占いの館 千里眼。大阪・名古屋・京都・奈良・東京・神戸・静岡・大分・和歌山・札幌・岐阜・三重・沖縄・福岡・広島・愛媛・鹿児島・徳島・香川・山形・岡山・横浜・千葉・福島・岩手・高知・熊本・群馬・滋賀・福井・仙台・山口・宮崎・山梨・長野・埼玉に店舗を構える、口コミで評判の人気占い師による占い。

占いの館 千里眼 予約センター tel:050-2018-3433 電話占い専用ダイヤル:0570-006-550

カナロア先生
かなろあ

カナロア先生

待機なし

占術

得意分野

不倫・恋愛・出会い・片想い・相手の気持ち・ 性の悩み・妊活・仕事・相性・復縁・縁結び・結婚・ 離婚・ 家庭問題・運勢・前世・同性愛・略奪愛・金運・ 開運方法・霊障害・子育て・対人関係・ペットの気持ち・遠距離恋愛・年の差恋愛・三角関係・縁切り

ご出演スケジュール

  • 11/30 (月) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/2 (水) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/3 (木) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/4 (金) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/7 (月) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/8 (火) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/9 (水) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/10 (木) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/11 (金) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/14 (月) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/15 (火) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/16 (水) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/17 (木) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/18 (金) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/21 (月) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/22 (火) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/23 (水) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/24 (木) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/25 (金) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/28 (月) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/29 (火) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • 12/30 (水) 10:00〜22:00
    【東京 / 新宿東口店】
  • プロフィール詳細

  • 対面占い
  • 電話占い
  • メール占い
  • カナロア先生

    プロフィール詳細

    占い師からのメッセージ

    私は前世から占い師をしたり、霊能力を使っていました。
    生まれながらに前世から引き継いだ強力な霊能力を持っています。
    この桁外れな力により、多くの方々を幸せにするのが私に与えられた天命なのです。
    今世でも、この能力を生かし、皆様が悩みから脱却し望むべき未来を手に出来ますようお手伝いをさせていただきます。

    お相手様の気持ちや今後の関係、秘密の恋の悩み、
    運命の相手との出会いなど 恋をして悩んでいる方のお力になりたいと切に願っております。
    また、私の霊力はタロットに強く共鳴し、最高に発動し、
    私が占った通りに物事が運び、自然にご相談者様の望む未来へと進んでいきます。
    皆様のお気持ちを反映し、タロットと私の神秘な力が運命に働きかけ、
    皆様をお悩みから解放し、望む未来を手に入れる最強のお手伝いをいたしますので、
    どうぞ素直に、安心して、すべてのお悩みを私に打ち明けてくださいね。
    悩めるお心に寄り添い、その傷ついたお心を癒しながら、
    未来への道に明るく光を灯すよう、真心こめて鑑定させていただきます。

    千里眼からのご紹介

    前世から強い霊能力を持ち、
    占い師として多くの方を幸せに導いてきたカナロア先生は
    生粋の占い師であり、ヒーラーであり、霊能力者です。
    すべてを視通す鋭い心眼により、
    天上の清い波動をタロットカードに降ろし、
    先生が独自に生み出した展開方法を用い、
    タロットと先生の持つ神秘の力を最大限に発揮し、
    鮮烈に未来を描き出します。
    先生の強力な霊力は、タロットによりさらに強く増幅され
    ご相談者様の運命に働きかけ、望む未来へ進む力を与えてくださいます。
    その力は計り知れず、先生の鑑定を受けた後、
    未来が急激に好転したり、執着していたものから突然解放されるなど
    常識では説明できない不思議なことが起き、
    「急に結婚が決まった」「自分にぴったりの仕事が決まった」
    など喜びのご報告を多くいただいています。
    前世から一貫して
    「天から与えられた霊力で、多くの人を幸せにしたい」
    と願い続けている、慈愛に満ちた先生の鑑定で、
    時を超越した壮大な神秘の力をご体感ください。

    メディア出演履歴

    youtubeチャンネル「エッグ&プリンちゃんねる」

    カナロア先生 コラム

    YouTube「エッグ&プリンちゃんねる」に出ました

    2020/10/28

    二人組のユニット「エッグ&プリン」さんのYouTubeに出演しました
     

    https://youtu.be/Y_Or3wj61_Q
     

    これからの発展を占わさせていただきました
    ぜひ活躍していただきたいですね

    私のいつもの鑑定風景はこんな感じです
    普段の喋り方そのまんまですね笑

    ダークサイドorホワイトサイド③(魂の形成)

    2020/11/6

    魂とは何か?
    という話をするなら、私の解釈はこうです

    魂とは、人間としての感性や本能が適切に統合された状態をいいます

    守護霊やハイアーセルフを信じる人は
    守護霊やハイアーセルフが統合してくれていると解釈していいと思います
    私はそういうものを信じていないので
    魂は自分自身の力で統合していると思っています

    魂が統合されていない状態の人は本能がむき出しになっています
    自覚はありません
    守護霊やハイアーセルフはどこかに行ってしまい不在です
    したがって、自分の運気というものを持っていません
    人からおこぼれの運を拾って生きています

    心の状態は不安定です
    いつも不安で、誰かに繋がっていないと生きられません

    人と精神面で繋がっているのが当たり前で
    自動的にそういうものなんだと思い込むことしかできません

    内面的には自信が無いのに
    あたかも人より自信があるかのように振る舞うという特徴があります
    ですから実際に何かをやって実績を積むということができません

    内面的な意識はこうです

    ●自分は何かもらうべき物や権利をもらっていない(不足感)
    ●自分だけ存在を認められていない(自分の過度な存在感を期待する)
    ●自分だけ虐げられて不公平だ(卑屈さ)
    ●自分はあの人より優れているのに認められていない(嫉妬心)

    を感じているならば、カウンセリングが必要です
    魂が無秩序になっていて散らかっている状態ですから、少しずつ魂を形成しなければ
    誰かの魂を侵食してしまいそうです

    焦らなくても大丈夫です
    ありのままを話してみてください

    カナロア/千里眼

    ダークサイドorホワイトサイド②(魂の修復)

    2020/10/25
    魂の判定の話の続きです
    ダークサイドには
    生まれつきの人と、途中から何かのきっかけでダーク化する人もいます
    いまホワイトサイドだから一生私は大丈夫という保証は誰にもありません
    私は大丈夫と思っている人ほど危うい場合もあります
    ダークであっても
    たまに人間らしい面をみせたりしますし
    ホワイトサイドであっても
    つるむ人によっては状態がダーク化している時もあります

    人としての魂が部分的に欠けてしまった人を修復させるのは並大抵のことではない
    本人の努力が絶対に必要です
    でも1人では無理なので
    カウンセリングが必要です
    根気よく対話を続けて
    その中で気づいてもらうしかない
    本人の為を思って根気よく導く力が必要になりますが
    誰にでもその力があるわけでもない
    人間関係に悩んでいる方には
    まだどこにもない
    独自のメソッドで
    役に立つ方法をお伝えします
    本当の意味で幸せになりたい人と共に
    一歩づつ帆走してまいります

    カナロア/千里眼

    ダークサイドorホワイトサイド(魂の判定)

