の生まれ持った宿命が描く未来、
    そして、それがいつ、どのようなかたちで訪れるのか「透視」します。
      
    但し、その人の宿命が描く未来がわかっても、
    それが、今あなたが望む未来と必ずしも一致するとは限りません。
    そのズレが大きければ大きいほど、あなたの心は不安や苦労に苛まれていることでしょう。
      
    私の鑑定の強みは、「透視」した未来とあなたの想いが折り合う道を照らし、導くことです。
      
    自分にとってどのような未来がベストなのか、知ることはとても大事なことです。
    それを知っているか知っていないかだけでも、
    限られた人生の時間の使い方に大きな差が出てきます。
      
    また、「視透」した未来と今を照らし合わせ、
    そこから自分自身の人生の課題を抽出することも、
    とても大事な作業です。
      
    まずは、自分の宿命がどのような未来を描いているのか知ってください。
    そして、そこから一緒に理想の未来を創造していきましょう。
      
    あなたのお越しを心からお待ちしています。
      
    千里眼 悠人

    魂のサインが導く「シンクロニシティ」

    悠人です。
      
    最近このような経験はありませんか?
      
    同じ夢をみる、
    同じ数字ばかりみる、
    同じ言葉を何度も耳にする、
    同じ未来を何度も想像する、
      
    それはあなたの魂が無意識のなかであなたに向けて発しているサインです。
      
    そのサインが何を暗示しているのか?
    何を伝えたがっているのか?
    それを解き明かし、その流れに沿って行動することで、
    あなたの魂と現実が共鳴する「シンクロニシティ」を引き起こすことができます。
      
    日々のなかで何かしっくりこない、あるいは息苦しいと感じる、
    もしくは、私には今よりももっと自分に合う道があるのではないか・・
    そうしたことを感じて生きてらっしゃる人は、
    魂と現実が乖離しているのかもしれません。
      
    つまり、あなたが本来歩むべき道からそれてしまっている、
    もしくは、今という時が足下の見えにくい闇夜なのか、です。
       
    本来歩むべき道からそれているなら、
    その軌道を修正しましょう。
    今という時が、あなたの人生において闇夜の時なら、
    道を見失わないよう光を照らしましょう。
       
    歩むべき道の上に立っていれば、
    魂のサインが何を指し示すのか、
    自ずと見えてきます。
       
    漠然としたお話しでも構いません。
    一度、悠人までご相談ください。
    一緒に「シンクロニシティ」を引き寄せましょう。
      
    悠人

    「人間関係」緩和術

    悠人です。
     
    日々、恋愛やお仕事、将来についてご相談いただくなかで、
    常に根底にあるのは誰かとの「人間関係」です。
    その「人間関係」を円滑に、あるいは改善していくことで、
    あらゆる運気の流れは良い方向へと流れ出します。
      
    今、あなたにとって、
    どのような「人間関係」に問題が起きやすいか?
    どのようなことに気をつければ良いのか?
    ・・など視させていただいた上で、
    今ある「人間関係」を改善していくポイントをお教えします。
        
    人の運命は、生まれ持った宿命と環境の接点に生まれます。
    あなたと関わる縁ある人々も環境の一部であり、
    その環境は、あなたによって様々な模様を映し出します。
          
    あなたの親、配偶者、子ども、きょうだい、祖父母、孫、いとこ、
    あなたの友達、恋人、大切な人、愛する人、
    あなたの上司、部下、仲間、先輩、後輩、ライバル、
           
    人は人と人の間にあってはじめて人となる、と言うように、
    人は常に誰かの影響を受けながら日々の運命を紡ぎ出しているのです。
          
    生きづらい環境があるなら、
    その環境があなたにとって良い環境となるよう、
    一緒に変えていきましょう!
          
    あなたのお越しを心からお待ちしています。
          
    千里眼 悠人

    世界にひとつだけのあなたの「未来」

    悠人です。
     
    未来について・・
    想いを巡らせる瞬間は人生のなかにどのくらいあるのでしょうか?
    きっと数え切れないくらいあるはずです。
     
    自分の未来について想像する、イメージする・・
      
    それはとても大切な時間です。
    そして、そのビジョンに最も多いのが、
    大切な人との未来、
    次いで家族に関わることです。
     
    結婚しているのか?
    子どもはいるのか?
    どんな家族を築いているのか?
      