    2020/7/28

    魂の話をします
    私は人の魂の状態を見て、ちゃんと機能しているか、欠けているか壊れているか、あるいは全く無いかを鑑定します
    普通に魂を持っている人は、人としての自覚があり、筋の通った考えのもとに理由のある行動ができ、他人の立場も尊重しながら愛情を持ったり与えたりが普通にできています
    私はこれを「ホワイトサイド」の人たちと呼びます
    逆に魂が無い人は本能のままに生きていて、考える事は表面的で筋の通った一貫した行動が出来ず、本能に頼りながらしか生きられず、
    従って自分自身(スピリチュアル関係の人に分かりやすい言い方をすれば「ハイアーセルフと言うもの」)を持っていないので
    他人の魂にぶら下がる形で生きています
    ですから自分自身の「運」とか生きていく「連続性の流れ」を持っていないので、人から単発の運をもらったり奪って生きています
    こういう人を私は「ダークサイド」と言います
    ちなみにダークサイドは他人への愛を持っていません
    あるのは自己愛のみです
    ですが人に好かれないと生きていけないので人を魅了することにはたけていますから彼らに騙されるホワイトサイドは非常に多いです
    地域によって違いますが地球上の人たちのほぼ40%はダークサイドです
    悲しいことにこれが現実です
    ダークサイドは自覚が皆無ですから
    自覚をもてる可能性のある人にしか教えられません
    少しずつ分かってもらえるように説明させていただきます
    私はスピリチュアルではない超現実派なのでこのような魂鑑定ができるのです
    このような考えをもとに鑑定をしてまいります

    カナロア/千里眼

    星は過去の姿

    2020/10/22

    自分は相談者の方に生年月日は伺いません
    その方がいつ生まれたかは
    抱えている案件には直接関わりはないからです
    そもそも暦というものは
    所詮、人間が便宜上作ったもので
    地球の地軸の傾きが一定ではないため
    暦はズレている事も考慮に入れなければ正確ではないのです
    それと
    夜空に浮かぶ星は地球から何億年も離れていますから
    何億年も前の光がいま見えているだけの話で
    未来の事がそれで分かるものではない
    確かに自分は過去世で
    ノストラダムスと同じ時期に占い師をしていた頃には
    占星術をやっていましたが
    その時のニーズでしたからね
    占い方は時代に合わせて変わっていきます
    自分のやり方は魂を読むやり方で
    それは今後も変わらないと思います
    未来の事もあなたの魂に刻まれています
    というわけで
    あなたの未来はあなたの中にあります

    神無月がやってまいりました

    2020/10/1
    神がいないとされる神無月(10月)は
    出雲大社では「神在月」と呼ばれます
    全国の神様が集まって
    普段頑張っている人にご褒美をあげるための会議をします

    私は毎年10月と新年に
    出雲大社東京分詞に行っています
    そのおかげで
    人との出会いや縁を頂き
    それによって生まれる運を
    その都度高めるようにして
    運を増やしてまいりました
    今思えばあの時お参りしたからいまこうなっている
    という
    因果関係がよく理解できるようになるのです
    東京分詞は六本木にあります
    神社としての風情は今ひとつですが
    パワーは確実に高いものがあります
    知る人ぞ知ると言うところでしょうか

    千里眼に所属してからも大きな変化を頂きました
    広い範囲で人との良縁を頂けると思います
    もし良ろしければ行ってみてください

    視えるというカラクリ

    2020/8/24

    霊視とか霊感、透視の説明をします
    よく、映像で視えることが特殊能力のように言われますが

    私の説明はこうです
    絵的に何か色や形が見えるならばその世界はあくまで
    二次元上の世界を見ているだけで
    レベルとしては私たちと同等の世界を見ているだけになります

    私の定義は
    「色や形の無い見えない物を見えていなければ視えているとは言えない」
    ということです

    例えば
    宇宙にブラックホールというものが
    あると発見した人の気持ちになってみましょう

    そこには何もないと思われていた所に
    何か現象が起きて
    周りに影響を与えており、
    確実に何かの物質があると仮説を立て
    計算した結果が世の中に認められたというものです

    霊視の世界も同様に仮説を立て
    証明なり説明をするものです
    ですから
    なぜ見えたのか?
    なぜそこにあるのか?
    を説明出来なければ
    質問した人は納得しません

    私たちが見えているものは
    それが全てではなくて
    ところどころ穴が空いています
    そこに適切な言葉や絵を当てはめ
    1つのセンテンスになります

    しかしそこに穴が空いているとか空欄になっていることさえ
    普通は気づかないのです

    「宇宙は壮大な穴埋め問題である」
    と言ったのは私です(笑)

    見えない物の真実に気づくこと
    何を埋めればよいかを探しだすのが私の仕事です

    東京パワー

    2020/7/25

    土地との相性は侮れないもので、住む場所によって運が変わってくることがあります
    住む環境はその人の生活そのものを作ります
    東京(江戸)は徳川家康が計画的に作った巨大なパワーエリアです
    家康自身、占いや密教的な高い能力をもっており、
    将来を見据えて計画を練ったようで、
    富士山からのレイラインを引っ張ることでパワーを増幅したのです
    関東には
    富士山~日光~東京湾を結ぶ三角形の母体があり、
    更に小さな山手環状型エリアの中心に現在の皇居があります
    東京は皇居を中心とした大きな結界パワーに守られているのです
    しかし昔から何もなかった訳ではなく
    江戸の大火事や水害、関東大震災、東京大空襲、東日本大震災など、何度となく崩壊の危機はありましたが、
    その度力強く復興してきました
    今回の新型コロナウイルスの渦中にあっても、
    東京及び首都圏地域はまた力強くパワーを維持していくであろうと私は踏んでいます
    常に新しい意識を産み出して更に進化していくエリアとなります
    土地から生まれるエネルギーと共存しながら暮らすことで、
    新しい運が生まれます
    東京の土地のパワーは、小さなエリアごとに強弱が細かくいりくんでいて、良い場所と悪い場所、良い不動産と運の悪い不動産とが隣り合っていたりしますので
    単に方角などの基準では計れないものがあります
    いわゆるパワースポットは人によって感じ方も違いますから
    おすすめする神社仏閣も違います
    密にならぬよう皇居回り(約5㎞)を一周するのはいいと思います
    皇居ランナーのように走らなくても大丈夫です
    夜は暗い場所もありますから昼間が良いですね
    東京都内の住む場所に関しては個別に鑑定させていただいています
    意外な前世での縁も出て来たりしますので、
    何が出て来るかはお楽しみです

    7月のお知らせ

    2020/7/18
    7月はスケジュール調整のため店舗がいつもと違う場合がございます
    告知が遅れまして申し訳ございません
    通常はほぼ新宿東口店ですが
    今月後半は
    ●7月20日(月)池袋店
    ●7月22日(水)新宿東口店
    ●7月27日(月)池袋店
    ●7月29日(水)新宿東口店
    ●7月30日(木)新宿東口店
    ●7月31日(金)池袋店
    となります

    いづれの場所においても
    コロナウイルス感染予防対策を強化しております

    鑑定ブースには消毒液、除菌スプレー、除菌ウエットティッシュ、マスクの予備を用意し、自分自身はマスクとフェイスシールドを着用しております
    新宿東口店では独自にアクリル版を設置しております

    生まれ変わりそして再会

    2020/7/11

    鑑定していて気づくのは、
    過去世でお会いした方と鑑定で再会することがあるということです
    そろそろお盆の時期なので
    終戦記念日がありますね
    太平洋戦争で亡くなった戦士は
    割りと直ぐに生まれ変わって
    現在に生きている方が多くいらっしゃいます
    自分は当時の旧陸軍の中将でしたから
    いま思えば間違っていたことはたくさんありました
    ですから
    それを修正する作業を進めたいと思うのです
    亡くなった戦士が生まれ変わって
    世の中の発展に関わるために様々な力を発揮するだろうということは分かります
    戦争の犠牲者は上の世界での特例によって
    すでに生まれ変わっていますから
    終戦記念日に泣かなくてもいいんです
    もう救われていますから
    自分はそのサポートをしていきたいのです

    新しい占いのありかた

    2020/6/11

    今、世界中で新型コロナウイルスの感染が広まって、

    大変なことになっています

    世の中がひっくり返っています

    中国、ヨーロッパや北米の次は南米、そしてアフリカにもおよんでいます

    日本はまだいい方でしょうか?

    いや海外からみると、日本は検査が進んでいないので、

    今一つ信用出来ないとも言われていたりします

    一部の富裕層以外は、皆経済的に苦しんでいます

    災害や有事の際は、生きるために必死です

    自殺も犯罪も増えています

    苦しすぎて、悩んでいるどころではないのです

    未来を待っている余裕はないのです

    今すぐ役立つ知恵が欲しいのです

    純粋に
    「今どうか?」が問われています

    「いつどうなるか?」より

    「今どうしたら良いか?」が求められます

    確かな現実に目を向ければ

    真実が見えてきます

    そこには、いたずらな時間の経過は必要ありません

    知恵に基づいて行動し、検証する

    その繰り返しの中で結果を見ます

    ①見極めて

    ②行動し

    ③検証する

    この3つのことがすなわち

    新しい「占い」の定義となります

    それを行うために
    「世の中の常識を踏まえた霊能力」
    を使うところに意味があります

    根拠のある霊感を使い

    現実に即した理由の元にアドバイスや提案をするのが

    新しい占い(解決法)です

    そのような世の中になっていくと思います

    不倫と法律

    2020/6/2

    自分は法学出身ですので
    その角度から言えることを簡単に述べます
    だからと言って訴訟の占いは致しません
    占いの案件として最もデリケートなカテゴリーは不倫でしょうか
    一口に不倫と言っても不倫の数だけ内容は全く違って個別なケースに頭を切り替える必要があります
    必ず当事者の事情があります
    日本の法律は
    明治の後期に民法が出来て
    その中に家族に関する決まりがあり
    それによれば
    ●一夫一婦制で
    ●不貞を働いたら配偶者は不法行為として損害賠償及び離婚請求をする権利がある
    ●配偶者は相続をする権利がある
    配偶者の嫡出子は配偶者が相続する額の2分の一を子の数で割る
    認知された非摘出子は摘出子の2分の一を相続出来る
    という決まりがあります
    配偶者とその子は優遇されています
    日本の民法はフランスのナポレオンが作った民法を真似て作られたものと言われています
    元はフランスですから
    宗教的にはカトリックです
    ですから当然一夫一婦制で
    なおかつ女性の権利も盛り込まれています
    ナポレオンはナポレオン憲法を作ったとき
    自分の子孫を繁栄させたかったために当時
    子供が出来なかった妻と別れ
    元々敵対するオーストリアの名門から後妻を迎え世継ぎが出来たが結局
    振られてしまい
    世継ぎ問題に失敗している
    ちなみに彼も最初の結婚のとき他の女性と不倫もしたが認知はしなかった
    ここで継がせたら良かったのに皮肉ですね
    そして日本では
    民法が出来る前の明治の初期までは
    経済的に余裕のある男性は「妾(めかけ)」(愛人ですね)を持つことを当時の法律で認められていました
    妾になる女性は生きていくために職業として割りきっていましたし
    本妻も寛容で愛人を許可していました
    経済と国の繁栄のためでした
    信じられないけど
    そんな時代もあったのですよ
    女は強し

    瞑想のつづき

    瞑想のやり方について言及してなかったので補足です
    瞑想のやり方はいろいろあるみたいですけど
    基本的に自由で良いと思います
    本なんて読まなくて良い
    簡単に言うと
    ●呼吸はゆっくり自分のペースで腹式呼吸
    ●何も考えないこと
    (これが出来そうで出来ない、瞑想は妄想ではない)
    ●必ずしも蓮華座を組まなくて良い、むしろ正座が良い
    →よくある大仏とかでは蓮華の花びらの上であぐらをかくような姿勢ですが
    あれはヨガの体勢の一例であって完成形ではないのでこだわらなくて良いです
    正座が出来なければむくみがあるか肥満です
    なるべく正座が出来るようになりましょう
    ではまた

    瞑想のすすめ

    2020/5/13

    最近のトレンドとしてダンスや運動のエクササイズを推奨する流れがあります
    とても良いことですね
    しかし
    体を動かしたいのに
    手足を広げるスペースもないときや
    持病があったり気分が落ち込んでいるときに
    おすすめするのは「瞑想」です
    瞑想はヨガと関連して元はインド由来の健康法です
    瞑想の目的は呼吸を整えることで心の平穏を保ち気の流れを円滑にすることです
    一人で静かに手軽に出来ます
    呼吸が整うということは肺も元気になりますし
    心の平穏を保てるということは少々の悩み事は解消されたりしますので
    ストレスも消え
    落ち着いた思考が出来るようになります
    お金もかからないしなおかつ
    いつのまにか物欲自体も抑えられ
    ハッと何かに気づいて金銭問題が解決したりします
    自分はお金の欲が強いなと思えるときは精神修行のためにもやってみてください
    興味がないかもしれませんけど
    私はかつて滝行もやりましたが、そこまでやる必要はないです
    滝行は動機が問題で、ただ自分の能力を高めたいだけならやらないほうが世のためです

    占いの心得(カナロアの例)

    2020/5/11
    極めて個人的な基準になりますが
    自分はこのようにやらせて頂いています

    ●自分の場所の気を整える
    ●掃除をして消毒をする
    ●お手拭きを用意する
    ●マスクをする。お持ちでないかたにはお渡しする。
    ●飛沫が飛ばないようテーブルにアクリル版の仕切を立てる(5月20日より導入)
    ●服装はいつものデニムのワンピースまたはジャケット(華美な服装はあえて着ない)
    ●靴は足音を立てないためにスニーカー
    ●タロットカードの扱い

    ・カードをひくのは自分
    ・カード一枚一枚を消毒し乾拭きしドライヤーで乾かす
    ・飛沫を飛ばさないためカードのシャッフルは音を立てず回りに気を飛ばさないようにテーブルの上で静かに混ぜるだけ
    ●生年月日は案件を解決するために直接の関わりはないので
    霊力を使い
    予測よりも具体的に恒久的な方法論を示す
    ●話は自分だけしゃべりすぎず聞きすぎず対話によって最終的に結論を得る