    未来を想像するとき、
    あなたの心に灯るのは「不安」でしょうか?
    それとも「希望」でしょうか?
      
    人によって、いろいろな想いや感情が灯るはずです。
      
    でも人は皆、生まれ持った「宿命」というものがあり、
    そこに未来のビジョンは刻まれているのです。
     
    その「宿命」に沿った人生を歩むことが、
    その人にとって最も無理のない、幸福を感じやすい生き方となります。
     
    私の鑑定では、
    その人の結婚運や子ども運、
    未来の家族像、
    そして結婚に良い時期や、
    どんなお相手が理想か、
    さらにはどのようなお子さまとご縁があるのか、
    そして、より良い未来を築くための開運のポイントまで、
    しっかりと視させていただきます。
     
    家族のありようも多様化した昨今、
    事実婚や同性婚、養子縁組なども増えていくでしょう。
    そうした内容もその人の想いやお気持ちを大切にしながら、
    幅広く鑑定をさせていただきます。
      
    どうかひとりで悩まないでください。
    あなたの幸せのかたちを一緒に見つめてみましょう。
     
    まずは一度、悠人までご相談ください。
    あなたのお越しを心よりお待ちしております。
     
    千里眼 悠人

    想いを叶える「姓名判断」活用術

    悠人です。
     
    いきなりの質問ですが・・
    あなたは「姓名判断」を受けられたことがありますか?
    もしくは、ご自分で「姓名判断」をされた経験はおありですか?
     
    「姓名判断」といえば画数を視て良いかどうか、
    というイメージを持たれる人が多いかもしれませんが、
    実はお名前にも陰陽や五行(木火土金水)、守護ナンバーというものがあり、
    これら陰陽五行と画数を同時に視ることで、より複層的、且つ広範な鑑定結果を導き出すことができるようになります。
     
    お名前というのはとても大切で、
    人徳や全体運、財運や恋愛運などにも影響してきます。
     
    「姓名判断」が最も活躍するのはお子さまに命名するとき、
    という印象を多くの人がお持ちですが、
    起業する会社の名前やグループ名、アーティスト名や芸名、コンビ名に商品名、
    果てはSNS上のニックネームにまで活用することができるのです。
     
    お名前には‘人の想い’がこもるものです。
     
    その想いが成就するよう最良の名前を一緒に考えましょう。
    もちろん、なるべくご希望にかなう名前となるよう最善を尽くします。
     
    また、既にある名前を改名することは難しいと思われる人もいるかもしれませんが、
    戸籍上の名前や登録している名前を変える必要はないです。
    普段呼び親しまれている愛称などの‘呼び名’を変えるだけでも、
    運命は良い方向へと稼働するのです。
     
    それ以外にも、
    結婚したけど会社では旧姓を名乗った方が良いのかな・・
    離婚したけど名前は旧姓に戻さない方が良いのかな・・などなど、
     
    幅広く、その人のニーズに合った「姓名判断」をさせていただきます。
     
    何度も言いますが、
    お名前はとても大事です!
     
    想いを叶えるため、
    大切な人や会社、生み出した価値あるものが良い方向へと進むため、
    まずは一度、悠人にご相談ください。
     
    あなたのお越しを心からお待ちしています。
     
    千里眼 悠人

    あなたにとっての「天職」とあなたが望む「天職」

    悠人です。
     
    さて、この世界に今の仕事が自分にとって「天職」だと感じてらっしゃる人はどのくらいいるでしょう?
     
    私の鑑定では、その人に天から与えられた仕事、
    「天職」と呼べるものを導き出すことが可能です。
     
    ただ、人には3つの「天職」があるのをご存知ですか?
     