    →占いは科学であり哲学であり例えるなら一休さんのトンチのようなものでもある

    日本人には発酵食品がある

    2020/5/8
    普段からの食べ物が強い体を作ります
    強い体でいると辛いことがあっても乗りきれます
    開運のためにも何を摂取すべかは肝心なことです
    いまコロナウイルスに打ち勝つには抵抗力をつけるべきとよく言われますが
    幸いなことに私たち日本人には発酵食品が豊富にあります
    ●納豆
    ●味噌
    ●醤油
    ●みりん
    ●糀
    ●酒粕
    ●漬物
    ●梅干
    ●しょつる(魚醤)
    ●味の素
    など
    日本のもの以外にも
    ●ヨーグルト
    ●キムチ
    ●チーズ
    ●ニョクマム、ナンプラー(魚醤)
    などがあります
    発酵食品はなぜ開運にも良いかというと
    体に抵抗力をつけると
    人のネガティブな念に負けない体と精神を保てるのと
    なおかつ行動力や持続力の源になるからです
    私は占い師の仕事をする上で自分の体を守りながら維持することは大前提ですから
    体の内部は精神的なアスリートでなければ勤まりません
    対面鑑定でも電話鑑定でも相手のお話を聞くだけでは普通のカウンセラーです
    相手の魂の中に入り込み魂を触診し診断し処置し処方するなどしてしてネガティブモードを修復させます
    心構えとしては医師と同等の意識は持っているつもりです
    話は脱線しましたが
    発酵食品はお勧めします
    その他
    私が体に良いと思うのは
    ●ビタミンD
    ●シソ
    ●わさび
    ●魚
    ●牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉
    ●もちろん野菜もです
    元気な体で前向きに変化を取り入れながら
    新しい生活習慣を作っていきましょう

    「仮」
    運の格差が止まらない‼️

    2020.4.11
    「運」について私の考え方を
    語り始めれば止まりません。
    一冊の本が書けそうですが簡潔に述べます。
    私は人を鑑定するときに、
    その人の魂の状態を拝見します。
    レントゲンのように視えます。
    運は魂に刻まれています。
    私の持論だと、
    運というものは大きく3つ。
    (1)持って生まれた運
    (2)持って生まれた運を活かす運
    (3)私欲が強い人が他人から吸い取った運
    の3種類です。
    普通は
    (1)と(2)は皆さん持っていますが、
    (3)の運しか持っていない人もいます。
    そういう人は魂が無いか壊れているか欠けているかです。
    なので生きていくために人から運を取ります。
    但しこの運は元は他人の運ですから継続性がないので持っていても無駄に終わります。

    運の説明はここまでです。
    さて、
    今度は、
    運のいい人
    運の悪い人についてです。
    【運のいい人】は
    ●変化に気づいて対応する人
    ●変化を想定して行動する人
    に尽きます。それにたいして、
    【運の悪い人】は
    ●変化に気づかない人
    ●変化を恐れて行動しない人
    ということです。
    これから特に、
    運の二極化が進みそうです。
    世の中の変化が加速しています。
    *断っておきますが、
    くれぐれも、
    「引き寄せの法則」は信じないで下さい。
    人の欲望を増殖するウイルスのような、
    クソみたいな考えです。
    それを唱える人や信じる人はだいたい
    (3)の人です。
    百害あって一利なし。

    対面鑑定自粛延長と電話鑑定のお知らせ

    コロナウイルス感染回避のため、
    3月25日より対面鑑定を自粛しておりますが、
    依然としてウイルス終息の目処が立たず、
    事態は長期化することは目に見えておりますので、
    更に対面鑑定自粛の期間を、
    暫定的に、
    4月30日まで延長します。
    私自身の健康状態は良好です。
    4月8日(水)だけは新宿東口店で対面鑑定を行います。
    (要予約、マスクの無い方には一枚お渡しします。発熱の有無を伺います。)
    4月8日から電話鑑定も開始します。
    私たち一人一人が今生きていることを自覚しながら、
    今はただ耐えましょう。
    皆様方にも愛する家族、愛する人たちがいる。
    その方々の為にも、
    なるべく家に居ましょう。
    行動を控えましょう。
    また元気でお会いしましょう。

    活動自粛

    コロナ対策として活動自粛を行います

    2020年3月23日現在
    世界的なコロナウイルス拡大の状況に鑑み、
    私は2週間ほどの予定で活動自粛を行います
    活動再開は4月8日の予定です

    自分の周りも含めて、日本人は危機意識が甘い様に感じます

    昨日までの3連休において
    自粛モードが緩んでいます

    今からが特に大事な時期に入ります

    海外では外出禁止令が出ている国もあるのに、
    我が国においてはいまのところイベントなどの自粛要請にとどまっています
    特措法が実施されるのはまだ早いという政府の判断、
    それは何を意味していると思いますか?
    国民一人一人が自覚を持って行動してくださいということす
    日本の政府がハッキリと命令を下さないのは、
    憲法の国民主権、基本的人権など、ある程度の自由が与えられているからです
    その恩恵を自覚しながら、各々が自発的に継続して自粛を行うべきです

    日本人は認識が甘すぎる

    日本の政府はかつての太平洋戦争で国民や諸外国に多大な悪影響を与えたことの反省から、国民の行動を抑制するような命令はすぐには出しません
    しかしながら我々日本人は
    言われていないことはやらないようにする習性があり、自己判断が出来ない人がほとんどです
    みなさん自覚を持って取るべき行動をしましょう

    身を守る行動を取りましょう

    過去世を語る時は涙無しでは語れない

    前世を知りたいと自分から言ってくる人は、興味本位ですから、
    そういう人に限って、過去世に特に深い因縁のない人がほとんどです。
    それとは別に、鑑定の中で私が、
    この人にはこれを言わなきゃいけないな、
    と気がついて過去世の話をする場合があります。
    本当は過去世については、
    言わない方がいいんです。
    必要がある場合だけです。
    人は、今世においても、
    思い出したくない悲しい過去は誰だってあるでしょう。
    それと同じで、過去世なんて思い出さないほうがいいのです。
    人間はなぜ過去世を覚えていないのか?
    それは、覚えていたとしても、ただその時の悲しい気持ちがよみがえって来るだけだから、
    そんなことは思い出さなくていいんです。
    どうせ今世の中で、同じ経験をするので、
    そのときに思い出せば十分です。
    人は同じことを繰り返す生き物です。
    反対に、トラウマがある場合は、逆のことを選択して生まれてくる場合もあります。
    私なんか、過去世のある時期に、贅沢にも甘いものを食べすぎて死にましたので、
    もう今では甘いものは懲りごりです、
    といった具合にね笑
    それと、鑑定中に過去世が見えた時、思わず涙しそうになるときもあります。
    鑑定に来ている方は必ずどこか過去世で私と会っています。
    会っているから来ているのです。
    私はその時の事を思い出して、
    あの時はひどいことをしてごめんなさい、とか、
    あの時は助けてあげられなくてごめんなさい、
    という気持ちになるんです。
    ただ単に可哀想とか思っているのではないのです。
    可哀想という気持ちは、上から目線ですから、それはないです。
    全部、私が過去世でしてしまった事の後始末を、今私はしているのだ、
    という心境です。
    申し訳なかった、謝りたいです。
    過去世を語る時は、どこか他人事のように語るべきではない、
    涙無しでは語れないのです。

    高次元鑑定師

    高次元鑑定師

    以前から思っていた事ですが、
    私は占い師ですが、
    実際、やっていることは占いとは違います。
    占いとは未来を予測する事だとすれば、
    私がやっていることは真実を説くことだと思っています。
    今後、未来予知はしないことにします。
    未来は知っても、百害あって一理なしですから。
    未来を知るということにはリスクがあります。
    今の連続が未来だとすれば、
    その連続したプロセスをすっ飛ばして、
    いきなり結果が得られると思うのは横着なのです。
    しかも私の考えで言うと、
    時間は一定の速さで進んでいるわけではないのです。
    人によって速度は変わります。
    要は何が真実で、何をどうすればいいのか分かれば問題は解決します。
    その肝心の「真実を突く」ということを、
    私が独自に持っている高次元のチカラを持って活動の要としていきたいと思っています。
    いろいろ考えたのですが、
    占い師という名称は怪しげなので、
    とりあえず「高次元鑑定師」と名乗ろうと考えています。
    スピリチュアルという言葉は絶対に使いたくない。
    ちなみに、占い師のことを鑑定士と呼ぶのは間違いです。
    正しくは鑑定師です。
    業界の人でも勘違いしている人があまりに多いので指摘しておきます。
    鑑定士というのは、弁護士や司法書士、不動産鑑定士など、国家資格を持つ、
    「士業(さむらいぎょう)」の人たちです。
    私はそんな、おこがましくて鑑定士などとはとても言えません笑。

    恋愛講座(人間に取説なんて無い)

    人と知り合う時、新しい人と接するとき、
    その人の事を何も知らない、
    取り扱い説明書もない、
    というところから始めます。
    接してみて初めて、
    1つづつ、こういう面があるんだなあと、毎回驚きを持って発見します。
    一度に1つづつの発見でいいんです。
    その積み重ねで、だんだんとその人のことが分かってくるのです。
    こういう事を言うとどういう反応が帰ってくるかを見ることです。
    婚活している人たちが上手くいかないのは、
    最初に相手のデータを知ってしまうというところに問題があるのです。
    最初から何も知らないから知りたくなる。
    知りたいと思う気持ちがあるから、だんだんと好きになっていくのです。
    一旦、好きになってしまったあとは、
    大体の事は許せるものです。
    そのような体験を通して、
    人に対する寛容さ、優しさ、
    そして愛するという事を知るのです。

    好きになるという事は、
    そういう事です。

    占い師は文化人ではないのか?

    恥ずかしい話が、
    テレビなどで社会問題について真面目にコメントしている占い師って見たことないですよね。
    大体、普段から言っていることが社会からズレている人がほとんどだからですね。
    全体的に信用がないですよね。
    世の中の、いま起こっている事に対して一つ一つ真剣にとらえて、
    自覚を持ってちゃんとした事を言える発言力を持たなければ、淘汰されていく分野になりそうですよ。
    未来がどうのじゃなくて、現実をしっかり見ましょう。

    猫も杓子も禅 ZENタロット

    猫も杓子も禅 タロット

    私がスビリチュアルが好きではないことは前にも書きました。
    スピリチュアルに見られたい人はアイテムとして禅 ZENタロットを使う人が多いように思います。
    私が初めて師匠にタロットを習ったのはウエイト版ではなくて禅 ZENタロットでした。
    師匠にどっちがいい?と聞かれ、ウエイト版は私には絵柄が気持ち悪かったので禅 ZENタロットにしました。
    その頃は禅 ZENタロットなんて知ってる人は少なかったです。
    カードの向きが正位置だけなのがいいです。
    しかし禅 ZENタロットというものは諸刃の剱で、結構これが恐ろしいんです。
    占いの結果、カードの出方に自分の状態が如実に出ます。
    大体、霊感が強くて感覚が鋭くないと無理で使いこなせません。
    キーワードをそのまま言っているようでは話しになりせん。趣味で自分のためにやってください。
    禅 ZENタロットを使えるくらいならタロット自体、必要ないでしょう。
    私はタロットは、そもそも時間短縮のために手っ取り早いので使っているだけです。
    世の中、フェイクな占い師がほんと多いな、ていうボヤキでした。
    タロットの話しはまた今度書きます。

    恋愛講座(付き合い始め編②)

    私は前世で男性だったことがほとんどだったので、
    今でも感覚としては、若干男性寄りです。
    女性の気持ちより男性の気持ちの方が分かりやすいです。
    両方の気持ちを代弁するために占い師をやっています。

    男女が交際を始めて3ヶ月以内は不安定です。
    最初は男性は頻繁に会ったり連絡したりします。
    それが大体1ヶ月ほどすると頻度が減ります。
    女性はそれに気づいて不安になりますが、
    男性にはそれぞれのペースがあり、
    本来のペースに落ち着いたということです。
    女性は彼の変化に付いていけず、
    もう飽きられたのかな?と思い、離れていくケースが非常に多いです。
    振られた男性は自分が何故振られたのか自覚がないまま同じことを繰り返します。
    男性の方が短期決戦を狙うので、よし!彼女をモノにしたと、早々と勝手に安定期に入るのです。
    どのタイミングで二人のペースをつかむのか、
    最初に話し合ってみると良いです。

    恋愛講座(付き合い始め編①)

    恋愛講座(付き合い始め①)

    付き合おうかとか付き合ってくださいとか、言ったか言わなかったか?とか、いつまでもこだわっているのは女性だけかもしれません。
    個人差はありますが、
    好きと言う言葉を言われていなくても、
    相手がそれらしい行動を取ってくれていれば、
    好きっていうことです。
    それを感じて受け止める感性があるかどうかも、
    その後愛され続けるか決まります。
    受け止めるだけではなくて、
    「あなたの気持ちは分かっていますよ」という、
    態度や言葉も必要です。
    男性の、言葉が足りない部分は、女性が補ってあげる気転があると物事はスムーズに進みます。
    愛情表現において、男女間で決定的な違いがあります。
    「女は言葉で、男は体で」表現します。
    それは覚えておいてください。
    男が会話の中で、次の言葉が見つからず、思わず手を出してきたときは、必ずしも遊んでやろうと決め込んでいるわけではありません。
    コミニュケーションの取り方です。
    一度はやんわりと断ってもいいです。
    人によりますが、一度断った場合は、男が待ってくれるのは二度目までで三度目は、ほぼ無いと思ってください。
    中世とか昭和の時代までは、
    それでもしつこく来る人もいたかもしれませんが、
    現代ではそこまで辛抱できる人は皆無でしょうか。
    情報が溢れている時代ですから、すぐ次の女性は見つかります。
    女性はいつまでもじらしていると、男性はあなたが自分の事を侮辱したと思い、
    さっさと行ってしまいますよ。
    男性は女性の態度や反応をみてからちゃんと付き合うかどうか考えます。
    相手に合わせて上手くタイミングに乗っかることも必要です。

    恋愛講座(出会い編)

    恋愛については、私の専門分野です。
    最近は若い人でも出会いが無いと言います。
    いつ出会いますかという質問が多いのでまとめてヒントを言います。
    占い師なら答えるかもしれないけど、いつ出会うかと私に聞かないでください。
    いつ?っていうことを知ってしまうと、何も行動しなくなります。
    そうすると必然的に何も起こらないので、結果的に何も起こらなかったというパラドックス現象が起きます。
    あらかじめ知るということにはリスクがあります。
    占いそのものに言えることです。
    人との出会いは、ある人と無い人に、二つに別れます。
    無いという人は何年経っても無いと言います。
    でも出会いがある人は、毎日でもあるんです。
    その違いは何でしょう?