    ひとつは、自然とこなせて経済的に潤う仕事、
    ひとつは、経済的なところに結びつきがたいですが楽しいと思える仕事、
    ひとつは、こんな仕事を自分ができるなんて知らなかった、それに何だか楽しい・・
     
    以上の3つです。
    稀に3つともが同じ人がいますが、大抵は3つもしくは2つに分かれます。
     
    では、質問です。
     
    あなたは今の仕事に満足されていますか?
    それとも、自分にはもっと向いている仕事があると思ってらっしゃいますか?
    目標としている仕事は本当に自分に向いているのか不安になっていませんか?
     
    ・・そうしたあなたのお仕事に関する様々なお悩みにお応えいたします。
     
    仕事は社会での自己実現、
    それが「天職」であれば、あなたの自己実現はより良いものとなり、
    あなたの心はきっと満たされるはずです。
     
    また、お仕事を始めるタイミング、
    あるいは転職のタイミング、
    起業のタイミング(これは特に大事です!)などなど、
    視させていただくことも可能ですので、
    まずは一度、ご相談ください。
    あなたのお越しを心からお待ちしています。
     
    あなたの大切な人生が光輝く場所へ、
    一緒に歩みましょう。
     
    千里眼 悠人

    得意占術「算命学」と「帝王占星術」

    悠人です。
     
    私が最も得意とする占術は「算命学」と呼ばれるものです。
    これは、天から与えられた「命」に宿るものを「算」出する「学」問であり、
    いかにして生きるか、を推し量るものです。
    学問といっても難かしいものではなく、
    「算命学」は人の中にあって広く社会に行き渡るものであり、
    私はそれを占術のベースとして実践しています。
      
    私の占術を細かく話すと難しくなるので簡単に説明しますと、
    「時間」と「空間」の理論をベースに、
    大自然の法則の中でその人の宿命を解き明かしていきます。
    「時間」は十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)で表し、
    「空間」は陰陽五行から生まれた十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)で表します。
    生年月日をお聞きするのは、その人の生まれた瞬間の「時間」と「空間」を捉えるためです。
     
    そこから、その人の「宿命」を解読し、「時間」と「空間」の接点である現在、
    そしてこれから先の未来をいかにして生きていくかを導き出します。
    ちなみに以前コラムで紹介した「宿命」と「運命」の考え方や、
    人を自然界の姿でとらえる発想もこの「算命学」からきています。
      
    ただ、「算命学」では、ものごとがはっきりと表れる現象もあるため、
    賭け事や病気の経過、寿命は視てはならないという掟もあります。
      
    私はこの「算命学」に風水や姓名判断などのいわゆる「相占」を取り入れ、
    独自の解釈でかつて
    帝王学と呼ばれていた「算命学」を「帝王占星術」に発展させています。
    そうした占術を適切に応用し、
    「恋愛運」や「仕事運」、「金運」や「家庭運」「子育て」といった内容まで
    幅広く鑑定させていただきます。
    また、私の鑑定では百年の命のバランスを視ることができますので、
    数日、数か月先だけでなく、
    1年から10年先、30年や50年先の未来も視とおすことができます。
      
    まずは一度、私の鑑定をご体験ください。
    あなたのお越しを心からお待ちしています。
     
    千里眼 悠人

    「宿命」と「運命」

    皆様は「宿命」と「運命」の違いをご存じですか?
    「宿命」は命に宿ると書き、「運命」は命を運ぶと書きますよね。
    つまり、人生の海原を往くあなたにとって、
    「宿命」はあなたの乗る船であり、
    「運命」はあなたの船が進む航路ということです。
     
    人にはそれぞれ生まれ持った「宿命」があります。
    その命に宿る「宿命」を可視化することで、
    その人の性格や特徴、傾向といったものがある程度視えてきます。
     
    ただ、それで人生のすべてが決まるわけではありません。
     
    「宿命」は船と比喩しましたが、
    「宿命」を知るだけでは、船の外観や性能を視ているに過ぎないのです。
     
    大切なことは、あなたの乗る船に適した航路を導き出すことです。
     
    そう、航路とは「運命」のことです。
     
    「運命」は変えられない、というのは大きな間違いです。
    なぜなら「運命」とは、「宿命」と環境の接点に生じるからです。
    環境とは、生まれ育った環境、今あなたを取り巻く環境、そしてあなたと関わる縁深き人々が織りなすものです。
    あなたの航路もまた、そうした環境の影響を受けながら導き出されていくのです。
     
    そして、人生は選択の連続・・
    そのときそのとき、どのような選択が正解か?ではなく、
    どのような選択が最善となるかを導き出すのが占術なのです。
     
    私は占術を扱う航海士として、あなたが描く大切な航海のお手伝いをさせていただきます。
     
    千里眼 悠人

    「占いとは?」

    占いとは何か・・
    皆様はどのようなイメージをお持ちですか?
     