    ◽️出会いが無いと言う人の傾向→
    ・人に興味がない、人見知り
    ・人と距離を置く
    ・プライドが高い
    ・反応が鈍い
    ・人の短所しか見えない
    ・何で私から言わなきゃいけないの?と思っている
    ・理想の人が現れるまで、何人でもパスする
    ・いい歳だから失敗したくないと思っている
    他にもいろいろありますが、きりがないです。
    ◽️出会いがある人の傾向→
    ・人に興味がある、人の事を知りたい
    ・人に親切に振る舞う
    ・よく笑う
    ・反応がいい
    ・人の長所をよく見つけて誉める
    ・異性目線での身だしなみを心得ている
    などなどなど。
    アドバイスとしてお勧めなのは、
    「人の長所を見つけて口に出して誉める」ということをやってみてください。イヤミにならないように自然な会話の中で。
    出会うためのエクササイズと思って試しにやってみてください。
    その結果、人気者になるかもしれませんけど、みんなに優しく公平に振る舞いつつ、大事な人は一人に決めてくださいね。

    恋愛は、一生懸命頑張るひたむきな気持ちが大切です。
    偶然に起こった出来事に何か深い意味があるのではないか?と感じる感性が出会いを作ります。

    アンチ・スピリチュアル

    アンチ・スピリチュアル

    私は世間で言ういわゆるスピリチュアルではないです。
    一緒にしてほしくない。
    どこかの講座で高額の費用を払って何の苦労もなく自動的にアチューンメントしてもらって、
    それをエネルギーワークと称してまた高額の費用を取って(高額じゃなくても時間を多く費やして)ただ垂れ流しているだけの人と一緒にしてほしくない。

    スピリチュアルとは英語で言うならば本来はニューエイジという言い方だと思いますが。

    私はそんなもの習わなくても勝手にやっているし、
    これからエネルギーワークをしまーすなんていちいち言わなくても、
    必要ならば鑑定しながらお話ししながら勝手にワークして自然に終わっています。

    タロットもそうです。
    これからタロットを引きまーすとか言って勿体ぶって10枚のカードをペッタンペッタン並べたりしない。
    喋りながらカードを引きながら喋りながら質問に答えます。

    そして、言っていることは超現実的で超具体的です。

    それが私の鑑定スタイルです。
    時は金なり。

    時間について

    「いつそうなるのか?」という質問が多いので、
    時間について大事な話をします。
    時間とは「過去、現在、未来と、同じ方向へ同じ速度で進んでいく経過である。」と、定義付けたのはアイザック・ニュートン(1642~1727)でしたが、私はその考え方は違うと思っています。
    ニュートン力学自体、本当は違う人が考えたのでは?という疑惑さえあります。
    占いの世界では、このニュートン時代までの科学で分かっていることしか反映されていません。
    今でもやっていることが、中世の頃と同じです。
    過去の人達が作った暦に基づいて未来を予測するなど馬鹿げていると思いませんか?
    占いは現代では最も遅れているジャンルです。
    最も進んでいる世界はやはり物理学とか宇宙物理学なのでしょう。天文学ではないです。
    20世紀になると、アルベルト・アインシュタイン(1879~1955)が出てきて、時間に対する考え方が変わりました。
    アインシュタイン以降は、占いの世界は発展が止まりました。
    アインシュタインの相対性理論があるから、今ではGPSによってスマートフォンを使って人と連絡したり約束したりして、人間関係を築いています。
    時間(時空)とは、経過ではなく空間の広がりです。
    空間と空間の間には、一定の時間差があるわけではありません。
    差があるとしたら質量の差です。
    私たちに分かりやすい言葉で言うと質量とは意識とか行動とかエネルギーに相当すると思います。
    私は未来をあえて語りません。
    いつ?と聞かれたら私は、あなたが「今だ!」と思った時ですと言います。
    問題に対する解決法としてどうやっているかというと、
    その人の魂に入って、物事が平行に並んでいる平行世界(パラレルワールド)から情報を垣間見るようにしています。
    平行世界を予測する数式はまだありませんが、平行世界を視ることは出来ます。
    視える範囲で。
    私が言っていることは、元は物理学の量子論から着想をえています。
    量子コンピュータがちゃんと完成したら占いは消滅します。
    人間が生きている間に完成するかどうかは分かりませんが。

    2019・10・12

    今回の台風19号の同時多発水害によって、災害の犠牲になった方々のご冥福をお祈りすると共に、
    その方々の魂がきちんと天に上がれるように、
    お祈りを捧げます。

    やむを得ず各地のダムを放水したのは国の方針によります。
    犠牲者を最小限に抑えるためでした。不謹慎ですが真実です。

    首都圏の機能を守るための政治判断です。

    首都圏を守るエネルギーは3つ、
    ・富士山のエネルギー
    ・日光のエネルギー
    ・皇居のエネルギー
    の3つです。

    日光の近くにもダムがあるようですが、今回は放水を見送りました。
    荒川も何とか、危惧していたほどでもありませんでした。
    それで私の住んでいる地域はかろうじて助かりました。

    多摩川沿いにおいては、世田谷側(東京)と川崎側(神奈川)とでは被災の程度に差がありました。
    世田谷の人は被災の後始末も速かったようで、
    くよくよせずお互いに助け合いました。
    そういうときに普段の行動が出るのです。

    土地のエネルギーというのは侮れないものです。
    今一度、どこに住むと守られるか?
    ということを考える時です。

    占いの歴史5

    占いの終焉

    今は占いの末期の時代です。
    いや末期ももう過ぎています。
    今後、占いが学問として進む事はないでしょう。
    いまだにやっていることが、17世紀頃から変わっていないのですから。
    今どき、
    「いつ、どうなるか?」
    を知りたいと思うのはもう古くてダサいのです。
    「どうしたら良くなるか?」
    を知る方が現代人らしくてスマートです。
    「占い」という看板は、いずれ新しい名称に取って変わる時代が来ます。
    その根拠については、後日、「時間について」という記事にて明らかにします。
    (すべて個人の見解です。)

    占いの歴史4

    予言のからくり

    ノストラダムス(1503~1566)という偉大な占い師がいました。
    ちなみに日本の安倍晴明(921~1005)も、彼と同じ過去世です。
    他には、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519)もいます。同一人物の生まれ変わりということです。それは余談ですが。