    占いとは当てものでしょうか?
    それとも未来予知でしょうか?
     
    占いに抱くイメージや価値観は人それぞれだと思います。
    私はどれも否定はしません。
     
    ただ、私はその人の心の不安を取り除き、生きやすい環境を整え、
    想いが成就するように導くものが占いだと考えています。
     
    さて、私の扱う占術はその人の存在を自然界の一部として捉えていきます。
      
    例えば・・
    樹のように優しく真っ直ぐ生きる人や、
    太陽のように熱をもって人々を温める人、
    大地のようにどっしりと構えて命を育む人や、
    宝石のように美しく煌びやかに生きる人、
    海のように広く自由に生きる人など、
    その人の存在を自然界の姿で湧出し、
    適した環境、適した相手、適した生き方、
    それらをその人の一生を彩る四季の移ろいのなかで視ていきます。
     
    自然界において、あなたが一本の樹であったとしましょう。
    あなたは春になれば色鮮やかな花を咲かせ、
    夏になれば緑を湛え力強くそびえ立ち、
    秋になれば深みを帯びた紅に染まり、
    冬になれば寂しさを隠すように雪の華を飾る・・
    そうして四季の移ろいのなかで一生を送っているのです。
     
    そう、人生は常に一定ではありません。
    すべては時の流れのなかで変化していきます。
    その人にとって良いと思える時もあれば、
    良く思えない時もあるでしょう。
     
    でも、人生のいかなるときも、良し悪しというのはないのです。
    すべては、その人の人生に必要なことであり、無駄なことはひとつもありません。
     
    大切のことは、その時をどう生きるかです。
     
    人生という四季の移ろいのなかで、
    今、自分がどのような環境にいるのか、
    どのような環境が向いてるのか、
    それを知ることがより良く生きることに繋がり、
    より人生を楽しむための一歩となります。
     
    占いは万能ではありません。
     
    ですが、より良く生きていくための処世術とでも捉えていただければ、
    占いのもつチカラを十分に日々の生活に活かしていただけるのではないでしょうか。
     
    人の幸せのために先人達が編み出し伝承してきた叡智の結晶、
    私はそれが占術であり、
    その人の一生をより豊かにし、幸せへと導くことが、
    占い師の使命だと思っています。
     
    千里眼 悠人

    悠人先生 クチコミ情報

    算命学は凄いと素晴らしいの二言です。

    悠人先生へ初めて鑑定していただきました。算命学は凄いと素晴らしいの二言です。自分の生年月日からすべての人生が読み取れる。家族個々との良いも悪いも、かかわりがわかりどきどき聞いていました。先生の穏やかな語り口、声、安心致しました。気をつける事も仰って下さいましたので注意深く見守ってまいります。結果をメッセージとして下さいましたので読み返しも出来るのでとても有難いです。夢と希望に溢れ帰途に着きました。ちょうど夕立でアーケードの上から霧雨が降ってきました。水の私には喜ばしい事です。
    これからは定期的に視て頂こうと思います。お伺いして良かったです。ありがとうございました。

    【女性 60歳】

    投稿日:2021/07/15 17:22

    とても優しくてお力のある素晴らしい先生

    昨日も鑑定くださりありがとうございました。とても優しくてお力のある素晴らしい先生で、定期的に鑑定いただいています。仕事では人のため・専門性はまさに私が目指しているところだったので、先生からこの言葉を仰ったときは本当に驚きました。資格の勉強を始めるか悩んでいましたが、先生に背中を押していただきました。先生とお話しすると不安が和らいで、自然と人生の方向声が決まっていくような気がします。鑑定後にいただくメッセージもとても楽しみにしていて、大事に保管しています。またお電話させていただきますね。これからもよろしくお願いします。

    投稿日:2021/07/13 12:54

    とても嬉しい事が続いてます&観て頂いた流れになっている事にビックリ

    二回目の鑑定ありがとうございます。先生の鑑定は、丁寧で…とても分かりやすいです。前回からとても嬉しい事が続いてます&観て頂いた流れになっている事にビックリしています。これからも先生に観て頂きたいので宜しくお願いします。又、流れを報告させて頂きますね。

    投稿日:2021/06/29 14:48

    結果は大満足(^^)

    もともと占いはあまり信じておらず、悠人先生に占っていただくのが人生で初めてでした。結果は大満足(^^)今自分自身が迷っていることや悩んでいることをに対してとても的確なアドバイスをくださいました。また、これまでの人生で感じてきた社会や集団への違和感の理由がわかり、少しほっとした部分もあります。悠人先生の占いによると私は40代を抜けるまで、波乱万丈の人生を歩むそうなので、落ち込んだ時や迷いがあり時には、また占っていただこうと思います。本当にありがとうございました!

    【女性 23歳】

    投稿日:2021/06/23 13:22

    諦めずに待っていても良いという事でしたのでとても安心できました

    昨夜も鑑定ありがとうございました。久しぶりに先生とお話できて良かったです。今回も鑑定結果をわかりやすくまとめていただき後から読み返す事もできるので本当にありがたく思っています。鑑定結果も前回と変わりなく諦めずに待っていても良いという事でしたのでとても安心できました。もう一人の気になる女性のことも先生にみていただき何でもないとわかり安心しました。少し様子を見てまた先生に状況をみていただきたいと思います。またよろしくお願いします。

    投稿日:2021/06/19 9:53

    また迷ったときは、ぜひお願いしたいです

    息子と私のことを占ってもらいましたが、他の家族の事も教えていただき、ありがとうございました。息子の事ではノイローゼになりそうな状態でしたが、今はそういう大変な時期だけれども、大丈夫と言って頂き、有り難かったです。しばらくは、静観するつもりです。また迷ったときは、ぜひお願いしたいです。

    【女性 55歳】

    投稿日:2021/06/17 16:23

    最上級の癒し、気持ちが楽になります。

    悠人先生先日は先生のお声を聞けてとても嬉しかったです。お優しいご鑑定とメールを下さりありがとうございました。ほかの方のレビューにもありますが、ご鑑定中はもちろん、あのような美しい文章を綴られる先生のお人柄に感服致します。最上級の癒し、気持ちが楽になります。もし近くで先生が待機されていたら、そのたびに伺ってしまうかも。^ ^ 悠人先生、いつも支えて下さりありがとうございます。また必ず!よろしくお願い致します。

    投稿日:2021/05/13 11:30

    長男の進路をみて頂きありがとうございました。

    悠人先生、先程はありがとうございました。長男の進路をみて頂きありがとうございました。これからまだまだ運気が上がっていくとの事、粘り強く希望を持って、応援したいと思います。またよろしくお願いします。

    投稿日:2021/04/17 15:10

    毎回送ってくださるアフターメールも鑑定内容がとても丁寧

    昨日も鑑定ありがとうございました。毎回送ってくださるアフターメールも鑑定内容がとても丁寧にまとめてありわかりやすく後から何度も読み返すことができるので感謝しております。2月は思うようにはいきませんでしたがまた様子を見ながら先生に鑑定していただきたいと思います。またよろしくお願いします。

    投稿日:2021/04/03 15:27

    正月悠人先生に占って頂いたんですが、占いの結果通りになっています

    正月悠人先生に占って頂いたんですが、占いの結果通りになっています。未来を占って頂くのはある程度心構えも出来るのでいいですね、5月からの3カ月間、自分自身運勢が落ちる時期と言われているので、その対処法をまた悠人先生にお願いしようと思ってます。