    例えばノストラダムスは、核兵器などをを予言したと言われていますが、
    彼の弟子が予言書を書き換えたあと、20世紀に生まれ変わって、物事を操作して意図的に戦争を引き起こしたという、バックトゥザフューチャーみたいなことも有り得るのです。

    (個人の見解です。)
    (続く)

    占いの歴史3

    占いと身分制度について。

    占いは、運命を受け入れさせるために、身分制度が使われてきました。

    タロットカードには、皇帝、法王、ギング、クイーン、小姓など、身分を表すカードがあります。貴族の暇潰しに使われてきたということです。

    インド占星術は、精密なホロスコープが使われていて、暦としては非常に優れていると思いますが、考え方の背景にはカースト制度があり、それを理解する人にしか受け入れられないものがあります。

    制度の一例として、
    日本の参勤交代などは、地方の大名に定期的に引っ越しをさせることにより、
    反乱を防ぐという目的がありますが、
    その発想の根底には、占いの「空亡」という考え方あります。
    何年に一度は必ず悪い年があるのだと人々に思い込ませるための屁理屈です。
    現代でも、大殺界を信じる人は多いですが、
    如何なものでしょうか?
    (続く)

    占いの歴史2

    占いと宗教について。

    占いと宗教は、似て非なるものと思います。
    キリスト教は、占いを完全に否定しています。

    魔女狩りが大規模に行われましたが、
    その後、コペルニクス(1473~1543)やガリレオ(1564~1642)による地動説のあたりから、ホロスコープをもとにした占いが復活します。

    宗教は経典があって組織を作ります。
    占いは個人の活動であって、組織を作ったり、人を洗脳したりするのはあくまでもただ勘違いをしている人がやることです。
    (続く)

    占いの歴史1

    占いの歴史といっても、記録にあるようなものではく、
    私の記憶にある歴史です。

    占いの起源は確かに、古代バビロニア、メソポタミアだと思います。

    占星術の発祥の地です。
    そもそも何で占いが生まれたかというと、
    天気と種まきの時期を知りたかったのと、
    戦いの戦略のためです。
    皮肉なことに、何でも最終的には戦いのため、
    そこに行き着いてきた過去があります。
    占いと政治は裏で関係しています。いつの世も。
    (続く)

    自己紹介。私の起源。

    こんにちは。
    カナロアと申します。
    なるべく面白い話をしたいと思います。

    私の過去の記憶によれば、
    私の地球での起源は、古代バビロニアの時代、シュメール文化もまだありませんでした。
    私は長い間、人々を見てきました。
    東洋の思想によれば、輪廻という考え方がありますが、
    その考え方に基づけば、
    私は何百回も生まれ変わってきました。とても多い回数です。
    時には別の輪廻の流れに切り替えたり、重複したこともあります。
    ですからとても多くの人を見て参りました。
    現代は、皆さんの悩みごとは多岐に渡ります。
    一つ一つに対して言えることを個別にお伝えして参りたいと思っています。
    私のつまらないぶっちゃけ話はここまで。
    次回は占いの歴史について個人的にわかる範囲で書くとします。

    恋愛講座(結婚適齢期は今も昔も基本的には変わらない)

    浦島太郎の話によると、
    男性はいつも理想の女性を追い求めます。
    でも実際には理想の女性は手に入らないのです。
    それに気づいた頃にはもう歳を取っておじいさんになっているのです。
    現実に横にいる人(そのとき付き合っている女性)を大事にしないと、すべて失ってしまうよ、という話です。

    人は男も女も、年を重ねるごとに理想がどんどん高くなっていく傾向があります。

    それに反して、条件はどんどん悪くなっていきます。
    歳を取るほどに、身の程知らずになってしまいます。

    ですから結婚相手を決める時期として理想的なのは、
    女性は25歳まで、男性は30歳までが妥当な線だと思います。
    これは「子供が欲しいならば」ばというときです。
    特に女性は、30過ぎてから初めて焦りを覚えても、そこから結婚が決まるまでの時間はとてつもなく長くかかります。焦っているのに実際は人を見る目が身に付いているせいで慎重になるからです。
    男性も同じですが、女性よりもより理想を追うので40過ぎて現実と理想が解離していれば、ほぼ絶望的かもしれません。
    厳しいことを言うようですが、結婚は早ければ早い方が良いというのが私の結論です。
    子供を持つことにこだわらなければその限りではありません。

    私のヴィジュアルと特徴

    千里眼のサイトに載っている私の写真は、
    入店当初(5ヶ月前の2019年6月)でしたが、今より10㎏以上太っています。
    ですからそのイメージで見ないでください。
    似ていると言われる有名人は、
    女優の田中美佐子さんですが、
    自分では、涼宮ハルヒのつもりです笑。
    アニメですが、彼女も宇宙人ですから。
    エサは主にアタリメで、お酒無しで延々と食べ続けます。
    カナロアというのは海神ですから、イカは大好物です。
    話し方の特徴は、オカマっぽくて、
    口癖で「かしら~」はよく言います。
    マツコ・デラックスさんみたいに、
    「~だわね~このやろー」もよく言います。
    昔からよく、口を尖らせてアヒル口をよくやります。
    元祖アヒル口です。
    ちなみに私の名刺に載っている写真の蓮華の花は、
    もともと「蓮華(れんか)」という占い師名でしたので、そういう意味で載せました。
    蓮華はチベットの隠語で女性器を表します。

    あくまでイメージです。

    カナロア先生 クチコミ情報

    全て、当たっていたのでびっくりしました。

    初めてお話をさせて頂きました。最初は緊張して上手く話せなかったですが時間と共に打ち解け、沢山相談することができました。90分のコースでしたが足りないぐらいで‥悩んでいたことを話すことができ、全て、当たっていたのでびっくりしました。でも、スッキリできて良かったです。また、相談に行くかもしれません。ありがとうございました。

    【女性 48歳】

    分かりやすく説明いただいた

    前回分かりやすく説明いただいた気がします 安心できました。

    【男性】

    自分の直感力や相手との対応の仕方などについてなども親身にアドバイスいただき

    悩みを聞いていただき、的確なアドバイスと鑑定をいただきありがとうございました。おかげさまでスッキリいたしました。また、自分の直感力や相手との対応の仕方などについてなども親身にアドバイスいただきたいありがとうございました。助かりました。

    【男性】

    全部当たっていて図星!!

    彼氏の事仕事の事当たりました。
    本当すごいと思います。
    私の、短所、長所も全部当たっていて図星!!
    って思いました。
    安心できる先生です♡

    【女性 27歳】

    いつも力強いアドバイスとパワーをくださる先生に感謝しかないです。

    いつも力強いアドバイスとパワーをくださる先生に感謝しかないです。あなたは幸せになれるんだから頑張りなさい、の言葉で少しずつ前に進めそうです。

    【女性 51歳】

    家相をお願いして本当に参考になりました。先生に見て頂けたので安心してます。

    初めての占いで緊張しましたが、そんなのを和らげていただける先生です。家相をお願いして本当に参考になりました。先生に見て頂けたので安心してます。また次回は違う占いをお願いしたいです。ありがとうございました

    【女性 49歳】

    誰にも相談も出来ない話でしたが、優しく自分の気持ちを理解してくれ、とても救われた気持ちです。

    3年付き合い辛いことばかりだった相手のことを相談させていただきました。誰にも相談も出来ない話でしたが、優しく自分の気持ちを理解してくれ、とても救われた気持ちです。おっしゃっていただいたように、年末には忙しく元気に働いているように、今は好きなことをして楽しく過ごします。ありがとうございました。

    【女性 34歳】

    今日はあまり時間がない中でも、とても親身になって視て下さいました。

    今日はあまり時間がない中でも、とても親身になって視て下さいました。少し時間が空いてしまったのですが、「あなたの事気になってたよー」とのお言葉を頂き嬉しかったです!今が踏ん張り時と思って頑張ります!