    【男性 36歳】

    投稿日:2021/04/03 9:17

    クチコミ投稿フォーム

    下記よりご希望の鑑定方法をお選び下さい

  • 悠人先生

    対面占い

    対面占い ご予約お申し込みフォーム

    以下のフォームから予約に必要な事項をご記入ください。
    • ブースにはお二人までお入り頂けます。
    • お二人とも鑑定を希望される場合は、一人20分以上の鑑定を受けられるようにご希望コースを選択してください。
    例:30分コース×2人 = 60分コースを選択
      40分コース×2人 = 80分コースを選択
    対面占い ご予約方法

    鑑定を希望する日程を選択


    ※ご予約確認のお電話をさせていただく場合がございます。

    ※ドメイン指定をされている方は「senrigan.info」をご登録ください。

    にリマインダーを受け取る

    お客様の携帯電話の契約状況により、正しく受信いただけない場合がございます。


    ※登録すると、次回から情報の入力を省略できます。

    ログインパスワード設定

    ※半角英数字 4~32文字以内

    ご注意

    • 遺影・遺品や人形などの物品のお持込みはご遠慮させていただいております。
    • 犯罪に関わること、人の生死に関すること、人の不幸を望むこと、ギャンブル・投資に関することについては、鑑定をお受けしかねます。

    対面占いについて

    対面占いは、千里眼の各店舗で行います。ご予約なしでも、鑑定をお受けいただけます。

    あらかじめのご予約をしていただくことで、スムーズにご希望の占い師の先生の鑑定をお受けすることができます。ご予約システムも是非、ご活用ください。

    対面占い 料金システムのご案内

    対面占いは、10分につき1,100円(税込)の鑑定料が必要です

    • ※鑑定時間内は、いくつご質問いただいても結構です。
    • ※指名料・予約料は無料です。
    • ※20分コース以上で承っております。
    • ※占い料金は当日、前払いでお願いしております。

    お支払いは現金の他、PayPayをご利用いただけます。

    • ※一部PayPayに対応していない店舗もございます。

    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • 悠人先生

    電話占い

    電話占い お申し込み

    千里眼の電話占いは、

    『電話占いヴェルニ』

    のシステムを利用してご提供しております。
    ご利用には電話占いヴェルニの会員登録が必要です。以下のリンクより、まずは会員登録を完了させてください。

    既に電話占いヴェルニの会員様は、下記よりご鑑定したい占い師を選んでいただき、『先生に相談する(会員)』のログインボタンより、ログインをしてください。

    パック予約のご案内

    あらかじめ、鑑定時間を決めてご予約いただくことが可能です。
    悠人先生の電話占い待機スケジュール
    • 7/30 (金)
      13:00 ~ 20:00
    • 8/1 (日)
      22:00 ~ 23:00
    • 8/2 (月)
      22:00 ~ 23:00
    • 8/3 (火)
      13:00 ~ 20:00
    • 8/6 (金)
      13:00 ~ 20:00
    もっと見る
    閉じる

    ご注意

    占いの館 千里眼の店舗にご出演の時間帯は、対面占いブース内での鑑定となります。
    店舗来店のお客様があった場合は、

    10分程度でいったん鑑定をお切りいただく

    こととなります。ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    • 事前にパック予約をいただいている場合は、ご指定のお時間中に鑑定が途切れることはございませんので、是非ご利用ください。
    • 店舗出勤以外の時間帯につきましては、占い師の自宅鑑定所での鑑定となりますので、途中で鑑定をお切りすることはございません。

    電話占いについて

    電話占いは、業界最大手の

    電話占いヴェルニ

    とのコラボレーションで全国のお客様に千里眼の占いをご提供しております。
    お近くに千里眼の店舗がない、または直接来店することが難しい方でも、ご自宅にいながら千里眼の占い師の電話占いをお楽しみいただくことが出来ます。

    電話占い 料金システムのご案内

    電話占いは、1分につき240円(税込)の鑑定料が必要です

    • ※通話料・指名料・予約料は無料です。
    • ※上記の鑑定料以外の費用は、一切発生いたしません。
    • ※電話占い料金は、電話占いヴェルニの料金設定に準拠します。

    お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済などをご用意しており、 各決済方式からお客様のお好きな方法をお選びいただけます。
    詳細は、電話占いヴェルニの料金案内ページをご確認ください。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