    【女性】

    細やかで的確なお言葉で、これから進むべき道を示して下さり一歩前進できました。

    細やかで的確なお言葉で、これから進むべき道を示して下さり一歩前進できました。カナロア先生に鑑定して頂いたあとから物事が好転しているように感じます。本当にありがとうございました。

    【女性 53歳】

    これから挑戦しようと思う国が間違いではないと確信を得られました。

    先日は鑑定していただきありがとうございました。先生の鑑定からこのままでもいいという事とこれから挑戦しようと思う国が間違いではないと確信を得られました。また機会があればよろしくお願いします。

    【男性】

    クチコミ投稿フォーム

    下記よりご希望の鑑定方法をお選び下さい

  • カナロア先生

    対面占い

    対面占い ご予約お申し込みフォーム

    対面占いのご予約をお申し込みの方は、下記フォーム内の項目をすべて記入してください。
    複数名でのご来店の際は、鑑定ブースへの入室はお一人のみでお願い致します。

    (※ご意見・ご要望のみ任意記入項目となっております)

    対面占い ご予約方法

    ご出演スケジュールから日程を選択して下さい

    上記の日程で対面占いのご予約をお取りいたします。


    ※ご予約確認のお電話をさせていただく場合がございます。

    ※ドメイン指定をされている方は「senrigan.info」をご登録ください。

    にリマインダーを受け取る

    お客様の携帯電話の契約状況により、正しく受信いただけない場合がございます。


    ※登録すると、次回から情報の入力を省略できます。

    ログインパスワード設定

    ※半角英数字 4~32文字以内

    ご注意

    • 遺影・遺品や人形などの物品のお持込みはご遠慮させていただいております。
    • 犯罪に関わること、人の生死に関すること、人の不幸を望むこと、ギャンブル・投資に関することについては、鑑定をお受けしかねます。

    対面占いについて

    対面占いは、千里眼の各店舗で行います。ご予約なしでも、鑑定をお受けいただけます。

    あらかじめのご予約をしていただくことで、スムーズにご希望の占い師の先生の鑑定をお受けすることができます。ご予約システムも是非、ご活用ください。

    対面占い 料金システムのご案内

    対面占いは、10分につき1,000円の鑑定料が必要です

    • ※鑑定時間内は、いくつご質問いただいても結構です。
    • ※指名料・予約料は無料です。
    • ※別途消費税10%を頂戴いたします。
    • ※20分コース以上で承っております。
    • ※占い料金は当日、前払いでお願いしております。

    お支払いは現金の他、PayPayをご利用いただけます。

    • ※一部PayPayに対応していない店舗もございます。

    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • カナロア先生

    電話占い

    電話占い お申し込み

    千里眼の電話占いは、

    『電話占いヴェルニ』

    のシステムを利用してご提供しております。
    ご利用には電話占いヴェルニの会員登録が必要です。以下のリンクより、まずは会員登録を完了させてください。

    既に電話占いヴェルニの会員様は、下記よりご鑑定したい占い師を選んでいただき、『先生に相談する(会員)』のログインボタンより、ログインをしてください。

    パック予約のご案内

    あらかじめ、鑑定時間を決めてご予約いただくことが可能です。
    カナロア先生の電話占い待機スケジュール
    • 11/30 (月)
      10:00 ~ 22:00
    • 12/2 (水)
      10:00 ~ 22:00
    • 12/3 (木)
      10:00 ~ 22:00
    • 12/4 (金)
      10:00 ~ 22:00
    もっと見る
    閉じる

    ご注意

    占いの館 千里眼の店舗にご出演の時間帯は、対面占いブース内での鑑定となります。
    店舗来店のお客様があった場合は、

    10分程度でいったん鑑定をお切りいただく

    こととなります。ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
    • 事前にパック予約をいただいている場合は、ご指定のお時間中に鑑定が途切れることはございませんので、是非ご利用ください。
    • 店舗出勤以外の時間帯につきましては、占い師の自宅鑑定所での鑑定となりますので、途中で鑑定をお切りすることはございません。

    電話占いについて

    電話占いは、業界最大手の

    電話占いヴェルニ

    とのコラボレーションで全国のお客様に千里眼の占いをご提供しております。
    お近くに千里眼の店舗がない、または直接来店することが難しい方でも、ご自宅にいながら千里眼の占い師の電話占いをお楽しみいただくことが出来ます。

    電話占い 料金システムのご案内

    電話占いは、1分につき240円の鑑定料が必要です

    • ※通話料・指名料・予約料は無料です。
    • ※上記の鑑定料以外の費用は、一切発生いたしません。
    • ※電話占い料金は、電話占いヴェルニの料金設定に準拠します。

    お支払いは、銀行振り込み・クレジットカード・コンビニ決済・キャリア決済などをご用意しており、 各決済方式からお客様のお好きな方法をお選びいただけます。
    詳細は、電話占いヴェルニの料金案内ページをご確認ください。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ
  • カナロア先生

    メール占い

    メール占い お申込み

    2020年12月25日をもちまして、
    メール鑑定のサービスを終了いたします。

    これまでメール鑑定のご依頼も多数頂きありがとうございました。

    メール鑑定は終了致しますが、より一層 全国の占いの館千里眼での対面鑑定、電話鑑定での鑑定を行いますので、これまでと変わらぬご愛顧お願い申し上げます。

    占いの館千里眼

    カナロア先生はメール占い非対応です。
    メール占い一覧ページより他の先生をお選びください。

    メール占い対応の占い師一覧

    メール占い対応可能の占い師一覧は、こちらのページからご確認ください。
    同じお悩みを、

    複数の占い師にご相談

    頂くことも可能です。

    メール占いについて

    メール占いは、千里眼の店舗へのご来店が難しい、または文章で鑑定結果を知りたいといったお客様がメールを使って鑑定を依頼できるサービスです。
    想いを文字にして送信するだけで、返信メール内でご相談いただいた内容についての鑑定結果をお伝えいたします。

    メール占い 料金システムのご案内

    メール占いは、1通につき3,000円の鑑定料が必要です

    • ※鑑定料金は一人の占い師からの返信あたり3,000円です。
    • ※別途消費税10%を頂戴いたします。
    • ※料金は前払い制で頂戴しております。
    • ※当社にてお客様のご入金確認後、鑑定が開始されます。

    お支払いは、お悩みを送信頂いた後、占い師のスケジュールを調整させていただき、 鑑定人数×3,000円(税別)のご請求書を送信致します。


    千里眼の各占い料金についてのご案内は、占い料金ページに記載してあります。

    占い料金ページへ